ドレッド ゾーン。 【デュエ速】ブラッキングVSドレッドゾーン!デュエキング切り札対決!強すぎてヤバキング?!【デュエキングパック】

赤白バイク【CS優勝デッキレシピ・回し方・解説】【デュエルマスターズ】

ドレッド ゾーン

火のコスト6でパワーは9000+のW・ブレイカー。 ちょっとブレイカー能力が低い印象? しかしそれよりも何よりもこれは「侵略」持ち。 このクリーチャーの凄まじい能力がこれ! 登場時に相手のパワー3000以下のクリーチャーを全て破壊してしまうぞ! 相手がジョーカーズやメタリカだったらこの能力はトンデモなく有効で、 《ヤッタレマン》、 《ガチャダマン》、 《クリスタ》、 《プーンギ》 なんかのシステムクリーチャーを一掃出来るんだ! 3ターン目などの序盤にシステムクリーチャーを一掃してやると、相手は相当なテンポロスを背負うことになるので、バイクデッキの速さにもう追いつけずにゲームセットという事も十分に考えられる!! 速攻対策で並べた軽量ブロッカーなんかも大体全部破壊されてしまうので、この全体除去の威力は計り知れないものがあるぞ! ちなみにこの能力は「バトルゾーンに出た時」なので普通に召喚しても、侵略で登場してもどちらでもオッケーだよ!(侵略は召喚ではない) 踏み倒しメタをぶっ飛ばす 《ポクチンちん》に代表されるコスト踏み倒しメタなんかは、侵略能力の天敵! しかし《ドレッドゾーン》を使えば登場時能力で(メタ能力に引っかかりながら)一気に(無理やり)除去可能! しかもこの能力は全体除去なので、アンタッチャブル(能力で選ぶことが出来ない)を持つ《異端流し オニカマス》なんかもまとめて焼き払うことが出来るんだ! ただし上でもちらっと言ってるけど注意点・・・ 超注意点・・・ 焼き払ってもメタ有効 侵略は「召喚ではない」「コストを支払っていない」という扱いだから、最も踏み倒しメタに引っかかりやすい能力のひとつ。 火のコマンドの攻撃時に《ドレッドゾーン》を侵略でバトルゾーンに出す 侵略なので「召喚ではない」かつ「コストを支払ってない」状態での登場• 《ドレッドゾーン》の登場時能力が誘発、同時に相手の《チン》の踏み倒しメタ「山札下送り」が誘発 この 2つは同時に誘発する• ターンプレイヤーである《ドレッドゾーン》の登場時能力「パワー3000以下全体除去」を解決、《チン》死す ターンプレイヤーの能力が先• 《チン》のメタ能力を解決、《ドレッドゾーン》を進化元ごと山札の下へ 一旦誘発すれば、その元のとなるクリーチャーがいなくなっても効果は有効 また進化元ごと山札の下に行くんだけど、その場合、順番は自由• 攻撃はココで終了、シールドブレイクはなし 攻撃クリーチャーがいなくなったので攻撃は中止され、ブレイクも起きず という感じになるよ! これは何回でも言うけど「本当に大事」だからしっかり理解して身につけよう! 無理矢理はアリ? 上で紹介した例みたいな方法は「自分も除去されながら相手の踏み倒しメタを無理やり倒す方法」だよね。 