茹で 卵 レシピ。 【卵料理】人気のレシピのみ20選:みんな大好きな卵がおいしいレシピ

卵の大量消費レシピ26選!おかずからお菓子まで卵の使い切りアイデアまとめ

茹で 卵 レシピ

豚もも薄切り肉160g• 卵4個• 塩コショウ少々• 薄力粉大さじ1• サラダ油適量• 薄力粉大さじ2• 水大さじ2• ウスターソース大さじ1• 鍋にお湯を沸かしたら、 冷蔵庫から出した卵を鍋底に滑らせるようにして、6分ほど茹でていきます。 1の卵を出したら、冷水に入れて粗熱を取りましょう。 卵の底を少したたいて、水に浸けたらしっかりと冷やして殻をむきます。 その後、水気を拭き取っておきましょう。 豚肉を2枚広げて乗せたら、塩コショウ、薄力粉を振っておきます。 ゆで卵を乗せたら包み、これを4個作りましょう。 ボウルに薄力粉、水を入れて作ります。 3を4、パン粉の順番に浸けていきます。 鍋にサラダ油を入れたら、180度に熱して5を入れたら、2分ほど肉に火が通るまで揚げていきます。 器に盛って、ウスターソースをかけたら、卵を大量消費出来る半熟卵の肉巻きカツの完成となります。 卵4個• てんぷら粉適量• てんぷら粉大さじ3• 水大さじ4• サラダ油適量• 麺つゆ50ml• 水50ml• 細ねぎ適量• 刻みのり適量• まず、鍋にお湯を沸かしたら、卵を入れて6分ほど茹でて、冷水にさらしたら皮をむいていきます。 水気を拭き取ったら、てんぷら粉をまぶしていきます。 ボウルにてんぷら粉、水を入れて混ぜます。 天ぷら鍋に油を入れて170度に熱したら、 卵に衣をつけてカラッとするまで揚げて器に盛ります。 耐熱容器に麺つゆ、水を入れたらふわっとラップをして600Wのレンジで1分ほど加熱していきます。 つゆをを卵にかけて、細ねぎ、刻みのりを散らしたら卵を大量消費出来る半熟揚げ出し卵の完成となります。 焼きそば麺2玉• 卵4個• 豚小間200g• 紅しょうが適量• 塩コショウ適量• 水適量• ウスターソース大さじ4• しょうゆ小さじ1• マヨネーズ適量• 万能ねぎ適量• キャベツはざく切りにして、万能ねぎは小口切りにします。 フライパンにサラダ油を敷いたら、塩コショウで豚小間にした味をつけ、キャベツを炒めていきます。 焼きそばと水、ウスターソース、しょうゆ、お好み焼きソース、ケチャップを入れたら炒めていきます。 お皿に盛り付けて、紅しょうがを添えます。 フライパンにサラダ油を敷いたら、溶き卵を半熟の状態で火からおろします。 5を4に乗せて、ソースやマヨネーズなどをトッピングすれば卵を大量消費出来るオムそばの完成となります。 キュウリ2本• 卵3個• 豚小間100g• ごま油大さじ1• ショウガチューブ2センチ• 酒大さじ2• 鶏がらスープの素小さじ2• しょうゆ小さじ1• まず、きゅうりは縦半分に切っておきます。 その後、斜めにカットし、豚肉は一口大ほどの大きさにカットしておきましょう。 紫色の材料 をよく混ぜ合わせておきましょう。 フライパンにごま油を敷いて、卵を半熟状になるくらいまで炒めていきます。 卵を半熟状になるまで炒めたら、いったん取り出しておきます。 フライパンをさっと吹いたら、ごま油としょうがを入れて香りが立ってくるまで炒めていきます。 豚肉、きゅうりの順番で炒めていきます。 キュウリがしんなりとしてきたら、紫色の材料と卵を戻し入れましょう。 全体を混ぜ合わせて炒めて、水分が減ってきたらキュウリとふんわり卵のおかず炒めの完成となります。 