お腹 ブルブル マシン。 振動マシンのおすすめ人気ランキング10選【自宅でエクササイズ!】

ラクして痩せたい!最後のカケ!?「ライフフィットトレーナー」を買ってみた!

お腹 ブルブル マシン

日ごろ忙しく働く社会人にとっては、なかなか運動する時間も取りにくいもの。 そんなとき、家にいながら使用できるトレーニングマシンは便利なアイテム。 中でも振動マシンは、筋肉を鍛えることができ、長期的な体づくりができるマシンです。 その理由は、小刻みな振動を受けながら姿勢を維持することで、体幹やインナーマッスルを鍛えることができるため。 体幹が鍛えられれば基礎代謝のアップに繋がりますし、インナーマッスルが鍛えられればウエストや太もものシェイプアップも期待できます。 また、全身の筋肉がほぐれるため、肩や腰が軽くなったという方もいるそうです。 ただ運動をしてカロリーを消費するだけでなく、全身のシェイプアップができる振動マシン。 普段の筋トレにプラスして取り組みたい方や、インナーマッスルを鍛えたい方にぴったりですよ! 音楽を聴きながら楽しめるのが、この振動マシンです。 音楽プレーヤー内蔵で、Bluetooth接続すれば音楽を流すことが可能。 これなら 単調になりがちなトレーニングも楽しく続けられるでしょう。 全自動モードは全部で5種類で、振動も99段階まで調節できます。 トップ面は防滑性があり、本体には滑り止めになる吸盤付きで安定感も抜群です。 フローリングの上でも使いやすいでしょう。 立ち位置や姿勢を変えながら、気になる部位にアプローチできます。 プログラム2でマイクロ振動を選択した場合の振動回数は、なんと1分間に約2500回! セット品のバンドを使えば腕周りへのアプローチも可能です。 ブラックとシャンパンゴールドの2色からお好みのものを選べますよ。 75kg アルインコの「バランスウェーブ ネオ」は、上下と左右方向の3D振動タイプ。 本格トレーニングにおすすめの一台です。 振動速度は16段階調節ができ、 シェイプアップや体力アップなど、3つのモードから自分のレベルに合うものが選択できるようになっています。 振動したままだと操作しにくいリモコンは、付属のアームバンドで腕に装着可能です。 本体重量が約18kgと重たいですが、移動用の ハンドルとキャスターが付いているため、女性でも手軽に 場所の移動が できるでしょう。 15分後に自動で電源がオフになる3種類のオートモードが搭載されており、「ながら」使用もOK。 これなら飽きやすい方も、続けやすいですよね。 腕時計型のリモコンが付いているので、スピード調節や電源の操作は手元でOK。 わざわざマシンから降りて屈む必要がありません。 また、 音楽再生にも対応済みで、音楽を聴きながらトレーニングすることもできちゃいます。 9kg 「振動マシンは価格も機能もピンキリで、どれがいいのか迷ってしまう」という方におすすめしたいのがこの振動マシン。 比較的手頃な価格帯ですが、充実の機能を搭載しており、コスパ抜群です。 3D振動タイプのシェイカー式で、振動強度は99段階設定可能。 モードは5種類から選べます。 しかも、音楽を聴きながら使えるので、楽しくトレーニングできますよ。 さらに、 足を乗せるトップ面には、足裏マッサージ用のマグネットボール付き。 低価格ながら高機能で、非常にお買い得な商品です。 Air 3DスーパーブレードS バランスウェーブ ネオ RIORES ボディシェイカープロ バランスウェーブ カリーノ MINI 振動マシン パワーウェーブミニ BARWING スーパーシェイカー式 振動マシン ダブルワンダーウェーブ ライト ルルド シェイプアップボード 特徴 迷ったらこれ!リーズナブルなのに高機能な一台 15分間でオフになるオートモード搭載!毎日の習慣にしやすい 上下左右の3D振動タイプ!本体の移動も簡単 3種類の振動モードで本格トレーニング 直感操作しやすい操作パネル搭載。 9kg 約18kg 16. 75kg 9. 5kg 約11kg 8. 8kg - 7. 5kg 約8. 5kg 商品リンク•

次の

【半年で-10kg】実際に使用したブルブル振動マシンの効果と意外なメリットとは?

