ウロボロス ドラマ。 漫画「ウロボロス」の全編あらすじ(ネタバレ)、イクオとタツヤの最後・結末はどうなる?

ウロボロス清野菜名アクションシーンがヤバい!

ウロボロス ドラマ

【15年後・・・】 この出来事は、二人の少年の心に深く刻み込まれ・・・そして、彼らの将来を決定づけるんですね。 事件から15年後、龍崎イクオは 警察官になっています。 一方、段野竜哉は・・・ ヤクザとして裏の世界で生きています。 しかし、二人は別々の道を歩いていますが、仲たがいしたわけではありません。 むしろ、「信じるのはお互いだけ…」。 「金時計の男」を警察から探し出すため。 そして 「15年前の事件」の真相と警察の闇を暴くため。 二人は異なる道を歩みながらも、誰にも知られてはいけない相棒として力を合わせているんです。 それはまさに、絡み合う「 二匹の竜(ウロボロス)」のように・・・。 というあらすじです。 こういう二人の青年が警察という権力に潜む謎を暴こうとする内容なんですね。 では、これらの主人公を演じる キャストについて触れていきましょう。 Sponsored Link ドラマ「ウロボロス」キャスト生田斗真の役柄は? 主人公の一人。 刑事の「 龍崎イクオ」を演じるのは 生田斗真。 そのキャラクターに少し迫ってみましょう。 龍崎イクオの性格 龍崎イクオは一見、ふつう、どころかむしろ「冴えないドジな警察官」。 仲間思いの優しい性格です。 しかし、その性格には二面性があります。 凶悪犯など自分の許せない犯人のことを射殺してしまう・・・! そして、そんな時には、常人ではあり得ない圧倒的な運動能力を示すんですね。 こういう時の龍崎イクオは、頭痛と一種のトランス状態に陥っています。 そして、このトランスに陥ったあとに正気に戻る体験を繰り返すうちに、龍崎イクオに変化が起こります。 忘れていた幼少時の記憶を取り戻すようになるんです。 失われていた幼少時の記憶とは? 龍崎イクオが思い出した記憶は、• 結子先生が泣きながら、イクオを銃で撃とうとしていた光景• 自分を「まほろば」に連れてきたのが「金時計の男」だったという光景 今まで信じてきた世界とは真逆の記憶を思い出したイクオ。 それをきっかけに 、龍崎イクオはさらに「15年前の事件」の真相を暴くべく行動しだすんです。 ドラマ「ウロボロス」キャスト小栗旬の役柄は? もう一人の主人公・ 段野竜哉を演じるのは 小栗旬です。 段野竜哉の性格は? 段野竜哉は「松尾組の若頭」。 ヤクザです。 しかも、美形の「インテリヤクザ」。 冷静で思慮深く、シビアで打算的な性格です。 トレードマークは、インテリ風なメガネと背中の2頭の龍の「ウロボロス」の入れ墨。 その端麗な外見と頭脳で、裏の世界でのしあがってきた実力の持ち主です。 15年前の事件の犯人への復讐に最も興味を持っている・・・。 というか、それにしか興味がないというキャラクターです。 段野竜哉は何故ヤクザになったのか? 実は、 事件の被害者・結子先生は、実は段野竜哉にとっては「初恋の人」。 初恋の人を殺した犯人を強く憎む気持ち。 それが冷静な段野竜哉の心の底に流れるものなんですね。 「15年前の事件」の犯人の情報をつかむために、あえて裏社会へ。 そして、ヤクザの世界での抗争にも巻き込まれるうちに、事件の真相へと足を進めていくことになります。 主演キャストの役柄が詳しくわかる理由 さて、もしかしたら「ドラマ情報が公開されたばかりなのに、なぜ主演キャストのあらすじや内容や役柄がそこまでわかるの?」という方もおられるでしょうか? 理由は簡単です。 ドラマ「ウロボロス」には 原作漫画があるんです。 漫画「ウロボロス」は神崎裕也先生の作品で、現在も「月刊コミック バンチ」で連載中です。 ちなみに、コミック最新刊18巻の発売日は、ドラマの発表と同じ 8月9日でした。 なかなか粋な演出ですよね。 本格警察エンタテインメントであるドラマ「ウロボロス」! 最近のヒットドラマって、警察物も結構多いと思うですが、「ウロボロス」も期待していいんじゃないでしょうか? また、ウロボロスのストーリーの中でも大きな意味を持つペンダント・・・に関連する商品の発売も決定! ぜひ、こちらの記事でチェックしてみてください。

次の

ウロボロス清野菜名役どころは?黒幕?犯人?

