五月雨 を あつめ て 早 し 最 上川。 五月雨(サミダレ)とは

五月雨を

五月雨 を あつめ て 早 し 最 上川

梅雨の雨が、最上川にあつまって、猛烈な勢いで流れている という意味です。 さて、コレだけ聞くと「雨で増水した川の様子ね~」と、ずいぶんサラッと読み流してしまいそうですね。 ですが〜この句のポイントは、 作者の松尾芭蕉自身が、実際に雨で増水した急流を川下りした! という 自らの強烈な経験が元ネタになっている、というトコロにあります。 梅雨の豪雨で増水した川なんて、近寄ってはイケナイと、小学生でもわかるもの。 それを松尾芭蕉ともあろう人が、なぜそんな無茶なことをしたのか… この理由は良く分かっていないのですが、実際にカナリ命懸けだったようです。 そんな、おそらく死を覚悟するような経験の中でも 「五月雨をあつめて…」と俳句のインスピレーションが沸くのが、さすが俳聖! 季語は「五月雨」、ココがポイント! 五月雨をあつめて早し最上川。 この句の季語は 「五月雨」です。 「五月」という表記からも、これはかなり判別しやすい季語ですね。 た だ し、 コレ、問題なのは「5月といえば春でしょ」と、 春の季語と間違われやすい! 先述のとおり、五月雨とは「梅雨の雨」の意味。 そう、この五月とは旧暦でのことであり、現代でいう 6月にあたるんです。 ですから、 これは夏の季語というワケ! ココを間違えると、意味の分からない解釈をしてしまうので要注意! 「暑い7月に、梅雨を集めたような、最上川からくる風がとても涼しい」 といった意味。 この経験を経て、おそらくですが、 「風が涼しい~なんて、そんな悠長な川ではない! なんという流れの早さだッ!」 というような、感情の変化があったのでしょうね。 その後、「五月雨をあつめて早し最上川…」と、句の内容を変更したようです(笑) いちど詠んだ句を変えるって、そんなのアリ?と思いたくなりますが、これはよくある事みたいです。 俳句というと本番一発などの即興で出来るイメージが強めですが、実際には小説や芸術作品と同じでかなり推敲し、変更することも多かったようですよ。 速し?早し?どっちが正解!? 「川の流れがはやい」という表現は、 「早い」じゃなくて「速い」では?と思った方がいるかもしれません。 「さみだれや大河を前に家二軒」 「五月雨が降り続いて勢いを増した川が流れている。 そのほとりに家が二軒、ぽつりと建っているなぁ」という意味の句です。 この二つの句には、 芭蕉と蕪村の資質の違いがとっても出ています。 芭蕉は舟に乗って激流に乗り出し、川と一体になっています。 その結果、句には自らの経験による 躍動感があふれているワケです。 一方、蕪村は川の岸辺から、川と二軒の家を眺めています。 梅雨の大河を詠んでいますが、それはあくまで、 静かな一枚の絵のようです。 芭蕉の句と蕪村の句、それぞれ、「動」と「静」と言ってもいいかもしれませんね。 蕪村は芭蕉の句をハッキリと意識して、この句を詠んでいるようです。 「芭蕉はと詠んでいるが、 私は、五月雨の大河といったらこの句だ!」 という感じでしょうか。 蕪村の本業は画家ですので、やはりそういう資質があふれた句になった、という見方もできるかも。 まとめ• 五月雨は【梅雨時の降り続ける雨】。 最上川は【山形県にある急流で知られる川】のこと• 季語は「五月雨」。 夏の季語であり、現代でいう6月にあたる• 「五月雨を集めてきたように流れが早いなぁ、最上川は」という意味の句である• もともとは「五月雨をあつめて涼し最上川」という句であったが、のちに「早し」に変更された• 「五月雨や大河を前に家二軒」という蕪村の句は、この俳句を意識して詠まれた 「梅雨で増水した川を下る」なんて、現実問題としては現代ではまず無理で、 経験したことがある人は少ないと思いますが、 それでも、とても印象深く、芭蕉が見たであろう景色や記憶をありありとイメージさせるこの俳句。 長雨の時期には、たまにはこんな日本の歴史と文化を紐解いてみるのも、粋な過ごし方ではないでしょうか。 注目の関連記事はこちらです。 ブクマ登録で最新記事やTOPでピックアップ記事がすぐにチェックできるので気軽にご利用くださいませー.

