プリオール 白髪染め。 【写真付き】プリオールの白髪染めカラーコンディショナー全色で染めてみた

美容師パパの「資生堂プリオール」白髪染め口コミと体験レビュー

プリオール 白髪染め

商品満足度: 4. 5/5点 資生堂プリオールの場合、2〜3回の使用で効果があらわれました。 これは、おぉ〜と、ひとりで驚きと感動でした。 嫌な臭いもなく、櫛で髪の毛に塗るだけなので、やり方はとても簡単です。 商品の使用方法としては、シャンプーをしてから軽く拭いた後、トリートメントを塗ってくださいと書かれていますが、何度かやっている間に乾いた髪の毛に塗ったほうが定着することを発見しました。 おかげで円形白髪から開放されましたが、100%真っ黒に染まるというものではないです。 自分は歳なりに少し白髪まじりでいいと思っているので、そういう意味で満足しています。 美容院に行っても、結構時間と値段が負担でしたが、本当に助かっています。 こんな商品があればいいと思っていたとおりのものでしたね。 周囲の友だちもほぼ白髪の人が多いのですが、きれいに染まっていると言われます。 自分で染めているというと驚かれますが、資生堂プリオールをおすすめしています。 Q:白髪染めトリートメントをどのように知りましたか? 娘がどこかで見つけてきたのがきっかけです。 化粧水や乳液など、シニア向け化粧品シリーズの後のほうで発売されました。 Q:白髪染めトリートメントを使用する理由は? 美容院で染めると、次回まで2ヶ月くらいはそのままなので円形の白髪頭が目立っていました。 しかも、カットと白髪染めをすると料金的にも8千円くらいはかかってしまうのでおっくうになります。 資生堂プリオール白髪染めトリートメントを使ってみると、予想以上に染まり具合がいいことに気づきました。 年齢的にも白髪のままでもいいかなと思っていたので、白髪染めトリートメントでさらっと染まる感じが自分に合っています。 自分で染める場合、いつでも好きな時に染められるし値段も気にすることなくありがたいですね。 資生堂プリオールは、特に値段がおさえられていて良心的だと思います。 Q:プリオールを選んだ決め手は? 思った以上に染まりがいいことと、値段が安いことが決め手です。 この商品に出会う前は、美容院に行くのも料金が高いし2〜3週間で円形白髪が目立つし、もう白髪染めはやめようかと思っていました。 資生堂プリオールが発売されてから、やはり髪の毛も若々しいほうがいいので、面倒くさがりの私でも2〜3年続けています。 プリオール 使い方 使用頻度 2週に1回 塗布するタイミング 洗う前の乾いた髪よく染まるから。 塗布後の放置方法 そのまま何もせず放置する 放置時間 30分 トリートメントの塗布方法 櫛 使用方法のコツ 大さじ1杯の規定量を、何回かに分けて櫛に塗り、染めたい所5〜6箇所に塗ります。 その後、全体に櫛を通してそのまま30分ほど放置したあと、シャンプーして乾かします。 Q:プリオール 色選びのポイントは? 最初、ブラウンかダークブラウンか迷ったのですが、どうせ染めるのなら明るい色のほうがいいと思いブラウンを選びました。 それで、全体が茶髪っぽくなったらダークブラウンを差し色にして抑えるようにしています。 2色を使って、髪の毛の色のバランスを保つのがコツです。 商品満足度: 4/5点 手軽に白髪が目立たなくなり、トリートメントのように髪がスルスルするので、気に入って使用しています。 まだ3か月くらいしか使用してないので色味は1色のダークブラウンしか使用経験がないですが、落ち着いた色味なので、白髪は目立ちにくい仕上がりです。 