ウロボロス ドラマ

主人公の龍崎イクオを生田斗真が、段野タツヤを小栗旬が演じた本作。 原作漫画を読んでいる身としては、物語自体は面白かったです。 漫画には無かった演出もみられ、ドラマ独自の構成は観ていてワクワクしました。 ドラマと原作の一番の違いはイクオだと思います。 原作にイクオは、普段はちょっと気弱でナヨっとしたかんじですが、いざという時は驚異的な体能力を発揮する人物として描かれています。 ドラマ版では普段は原作ほど気弱な印象は受けませんでした。 また、原作のように身体能力に優れているという描写は少なく、普通の刑事っぽく演じられていました。 ただ、それはそれでリアリティがあって良かったですし、むしろイクオの人間らしさという意味ではドラマ版の方が感じられました。 総じて物語の構成やキャラクターのクオリティなど完成度が高いドラマだったと思います。 とても悲しい復讐ストーリーです。 小栗旬と生田斗真の対照的なキャラクターが表現している友情がすばらしく素敵ですが、目的が 復讐 というなんともかなしい友情…。 そしてアクションシーンがさすがです。 おふたりともかっこよすぎました。 上野樹里と生田斗真のやりとりもドラマのテンポを軽快にしてくれるポイントで、なかなか暗いストーリーのなか、おふたりのやりとりは楽しく軽快に見れる部分が多かったです。 皆さんそうだと思いますが、最終回がまた悲しく仕上げられたストーリーで、沢山泣きながら見ました。 キャラクターそれぞれの色んな想いと気持ちが複雑に作られていて、それぞれが葛藤する姿も良かったです。 もう一度、一から見てもいいくらいです。 刑事とヤクザという正反対の職業で生きる2人が共有する記憶と信念。 イクオと竜哉がそれぞれの立場から、法では裁くことのできない悪に立ち向かい復習を試みる様子に毎話ドキドキさせられました。 このドラマ最大の見所であり、大好きなシーンはなんといってもラスト。 絶命してしまった竜哉に寄り添い、イクオが自殺を選ぶシーンは涙なしでは見られません。 2人の強く切ない絆を最も感じられる場面です。 また嵐が歌う主題歌もドラマの世界観にぴったりで、この曲を聴く度にストーリーを思い出しうるっとしてしまいます。 孤児院で育った2人が、母親代わりのお姉さんの不審死に対する復讐劇。 2人はそれぞれ警察官とヤクザの組長。 小栗旬が演じた天才すぎるキャラの子供時代のお姉さんの似顔絵がプロ波にうますぎて笑った。 2人は、お姉さんが、得意料理だったオムライスしか食べないのが印象に残った。 最後にまさか犯人が警察官の主人公の実の親で警察のえらいさんだったのにはびっくりした。 実の母の親が、実の父の両親を殺傷していたと言う事実。 警察官の主人公が、施設に戻ってそれを追いかけて主人公の組長が自害。 私はもう号泣。 2人はお姉さんに会えたけど、あの世で幸せに! 2人に関わった人たちが、2人を偲んでそれぞれオムライスを食べていたのが印象的だった。 元々原作を読んでおり大好きな作品なので、ドラマ版を非常に楽しみにしていました。 小栗旬と生田斗真という豪華キャストで織りなすドラマ版は見ていてとても面白かったです。 