クリス ハート 死亡。 クリス・ハート、人気曲「I LOVE YOU」セルフプロデュースで2020年バージョンに一新

クリス・ハート オフィシャルサイト

クリス ハート 死亡

来歴 [ ] の長男として、オランダのハーグに生まれる。 5歳の時に帰国し、に入学後へ。 その後も、、、、、、、、などで生活を経験している。 10代の頃は芸能界入りを目指し、多数のオーディションを受けたりしていた(松田聖子の相手役、息っ子クラブ等)。 詳しい時期は明かしていないが、かつて両親に内緒でに入り、『』などにで出演した経験がある。 しかし芽が出ず、大学卒業後はに就職する。 就職後は暴食により85kgまで太ってしまうが、スポーツクラブに通い、とにより3か月で30kgのに成功する。 広告代理店退社後はのマネージャーを経験したのち 、インストラクターに転身。 自身が大ファンであるの曲の振りをフィットネスに取り入れた、「ピンク・レディー・エクササイズ」が盛況だったという。 2005年、に、ピンク・レディーの集団「キラキラ隊」の一員として出演すると 、いわゆる「」キャラクターが話題となる。 その後、芸能事務所への所属が決まり、本格的にタレント活動を開始した。 では、から「」の他、乾燥したに似ていることから、ドライ亜門というあだ名を付けられて頻繁にいじられるようになり、以降、常連出演者()となる。 同じく「」というあだ名で呼ばれていたと、番組内ユニット「ラクダとカッパ」を結成。 この他にも、「のスーパーマイルドセブン」や「とストローハット」などの番組内ユニットに参加した。 で2009年4月からスタートしたコーナー「今聴きたい名曲HEY! HEY! HEY! 」のパネラーとしてほぼ毎週出演し、後に「ハートにヒット」などの懐メロコーナーを担当。 司会の以外では唯一のレギュラー(出演しない週もあった)として出演していた。 著書の『誰にも書けないアイドル論』において「自分が作っているわけでもないのに、楽しむはずの音楽を上から目線で言いたくない。 評論ではなく、音楽が好きで話している」という考え方から、自身を音楽評論家ではなく、音を楽しむ『音"楽"家 おんらくか 』と名乗る。 自身初の選曲監修のコンピレーション・アルバム『Chris Music Promide』を手掛ける。 人物 [ ] であることを公表している。 父親と確執があり、2012年時点で20年近く会っていないという。 「父が死んでもには行かない。 親子とか血を分けたという言葉には騙されない」と述べている。 、問わず音楽好きで、や、など2万枚以上を所有。 好みのジャンルは、、、、、などである。 ニュー・ミュージックの中で無名の歌手や、忘れ去られた歌手なども幅広取り上げている。 公式ブログでも所蔵するレコードやCDを話題に取り上げ、曲にまつわる思い出や歌手のエピソードなどを綴っている。 音楽知識をもとに、解説や評論も行うほか 、などのCDのも手がけたり 、 JAL の機内オーディオプログラム『クリス松村のMUSIC BOOK』において、選曲、構成、プレゼンターを担当するなど、航空会社の機内音楽も担当している。 ラジオで「」を聴いてが好きになり、すぐさまシングルを買おうとレコード店へ向かったが、ジャケットに写った女性の裸に恥ずかしくなり(もとより女性に興味がなかった)、代わりにアルバム『』を購入している。 の熱烈なファンで、最も思い入れのある曲は「愛を描いて」「」。 2013年に行われた山下のツアーで販売されたパンフレットでは、山下のアルバム『』を題材に対談を行っている。 大の航空ファンと知られ、航空機のコレクションや航空機の写真をブログに披露している。 航空機に乗るためだけの旅行をするほど機体には詳しい。 主張 [ ] 情報技術の進歩による社会の変化に対して否定的な考えを持っており、インターネット上で匿名での書き込みができることを問題視しているほか、やなどの「ネットの副作用」により若者の想像力やコミュニケーション能力が無くなってきていると主張している。 また、音楽の販売にも否定的である。 による若者やの「使い捨て」問題などについては「私は高校時代から無職だったことが一度も無く、時給が420円だろうと、睡眠時間が2時間で残業代なしだろうと、全く気になったこともありません」 「私の時代なんて時給420円だったのに、時給が1,000円以上という好条件でも、日本人(求人に)応募さえしない。 どおりで、仕事帰りのコンビニに行くと外国人スタッフばかりなわけです。 外国人の方にとっては、金額的なことだけを見れば、素晴らしい労働条件ですからね」 と述べている。 