しかしあくまでも、白髪染めではなく、トリートメントの位置づけなので、「一度でしっかり染まります。 」とは言いにくいです。 しかし、髪の艶も考えて私のようにトリートメントを買う気分として使用するなら、お得です。 白髪までケア出来ますから。 もう少し染まってほしいなと思うときはありますが、3か月くらいに1度は美容室でケアしています。 毎月市販の白髪染めを使用しているよりコストはかかりません。 使用上の注意は、シャンプーした後なるべくしっかり水分をタオルで取ってからトリートメントしたほうが上手く行きます。 あと、染めた後の手は黒味が残るので、ボディーソープより石鹸を使った方が綺麗に早く取れる気がします。 Q:白髪染めトリートメントをどのように知りましたか? 友人に勧められたので知りました。 Q:白髪染めトリートメントを使用する理由は? 市販の白髪染めは自分で染めると上手くいかないし匂いが嫌いです。 また、生理中に白髪が気になっても、腹痛や頭痛があり体調が悪い時は美容室に行きたくてもいけません。 白髪染めトリートメントは、トリートメントとして使用している気持ちが強く手触りもよいし寝ぐせもつきにくいですし、気になったらすぐ使用できる手軽さが強みです。 Q:プリオールを選んだ決め手は? 色も合うし、何より資生堂ですからブランドネームが強いです。 プリオール 使い方 使用頻度 3日に1回 塗布するタイミング 洗髪後の濡れた髪 塗布後の放置方法 そのまま何もせず、放置 放置時間 5分 使用方法のコツ コツは特にありません。 色の持ちはそんなに長くないですが、トリートメント代わりになるくらい 髪がごわごわしにくいので、こまめに使用していると全体染めの美容室の回数が減った気がします。 Q:プリオール 色選びのポイントは? 地髪の色に近く、色味が落ち着いていているので、ダークブラウンはお勧めです。 商品満足度: 3. 5/5点 気に入っている点• 値段が手ごろでドラッグストアで購入できるので手軽に使用できる。 手や浴室への色移りがほとんどない為、素手で使用できる。 いやなにおいが無く、毎日のお風呂(シャンプー)ついでに使用できる。 不満な点• 白髪染め効果は他の商品に比べて弱い 1度で白髪がきれいに染まる・・というよりは毎日手軽に続ける、もしくは他の商品や美容院で染めた白髪をきれいに保つのに使用するとよい気がする。 トリートメント効果はあまり感じられない。 色が入ることで髪が痛むことは無いが使用後髪がさらさらになるなどの実感はあまりない。 Q:白髪染めトリートメントをどのように知りましたか? ヘアケア製品を探していて、楽天のランキング上位に表示されていて知りました。 Q:白髪染めトリートメントを使用する理由は? 今後継続使用するものなので、出来るだけ髪にダメージを与えない商品を探していました。 小さい子供がいるため、自宅で手軽に使える白髪染めトリートメントを選びました。 Q:プリオールを選んだ決め手は? 値段が手ごろでドラッグストアで購入できることと、手や浴室への色移りが少ないこと。 プリオール 使い方 使用頻度 週1回 塗布するタイミング 濡れた髪と、乾いた髪。 両方・場合により使い分ける。 しっかり染めたい時は乾いた髪、しっかり染めた色を保ちたい時や、時間のない時には洗髪後の濡れた髪に使用します。 今回写真は乾いた髪に使用した際の写真。 塗布方法 素手 塗布後の放置方法 何もしない 放置時間 5~15分 使用方法のコツ 色をしっかり入れたい時は乾いた髪に塗り、時間を長めに置きます。 