勝手 に プロフ 帳。 性格診断「勝手にプロフィール帳:性格編」無料のハニホー:診断結果

恋愛診断「勝手にプロフィール帳:恋愛編」無料のハニホー:診断結果

勝手 に プロフ 帳

仮に言葉が通じない国の人が来て、「その人と仲良くなれ」という指令が下されても、特に問題はない。 なんだかんだでうまくいくはず。 折り紙やペーパークラフトなど、説明を読んでもろくに作れない。 または説明を読むところでつまずく。 「学級委員として、クラスを取りまとめて出し物をする」という役割を頼まれたら、まぁ人並みよりはできると思う。 その役割を頼まれても、微妙どころか、絶対にできない。 普通の小学校で習う算数で、ついていけない、難しい、と感じたことはほとんどない。 同じ温度でも、木の棒を触るより鉄棒を触るほうがなぜヒンヤリするのか、だいたい説明できる。 120円の二割引きが100円より安いか高いか、計算しなくてもすぐ分かる。 全体と比べて、成績が上位3割に入るぐらいは勉強が得意だ(得意だった)。 さらに言えば、全体と比べて、成績が上位1割に入るぐらいは勉強が得意だ(得意だった)。 中学生以下のころに、オリジナルの漫画や小説を書いた(描いた)ことがある。 音楽を聴いているとき、歌詞の内容以上に、サウンド(音、演奏、声)にビリビリくるほうだと思う。 美術を鑑賞して、作品の意味や背景を理解しなくても、じんわり胸が熱くなったり泣きそうになることがある。 数字や文字に、色か音、または匂いのようなものを感じる。 そういうイメージがある。 持っている靴下のバリエーションが少ない。 同じような靴下ばかりだ。 親しい人の写真を見ながら、簡単な似顔絵を描くことができる。 料理、食卓においては、食器がとても大事だと思うし、普段から多少はこだわりを持っている。 コップに好きな色をつけろと言われても、困る、または無難な色付けになると思う。 コップに好きな色をつけろと言われたら、たぶん好き放題やる。 ド派手か、どこまで突き抜けられるかを考えると思う。 大好きすぎて、追いかけたり神と崇めたくなるような、有名人(グループ、キャラ等も含む)がいる。 世の中のニュースや社会問題などについて、自分の意見がそれなりにある。 将来、何かの分野で、なんだかんだで成功しているんだろうなという、得体の知れない確信のようなものがある。 自分の周りの人をいろんな面で尊敬するとともに、よく落ち込んだり傷ついてしまう。 イジる、ツッコむ、ということはあっても、イジられるような雰囲気は自分から出ていないと思う。 そういうキャラではない。 テレビ番組や世間の流行など、多くのことに、本当にくだらないなと感じるほうだと思う。 わりと冷めた目で眺めるほうだと思う。 やろうと思えば、筋が通っていないことでも、そこそこ丸め込んだり押し通すことができるほうだと思う。 筋が通っていないことでも、丸め込まれたり強引に押し通されることが結構よくある。 デマや真偽の怪しい噂などに、ほぼ振り回されないし、安易に乗っからないほうだと自分で思う。 寂しさ、悔しさ、悲しさで、年に何度かは泣く。 または泣きそうになる。 「嬉しい」「楽しい」「つらい」などの気持ちを口に出すことはほとんどない。 嫌なことがあっても、そのまま落ち込まず、なんとか切り替えたり頑張ることで乗り越えようとするほうだ。 落ち込む時間はそう長くない。 嬉しいときやテンションが上がったとき、友人らの前でも、歌い出したり踊り出したりする。 誰かにおごってもらうとき、素直に喜べない。 申し訳なさや、その他の微妙な気持ちが先行してしまう。 誰かにおごってもらえたら、普通に嬉しい。 素直に喜ぶ。 何らかのグループで活動するときに、自分しかまともに考えていない、周りが無責任だ、と感じることが多い。 お金に関して、計画性がないな、だらしないな、と自分で思う。 いろいろな人がいる、みんな違っていて良い、という社会の雰囲気がどうも苦手だ。 寛容さを強要されている感じがする。 今はやはり、少数派の人、困っている人らに優しくない社会だなと感じる。 盛り上がっている若者の集団を見ると、うざいなと感じる。 盛り上がっている若者の集団を見ると、いいなー楽しそうだなーと感じる。 今の世間全般で、他の人のことに口出しをしすぎ、余計なお世話すぎ、価値観押し付けすぎ、だと感じる。 そう感じる機会が多い。 みんながやっていること、人に勧められたこと、にわりとすぐ乗っかるほうだと思う。 乗っからなくても、気になるしチェックはする。 みんながやっていること、人に勧められたこと、になかなか乗っからないほうだと思う。 まずは疑ってかかったり、遠慮する姿勢になる。 自業自得という言葉やそれをよく使う人のことが、なんとなく嫌いだ。 正直、心の病にかかっている人らに、あまり同情できない。 納得できない思いがある。 つらいドキュメンタリーやニュースなどで、胸を痛めることが多い。 ときに自分も落ち込む。 つらいドキュメンタリーやニュースなどを見ても、あまりピンとこない。 遠くのことのように捉えている。 小中学生のころ、あまり活発に友達と遊ぶほうではなかったと思う。 小中学生のころ、発言力があったり何かと目立つほうだったと思う。 「活発で発言力のある人」を想像すると、わりと嫌いだなと思う。 これまでの学生生活を振り返ると、「仲の良い、よく遊ぶ男女数人のグループ」が自然と形成され、そこに入っていることが多かったと思う。 ファッションに興味がある人、そういった意識の高い人が、自分の周りには多いと感じる。 異性からのアプローチにうんざりしたり、恋愛対象として見ないでほしいと感じたことが何度かある。 今までラブラブ状態(バカップル状態)になったことが一度もない。 自信のありなしは別として、とりあえず見た目はよく褒められる。 告白されたり、はっきりとしたアプローチを受けたことは、今まで何度もある。 誰かに恋愛対象にされた記憶がない。

