脱毛 注意点 ミュゼ。 【必読】ミュゼ(ミュゼプラチナム)で光脱毛をする際の注意事項!

【禁止】脱毛前・当日・脱毛後に注意することは?全身脱毛の際に禁止されていること

脱毛 注意点 ミュゼ

親権者同意書• 身分証明書 未成年で必ず必要になるのが、保護者の「同意書」です。 同意書については後で詳しく説明しますね。 それから身分証明書も必要ですが、学生さんなら車の免許証は持っていないかもしれませんから、 健康保険証や学生証を持参しましょう。 契約をするには印鑑も必要です。 何歳から契約できる? 公式サイトで「何歳から」と明言はしていません。 ただし 『生理が順調にきていることが条件』となっています。 なんと16歳未満の人は、キャンペーンで安くなる両ワキ美容脱毛完了コースが選べないんです!!若くてお金がないからこそ、安いキャンペーンで脱毛したいのに・・ そうは言っても仕方ないので、 ミュゼで脱毛するなら16歳になってからの方がいいですよ! ちなみに脱毛サロンの「キレイモ」なら、16歳未満でもでお得に脱毛できます。 未成年でも保護者の同意さえあればOKなので、「16歳になるまで待てない!」という方はキレイモをチェックしてみてくださいね。 親権者同意書とは? 親権者とは、保護者「お父さん・お母さん」が一般的ですが、他にも祖父母であったり後見人がつとめる場合もあります。 脱毛はお金もかかる契約であり、肌に触れて施術を行うので、 未成年は必ず「親(あるいは親の代理となる人)」の同意が必要です。 同意書は、親が「うちの子がと理解してます、同意してます」と記入する書類です。 これがないと、未成年は脱毛の施術が受けられません。 親権者同意書はミュゼの公式ページからダウンロードできます。 同意書のダウンロード ダウンロードは次の4ステップ。 その中の「親権者同意書」をタップ。 プリントアウトして、親に記入してもらいましょう。 たま~にですが「ええい、自分で書いちゃえ」とか友だちに書いてもらえばいいか、という人もいるんですがダメですよ! 万が一、肌にトラブルがあったり支払いで問題が起きた時に大変です。 書く欄が多いわけでもないですし、保護者の方にきちんと話して記入してもらって下さいね。 同意書はここからもダウンロードできます 同意書のプリントアウトができない!? ダウンロードしたものの、プリンターがなくてプリントできない時は 近くのコンビニでプリントアウトしましょう。 PDFにして、USBメモリにデータを入れていくか、ネットプリントアプリを利用すれば、簡単にプリントアウトできます。 コンビニにもよりますが、1枚10円程度です。 下記はほんの一例です、ファミリーマートやサークルKなど、ほとんどのコンビニでプリントできます。 コンビニも近くにない!面倒くさい!という人は・・・同じような様式で親に手書きしてもらっても大丈夫です。 でもプリントアウトした方が記入もラクですね。 同意書の書き方(手書き) 同意書の書き方ですが、下に記入例を載せてあるので参考にして下さい。 その下の「特記事項」はチェックを入れなくても大丈夫です。 特記事項は空欄でも問題ありません。 ハンコを押してもらうの(捺印)を忘れないようにして下さいね。 「同意書」を母親に書いてもらえない場合 様々な事情があってお母さんに書いてもらえない時には、成人しているお姉さんでも大丈夫です。 父親でもいいのですが、ミュゼは女性専用のサロンですからお父さんはサロンの中に入れません。 この場合、お父さんに記入・捺印してもらい、当日はひとりでサロンに行きます。 契約時に父親へ電話連絡がいきます。 親の同伴は必要? 結論から言えば、 ミュゼは親の同伴がなくても契約できます。 同意書を持参すれば大丈夫ですが、カウンセリングを受けるだけでなく契約をする時には親へ確認の電話がいきます。 事前に「今日、ミュゼに行ってくるから連絡くると思うよ」と話しておくと安心です。 親の同伴なしで契約するときの注意点 ひとりでミュゼで契約する時の注意点 もし18歳未満の未成年なら 18歳未満の未成年でも、親の同伴なしでカウンセリングは受けられますし、同意書があれば契約もできます。 とはいえ16歳以下でしたら、やはり保護者と一緒にミュゼに行くようにしたいですね。 中学や高校の友だち同士で「ミュゼ行ってみる?」なんて誘い合うこともあるかもしれません。 でも契約はお金がからみますし、脱毛に関する様々な説明を受けます。 そもそも体に関することですから、 まずご両親に相談するようにしましょう。 もしかしたら、ムダ毛で悩んでいるのはお母さんも同じかも!「だったら一緒に脱毛受けようかしら」となれば、支払いもお願いできちゃうし、ちょっと高いプランだってOKしてくれるかもしれませんよ~。 とにかくきちんと相談するのが大切です。