長持ちさせたい時は週2~3回行います。 Q:プリオール 色選びのポイントは? 白髪が一番濃く染まり、地毛との境目がわかりづらいので色選びはいつもダークブラウンです。 ブラックは意外と染まりづらいです。 商品満足度: 4/5点 資生堂の商品でドラッグストア以外でも購入できるところが比較的多いため、わざわざ特定のお店に買いに行く手間や特定のネットショップで購入する手間がかからないのが気にいっています。 お揃いのシャンプーもあるので、色落ちが気になる場合はセットでも使えること。 匂いがきつすぎないこと。 ダークブラウンの色味が自分には丁度いいこと。 1回分のサンプルも販売されているため、旅行の時などでも持ち運びやすいのは、嬉しいです。 皮膚に色がついた時、この商品は、割と落としやすいし、爪も黒くなりすぎないのが安心です。 どちらの商品でもそうですが、刺激が少ないという安心感も保ったまま色が今より少しでも長く保たれれば尚好ましいと思います。 現在は5日くらいで薄くなってくるのを感じます。 他のシャンプーやコンディショナーも楽しみながら併用したいので、できれば3回目の使用からは、10日ほど色味が持ってくれると嬉しいです。 Q:白髪染めトリートメントをどのように知りましたか? ヘナを購入していたので、カラーリングコンディショナーも通販サイトなどで目にするようになっていましたが、ドラッグストアに数種類並ぶようになってから、気軽に各メーカーの商品を試せると思い、購入するようになりました。 Q:白髪染めトリートメントを使用する理由は? 8年くらい前から美容室でカラーリング中、温める機械を使うと皮膚がヒリヒリすることが増えました。 クリームを塗っていただいたりしても終了後1週間くらいは頭皮全体が熱くて痛いような状態になるので、怖くてカラーはヘナをお願いすることが増えました。 美容院のメニューにはなく、自分のために取り寄せてくれていました。 ただし、ヘナでも場合によっては似たようなヒリヒリが起きることがあったので3年くらい前からはなるべく色味の単純なヘナを購入し、自宅でヘナ染めをするようになりました。 これは、頭皮が痛くなることはなく安心でしたが、きちんと染まるには数時間かかるため、次第にカラーコンディショナータイプに移行してきました。 発色は穏やかですが、特別な時間をかけなくても済むのが良い点だと思っています。 アレルギーを起こさずにカラーリング出来る美容院もあると聞いていますが、薬剤によるアレルギーは少量触れただけでも反応することがありますので利用したくないと思っています。 Q:プリオールを選んだ決め手は? 資生堂ブランドのため、扱うお店もドラッグストアに限らず、化粧品店やスーパーなどでも置いてあるところが多いこと。 また、ブランド力があるので通販だからお得ということもなく、化粧品店でも、ドラッグストアでも、スーパーでも安売りなどの対象にもならないため、どのお店で購入しても、金額が一定しているのも安心して購入できます。 また、色味が比較的落ち着いた色で気にいってます。 プリオール 使い方 使用頻度 週に1回 塗布するタイミング 洗う前の乾いた髪 塗布後の放置方法 特に何もしない 放置時間 15分 使用方法のコツ 時間を15分以上おくこと。 乾いた髪に使うこと。 キャンペーンの時についていた付属のコームが液だれしにくいので利用している。 Q:プリオール 色選びのポイントは? あまり明るくなりすぎない色が好み。 ブラックよりのダークブラウンだが、濃すぎず、明るすぎず、丁度いい。 