刑事とヤクザという好対照な2人が裏で手を組み、恩師である柏葉結子の死の真相を突き止めていくのが目的の復讐劇が題材の作品であるのですが、真相にたどり着く過程で復讐のために生きてきた2人に起こる変化に注目していただきたいです。 当初は復讐のためなら手段を択ばない、ある意味血の通っていなかったような2人が、たくさんの人との関りを通じて人間らしくなり、復讐以外の別の想いを抱えることはきっと彼らの今後の生きる上で糧になると思って観ていました。 だからクライマックスで死という結末を迎えてしまったことにすごく切なくなりました・・・ サスペンス系のドラマが大好きなので、毎週とても楽しみに観ていました。 生田斗真演じるちょっとトボケているけど実はとても身体能力の高い刑事龍崎イクオと、頭脳明晰なスマートなヤクザ団野竜哉は二人が育った児童養護施設の先生 広末涼子 が何者かに殺されるのを目撃してしまい、その犯人を刑事とヤクザの立場から突き止めようとするドラマで、毎週「あの人が犯人?いやあの人か?」と謎にグルグル悩みながら夢中で観続けました。 私が好きなシーンは、イクオと竜哉と先生との微笑ましい子ども時代です。 子役の子二人もイクオと竜哉の雰囲気に良く似ているのですんなり感情移入できて、このまま二人を幸せに過ごさせてあげたかったなぁと切なくなりました。 主人公である幼馴染の二人が、刑事とヤクザという異なる立場ながら、同じ目的に向かってともに進んでいく姿から、お互いへの強い思いと絆が感じられ、ずっと見ていたいと感じました。 物語としては、主人公たち二人が幼い頃に遭った事件の真相に迫りながら、知りたくなかった事実について知ることになり葛藤していく様子が見ていて切なく、印象的でした。 また、主人公たち二人を小栗旬さん、生田斗真さんが演じることをはじめ、上野樹里さんや広末涼子さんなど実力派の俳優さんが揃っていて、それぞれの登場人物の個性が際立つように演じられていて、物語により夢中になって見ることができました。 ウロボロス~この愛こそ、正義。 詳細 ドラマ「ウロボロス~この愛こそ、正義。 」のあらすじや各話のタイトル、キャストをご紹介します。 あらすじ 児童養護施設・まほろばで育った龍崎イクオ(生田斗真)と段野竜哉(小栗旬)。 2人が小学生のとき、母親のように面倒を見てくれていた施設職員の「結子先生(広末涼子)」が何者かに殺されるのを目撃する。 それから20年。 イクオは刑事となり、新宿第二警察署刑事課に勤務していた。 イクオとバディを組むのは日比野美月警部補(上野樹里)。 一方、竜哉は抜群の頭脳を生かし暴力団・松江組の幹部として闇の世界でのし上がっていた。 第1話 金時計の男• 第2話 オムライスの秘密• 第3話 約束だよ、イクオ• 第4話 結子先生の秘密• 第5話 君は僕が守る• 第6話 絶体絶命• 第7話 何でだよ、結子先生• 第8話 まほろばの秘密• 第9話 金時計の正体• 第10話 ただいま キャスト• 小栗旬• 上野樹里• 吉田羊• ムロツヨシ• 清野菜名• 武田久美子• 光石研• 滝藤賢一• 吉田鋼太郎• 中村橋之助• 広末涼子 ほか.