次の

勝手にプロフィール帳とは?人気の恋愛編と性格編の診断のやり方(作り方)をご紹介!

勝手 に プロフ 帳

恋愛診断「勝手にプロフィール」が人気 ハニホーの「勝手にプロフィール」は、恋愛傾向を診断してくれる診断ツールで、無料で使うことができます。 「勝手に診断プロフィール」は、生年月日と血液型を入力すれば結果が出てくるお手軽なツールではありません。 出される質問に答えていくことで、恋愛の傾向や性格を診断してくれます。 出されり質問も2、3個の簡単なものではなく、10個近い選択肢を複数回答するものが、数ページ出題されます。 それ故に、 かなり正確な結果が出ると注目を集めています。 質問に答えるとプロフィール帳を作ってくれる 質問に答えていくと、上の画像のような可愛いプロフィール帳を作ってくれます。 本格的な診断ができる上に、結果もポップな画像で表示されるということで、評判になっています。 プロフィール帳はSNSにシェアが可能 「勝手にプロフィール帳」は、診断結果をプロフィール帳で出してくれます。 プロフィール帳とは、昔に学校などで流行った自身の情報を書いたカードや紙です。 嘗てのプロフィール帳は作成して、友達などとシェアすることを目的としていました。 「勝手にプロフィール帳」で作成される「プロフィール帳」も、SNSを通じてシェアすることができます。 初めに名前を入力していきます。 こちらに入力した名前が、プロフィール帳に出ます。 次に性別を入力します。 次に生年月日を入力します。 年齢はプロフィール帳に出力されませんが、診断に必要なのだと思われます。 ここから、13個の質問に答えていきます。 複数回答可能なものも多いので、注意してください。 全ての質問に答え終わったら、「診断結果へ」を選択します。 診断結果が表示されます。 画面真ん中の「画像ダウンロード」から、診断結果の画像を保存できます。 実際に当たるのかやってみた 実際に、「勝手にプロフィール」をやってみました。 かなり詳しく診断結果が出て、ドキッとする様な鋭い指摘もありました。 他にもないような診断項目もあり、シェアすると盛り上がりそうです。 こちらは、知り合いにやって貰った「勝手にプロフィール」をやって貰らったものになります。 知り合いも当たっていると驚いていました。 こちらも知り合いにやって貰った診断結果になります。 こちらの知り合いも、鋭い指摘が多かったと言っていました。 SNSでシェアする方法 下記では、SNSで診断結果をシェアする方法を紹介していきます。 Twitterでシェアするには 診断結果のページの下部にSNSにシェアするためのボタンがあります。 Twitterにシェアするためには、Twitterのアイコンをタップします。 Twitterのツイート画面が開かれます。 そのまま「ツイート」のボタンを押すと、診断結果をシェアすることができます。 インスタでシェアするには インスタでシェアするためには、画像を保存して個別にインスタに上げる必要があります。 また、診断結果の文言は、診断結果のページからコピーすることができますので、投稿に使うことができます。 テキストは画面をタップするだけで自動でコピーされます。 診断画像をそのままインスタに上げることができます。 画像は2枚あるので、1回で複数枚アップするか、2回アップするか選びましょう。 キャプショにコピーした診断結果や、URLを貼ることができます。 診断結果の画像に診断結果の全てが記載されていますので、画像のアップだけでも十分シェアできます。 