次の

お手入れできない条件・注意事項について(Q&A)

脱毛 注意点 ミュゼ

【未成年の場合】 未成年の場合、契約するには親権者の同意書が必要になります。 なので、親権者と一緒に行って契約する、または、 同意書を持ち帰り、親権者が署名・捺印したものを後日持参し、契約するという流れになります。 初回のカウンセリングの日は、脱毛の施術はしないわけなので、 どんな服装で行っても自由ですし、生理中でも問題ありませんし、 当日に痛み止めなどの薬を服用していても問題ありません。 (さすがに、泥酔状態とかは問題あるでしょうけれど。 ) 脱毛に関する注意事項については、カウンセリングの時にミュゼのスタッフさんに聞きましょう。 ネットで調べるよりも、ミュゼのスタッフさんに聞く方がよっぽど確かですから。 なお、 カウンセリングの予約後に都合が悪くなった場合には、 電話などで、 カウンセリングの日時を変更する事も可能です。 その他、ミュゼの初回カウンセリングで聞いておいた方が良いことについてです。 脱毛の施術の前日・当日のムダ毛の自己処理の方法について お手入れ(脱毛の施術のこと)の前日・当日の自己処理をきちんとしていないと、 最悪の場合、お手入れを断られることがあります。 なので、自己処理をどこまですれば良いのか?などをきちんと聞いておきましょう。 お手入れ当日の薬の服用について お手入れ当日に薬を服用している場合、お手入れを断られることがあります。 薬の種類などによっては、お手入れできることもありますので、 常用している薬がある場合などには、聞いておいた方が良いでしょう。 保湿ケアの方法について 普段から保湿ケアを行い、皮膚を柔らかく保つことで、脱毛効果が向上します。 なので、保湿ケアの方法については聞いておきましょう。 その他、不安な事や疑問があれば、カウンセリングの時に気軽に聞いておきましょう!.

