真言宗 お経 葬式。 真言宗の葬儀の流れとは?真言宗葬儀のマナーもご紹介します

念仏とは : お葬式なるほどチャンネル

真言宗 お経 葬式

空海は平安時代に中国へ渡って密教を学び、日本へ戻ってその教えを広めました。 真言には、仏様の真実の言葉という意味が含まれています。 言葉では表せない部分を修行にて習得することで、仏様の教えを習得できると考えられています。 言葉にできない部分を教える密教では、経典や書写などの方法を用いず、師匠から弟子へ直接伝えられます。 密教では、このような実戦形式の修行が重要視されています。 簡単にいうと自力本願という意味で、以下の三つの教え 三密 の考え方がもとになっています。 大日如来はこの世のすべてをつかさどる仏とされており、修行を積んで三密を正しく修得することで、はじめて大日如来と一体となることができます。 大日如来は万物を司っているため、どこからでも大日如来の存在を感じることができ、この行為を極めることが真言宗の真理を極めることであり、悟りを開く唯一の方法とされています。 真言宗のお葬式 真言宗は修行によって教えを授かった人にのみ示される密教であるため、他の宗派に比べるとお葬式の考え方や作法も異なる部分があります。 それが時代の移り変わりとともに死後すぐに行われる供養の儀式の一つとなり、現在では故人に向けてあげられるお経となっています。 この枕経は、宗派によっては行わない場合があります。 本来は修行を重ねた僧が上の位に上がる証として、頭の上から水を灌ぐ儀式でした。 お葬式では、故人が仏の位に上るという意味で頭から水を灌ぎかけます。 三密観:吽の字を体・口・意におく。 護身法:五種の印を結び、心身を整えるための儀式。 加持香水の法:浄めるための香水を神聖なものにするための祈り。 表白:仏をたたえ、教化を願う。 これから行われる儀式の成就を祈る。 神分:仏の名を唱えて降臨に感謝する。 声明:仏教を賛美する音楽。 不動灌頂と弥勒三種の印を授けることにより、故人の即身成仏が果たされる。 焼香は1,2回が一般的ですが、真言宗では原則3回です。 3回という回数である理由は諸説あり、3業 身、口、意 を極める、三宝 仏、法、僧 に帰依する、三毒 貪・瞋・癡 をなくすなどがあります 焼香の仕方は、3回ともおしいただくか、はじめの1回だけ押し頂き、残りの2回はそのまま香炉へ移動させるという方法があります。 一連の数珠を二重にして使用するタイプのもので、主玉が108個、親玉が2個、四天玉が4個、浄名玉が1個、弟子玉(記子)が20個、露玉が4個に梵天房が4個ついています。 両手の中指に数珠をかけ、両手を摺り合わせて音をたてます。 お焼香や数珠の作法は、地域や僧侶によっても異なることがあります。 よく分からない場合は、葬儀社やお寺へ確認をとりましょう。 お葬式の豆知識• お葬式の種類• お葬式用語• 宗教と宗派•

