封筒 返信 書き方。 返信用封筒の書き方の書き方|横書き/裏/封筒/就活/宛名

返信用封筒の返し方と返信する時の正しいマナー

封筒 返信 書き方

相手に返信を求める書類と一緒に入れる「返信用封筒」。 存在を知っているものの、正しい使用方法やマナーを知らなくて、送るときに困るっという方もいらっしゃるのではないでしょうか。 そこで今回は、返信用封筒の書き方や折り方についてご紹介していきます。 また、サイズや色の選び方についても記載していますので、ぜひ最後までご覧くださいね! 返信用封筒の書き方や折り方のマナーを教えて! 書き方 返信用封筒の折り方の前に、まずは返信用封筒にあらかじめ書き込んでおく事項をご説明していきます。 そうする事で、相手が手紙を出す際に「様」や「御中」が書きやすくなるという気遣いですね。 切手を貼る際は、相手が送ってくるもののサイズや重さをあらかじめ予測して送料を算出し、その金額よりも少し多めに貼っておきましょう。 ちなみに、裏面に相手側の住所や名前を書き込んでしまうのは失礼にあたりますので、何も書かずに送るようにしてくださいね。 折り方 返信用封筒の記入が終わったら、次は折り方です。 ここでは使用される事が多い4種類の返信用封筒の折り方をご説明していきますね。 角型A4&角型2号 同じくらいのサイズの封筒に入れる場合・・・上下の両辺を合わせ、真ん中で2つ折りにする 小さいサイズの封筒に入れる場合・・・上下の両辺を合わせ、真ん中で2つ折りにした後、さらに3つ折りにする 長型3号&長型4号 封筒に書類を入れる時と同じ要領で、等間隔に3つ折りにする 上記が返信用封筒の折り方です。 ビジネスシーンにおいて郵便物に関わる書類は、基本的にすべて3つ折りです。 これには「書類を入れた時に封筒が分厚くならない」「書類を広げた時、折り目が少ないから綺麗に見える」という2つのメリットがある為です。 ですので、返信用封筒を折る際も 3つ折りが基本という事がポイントです! 返信用封筒のサイズや色に決まりはあるの? サイズ サイズに関しては、必ず 「返信してほしい書類が入るサイズの封筒を選ぶ」ようにしましょう。 大きいサイズの書類を返信してほしい場合は「角型A4」や「角型2号」等を、小さいサイズの書類を返信してほしい場合は「長形3号」や「長型4号」等を選ぶようにしてください。 小さいサイズの書類の返信に大きめの封筒を同封するのも、大きいサイズの書類の返信に小さめの封筒を同封するのも、ビジネスシーンでは不適切です。 返信用封筒は、返信してほしい書類のサイズに合わせて臨機応変に対応するようにしましょう。 色 返信用封筒で一般的に使用されているのは 「白封筒」と「茶封筒」です。 白封筒は「応募書類送付用」に用いられる事が多く、茶封筒は「ビジネス用・事務用」に使われる事が多いです。 シーンに合った色を選ぶようにしてくださいね。 返信用封筒の折り方・サイズ・色を理解し相手に好印象を与えよう! 今回は、返信用封筒の書き方・折り方、そしてサイズや色についてご紹介してきましたが、ご参考になりましたか? 「社会人になるまで返信用封筒なんで使った事がなかった」という方も、マナーを把握できたと思います。 人と人とのやり取りでは、気遣いが大切になってきます。 ですので、返信用封筒を同封する際も、相手の事を考えて準備するようにしましょう。 返信用封筒の書き方・折り方・サイズ・色を理解し、気持ちのよいやり取りができますように!•