次の

脱毛の注意点は?脱毛時にNGなことまとめ

脱毛 注意点 ミュゼ

繰り返しになりますが、 こちらの美容脱毛完了コースは2018年12月いっぱいで終了してしまいました。 そのため、 2019年1月以降は通常「両ワキ+Vライン美容脱毛6回コース」となっています。 ミュゼの脇・Vライン通い放題の3つの注意点 ミュゼの「美容脱毛完了コース」を選ぶなら、間違いなく 「両ワキ+Vラインの美容脱毛完了コース」がオススメです。 それぞれ単体では3,600円となってしまいますが「両ワキ+Vライン」だと100円でできちゃいますからね。 ) また、 ミュゼの美容脱毛完了コースを選ぶなら注意しておいてほしいことが3つあります。 それぞれ詳しく解説していきますね。 2019年:追記 美容脱毛完了コースが終了・改正になったこともあり、美容脱毛完了コースを受ける際には下記で説明している 3つの注意点+ もう1点、重要な注意点ができました。 こちらも説明していきますのでしっかりと内容を確認してみて下さいね。 ミュゼが初めての人だけ 「両ワキ+Vラインの美容脱毛完了コース」は100円で回数・期間無制限で通えます!…とお伝えしてきました。 ですから、もしあなたが以前にミュゼを利用したことがあるとしたら、100円で契約することはできません。 つまり、一度ミュゼで契約したことがある場合、既にミュゼの会員になっているわけですが、会員になってからでは100円では受けられないんですね。 ちなみに、会員になってから「両ワキ+Vラインの美容脱毛完了コース」を契約する場合は2,400円(税抜)となります。 ) もちろん、これでも安いと思いますが、どうせなら初めてミュゼを利用する時に申し込めば100円で、回数・期間無制限で「両ワキ+Vライン」の2ヶ所が脱毛できます。 このように、 100円で契約できるのはミュゼが初めての人限定となりますのでご注意下さい。 ですが、それだけではありません。 100円で受けるには、 ミュゼがはじめての人+WEBから予約をした場合となります。 つまり、いくらミュゼが初めてであっても、電話で予約をしてしまうと100円で受けることはできず、通常価格となってしまいます。 このように、 100円で「両ワキ+Vラインの美容脱毛完了コース」を受けるには、『ミュゼの利用が初めて』+『WEBから予約を入れること』が条件となっています。 この点も十分注意しておきましょう。 こちらをご覧下さい。 こちらはミュゼでVIO脱毛をする場合のパーツの分け方になりますが、 ミュゼではこのようにVラインサイドのことを「Vライン」と呼んでいます。 ですから、あなたがイメージしている「Vライン」とは異なるかもしれません。 恐らく多くの方がイメージしている「Vライン」は上記画像の「トライアングル下」に当たるかと思います。 このように、ミュゼの「Vライン」はVラインサイドになりますので、美容脱毛完了コースでは、あくまでこの「Vライン」だけを処理することになります。 つまり、 美容脱毛完了コースでは、ハイジニーナやVラインをデザインするようなことはできません。 あくまでショーツからはみ出るVラインサイドを整える…といった感じになります。 この点もしっかりと覚えておきましょう。 ちなみに、ミュゼの「Vライン」の脱毛範囲の詳細はこちらです。 2018年12月いっぱいまでは16歳以上であれば美容脱毛完了コース(通い放題)を受けられましたが、 今後はMカードを作れるようになる18歳以上+安定収入がないと受けならないという感じですね。 本人名義じゃないとダメです ところで、あなたが18歳未満だとしたら、こんな疑問を持つこともあるのではないでしょうか? 「私は年齢的にカードが作れないから、お母さんの名義で作ってもらってとかじゃダメなのかな?」…ということですね。 そこで、ミュゼのチャットサポートを利用して確認をしてみました。 このように質問したところ、頂いた回答が以下のとおりです。 ここからもわかるように、「親に変わりにMカードを作ってもらって…」というようなことはできず、 あくまで本人がMカードを作らないと美容脱毛完了コース(通い放題)にアップグレードすることはできません。 ミュゼの両ワキ+Vライン美容脱毛完了コース(通い放題)の注意点• 電話予約だと通常価格となってしまいます。 ハイジニーナやVラインのデザインは美容脱毛完了コースではできません。 2019年1月以降の場合• Mカードを作ることが条件です。 但し、Mカードは 「18歳以上+安定収入がないと作れない」&「本人が作らないとダメ」などの条件もあります。 美容脱毛完了コースは解約はしないこと ミュゼで 美容脱毛完了コースを一度契約したら解約しないようにしましょう。 理由は下記にまとめていますので読んでみてほしいのですが、解約してしまうと損してしまいますよ。 とってもお得に通い放題で脱毛できるミュゼの美容脱毛完了コースですが、 一度契約をしたら解約しないことをオススメします。 というのも、解約してしまうと色々と勿体無いことになってしまうんですね。 妊娠などがわかったら解約ではなく中断を! 妊娠などが理由で一時的に脱毛に通えなくなってしまうケースが出てくるかもしれません。 ですが、通えなくなってしまいそうだからと言って解約をしてしまうと、 もし仮に再開しようと思った時には、通常価格で契約し直さなければならなくなってしまいます。 ) こうなってしまうと勿体無いですよね。 また、 ミュゼの場合は手続きを取ることによって一時的に中断しておくことが可能です。 しかも、いつまでに再開しないといけない…というような中断の期間の期限はありません。 中断の手続きと言ってもミュゼに連絡をするだけですのでとっても簡単に中断することができます。 【ミュゼ】退会時の連絡先 電話番号は変更される可能性がありますので、公式ページにて必ずご確認ください。 全額返金をしたら完了コースが受けられなくなる ミュゼには、全額返金保証制度があります。 そのため、美容脱毛完了コースであっても契約から1年以内であれば全額返金保証の対象となりますので、解約して残りの残金を全て返金して頂けます。 