次の

真言宗の葬儀で読まれる理趣経とは

真言宗 お経 葬式

「金剛頂経」という大乗仏教が作成した密教経典の中の「理趣広経」を漢訳したものが「理趣経」です。 理趣経は「般若理趣経」や「百五十頌般若」とも呼ばれており、般若の名前がつく通り、般若経典の一種です。 主に真言宗派によって使用されることが多いのですが、般若心経を読む会などでは、他宗派の僧侶が読誦(どくじゅ:声をだしてお経を読むこと)することもあります。 理趣経は、1~17の章から構成されており、そもそも 人間は汚れた存在ではない、という思想が根本にある経典です。 本文には、読誦をすることで功徳が得られるという記載があるなど、仏教の経典の中でも他にはない特徴があります。 そのため真言宗は元より、他の宗派の曹洞宗や天台宗でも、「理趣広経」の訳本の一種である「理趣分経」が使用されています。 「この経典を読み上げている時に風にあたると病気にならない」という信仰や、「読誦をすると病気除けになる、収入が増える」といった話が流布するなどして、民間の間でも親しまれてきました。 理趣経は、他にはない特徴があります。 特に有名なのが十七清浄句です。 この部分では情交や さまざまな欲望に対して肯定的な記載がされています。 これらは不浄なものではなく、そういった欲望によって人間が間違えた方向に行ってしまうのがいけないことなのだ、誤った道へ行かずに悟りへの道に精進をするべき、という旨の文章があるので、単に性を認めた経典ではありません。 しかし、この性の部分だけが過大解釈され、情交や欲望を正しいとする経典と勘違いされてしまうことがあります。 昔は 高野山で修行した僧侶だけが理趣経を読誦することができました。 そのため在家がこの経典を理解することを厳しく禁じており、読誦をする際にも音を聞いて語の意味を理解できなくするために、一般的な経典の読み方ではなく漢音読みで行っていました 政府の命令により漢音を使用しているという説もあります。 例えば金剛を、「きんこう」と読み、清浄を「せいせい」と読む、といった形です。 如来は通常「にょらい」と読みますが、理趣経では「じょらい」と読みます。 空海は書簡で、最澄に「理趣経は、体験を通じて初めて理解できるものであり、文字だけで理解をすると誤った解釈をされてしまう可能性がある。 しっかりと学びたければ高野山に来て3年間、1対1で学ぶように」といったのです。 経典に書かれてある文字だけで密教を理解しようとしていた最澄に対して、空海はそれでは密教の教えに反すると伝えたのです。 密教においてもっとも重要なのは、書物には決して書かれていないことを直接、師から弟子へ伝えられて初めて理解できるということで、 書物からの学びだけでは本当の教えは理解できない、というのが空海の考えでした。 これをきっかけにして2人は絶縁していくことになりました。 それでも密教の教えを大事だと考えている最澄は諦められず、弟子である泰範を空海のもとに送りますが、最終的には泰範は高野山に留まります。 泰範は空海を一生の師とし、最澄のもとに帰らなかったのです。 また、理趣経は、男女の交歓自体が仏の道に通ずるという教えを流布する「真言立川流」という宗教を作ってしまった過去もあります。 この宗教は、当時の権力者であった宥快 ゆうかい などによって邪教とされ、弾圧されやがて壊滅してしまいました。 真言宗では、理趣経の正式名称を「大楽金剛不空真実三摩地耶経・般若波羅蜜多理趣品」といいます。 これはその名前の通り、「大きな楽しみは金剛である、空しからざる真実である、悟りの境地に至る」という意味合いがあります。 ここでいう楽しみというものは一般的な感情に起因する楽しみではなく、 宇宙全体がよくなるように、という楽しみを説いたものです。 そして、「金剛である」には菩薩心が強固なものだという意味合いがあります。 後半部分にある「般若」は智慧、「波羅蜜多」は迷いから悟りを開く、「理趣」には道理 転じて正しき道 、「品」には章という意味合いがあるので「智慧により迷いから悟りを開く正しき道の章」という翻訳ができます。 これらをまとめると理趣経は「金剛のように固い菩薩心は智慧の完成に至る道を説き、それは真実の悟りの境地となり、宇宙全体がよくなる」という経典ということになります。 真言宗派に葬儀を依頼した際は、理趣経を聞く機会があるかもしれません。 そんな時は、さまざまな歴史や意味について思いを馳せてみてはいかがでしょうか。 これから葬儀の取り行いをお考えの方、葬儀社をどこにするかお悩みの方、またお坊さまや会場の手配に迷われている方は、どうぞお気軽にご相談ください。 ご葬儀のご相談からお手配まで、心を込めてお手伝いさせていただきます。 いい葬儀で葬儀場・斎場を探す エリアを選択してください 北海道・東北地方 探す• 関東地方 探す• 中部地方 探す• 関西地方 探す• 中国・四国地方 探す• 九州地方・沖縄 探す• いい葬儀の鎌倉新書が運営するサービス•

次の

真言宗のお墓の特徴とは?お墓参りの作法や納骨費用も解説!