商品満足度: 3/5点 資生堂プリオールは、まずパッケージが少しお洒落に見えるところが気に入っています。 毎日使用しており、お風呂場の目につくところに置いてあるので、自分の気分を上げるためにも、そこは重要なポイントです。 またこの商品を使用した後、髪を乾かすときに感じるのですが、髪ざわりがしっとり潤って、さらさら、ふんわりするところも大のお気に入りです。 特に髪のトップがふんわりするので、ペタッとなりがちな私の髪質に、とても合う商品だと思います。 多少白髪が染まり切らなくても、ふわっとしているので白髪が目立ちにくいです。 改善希望点は、色持ちです。 色抜けが早いと思うので、毎日使用しています。 2~3日ぐらいの間隔で使用できたら嬉しいです。 Q:白髪染めトリートメントをどのように知りましたか? インターネットの情報サイトで見たり、ドラッグストアで見たりして知りました。 Q:白髪染めトリートメントを使用する理由は? 一番の理由は、白髪染めトリートメントは髪と地肌に優しいと思うからです。 以前は薬局で白髪染めを購入していましたが、抜け毛がひどくこれからずっと使い続けるにあたって、悪影響のないトリートメントが自分にベストだと思いました。 染めは若干弱いと思うのですが、美容院に頻繁に通い、コストや時間をかけるより、毎日お風呂で気軽に染めることができるところもポイントが高いです。 Q:プリオールを選んだ決め手は? CMで流れているので、安心できる商品だと思ったことと、お洒落っぽいパッケージ、そして低価格なことです。 他にもビゲンやフラガール等の白髪染めトリートメントを使ってみて、使い心地、色味等比較してみた結果、プリオールが特に気に入りました。 プリオール 使い方 使用頻度 毎日 塗布するタイミング 洗髪後の濡れた髪 塗布後の放置方法 何もしない 放置時間 5分 トリートメントの塗布方法 素手 使用方法のコツ 洗髪後、きちんと髪の水分をふき取り、塗ることです。 色を長持ちさせるコツですが、塗ってから10分ほど放置し、洗い流すとより綺麗に染まることがわかりました。 すぐに色は抜けてしまうため、私は毎日使用しています。 Q:プリオール 色選びのポイントは? 本当はダークブラウンよりも明るい色にしたいのですが、この色より明るいと、白髪が浮いて見えてしまうことから、自然に見えるこの色を選びました。 [リニューアル新規追加]セタノール• べへニルアルコール• ベンジルアルコール• DPG• ステアロイルメチルタウリンNa• [リニューアル新規追加]グルタミン酸• ステアリルジヒドロキシプロピルジモニウムオリゴ糖• タウリン• 水溶性コラーゲン• ホップエキス• 褐藻エキス• 紅藻エキス• サンショウエキス• 緑藻エキス• ステアリン酸グリセリル SE• ジメチコン• グリセリン• クエン酸• [リニューアル新規追加]ミネラルオイル(保湿力が高いですが、髪がパサついている方には向きません。 長期の使用でさらに乾燥します)• エタノール• シスチン• フェノキシエタノール• [リニューアル新規追加]マイクロクリスタリンワックス(保湿力が非常に高いですが、石油由来のもので肌が荒れる方は避けましょう)• [リニューアル新規追加]ステアリルPGジメチルアミン(髪の静電気を防止する成分)• [リニューアル新規追加]BHT• [リニューアル新規追加]トコフェロール(酸化防止剤)• 橙205(タール系の色素。 毒性有)• 紫401(タール系の色素。 毒性有)• 黒401(タール系の色素。 毒性有)• 黄4(タール系の色素。 毒性有) その他の商品情報を見る•

