デルタ 音響。 動的特徴量(デルタパラメータ)

デルタ音響株式会社

デルタ 音響

デルタパラメータとは?• 音声認識の際、動的な特徴をあらわす指標として使われる。 初出は Furui, 1986. 中川, 2000. 和田ら, 2002. より引用 デルタケプストラムは、ケプストラムの時間変化の微分を差分ベクトルにより近似した動的特徴量である。 略 LPCケプストラムを取り除きデルタケプストラムのみを特徴量として用いることで耐雑音性が改善されると考えられる。 しかしながらデルタケプストラムのみを特徴量とするには母音などの定常に近い音声の認識に不安を残す。 計算方法• HTK の HCopy で求められるデルタパラメータは、MFCCの時間変化の回帰係数の値です。 回帰分析によって a を求める方法は、 を参照してください。 回帰分析について、より詳しい情報は にあります。 と同じ設定で解析を行った結果 から、静的特徴量10次元(MFCC-1 ~ MFCC-10)を取り出したファイル を使って説明します。 MATLAB でメルケプストラムデータを読み込みます。 csv' ;• あるフレームの前後2フレームを加えた計5フレーム に対して回帰係数を求めます。 始端(0番目)のフレームでは、-1 番目、 -2 番目のフレームが 0 番目と同じであると考えて計算します(HCopy の仕様)。 終端も同様に扱います。 MFCC-1 について、フレームごとに回帰係数を求めてみます。 結果 -0. 6851 -1. 2122 -1. 4893 -1. 1270 -0. 5949 -0. 5687 -0. 5975 -0. 5635 0. 6535 2. 1154 2. 6034 2. 0400 0. 7457 -0. 1177 -0. 2742 -0. 1639• の Del-1 と同じ値が出力されています。 デルタデルタパラメータ• 同様に、デルタメルケプストラムのデルタパラメータを求めてみます。 上に続いて、以下を実行します。 結果 -0. 2135 -0. 1688 0. 0266 0. 2181 0. 2342 0. 1124 0. 2502 0. 6619 0. 9081 0. 7157 0. 0109 -0. 6324 -0. 7913 -0. 5428 -0. 1865 0. 0018• の Acc-1 と同じ値が出力されています。 Furui, Speaker-independent isolated word recognition using dynamic features of speech spectrum, 1986. 中川聖一, 音声認識研究の動向, 2000. 和田直哉, 宮永喜一, 吉田則信, 吉澤真吾, 音声認識システムにおけるロバストな音声特徴抽出に関する一考察, 2002. より引用 p. 6 および HTK Book, "5. 9 Delta, Acceleration and Third Differential Cofficients," p. 79 を参考しました。 によれば、「回帰係数を計算する範囲は20ms程度が一般的」とあります。 回帰曲線は toolbox不要の polyfit 関数に差し替えました。 法政大伊藤先生にご指摘いただきました。 ありがとうございます!! 相川清明, 河原英紀, 東倉洋一, 順向マスキングの時間周波数特性を模擬した動的ケプストラムを用いた音韻認識, 1993.

次の

デルタ音響株式会社(川崎市宮前区野川)|エキテン

デルタ 音響

1983年に設置された伝統学科。 長年の教育ノウハウを駆使し、未経験者から即戦力となる人材を育成。 多くの卒業生が業界の第一線で活躍しています。 レコーディング・エンジニアとして、ゴスペラーズ、CHEMISTRY、jealkbなどの作品に関わってきました。 普段は「エンジニアとしての耳」で仕事をしていますが、レコーディングした物をマスタリングスタジオで改めて聴くと、アーティストの迫力や歌の力で、つい泣いてしまうこともあります。 この仕事をしていると本当に多くのジャンルの音楽に出会えるので、毎日、刺激を受けながら過ごしています。 学生の頃は無我夢中で勉強していました。 卒業して仕事を続けていくうちに「あのとき学んだ事はこういう事だ」と思う時がきます。 自分で学んだ事は、必ず自分に返ってくると思います。 これからも初心を忘れることなく、良い作品を作るお手伝いができるよう、こつこつやっていきたいです。 (株)Chinet 職種:レコーディングエンジニア 見元 李衣さん 「高田文夫のラジオビバリー昼ズ」や「オールナイトニッポン GOLD」など、ニッポン放送のラジオミキサーをしています。 技術はもちろんですが、限られた時間の中でディレクターの演出意図を瞬時に汲み取り、その場に合った素早い判断力が必要です。 少しのミスが放送事故に繋がる緊張感がありプレッシャーも感じますが、そこにやりがいがあります。 先輩方はしっかりとした基礎知識があり、仕事の質も高いため、番組スタッフの方からの信頼も厚いです。 音芸の先生は分からないことを聞くと、とことん教えてくれます。 今思うと、「もっと聞いておけば良かった」と痛感するほど恵まれた環境でした。 (株)サウンドマン 職種:ラジオミキサー 寺本 剛さん.

次の

クリエイト大阪

デルタ 音響

当財団では、床材関係の3工業会(日本乾式遮音二重床工業会、発泡プラスチック床材研究会、日本防音床材工業会)からの第三者による検討の要請を受けて、『床材の床衝撃音低減性能の表現方法に関する検討委員会(委員長:井上勝夫/日本大学理工学部教授)』を設置し、2007年10月より2008年1月にかけて、床衝撃音低減性能の適切な表現方法のあり方についての検討を行いました。 その成果として、2008年4月に「床材の床衝撃音低減性能の等級表記指針」が策定されました。 詳しくは、下記リンクの「床材の床衝撃音低減性能の表現方法に関する検討委員会報告書」および「床材の床衝撃音低減性能の等級表記指針」をご参照下さい。 床材のカテゴリー分類 床衝撃音低減性能の評価対象となる床材には、材料や構造など様々な種類の製品があります。 床材の材料・構造の種類が異なると振動伝達性状も異なるため、実験室での床衝撃音レベル低減量の試験方法も床材の特徴に応じて規定されています。 この床材の種類のことを「カテゴリー」と呼びます。 現在実験室で試験されている床材のカテゴリー分類の例を表2に示します。 面内方向への振動伝達の影響が無視できる。 (小試料でも試験可能)• 平面的に均質である。 面内方向への振動伝達の影響が大きい。 (実験室の壁際までの施工が必要)• 平面的に均質ではない。 具体的な床材の例• カーペット、塩ビシート• 直張り防音フローリング• 乾式二重床• 発泡プラスチック床• 浮き床、畳 使用する試験室• 残響室• 壁式構造による実験室• 壁式構造による実験室(残響室では不可) なお、床材のカテゴリーにより実験室での床衝撃音レベル低減量の試験方法も異なります。 1dB単位で満たす必要があります。 1dB単位で満たす必要があります。 GBRC業務説明会(2012年開催)の資料より•

次の