LINEで送るには LINEを使って診断結果を送る場合は、診断結果画面の下部のLINEのアイコンから可能です。 LINEのアイコンを押すと、送信先の一覧が表示されます。 送信する先を選んで、トークに送信しましょう。 相手には、このようにメッセージが送られます。 保存した診断結果の画像を送信しても、シェアすることができます。 「勝手にプロフィール帳」のハニホー!とは? ハニホーでは、楽しい診断だけでなく、恋愛の助けになるツールを提供しています。 「恋愛に悩んだらハニホー!」「恋愛と言えばハニホー!」として、前身となるサイトから23年の実績があります。 ハリホー!は他にも診断ツールが豊富 ハニホーには、「勝手にプロフィール帳」の他にも沢山の診断ツールがあります。 下記では、診断ツールの一部を紹介していきます。 勝手にプロフィール帳:性格編 勝手にプロフィール帳の性格診断をしてくれるバージョンです。 使い方は同じで、複数の質問に答えていくと、当たっていると評判の診断結果を表示してくれます。 相性診断 相性診断のツールになります。 ただ、相性がいい悪いだけでなく、今後どうするべきかなどの診断をしっかりとしてくれます。 悩んでいる方だけでなく、関係に違和感を感じている程度の方にもおすすめです。 診断によって問題を発見し、解決できたという相談者もいるようです。 他にも多くの診断があります ハニボー!には、他にも様々な診断ツールがあります。 下記の記事では、「恋愛免許証」などの他の診断ツールについて詳しく解説しています。 ハニホー!のサイトのコラムや相談室も人気 ハニホーには、診断ツールだけでなく、恋愛に関するコラムや相談室があります。 特に相談室では、 他のサイトとは一線を画す相談の答えが返ってきます。 他の方の相談も乗っていますので、一度覗いてみるといいかもしれません。 気になった方は姉妹サイトの「恋愛の学校」もオススメ ハニホー!には、姉妹サイトの「」があります。 ハニホー!よりも恋愛の相談などに特化したサイトになります。 診断結果や恋愛相談室の回答が気になった方は、一度見てみると良いかも知れません。 他におすすめの良く当たる占いは!? 他にもどんな占いサイトがあるか気になる方は多いのではないでしょうか!おすすめの占いサイトをいくつかご紹介していきます。 ココナラ占い ココナラは自分の得意を売り買いすることが出来る「フリマアプリ」ですが、そのフリマ対象として「占い」を出品している人がいます。 料金が業界最安水準• 電話占い用 3000円のクーポンあり• 匿名で個人情報必要なし• 人気、評価、口コミを見れる• アプリ利用で 通話料無料• 占術が豊富 ココナラ占いは急激に人気と認知度を上げており、かなり勢いのある占いサービスと言えます。 自分で 口コミや評価をその場で確認可能で、大人気の占い師や、当たると噂の占い師をサイト内で全て知る事ができます。 良くも悪くも正直に書かれているサイトなので、利用者はかなり使いやすいでしょう。 メールでの占いも可能ですが、 アプリから電話をすると通話料が無料になります。 また、個人情報や電話番号の入力が無く、占い相手に個人情報が洩れる事もありません。 占術やおすすめの占い師など、詳しい検索も可能で、初めて利用する人にもかなり優しいサービスとなっています。 フリマアプリなので料金は占い師によって異なりますが、3,000円分の電話占い専用クーポンもあるので、是非利用してみてはいかがでしょうか。 トーク占い(LINE公式運営) LINEが公式運営している占いサイトで、誰でも安心して利用可能です。

