エクセル グラフ 吹き出し。 エクセルで吹き出しの作り方(文字を入れる方法や印刷について)|Office Hack

Excel(エクセル)基本講座:グラフの作成方法

エクセル グラフ 吹き出し

:グラフの作成• Excel エクセル では、シートに入力されたデータから簡単にグラフを作成できます。 エクセルでのグラフの作成手順および各要素の変更・修正方法などを間違いなく簡単に実行できる方法として、グラフツールバーからの操作方法で主に説明しています。 見た目が楽しくなるような絵を利用した、ひと味違ったグラフをエクセルで作成する方法も説明しています。 このページはかなり長いものになってしまいました。 スポンサードリンク• Excel2007以降ではリボンでの操作になっています。 以下のページをご覧ください。 Excel2007• Excel2010、Excel2013• エクセルで最も簡単にグラフを作成するには、グラフにするセル範囲を選択後、[F11]キーを押すとグラフシートにグラフが自動で作成されます。 ここでは、グラフ作成ウィザードを使う方法を説明します。 【練習】下表のデータをグラフ化します。 B C D E 2 各支店別売上高 円 3 福岡支店 宮崎支店 鹿児島支店 4 10月 12,000,000 6,500,000 8,900,000 5 11月 13,500,000 7,200,000 8,200,000 6 12月 14,800,000 7,700,000 9,200,000 7 1月 11,000,000 6,420,000 8,120,000 8 2月 9,820,000 5,870,000 7,580,000 9 3月 10,800,000 7,700,000 8,800,000 10 合計 71,920,000 41,390,000 50,800,000• グラフにするデータ範囲、 B3:E9を範囲選択します。 (注)項目行(3行目)や項目列(B列)を含めて選択します。• [グラフ ウィザード]ボタンをクリックします。 「標準」タブを選択します。 グラフの種類:「縦棒」を選択。 形状:「集合縦棒」を選択。 [次へ]をクリックします。 (参考)「サンプルを表示する」 ボタンを押し続けている間、サンプルが表示されますので、自分の意図したグラフであるか確認できます。 「データ範囲」タブを選択します。 データ範囲:シートで選択していた範囲が間違っていたらここで修正します。 系列に「 列」を選択した場合• 系列に「 行」を選択した場合• 「タイトルとラベル」タブでタイトル等を入力します。 タイトル:「支店別売上高」• 今回は「オブジェクト」を選択しました。 「完了」ボタンをクリックするとグラフが作成されます。 修正の方法は色々ありますが、グラフツールバーを使用する方法で説明します。 グラフツールバー• グラフツールバーはグラフを選択すると表示されます。 【基本操作】• 修正したい場所をクリックして選択します。 グラフツールバーの[書式設定]ボタンをクリックします。 表示される[書式設定]ダイアログで設定を変更します。 (なお、修正したい場所を ダブルクリックして、[書式設定]ダイアログを表示することもできます。 ) [A]数値軸ラベルの修正• 未設定の場合は以下の手順で入力します。 グラフを選択します。 数値軸のラベルを修正します。 修正する数値軸ラベルを選択します。 グラフツールバーの[書式設定]ボタンをクリックします。 「軸ラベルの書式設定」ダイアログの「配置」タブを選択します。 「方向」で「縦」を選択します。 「OK」ボタンをクリックします。 以下のようになります。 [B]数値軸の目盛りの修正• 数値軸の目盛りを修正します。 数値軸をクリックして選択します。 数値軸に四角のマークが表示されます。 ツールバーの[書式設定]ボタンをクリックします。 「軸の書式設定」ダイアログの「目盛」タブを選択します。 表示単位で「百万」を選択します。 「表示単位のラベルをグラフに表示する」のチェックをはずします。 [OK]をクリックします。 以下のようになります。 [C] 文字列の修正• 数値軸のタイトルの文字列を修正します。 数値軸のタイトルをクリックして選択します。 (四角で選択されます)• 修正する箇所でクリックします。 (マウスポインターが「I」に変わります)• カーソルが表示され文字の修正が可能になります。 修正後の状況 する• 棒グラフと折れ線グラフを同じグラフに作成する方法です。 【練習問題】福岡支店〜鹿児島支店の売上高を棒グラフで、合計を折れ線グラフで表示しなさい。 B C D E F 2 各支店別売上高 円 3 福岡支店 宮崎支店 鹿児島支店 合計 4 10月 12,000,000 6,500,000 8,900,000 27,400,000 5 11月 13,500,000 7,200,000 8,200,000 28,900,000 6 12月 14,800,000 7,700,000 9,200,000 31,700,000 7 1月 11,000,000 6,420,000 8,120,000 25,540,000 8 2月 9,820,000 5,870,000 7,580,000 23,270,000 9 3月 10,800,000 7,700,000 8,800,000 27,300,000 10 合計 71,920,000 41,390,000 50,800,000 164,110,000• 【解答例】• B3:F9を範囲選択し、グラフウィザードを使って棒グラフを作成します。 (凡例は表示していません)• 合計の系列をクリックして選択します。 グラフの種類ボタンから「折れ線グラフ」を選択します。 「合計」が折れ線グラフに変更されます。 支社の売上高と合計では数値の桁数が異なるので、合計の軸を第2軸に変更します。 合計の系列を選択して、[書式設定]ボタンをクリックします。 「軸」タブを選択し、第2軸を選択します。 第2軸の目盛を選択し、「書式の設定」ボタンをクリックします。 「目盛」タブの表示単位を百万に変更し、表示するのチェックをはずします。 第2数値軸ラベルを選択し、「書式の設定」ボタンで表示されるの配置を縦書きにします。 完成です• グラフに凡例が表示されている場合 凡例をクリックして選択します。 凡例が四角で囲まれます• グラフに凡例が表示されていない場合 グラフツールバーの[凡例]ボタンをクリックすると表示されます。 グラフツールバーの【書式設定】ボタンをクリックします。 【位置】タブを選択します。 それぞれ選択位置に凡例が表示されます。 凡例の大きさや、位置によってグラフの大きさが変化しますので、グラフエリアの大きさを変更する必要があります。 同様にパターン・フォントの修正もできます。 省略します• データ範囲を変更する方法 3通り説明します [A] カラーリファレンスを使う方法• 10月〜1月のデータをグラフ化した後、データ範囲を3月まで広げる例で説明します。 グラフエリアをクリックするとシート内に選択範囲が青色で囲まれています。 青枠の右下コーナー部をドラッグして選択範囲を広げます。 2月、3月分のデータがグラフに含まれました。 なお、 2 から 1 へは青枠の範囲を狭くすれば良い。 [B] コピー&ペーストでの方法• シート上で2月と3月のデータ範囲を選択し、コピーボタンをクリックします。 グラフを選択し、貼り付けボタンをクリックします。 [C] ドラッグ&ドロップでの方法• シート上で2月と3月のデータ範囲を選択します。 選択範囲の枠線上 マウスポインタが十字矢印の状態 から、グラフエリアへドラッグして、ドロップします。 【A-1】 背景に写真を使う• グラフエリアに写真を入れます。 グラフエリアを選択し、[書式設定]ボタンをクリックする。 「パターン」タブの[塗りつぶし効果]を選択する。 「図」タブの[図の選択]をクリックする。 使用する写真を選択する。 グラフエリアに写真が入りました。 プロットエリアを透明にします。 プロットエリアをクリックして選択する。 グラフツールバーの[書式設定]ボタンをクリックする。 「パターン」タブの「領域」の「なし」を選択する。 プロットエリアが透明になります 【A-2】• グラフ要素に絵を使用します。 グラフ要素を選択します。 グラフツールバーの[書式設定]ボタンをクリックします。 「パターン」タブの[塗りつぶし効果]を選択します。 「塗りつぶし効果」ダイアログで、[図の選択]ボタンをクリックします。 使用する図を指定します。 「塗りつぶし効果」ダイアログの、『積み重ね』にチェックを入れます。 [OK]ボタンをクリックします。 各グラフ要素で繰り返して設定します。 絵グラフができました。 【B】• グラフ要素の一部分だけを変更します。 グラフ要素をクリックして選択する。 系列すべてが選択される)• もう一度グラフ要素をクリックする。 (1つの要素のみが選択される)• グラフツールバーの[書式設定]ボタンをクリックする。 「パターン」タブの「領域」の「色」を選択する。 1本だけ色が変わりました。 【C】• 折れ線グラフを滑らかな曲線にします。 折れ線を選択します。 ツールバーの[書式設定]ボタンをクリックします。 「データ系列の書式設定」ダイアログで、「パターン」タブを選択します。 『スムージング』にチェックを入れます。 青の折れ線が滑らかになりました。 【D】• 棒グラフの棒の太さを変更します。 データ系列(棒)を選択します。 ツールバーの[書式設定]ボタンをクリックします。 「データ系列の書式設定」ダイアログで、「オプション」タブを選択します。 『棒の間隔』を小さな値にします。 下は『50』にしました。 変更前 変更後 【E】• 円グラフの一部を切り離します。 切り離したい部分を2回クリックし、選択します 外周に黒いハンドルが付きます。 選択した部分を外側へドラッグして、移動します。 グラフ化する元データに空白やゼロ値が含まれていると折れ線が途切れたり、ゼロ値までプロットされてしまうことがあります。 空白を補完する• 品目3の売上金額 B4 が空白になっています。 グラフを選択します。 「グラフ」タブを選択し、『補完してプロットする』にチェックを入れます。 下のように、折れ線がつながります。 ゼロ値を無視する• 品目3の売上金額 B4 が「0」になっています。 データの方を変更します。

