秋 の 七草 の 名前 覚え 方。 秋の七草の覚え方!新・秋の七草は「恋(こひ)は足置き」で覚える | ざえもんブログ

秋の七草の覚え方は?名前や種類を画像で確認!

秋 の 七草 の 名前 覚え 方

萩(はぎ) 薄(すすき・尾花のこと) 屑(くず) 撫子(なでしこ) 女郎花(おみなえし) 藤袴(ふじばかま) 桔梗(ききょう・朝顔のこと) この七つです。 全て答えられましたか? 答えられなかった人、これから覚えたい人にわかりやすい覚え方を紹介します。 画像で覚える 語呂合わせも後で紹介しますが、 文字だけだとイメージしにくいのでまずは秋の七草の画像をそれぞれ見ていきましょう。 萩(はぎ) 花びらは赤紫色で蝶形。 垂れた枝に咲くので控えめな印象を受ける。 薄(すすき・尾花のこと) 高さが1~2mあり、葉が細長いのが特徴。 葛(くず) 紅紫色をした蝶形の花をたくさんつける。 裏に白い毛が生えている。 撫子(なでしこ) 花びらは細かい切れ込みが入っていて繊細な形をしている。 白・赤・ピンクがあり、それぞれ花言葉が違う。 女郎花(おみなえし) 黄色い小さな花が群がって咲く。 藤袴(ふじばかま) 白ベースで薄紫色の花が房状に咲いている。 桔梗(ききょう・朝顔のこと) ベル型の花を咲かせる。 青紫色が多いが、ピンクや白もある。 語呂合わせで覚える 秋の七草の覚え方で有名な語呂合わせは ・お好きな服は? ・ハスキーなお袋 この二つです。 どちらも秋の七草の頭文字をとった語呂合わせです。 お好きな服は? お:女郎花(おみなえし) す:薄(すすき) き:桔梗(ききょう) な:撫子(なでしこ) ふ:藤袴(ふじばかま) く:葛(くず) は:萩(はぎ) ハスキーなお袋 は:萩(はぎ) す:薄(すすき) き:桔梗(ききょう) な:撫子(なでしこ) お:女郎花(おみなえし) ふ:藤袴(ふじばかま) く:葛(くず) ろ:😁 他にも「 花好きお服」や「 沖縄救う」と言った語呂合わせもあります。 覚えやすいのを使ってください。 オリジナルを編み出すのもよいでしょう。 短歌(五・七・五・七・七)で覚える 芹(せり) 薺(なずな) 御形(ごぎょう) 繁縷(はこべら) 仏の座(ほとけのざ) 菘(すずな) 蘿蔔(すずしろ) 短歌(五・七・五・七・七)で覚える セリ・ナズナ ゴギョウ・ハコべラ ホトケノザ スズナ・スズシロ 春の七草 語呂合わせで覚える 世那(せな)はゴッホとすず2つが好き せ:芹(せり) な:薺(なずな) は:繁縷(はこべら) ご:御形(ごぎょう) ほと:仏の座(ほとけのざ) すず2つ:菘(すずな)、蘿蔔(すずしろ) 忘れずに覚えるために エビングハウスの忘却曲線 記憶したことがどれだけ頭に残っているか時間と共に示した曲線があります。 このデータによると、 20分後には約40%忘れる 1時間後には約60%忘れる 24時間後には約70%忘れる 1ヵ月後には約80%忘れる このように言われています。 ここで今覚えた語呂合わせも明日になったらほとんど忘れています。 繰り返すことで記憶は強化される 繰り返すことで記憶は強化されます。 「 何度も復習する」ことが大切です。 復習のタイミングが重要 忘却曲線に基づくと 1回目:翌日 2回目:その1週間後 3回目:その2週間後 4回目:その1ヵ月後 5回目:その2ヵ月後 これが理想的な復習のタイミングと言われています。 「復習4回」で脳をダマすことができる 4回ほど復習すると「 短期記憶」から「 長期記憶」に切り替わっていきます。 何度も復習して脳をダマしましょう。 まとめ 「秋の七草」、「新・秋の七草」、「春の七草」の覚え方を紹介していきました。 覚えやすいものを使ってください。

次の

秋の七草の覚え方は?歌や語呂合わせ、メロディーで簡単に!!