ベーコン4枚• 卵4個• ほうれん草200g• ピザ用チーズ50g• 有塩バター30g• 薄力粉大さじ3• 牛乳400ml• 胡椒少々• まず、鍋にお湯を沸かします。 冷蔵庫に出したての卵をなべ底に滑らせるように入れます。 中火で6分ほど茹でて冷水に取ったら、卵の底をたたいて殻をむきます。 ほうれん草は根元の先をカットし、十字に切り込みを入れて4センチほどにカットしてます。 玉ねぎは薄切りにして、ベーコンは1センチくらいにします。 フライパンに水を入れて沸かしたら、ほうれん草を入れて蓋をして、中火で1分ほど蒸します。 蓋を取ったら、 ほうれん草がしんなりとするまで茹でます。 その後冷水にさらしたら、水気を切っておきましょう。 フライパンの水気を拭き取ったら、バターを入れて熱します。 バターが溶けたら玉ねぎ、ベーコンを入れて中火で玉ねぎがしんなりとするまで炒めて、ほうれん草を加えて炒めます。 薄力粉を加えて粉っぽさがなくなるまで炒めたら、牛乳を加えてとろみが付くまで煮ます。 その後、塩コショウを加えて混ぜます。 耐熱容器に6を入れたら、ゆで卵とピザ用チーズを乗せます。 トースターで焼き色が付くまで焼いたら、卵を大量消費出来るほうれん草と半熟卵のクリームグラタンの完成となります。 玉子3個• バター10g• 塩一つまみ• 塩コショウ適量• 卵を黄身と白身に分けたら、黄身には塩コショウをして、割りほぐしておきます。 白身は大きめのボウルに入れて塩を振って、 ホイッパーで角を立つ位固くメレンゲを作っていきます。 フライパンに火をかけてバターを溶かしたら、ボウルの中身をフライパンに均一になるように広げます。 弱火でじっくりと焼き上げていきましょう。 縁が固まってきたら、半分に折りたたむようにして盛り付ければ、卵を大量消費出来るふわふわオムレツの完成となります。 卵6個• ジャガイモ3個• 塩コショウ適量• バター20g• まず、じゃがいもは1センチほどの輪切りにしていきましょう。 輪切りにしたじゃがいもは茹でておきましょう。 玉ねぎはくし切り、パプリカは角切りにしておきましょう。 フライパンにバターの半量を溶かしたら、玉ねぎとパプリカをそのバターで炒めていきましょう。 2を炒めていく途中で、塩コショウで味を付けていきます。 塩の量は、3つまみほどの量で大丈夫です。 ボウルに卵を入れたら、卵をよく溶いておきます。 そこに冷ましたジャガイモと玉ねぎ、パプリカを入れたら軽く混ぜておきます。 フライパンにバターを溶かしたら、材料をすべて入れていきます。 フライパンに具材を入れた後は蓋をして、弱火でじっくりと8分ほど焼いていきます。 蓋をしたままフライパンをひっくり返してオムレツを蓋の上に乗せましょう。 それを再びフライパンに戻しましょう。 その後、弱火で3分ほど焼き上げたら、ケチャップなどをかけて卵を大量消費出来るおかずレシピの完成となります。 玉ねぎ2個• ニラ1束• 卵3個• 豚ミンチ200g• 創味シャンタン大さじ1• 醤油大さじ1• みりん大さじ1• オイスターソース小さじ1• 豆板醤適量• まず、玉ねぎは半分に切って、繊維を切るようにして1センチくらいのざく切りにしていきます。 フライパンにごま油を敷いたら、フライパンに玉ねぎを入れておきましょう。 玉ねぎがしんなりとしてきたら、真ん中を開けて肉を炒めていきましょう。 肉に色が付いたら、また真ん中を開けて溶いた卵を入れましょう。 卵をかき混ぜながら、ぽろぽろになるまで火が通ったら、1センチほどにカットしてニラを入れておきましょう。 