クリーニング 開業。 クリーニング店(取次店)での開業について www.frontpage-templates.org

クリーニング店(取次店)での開業について www.frontpage-templates.org

クリーニング 開業

ハウスクリーニングで開業して成功するためには、まずスタートが肝心です。 今回はハウスクリーニング開業 方法成功するにはコレ!ということで解説をしていきます。 ハウスクリーニング開業方法 ハウスクリーニングでは、3つの開業方法で起業を目指す事が可能です。 ハウスクリーニングの会社に入り勉強し独立する開業方法• フランチャイズに加入する開業方法• 個人で行う開業方法 この3つの開業方法でハウスクリーニングを商売としておこなうことができます。 それでは、それぞれのハウスクリーニングの開業方法を見ていきましょう。 ハウスクリーニングの会社に入り勉強し独立する開業方法 給料がもらえるし、この方法が一番良い!とおもうかもしれませんが、正直、入社してみないと、どう転ぶかわからないのが、この開業方法。 ハウスクリーニングの会社にも種類があり、あなたがハウスクリーニングでどの項目を重点にして開業していこうと考えているかによっても、会社の選択が変わります。 開業方法としての選択のひとつとしてはいいのですが、集客方法を持たないのがこの開業方法の特徴です。 技術だけは身に付いたけど仕事の取り方がわからないという開業方法でもあります。 そして、その会社がいい加減なハウスクリーニングしかしていなかった場合、あなたがハウスクリーニングで開業したあとに苦しい思いをします。 あとは1年後とか2年後先に見据えてやっても形にならない可能性もあるというのが、この開業方法です。 フランチャイズに加入する開業方法 資金力のある人はてっとり早くお金で解決してハウスクリーニングで開業方法です。 資金力がある人で人脈がある人であればこのような方法でも良いかもしれませんが、正直この開業方法で得られるものは、ハウスクリーニングの道具と一連の流れです。 『カンピカ式ハウスクリーニングマニュアル』を無料で見て頂ければ身に付く知識です。 出資する人は50万円前後から数百万円くらいからスタートする開業方法です。 『カンピカ式ハウスクリーニングマニュアル』を無料で見れば資金を無駄にする事もありません。 資金を出して、色々なサイトにも出てきますが、得られる知識と仕事が少ないことでも有名になりつつある開業方法です。 資金があるから使うのではなくて、資金があるからこそ、賢い運用・見極める開業方法が必要になってくるのではないでしょうか。 個人で行う開業方法 個人での開業方法はスタートは厳しく感じますよね。 ぼくもこの開業方法でした。 誰かに頼ることなく開業することです。 この開業方法はハウスクリーニングを独自で覚えていく方法です。 この開業方法でぼくはハウスクリーニングで開業したのですが、開業前の会社員の時代に週末起業をしていて、その間に後輩にハウスクリーニングを教わった経緯があります。 それでも結果は・・・ 29ヶ月間の月平均利益は112万円です。 からも通帳が確認できます。 開業方法としてはリスクが高いと思われますが、実は一番リスクを回避している開業方法なのです。 理由は2つ・・・• 道具にお金をかけない開業方法• 週末起業の段階から集客方法を中心に学んでいった開業方法 この2つの徹底的な軸をぶらさずに行った開業方法だからこそ安定した収入が得られました。 結果を出す【開業方法】は繁忙期と閑散期をよく知る事 ハウスクリーニングには閑散期と繁忙期というものが存在します。 繁忙期とはとても忙しい時期です。 ハウスクリーニングの中でも行うハウスクリーニングによっても閑散期と繁忙期が違います。 その時期を上手に使い分けることで、閑散期を減らし安定した収入が得られるようになります。 イメージが湧かないかもしれませんね。 これならどうでしょうか? エアコンクリーニングの場合、お客さんは夏が来る少し前から依頼が来ます。 または、エアコンを使ったらカビの臭いがしたからエアコンクリーニングを依頼しようとするお客さんもいます。 では、空室クリーニングと言って賃貸物件のハウスクリーニングがあります。 これはどうでしょうか? 空室クリーニングのことを原状回復工事とも言います。 なので、3,4,5月が繁忙期となりますね。 もうひとつの繁忙期と言われているのが、9月前後に行われる異動や入寮退去です。 