次の

返信用封筒の裏面の書き方|速達・簡易書留の出し方も紹介

封筒 返信 書き方

簡易書留の封筒の書き方はコレ 簡易書留の書き方は、何か特別な封筒を使ったりルールなどがあるのかな?って思ってしまいます。 どんな種類の封筒に書いてもいい 簡易書留は、どんな種類の封筒に書いても大丈夫です。 大きい封筒や小さい封筒や無地の封筒や色付きの封筒など どんな封筒のサイズや種類でも使うことができます。 ・封筒の表面に送り先の郵便番号と住所と氏名 ・封筒の裏面に送り主の住所と氏名 ・封筒の表面に「簡易書留」 がしっかりと記載されていれば大丈夫です。 縦書きでも横書きでもいい 簡易書留の封筒は、上記の画像のように縦書きでもいいですし 横書きで書いてもどちらでも大丈夫です。 簡易書留と書く位置 簡易書留は、封筒の表面に必ず赤文字で「簡易書留」と記入しなくてはいけません これは、自分で書いてもいいですし、郵便局にあるスタンプを押してもいいです。 そして、簡易書留と書く位置は、切手のように記入する位置なども特に決まっていませんが 上記の画像のように、 封筒の表面の隅の方に見やすい大きさで書いてください。 切手を封筒に貼らない 簡易書留で送る場合は、切手は不要なので封筒に切手は貼らないでください。 切手は貼らずに郵便局の窓口で送料と簡易書留の料金とまとめて支払いをしていきます。 間違って封筒に切手を貼ってしまった場合は、その切手の料金を差し引いた金額を払います。 スポンサーリンク 簡易書留の封筒の正しい出し方 簡易書留の封筒の書き方については、わかってもらえたと思います。 そして、簡易書留の封筒の正しい出し方は、 必ず郵便局の窓口に出すことです。 近所の郵便ポストやコンビニなどで、簡易書留を出すことはできません その理由は、郵便局の窓口で簡易書留料金を払って、郵便物の追跡番号をもらわなくてはいけないからです。 まずは、郵便局に行って窓口などに置いてある「書留・特定記録郵便物等差出票」の用紙に送り主の名前や送り先を記入します。 それから、「書留・特定記録郵便物等差出票」と簡易書留の封筒を郵便局の窓口に出します。 郵便局員さんが郵便物の料金を計って、料金を支払います。 そして、レシートや受領証を受け取ります。 このレシートや受領証に、 簡易書留の追跡番号が記載されていて、その追跡番号で郵便物を簡単に追跡することができます。 簡易書留の追跡方法のやり方や届くまでの配達日数などについては、コチラの記事に書いてあります。 書留・特定記録郵便物等差出票の2枚目は、自分の控えになっている受領証で お問い合わせ番号に、郵便物の追跡番号を郵便局員さんが記入してくれます。 簡易書留の一番簡単で楽な出し方 簡易書留の一番簡単で楽な出し方は、郵便局の窓口にそのまま郵便物を持っていって 受付の郵便局員さんに、 「簡易郵便でお願いします」と言うことです。 そうすると、郵便局員さんが封筒に「簡易書留」のスタンプを押してくれますし、全て対応してくれて 後は、料金を払ってレシートや受領証などをもらうだけです。 速達で簡易書留を送る時の出し方 簡易書留は、普通郵便などと同じで速達でも送ることができます。 簡易書留を速達で送る時の出し方は、窓口で 「速達でお願いします」と伝えてください。 そうすると、速達料金がプラスされて送達で出すことができます。 速達で送る場合は、 速達料として290円がプラスされます。 簡易書留の料金については、後程詳しく書いてあります。 土日や夜間に簡易書留を出す方法 土日や夜間などに簡易書留を出したい時の出し方は、 ゆうゆう窓口のある郵便局に持っていってください。 