次の

恋愛観がプロフ帳になる『勝手にプロフィール帳(恋愛編)』がインスタで流行の予感?♡

勝手 に プロフ 帳

こんにちは! ペパーミントです。 先日雑貨屋さんをぶらぶらしていたら、すごーくすごーく懐かしいものを見つけました。 「プロフィール帳」です!! この形のバインダー、見覚えないですか? こういうやつです! 文具コーナーで見かけるまですっかり忘れていましたが、私が小学生、中学生だった頃、学校内で欠かせないアイテムでした。 何が始まりだったのかは不明ですが、クラス替えや卒業のタイミングで、クラスメート(主に女子)から「これ、書いて〜」と1枚、プロフィール帳の用紙が手渡されるのです。 その紙に沿って自分のプロフィールを書き、持ち主に返すという文化がありました。 個人的には思い出深いアイテムなのですが、知人の男性にこれについて話してみたところ、「なにそれ?」のひと言。 あれ…? 意外と知名度ないのかな? どれくらいの人が使っていたんだろう? と気になったので…。 プロフィール帳についてのアンケートを実施してみました! 調査期間:2018年2月9日〜16日 調査方法:Webアンケート調査 回答者数:305件 まずは知名度から! プロフィール帳の写真を見せて、知っているかどうかを聞いてみました。 よかった…7割以上の方が知っていました。 ほら、やっぱりみんな使ってたんじゃん! ちなみに、男女別ではどうでしょうか? 女性はほぼ全員が知っていますね! やはり女の子に人気なアイテムだったのでしょう。 ファンシーな文房具、雑貨類として売り場にあるイメージでしたしね。 しかし男性も半分以上の方は知っているようです。 では、世代的にはどのあたりの方に認知されているのでしょうか。 年代別に見てみましょう。 20代はほとんどが知っていて、年齢が上がるにつれて知名度が下がっていっていますね。 しかし40代前半でも半分以上の方が知っているようで、思った以上に幅広い年代の人が使っていたようです。 続いて、いつプロフィール帳を使っていたかも聞いてみました。 圧倒的に多かったのが「小学校(高学年)」、次いで「小学校(低学年)」と、主に小学生の間に使っていた人が多いようです。 では具体的にはどんなシーンで使われていたのでしょうか? 入学時や卒業時といった、クラスのメンバーが入れ替わる前後が多いようでした。 それ以外にも、「時期を問わず常に」という意見もたくさんありました。 そしてアンケートの最後に、皆さんのプロフィール帳にまつわる思い出やエピソードを書いてもらいました。 一部ご紹介します。 【26〜30歳 女性】 たくさんの人のプロフィールを集めるのに必死でした(笑)。 購入する際は必ず「好きな人がいる」「好きな人の名前は」という項目があるものを選んでました…。 そしてそれをあえて好きな人に書いてもらって友達とキャーキャーするという遊びをしていました(笑)。 今考えると恥ずかしいですね〜。 【26〜30歳 男性】 好きだった子に記入をお願いされずショックでした…。 【31〜35歳 女性】 書く人のキャラが出るのでおもしろかった記憶があります。 捨ててしまったと思うけど、読み返したい。 懐かしい。 【36〜40歳 男性】 私が小学生だった頃はものすごくプロフィール帳がはやっていて、特に女子はクラスのほぼ全員がやっていました(男子は少数)。 みんな工夫して書いていて、卒業時はバラバラになってしまい、今のようにLINEなどのSNSもない時代だったので、連絡先を残すうえでもとても重宝しました。 このプロフィール帳を使ってクラス分けや卒業時などのタイミングでこっそり告白する人もいました。 甘酸っぱい思い出として印象深く残っています。 【36〜40歳 女性】 私たちは「サイン帳」でした。 こうして名前を聞くまで存在すら忘れていました。 【41〜45歳 女性】 好きな異性に書いてほしくて、いろんな人に手当たり次第書いてもらったら、全然知らない人とかもいて、後でこの人だれ?? な状態になった。 などなど。 現代のようにインターネットやスマホが普及してなかった時代にはうってつけ。 