お腹 ブルブル マシン

その効果は器具の種類によって異なりますが、実際にお腹回りの脂肪を落として痩せる効果があるのは何か? そこは、特に気になるところだと思います。 中には、そもそもダイエット効果があるのか疑わしい器具もあるようです。 そこで今回は、本当に痩せる効果が期待できるダイエット器具について解説したいと思います。 【目次】 (1)ダイエット器具の選び方!その秘訣は脂肪燃焼の仕組みを知る事• CMのイメージ効果• お腹回りの脂肪が燃焼する仕組み (2)電気ブルブル系のダイエット器具で、お腹回りが痩せる効果はある?• 電気の刺激で筋肉が収縮運動• EMSのダイエット効果は?• EMSの筋トレ効果は?• 電気刺激はリハビリに効果的• 口コミ評価は? (3)振動系のダイエット器具で、お腹回りが痩せる効果はある?• 振動しても脂肪は燃えない• 振動でインナーマッスルを強化• 口コミ評価は? (4)マッサージ系のダイエット器具で、お腹回りが痩せる効果はある?• マッサージで脂肪は燃焼しない• マッサージ効果で、むくみを解消• 口コミ評価は? (5)運動系の器具はダイエットの王道• 運動器具はダイエットに最適• 運動器具は目的に応じて使い分けが必要 (6)おすすめのダイエット器具7選• ダンベル• ぶら下がり健康器• ルームランナー• エアロバイク• トランポリン• バランスボール• フラフープ (7)皮下脂肪を部分的に落とす効果が期待できる器具は?• 痩身エステで人気のキャビテーション• 自宅で格安にキャビテーション まとめ (1)ダイエット器具の選び方!その秘訣は脂肪燃焼の仕組みを知る事 CMのイメージ効果 ダイエット器具の宣伝が流れると、思わずテレビの画面に釘付けになってしまう人は多いのではないでしょうか。 宣伝用に起用されたスリムなモデルさんを見ていると、多くの人はきっとこう思うでしょう。 「あのダイエット器具を使うと、自分もモデルと同じようにお腹回りが痩せる!」 人はこうして宣伝の イメージ効果にはまってしまうのです。 そして、同じ宣伝を何度も繰り返して見せられている内に、やがれイメージはどんどんと膨らみ… 気が付くと、あなたはいつの間にかダイエット器具を買わされていた、なんて事はよくある話です。 こうしたダイエット器具の場合、その実際の効果については十分な吟味もせず、 ただ、宣伝のイメージ効果で衝動的に買ってしまう人も少なくはありません。 つまり 宣伝のイメージ効果というのは、ある意味で人間の冷静な判断を鈍らせてしまう訳です。 そこで、ダイエット器具の効果を冷静に見極めるには、脂肪燃焼の仕組みについて理解しておく必要がありますから、 まず初めに、そこの部分について簡単に解説しておきましょう。 お腹回りの脂肪が燃焼する仕組み お腹回りの手強い脂肪は、すぐにエネルギーに変わる訳ではありません。 まずは、運動を行って体温を上昇させる必要があります。 そして、体温が0,5~1度上昇すると、脂肪分解酵素の リパ-ゼが活性化します。 リパ-ゼによって分解された体脂肪は 脂肪酸となって血中に溶け出し、 必要に応じて燃焼し、そしてエネルギーに変わります。 これが、手強いお腹回りの脂肪が燃焼するまでの流れです。 つまり 脂肪燃焼の鍵は、体温上昇、リパーゼ、運動の3つという事になります。 ダイエット器具を選ぶ上で重要なポイントは、まずココを頭に入れておく事です。 (2)電気ブルブル系のダイエット器具で、お腹回りが痩せる効果はある? 電気の刺激で筋肉が収縮運動 お腹回りのダイエット器具でお馴染みなのが、電気刺激のブルブルマシーンです。 いわゆる、 お腹に巻いてブルブルする器具と言えばピンとくると思います。 こうしたダイエット器具は電気的筋肉刺激という意味合いで、俗に EMSと呼ばれています。 タイプとしては、お腹回りに巻き付けるベルト式と、パッドを貼り付ける方式の2つがあります。 