ゆうゆう窓口は、土日や夜間なども営業している郵便窓口です。 普通の郵便局では、ゆうゆう窓口がある場所は少ないですが、地域にある本局などにはゆうゆう窓口が設置されていることが多いです。 簡易書留を間違って郵便ポストに入れた場合 簡易書留は、必ず郵便局の窓口に出して送らなくてはいけません しかし、間違えて郵便ポストに入れてしまった場合はどうなってしまうのかというと 切手が貼ってある場合 切手が貼ってある場合は、そのまま 普通郵便として配達されます。 なので、送り先にはそのまま届くのですが、土日や祝日などには配達されないですし、もちろん追跡もできません 後、送り先が不在の場合は、ポストなどにそのまま投函されます。 切手が貼ってない場合 切手が貼ってない場合は ・ 差出人に戻ってくる ・ 相手先が料金を払う の2つのパターンがあります。 差出人に戻ってくるパターンは、差出人の住所や名前がしっかりと記載されていて 差出人と送り先が同じ集配管轄エリアだった場合です。 相手先が料金を払うパターンは、差出人の住所や名前の記載がない時や 差出人と送り先の集配管轄エリアが違う場合は、そのまま郵便物が送り先に届いてしまい 受け取った送り先の人が料金を払うことになります。 簡易書留の受け取り方や郵便局留めで受け取る時のやり方などについては、コチラの記事に書いてあります。 なので、普通郵便の送料+簡易書留代がかかります。 つまり、郵便局で送る封筒の重さや大きさを計ってもらいかかる切手代とは別に320円がプラスされます。 例えば 大きさ23. そして、速達で送る場合は、それに速達料の290円がプラスされます。 上記の例えの場合だと 定形郵便物の料金 84円 +簡易書留料 320円 +速達料 290円 = 694円 になります。 定形郵便と定形外郵便の封筒の大きさの違いと料金の違いなどについては、コチラの記事に書いてあります。 この料金を郵便局の窓口で支払います。 そして、料金の支払い方は ・ 全額現金で支払う ・ 切手で支払う の支払い方があります。 簡易書留の料金を切手で払うやり方 簡易書留など書留は、料金を現金で支払うだけじゃなくて、実は切手でも支払う事ができます。 料金を全額切手で支払ってもいいですし 切手と現金の両方で支払っても大丈夫です。 上記の例で出した 定形郵便物の料金 84円 +簡易書留料 320円 =404円の場合などは 84円切手と 現金で320円を払うのでも大丈夫です。 間違って簡易書留の封筒に切手を貼ってしまった場合や余って使わない不要な切手がある場合などに、おすすめの支払い方ですね。 ただし、料金として使えるのは、消印の押されていない未使用の切手だけです。 家にある使わない不要な切手の賢い使い方や換金したい時の方法などについては、コチラの記事に書いてあります。 簡易書留は、普通郵便と同じでどんな種類の封筒を使ってもいいですし 縦書きでも横書きでも、どちらでも大丈夫です。 ただ、切手は貼らずに 封筒の表面に「簡易書留」と赤文字で書いてあることが重要です。 そして、出し方は、必ず郵便局の窓口に持っていって簡易書留でお願いしますと言って料金を支払ってください。 簡易書留の料金は、普通郵便の送料にプラス 簡易書留代320円がかかります。 料金の支払い方は、現金で全て払ってもいいですし、切手と現金で払ってもいいですし 全額切手で払っても大丈夫です。 後は、受け取ったレシートや受領証に、簡易書留の郵便物の追跡番号が記載されているので大切に保管しておいてください。 簡易書留と一般書留の違いやお得な使い分け方などについては、コチラの記事に詳しく書いてあります。