次の

ウロボロス

ウロボロス ドラマ

Contents• 今回、取り上げたのは 2015年にTBS系列でテレビドラマ化したことで 一気に知名度を上げた人気漫画 「ウロボロス」 です。 この漫画でのあらすじ・ストーリーについて最初から最後まで ネタバレありで話しています。 もし、「ネタバレは見たくない!どんな漫画かだけを知りたい!」 という人がいたらネタバレなしのレビューも書いているので こっちを見てください。 1.プロローグ 龍崎イクオと段野竜哉は15年前に結子先生という最愛の人を殺されました。 犯人を突き止めるべく刑事に訴えるイクオと竜哉ですが 金時計をつけた刑事に逆に脅され、黙殺されてしまいます。 警察関係者に犯人がいて、真相が眠っていると判断した 龍崎イクオと段野竜哉は国家権力には頼らず 二人だけで結子先生の復讐を誓います。 そのために龍崎イクオは警視庁に入り 段野竜哉はヤクザの組長となり 双方から真相解明を狙う「二頭の龍(ウロボロス)」となりました。 (iOS・Android双方で使えるアプリになっています) マンガParkは気になる作品が最終話まで全部一気に読める! 全巻まとめ読み&先読み機能搭載! もちろん「ウロボロス」も無料で見られますよ。 その実行犯の一人から話を聞きだそうとしますが 実行犯は金時計の男が雇った男に殺されてしまい 真実は闇の中に放り込まれてしまいます。 段野竜哉の方も情報屋を使って金時計の男を探し続けますが 竜哉と関わった情報屋は次々と殺されていき なかなか情報が掴めません。 そんな中、殺された実行犯の一人が 「ハイジマコーポレーション」という名刺を持っていた事から 竜哉とイクオはハイジマコーポレーションの社長である桂田に探りを入れます。 案の定、話し合いでは正体が掴めず竜哉は ハイジマコーポレーションからデータを盗みます。 イクオは警察に戻り、盗んだデータを調べている途中に ある人達に脅されデータを奪われてしまいます。 わざとデータを奪われたイクオはその人物たちを隠し撮りしていました。 映像を見て、この人達が「公安警察」の人間であることを突き止めました。 公安警察の中でも非合法なことを行える 『ゼロ』と呼ばれる組織に属する公安員の我那覇と忍足 (公安の忍足と我那覇) この出来事からイクオと竜哉は 公安と金時計の男が繋がっている事を突き止めました。 「ハイジマコーポレーション」を調べ続けていたタツヤは 公安の人間が会社に入っていく事を目撃して 自分も中に入っていくと、ハイジマコーポレーションの社長桂田が殺されていました。 その場で公安の人間と接触して命を狙われる竜哉 この竜哉を救ったのは、警視庁の人間である蝶野真一でした。 蝶野はイクオと竜哉のつながりを疑っており 自分で竜哉を捕まえたいという事から結果的に竜哉を救う形になりました。 この一件で、結子先生殺した実行犯が 公安警察「ゼロ」のメンバーである我那覇、忍足 ホームレスだった湯浅 ハイジマコーポレーション社長の桂田 の4人だったことが明らかになりました。 3.金時計の男との対決、そして… ある日、警視総監の北川貴一郎が狙撃されるという事件が起こります。 この事件を捜査する内に犯人は警察内にいることを突き止めるイクオと竜哉 そして、結子先生は元警官であることも知ります。 (結子先生) 捜査を進めていく中で、遊園地内で公安との対決となった、竜哉とイクオ 負傷するイクオを庇い、二人と対決する竜哉ですが状況は劣勢 そんな中でも我那覇を追い詰めますが 息を潜めていた忍足に襲われて絶体絶命のピンチになります。 忍足は秩序を守らない我那覇を粛正して 竜哉に手をかけようとしたその時、イクオが竜哉を救いました。 イクオと竜哉は忍足を捉えましたが 金時計の情報を話す代わりに命を保証するよう駆け引きを持ちかけてきました。 そんな最中にボヤ騒ぎが起こります。 忍足を残して各自避難をはじめますが その隙に忍足は金時計の男が送った刺客に殺されてしまいます。 