本来、私たちが運動を行う場合は脳からの命令が電気信号として神経に伝わり、それを受けて筋肉が収縮を起こします。 ところが、EMSは電気の刺激を直接的に筋肉へ伝えますから、脳には関係なく筋肉が勝手に収縮運動を起こす訳です。 そうした理由で、EMSを装着するだけで運動と同じようなダイエット効果が得られるというのです。 EMSのダイエット効果は? では、電気の刺激でお腹回りの皮下脂肪は燃焼するでしょうか? 既に解説した通り、脂肪が燃えるには運動による体温上昇に伴って、 脂肪分解酵素のリパーゼが活性化しなければなりません。 しかしながら、お腹にブルブルベルトを巻いても体温が上昇する訳ではありません。 また、お腹回りをブルブルさせただけでは、そもそも脂肪を燃やすためのカロリー消費が起こりません。 ですからEMSを使用しても、脂肪を燃やして痩せる効果は期待できないという事になります。 EMSの筋トレ効果は? では、お腹回りの筋トレ効果についてはどうか? お腹回りの筋肉は、腹筋運動などの強い負荷の刺激に反応して大きく成長します。 しかし、ブルブルマシンは筋肉に強い負荷を加える訳ではありません。 ただ、電気の刺激によって筋肉がピクピクと痙攣したように動くのです。 つまり、電気による刺激と筋トレによる刺激は、同じ筋肉への刺激でも全く別物という事になります。 電気刺激はリハビリに効果的 ちなみに、こうしたEMSの器具というのは、元々は 医療用としてリハビリ目的で使われていたのです。 例えば、事故や病気で寝たきりになると、やがて使われない筋肉が退化して細くなります。 そうした場合に、EMSで電気の刺激を与えて筋肉の萎縮を防ぐのです。 ですから、電気刺激系の器具はダイエットや筋トレではなく、 リハビリ目的で使用するのであれば有効という事になるでしょう。 ただし、安価なものほど電気刺激が筋肉まで届きにくいので、その効果は器具の性能によっても大きく異なります。 口コミ評価は? ブルブルマシンの口コミ評価は全体的に高めです。 その理由は、電気の刺激がお腹回りに伝わり腹筋に効いている感じがするからです。 また、実際に腹筋が筋肉痛になる場合も多く、これも筋トレ効果のイメージを高めています。 ただ、具体的に身体が変化したという内容はほとんど見られないので、 あくまでも、効果への期待感が評価を押し上げているようです。 使い方としては、部分的に身体を器具に乗せて振動させるパターン、 あるいは振動する器具の上に乗って全身を振動させるパターンがあります。 こうしたダイエット器具で、 お腹回りの筋肉や脂肪に振動を伝える事で、 果たしてダイエット効果は得られるでしょうか? 脂肪燃焼の仕組みを理解していれば既にお分かりだと思いますが、 身体が振動しただけで脂肪が燃える訳ではありません。 つまり、脂肪を減らすダイエットの効果が期待できないのは電気刺激系の器具と同様です。 振動でインナーマッスルを強化 では、筋肉への効果はどうか? まず、筋肉へ直接的に振動を伝えても負荷が加わる訳ではありません。 ですから効果としては、筋肉を解すといったところでしょう。 ただ、激しく振動する器具の上に乗って体勢を維持する場合は、 バランスを保つためにインナーマッスルが強化されるかもしれません。 また、 筋肉の振動に伴うリンパの流れの促進効果はあると思います。 口コミ評価は? 振動系のダイエット器具については、実際に使った人の口コミ評価は高いようです。 ただ、電気ブルブル系のダイエット器具と同様に、具体的に身体が変化したという内容は特に見られません。 実際に使ってみると、振動の刺激が身体に心地良いらしく、 それがダイエットや筋トレ効果のイメージを高めているようです。 また、使用後に身体が温かくなったという感想が割に多く見られますから、代謝を高める効果があるのかもしれません。 (4)マッサージ系のダイエット器具で、お腹回りが痩せる効果はある? マッサージで脂肪は燃焼しない 次はマッサージ系のダイエット器具です。 