最近のプロフィール帳はどうなっているの? アンケート結果を見ていると本当に懐かしい気持ちになり、つい文具コーナーで大人買いしちゃいました! 最近のプロフィール帳は昔と変わっているのでしょうか? こんなに配れるほど友達はいませんが…笑 基本的な形は昔と変わらない まずプロフィール帳の形とバインダーのサイズ感は昔と変わっていませんね。 アンケートでは「エンターキーのような形の紙」と表現している人がいました(笑)。 メーカーが違うのにほぼ全部同じ形なのは、今思えば、友達にもらったプロフィール用紙を自分のプロフィール帳に一時保管しておけるようにかな? 形は同じですが、1つだけ横向きのものがありました 表紙をめくると、誰に配ったかのリストと、自分で書く用のプロフィール用紙が最初に入っているのも変わりません。 誰に配ったかのリストはあんまり記憶にないです また、付いているものとそうでないものがありますが、最後のページにシール台紙があって、ツルッとした感触にすごく懐かしい気持ちになりました! シールやプリクラを貼ってはがせるんですよね! そしてほぼ全部のプロフィール帳に心理テストや占いが付いているのも昔と同じですね。 質問項目はかなり今時になっていた…! 基本的には、名前、住所、電話番号、写真、誕生日、血液型のようなプロフィールが最初に聞かれるんですよね。 おや…!? 「SNS ID」!? ほとんどのプロフィール帳で、 SNSのアカウントを尋ねる項目がありました! これは私の時代にはありませんでしたね…時代を反映しています。 その後は、だいたい「好きなもの」をいろいろと聞かれるんですが…。 「アプリ」の欄がある! その中にも、 好きなアプリを尋ねる欄がありました。 スマホを持っていることが前提なんですね。 そして欠かせないのが恋愛についての質問! ちょっと待って!! つきあったことがあるかとか、 キスをしたことがあるかどうかなんて質問は昔なかった気がしますよ! せいぜい、「好きな人のイニシャル」とか「告白したことがあるか」とかだったのに…。 先ほどのアンケートで、プロフィール帳を使うのが一番多いのは「小学校(高学年)」でしたよね。 今時の小学生はかなり進んでいるようです…。 ちなみに、ディズニーコラボのプロフィール帳には恋愛系の質問が全然ないのがおもしろかったです。 健全で安心! 逆に、今回買った中で唯一、鍵が付いているプロフィール帳があったんですが、それは内容がほぼ恋愛に関する質問でした(笑) 確かに誰かに見られたら大変ですね! 鍵付きです。 交換日記にも鍵が付いているものがあったな〜 1つ800円前後なので子供の頃は1つしか買えず、こんなにたくさんのプロフィール帳を見比べるのは初めてでしたが、結構違いがあるものですね! なんだか、書きたくなってきました! そして誰かに配りたい! 大人になった今こそ友達作りに役立つはず。 そして天野明香とArrowちゃんは、この日初めて顔を合わせました。 共通していることはみんなミュージシャンであるということだけ。 世代は若干違いがあるものの、全員一致でプロフィール帳そのものは知っていました。 雰囲気も音楽性もまったく異なる3人。 仲を深めるにあたり、プロフィール帳はどれほど活躍してくれるのでしょうか。 「今日はプロフィール帳を書いてもらいたいんだ」と言いながら取り出すと、まず、一斉に「懐かしい〜!」のひと言でした。 やっぱりみんな知ってた! 1枚渡して、3人一緒に記入スタート! 静かにみんな無言で記入し始めました 天野明香ちゃんはめちゃくちゃ早く書き終えていました。 一緒に書き合う時間もなんだか人間性が見えておもしろいかもですね〜。 みんなの内容をチェックしていきましょう。 左からArrowちゃん、ペパーミント、天野明香ちゃんの書いたもの 裏側です こんな感じでみんなおのおの書きました。 すると、さっそく私が書いた内容に天野明香ちゃんから反応が。 「Myあこがれのヒト!」の「芸能人でいうと?」の回答部分。 天野「リバー・フェニックスって誰ですか?」 