どうしようも無い時はやってしまわざるをえないんだけど、これをやってしまうと手札が一気に無くなる上に盤面に何も残らないので、カードを補充できる方法がない場合は、ぜったいにやらないほうが良いよ! 倒せないメタクリ 実はこの全体除去のパワー3000以下というのが絶妙。 以下の踏み倒しメタが3000を超えているので倒すことが出来ない! 絶対の畏れ 防鎧 マナの枚数よりコストの大きいクリーチャーを出したらメタ能力が反応。 3500というのがにくい! ハンデス無効化能力も持ってる。 ( 殺意沸く強い!) デスマッチ・ビートル コストを支払わずに出したら反応。 パワーが大きすぎて全体除去では全く対処不能。 しかしこれは《ドレッドゾーン》相手には何の役にも立たないので無視してもOK。 百発人形マグナム マナゾーンのカードをタップせずにクリーチャーかクロスギアを出したら反応。 これはタダ出ししたクリーチャーを破壊する能力ではなく、引っかかったら「引っかかった側が自分で1体選んで破壊する能力」なので、《一撃奪取 トップギア》あたりに犠牲となってもらえば回避可能。 なおこのクリーチャーはGR召喚も咎めるぞ! ウソと盗みのエンターテイナー コストを支払わずに出したら反応。 これはかなり対処しにくい1枚なので、 事前に《ハエタタキ》しておかないと大変厳しい。 (つまり対策にカードとマナが必要) 洗脳センノー 召喚以外の方法を禁止するメタ。 これは《ハエタタキ》で潰さないと本当に何も出来ないw 獣軍隊 ヤドック マナの枚数よりコストの大きいクリーチャーを出したら、置換効果でマナゾーンに送り飛ばす踏み倒しメタ。 これも同じく《ハエタタキ》で潰しておかないと厳しい。 またバトルゾーンに出ずに直接マナゾーンに飛ばすので登場時能力すら使わせてもらえない。 なんと《ドレッドゾーン》はバトル中パワーが+5000されて14000ものビッグサイズになる! これはかの《ドギラゴン剣》にも打ち勝つパワーなので相当なものだ! ちなみに《ドンジャン》とは相打ち・・・(彼強すぎない?) パワー9000 バトル中こそパワーが上がるわけなんだけど、通常時はパワー9000。 これはビミョー。 《ゴゴゴ・Go1・ナックル》でやられてしまうし、 トリガーからの《撃髄医 スパイナー》で一発で落ちてしまう! そして《ジョラゴン・ガンマスター》の超天フィーバー状態の攻撃時能力「パワー10000以下を破壊」に引っかかってしまうのも中々厳しい? ・・・・・ 侵略なので実質無料で全体除去! これがパワー3000で焼ける範囲はとても広いので色々と重宝されるだろう! これは便利・・・とても便利だ!!(っていうか強すぎる) (オジサンの愛用の《バーナイン》も焼かれちゃう・・・どうしよう・・・) さぁ、このカードは7月20日(土)に発売予定のEX弾「絶対王者!! デュエキングパック」に収録予定だ! 歴代最強カードがパンパンに収録されたこの弾は絶対に買い!! SR以上確定パックをキミも絶対にゲットしよう!.