タイプとしては回転式のローラーや、コロコロが付いた器具をお腹回りなどに当てて動かすといった感じです。 こうした器具を使うと、揉み解し、揉み流しといったマッサージ効果が得られます。 もちろん、 マッサージで脂肪は燃焼しませんからダイエット効果は期待できません。 マッサージ効果で、むくみを解消 ただし、 マッサージの効果で血液やリンパの流れが良くなると、むくみの解消には効果的です。 例えば脂肪が増えた訳ではないのに、なぜかお腹回りのブヨブヨが気になる時は、 むくみが原因になっている場合がよくあります。 ですから、マッサージ系の器具でむくみを解消すれば、お腹回りなどを一時的に細くする事は可能です。 ちなみに、エステでマッサージを受けると一時的にウエストが細くなるのも、むくみ解消の効果によるものです。 口コミ評価は? 口コミについては、使って気持ちが良い、疲れが取れるといった内容が多く、全体的な評価は高めです。 また、自分の手を使ってマッサージを行うと指先が疲れますが、 こうした器具を使うと、簡単にマッサージ効果が得られるというメリットがあります。 ダイエットではなく、むくみや筋肉疲労の解消が目的であれば、値段も手頃でおすすめだと言えるでしょう。 (5)運動系の器具はダイエットの王道 運動器具はダイエットに最適 今度は、運動系のダイエット器具について考えてみましょう。 運動器具は上手く使うとダイエット効果がありますから、お腹回りの余分な贅肉を落とすには最適です。 大きく分けると、有酸素運動用の器具と筋トレ用の器具の2種類があります。 有酸素運動用のダイエット器具というと、エアロバイクやルームランナーが良く知られています。 また、フラフープ、トランポリン、エア縄跳びなどを使えば、遊び感覚で有酸素運動を行う事ができます。 一方の筋トレダイエット用の器具といえば、ダンベル、トレーニングチューブ、ぶら下がり健康器、などがあります。 お腹回りの脂肪を落とすなら、身体を動かす事が大前提ですから、 こうした 運動系の器具は、やはりダイエット器具の王道と言えるでしょう。 運動器具は目的に応じて使い分けが必要 なお、有酸素運動は直接的に脂肪を燃やしてお腹回りの脂肪を落とす運動です。 一方の筋トレは、筋肉を増やす事でお腹回りの脂肪を減らすダイエット効果を高めます。 なぜなら、筋肉が増えると 基礎代謝が上がるので、結果的には消費カロリーが増加するからです。 そして、運動器具を使ってダイエットを行う場合には、いずれの運動を行うのか目的を明確にする事が大切です。 なぜなら、有酸素運動と筋トレでは運動のやり方が全く違うからです。 ですから、運動器具を使ってただ闇雲に身体を動かしているだけでは、 ダイエットの効果は上手く得られないという事になります。 ダンベル ダイエットの基本は、まず筋トレで筋肉をつけて脂肪燃焼体質になる事です。 そこで、ダンベルがあれば自宅の小さなスペースで本格的な筋トレが行えます。 なお、筋トレ用のベンチがあれば、運動種目を大幅に増やす事が可能です。 ダンベルを使った筋トレダイエットについて詳しくはコチラ。 こちらの器具はぶら下がりだけではなく、腕、胸、背中、腹筋などの上半身の筋肉を強化するのに最適です。 そして、自宅の小さなスペースに置けるのが大きなメリットです。 ルームランナー ルームランナーは、手軽に有酸素運動ができるダイエット器具の定番です。 その最大の利点は、屋外でのウォーキングやジョギングとは違って、 天候や時間の制限を受けずに何時でも室内で行えるところです。 ダイエット効果を高める有酸素運動の方法についてはコチラ。 その大きなメリットは、膝への負担が少ないという点です。 ダイエット効果を高めるエアロバイクの使い方についてはコチラ。 すると美肌や免疫力アップの効果、あるいはストレス解消の効果も期待できる訳です。 そして、ジャンプの方法を工夫すれば、運動種目をいくらでも増やす事が可能です。 バランスボール 不安定なバランスボールの上で自由に身体を動かすと、インナーマッスルを刺激しながらダイエット効果が得られます。 