私 の たった 一人 の 味方。 たった一人の私の味方 第103,104話あらすじ

韓国ドラマ【たった一人の私の味方】の相関図とキャスト情報

私 の たった 一人 の 味方

スポンサーリンク たった一人の私の味方 作品概要 殺人で服役した父をもつ娘との愛を描いたドラマで主人公の娘ドランを演じるのはユイ(元AFTERSCHOOL)、彼女の夫にには除隊後初となるイ・ジャンウが共演すします。 認知症という重くなりがちなテーマも、お決まりの超意地悪な人も出てきます。 そんな壁を乗り越えて愛とは何かを描くドラマです。 特に夫婦の愛もですが、親子の愛が涙なくしてみれません。 真面目に生きてきたのに実父と思ってた人は養父で更に事故で死んでしまった。 養母に追い出され一人で生きていくドラン。 そんな時デリュクと出会い恋をして結婚する。 しかし実父の出現で生活は一変する。 実父は初めて現れたたった一人の私の味方のドランのおかげで生きる希望を見出していく・・・。 たった一人の私の味方の感想 隠して結婚したのではないですが、父親の罪がいつかばれてしまうんではないかとハラハラしながら見てました。 そしてばれた後はダヤの意地悪に腹をたてながら、泣いていました。 怒ってはいましたが、ダヤの立場なら・・・仕方ないのかもしれません。 誰だって被害者の立場なら同じ態度ではないでしょうか。 父の思いがひしひしと伝わってきて涙なしでは見れません。 つい親の立場で今回は見てしまいました。 いつもは主役の立場でみるんですけどね。 (笑) ユイは今回もよかったです。 きっとお芝居がうまいから毎回面白いのだと思いますが、いくらなんでも痩せすぎでは?心配してしまいます。 イジャンウも良かったです。 ユイとは逆にもう少し痩せたほうがいいかも・・。 御曹司の役がとてもはまっていました。 除隊して良い作品に恵まれ最高のスタートをきれましたね。 視聴率は最高40パーセントを超えたそうです!大成功では? ユイのお父さん役のチェ・スジョンははじめて見ましたが、目力のある役者さんで優しい父親役もさることながら殺人を犯してしまったのには妙な迫力があって納得してしまいました。 目だけなら怖かったですね。 ダヤ役のユン・ジニですが、とても憎たらしくて良かったです。 今度は是非いい人の役もみてみたいです。 これはダヤを上手に演じていたからだと思うのですが・・・。 ドラマとは言えあまりの人間相関図に心を痛めずにはいられませんでした。 悪役がいなくて皆かわいそうなんですから。 皆の心が休まるようにと毎回祈ような気持ちでみていました。 最後まで読んでいただきありがとうございました。 そんな人他にはいません - Ulala Session 02. そんな人他にはいません - スンヒ OH MY GIRL 03. アロハ - イ・ミンヒョク 04. 縁と言います- イ・セジュン ユリサンジャ) 05. 愛しています - ヒョジョン OH MY GIRL 06. バラの笑顔 - エリー Weki Meki 08. 恋すれば生きられる -ジンウォン 09. 愛してもいいですか - エリス HELLOVENUS 10. あなたの味方になってあげます - hickee 11. 一日だけ私にください - ALi 12. 愛しています - ソヒャン 13. All about you feat. Hodge - U-mb5 14. パパが娘に To Jia - ビョン・ジンソプ 15. 待つことはできない - J-Cera 16. 生きるために - バン・グァンオク 02. その理由が私の苦しみだったのね - ゲピ 秋休み 03. 愛が苦手で別れを知らなかった - ヨンジ 04. たった一人の私の味方 - イム・ジェヒョン 05. 壁 - スッキ 06. All about you With. RAMI NU - U-mb5 07. 時間が経てば - ヨウン Melody Day 08. 涙がでそう - イ・ジャンウ 09. 手遅れじゃない - ソン・ハエ 10. 愛 できない - イ・スヨン 11. あの人は私の物だから - V. One 12. 私の人生のすべて - MJ ASTRO 13. 恋しい 泣く - パク・ヒョクジン 14. あの時の私の心 知らないでしょ こんなに苦しいのに - ユニョク December 15. 風のように 去っていく… - ファン・インウク 16. You And Me 02. Smile and Smile 03. 溢れるほどいっぱいに 04. The Memorys 06. One and Only 07. Cheeky Bro 08. My Love 09. My Dear 10. Lonely Hour 11. 青い空の向こう 12. By My Side 13. ドラン Theme 14. Opening Theme.