次の

【デュエ速】ブラッキングVSドレッドゾーン!デュエキング切り札対決!強すぎてヤバキング?!【デュエキングパック】

ドレッド ゾーン

こちらがCSで優勝した赤白レッドゾーンのデッキになります。 火文明• 轟く侵略レッドゾーン4枚• 熱き侵略レッドゾーンZ4枚• 超音速 ターボ31枚• 轟速ザ・マッハ2枚• 轟速ザ・ゼット4枚• 轟速ザ・レッド4枚• 単騎連射マグナム4枚• 一撃奪取トップギア4枚 光文明• 閃光の守護者ホーリー4枚• マスター・スパーク4枚• ヘブンズ・フォース4枚 伝説の禁断ドキンダムX 赤白バイクの回し方・解説 赤白バイクはトップギアやヘブンズ・フォースといったカードを使い、2~3ターン目に火のコマンドであるザ・レッドやザ・ゼットを早期に召喚。 スピードアタッカーの効果で召喚したターンに攻撃しようとするとき、轟く侵略レッドゾーンや熱き侵略レッドゾーンZに侵略しながら攻撃していくデッキになります。 さらに、光を採用することで最速2ターン目に4枚シールドをブレイクできるようになり、スパーク系のSトリガーで受けが強くなりました。 このデッキの特徴は以下の通りです。 ヘブンズ・フォースのおかげで最速2ターン目に4枚ブレイクが可能。 2種類のレッドゾーンによる早期の高打点。 攻撃しながらシールドの焼却とクリーチャーの除去。 伝説の禁断ドキンダムXによる押し切り。 スパーク系のSトリガーによる受けの強化。 それでは一つずつ解説していきます。 ヘブンズ・フォースによる最速の侵略 ヘブンズ・フォース はコスト2のSトリガー呪文で、手札からコスト4以下になるよう好きな数のクリーチャーをバトルゾーンに出すことが出来ます。 2ターン目にこれを唱え、ザ・レッドまたはザ・ゼットのどちらかを召喚。 スピードアタッカーの効果で攻撃する時、2種類のレッドゾーンを同時に重ねて侵略することで、シールドの4枚を一気に割ることが可能です。 墓地ソースの5000GTがバトルゾーンにいる状態でもこのカードでザ・レッドを出せるようになります。 Sトリガーが付いているので、相手ターン中に火のコマンドを出すことで封印を剥がし、禁断開放で相手クリーチャーに封印をつけるなど防御の札にも使えます。 メイン2種のレッドゾーン このデッキで使われている侵略クリーチャーは轟く侵略レッドゾーンと熱き侵略レッドゾーンZの2種類です。 轟く侵略レッドゾーン はコスト6、Tブレイカーの進化クリーチャーで、侵略効果を使い火のコマンドが攻撃する時、その上に重ねて進化することが出来ます。 さらにバトルゾーンに出た際、相手のパワーが一番大きいクリーチャーを破壊します。 コスト4のシングルブレイカーがいきなり3打点の大型になり、相手クリーチャーを除去しながら攻撃できるのはかなり強力です。 パワーも13000と序盤で破壊されにくいパワーラインなのもポイント。 先ほど紹介したヘブンズ・フォースから2ターン目に出せば、ジョーカーズのヤッタレマンや白緑メタリカのクリスタなどの初動カードを破壊して、テンポを取りつつ攻めることが可能になります。 