8,9,10月が繁忙期になりますが、3,4,5月ほどではありません。 次に、個人のお客さんの繁忙期は年末年始の大掃除時期です。 個人のお客さんのことを在宅と呼ぶ事もあります。 先ほどエアコンクリーニングでは、夏の時期と解説をしましたが、冬に暖房をエアコンで使用する家庭も以前より多くなっている事から、秋口から冬にかけてエアコンクリーニングの依頼があります。 つまり殆どのシーズンではハウスクリーニングの需要が多く、年間を通して仕事の需要があります。 この他で言えば、普段から体が不自由で掃除をしたくてもできない人が居たり、世の中にはぼくたちが役に立つことのできる場所が沢山あります。 しかし、しっかりとした準備。 資金の無駄を省き、重要な部分に投資していく開業方法をとれば結果がのこりやすいでしょう。 ハウスクリーニング開業方法で失敗する例 ハウスクリーニングでせっかく開業したのに、失敗するひとがいます。 開業方法はともかく、ばくぜんと儲かると思っている• 開業方法に資金力を使いすぎて開業資金がなくなる• 仕事がないからと言ってかなり安く請け続けた• 売上が上がるにつれて使う金額も大きくなってきた コレ以外にもハウスクリーニングで開業したけど失敗した例は多くあります。 ハウスクリーニングで開業できたのに失敗してたたむことになってはなんのための開業だかわからなくなります。 では、そうならない開業方法を考えていきましょう。 ハウスクリーニングを開業したら集客方法を学ぶべき ぼくの例ですが開業して間もなく、地元の友達から集客方法を100万円払い教えてもらいました。 その100万円も無駄ではない100万円になったので、良かったですが、最初に金額を聞いた時には驚きました。 それでもフランチャイズより安いし、友達に払うならまだ良いかというつもりで集客の先生として友達をむかいいれました。 この友達は高校時代の友達で、実際にインターネットの集客方法を利用して月に数百万円稼いでいたので、信用はできると思いました。 やはり実績が見える人と見えない人では信頼度が変わりますよね。 開業方法も大事だとおもったのですが、それ以上に集客方法が重要だと起業したときに、この軸はぶらさないようにしていました。 そして、集客方法を学びインターネットを使った集客で少しずつお客さんが増えました。 インターネットでの集客方法は、今日始めたら、明日には結果が残るわけではありません。 最短で3ヶ月くらいから徐々にアクセス数が上がってきて形になり始めます。 そして、インターネットでの集客方法で獲得したお客さんからの売上から更に売上を伸ばす仕組み作りをしていきました。 そうすることで、多くのリピーターができてきました。 ぼくが教わった集客方法をパソコン初心者でもできるようにしました。 ハウスクリーニングの集客方法は、こちらの記事からご確認ください。 ぼくの友達のように高額で100万円も取るヤツもいるかもしれません。 ぼくの場合には、詐欺ではかなったですが(笑) そして、ぼくが学んできて、ぼくのアレンジが加わった方法をこのブログの中で書いていってます。 まず、ハウスクリーニングで開業したらなにをすればいいのか。 ハウスクリーニングで仕事をしていますよーという届けが必要です。 開業届けと言われてるものです。 ぼくがおそわった方法は10万円もあれば開業できる方法でしたが、これも5万円以内で道具や洗剤が揃えられるように極めました。 ここまでコストダウンは洗剤の種類を3つにまで絞った事です。 そしてもうひとつは、100円ショップで済むものは100円ショップで済ませる!! これがコストダウンの理由です。 正直、なんでこんなに道具が必要なのかわからないことも、ぼくが開業したときにはありました。 結局そのままつかわないで、腰袋(道具入れ)のなかでずーーーっっとはいりっぱなしのものもありました。 最初は安いもので使ってみて、必要になったら高いものを買えば良い! そう思います。 そして、洗剤やハウスクリーニングの最終行程で行う場所には、100円ショップのものは使わないようにしています。 とくに洗剤は100円ショップのものは使わないでください。 つまり100円ショップは使い捨ての部分、仕上げがハウスクリーニングは大切なので、その部分にはお金をかけることで、無駄を省きしかもキレイにする! これが大久保が提案するハウスクリーニングです。 興味があればこちらから記事を読んでください。 ぼくの実績もご確認ください。