次の

韓国ドラマ【たった一人の私の味方】の相関図とキャスト情報

私 の たった 一人 の 味方

「たった一人の私の味方」95,96話あらすじ 認知症のクムビョンの介護をドランに頼んだジングクに怒り、いっそドランとやり直させてほしいと言うデリュク。 そのデリュクの話に怒るウンヨン。 ドランにクムビョンを任せることにしたジングクに決断に不満のウンヨン、ダヤ。 クムビョンの面倒を見れる人はドランしかおらず、家族に何を言われてもこの決断を変えるつもりの無いジングク。 家から出て行こうとするダヤを慰めて引き留めるウンヨン。 スイルやドランの気持ちを考えていなかったと、謝るデリュク。 ゴレは検査の結果、肝硬変の末期と診断される。 助かるには肝臓移植しかないと話す医師。 自身の余命が長くて6カ月、短くて3カ月と聞き、愕然とするゴレ。 知り合いの医師の病院にも行き、診断してもらうゴレ。 そこでも同じ診断結果で、早く家族の中から移植提供者を見つけるか、移植センターでドナーを探すように勧められる。 友人医師に即入院を勧められるが、拒否するゴレ。 家族を苦しめたくないと家族からの移植は望まず、移植センターでドナーを探すことにするゴレ。 クムビョンのために、ドランの事は我慢をすることに決めたダヤ。 だが、いつまでもドランに未練のある様子のデリュクには早く再婚させた方が良いんじゃないかとウンヨンに話すダヤ。 デリュクに好感のある様子のソヨンを食事に招待することにするウンヨン。 喜んでその招待を受けるソヨン。 連絡のつかないゴレを心配するミラン。 実家に居るミランを誘い、デートに連れ出すゴレ。 楽しそうなミランの顔を見ながら胸が張り裂ける思いのゴレ。 また店の前にやって来ているホームレスの男性を見つけ、呼び止めようとするスイル。 だが、逃げてしまうホームレスの男性。 ミランを家に送って行ったゴレは、ミランに別れを切り出す。 驚くミラン。 母さんは死んでも気持ちが変わらないようだし、俺はお前を捨てても母さんは捨てられない。 ショックを受けて泣くミラン。 ミランがゴレから別れを告げられたと聞き、それはホンシルのせいだろうと考えるヤンジャ。 ホンシル邸に乗り込み、ホンシルに訴えてゴレとミランの離婚を阻止しようとするヤンジャ。 驚くヤンジャ。 ミランを受け入れて欲しいと懇願するヤンジャに、ゴレの決断の通りにするつもりのホンシル。 驚いたスタッフは、ホンシルに電話して相談する。 その話を聞き、驚くホンシル。 第96話あらすじ ウンヨンから昼食に招待されたソヨンは、ジングク邸にやって来る。 ソヨンは食事の前にクムビョンに挨拶しようとしたが、クムビョンはあいにく昼寝中だった。 