送迎バス 料金 相場。 ゴルフ送迎バス

バスの料金

送迎バス 料金 相場

5時間・100km 10時間・150km 関東 エリア 34,950~ 50,920円 71,496~ 104,458円 近畿 エリア 39,380~ 55,960円 74,580~ 105,360円 沖縄 エリア 32,650~ 47,820円 65,400~ 96,120円 【注意】 貸切料金概算(目安)について マイクロバスの貸切料金は、安全対策のためのコストを含めた料金が各エリア別に上限~下限まで、法令により定められています(2014年4月1日に国土交通省が公示)。 それに基づき、 バスを走らせた「時間と距離」により算出します。 貸切バス料金の計算方法について マイクロバス料金は、バス会社が時間・距離に応じて、運賃の上限・下限を定め、各運輸局に届け出ています。 この範囲内で運賃を決めているため、極端に安い運賃で走らせることはできません。 ・有料道路代、高速料金(マイクロバスは<中型車>の区分)• ・バスガイド代(依頼した場合)• ・観光先の入園料や立寄り先の有料駐車場代など• ・フェリー代(利用した場合)• 【事前に有料道路代や高速料金を知りたい場合】 「どらプラ」が便利です。 料金を検索する場合は「車両区分」を必ず<中型車>に変更するようにしてください。 【バスガイドを希望される場合】 別途手配(ガイド1名に付き、25,000~30,000円程度)が必要です。 人数に限りがありますので、時期によっては手配できない場合があります。 また、手配ができないバス会社もありますのでご注意ください。 【観光や食事場所の手配を希望される場合】 原則、お客様手配・精算となります。 観光やアクティビティ、食事場所も含めた手配を希望される場合は旅行会社へご依頼ください。 (ただし、旅行部門を持っているバス会社の場合は手配可能なので、見積り依頼の際、備考欄へその旨をご記載ください) 【1泊以上のバス旅行を企画されている場合】 乗務員の宿泊手配が必要です。 原則、お客様による手配・宿泊代精算となります。 お客様が宿泊される施設、もしくは近隣施設に「バス乗務員用の部屋をお願いします」とお伝えください。 一般的な宿泊料金よりも安く設定されています。 貸切マイクロバスとレンタカー、料金はどっちがお得? 運転手付きで借りた方がお得な場合が多い(短距離・短時間利用を除く)んです! 一般的にマイクロバスを運転手付きで1日借りた場合、6万円程度。 レンタカーを24時間借りた場合も4万~5万円で、これにガソリン代などの経費をプラスすると、ほぼ変わらない料金になります。 プロのドライバーに任せれば全員が楽しく移動できます。 料金もさほど変わらないのであれば運転手付きでマイクロバスを借りた方が断然ラクチン! なお、マイクロバスの運転には中型免許・大型免許が必要。 普通免許・中型免許(8t限定)では運転できません。 事故を起こした場合の保証や安全性の観点からも、運転付きでマイクロバスを借りましょう。 1泊旅行の場合、バスを途中で帰さない方が安いことが多い(合宿等の長期滞在を除く) 貸切バス料金はバスが車庫を出発してから、車庫に戻るまでの時間で決まります。 1泊2日以上の旅行で、送迎のみ手配したい場合、いったんバスを返した方が安いと思いませんか? 実際は、お客様が乗車していない間の時間と走行距離もバス料金に含まれるので、 ガソリン代、有料道路代、バスの回送料金が往復で加算されます。 乗務員の宿泊代(1泊2日2食付)は通常6,000~8,000円程度で、通常の宿泊客よりも安く済む場合も多いので、バスを返すよりも現地で待機させておいた方が安くあがることが多いようです。 いずれにせよ、お客様の経費がかからない方でバス会社は提案してくれますのでご安心を。 よくわからない場合は、バス会社と直接相談してみましょう! 深夜・早朝走行はなるべく避けよう 午後10時~午前5時までバスを走行させる場合は、深夜・早朝の割増料金が適用されます。 特にスキー&スノボー旅行などは、移動距離・時間が長い場合が多いので、運転手の交代要員が必要だったり、仮眠が必要だったりすることがほとんどです。 また、仮眠が必要なケースは、バスの出庫から帰庫までの時間が13時間(条件付きで16時間)を越える場合です。 運転手が仮眠するための宿泊・支払いはお客様手配・負担となります。 安いケース 借りる時期 シーズン <オフシーズン> 1月・2月・3月・12月 利用日 <平日> 火曜日が狙いめ。 利用日 <週末・祝日> 日曜日がもっとも高く、土曜・祝・金曜日の順。 バスの仕様 装備の有無 <観光仕様> 宿泊を伴う観光旅行も想定した、ゆったりとした乗り心地のマイクロバス オプションの有無 <あり>• ・バスガイドを頼む 実費精算• ・運転距離が500km 夜間は400km 以上、もしくは運転時間が9時間以上の場合 交代要員が必要 貸切マイクロバスでよくある質問 マイクロバスと小型バスの違いは何ですか? 大きな違いは、座席の配列です。 マイクロバスの座席は3列に並んでいますが、小型バスは4列で、大型バスと同じ並びになっています。 座席数に大きな違いはありませんが、マイクロバスには補助席があるのに対し、小型バスには補助席が無いので、全員が正座席に座ることができます。 また、小型バスの方が観光用設備が整っていることが多く、カラオケや冷蔵庫が付いているほか、サロンバスタイプもございます。 貸切料金や高速道路料金はマイクロバスも小型バスもまったく一緒です。 マイクロバス牧場から小型バスの依頼も可能なので、ご希望の方はお問い合わせくださいね。 マイクロバスの大きさ(サイズ・寸法)はどれぐらいですか? 全長7m、車幅2. 1m、車高2. 8mほどで、重量は8トン未満です。 普通乗用車用の駐車場には止められないのでご注意くださいね。 マイクロバスの車両だけ(運転手無しで)レンタルしたいです。 申し訳ございませんが、マイクロバス牧場では運転手付きの貸切マイクロバスのみご案内させていただいております。 マイクロバスレンタカーは、レンタカー会社(ニッポンレンタカー、トヨタレンタカーなど)にお問い合わせください。 マイクロバスの座席表を送ってください。 車両(バスメーカー)によって座席数は座席配置が異なりますので、お見積もりが届いたバス会社にお問い合わせください。