次の

墓石クリーニング業で開業希望の方

クリーニング 開業

開業資金も少なく安定した収入が見込めるハウスクリーニングですが、実際に開業するにあたり、「向いている人・向いていない人」が存在するようです。 ハウスクリーニング開業を考えているのなら、知っておきたい「向いている人・向いていない人」の特徴についてご紹介します。 ハウスクリーニングに向いている人の特徴 ハウスクリーニングの開業は男性だけではなく女性にもおすすめといわれていますが、その理由はハウスクリーニングに向いている人の特徴を見てみるとよくわかります。 ハウスクリーニングが向いている人の特徴について詳しく見ていきましょう。 真面目に仕事に取り組める ハウスクリーニングは手抜きのできない仕事です。 徹底的にお部屋を綺麗にし、誰が見ても汚れがないという状態に仕上げなければいけません。 「このぐらいでいい」という妥協はできない仕事ですので、 まじめに仕事に取り組める人はハウスクリーニングにとても向いています。 明るい性格である 一般家庭へ赴くハウスクリーニングでは、お客様のいる状態でハウスクリーニングを行います。 初めの挨拶、仕事中、最後の挨拶、いつでも明るく元気に 「お客様に不快感を与えない」接客ができる人はハウスクリーニングに向いているといえるでしょう。 体力がある ハウスクリーニングは体が資本の仕事です。 予約が入っていたのに体調を崩してしまい、仕事ができなかったとなれば信用にかかわります。 かといって、人にうつる病気、例えば風邪やインフルエンザにもかかわらず客先に出向くことは絶対にあってはいけません。 元々体が丈夫で健康な方は、この仕事を長く続けることができるでしょう。 細やかな気遣いができる 個人宅での清掃は、特に細やかな気遣いを求められます。 綺麗に掃除をするだけではなく、家具や壁紙を傷つけないように、細心の注意を払いながら仕事をしなければいけません。 さらにリピーターを獲得するためには、他社のハウスクリーニングと差をつける必要があります。 仕事が丁寧、細かな部分まで気を遣う、時には依頼主の世間話に付き合い、仲を深めることも大切です。 こういった能力は、一般的に 女性のほうが長けています。 特に子どもがいる家庭やハウスクリーニングが入る時間帯に女性しかいない家庭では、女性のハウスクリーニング業者のほうが安心という家庭が多くなっています。 開業ならフランチャイズ加盟がおすすめ 独立をサポート ハウスクリーニング業に向いている性格だけど、開業・独立は少し不安…という方にはフランチャイズがおすすめです。 今まで店舗を持ったことがない方が営業・経営の知識なしに独立すると、赤字になってしまうことも。 フランチャイズには開業前に研修があり、清掃のスキルはもちろんのこと、営業や店舗の経営方法までしっかりと学べます。 オーナー初心者でも、不安を最小限にした状態で開業ができるのです。 大手のネームバリューが使える お客様の家に伺って清掃をするハウスクリーニング。 営業をするうえで、「信頼できそうな会社かどうか」は見落とせないところです。 フランチャイズはネームバリューがあるため、個人経営のハウスクリーニング店舗より信頼されやすいメリットがあります。 名前を使う分ロイヤリティとして毎月支払いが生じますが、個人で広告を出す費用を考えるとお得になるでしょう。 自分にあったフランチャイズを選ぶのがポイント メリットの多いフランチャイズですが、会社によって経営の考え方や営業方法が異なります。 開業で成功するためには、自分の考え方にフィットするフランチャイザーを選ぶのがポイントです。 またロイヤリティも、フランチャイザーによって違うもの。 ネームバリューとロイヤリティのバランスを見て選びましょう。 ハウスクリーニングに向いていない人 ハウスクリーニングは誰にでもできる仕事だと思われがちですが、実は向かない人もいるようです。 どのような人に向いていないのか細かく見ていきましょう。 スケジュール管理が苦手 ハウスクリーニングはお客様と自分の仕事状況を照らし合わせ、上手にスケジュール管理をしなければいけません。 スケジュール管理をせずに 感覚だけで仕事を受けてしまう、安請け合いをしてしまうという方は向かないでしょう。 「1件目が長引いて2件目が遅れ、お客様からの信用がなくなってしまった」ということがないようにゆとりを持ったスケジュールを立てる必要があります。 集中力が持続しない人 ハウスクリーニングという仕事は集中力を必要とします。 汚れのある箇所に集中し、綺麗になるまで同じ場所に取り組まなければいけません。 普段から注意力が散漫で、 同じ物事に取り組むことができないという方は、ハウスクリーニングの仕事には向きません。 楽観的過ぎる 何事もマイナスに捉え、考えすぎる人も開業に向きませんが、あまりにも 楽観的で物事を軽く考えてしまう人もハウスクリーニングの開業には向きません。 開業後は個人事業主となるので、しっかりと事業計画を立てて数年先のことまで考える必要があります。 「今月は目標の収入があったからいい」と、目先のお金のことしか考えられないのであれば、開業しても資金繰りがうまくいかなくなる可能性が高いでしょう。 ハウスクリーニング開店は誰でもできる ハウスクリーニングは、男性だけではなく女性にもおすすめの仕事です。 個人事業主という響きから大げさに考えてしまう人もいますが、性別に関係なく誰でも個人事業主になれます。 ハウスクリーニングは資格を必要としない職業です。 さらにフランチャイズ開業なら、研修やしっかりとしたサポートがあるため安心して開業できます。 主婦業の合間にできるのもこの仕事の魅力ですから、なかなか良い仕事が見つからないという方はハウスクリーニングの独立開業はいかがでしょうか。