次の

五月雨をあつめて早し最上川

五月雨 を あつめ て 早 し 最 上川

みなさん、こんにちは! 就労準備型 放課後等デイサービス Rickeyアカデミーあすと長町の黒澤です。 五月雨を あつめて早し 最上川 梅雨の時期、最上川に水が集まり 勢いを増している力強さを詠んだ、 松尾芭蕉さんの有名な一句です。 視点を変えれば「ジメジメして嫌な時期」が 「風情のある季節」に大変身。 昨日学んだ リフレーミングですね。 しとしと雨模様…かと思えば 午後にはきれいな夕焼け空。 不思議な天気で締めくくる1週間。 そんな本日のプログラムは、 感覚トレーニングと 仕事の体験です。 感覚トレーニング 【新聞棒トレーニング】 今日の課題は バランスと 瞬間移動!! まずは手のひらに乗せてバランスをとります。 ぶつからないように気を付けながら、 グラグラ頑張りました。 続いては、みんなで瞬間移動です。 みんなで円をつくったら、 新聞で作られた棒を床に立てます。 ゲーム、洋服、車、グラフィック、… デザイナーのお仕事はいろいろありますが、 今日はみなさんに、 文房具デザイナーに なっていただきました。 陽は出ていないし…と油断すると、 体調を崩してしまうかもしれません。 Rickeyアカデミーあすと長町では、 アカデミー生のみなさんに 飲み物を持ってきていただくよう お願いをしています。 体調に気を付けながら、 来週も笑顔で前進していきましょう😊 文責: 就労準備型 放課後等デイサービス Rickeyアカデミーあすと長町 黒澤 里穂子 電話 022-796-9623 メール.

次の

松尾芭蕉 辞世の句

五月雨 を あつめ て 早 し 最 上川

列車の旅、芭蕉ライン下りをしたかったのですが陸羽西線は本数が少ないのでスケジュールに悪戦苦闘、NETで調べていると新庄駅を利用できる季節定期観光バス「芭蕉号」を発見!これなら行程に余裕が。 早速電話で申し込み。 これがまた、大変楽しい運転手さん。 ユーモアたっぷりに自ら(ガイドさんはなくワンマン)道中の案内をしてくれます。 新庄ふるさと歴史センターに立ち寄り見学後、ほどなく乗船場に到着。 お弁当を受け取っていざ乗船。 船の中は囲いがあって暖かいのですが、屋根面はアクリル板のようなので少し景観は阻害されます(窓はあけることができる)。 また、船内は中央に向かいあって座るのですが、景色を見るには(写真を撮るのも)背面に向き直って窓から見なければ囲いやアクリル板越しではきれいに見えませんし、撮影も困難です。 お勧めは進行方向(下り)右手の席のほうが見どころや撮影ポイントも多いと思います。 下船場のリバーポートからまた、バスで新庄駅まで送ってくれます。 楽しい運転手さんの話を聴きながら。 最上川の川下りは古口駅からの会社と、高屋駅からの会社との2種類ありました。 古口駅の方は最上川を下り、草薙港まで。 そこから路線バスで高屋駅か、古口駅か、船番所に戻るという形、 高屋駅の方は周遊となっているので乗船した所に戻ってくるようです。 私が行った日は大雨。 川下りをしたかったので、古口駅の方の会社へ電話で確認し、問題ないとの事で古口へ。 しかし行ってみたら大雨の為周遊との事。 景色が良いのは下流の方の様なので、周遊なのであれば、高屋駅の方からの周遊の方が良かったかと。。。 そのあたりは残念でしたが、船頭さんのお話、舟歌など、楽しめました。 雨の為景色は、晴れていたら良かったんだろうなぁ!!! という感じでした。 window. store "ads. japan. japan. japan. japan. japan. japan. japan. japan. japan. store "ads. store "ads. store "ads. japan. japan. japan. japan. japan. japan. japan.

次の