昼寝から起きたクムビョンは認知症の症状が出て、デリュクの隣に居るソヨンの姿を見て逆上する。 ミョンヒ(ドラン)を追い出して、新しい女と一緒に居るデリュクを責めるクムビョン。 頭を掴まれ、大暴れするクムビョンに驚くソヨン。 慌ててドランを呼び出すミスジョ。 クムビョンを迎えに来たドランの姿を見るソヨン。 クムビョンのバッグを持って行き、ソヨンの事を誤解しないように話すドラン。 自身の病気のせいでミランを悲しませたくなく、離婚してミランを遠ざけようとするゴレ。 上手くいっている歯科医院を閉めようとするゴレを、説得しようとするホンシル。 ゴレが大量の薬を持っており、吐血しているのにも気づくホンシル。 ホンシルに問い詰められ、肝硬変の末期だということを告白するゴレ。 ゴレの余命を聞き、ショックを受けるホンシル、ホンジュ。 何としてでもゴレを生かすために、自身の肝臓を与えるつもりのホンシル。 移植センターに登録したと、家族から提供を受けるつもりの無いことを話すゴレ。 例のホームレスの男性を探して回り、やっと見つけるスイル。 スイルから逃げるホームレスの男性。 通りがかりに、スイルがホームレスの男性を必死で追いかけて行くのを見かけるデリュク。 ダヤ父の殺害現場の目撃者として、警察に証言したのはヤン社長と女子社員だった。 何を言っても構わない。 正直に言ってください。 ショックを受けるスイル。 そのスイルとヤン社長の会話を聞き、事件時にスイルが意識を失っていて覚えていない事を知るデリュク。 医師から、年齢のせいでゴレに肝臓提供はできないと言われるホンシル。 ホンジュとダヤも、肝臓の大きさが小さくて無理だった。 焦るホンシルは、イリュクの肝臓はどうかと考える。 ウンヨンに相談するが、いきなりイリュクの肝臓を提供してくれというホンシルに困惑する。 それにイリュクは健康診断で脂肪肝だと言われている。 ミランの元に行き、ゴレの病気のことを話すホンシル。 突然ゴレが離婚しようと言い出した理由が分かるミラン。 ホンシルの話を聞き、すぐに肝臓移植のための検査をすることに決めるミラン。 どうして病気の事を隠していたのかゴレを責めるミラン。 ゴレを助けるために移植のための検査を受けに行こうとするミランを止めようとするが、止められないヤンジャ。 ゴレと別れさせようとさせてたくせに、ミランから肝臓を提供してもらおうとするホンシルに怒るヤンジャ。 ミランは検査を受けるが適合せず、ドランに会いに行く。 ドランに、ゴレが肝硬変で肝臓移植が必要だが、家族の中で適合する者が居ないことを話すミラン。 その二人の話を聞き、驚くスイル。 第97話につづく。