次の

クリーニング店を開業するには?必要な資格や費用など開業までの手引き

クリーニング 開業

季節の変わり目はもちろん、仕事で忙しいときや、どうしても落ちない汚れがあるときなど、クリーニング店を利用する機会は多くあります。 自宅の近くにクリーニング店があれば便利ですが、近所になくて困っている人も少なくありません。 クリーニング店が近所にない住民にとって、新しくクリーニング店がオープンするのは非常に助かるものであり、ニーズがあるものだと考えられます。 今回はクリーニング店を開業する際に必要な手続きについて紹介します。 クリーニング店の開業を検討している人は参考にしてみてください。 クリーニング店の開業のパターン 街を歩いている際にさまざまな場所でクリーニング店を見かけますが、開業パターンは大きく分ける二つになります。 自分の店でクリーニングする 一つ目は一般店と呼ばれる形態です。 自分のお店でお客様からクリーニングをする衣類などを預かり、クリーニング作業を行うものです。 自分の店で作業をするため、預かった衣類を保管するスペースのほか、クリーニングのための機械などをそろえなければいけません。 一般店でできることは、主に以下のとおりです。 ・水洗い ・ドライクリーニング ・シミ抜き ・乾燥 ・プレス ・仕上げ 一般店の場合、自分でクリーニングを行うため、クリーニングの技術力次第で、他店との差別化を図ることができます。 一方で、後述する取次店のようにブランド名を使えないので、最初のうちは集客に苦労する可能性があります。 提携工場でクリーニングする 二つ目は、取次店と呼ばれる、フランチャイズに加盟する形態です。 クリーニング作業は提携している工場で行われるので、業務としてはお客様の窓口となり、衣類などの受け取り、引き渡し、保管を行うのみです。 クリーニング作業を自分たちで行う必要がないため、お店のスペースは一般店に比べると小さくて済むのが特徴です。 クリーニング店を開業する際、初期投資コストが低い取次店として開業するケースが増えているようです。 また、フランチャイズに加盟することになるので、有名なクリーニング店のブランドをそのまま使うことができるのも大きな特徴です。 クリーニング店の開業にかかる費用 一般店の場合、クリーニング作業を行うための洗濯機、乾燥機などが必要です。 家庭で使用しているようなものではなく業務用の機械になるため、導入にかかる費用は非常に高くなります。 全ての機械にかかる費用は合計で数百万円にもおよぶとされており、初期費用は取次店に比べて高額になります。 ちなみに、洗濯機や乾燥機は中古を購入することも可能なので、一般店を開業したい場合は中古も検討してみてはいかがでしょうか。 取次店の場合、自店で洗濯を行わないため洗濯機や乾燥機を購入する必要はありません。 自宅の一部を改装してお店にする場合などは、お店のスペースを作る必要はありますが、初期費用は抑えることができます。 しかし、取次店はフランチャイズとしてブランド名を借りて営業を行うため、加盟している企業に対して売り上げの一部をロイヤルティーとして支払わなければいけません。 開業時に必要な手続き クリーニング店はお店のスペースを作り、洗濯機を導入すればすぐに開業できるものではありません。 一般店、取次店ともに、クリーニング店をはじめるためには、手続きが必要です。 手続きの内容は自治体によって異なる部分もありますが、必要な書類はおおよそ以下のとおりです。 一般店、取次店ともに必要 ・開設届 ・構造設備の概要 ・施設の平面図 一般店のみ必要 ・有資格者の免許 ・開設者が法人の場合は、会社の登記事項証明書 参考: 共通の書類としては、まずクリーニング店の責任者の情報や店舗の住所、名前、開設年月日などを記入した開設届があります。 また、店舗のつくりを確認するための書類として、店舗の面積や構造、設備を記入した書類を提出します。 