真言宗 お経 葬式

【もくじ】 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 真言宗のお経の種類と意味 真言宗には、さまざまなお経があります。 般若心経や法華経は特に有名です。 ほかのお経も、聞いたことがある方もいるでしょう。 深く内容を知るまでは、どれも同じように感じてしまうかもしれません。 お経によって教えが異なるため、意味を理解することが大切です。 ここからは、真言宗のお経の種類と意味についてご紹介します。 般若心経 般若心経は正式名称を「 般若波羅蜜多心経」といい、 真言宗に限らずほとんどの宗派で読まれます。 仏様は、「彼岸」にたどり着くための大事な教えを説きました。 彼岸とは安らかな気持ちでいられる苦しみのない世界です。 一方、私たちが普段いる「此岸」では、愚かさやわがままが生まれます。 そこから彼岸に至るための偉大な知恵を説いているのが般若心経です。 般若心経では、弟子に呼びかける形で観音菩薩が空の思想を説いています。 真実の世界には実体がないため悩みも解決方法もないが、苦しみを知るからこそ欲や夢想から離れ苦しみから解放されるという考えです。 理趣経 理趣経(りしゅきょう)は般若経典のひとつで、真言宗でよく使われるお経です。 ほかの経典とは異なり、読誦することで功徳が得られると書かれています。 理趣経の大きな特徴的は煩悩に対して肯定的なところでしょう。 理趣経には情交などあらゆる欲望に対して肯定的な「 十七清浄句」があります。 人間が汚れた存在なのではなく欲望によって道を間違えることが問題であり、悟りの道へと励むのが大事という教えです。 しかしこれらが曲解され、情交や欲望を肯定するお経だと勘違いされることもありました。 遺教経 遺教経(ゆいきょうぎょう)は、日本の禅宗において仏祖三教として重宝されてきたお経です。 正式名称を「 仏垂般涅槃略説教誡教」といい、仏様が入滅する際に最後の説法として弟子たちに残しました。 遺教経は 般若心経の約10倍のボリュームがあり、八大人覚という教えを中心に説いています。 小欲・知足・楽寂静・勤精進・不忘念・修禅定・修智慧・不戯論という8種の訓戒を守ることで悟りに到達できるという教えです。 日本に禅を広めた道元も重視した教えで、現代でも曹洞宗の多くの葬儀で読まれています。 真言宗では、智山派など一部の宗派が年に1度涅槃会で読踊します。 法華経 法華経は、日蓮宗の開祖である日蓮聖人によって広められたことで有名です。 正式には「 妙法蓮華経」といいます。 法華経は仏様が亡くなる前に菩提樹の下で弟子たちに向けて説いた教えで、大乗仏教経典のひとつです。 釈迦が説いた仏教の中でも最高の教えとされ、天台宗では最高のお経と位置づけられています。 妙法蓮華経はそのお経のなかで、壮大なドラマが展開されるのが特徴です。 釈迦の弟子である19人の如来や菩薩が出てきて、過去世界から未来までの話を描いています。 十三仏真言 十三仏真言は、真言宗で唱えられる真言です。 十三仏とは、不動明王・釈迦如来・文殊菩薩・普賢菩薩・地蔵菩薩・弥勒菩薩・薬師如来・観音菩薩・勢至菩薩・阿弥陀如来・阿閦如来・大日如来・虚空蔵菩薩を表し、それぞれの真言を勤行や法要の際に順に唱えることで追善供養を行います。 十三仏真言はそれぞれの真言が短いのが特徴です。 ほかのお経に比べると覚えやすいでしょう。 一部の宗派では唱えられないこともあります。 真言宗の葬儀について 日本で真言宗を信仰している人は多いため、葬儀に参列したことのある方も少なくないでしょう。 まだ経験のない方も、これから葬儀に参列する可能性は高いといえます。 真言宗の葬儀ではほかの宗派とは異なる決まりがあるため、知識として覚えておくとよいでしょう。 こちらでは、真言宗の基礎知識や真言宗における葬儀の意味についてご紹介します。 「真言宗」とは? 真言宗は、平安時代に弘法大師空海が開いた仏教の宗派です。 中国から空海が持ち帰り、日本に広めました。 厳しい修行を積むことで、生きている間に仏になれる「 即身成仏」の教えが特徴です。 広く教義を説く顕教とは異なり、 神秘主義の密教のため入信しなければ真言宗の教えや修行について学べません。 国内の宗派で3位に入るほど日本における真言宗の信者数は多く、馴染みのある宗教といえるでしょう。 総本山は、高野山の金剛峯寺です。 真言宗の葬儀を行う意味 葬儀は一般的に、故人の冥福を祈り遺族の心を整理するために行います。 真言宗ではそれらに加えて、故人を「 密厳浄土(みつごんじょうど)」に送るという意味があります。 