出演 [ ] テレビ [ ] 現在の出演番組• (、2014年11月12日 - ) - 番組メインMC• (、2015年8月 - ) - エンタメコーナーレギュラー• (、2017年10月 - ) - 火曜パートナー• (TOKYO MX、2018年7月 - ) - 番組メインMC• しゃべりDJ クリス松村のミュージックアワー 松田聖子編 (、2018年9月 - ) - 番組メインMC• (TOKYO MX、2019年4月 - ) - レギュラーパートナー 過去の出演番組• (、2007年 - 2009年3月25日)• - 2010年) - ベストスリー編纂会・162号室• (フジテレビ、2007年 - 2011年9月28日)• (フジテレビ、2009年 - 2012年) - 「ハートにヒット」などの懐メロコーナー担当。 (、2011年4月19日 - 9月13日) - 準レギュラー• (、2010年 - 2012年) - 準レギュラー解答者• (・、2012年4月22日 - 2013年)• キニナルーム(、第2弾 2014年12月20日 - 全6回 )- パネラー• (、2015年10月7日 - 2016年3月30日)• (、2015年11月30日 - 12月22日)• (、2015年5月 - ) -火曜 準レギュラー• (、2017年4月 - 2018年3月9日) - 金曜日コメンテーター ドラマ• (フジテレビ、2008年8月6日) - 本人役• 第6話(フジテレビ、2011年11月15日) - バー「シャコンヌ」マスター役• (NHK総合、2017年3月18日) - 衣裳店店主役• 33(TBS、2018年3月5日) - 有川文正 役 ラジオ [ ]• 〜レッツゴーヤンヤン〜(、2011年10月29日 - 2014年3月)• クリス松村のザ・ヒットスタジオ〜レッツゴーヤンヤン〜(MBSラジオ、2014年4月4日 - 2015年3月)• クリス松村のザ・ヒットスタジオ(MBSラジオ、2015年4月4日 - )• (、2015年3月30日 - 2018年3月19日)• (、2015年4月5日 - )• (、2016年10月7日 - )• (、2018年8月16日)パーソナリティー・構成• (、2020年4月2日 - ) インターネット放送 [ ]• オニコオニママ(、2010年) - 声優• あいすくりーす(アメーバスタジオ)• とシンデレラガール(、2011年4月8日 - 9月30日)• Boom Up Tv(アメーバスタジオ) 映画 [ ]• 恋する弁当男子 TWILIGHT FILE VIII(、2011年11月5日公開) - 馬場日出男役 吹き替え [ ]• (アメリカ合衆国、2012年9月29日 日本公開) - ルーネル役• (アメリカ合衆国、2016年2月20日 日本公開) - 干し首役 CM [ ]• (2013年) - 人形の、、と共演(声のみの出演)• 「コンバット」(2014年)• マンダム「GATSBY」 2015年 作品 [ ] 著書 [ ]• 「誰にも書けない」アイドル論(、2014年8月1日) 楽曲 [ ]• ラクダとカッパ 『』(、2008年5月21日発売) - DVDシングル• 『』(2009年6月17日発売)• 『』(2010年3月17日発売)• 矢口真里とストローハット 『』(、2010年1月13日発売) 監修 [ ]• 『Chris Music Promide~あの夏のカセット~』(、2018年5月30日発売) -CDアルバム 脚注 [ ] []• 2012年12月11日. 2014年8月23日閲覧。 2014年8月23日閲覧。 テレビ番組. 2014年8月23日閲覧。 クリス松村オフィシャルブログ『夢見る勇気』 2014年3月31日. 2014年8月23日閲覧。 2005年6月2日. 2014年8月23日閲覧。 2014年2月7日. 2014年8月23日閲覧。 2014年8月7日. 2014年8月23日閲覧。 クリス松村オフィシャルブログ『夢見る勇気』 2012年10月8日. 2014年8月23日閲覧。 2011年8月29日時点の [ ]よりアーカイブ。 2013年6月8日閲覧。 クリス松村オフィシャルブログ『夢見る勇気』 2012年1月27日. 2014年8月23日閲覧。 クリス松村オフィシャルブログ『夢見る勇気』 2012年1月28日. 2014年8月23日閲覧。 クリス松村オフィシャルブログ『夢見る勇気』 2014年2月3日. 2014年8月23日閲覧。 クリス松村オフィシャルブログ『夢見る勇気』 2014年8月6日. 2014年8月23日閲覧。 2014年8月6日. 2014年8月23日閲覧。 クリス松村オフィシャルブログ『夢見る勇気』 2009年8月31日. 2014年8月23日閲覧。 クリス松村オフィシャルブログ『夢見る勇気』 2012年3月16日. 2014年8月23日閲覧。 クリス松村オフィシャルブログ『夢見る勇気』 2014年4月22日. 2014年8月23日閲覧。 クリス松村オフィシャルブログ『夢見る勇気』 2014年5月25日. 2014年8月23日閲覧。 ウォーカープラス. 2014年11月 12日. 2014年11月13日閲覧。 外部リンク [ ]• (出典:日本タレント名鑑)• Powered by (2008年10月1日〜).