次の

【返信用封筒】返信の仕方を解説!宛名は御中?様?書き方のマナー

封筒 返信 書き方

書類を返送するときは、中身の入れ忘れが一番気になりますよね。 入れ忘れがないように、つい宛名を書く前に書類を入れてしまうこともあるでしょう。 書類を入れたままで宛名を書くと、書類が引っかかって字が歪んでしまいます。 さらに、筆圧が強かったり書類の紙質によっては、文字の跡がついてしまったり、書類が汚れてしまう心配もあります。 宛名を書くときは、中に書類を入れず平らな状態で書くようにしてくださいね。 返信用封筒には相手の宛先が書いてあるものが多いですが、中には宛先がなかったり、返信用封筒を自分で用意しなければいけない場合もあります。 その時は、宛先の企業名に特に気をつける必要があります。 よくある間違いが、株式会社を(株)と略して書いてしまうことです。 これは相手の企業名を略式で書いていることになりますから、マナーとして失礼になります。 また、会社名ではなくブランド名を書いてしまうのも、相手に失礼な行為です。 きちんと正式な会社名を書くように注意しましょう。 返信用封筒の宛先には、必ず「行」か「宛」が書かれています。 これを消すときは、「行」か「宛」の上に、一本線ではなく二重線を書きましょう。 二重線は必ず定規を使うべき、というわけではありませんが、できるだけきれいに書くことが大切です。 いい加減に引いた線だと、受け取った人に悪いイメージを与えてしまいます。 きれいに書く自信がないなら、定規を使ったほうが安心でしょう。 「御中」と「様」の使い分けで悩む人も多いと思いますが、「御中」は会社名や係、部署などの場合に使います。 「担当者」となっているものもありますが、この場合も会社宛てとなるので「御中」と書きます。 御中や様は、縦書きなら二重線を入れた左側か下、横書きなら右側か下に書くようにしましょう。 「御中」と違って、「様」は個人の名前が書かれていた場合に使います。 「担当者」と書かれていた場合でも、その後に個人名が入っているなら「様」を使うのが正解です。 また、会社名などの横に担当者の押印がある場合は「様」を使いましょう。 書く場所は、縦書きなら押印の左か下、横書きなら右か下になります。 押印に「様」を使うときは、会社名の方に「御中」を書くのは間違いです。 「様」と「御中」を一緒に書かないように注意しましょう。 郵便番号を入れれば、都道府県を省略してもきちんと郵便が届きますよね。 そのため省略してしまう人も多いですが、これはマナー違反になってしまいます。 郵便番号や番地、部屋番号なども略しがちですから、省略せずに正確に書くよう気をつけましょう。 自分の住所氏名は、裏面の左下か、差出人を書く欄があるならそこに書くようにします。 もし就活用の返信封筒なら、印字ではなく手書きで書くほうがよいでしょう。 丁寧に書けば、相手に与える印象も良くなります。 一般的に住所は縦書きで書かれることが多いですから、返信用封筒の裏も縦書きで書くことが多いでしょう。 忘れがちですが、縦書きの場合、数字は漢数字にするのが決まりです。 漢数字にするのは、郵便番号以外の「番地」や「部屋番号」などです。 郵便番号は、通常のアラビア数字で書きましょう。 横書きの封筒なら、漢数字をアラビア数字に直します。 ただし、ビル名など建物の名称自体に数字が入っている場合は、漢数字やアラビア数字に直さず、そのまま書いてください。 郵便物の封をした後に入れる「〆」は封緘と言って、「確かに封をしました」という意味があります。 この〆は必ず書かなければいけないわけではありません。 しかし、宛先の人以外は開けないようにという注意にもなりますし、誰も郵便を開けていないという印にもなりますから、入れていおたほうがよいでしょう。 また、横書きの封筒は、〆を書く必要はないですから覚えておきましょう。 宛名を書くときは、郵便番号、住所、部署名や自分の名前を書きましょう。 このとき、会社名や名前の後に「行」か「宛」を付けます。 「行」と「宛」はどちらを使っても問題ありませんが、一般的にビジネスの返信用封筒では「行」を使うようです。 個人的なものではなく、就活などで返信用封筒を作るときは、ビジネスの書類ということになるので「行」を使ったほうがよいでしょう。 「行」の部分は、二重線で消して書き直すことが前提になっていますね。 