スパーク系のSトリガーによる受けの強化 赤白バイクでは主に光のSトリガー「閃光の守護者ホーリー」と「マスター・スパーク」を防御の手段に採用しています。 閃光の守護者ホーリー はコスト9、ブロッカー、Sトリガー付きのクリーチャーで、バトルゾーンに出た時、相手クリーチャーをすべてタップすることが出来ます。 スパーク効果持ちの攻撃できるクリーチャーというだけでもかなり強いカード。 逆に緑単ループや赤緑バイクのヤドックはマナよりコストが大きいクリーチャーを出せなくするため注意が必要です。 マスター・スパーク はコスト6、シールドトリガーの呪文で、相手クリーチャーをすべてタップと1枚ドローの効果を持っています。 スパーク系のトリガーの中でも手札が減らないため、攻撃を耐えた後に反撃がしやすくなります。 カード紹介 超音速ターボ3 コスト5の侵略クリーチャーで、攻撃後、自分の手札をすべて捨てた後に3枚ドローできます。 バイクデッキは手札の消費が激しいので、このカードで手札を補充しながら後続に繋げます。 轟速ザ・マッハ コスト5のスピードアタッカーで、バトルゾーンに出た時山札の上から4枚を見て進化クリーチャーを1枚手札に加えることが出来ます。 侵略クリーチャーを持ってきつつ、自身の上に侵略できる自給自足を行うカードです。 ハンドが枯れやすいのでデッキトップで引いても強いこのカードはかなり強いです。 轟速ザ・ゼット コスト4のスピードアタッカーで、攻撃したターンの終わりにこのカードを破壊します。 破壊されるデメリットはありますが、単体でWブレイカーもあり侵略しなくてもいいアタッカーになってくれます。 墓地ソースの5000GTがいても出せるパワー7000なのでザ・レッドとは少し役割が違います。 轟速ザ・レッド コスト4のスピードアタッカーを持つクリーチャーになります。 侵略するための火文明のコマンドで、たんぱくな能力で使いやすいカードです。 単騎連射マグナム コスト3で自分のターン中に相手はクリーチャーを出せなくなります。 Sトリガーやニンジャストライクへの対策カードになります。 一撃奪取トップギア コスト2のクリーチャーで、最初に召喚する火のクリーチャーのコストを1つ少なくします。 ザ・レッドやザ・ゼットに繋げるためのクリーチャーです。 伝説の禁断ドキンダムX 侵略を使えば、火のコマンドが複数出てくるため、簡単に禁断開放を行うことが出来ます。 禁断開放時、相手クリーチャーに封印をつけて、ブロッカーを無効にしつつダメ押しが可能になります。 まとめ いかがだったでしょうか。 今回はCSで優勝した赤白バイクのデッキを紹介させていただきました。 赤青、赤緑、赤白など様々なカラーのレッドゾーンデッキが活躍しています。 ぜひ、この記事を参考にレッドゾーンのデッキを組んでみてください。 それでは、またお会いしましょう。 デュエルマスターズのCS優勝デッキレシピのカテゴリーはこちらになります。