次の

「たった一人の私の味方」見終わりました。

私 の たった 一人 の 味方

「たった一人の私の味方」95,96話あらすじ 認知症のクムビョンの介護をドランに頼んだジングクに怒り、いっそドランとやり直させてほしいと言うデリュク。 そのデリュクの話に怒るウンヨン。 ドランにクムビョンを任せることにしたジングクに決断に不満のウンヨン、ダヤ。 クムビョンの面倒を見れる人はドランしかおらず、家族に何を言われてもこの決断を変えるつもりの無いジングク。 家から出て行こうとするダヤを慰めて引き留めるウンヨン。 スイルやドランの気持ちを考えていなかったと、謝るデリュク。 ゴレは検査の結果、肝硬変の末期と診断される。 助かるには肝臓移植しかないと話す医師。 自身の余命が長くて6カ月、短くて3カ月と聞き、愕然とするゴレ。 知り合いの医師の病院にも行き、診断してもらうゴレ。 そこでも同じ診断結果で、早く家族の中から移植提供者を見つけるか、移植センターでドナーを探すように勧められる。 友人医師に即入院を勧められるが、拒否するゴレ。 家族を苦しめたくないと家族からの移植は望まず、移植センターでドナーを探すことにするゴレ。 クムビョンのために、ドランの事は我慢をすることに決めたダヤ。 だが、いつまでもドランに未練のある様子のデリュクには早く再婚させた方が良いんじゃないかとウンヨンに話すダヤ。 デリュクに好感のある様子のソヨンを食事に招待することにするウンヨン。 喜んでその招待を受けるソヨン。 連絡のつかないゴレを心配するミラン。 実家に居るミランを誘い、デートに連れ出すゴレ。 楽しそうなミランの顔を見ながら胸が張り裂ける思いのゴレ。 また店の前にやって来ているホームレスの男性を見つけ、呼び止めようとするスイル。 だが、逃げてしまうホームレスの男性。 ミランを家に送って行ったゴレは、ミランに別れを切り出す。 驚くミラン。 母さんは死んでも気持ちが変わらないようだし、俺はお前を捨てても母さんは捨てられない。 ショックを受けて泣くミラン。 ミランがゴレから別れを告げられたと聞き、それはホンシルのせいだろうと考えるヤンジャ。 ホンシル邸に乗り込み、ホンシルに訴えてゴレとミランの離婚を阻止しようとするヤンジャ。 驚くヤンジャ。 ミランを受け入れて欲しいと懇願するヤンジャに、ゴレの決断の通りにするつもりのホンシル。 驚いたスタッフは、ホンシルに電話して相談する。 その話を聞き、驚くホンシル。 第96話あらすじ ウンヨンから昼食に招待されたソヨンは、ジングク邸にやって来る。 ソヨンは食事の前にクムビョンに挨拶しようとしたが、クムビョンはあいにく昼寝中だった。 昼寝から起きたクムビョンは認知症の症状が出て、デリュクの隣に居るソヨンの姿を見て逆上する。 ミョンヒ(ドラン)を追い出して、新しい女と一緒に居るデリュクを責めるクムビョン。 頭を掴まれ、大暴れするクムビョンに驚くソヨン。 慌ててドランを呼び出すミスジョ。 クムビョンを迎えに来たドランの姿を見るソヨン。 クムビョンのバッグを持って行き、ソヨンの事を誤解しないように話すドラン。 自身の病気のせいでミランを悲しませたくなく、離婚してミランを遠ざけようとするゴレ。 上手くいっている歯科医院を閉めようとするゴレを、説得しようとするホンシル。 ゴレが大量の薬を持っており、吐血しているのにも気づくホンシル。 ホンシルに問い詰められ、肝硬変の末期だということを告白するゴレ。 ゴレの余命を聞き、ショックを受けるホンシル、ホンジュ。 何としてでもゴレを生かすために、自身の肝臓を与えるつもりのホンシル。 移植センターに登録したと、家族から提供を受けるつもりの無いことを話すゴレ。 例のホームレスの男性を探して回り、やっと見つけるスイル。 スイルから逃げるホームレスの男性。 通りがかりに、スイルがホームレスの男性を必死で追いかけて行くのを見かけるデリュク。 ダヤ父の殺害現場の目撃者として、警察に証言したのはヤン社長と女子社員だった。 何を言っても構わない。 正直に言ってください。 ショックを受けるスイル。 そのスイルとヤン社長の会話を聞き、事件時にスイルが意識を失っていて覚えていない事を知るデリュク。 医師から、年齢のせいでゴレに肝臓提供はできないと言われるホンシル。 ホンジュとダヤも、肝臓の大きさが小さくて無理だった。 焦るホンシルは、イリュクの肝臓はどうかと考える。 ウンヨンに相談するが、いきなりイリュクの肝臓を提供してくれというホンシルに困惑する。 それにイリュクは健康診断で脂肪肝だと言われている。 ミランの元に行き、ゴレの病気のことを話すホンシル。 突然ゴレが離婚しようと言い出した理由が分かるミラン。 ホンシルの話を聞き、すぐに肝臓移植のための検査をすることに決めるミラン。 どうして病気の事を隠していたのかゴレを責めるミラン。 ゴレを助けるために移植のための検査を受けに行こうとするミランを止めようとするが、止められないヤンジャ。 ゴレと別れさせようとさせてたくせに、ミランから肝臓を提供してもらおうとするホンシルに怒るヤンジャ。 ミランは検査を受けるが適合せず、ドランに会いに行く。 ドランに、ゴレが肝硬変で肝臓移植が必要だが、家族の中で適合する者が居ないことを話すミラン。 その二人の話を聞き、驚くスイル。 第97話につづく。

次の