次の

クリス・リードさん 日本に荷物送った直後の急逝だった…最後のブログで「たのしみだよ!」― スポニチ Sponichi Annex スポーツ

クリス ハート 死亡

来歴 [ ] の長男として、オランダのハーグに生まれる。 5歳の時に帰国し、に入学後へ。 その後も、、、、、、、、などで生活を経験している。 10代の頃は芸能界入りを目指し、多数のオーディションを受けたりしていた(松田聖子の相手役、息っ子クラブ等)。 詳しい時期は明かしていないが、かつて両親に内緒でに入り、『』などにで出演した経験がある。 しかし芽が出ず、大学卒業後はに就職する。 就職後は暴食により85kgまで太ってしまうが、スポーツクラブに通い、とにより3か月で30kgのに成功する。 広告代理店退社後はのマネージャーを経験したのち 、インストラクターに転身。 自身が大ファンであるの曲の振りをフィットネスに取り入れた、「ピンク・レディー・エクササイズ」が盛況だったという。 2005年、に、ピンク・レディーの集団「キラキラ隊」の一員として出演すると 、いわゆる「」キャラクターが話題となる。 その後、芸能事務所への所属が決まり、本格的にタレント活動を開始した。 では、から「」の他、乾燥したに似ていることから、ドライ亜門というあだ名を付けられて頻繁にいじられるようになり、以降、常連出演者()となる。 同じく「」というあだ名で呼ばれていたと、番組内ユニット「ラクダとカッパ」を結成。 この他にも、「のスーパーマイルドセブン」や「とストローハット」などの番組内ユニットに参加した。 で2009年4月からスタートしたコーナー「今聴きたい名曲HEY! HEY! HEY! 」のパネラーとしてほぼ毎週出演し、後に「ハートにヒット」などの懐メロコーナーを担当。 司会の以外では唯一のレギュラー(出演しない週もあった)として出演していた。 著書の『誰にも書けないアイドル論』において「自分が作っているわけでもないのに、楽しむはずの音楽を上から目線で言いたくない。 評論ではなく、音楽が好きで話している」という考え方から、自身を音楽評論家ではなく、音を楽しむ『音"楽"家 おんらくか 』と名乗る。 自身初の選曲監修のコンピレーション・アルバム『Chris Music Promide』を手掛ける。 人物 [ ] であることを公表している。 父親と確執があり、2012年時点で20年近く会っていないという。 「父が死んでもには行かない。 親子とか血を分けたという言葉には騙されない」と述べている。 、問わず音楽好きで、や、など2万枚以上を所有。 好みのジャンルは、、、、、などである。 ニュー・ミュージックの中で無名の歌手や、忘れ去られた歌手なども幅広取り上げている。 公式ブログでも所蔵するレコードやCDを話題に取り上げ、曲にまつわる思い出や歌手のエピソードなどを綴っている。 音楽知識をもとに、解説や評論も行うほか 、などのCDのも手がけたり 、 JAL の機内オーディオプログラム『クリス松村のMUSIC BOOK』において、選曲、構成、プレゼンターを担当するなど、航空会社の機内音楽も担当している。 ラジオで「」を聴いてが好きになり、すぐさまシングルを買おうとレコード店へ向かったが、ジャケットに写った女性の裸に恥ずかしくなり(もとより女性に興味がなかった)、代わりにアルバム『』を購入している。 の熱烈なファンで、最も思い入れのある曲は「愛を描いて」「」。 2013年に行われた山下のツアーで販売されたパンフレットでは、山下のアルバム『』を題材に対談を行っている。 大の航空ファンと知られ、航空機のコレクションや航空機の写真をブログに披露している。 航空機に乗るためだけの旅行をするほど機体には詳しい。 主張 [ ] 情報技術の進歩による社会の変化に対して否定的な考えを持っており、インターネット上で匿名での書き込みができることを問題視しているほか、やなどの「ネットの副作用」により若者の想像力やコミュニケーション能力が無くなってきていると主張している。 また、音楽の販売にも否定的である。 による若者やの「使い捨て」問題などについては「私は高校時代から無職だったことが一度も無く、時給が420円だろうと、睡眠時間が2時間で残業代なしだろうと、全く気になったこともありません」 「私の時代なんて時給420円だったのに、時給が1,000円以上という好条件でも、日本人(求人に)応募さえしない。 どおりで、仕事帰りのコンビニに行くと外国人スタッフばかりなわけです。 外国人の方にとっては、金額的なことだけを見れば、素晴らしい労働条件ですからね」 と述べている。 