次の

送迎バス運転手の平均的な時給はいくら?雇用形態別に紹介!|日本運転手求人センター

送迎バス 料金 相場

社員旅行やイベントなどで送迎バスを利用するにあたり、気になるのは「料金相場」ではないでしょうか。 しかし、具体的な金額について知っている方は少なく、中には相場以上の金額で送迎バスを利用している方もいらっしゃいます。 主な送迎バスの利用方法は、自家用自動車を使用する『運行管理請負サービス』と、送迎バス本体も合わせて貸し出す『貸し切りバス』の二種類です。 本ページでは、『貸し切りバス』を中心に、送迎バスの料金相場や内訳について、ご紹介します。 送迎バスの料金に含まれているサービス 送迎バスの料金には、様々なサービスが含まれています。 具体的に挙げられるのは次の通りです。 人件費 送迎バスの利用料金には、運転手の人件費が含まれています。 利用時間・日数によって大きく左右するほか、 貸し切りバスの場合は、「走行距離」「宿泊の有無」で料金が大きく変動します。 「バスガイド」を依頼する場合は、人件費に含まれませんので、別途で必要料金を支払わなければなりません。 保険料(損害賠償責任保険) バスに乗車している最中に、万が一事故に遭ったときのための保険料は送迎バスの利用料金に含まれています。 ただし、バス会社によって乗車中の事故による「怪我」や「損害」などをカバーできる金額が異なりますので、事前に確認しておきましょう。 車両費 貸し切りバスのバス会社にお願いしたときに、送迎バスの料金に含まれているサービスとして、まず挙げられるのが「車両費」です。 貸切り代として請求されることもある料金で、利用時間などによって変動する費用項目でもあります。 また、契約バスとして利用する車両が大きくなるほどに車両費も高額になり、逆に車両が小さくなるほどに料金も安価になります。 ガソリン代 貸し切りバスで送迎バスを利用する場合、ガソリン代は利用料金内に含まれているため、別途で走行距離に応じたガソリン代を支払う必要がありません。 しかし、あくまでも「ガソリン代」のみが利用料金内に含まれているだけですので、高速道路や、有料道路の料金に関しては、別途で支払う必要があります。 また、有料駐車場代に関しても料金を別途で支払わなければならないため、思わぬ出費とならないようあらかじめ「サービス内に含まれないもの」を把握しておきましょう。 貸し切りバスの料金相場 一口に「送迎バス」といっても、車両によってバスの大きさや乗車可能人数などが異なります。 貸し切りバス会社に委託した場合の送迎バスの料金相場について、車両別に見ていきましょう。 なお、送迎バスを借りる時期・曜日、運行時間(深夜早朝含むか)、交替運転手の有無等により変動しますので、行き先や日程・おおよその人数が決まったら、まずは見積りをとりましょう。 大型バス 乗車可能人数が最大 45~ 50人ほど、という大型バスを「送迎バス」として利用する場合、平日昼間の往復(走行距離 250km)で料金目安は 10万~ 14万円です。 大きなバスである分、運転手の技術が求められることから、他のバスと比較すると最も高額な料金目安となります。 中型バス 中型バスとは、大型バスよりもやや車体が小さめの車両で、乗車人数の目安は 30人前後です。 送迎バスとしての料金目安は、「大型バス」と同じ条件の場合で 8万~ 12万円となります。 ただし、利用時期や走行距離によっては、 8万円以下で利用できる場合もあります。 