次の

グラフの任意の場所に文字を入れる方法

エクセル グラフ 吹き出し

Sponsored link Excelでグラフを作成している際、通常はグラフタイトルや凡例、軸ラベル、データラベルでグラフへの説明は事足りるはずですが、たまに注釈を入れたい場合があります。 読み手に正確に情報を伝える上で、その一言を添えるだけで理解度が格段に異なる場合もあるため、何気に重要な作業となります。 今回はExcel2010で グラフの任意の場所に文字を入れる方法について解説していきます。 操作手順• グラフを選択• グラフツール「レイアウト」タブをクリック• 「テキストボックス」をクリック• 「横書きテキストボックス」をクリック 4. の手順は任意で縦書きにしてOKです。 任意の場所へテキストボックスをドラッグ 5. まとめ 今回のテクニックはグラフの基本部分が完成してから行いましょう。 また、グラフのデータを別途強調したり、分析コメントを入れたい場合は他の図形(オートシェイプなど)を入れたりする方が分かりやすい場合もあります。 たとえば、グラフの上に吹き出しを入れるなどですね。 必要に応じて使い分けを行なうようにしていきましょう。 運営者:森田貢士(Koushi Morita) 「」(秀和システム)著者。 Excel関連の資格は以下を保有。 Excel2010スペシャリスト(一般)• Excel VBA ベーシック• Excel VBA スタンダード 通信会社勤務の現役サラリーマン。 心が安らぐ瞬間は2人の娘といちゃいちゃする時間。 趣味は読書。 ビジネス書や漫画が大好き。 好きな食べ物はラーメン。 特に二郎や蒙古タンメンがお気に入り。 Excelを10年間以上ほぼ毎日数時間触り続け、本業でも複数の業界・業種のバックオフィスの設計~運営に携わってきた森田が、業務効率・精度を高めるExcelの活用方法を発信していきます。 詳細プロフィールは.

次の

テキストボックスや図形を挿入する:Excelの基本操作

エクセル グラフ 吹き出し

エクセルの文字と数字をグラフに挿入する方法について説明します。 の章でグラフを入れましたが、その時にエクセルのデータを使用しました。 そのエクセルのデータを変更する必要がある場合には初めにグラフをクリックします。 その後に「グラフツール」の中の「デザイン」の中の以下の「データの編集」をクリックして、エクセルを起動してからデータを変更します。 データを変更した後は、グラフに文字や数値を入れますので、以下の手順で進んでください。 次は以下の「グラフのレイアウト」グループの中の赤枠をクリックします。 クリックしますとメニューが表示されるので、この中から今回は以下の赤枠をクリックします。 結果は以下のように文字と数字がグラフに入ります。 その後に「ラベル」グループの中から「データラベル」をクリックします。 「データラベル」をクリックしますと以下のメニューが表示されますが、今回は「内部外側」を選択します。 結果は以下の通り、文字がグラフの中に入りました。 初めに「挿入」タブの中の「図形」をクリックしてください。 「図形」をクリックしますと以下のメニューが表示されますので、「吹き出し」のどれかをクリックします。 次に以下の図のようにドラッグしながら、必要な大きさまで吹き出しのサイズを調整します。 次に吹き出し部分をクリックしてから、その上で右クリックしますと以下のメニューが表示されますので、その中の「テキストの編集」をクリックします。 この後に次の通り文字を書いていきます。 吹き出し部分の文字を変更したい場合には以下のように文字の部分をドラッグしてから、「ホーム」タブの中の「フォント」グループで文字の色やサイズを変更することができます。 例えば以下のように文字の部分を黄色に変更できます。

次の