秋 の 七草 の 名前 覚え 方

秋の七草とは? 秋の七草の種類 秋の七草の種類は、 ハギ(萩)、ススキ(尾花)、クズ(葛)、オミナエシ(女郎花)、キキョウ(桔梗)、ナデシコ(撫子)、フジバカマ(藤袴)の七種類です。 秋の七草の由来 秋の七草の由来は、 万葉集の中にある 山上憶良(やまのうえのおくら)が詠んだ二つの歌だと言われています。 万葉集は、現在の元号である「令和」の由来となった歌が書かれていることでも有名ですよね。 こちらでは簡単にご説明していますので、より詳しく意味や由来について知りたい方はこちらの記事もぜひ読んでみてください。 七草粥についてはこちら 食や漢方との関係 秋の七草は観賞する植物と言いましたが、実は食や医療に関係しているものもあります。 春の七草のように、そのまま刻んだりして食べるというものではありませんが、民間薬や漢方薬として使われているものがあります。 例えば、風邪の引き始めに 「葛根湯」というお薬を飲んだことがあると思いますが、これは葛から作られています。 また、和菓子の「葛餅」の原料にもなっています。 また、ハギやキキョウの根には 咳止めの効果がありますし、キキョウは韓国では「トラジ」と呼ばれていて、普通に食材として使われています。 ハギはその花の姿が小豆に似ていることから「おはぎ」の由来にもなっています。 他にススキの根には 利尿作用や解熱、ナデシコは 高血圧やむくみに効果があるとされて、フジバカマはお風呂に入れるとか ゆみを抑える効果があるそうです。 一週間の替え歌 日曜日にお店へ出かけ、美味い 葛餅買ってきた テュリャ テュリャ テュリャ テュリャリャ テュリャ テュリャ テュリャ テュリャリャ 月曜日は ススキを眺め 火曜日にお はぎを食べた テュリャ テュリャ テュリャ テュリャリャ テュリャ テュリャ テュリャ テュリャリャ 水曜日は 撫子(ナデシコ)咲いて 木曜日に オミナエシも咲いた テュリャ テュリャ テュリャ テュリャリャ テュリャ テュリャ テュリャ テュリャリャ 金曜日は 袴(フジバカマ)を履いて 土曜日に里へ 帰郷(キキョウ)した テュリャ テュリャ テュリャ テュリャリャ テュリャ テュリャ テュリャ テュリャリャ ともだちよこれが秋の七草の覚え方です テュリャ テュリャ テュリャ テュリャリャ テュリャ テュリャ テュリャ テュリャリャ かなり強引な内容になりましたが、素朴な秋の日常と里帰りをイメージして作ってみました。 お月見にススキと葛餅、おはぎをたべて、お花をめでて、ちょっと正装して里帰り、みたいな。。。 すみません!やっぱりちょっと無理がありますかね(淚) 他にも替え歌ありそうですけどね。 ちょっと小耳に挟んだのですが、すごく昔に嘉門達夫という替え歌芸人が、秋の七草のネタ歌を歌っていたそうなんです。 興味があったので、動画をさがしたのですが、残念ながら見つかりませんでした。 どんな歌だったのでしょうね。 めちゃくちゃ気になります! 以上、秋の七草の覚え方いかがでしたでしょうか?たくさんの種類があって、面白いですよね。 何か一つでも参考になれば幸いです。 まとめ 秋の七草について、覚え方を重点的にご紹介してきましたが、皆さんはどの覚え方が気に入りましたか?ぜひとも実践していただき、お友達にも自慢してみましょう。 最後におさらいです。 秋の七草は、ススキ(尾花)、ハギ(萩)、クズ(葛)、オミナエシ(女郎花)、キキョウ(桔梗)、ナデシコ(撫子)、フジバカマ(藤袴)の七種類で、由来は、万葉集で山上憶良の詠んだ二つの和歌と言われている。 秋の七草の正しい順番は、万葉集の歌の順番である。 春の七草と秋の七草の大きな違いは、食べられる植物か鑑賞する植物かである。 秋の七草には、漢方薬や生薬として使われる植物がある。 秋の七草の覚え方には、リズムで覚えるものや語呂合わせで覚えるもの、童謡や替え歌など様々なものがあるので、自分にあった覚え方を見つけられる。 秋の行事はいろいろとありますが、ぜひ秋の七草も楽しんでみてくださいね。