出演 [ ] テレビ [ ] 現在の出演番組• (、2014年11月12日 - ) - 番組メインMC• (、2015年8月 - ) - エンタメコーナーレギュラー• (、2017年10月 - ) - 火曜パートナー• (TOKYO MX、2018年7月 - ) - 番組メインMC• しゃべりDJ クリス松村のミュージックアワー 松田聖子編 (、2018年9月 - ) - 番組メインMC• (TOKYO MX、2019年4月 - ) - レギュラーパートナー 過去の出演番組• (、2007年 - 2009年3月25日)• - 2010年) - ベストスリー編纂会・162号室• (フジテレビ、2007年 - 2011年9月28日)• (フジテレビ、2009年 - 2012年) - 「ハートにヒット」などの懐メロコーナー担当。 (、2011年4月19日 - 9月13日) - 準レギュラー• (、2010年 - 2012年) - 準レギュラー解答者• (・、2012年4月22日 - 2013年)• キニナルーム(、第2弾 2014年12月20日 - 全6回 )- パネラー• (、2015年10月7日 - 2016年3月30日)• (、2015年11月30日 - 12月22日)• (、2015年5月 - ) -火曜 準レギュラー• (、2017年4月 - 2018年3月9日) - 金曜日コメンテーター ドラマ• (フジテレビ、2008年8月6日) - 本人役• 第6話(フジテレビ、2011年11月15日) - バー「シャコンヌ」マスター役• (NHK総合、2017年3月18日) - 衣裳店店主役• 33(TBS、2018年3月5日) - 有川文正 役 ラジオ [ ]• 〜レッツゴーヤンヤン〜(、2011年10月29日 - 2014年3月)• クリス松村のザ・ヒットスタジオ〜レッツゴーヤンヤン〜(MBSラジオ、2014年4月4日 - 2015年3月)• クリス松村のザ・ヒットスタジオ(MBSラジオ、2015年4月4日 - )• (、2015年3月30日 - 2018年3月19日)• (、2015年4月5日 - )• (、2016年10月7日 - )• (、2018年8月16日)パーソナリティー・構成• (、2020年4月2日 - ) インターネット放送 [ ]• オニコオニママ(、2010年) - 声優• あいすくりーす(アメーバスタジオ)• とシンデレラガール(、2011年4月8日 - 9月30日)• Boom Up Tv(アメーバスタジオ) 映画 [ ]• 恋する弁当男子 TWILIGHT FILE VIII(、2011年11月5日公開) - 馬場日出男役 吹き替え [ ]• (アメリカ合衆国、2012年9月29日 日本公開) - ルーネル役• (アメリカ合衆国、2016年2月20日 日本公開) - 干し首役 CM [ ]• (2013年) - 人形の、、と共演(声のみの出演)• 「コンバット」(2014年)• マンダム「GATSBY」 2015年 作品 [ ] 著書 [ ]• 「誰にも書けない」アイドル論(、2014年8月1日) 楽曲 [ ]• ラクダとカッパ 『』(、2008年5月21日発売) - DVDシングル• 『』(2009年6月17日発売)• 『』(2010年3月17日発売)• 矢口真里とストローハット 『』(、2010年1月13日発売) 監修 [ ]• 『Chris Music Promide~あの夏のカセット~』(、2018年5月30日発売) -CDアルバム 脚注 [ ] []• 2012年12月11日. 2014年8月23日閲覧。 2014年8月23日閲覧。 テレビ番組. 2014年8月23日閲覧。 クリス松村オフィシャルブログ『夢見る勇気』 2014年3月31日. 2014年8月23日閲覧。 2005年6月2日. 2014年8月23日閲覧。 2014年2月7日. 2014年8月23日閲覧。 2014年8月7日. 2014年8月23日閲覧。 クリス松村オフィシャルブログ『夢見る勇気』 2012年10月8日. 2014年8月23日閲覧。 2011年8月29日時点の [ ]よりアーカイブ。 2013年6月8日閲覧。 クリス松村オフィシャルブログ『夢見る勇気』 2012年1月27日. 2014年8月23日閲覧。 クリス松村オフィシャルブログ『夢見る勇気』 2012年1月28日. 2014年8月23日閲覧。 クリス松村オフィシャルブログ『夢見る勇気』 2014年2月3日. 2014年8月23日閲覧。 クリス松村オフィシャルブログ『夢見る勇気』 2014年8月6日. 2014年8月23日閲覧。 2014年8月6日. 2014年8月23日閲覧。 クリス松村オフィシャルブログ『夢見る勇気』 2009年8月31日. 2014年8月23日閲覧。 クリス松村オフィシャルブログ『夢見る勇気』 2012年3月16日. 2014年8月23日閲覧。 クリス松村オフィシャルブログ『夢見る勇気』 2014年4月22日. 2014年8月23日閲覧。 クリス松村オフィシャルブログ『夢見る勇気』 2014年5月25日. 2014年8月23日閲覧。 ウォーカープラス. 2014年11月 12日. 2014年11月13日閲覧。 外部リンク [ ]• (出典:日本タレント名鑑)• Powered by (2008年10月1日〜).