最後に オレンジ色の材料を混ぜて、フライパンに入れたらしっかりと混ぜていきます。 全体に味が混ざったら、卵を大量消費出来る人気おかずレシピの完成となります。 卵の白身4個• 鶏がらスープの素小さじ1• かにかま4本• ねぎ3センチ• 塩一つまみ• 揉みのり適量• ごま油大さじ1• ラー油適量• ゴマ油適量• まず、かにかまをほぐして、葱はみじん切りしておきます。 大きめの耐熱容器を用意したら、白身と 紫色の材料を入れて、よく混ぜ合わせていきましょう。 1を600Wで1分ほど加熱しておきましょう。 端でよく2を混ぜ合わせておきます。 レンジで1分加熱して、混ぜます。 再び1分加熱して混ぜる、という行程を数回繰り返します。 海苔、ごま油、胡麻、ラー油を加えたら、卵白大量消費出来る、簡単に作ることができるおかずレシピの完成となっています。 卵黄10個• 絹ごし豆腐150g• マヨネーズ大さじ3• パルメザンチーズ大さじ3• 鶏むね肉50g• クリームチーズ20g• ブロッコリー適量• 油大さじ2• 塩コショウ適量• パプリカお好みで• まず、ボウルに豆腐、粉チーズ、マヨネーズを入れて、泡だて器でしっかりと混ぜていきます。 1に卵黄を加えたら、更に混ぜ合わせていきましょう。 鶏むね肉を1センチほどの角切りにしたら、塩コショウで味を調え、温めたスキレットに油を敷いて炒めます。 色が変わるくらいまで炒めたら、並べていきます。 卵液を流し込んだら、茹でておいたブロッコリーを並べます。 隙間には、1センチほどの角切りにしておいたクリームチーズを並べていきます。 ある程度火を通したら、 魚焼きグリルに移動して弱火で表面を焼いていきます。 火を消して、5分ほどそのまま寝かせておいたら、卵黄を大量消費出来るキッシュ風おかずの完成となります。 ご飯丼2杯• 卵4個• 鶏もも肉150g• 水150ml• 麺つゆ大さじ2• 刻みのり適量• 卵は2個を卵黄と卵白とに分けておきます。 残りの2個の卵はボウルに割入れて、卵白を加えて混ぜていきましょう。 玉ねぎは薄切りにしていきます。 鶏肉は一口大にカットしておきましょう。 フライパンに水を入れて中火で熱して、煮立ったら鶏肉を加えて、煮立ったところで弱火にし、アクを取り除いていきましょう。 麺つゆ、玉ねぎを加えて中火で2分ほど煮ます。 卵液の半量を回し入れて、蓋をしたら固まるまで40秒ほど煮ます。 残りの卵液を回し入れて、卵白が白くなるまでしばらく煮ていきましょう。 器にご飯を盛り付けて、7、卵黄を乗せて刻みのりを振りかけたら卵を大量消費出来るW卵の親子丼の完成となります。 牛薄切り肉200g• ご飯2杯分• 卵4個• マッシュルーム4個• ハヤシライスのルウ3片• 水300ml• 赤ワイン100ml• バター炒め10g• バター御飯用10g• サラダ油適量• 玉ねぎ、マッシュルームをスライスしたら、牛肉は3センチほどにカットしておきます。 深めのフライパンにバターを敷いたら、玉ねぎを中火で炒めて、しんなりしてきたら薄切り肉を加えて炒めます。 マッシュルーム、赤ワインを加えて煮立たせていきます。 水を加えて煮立ったら アクを取り、蓋をして10分ほど煮こんでいきます。 ハヤシライスにルウを加えてよく混ぜたら、弱火で5分ほど煮ていきます。 ボウルに卵を溶いたら、フライパンにサラダ油を敷いて半量の卵液を流し入れて、半熟に焼きます。 ボウルにご飯、バターを混ぜてお皿に盛り付けて、6と5を乗せたら卵を大量消費出来る、オムハヤシの完成となります。 