小型バス 小型バスは、乗車人数の目安が 21~ 25人というやや小さめのバスです。 小型バスを送迎バスとして利用する場合の料金相場は 6万~ 10万円です。 大型バス、中型バスと比較すると大幅に料金相場が下がります。 マイクロバス マイクロバスは、小型バスとほぼ同じ大きさの車両で、乗車人数の目安も小型バスと大差ありません。 補助席も使えば、運転手を除いて 28人まで乗車できます。 契約バスとして利用する場合も、料金相場は 6万円~ 10万円と同じくらいです。 送迎バスの料金を抑えるコツ 送迎バスを利用するにあたり、いくつか料金を抑えるためのコツがあります。 「送迎バスを安く抑えたい」という方は、チェックしておきましょう。 繁忙期を避けて利用する 送迎バスには「繁忙期」と呼ばれる時期が存在します。 一般的に貸し切りバス会社で繁忙期と呼ばれているのが「大型連休」「 4月~ 6月」「夏休み期間」などです。 通常の時期と繁忙期とでは利用料金に差があり、場合によっては数万円もの差が生じることもあります。 もし、繁忙期を避けることができるのであれば、なるべく通常の時期を選んで送迎バスを依頼することをおすすめします。 小さめのバスを選ぶ 本ページの前半でも触れたとおり、バスの車両が大きくなるほどに料金相場が高額になります。 「余裕を持って座れるように」と、実際の乗車人数に対して大きめの車両を選ぶ方もいらっしゃいますが、不必要に大きなバスを選んでしまうと無駄な出費となってしまう可能性があります。 送迎バスの利用料金を抑えたいのであれば、なるべく小さめの車両を選ぶのが賢明です。 バス会社に合わせて「利用時間」「利用日数」を検討 バス会社の多くは「 8時間以上で〇〇円」「 1日〇〇円」といった料金設定となっています。 しかし、プランやサービス内容によっては、「利用時間で料金を支払う」「日数単位で料金を支払う」など、契約内容によって料金が安価になる場合があります。 良心的なバス会社であれば、比較的安価で利用できる契約方法を教えてくれるため、まずはバス会社に問い合わせてみてください。 日時は「平日」「昼間」を選ぶ 送迎バスの利用料金は、日時によって大きく変動するものです。 最も安価に送迎バスを利用できるのが「平日の昼間」ですので、なるべく土日や祝日での利用は控えたほうがコストを抑えやすくなります。 ただし、仮に平日の昼間であったとしても、「夏休み期間」「年末年始」などは料金が高額になる場合がありますので注意してください。 相場を把握したうえで送迎バスを利用しましょう 送迎バスを利用する際には、明確な料金相場を把握することが大切です。 送迎バスの料金相場を把握せずに利用してしまうと、相場以上の金額で契約させられるなど、損してしまう可能性があります。 現在、送迎バスの利用を検討中の方は、本ページを参考にしながら「バスの種類」「スケジュールの調整」などを検討し、少しでも安価に送迎バスを利用してみてください。 場合によっては、自分たちで送迎バスを保有する『運行管理請負サービス』のほうが、トータルで見た際に安価となることもあります。 問い合わせれば、どのようなものにどのくらい予算が必要か、教えてもらえるでしょう。 また、バス会社を選ぶ際にも、「相場以上の金額が提示されていないか」をしっかりと見極めたうえで決定しましょう。 お役立ちコラム COLUMN.

次の

貸切バスの料金の出し方(相場)とは?