次の

秋の七草の覚え方の決定版!歌と語呂合わせと和歌を覚えれば完璧! • 生活情報発信ブログ

秋 の 七草 の 名前 覚え 方

目 次• 七草(秋の七草) 春の七草は七草粥に象徴されるように、長い冬の終わりに新芽の滋養を食し、無病息災を祈るものです。 これに対して 秋の七草は、咲き誇る花の美しさを愛でるものです。 春の七草粥のように、秋の七草粥があるものと思っている方がいるかもしれません。 しかし、秋の七草はほとんど食べる植物ではないため、 秋の七草粥というものはありません! 春の七草についてはこちら 「春の七草とは」 秋の七草とは、ハギ、ススキ、クズ、カワラナデシコ、オミナエシ、フジバカマ、キキョウのことが一般的です。 ただし朝顔についてはキキョウではなく、ムクゲやヒルガオという説もあります。 ハギ、ススキ、クズはどこでも見られる種類ですが、カワラナデシコ、オミナエシ、フジバカマ、キキョウは野生のものを見かける機会が少なくなってきています。 ハギ 花言葉は「想い」です。 マメ科ハギ属ヤマハギ亜属の総称で、ヤマハギ、キハギ、ミヤギノハギなどが含まれています。 草地や林縁などによく見られ、庭木にもよく利用されています。 「生はえ芽ぎ」の意味と言われております。 ススキ 花言葉は「活力」です。 イネ科の多年草で、日当たりの良い草地など、山野のいたるところに普通に生えています。 「すくすく立つ草」の意と言われています。 クズ 花言葉は「根気・努力」です。 マメ科のツル植物で、山野のいたるところに普通に見られています。 紫色の花が房状に咲く様は美しく、根からとったデンプンが葛粉といい、和名は奈良県の「国栖くず」が葛粉の産地だったことにちなむようです。 カワラナデシコ 花言葉は「貞節」です。 ナデシコ科の多年草で、日当たりのよい草地や河原に生えています。 花弁が細かく裂けているのが特徴で、「我が子を撫でるようにかわいい花」の意と言われています。 オミナエシ 花言葉は「美人」です。 オミナエシ科の多年草で、日当たりのよい山野に生えています。 初秋に黄色く、小さい花を咲かせますが、花にはきつい臭いがあります。 美女を圧倒するほど美しいという意で「女圧おみなえし」が語源とも、粟粒に似た花を咲かせることから「女飯」から転化したとも言われます。 フジバカマ 花言葉は「思いやり」です。 キク科の多年草で、河川敷や堤防などに生えています。 野生のものは数が減っており、環境省のレッドデータブックでは、絶滅危惧種に指定されています。 袴に似た藤色の花をつけることから藤袴とも呼ばれています。 キキョウ 花言葉は「変わらぬ愛・清楚・気品」です。 キキョウ科の多年草で日当たりの良い草地に生えています。 フジバカマと同様、環境省のレッドデータブックで絶滅危惧種に指定されています。 漢名(桔梗)の音読みです。 万葉集に読まれた山上憶良の短歌 万葉集にて、山上憶良が秋の七草の歌を詠んでいます。 連続した2首で構成されており、歌そのものは非常に単純でわかりやすいです。 秋の野に 咲きたる花を 指折り かき数ふれば 七種の花 萩の花 尾花葛花 なでしこの花 をみなへし また藤袴 朝顔の花 ここに秋の七草が盛り込まれていますね。 秋の七草の覚え方 春の七草は、1月7日の七草粥として有名ですが、秋の七草には直接何かをするという行事がなく、主に観賞用です。 そのためあまり覚えられず、すぐに忘れてしまいます……そこで、秋の七草の覚え方をご紹介いたします。 お覚えることで、秋の散策やフラワーアレンジがぐんと楽しくなるでしょう。 代表的な覚え方は、五・七・五・七・七のリズムに合わせて、歯切れ良く口ずさむことです。 組み合わせ方は様々ですが、一番多いのが次の順番のようです。 また、秋の七草は 「おすきなふくは?」と覚えることもできます。 お・・・オミナエシ す・・・すすき(オバナ) き・・・キキョウ な・・・ナデシコ ふ・・・フジバカマ く・・・クズ は・・・ハギ 以上、秋の七草についてでした。 この時期は、こちらの記事がよく読まれています。

次の