クリーニング店は構造設備および衛生管理に関して法律や条例にもとづいて作られている必要があります。 そのため、開設時には基準を満たしているかどうか検査があり、検査手数料がかかります。 検査手数料は自治体によって異なります。 一般店に関しては上記の手続きに加えて、「クリーニング師」と呼ばれる資格を所有している人を一人以上置かなければいけないため、有資格者の免許を提出します。 なお、クリーニング師の資格取得は各自治体が行う講習会を受講し試験に合格することで取得できます。 また、お店が法人の場合は登記事項証明書も必要となります。 立地選び 集客にとって重要になるのが、どこにお店を置くかという立地選びです。 利用者がクリーニング店を選ぶ理由には、ブランドやサービス内容などさまざまなものがありますが、使いやすい場所にあるかどうか、という点も忘れてはいけません。 他店との差別化を図るうえで、立地選びが肝になる場合もあります。 立地選びで押さえておきたいポイントとしては以下のとおりです。 ・住宅街から近い ・商店街やスーパーが近い ・多くの人が利用する駅などに近い クリーニングに出す衣類は家から持って行くことが多いため、住宅街から近い場所にあると、その地域の人にとって利用しやすいです。 また、買い物に行くついでにクリーニングを出す人もいるので、商店街やスーパーの近くも効果的です。 一方で、通勤途中に利用する人もいるので、大きな駅の近くにあるかどうかも大切です。 以上のことから、駅から住宅街へとつながる動線を意識しながら場所を選ぶことが重要です。 クリーニング店の集客ヒント 開業後すぐに、多くのお客様に利用してもらうことはなかなか簡単なことではありません。 そこで集客に向けた施策を行う必要があります。 さまざまな策がありますが、ここでは集客のためのヒントとしてクレジットカード決済を紹介します。 クレジットカードを所有している人の数は意外と多く、近年ではキャッシュレスでの決済も増加しつつあります。 お金を持たずに済む、カードを利用することでポイントを貯められるなど、お客様にとってもメリットは少なくありません。 クレジットカード決済に関してはさまざまな企業からサービスが展開されていますが、クリーニング店を新規オープンするのであれば、がおすすめです。 Squareの特徴の一つが、導入のしやすさです。 利用にあたってはお手持ちのスマートフォンやタブレット端末用の無料アプリをダウンロードして、専用のIC カードリーダーをBluetooth接続すれば、クレジットカードを受け付けられるようになります。 初期費用としてかかるのはSquare Readerの7,980円(税込)のみ。 月額使用料などの固定費用もなく、決済手数料が引かれた金額が最短で翌営業日に振り込まれます。 普段からスマートフォンを利用していれば操作も難しくありません。 気軽に導入できるSquareで、クレジットカード決済を始めてみませんか。 Squareのブログでは、起業したい、自分のビジネスをさらに発展させたい、と考える人に向けて情報を発信しています。 お届けするのは集客に使えるアイデア、資金運用や税金の知識、最新のキャッシュレス事情など。 また、Square加盟店の取材記事では、日々経営に向き合う人たちの試行錯誤の様子や、乗り越えてきた壁を垣間見ることができます。 Squareブログ編集チームでは、記事を通してビジネスの立ち上げから日々の運営、成長をサポートします。 執筆は2018年9月18日時点の情報を参照しています。 2019年5月15日、2020年7月1日に記事の一部情報を更新しました。 当ウェブサイトからリンクした外部のウェブサイトの内容については、Squareは責任を負いません。 Photography provided by,.

次の