ですから、遊び感覚で運動を行うには最適な運動器具と言えるでしょう。 バランスボールの使い方について詳しくはコチラ。 バランスボールと同様に、遊び感覚で運動を行うにはおすすめです。 以上のような、筋トレ系の器具と有酸素運動系の器具を併用すれば、ダイエットの効果もグンと高まります。 (7)皮下脂肪を部分的に落とす効果が期待できる器具は? では最後に、部分的に皮下脂肪を減らす効果が期待できるダイエット器具をご紹介しておきましょう。 痩身エステで人気のキャビテーション 今、痩身エステなどでは メスを使わない最先端の脂肪除去が行われています。 それは キャビテーションと呼ばれる施術方法です。 簡単に言うと、超音波で脂肪を溶かしてマッサージでリンパへと押し流す方法です。 相場としては1回の施術が1~2万円で、一部位当たり5~6回の施術が必要だと言われています。 実は、この キャビテーションが自宅で手軽に行えるのをご存じでしょうか? 自宅で格安にキャビテーション そのダイエット器具が、 家庭用キャビテーションマシンです。 こうした器具は使用者の満足度が高く、実際に効果が現れたという口コミも少なくはありません。 やはり、エステで人気のキャビテーションは、その効果においても定評があるようです。 例えば、 は 楽天で堂々の1位を獲得している人気商品の一つでもあります。 美ルルキャビなら、自宅で繰り返してキャビテーションが行えますから、 面倒なエステ通いの必要はありませんし、何よりも費用が安く抑えられます。 美ルルキャビについて詳しくはコチラ。 口コミなどを参考に、その本当の効果を系統別にまとめると以下の通りです。 いかがでしょうか。 皮下脂肪は「~するだけで」簡単に落ちる訳ではありません。 ご購入の際は、器具それぞれの効果を見極めた上で、目的に応じた最良の製品をお選びになってください。

次の

【2020年最新版!】振動マシンの人気おすすめランキング10選

お腹 ブルブル マシン

その効果は器具の種類によって異なりますが、実際にお腹回りの脂肪を落として痩せる効果があるのは何か? そこは、特に気になるところだと思います。 中には、そもそもダイエット効果があるのか疑わしい器具もあるようです。 そこで今回は、本当に痩せる効果が期待できるダイエット器具について解説したいと思います。 【目次】 (1)ダイエット器具の選び方!その秘訣は脂肪燃焼の仕組みを知る事• CMのイメージ効果• お腹回りの脂肪が燃焼する仕組み (2)電気ブルブル系のダイエット器具で、お腹回りが痩せる効果はある?• 電気の刺激で筋肉が収縮運動• EMSのダイエット効果は?• EMSの筋トレ効果は?• 電気刺激はリハビリに効果的• 口コミ評価は? (3)振動系のダイエット器具で、お腹回りが痩せる効果はある?• 振動しても脂肪は燃えない• 振動でインナーマッスルを強化• 口コミ評価は? (4)マッサージ系のダイエット器具で、お腹回りが痩せる効果はある?• マッサージで脂肪は燃焼しない• マッサージ効果で、むくみを解消• 口コミ評価は? (5)運動系の器具はダイエットの王道• 運動器具はダイエットに最適• 運動器具は目的に応じて使い分けが必要 (6)おすすめのダイエット器具7選• ダンベル• ぶら下がり健康器• ルームランナー• エアロバイク• トランポリン• バランスボール• フラフープ (7)皮下脂肪を部分的に落とす効果が期待できる器具は?• 痩身エステで人気のキャビテーション• 自宅で格安にキャビテーション まとめ (1)ダイエット器具の選び方!その秘訣は脂肪燃焼の仕組みを知る事 CMのイメージ効果 ダイエット器具の宣伝が流れると、思わずテレビの画面に釘付けになってしまう人は多いのではないでしょうか。 宣伝用に起用されたスリムなモデルさんを見ていると、多くの人はきっとこう思うでしょう。 