この部分が大きいと、敬称を書き直すときに邪魔になってしまいます。 また、会社名や氏名と大きさが同じだと、「どこまでが名前なのか、分かりにくくて紛らわしい」という場合もあるでしょう。 小さくしておくと、紛らわしさもなくなりますし、相手への気遣いにもなるわけです。 封筒の裏に送り主を書いておくのは、相手の手間を省くための「親切」のように思えるかもしれませんね。 しかし、それは「相手の情報を勝手に書く」ことで、大きなマナー違反になります。 送り主を書くのは絶対に止めておきましょう。 返信用封筒に切手を貼るのは、必ず必要なわけではありません。 しかし、切手を貼ったほうが印象も良いですし、相手もすぐに返送してくれるはずです。 ただし、切手を貼っても、料金不足になると郵便が相手に戻ってしまいますから注意してください。 事前に封筒や書類の重さを量っておいて、料金が不足しないよう、多めの切手を貼っておくようにしましょう。 一般的に、返信用封筒に使うなら、見た目や丈夫さから考えて白い封筒のほうが向いています。 茶色の封筒は事務用の書類の場合が多いですから、重要な書類や履歴書は白封筒に入れるのが適切でしょう。 ただし、会社で社名の入った封筒が用意してあるなら、それを使っても構いません。 ビジネスでよく使われるサイズは、A4・B5が一般的でしょう。 これらのサイズに合った封筒を選ぶようにしてください。 書類をそのままで送って欲しいときは、A4なら角型2号、B5なら角型3号がちょうどよいサイズになります。 折っても構わないならば、A4なら長形3号、B5なら長形4号がよいでしょう。 返信用の封筒が入れる封筒より小さいなら、折らずにそのまま入れましょう。 例えば、角型2号サイズの封筒ならば、同じサイズの封筒以下ならそのまま入るはずです。 折っても問題はありませんが、無理な折り方をすると、封筒がゴワついてしまったり、クシャクシャになってしまうことがあります。 相手の印象も悪くしてしまうので、注意しましょう。 大きさが同じ返信用封筒を入れるときは、封筒を折り曲げる必要があります。 よく使われる長形3号の封筒に同じ大きさの返信用封筒を入れるなら、三つ折りの折り方が一番よいでしょう。 三つ折りで入らなかった場合は、上下を折り曲げてサイズを調整しましょう。 四つ折りでも入れることはできますが、封筒に厚みができてしまい、かさばるようになってしまいます。 角型2号に同じ大きさの封筒を入れるなら、二つ折りの折り方でちょうどよいサイズになります。 できるだけ少ない折り方で入れるようにしましょう。 急いで書類を返送してほしいときは、返信用封筒を速達にしましょう。 速達にするときは、封筒に赤いペンで「====速達====」と入れます。 封筒が縦長のときは右上に、横長のときは右側に書いてください。 赤い太線をひくだけでも速達になりますが、「速達」の文字があるほうが、相手にもわかりやすくなります。 切手も速達の料金を足して貼りましょう。 料金不足にならないよう注意してくださいね。 重要な書類を返送してもらうなら、返信用封筒を簡易書留にすると安心です。 簡易書留は、「郵便を出した時間」「郵便がついた時間」を記録してくれて、5万円までの賠償もしてくれます。 封筒を簡易書留にするには、赤の太字で「簡易書留」と書いてください。 封筒が縦書きなら左側の中部から下部に文字を入れます。 簡易書留は郵便局の窓口で出す必要があるので、そのことを相手にもきちんと伝えておきましょう。 「返信用封筒をできるだけ早く返送したい」というときは、速達にしましょう。 速達で送るには、封筒に赤い線を入れて、速達料金分の切手を追加します。 赤い線は、封筒が縦長なら右上、横長なら右側に入れます。 「速達」の文字がなくても、赤い線と速達料金分の切手が貼ってあれば、速達として扱ってもらえます。 自分が送る側ならば、書かなくても大丈夫です。 返信用封筒の書き方やマナーを知ってビジネスに生かそう! いかがでしたでしょうか。 返信用封筒に書く「御中」「様」の違いや、宛名の書き方、封筒の折り方など、知っておけば色々な場面で必ず役に立つはずです。 正しいマナーを知って、生活やビジネスにどんどん生かしていきましょう。 今のビジネスでは、郵便よりもメールを使うことのほうが多いかもしれませんね。 メールのマナーも郵便と同じくらい重要です。 メールのマナーを知りたいときは、下の関連記事を読んでみてくださいね。

次の