但し、 美容脱毛完了コースで全額返金保証を使ってしまい、「やっぱり気が変わって、もう一度美容脱毛完了コースをしたい!」と思った場合には、回数・期間無制限の完了コースでは契約できなくなってしまいます。 どうなってしまうのかというと 6回コースでしか契約できなくなってしまうんですね。 このようなこともありますので、理由はどうあれ美容脱毛完了コースを契約したら、解約や全額返金保証は使わないようにしましょう。 万が一、気持ちが変わってまた完了コースを受けたい!と思った時に受けられなくなってしまいますので注意が必要です。 ミュゼの美容脱毛完了コースがオススメな理由 色々と注意しておきたい所はありますが、それでも ミュゼの美容脱毛完了コースはとっても魅力的でオススメできます。 では、具体的にどんなところがオススメなのか、まとめておきますね。 ワンコインで完了コースを受けられるのはミュゼぐらい! ここまでお伝えしてきたように、ミュゼが初めてであれば、条件を満たすことでワンコイン(100円)で、両ワキとVラインの2箇所の通い放題の脱毛が受けられます。 ですが、 このような価格で通い放題で脱毛ができるサロンはほとんどありません。 強いて言えば「ジェイエステティック」でも300円ほどで両ワキ脱毛の通い放題を受けることができますが、ジェイエステよりも安く、好条件で脱毛できるのがミュゼです。 これから脱毛を始めてみたい!と思ったら色々と不安もあると思いますが、100円でとりあえず受けてみて「脱毛ってどうなんだろう?」ということが知れるのは有り難いですよね。 追加料金&ペナルティ無しで通える はじめにもお伝えしましたが、「本当に100円で通えるの?」ということですが、条件さえ満たせば本当に100円だけで通えちゃいます! …というのもミュゼの場合は、 キャンセルや予約変更をしてもペナルティで費用が発生するようなことがないんですね。 また、シェービングが別途かかるようなこともありません。 詳しくはこちら「」) このように、 ミュゼでは追加費用がかからず通うことができます。 他のサロンでは追加費用がかかるケースもある中、安心して通えるのもミュゼのメリットですね。 業界No. 1の店舗数で通えなくなるリスクが低い ミュゼは脱毛サロン業界でもNo. 1の店舗数と言われています。 また全国各地に出店していますので、 もし仮に転勤や引っ越しをすることになったとしても、通えなくなってしまうリスクが他のサロンと比べ、低くなっています。 特に美容脱毛完了コースの場合は、長い年月通うことになりますので、もし仮に小規模サロンのように店舗が少ないところだと、転勤や引っ越しで物理的に通うのが難しくなってしまったら泣く泣く解約するしかないですよね。 このようなリスクが低いのもミュゼをオススメできる要因です。 また、ミュゼの場合は手続きなどもなしに店舗移動をすることが可能です。 ですから、今回は家の近くで、次回は会社や学校の近くで…ということが元々出来るようになっているんですね。 このあたりも通い放題を利用するならミュゼが良い理由の一つです。 勧誘はほとんどないと言われています ミュゼで働くスタッフには、ノルマなどが課せられていないと言われています。 そのため、口コミを見渡してみても勧誘についてはほとんど悪い口コミがありません。 ですから、 実際にわずか数百円で始めて、ずっと美容脱毛完了コースだけで通っている会員さんもたくさんいらっしゃるようですよ。 正直、他のサロンではお得な価格で集客して、その後に本契約をしてもらうためにノルマがあったり…という所はあるようですが、そのようなことがなく通えるのもミュゼならではの強みです。 料金面だけでなく、ずっと通うことを考えてもミュゼは様々な点でオススメです。 これから脱毛を始めるなら、ミュゼは必ずチェックしてみて下さいね。 事前の自己処理はどうするの? ミュゼだけではありませんが、 脱毛の施術を受けるためには、前日や前々日などに該当箇所の自己処理をしていかなければなりません。 …というのも、ムダ毛が残っている状態だと、光を照射した時に過剰に反応してしまい、やけどなどの肌トラブルを起こしてしまうリスクが高くなってしまうからなんですね。 ちなみに ミュゼの場合、該当箇所の剃り残しがあると、該当箇所を避けての施術、もしくは施術自体をして頂けないこともあります。 但し、自分で手が届きにくく自己処理が難しい「襟足・背中上下・ヒップ奥(Oライン)」のみ、剃り残しがあった場合は、サロンの方で処理をして頂けます。 ですが、繰り返しになりますが、上記以外の箇所の剃り残しの場合は、施術不可です。 また、事前の自己処理も間違った方法で処理をしていると、肌を傷つけてしまいますので、正しい方法で自己処理をしていきましょう。 特にVラインを含めたVIOの自己処理はデリケートゾーンなだけに注意が必要です。 他の箇所と違い太く長い毛を処理しなければなりませんし、間違った方法で処理をしていると黒ずみの原因にもなってしまいます。 十分注意しながら事前の処理を進めていきましょう。 自己処理が難しいとされるVIOをはじめ、事前の正しい自己処理方法は以下のページで詳しく解説をしていますのでこちらを参考にしてみて下さいね。 脱毛の施術は光の熱エネルギーを使用するため、 施術後はどうしてもお肌が敏感になりがちです。 また、熱処理をしているため、火照りが出たり、赤み、痒みが出る可能性もあります。 そのため、 火照り、赤み、痒みがあるような場合はなるべく該当箇所を冷やすようにしましょう。 そして上記のようなことから、施術を受けた当日の激しい運動や飲酒は控えるようにするのがベターです。 血流が良くなることによって、症状が酷くなってしまう場合も考えられます。 また、お風呂も湯船に浸かることは避けるほうが良いと言われています。 そのため、施術当日はなるべくシャワーだけで済ませるほうがいいですね。 そして 脱毛施術を受けた直後は、どうしてもお肌が乾燥しやすいので、いつも以上に乾燥対策をすることが大切です。 保湿成分が含まれる製品を使うなど、乾燥対策には気を使っていきましょう。

次の