「あのダイエット器具を使うと、自分もモデルと同じようにお腹回りが痩せる!」 人はこうして宣伝の イメージ効果にはまってしまうのです。 そして、同じ宣伝を何度も繰り返して見せられている内に、やがれイメージはどんどんと膨らみ… 気が付くと、あなたはいつの間にかダイエット器具を買わされていた、なんて事はよくある話です。 こうしたダイエット器具の場合、その実際の効果については十分な吟味もせず、 ただ、宣伝のイメージ効果で衝動的に買ってしまう人も少なくはありません。 つまり 宣伝のイメージ効果というのは、ある意味で人間の冷静な判断を鈍らせてしまう訳です。 そこで、ダイエット器具の効果を冷静に見極めるには、脂肪燃焼の仕組みについて理解しておく必要がありますから、 まず初めに、そこの部分について簡単に解説しておきましょう。 お腹回りの脂肪が燃焼する仕組み お腹回りの手強い脂肪は、すぐにエネルギーに変わる訳ではありません。 まずは、運動を行って体温を上昇させる必要があります。 そして、体温が0,5~1度上昇すると、脂肪分解酵素の リパ-ゼが活性化します。 リパ-ゼによって分解された体脂肪は 脂肪酸となって血中に溶け出し、 必要に応じて燃焼し、そしてエネルギーに変わります。 これが、手強いお腹回りの脂肪が燃焼するまでの流れです。 つまり 脂肪燃焼の鍵は、体温上昇、リパーゼ、運動の3つという事になります。 ダイエット器具を選ぶ上で重要なポイントは、まずココを頭に入れておく事です。 (2)電気ブルブル系のダイエット器具で、お腹回りが痩せる効果はある? 電気の刺激で筋肉が収縮運動 お腹回りのダイエット器具でお馴染みなのが、電気刺激のブルブルマシーンです。 いわゆる、 お腹に巻いてブルブルする器具と言えばピンとくると思います。 こうしたダイエット器具は電気的筋肉刺激という意味合いで、俗に EMSと呼ばれています。 タイプとしては、お腹回りに巻き付けるベルト式と、パッドを貼り付ける方式の2つがあります。 本来、私たちが運動を行う場合は脳からの命令が電気信号として神経に伝わり、それを受けて筋肉が収縮を起こします。 ところが、EMSは電気の刺激を直接的に筋肉へ伝えますから、脳には関係なく筋肉が勝手に収縮運動を起こす訳です。 そうした理由で、EMSを装着するだけで運動と同じようなダイエット効果が得られるというのです。 EMSのダイエット効果は? では、電気の刺激でお腹回りの皮下脂肪は燃焼するでしょうか? 既に解説した通り、脂肪が燃えるには運動による体温上昇に伴って、 脂肪分解酵素のリパーゼが活性化しなければなりません。 しかしながら、お腹にブルブルベルトを巻いても体温が上昇する訳ではありません。 また、お腹回りをブルブルさせただけでは、そもそも脂肪を燃やすためのカロリー消費が起こりません。 ですからEMSを使用しても、脂肪を燃やして痩せる効果は期待できないという事になります。 EMSの筋トレ効果は? では、お腹回りの筋トレ効果についてはどうか? お腹回りの筋肉は、腹筋運動などの強い負荷の刺激に反応して大きく成長します。 しかし、ブルブルマシンは筋肉に強い負荷を加える訳ではありません。 ただ、電気の刺激によって筋肉がピクピクと痙攣したように動くのです。 つまり、電気による刺激と筋トレによる刺激は、同じ筋肉への刺激でも全く別物という事になります。 電気刺激はリハビリに効果的 ちなみに、こうしたEMSの器具というのは、元々は 医療用としてリハビリ目的で使われていたのです。 例えば、事故や病気で寝たきりになると、やがて使われない筋肉が退化して細くなります。 そうした場合に、EMSで電気の刺激を与えて筋肉の萎縮を防ぐのです。 ですから、電気刺激系の器具はダイエットや筋トレではなく、 リハビリ目的で使用するのであれば有効という事になるでしょう。 ただし、安価なものほど電気刺激が筋肉まで届きにくいので、その効果は器具の性能によっても大きく異なります。 口コミ評価は? ブルブルマシンの口コミ評価は全体的に高めです。 