密厳浄土とは真言宗の神である大日如来がいる世界であり、故人が仏となる場です。 真言宗では修行や祈祷など自分自身の修行や経験を通じて悟りを開く「 自力本願」によって即身成仏を目指すため、葬儀もこの考え方をもとに進めます。 真言宗の葬儀の特徴 真言宗の葬儀では、ほかの宗派では見られないような儀式を行います。 初めて真言宗の葬儀に参列する場合には驚くかもしれませんが、儀式にはそれぞれ意味があります。 あらかじめ知っておくことでスムーズに対応できるでしょう。 ここからは、真言宗の葬儀における特徴的な儀式をご紹介します。 枕元でお経を唱える「枕経」 枕経(まくらきょう)とは、臨終にあたって枕元でお経を唱えることです。 自宅で死を迎えることが一般的だった時代には、故人が極楽浄土へ向かえるよう死の前から僧侶がお経を唱えていました。 しかし現代では病院で死を迎えることが主流になり、 臨終の際の枕経は行わないことが一般的です。 現代の枕経は、亡くなった直後か故人の遺体を自宅や葬儀会場に安置した夜に行います。 また、枕経自体を省くケースも増えています。 行う際は、枕飾りと呼ばれる祭壇を設け、僧侶が読経します。 故人の頭に水を灌ぐ「灌頂」 灌頂(かんじょう)とは、 故人の頭に水をかけて仏の位に上がったことを証明する儀式です。 頭に水をかけるといっても数滴だけですが、ほかの宗派では見られない儀式のため驚く方もいるかもしれません。 お墓に水をかけることも同じく灌頂といい、仏門に入る際にも行います。 灌頂にはいくつかの種類があり、仏との縁を結ぶ結縁灌頂や、阿闍梨になるための伝法灌頂、密教を深く学ぶ人に対して行う受明灌頂などがあります。 祈祷をした土砂を故人にかける「土砂加持」 土砂加持(どしゃかじ)も、真言宗の葬儀における特徴的な儀式です。 生きている間に悪いことを何ひとつしたことのない人は少ないでしょう。 土砂加持とは、 祈祷した土砂を故人にかけることで悪行の罪滅ぼしをし、故人を成仏させる儀式です。 土砂加持には、光明真言(こうみょうしんごん)という真言宗のお経を唱えた神聖な土砂を用います。 卒塔婆やお墓にかけても効果があると言われており、成仏していない魂を救済するためにも行います。 真言宗の葬儀の式次第と流れ 真言宗の葬儀では、さまざまな儀式によって故人を仏門へと導きます。 どのような流れで葬儀が進められるのかを知っておくことで、落ち着いて対応できるでしょう。 葬儀では故人の身体や意識を清めて仏の位へと進め、地獄に落ちることのないよう真言などを与えます。 ここからは、真言宗の葬儀の式次第と流れについてご紹介します。 (1)僧侶の入堂 真言宗の葬儀は、僧侶の入道から始まります。 まず僧侶が行うのは、 塗香(ずこう)・三密観(さんみつかん)・護身法(ごしんぼう)・加持香水(かじこうずい)が一連の流れとなった儀式です。 これらは故人を清める儀式で、身体に香を塗る塗香や即身成仏が叶う修業である三密観によって故人の身体や意識を清めます。 次に行うのは、 三礼(さんらい)・表白(ひょうびゃく)・神分(じんぶん)が一連になった儀式です。 表白によって大日如来に故人を導くことをお願いし、神分によって儀式に来てくれた大日如来に感謝を述べます。 (2)授戒の儀式 授戒の儀式では、僧侶がカミソリを手にしてお経を唱えながら故人の髪を剃り落とします。 三帰三竟や十善戒などを授けて仏門に入り、故人が正式に大日如来の弟子となるための儀式です。 戒名もこの儀式でつけます。 髪を実際に剃るかどうかは、故人や遺族、寺院の意向によります。 故人や遺族が望まない場合には、葬儀社にその旨を伝えておきましょう。 実際には剃髪せず、髪を剃る真似のみを行います。 (3)引導の儀式 引導の儀式では、 故人に仏の世界に行くことを伝えます。 故人に死を認識させ、あの世へ送り出し仏門へと導く儀式です。 表白と神分を行った後「弥勒三種の印」を授かり、死後の苦しみや地獄へ落ちることを防ぎます。 弥勒三種とは、弥勒菩薩の姿・教え・迅速な実行力を意味します。 真言宗における特徴的な儀式で、「灌頂」もこの儀式で行われます。 故人の頭に水をかけることで即身成仏が叶います。 (4)破地獄の儀式 破地獄の儀式では、故人が地獄の苦しみを味わうことのないように真言や法具を与えます。 その名の字のとおり、故人が「地獄を破る」、すなわち 地獄に落ちるのを防ぐための儀式です。 これらの儀式がすべて終わると即身成仏が叶い、故人は仏になります。 即身成仏は真言宗における特徴的な教えですが、この儀式は省略されることも少なくありません。 