その後、警視総監の狙撃を指示したのは副総監の聖(ひじり)である事が分かります。 そして、聖はまほろぼ事件(結子先生殺害事件)を指示した 金時計の男であるという情報も入ってきます。 強引な手法で捜査を進める聖は 竜哉が加盟する大手の暴力団を取り締まるため カジノ船エメラルド号に多数の捜査員を乗り込ませます。 聖と聖の側近(聖隊)の不法捜査を取り締まるべく 単身でカジノ船に乗り込むイクオ 我孫子組の重鎮としてカジノ船に乗り込んでいた竜哉は 船上で聖と対峙します。 そして、その対峙に加わるイクオでしたが 聖との対決時に狙撃犯に狙われたイクオを庇い狙撃をされる竜哉。 そのまま海の中に落ちて生死不明の状態となります。 怒りに任せて聖と戦うイクオは聖に勝ち、 その身柄を拘束しました。 聖は不法捜査の責任を追及され逮捕。 副総監の座からも失脚します。 「金時計の男を捕まえた」と一旦は思ったイクオですが 船上での聖の振る舞いに疑問を持ちます。 もしかして、聖はイクオと竜哉が探していた 金時計の男ではないのではないか? と… 4.新たな金時計の男と新たな戦い カジノ船での戦いで深い傷を負ったイクオ そんなイクオに替わり、相棒である日比野美月が まほろばの件を調べていきます。 (日比野美月) 捜査を進めていく中で、美月はまほろばの出身者である 那智に身柄を拘束されてしまいます。 那智は日比野美月の父親であり、警察管理監のトップである日比野國彦を呼び出し まほろば事件の真相を聞き出そうとします。 しかし、那智と美月は取引場所に向かう途中で公安に襲われてしまいます。 後から取り引き場所に向かった國彦とイクオ、 そして國彦の部下である田村小夏は公安に襲われた事を知り イクオは美月を救出しにいき、國彦と田村小夏は取り引き場所に向かいます。 なんとか公安の追手を振り切ったイクオ、美月、那智が 取り引き場所に向かうと田村小夏が襲われ、日比野國彦は殺されていました。 聖がまほろば事件の首謀者(結子先生を殺した犯人)ではないと気づいた美月とイクオは 美月の父親である日比野國彦がまほろば事件の犯人だと踏んでいましたが 國彦も結局、まほろば事件の首謀者ではなく、真犯人に殺されてしまいました。 再び、振り出しに戻ったまほろば事件ですが イクオと美月は日比野國彦を殺した真犯人が 田村小夏である事を突き止めます。 真犯人を知る小夏ですが、小夏の命が狙われてしまうリスクを考えて 敢えて聞き出そうとしないイクオ まほろば事件の真犯人を知っている拘留中の聖元副総監からも 口を割らせることが出来ずに、事件は暗唱に乗り上げそうになりますが イクオは捜査の末に遂に真犯人に辿り着きます。 真犯人は警視総監の 北川貴一郎 だったのです。 そして、まほろばという施設(組織)は 子供の臓器を闇で売買するための施設でした。 5.まほろばの真犯人、そしてイクオと真犯人の行方 犯人が北川だとイクオが把握した直後 北川はイクオを自宅に呼び出します。 そして、イクオは北川から1ヶ月後に始球式に出席することを告げられ 始球式のSPを依頼されます。 北川はまほろば事件の真犯人である事も堂々とイクオに告げましたが イクオは北川の妻と子供が近くに居たため、その場で殺すことを諦めます。 一方のタツヤはカジノ船から転落した後 蝶野の助けによって一命を取り留めますが イクオとの記憶を失ってしまいます。 一人でまほろばの真犯人である北川を暗殺するため ヤクザから足を洗い、たった一人の男に戻ります。 タツヤはイクオと再会するも、記憶喪失により思い出せません。 ただ、その記憶の扉は少しずつ開かれているのでした。 北川貴一郎が始球式を行う当日 タツヤは着々と北川暗殺に向けて準備を整えて 北川がマウンドに立ったところを見計らって停電を起こします。 そして、停電が解除された時には北川に銃口を突きつけていました。 北川暗殺まで後一歩にせまるタツヤですが そんなタツヤの前にイクオが立ちはだかります。 イクオはタツヤが北川を殺した後に自分も死ぬ というシナリオを止めたいがためにタツヤの前に立ったのでした。 