その理由は、電気の刺激がお腹回りに伝わり腹筋に効いている感じがするからです。 また、実際に腹筋が筋肉痛になる場合も多く、これも筋トレ効果のイメージを高めています。 ただ、具体的に身体が変化したという内容はほとんど見られないので、 あくまでも、効果への期待感が評価を押し上げているようです。 使い方としては、部分的に身体を器具に乗せて振動させるパターン、 あるいは振動する器具の上に乗って全身を振動させるパターンがあります。 こうしたダイエット器具で、 お腹回りの筋肉や脂肪に振動を伝える事で、 果たしてダイエット効果は得られるでしょうか? 脂肪燃焼の仕組みを理解していれば既にお分かりだと思いますが、 身体が振動しただけで脂肪が燃える訳ではありません。 つまり、脂肪を減らすダイエットの効果が期待できないのは電気刺激系の器具と同様です。 振動でインナーマッスルを強化 では、筋肉への効果はどうか? まず、筋肉へ直接的に振動を伝えても負荷が加わる訳ではありません。 ですから効果としては、筋肉を解すといったところでしょう。 ただ、激しく振動する器具の上に乗って体勢を維持する場合は、 バランスを保つためにインナーマッスルが強化されるかもしれません。 また、 筋肉の振動に伴うリンパの流れの促進効果はあると思います。 口コミ評価は? 振動系のダイエット器具については、実際に使った人の口コミ評価は高いようです。 ただ、電気ブルブル系のダイエット器具と同様に、具体的に身体が変化したという内容は特に見られません。 実際に使ってみると、振動の刺激が身体に心地良いらしく、 それがダイエットや筋トレ効果のイメージを高めているようです。 また、使用後に身体が温かくなったという感想が割に多く見られますから、代謝を高める効果があるのかもしれません。 (4)マッサージ系のダイエット器具で、お腹回りが痩せる効果はある? マッサージで脂肪は燃焼しない 次はマッサージ系のダイエット器具です。 タイプとしては回転式のローラーや、コロコロが付いた器具をお腹回りなどに当てて動かすといった感じです。 こうした器具を使うと、揉み解し、揉み流しといったマッサージ効果が得られます。 もちろん、 マッサージで脂肪は燃焼しませんからダイエット効果は期待できません。 マッサージ効果で、むくみを解消 ただし、 マッサージの効果で血液やリンパの流れが良くなると、むくみの解消には効果的です。 例えば脂肪が増えた訳ではないのに、なぜかお腹回りのブヨブヨが気になる時は、 むくみが原因になっている場合がよくあります。 ですから、マッサージ系の器具でむくみを解消すれば、お腹回りなどを一時的に細くする事は可能です。 ちなみに、エステでマッサージを受けると一時的にウエストが細くなるのも、むくみ解消の効果によるものです。 口コミ評価は? 口コミについては、使って気持ちが良い、疲れが取れるといった内容が多く、全体的な評価は高めです。 また、自分の手を使ってマッサージを行うと指先が疲れますが、 こうした器具を使うと、簡単にマッサージ効果が得られるというメリットがあります。 ダイエットではなく、むくみや筋肉疲労の解消が目的であれば、値段も手頃でおすすめだと言えるでしょう。 (5)運動系の器具はダイエットの王道 運動器具はダイエットに最適 今度は、運動系のダイエット器具について考えてみましょう。 運動器具は上手く使うとダイエット効果がありますから、お腹回りの余分な贅肉を落とすには最適です。 大きく分けると、有酸素運動用の器具と筋トレ用の器具の2種類があります。 有酸素運動用のダイエット器具というと、エアロバイクやルームランナーが良く知られています。 また、フラフープ、トランポリン、エア縄跳びなどを使えば、遊び感覚で有酸素運動を行う事ができます。 一方の筋トレダイエット用の器具といえば、ダンベル、トレーニングチューブ、ぶら下がり健康器、などがあります。 