卵4個• マヨネーズ大さじ1• 顆粒出汁小さじ1• 水70ml• しょうゆ大さじ1• マヨネーズ大さじ1• マスタード小さじ1• 食パン2枚• ボウルに卵を割り入れたら、マヨネーズを加えてよく混ぜます。 1に オレンジ色の材料を入れてよく混ぜます。 耐熱タッパーに2を注いだら、耳を切った食パンに塗ります。 3をレンジから出してふくらみが落ち着いたら、500Wの1分ほど加熱します。 5をレンジから出したら、アルミホイルで包んで形を整えます。 2分ほど置きます。 5を4に挟んだら切り分けて、お皿に盛り付けたら大量消費におすすめの分厚い卵サンドイッチの完成となります。 卵4個• かにかま2本• 塩少々• ごま油小さじ1• 水75ml• しょうゆ小さじ1• お酢小さじ1• 片栗粉小さじ1• 水小さじ1• ねぎは斜め薄切りにして、シイタケは石づきを取ったら薄切りにしていきましょう。 かにかまは細かく裂いて、葱は小口切りにしていきます。 ボウルに卵を割りほぐして塩を混ぜます。 フライパンにサラダ油を入れたら中火で熱します。 卵液を流して大きく混ぜたら、半熟の状態で器に出しておきます。 フライパンをきれいにしたら、サラダ油を足して熱します。 葱、シイタケを順に炒めます。 オレンジ色の材料を加えたら、カニ缶を汁ごと加えて一煮立ちさせます。 紫色の材料を混ぜたら、5にかけてごま油、万能ねぎを散らしたら卵大量消費のふわふわかに玉の完成となります。 卵5個• ホイップクリーム適量• アーモンド少々• メープルシロップ適量• ミント適量• 卵を卵白と卵黄に分けたら、卵白を角が立つまでハンドミキサーで泡立て、メレンゲにしていきましょう。 1に少量卵黄を入れたら、中速で泡立てていきます。 泡だった卵黄をメレンゲに入れたら、中速で泡立てて混ぜ合わせて、大きい泡がなくなるように低速でなめらかにしていきます。 型紙に入れて、 180度のオーブンで20分ほど焼いて、逆さにしたら10分ほど冷やします。 型紙を取り除き、生クリームやメープルシロップ、ミントをトッピングしたら卵を大量消費出来るシンプルお菓子ケーキの完成となります。 ココナッツフレーク200g• 粉砂糖250g• マジパンローマッセ200g• ラム酒大さじ2• 卵白5個分• ボウルに卵白を入れたら、ラム酒、レモン汁、レモンの皮のすりおろしを加えて混ぜます。 泡立てる必要はありません。 マジパンをちぎって1に入れましょう。 粉砂糖とココナッツフレークを加えて、よく混ぜていきます。 絞り袋に入れて、冷蔵庫で1時間ほど寝かせておきます。 クッキングシートを敷いたオーブントレーに、 2センチ程度の大きさで絞っておきます。 予め180度に予熱したオーブンで20分ほど焼いたら、卵白の大量消費におすすめのお菓子レシピの完成となります。 卵白220g• キビ砂糖70g• トレハロース10g• 小麦粉70g• グレープシードオイル35g• 卵白をボウルに入れたら、少しシャリっとするまで冷凍庫に入れておきます。 オーブンを170度に予熱しておきましょう。 卵白を泡立てます。 オレンジ色の材料を入れたら高速で泡立てて、メレンゲを作ります。 オイルを入れたら、泡だて器で混ぜます。 小麦粉を篩いながら加えて、ゴムベラで混ぜていきます。 インスタントコーヒーと水を加えて一混ぜしたら、型を入れて2回くらい下に落とし、気泡を抜いておきます。 30分ほど焼いて冷ましたら卵白を大量消費出来るお菓子レシピの完成となります。