ペパーミントが好きな映画俳優で、もう今は故人となってしまったことや、作品「スタンドバイミー」に出てるよ、と伝えたところ「あぁ〜!」と言いながらすぐにスマホで調べていました。 彼女は映画が好きみたいなので、気になってくれたようです。 そしてArrowちゃんの書いた好きなお菓子にペパーミントが反応! ペパーミント「私もピザポテトめっちゃ好き! 食べたくなってきた」 Arrow「うまいよねーめっちゃ好き!」 お菓子大好きなペパーミントは食い気味に反応が過剰になってしまいました。 食べ物の話はやっぱり人類共通かも! また、裏側の項目はおもしろいのがいろいろありました。 「自分の子供に名前をつけるなら?」の質問 左からArrowちゃん、ペパーミント、天野明香 Arrowちゃんと天野明香ちゃんの男の子に付けたい名前がなぜかソックリ!! また「おぼえがきコーナー」で「ミッキー」をお題にして、みんなで絵を描いてみました。 左からArrowちゃん、ペパーミント、天野明香 天野明香ちゃんとペパーミント、2人で顔を合わせて 「Arrowちゃんのミッキー、うま〜い!」 Arrowちゃんの描いたミッキーがとっても上手で思わず声を漏らしました。 ディズニー関連に疎いペパーミントにはミッキーは難題でしたが、天野明香ちゃんのミッキーもなかなか味わい深い(笑) こういうコーナーがあるとワイワイできますね! 続いて「私だけ?と思うことは?」の項目がまたすごくおもしろい結果になりました。 左からArrowちゃん、ペパーミント、天野明香 これはあまりに三者三様すぎてみんなで笑いました! ペパーミント「Arrowちゃんのやつ、わかる気がする! なんかあの雰囲気好きなのわかる」 Arrow「そうなんだよね〜なんか好きなんだよね〜、ってか足つったことないのすごい! うらやましい!」 こんな微妙な心理状況の話までできるとは思いませんでしたね! 最後に、「地球最後の日にはなにをする?」の項目。 左からArrowちゃん、ペパーミント、天野明香 示し合わせたかのように、3人とも食べ物関連だっていう(笑) 「好きな人と過ごす…」とかじゃないところが、よくも悪くも自由奔放な女子ミュージシャン3人らしい結果! 上にもあるよう、Arrowちゃんはウニが大好きなようで、天野明香ちゃんが昔お寿司(すし)屋さんでアルバイトしていた話などにも発展していきました。 こんな感じで小さなことがきっかけで話が発展したり、盛り上がったりが終始続きました。 というわけで。 面識がほとんどない大人がプロフィール帳を使って飲み会してみた結果…。 めっちゃ仲良くなれました!! いやこれマジです! これ、本当にいいと思います。 お世辞抜きでめちゃおすすめです! まず、プロフィール帳を突如持っていくという時点で「え、なんですかそれ?」という感じで話のきっかけになると思います(これを快く書いてくれない人はそもそも仲良くはなれないかと!) 一緒に書いていく時間もなんだか懐かしくっておもしろいうえに、出てきた回答から共通の話題を探したり、いろいろ突っ込んで聞いてみたりと…、とにかく話の話題が出やすくなるので、仲良くなるきっかけにはぴったりです! また、今回のように飲み会で使うのはもちろん、最近では「婚活パーティー」や「街コン」みたいなものも多く開催されていますよね。 参加者に事前にこれを記入してもらうなんて活用方法もおもしろいのでは? ちなみに、最近では受験生などが歴史の勉強用にその人物になりきって記入していく、こんな勉強法があるようです。 ページが余ったときなどは、こんなふうに活用するのもおもしろいかも。 ただ懐かしいだけにとどまらず、大人でもさまざまな使い方ができそうですね。 飲み屋の方はお店に1冊おいておくのもおもしろいかも。 ライブハウスの楽屋なんかもよさそう! 全国のバンドマンの思い出帳に! アイデアは無限大ですね。 プロフィール帳を見かけたのは本当に何十年ぶりという感じでしたが、一気に思い出がよみがえってきて懐かしい気持ちになりました。 皆さんも久しぶりに手にとってみるときっと楽しいですよ!.

次の