次の

Q:プリオール 愛用者はどんな風に使ってる?使用方法・色・頻度は?

プリオール 白髪染め

10日後はブラウンもダークブラウンも 同じ色・明るさに色落ちしていきますね! 資生堂プリオール「ダークブラウン」と「ブラウン」の色の比較 ブラウン ダークブラウン 資生堂プリオールは ブラウンには赤みを感じ、 ダークブラウンはアッシュにくすんだベージュです。 どちらも 明るいベージュです。 明るさの違いはそんなに感じませんね。 ダークブラウンのアッシュを取って鮮やかにしたのがブラウンって感じです。 「ブラウン」と「ダークブラウン」の色の比較 実際の色味はベージュなのでダークブラウンの言葉に騙されて「全然染まらない。。 」って勘違いしてしまう人が多そうです。 資生堂プリオールに関しては ブラウンとダークブラウンは 明るさよりも 色味の違いで選ぶと失敗しないと思います。 「 オレンジよりならブラウン」「 アッシュよりならダークブラウン」を選んで下さい。 資生堂は薬事法で決められている以上に、取り扱っている商品の 「安全性」にこだわりがある企業です。 (規制緩和により使用されている還元剤システアミンも資生堂だけは、 厳しい安全基準により商品化されていません)• (プリオールは「 カラートリートメント」ではなく「 カラーコンディショナー」のネーミングです。 薬事法ではリンス・コンディショナー・トリートメントは 自社基準で自由にネーミングできるので、 成分が他の白髪染めトリートメントに劣っているわけではありません。 ) コスパが良いため、逆に品質が悪いのではないか?と心配になるほどですが。。。 資生堂プリオール白髪染めの 悪い口コミと評判 艶があんまり出ない。。。 遺伝的な因子、生活習慣、ストレス等で白髪の進行が加速している気がして、ずっとセルフカラーリングをしています。 こちらを使用時の髪質は、太い、硬い、多い、クセ毛、パーマ、カラーリングでゴワつきパサつきがあり、まとまりにくい髪質でした。 今は多少髪質は改善されています こちら、発売と同時に8ヶ月くらい使っていました。 色々なカラートリートメントを試しましたが、価格、手軽さ、効果、買いやすさを鑑みてこちらの商品は良かったと思います。 セルフカラーをして、根元の白髪がチラホラし始めたら、こちらを使って次のカラーリングまでの繋ぎにしていました。 色は明るい方のブラウンです。 1、2回の使用では中々色は付きませんが、3、4回目くらいから徐々に色が入って来ます。 色がきちんと入り始めると、2回くらい使用をお休みしても大丈夫なくらいの色の入り具合でした。 使い心地は、シャンプーと併せてキシキシしたり、絡んだりすることもなく、指通りは滑らかです。 ただ、艶があんまり出ない。 触った感触はサラサラしているんですが、見た目上パサついて見える。 まあこれは、私の髪質や長年のカラーリングやパーマのせいですけれど。。。 トリートメント効果がもっとあればいいのになぁ、と思いました。 でも、この手の商品の中では、こちらは使いやすい方だと思います あほ毛は染まらない。。。 本格的なヘアカラーは重大な後遺症も……とテレビで見て、徐々に染まっていくというトリートメントタイプがいいかも!と、いきなりコンディショナーを現品購入。 やはりシャンプーも必要だったのかな……と弱気になるくらい、最初の3日間くらいは効果を感じませんでした。 その後、白髪部分がクリーム色に、黒髪部分が茶色っぽく変化。 しかし、いわゆる「あほ毛」はなかなか染まらず。 資生堂プリオール白髪染めの 良い口コミと評判 何度もリピです ダークブラウン使ってます。 私にはとってもよかったです。 30代後半になってから白髪がちらほらと出てきた時、専用の白髪染めで何度か染めたことがあります。 しっかり染まるのはいいのですが、やはりアフターケアが面倒。 1か月もしないうちに退色して髪明るくなっちゃうし、根元との色も変わってきちゃうし、かといって毎月時間かけて染めるのはとにかく面倒。 手軽に出来るものはないかと探してたどり着いたのがカラートリートメントです。 たくさんある中でもプリオールは手に入りやすいことと価格もお手頃で、口コミでもきちんと染まっている方がいたことから購入し、これまで何度もリピートしてます。 サラサラです 髪の量多め、髪太め、質固い、パサつきやすく、真っ黒な髪の毛なので、白髪が目立ち、よく他人に指摘されてへこんでました。 いままで、美容院で一か月置きに染めて、痛んでパサパサな髪でした。 色んなヘアーカラートリートメントも試してみましたが、イマイチでした。 プリオールは白髪を茶色く、黒髪も茶色くしてくれて、うまくぼかしてくれます! 私の中ではなくてはならないものになりました。 シャンプーとセットで毎日使うことにより、髪はさらさら、白髪知らずになりました。 毎日使えて、知らず知らずに染まる! 最高です!.