記憶を取り戻していたタツヤはイクオを殺すことが出来ず マウンド上での暗殺は失敗となります。 北川を人質として、公安の追っ手から逃げるタツヤとイクオ イクオは北川と二人きりになり暗殺の機会をうかがいますが 北川の口から衝撃の事実を告げられます。 龍崎イクオは北川貴一郎の息子だったのです。 動揺するイクオに北川は刃物でイクオを一刺しします。 その隙に逃げる北川 一方のタツヤは公安に追い込まれ 絶体絶命のピンチとなりますが、蝶野に救われます。 その蝶野も公安の「赤鼻」に追い詰められ 絶対絶命のピンチを招きますが そんな状況を救ったのは、刃物が腹に刺さったままのイクオでした。 赤鼻を一撃で倒して、球場からの脱出を試みます。 一方、地下駐車場に身を隠した北川貴一郎 このまま逃げ切るかと思いきや日比野美月が北川の前に立ちはだかります。 美月を振り切って逃げ切りを図る北川ですが 警察庁長官の刺客に襲われます。 北川が刺客に攫われそうになった時にイクオと竜哉が現れます。 二人の手で刺客の車を止めましたが、刺客は車を爆発させ、自爆を選びます。 中に乗っていた北川は火だるまになり、最後を迎えます。 ここにイクオと竜哉の復讐は完結するのでした。 6.フィナーレ 北川への復讐を果たしたイクオと竜哉ですが 北川殺しの容疑で追われる身となりました。 そんな状況をかいくぐり二人は 結子先生が最後の時を迎えた式ノ裏島を訪問します。 式ノ裏島に来た目的は 結子先生のお墓参りをした後に二人で心中すること そんな目的をただ一人察していた 日比野美月は式ノ浦島で待ち伏せをして イクオとタツヤに自首を進めます。 そんな想いを無視して集まった100名近い機動隊は イクオとタツヤを包囲したうえに発砲します。 発砲を止める美月ですが、その声は届かず射殺寸前となるイクオとタツヤ。 二人は美月を人質にして、射殺を免れながら、二人で崖の上から飛び降ります。 生存することが無理であろう条件から飛び降りた イクオとタツヤはその後、遺体の確認は取れずに 生死不明のまま捜査は打ち切られました。 そして、3年後 イクオとタツヤの事が徐々に記憶から薄れていく中で 警察官としての正しさを追求する日比野美月は立派な刑事になっていました。 そんな美月は自分の相棒が犯罪に手を貸している事を突き止めます。 犯人を捕まえようとして戦う美月ですが 犯人に返り討ちにあい絶体絶命で気を失ってしまいます。 そんな犯人の後ろに現れるイクオとタツヤらしき人影 美月が気づいたときには犯人は既に手錠がかけられています。 イクオから預かったウロボロスのアクセサリーがなくなっている事に気づく美月 イクオとタツヤらしき後ろ姿が見えたところでストーリーは終焉を迎えるのでした。 「ウロボロス」の全体評 ウロボロスは警察の闇をテーマにして 二人の男の復讐を描いている漫画です。 二人の復讐の的である金時計の男に辿り着くまでに 様々な事件を解決していきますが その事件、一つ一つも非常に見ごたえがあります。 この漫画の魅力は何と言っても 「イクオと竜哉がカッコいい」 という点に尽きるんですよね。 龍崎イクオの普段とボケていながら一旦スイッチが入ると 殺人マシーンのような強さを見せつけてくれますし 段野竜哉は何と言ってもイケメンで頭が切れる こんな男になりたいなぁと思うような男。 この二人が織りなすドラマは引き込まれましたよ。 次から次へと期待をさせてはそれを裏切り イクオと竜哉のカッコよさを見せる。 これが「ウロボロス」の王道スタイルです。 奥深さも見せつつ、パッと見ても面白い漫画 そんな感じです。 グロイと言えるほど、グロさはないんですが 刺激的な描写もある漫画ですが そういった描写が嫌いでなければ、一度読んでくださいね。 MOTOがオススメするヤクザ漫画 MOTOがオススメするヤクザ漫画について ランキング形式でまとめてみました。 「ドンケツ」以外にも面白いヤクザ漫画が揃っていますので 以下をクリックして見てみて下さい。

次の