次の

[対戦実況]自分の過去と対決!最新のデッドゾーン VS 3年前のデッドゾーン~歴代最強デッキトーナメント番外編~[デュエルマスターズ]

ドレッド ゾーン

火のコスト6でパワーは9000+のW・ブレイカー。 ちょっとブレイカー能力が低い印象? しかしそれよりも何よりもこれは「侵略」持ち。 このクリーチャーの凄まじい能力がこれ! 登場時に相手のパワー3000以下のクリーチャーを全て破壊してしまうぞ! 相手がジョーカーズやメタリカだったらこの能力はトンデモなく有効で、 《ヤッタレマン》、 《ガチャダマン》、 《クリスタ》、 《プーンギ》 なんかのシステムクリーチャーを一掃出来るんだ! 3ターン目などの序盤にシステムクリーチャーを一掃してやると、相手は相当なテンポロスを背負うことになるので、バイクデッキの速さにもう追いつけずにゲームセットという事も十分に考えられる!! 速攻対策で並べた軽量ブロッカーなんかも大体全部破壊されてしまうので、この全体除去の威力は計り知れないものがあるぞ! ちなみにこの能力は「バトルゾーンに出た時」なので普通に召喚しても、侵略で登場してもどちらでもオッケーだよ!(侵略は召喚ではない) 踏み倒しメタをぶっ飛ばす 《ポクチンちん》に代表されるコスト踏み倒しメタなんかは、侵略能力の天敵! しかし《ドレッドゾーン》を使えば登場時能力で(メタ能力に引っかかりながら)一気に(無理やり)除去可能! しかもこの能力は全体除去なので、アンタッチャブル(能力で選ぶことが出来ない)を持つ《異端流し オニカマス》なんかもまとめて焼き払うことが出来るんだ! ただし上でもちらっと言ってるけど注意点・・・ 超注意点・・・ 焼き払ってもメタ有効 侵略は「召喚ではない」「コストを支払っていない」という扱いだから、最も踏み倒しメタに引っかかりやすい能力のひとつ。 火のコマンドの攻撃時に《ドレッドゾーン》を侵略でバトルゾーンに出す 侵略なので「召喚ではない」かつ「コストを支払ってない」状態での登場• 《ドレッドゾーン》の登場時能力が誘発、同時に相手の《チン》の踏み倒しメタ「山札下送り」が誘発 この 2つは同時に誘発する• ターンプレイヤーである《ドレッドゾーン》の登場時能力「パワー3000以下全体除去」を解決、《チン》死す ターンプレイヤーの能力が先• 《チン》のメタ能力を解決、《ドレッドゾーン》を進化元ごと山札の下へ 一旦誘発すれば、その元のとなるクリーチャーがいなくなっても効果は有効 また進化元ごと山札の下に行くんだけど、その場合、順番は自由• 攻撃はココで終了、シールドブレイクはなし 攻撃クリーチャーがいなくなったので攻撃は中止され、ブレイクも起きず という感じになるよ! これは何回でも言うけど「本当に大事」だからしっかり理解して身につけよう! 無理矢理はアリ? 上で紹介した例みたいな方法は「自分も除去されながら相手の踏み倒しメタを無理やり倒す方法」だよね。 どうしようも無い時はやってしまわざるをえないんだけど、これをやってしまうと手札が一気に無くなる上に盤面に何も残らないので、カードを補充できる方法がない場合は、ぜったいにやらないほうが良いよ! 倒せないメタクリ 実はこの全体除去のパワー3000以下というのが絶妙。 以下の踏み倒しメタが3000を超えているので倒すことが出来ない! 絶対の畏れ 防鎧 マナの枚数よりコストの大きいクリーチャーを出したらメタ能力が反応。 3500というのがにくい! ハンデス無効化能力も持ってる。 ( 殺意沸く強い!) デスマッチ・ビートル コストを支払わずに出したら反応。 パワーが大きすぎて全体除去では全く対処不能。 しかしこれは《ドレッドゾーン》相手には何の役にも立たないので無視してもOK。 百発人形マグナム マナゾーンのカードをタップせずにクリーチャーかクロスギアを出したら反応。 これはタダ出ししたクリーチャーを破壊する能力ではなく、引っかかったら「引っかかった側が自分で1体選んで破壊する能力」なので、《一撃奪取 トップギア》あたりに犠牲となってもらえば回避可能。 なおこのクリーチャーはGR召喚も咎めるぞ! ウソと盗みのエンターテイナー コストを支払わずに出したら反応。 これはかなり対処しにくい1枚なので、 事前に《ハエタタキ》しておかないと大変厳しい。 (つまり対策にカードとマナが必要) 洗脳センノー 召喚以外の方法を禁止するメタ。 これは《ハエタタキ》で潰さないと本当に何も出来ないw 獣軍隊 ヤドック マナの枚数よりコストの大きいクリーチャーを出したら、置換効果でマナゾーンに送り飛ばす踏み倒しメタ。 これも同じく《ハエタタキ》で潰しておかないと厳しい。 またバトルゾーンに出ずに直接マナゾーンに飛ばすので登場時能力すら使わせてもらえない。 なんと《ドレッドゾーン》はバトル中パワーが+5000されて14000ものビッグサイズになる! これはかの《ドギラゴン剣》にも打ち勝つパワーなので相当なものだ! ちなみに《ドンジャン》とは相打ち・・・(彼強すぎない?) パワー9000 バトル中こそパワーが上がるわけなんだけど、通常時はパワー9000。 これはビミョー。 《ゴゴゴ・Go1・ナックル》でやられてしまうし、 トリガーからの《撃髄医 スパイナー》で一発で落ちてしまう! そして《ジョラゴン・ガンマスター》の超天フィーバー状態の攻撃時能力「パワー10000以下を破壊」に引っかかってしまうのも中々厳しい? ・・・・・ 侵略なので実質無料で全体除去! これがパワー3000で焼ける範囲はとても広いので色々と重宝されるだろう! これは便利・・・とても便利だ!!(っていうか強すぎる) (オジサンの愛用の《バーナイン》も焼かれちゃう・・・どうしよう・・・) さぁ、このカードは7月20日(土)に発売予定のEX弾「絶対王者!! デュエキングパック」に収録予定だ! 歴代最強カードがパンパンに収録されたこの弾は絶対に買い!! SR以上確定パックをキミも絶対にゲットしよう!.

次の