次の

【母レビュー】資生堂 プリオールのソフトな白髪染め

プリオール 白髪染め

10日後はブラウンもダークブラウンも 同じ色・明るさに色落ちしていきますね! 資生堂プリオール「ダークブラウン」と「ブラウン」の色の比較 ブラウン ダークブラウン 資生堂プリオールは ブラウンには赤みを感じ、 ダークブラウンはアッシュにくすんだベージュです。 どちらも 明るいベージュです。 明るさの違いはそんなに感じませんね。 ダークブラウンのアッシュを取って鮮やかにしたのがブラウンって感じです。 「ブラウン」と「ダークブラウン」の色の比較 実際の色味はベージュなのでダークブラウンの言葉に騙されて「全然染まらない。。 」って勘違いしてしまう人が多そうです。 資生堂プリオールに関しては ブラウンとダークブラウンは 明るさよりも 色味の違いで選ぶと失敗しないと思います。 「 オレンジよりならブラウン」「 アッシュよりならダークブラウン」を選んで下さい。 資生堂は薬事法で決められている以上に、取り扱っている商品の 「安全性」にこだわりがある企業です。 (規制緩和により使用されている還元剤システアミンも資生堂だけは、 厳しい安全基準により商品化されていません)• (プリオールは「 カラートリートメント」ではなく「 カラーコンディショナー」のネーミングです。 薬事法ではリンス・コンディショナー・トリートメントは 自社基準で自由にネーミングできるので、 成分が他の白髪染めトリートメントに劣っているわけではありません。 ) コスパが良いため、逆に品質が悪いのではないか?と心配になるほどですが。。。 資生堂プリオール白髪染めの 悪い口コミと評判 艶があんまり出ない。。。 遺伝的な因子、生活習慣、ストレス等で白髪の進行が加速している気がして、ずっとセルフカラーリングをしています。 こちらを使用時の髪質は、太い、硬い、多い、クセ毛、パーマ、カラーリングでゴワつきパサつきがあり、まとまりにくい髪質でした。 今は多少髪質は改善されています こちら、発売と同時に8ヶ月くらい使っていました。 色々なカラートリートメントを試しましたが、価格、手軽さ、効果、買いやすさを鑑みてこちらの商品は良かったと思います。 セルフカラーをして、根元の白髪がチラホラし始めたら、こちらを使って次のカラーリングまでの繋ぎにしていました。 色は明るい方のブラウンです。 1、2回の使用では中々色は付きませんが、3、4回目くらいから徐々に色が入って来ます。 色がきちんと入り始めると、2回くらい使用をお休みしても大丈夫なくらいの色の入り具合でした。 使い心地は、シャンプーと併せてキシキシしたり、絡んだりすることもなく、指通りは滑らかです。 ただ、艶があんまり出ない。 触った感触はサラサラしているんですが、見た目上パサついて見える。 まあこれは、私の髪質や長年のカラーリングやパーマのせいですけれど。。。 トリートメント効果がもっとあればいいのになぁ、と思いました。 でも、この手の商品の中では、こちらは使いやすい方だと思います あほ毛は染まらない。。。 本格的なヘアカラーは重大な後遺症も……とテレビで見て、徐々に染まっていくというトリートメントタイプがいいかも!と、いきなりコンディショナーを現品購入。 やはりシャンプーも必要だったのかな……と弱気になるくらい、最初の3日間くらいは効果を感じませんでした。 その後、白髪部分がクリーム色に、黒髪部分が茶色っぽく変化。 しかし、いわゆる「あほ毛」はなかなか染まらず。 資生堂プリオール白髪染めの 良い口コミと評判 何度もリピです ダークブラウン使ってます。 私にはとってもよかったです。 30代後半になってから白髪がちらほらと出てきた時、専用の白髪染めで何度か染めたことがあります。 しっかり染まるのはいいのですが、やはりアフターケアが面倒。 1か月もしないうちに退色して髪明るくなっちゃうし、根元との色も変わってきちゃうし、かといって毎月時間かけて染めるのはとにかく面倒。 手軽に出来るものはないかと探してたどり着いたのがカラートリートメントです。 たくさんある中でもプリオールは手に入りやすいことと価格もお手頃で、口コミでもきちんと染まっている方がいたことから購入し、これまで何度もリピートしてます。 サラサラです 髪の量多め、髪太め、質固い、パサつきやすく、真っ黒な髪の毛なので、白髪が目立ち、よく他人に指摘されてへこんでました。 いままで、美容院で一か月置きに染めて、痛んでパサパサな髪でした。 色んなヘアーカラートリートメントも試してみましたが、イマイチでした。 プリオールは白髪を茶色く、黒髪も茶色くしてくれて、うまくぼかしてくれます! 私の中ではなくてはならないものになりました。 シャンプーとセットで毎日使うことにより、髪はさらさら、白髪知らずになりました。 毎日使えて、知らず知らずに染まる! 最高です!.

次の