お腹回りの脂肪を落とすなら、身体を動かす事が大前提ですから、 こうした 運動系の器具は、やはりダイエット器具の王道と言えるでしょう。 運動器具は目的に応じて使い分けが必要 なお、有酸素運動は直接的に脂肪を燃やしてお腹回りの脂肪を落とす運動です。 一方の筋トレは、筋肉を増やす事でお腹回りの脂肪を減らすダイエット効果を高めます。 なぜなら、筋肉が増えると 基礎代謝が上がるので、結果的には消費カロリーが増加するからです。 そして、運動器具を使ってダイエットを行う場合には、いずれの運動を行うのか目的を明確にする事が大切です。 なぜなら、有酸素運動と筋トレでは運動のやり方が全く違うからです。 ですから、運動器具を使ってただ闇雲に身体を動かしているだけでは、 ダイエットの効果は上手く得られないという事になります。 ダンベル ダイエットの基本は、まず筋トレで筋肉をつけて脂肪燃焼体質になる事です。 そこで、ダンベルがあれば自宅の小さなスペースで本格的な筋トレが行えます。 なお、筋トレ用のベンチがあれば、運動種目を大幅に増やす事が可能です。 ダンベルを使った筋トレダイエットについて詳しくはコチラ。 こちらの器具はぶら下がりだけではなく、腕、胸、背中、腹筋などの上半身の筋肉を強化するのに最適です。 そして、自宅の小さなスペースに置けるのが大きなメリットです。 ルームランナー ルームランナーは、手軽に有酸素運動ができるダイエット器具の定番です。 その最大の利点は、屋外でのウォーキングやジョギングとは違って、 天候や時間の制限を受けずに何時でも室内で行えるところです。 ダイエット効果を高める有酸素運動の方法についてはコチラ。 その大きなメリットは、膝への負担が少ないという点です。 ダイエット効果を高めるエアロバイクの使い方についてはコチラ。 すると美肌や免疫力アップの効果、あるいはストレス解消の効果も期待できる訳です。 そして、ジャンプの方法を工夫すれば、運動種目をいくらでも増やす事が可能です。 バランスボール 不安定なバランスボールの上で自由に身体を動かすと、インナーマッスルを刺激しながらダイエット効果が得られます。 ですから、遊び感覚で運動を行うには最適な運動器具と言えるでしょう。 バランスボールの使い方について詳しくはコチラ。 バランスボールと同様に、遊び感覚で運動を行うにはおすすめです。 以上のような、筋トレ系の器具と有酸素運動系の器具を併用すれば、ダイエットの効果もグンと高まります。 (7)皮下脂肪を部分的に落とす効果が期待できる器具は? では最後に、部分的に皮下脂肪を減らす効果が期待できるダイエット器具をご紹介しておきましょう。 痩身エステで人気のキャビテーション 今、痩身エステなどでは メスを使わない最先端の脂肪除去が行われています。 それは キャビテーションと呼ばれる施術方法です。 簡単に言うと、超音波で脂肪を溶かしてマッサージでリンパへと押し流す方法です。 相場としては1回の施術が1~2万円で、一部位当たり5~6回の施術が必要だと言われています。 実は、この キャビテーションが自宅で手軽に行えるのをご存じでしょうか? 自宅で格安にキャビテーション そのダイエット器具が、 家庭用キャビテーションマシンです。 こうした器具は使用者の満足度が高く、実際に効果が現れたという口コミも少なくはありません。 やはり、エステで人気のキャビテーションは、その効果においても定評があるようです。 例えば、 は 楽天で堂々の1位を獲得している人気商品の一つでもあります。 美ルルキャビなら、自宅で繰り返してキャビテーションが行えますから、 面倒なエステ通いの必要はありませんし、何よりも費用が安く抑えられます。 美ルルキャビについて詳しくはコチラ。 口コミなどを参考に、その本当の効果を系統別にまとめると以下の通りです。 いかがでしょうか。 皮下脂肪は「~するだけで」簡単に落ちる訳ではありません。 ご購入の際は、器具それぞれの効果を見極めた上で、目的に応じた最良の製品をお選びになってください。

次の