真言宗の葬儀に参列した場合には、見られるときとそうでない場合があります。 (5)焼香 が始まるのは、一連の儀式を終えて故人が仏の位に上がったときです。 故人と縁が深い方から順に焼香を行うため、自分の順番を待ちましょう。 焼香の回数は3回で、大日如来・空海・先祖に向ける回数といわれています。 線香も3本立てましょう。 焼香の回数や線香の数は宗派によって異なりますが、 真言宗では原則3にちなんだ回数と覚えておけばよいでしょう。 (6)読経 焼香が行われている間は、僧侶が読経を行います。 諷誦文(ふじゅもん)といい、故人の功績を称えるためのお経です。 諷誦文には生前の故人を称え、安らかに眠ってほしいという意味が込められています。 かつて諷誦文を作成するのは遺族でしたが、最近では寺院が作って読み上げることがほとんどです。 諷誦文は故人への追善供養の一部ですが、遺族が故人の死を受け入れるための時間でもあります。 悲しみを受け入れ、故人とは別の世界を歩むための準備といえるでしょう。 (7)出棺 焼香と読経が終わればです。 故人との最後のお別れになります。 心残りのないよう、感謝の気持ちや冥福を祈る気持ちを伝えましょう。 故人の顔を見るとつらい気持ちがこみ上げてくるかもしれませんが、顔を見られる最後の機会です。 故人の生前の様子を思い出しながら、最後のお別れをしましょう。 またこの場面では多くの場合、花を添えます。 故人が好きだった花を添えながら、声をかけてあげましょう。 よくある質問 Q:真言宗の葬儀で適切なお布施の金額は? A:真言宗のお布施の金額は、ほかの宗派と大差ありません。 高すぎることもなければ低すぎることもないため、住んでいる地域の相場を渡せばよいでしょう。 一般的にお布施の相場は東日本で約30万円、西日本で約20万円といわれます。 しかし地域によって多少の違いはあるため、不安であれば周囲の方や寺院に確認するのがおすすめです。 渡すタイミングはほかの宗派と変わりません。 葬儀が始まる前に渡すのが望ましいですが、準備などに追われてどうしても時間がとれない場合は葬儀の後に渡しましょう。 お布施を渡す際は、小さなお盆「切手盆」にのせます。 切手盆がなければ袱紗の上にのせて渡してもかまいません。 Q:真言宗の葬儀に参列する際の香典の表書きは? A:真言宗の通夜・葬儀でお渡しする 表書きには、「 御霊前」 と書きましょう。 香典には表書きが必要ですが、宗派によって異なります。 真言宗には即身成仏の教えがありますが、生前修行を積んで即身成仏となっていない場合、故人が仏となるのは葬儀の場です。 受付にて香典を渡すタイミングではまだ仏になっていないことから、表書きを「御霊前」とするのが正しいとされます。 Q:真言宗の葬儀に参列する際の香典の金額は? A: 一般的な相場と同じと考えてよいでしょう。 故人と親族ではないがお世話になっていた場合は1万円程度、ご近所付き合い程度であれば5,000円程度を包みましょう。 数珠の大半を占める主玉が108個あり、金剛界における百八尊を表しています。 また、数珠の長さもほかの宗派よりも長くなっています。 自身が真言宗でない場合、信仰する別の宗派の数珠を葬儀で使用しても失礼には当たりません。 Q:真言宗の戒名はどのように決める? A: 真言宗の戒名は2文字と決まっています。 故人の名前からとったり、真言宗の流派の教えからとったりすることが多いでしょう。 2文字よりも長い印象があるのは、戒名の前に院号や道号がつき、戒名の後には位号がつくためです。 真言宗の戒名は、実際には2文字であることを覚えておきましょう。 まとめ 真言宗にはさまざまなお経があり、それぞれ意味が異なります。 葬儀にも真言宗独自の決まりが多く、初めて参列する方は戸惑うことも多いでしょう。 また真言宗の葬儀を執り行う際にもわからないことがあるかもしれません。 そのようなときは、にご相談ください。 小さなお葬式では、真言宗の葬儀の手配はもちろん、葬儀に関するお悩みに幅広く対応しています。 葬儀に関してお困りのことがあれば、ぜひお気軽にご利用ください。 葬儀に関するお問い合わせは「小さなお葬式」へ 葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。 いざという時困らないように、葬儀全般に関する疑問は、「小さなお葬式」へお問い合わせください。 24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。

次の