送迎バス 料金 相場

「契約送迎バスを利用したいけれど相場が分からない…」「契約送迎バスドライバーの給料ってどれくらいなのだろう?」など、契約送迎バスにおける金銭的な疑問を抱えている人は多いでしょう。 一般的な路線バスとは異なり、情報が少ない契約送迎バス。 まだまだ知られていない内部事情もたくさんあります。 そこで、今回は契約送迎バスの平均的な相場や、契約送迎バスドライバーの給料相場についてご紹介します。 契約送迎バスの相場とは? 契約送迎バスの相場は一体どれくらいなのでしょうか? さっそく、具体的な利用金額について見ていきましょう。 シーンによって大きく異なる 契約送迎バスは、シーンによって料金が大きく異なるのが現状です。 例えば「契約日数」「走行距離」「走行時間」「バスの車種」などで契約送迎バスの利用料は異なります。 そのため、まずは利用シーンを明確にする必要があるのです。 基本的にどのバス会社も一律での料金設定ではないため、契約送迎バスの利用を検討する場合は、日数や走行距離、走行時間、バスの車種(大きさ)については、最低限決定しておきましょう。 閑散期・繁忙期で料金を設定しているバス会社もある 閑散期・繁忙期で料金を設定しているバス会社も多いです。 また、平日と土日祝日で異なる料金設定となっているバス会社も少なくありません。 従業員の送迎やスクールバスなどのように「時期に関係なく利用する」なら、料金の変動がない料金体系の方がお得になる可能性が高いですし、逆にイベント会場の送迎などのように「突発的な利用」であれば、閑散期を狙って契約できれば安価に抑えやすくなるでしょう。 「契約方法」で料金に違いがある 契約送迎バスは「契約方法」で料金に違いがあり、大きく2つに分けることができます。 例えば「1日だけ利用したい」「繁忙期だけ利用したい」といった利用方法に該当します。 イベント会場や結婚式場、ホテルへの送迎や、繁忙期のみ臨時職員を雇う企業への送迎などで適切な契約です。 具体的な「契約の最短期間」はバス会社によって異なりますが、1年以上の利用を前提としてプランが設けられてることがほとんどです。 1ヵ月ごとや短期と比較すると、1ヵ月あたりの利用料金が割安となり、比較的お得に契約送迎バスを利用することができます。 主に「従業員の送迎」「スクールバス」「施設へのお客様送迎バス」などに適した契約でしょう。 1日あたり2万円が相場 上記の通り、利用方法によって契約送迎バスの料金は異なりますが、「1日あたり2万円」がざっくりとした相場です。 平日のみの運行であれば、一か月あたり40万~50万円が相場となるため、予算と照らし合わせたうえで利用を検討する必要があります。 契約送迎バスの運転手の給料相場は? バスの運転手として働くことを検討中の人にとって、気になるのが「契約送迎バスドライバーの給料相場」ではないでしょうか。 ここからは、契約送迎バスの運転手の給料相場についてご紹介します。 正社員なら月給30万円が相場 契約送迎バスドライバーの平均的な給料相場は、正社員であれば「月給30万円」です。 給料の幅は月給20万円~40万円以上と広いものの、近年の急激な人手不足により、従業員確保のために待遇が見直されている傾向にあります。 中には初任給から30万円を超える求人もあり、需要に対して供給が追い付いていない実情が伺えます。 年収300万円代の社会人が大部分を占める現代の日本において、比較的待遇が良いといえるでしょう。 賞与や手当を設けているバス会社も多い 契約送迎バスを提供しているバス会社は、賞与や手当を設けていることが多いです。 上述した通り、人手不足が深刻化していることから、待遇や福利厚生が積極的に見直されてきています。 実際、大手企業並みの待遇・福利厚生としているバス会社も少なくなく、働き手にとって非常に働きやすい環境へと整えられつつあるのです。 年収では、500万円を超える事例も多く、安定した職業として認知されつつあります。 「日給制」「時給制」を選べることも 契約送迎バスの運転手として働くにあたり、働き方によっては「日給制」「時給制」などを選べることもあります。 この場合は、バス会社の授業員として働くのではなく、契約送迎バスを利用する企業や学校、施設と直接雇用されたり、個人事業主として契約するのが一般的。 働く時間が一定ではない場合は、給料の算出方法を選ぶことができ、自身に合ったスタイルで働くことができます。 これは、路線バスの運転手にはない特徴であり、自由な働き方を求める人に適しているといえるでしょう。 契約送迎バスドライバーは穴場の職業!? 契約送迎バスの運転手は、穴場の職業といえます。 深刻な人手不足に陥っている中、人材を確保するために待遇や福利厚生などを魅力的なものへと改善しているバス会社が増えました。 また、バスのニーズが多様化していることから、働き方も選びやすくなり、そのうえ将来性も高いといえます。 安定して長く働けるだけでなく、満足できる働き方ができるのは、契約送迎バスドライバーの魅力といえるでしょう。 契約送迎バス相場と給料について知ろう! 今回は契約送迎バスの相場と給料相場についてご紹介しました。 路線バスとは異なる料金体系・給料体系となっている契約送迎バス。 主に金額面について疑問を抱えている人は多いです。 契約送迎バスの利用を検討している方や、契約送迎バスの給料が気になる方は、本ページを参考にしながらイメージしてみてはいかがでしょうか。 お役立ちコラム COLUMN.

次の