次の

卵の大量消費レシピ26選!おかずからお菓子まで卵の使い切りアイデアまとめ

茹で 卵 レシピ

うずらの卵の栄養成分 うずらの卵は1つが10~12gと小さいですが、鶏卵よりもビタミン類などの栄養成分が豊富な卵です。 美味しくて栄養成分豊富なうずらの卵の茹で方には固ゆでと半熟があります。 うずらの卵の茹で方の固ゆでや半熟を自在にできれば、美味しいうずらの卵を楽しめますね。 うずらの卵を半熟にしたときには殻の剥き方にも注意が必要です。 うずらの卵にはビタミンB12が豊富に含まれています。 うずらの卵に含まれているビタミンB12は鶏卵よりも多く、卵類ではトップクラスの含有量だとされています。 100gで比較すれば、鶏卵の約5.2倍のビタミンB12が含まれています。 ビタミンB12の働きには造血作用があります。 ビタミンB12は葉酸と共に赤血球をつくる働きがあります。 造血作用で血液量が増えれば貧血やめまいを予防できます。 うずらの卵に含まれている葉酸は鶏卵の約2.1倍です。 うずらの卵に含まれているビタミンB12や葉酸には貧血やめまい予防に役立ちそうです。 葉酸にはDNAやタンパク質の合成を促す働きがあるので、妊婦さんには大切な栄養になります。 うずらの卵に含まれているビタミンB2は脂質の分解を促して、過酸化獅脂質を分解する働きがあります。 ビタミンB2が豊富なうずらの卵は動脈硬化などの生活習慣病予防に効果がありますね。 次に、うずらの卵の茹で方の固ゆでと半熟をつくる簡単な方法とうずらの卵の殻の剥き方 の紹介をします。 うずらの卵の茹で方 うずらの卵の茹で方には、水から茹でる方法とお湯から茹でる方法があります。 水からとお湯から茹でる方法で固ゆでと半熟ができます。 水から茹でる方法のステップは、 ステップ1・うずらの卵を、ひたひたに被るぐらいの水を入れた鍋に入れる。 ステップ2・鍋を火にかけて箸で卵を転がしながら加熱します。 ステップ3・お湯が沸騰したら2分間加熱します。 ステップ4・2分加熱したら火を止めて2分間放置します。 ステップ5・冷水にさらして、完全に冷ませばOKです。 お湯から茹でる方法のステップは、 ステップ1・お湯から茹でる前に、うずらの卵を常温に戻します。 冷たい卵をお湯に入れると、割れてしまうので注意してください。 ステップ2・ 鍋にたっぷりの水を入れ沸騰させます。 ステップ3・お玉やスプーンを使って沸騰したお湯の鍋の中にゆっくりと、うずらの卵を沈めてゆっくりと転がします。 ステップ4・3分~3分半茹でます。 ステップ5・茹で上がったら冷水に放して冷まします。 次に、うずらの卵の茹で方の半熟のつくりかたとうずらの卵の剥き方の紹介をします。 半熟のうずらの卵 半熟のうずらの卵の茹で方を紹介します。 うずらの卵の茹で方は茹で時間で変わります。 お湯から茹でる場合の茹で時間を紹介します。 2分間の茹で時間では、かなり黄身がとろとろに仕上がります。 2分半の茹で時間では、まあまあ半熟に仕上がります。 3分の茹で時間では、やや固ゆでに仕上がります。 固ゆでに仕上げるには3分半の茹で時間が必要です。 うずらの卵を半熟にしたいときには、茹で時間をきっちり計ることが大切です。 半熟のうずらの卵を作るときには、だいたい2分~2分40秒位と覚えておけば間違いありません。 うずらの卵の殻の剥き方は卵の殻を粉々に割ることです。 鍋に入れてカシャカシャ振れば殻を細かく割れます。 蓋つきのお椀に入れて振って割る方法もあります。

次の

茹で鶏おすすめアレンジレシピ10選|茹で鶏レシピ本3選

茹で 卵 レシピ

朝食やお弁当に欠かせない卵。 みんな大好きな食材で、その人気ぶりは国民食と言ってもいいほど。 6月11日(火)放送の人気番組「マツコの知らない世界」(TBS系)では、15年間毎日10個の卵を食べ続ける小林真作さんが登場し、究極の卵料理について熱くプレゼン!卵が大好きというマツコさんも、ノリノリで聞いていましたよ。 もはや国民食!?卵の一番美味しい食べ方 日本人の1人あたりの消費量が年間333個と世界トップクラスの卵。 そんな人気の卵は、調理法や食べ方も多種多様で、バリエーションも豊かです。 通算5万5000個の卵を食べ尽くした小林さんが一番美味しいと豪語する食べ方は、「ゆで卵」。 番組では、家庭でも作れる究極のゆで卵の作り方を紹介していましたよ。 ポイントは3つ 【1】卵のお尻に少しだけ穴をあけること。 これにより殻がむきやすくなり、白身がなめらかになるのだとか。 【2】お湯の高さは18mmにして、沸騰してから卵を入れること。 最初の90秒ゆっくり回すと、黄身と白身のバランスが美しくなるそうです。 【3】6分30秒茹でたらすぐに氷水で冷やす。 これは半熟の場合です。 固ゆでの場合は10分オーバーがベスト。 卵の選び方も重要 ・卵は新鮮なものでなく買ってから3日以降がベスト ・冷蔵庫から出して、常温に戻す ・黄身と白身の比率がちょうど良いのはMサイズ クックパッドにも、少ないお湯で作れるゆで卵のレシピが投稿されていましたよ。

次の