次の

クリス松村

クリス ハート 死亡

クリスリードが死去死亡で死因は病気 【訃報】フィギュアアイスダンス五輪選手のクリス・リードさんが急逝 30歳で死因は心臓突然死と、日本スケート連盟が発表。 3度の五輪出場をしており、昨年末に現役引退を発表していた。 — ライブドアニュース livedoornews クリスリード選手の訃報について、デイリーなどは以下のように報じています。 フィギュアスケートのアイスダンスで日本代表として五輪に3度出場したクリス・リードさんが、15日午前12時20分にアメリカ・デトロイトで死去したことが17日、分かった。 30歳。 死因は心臓突然死だった。 日本スケート連盟が発表した。 リードさんはバンクーバー(17位)、ソチ(21位)、平昌(15位)で3度の五輪出場。 昨年末に現役引退を発表した。 長島会長は「突然の訃報に大変驚いております。 長年に渡り日本のアイスダンスの発展に貢献していただいたクリス・リードさんに改めて深く感謝の意を表しますとともに、ご家族の皆様に心からお悔やみを申し上げ、リードさんのご冥福をお祈りします」と追悼のコメントを発表した。 報道によると、死因は心臓病による突然死とのこと。 『心臓突然死』と記載されていますが、これは病名ではなく、心臓疾患が原因の突然死の総称です。 具体的な病名については記載されていませんが、心臓突然死の多くは遺伝性の不整脈疾患と言われています。 心臓突然死とは? 心臓突然死とは、健康だと考えられていた人が、突然に致死的心室性不整脈(心室細動など)に見舞われて、この不整脈が原因で心臓が正常に収縮することができなくなり、脳に血液が循環せず死に至る疾患です。 日本においては、心臓突然死によって年間約6〜8万人が亡くなっております。 63で暫定5位です! — オリンピック gorin クリスリード選手は、1989年7月生まれのフィギュアスケート選手で、日本とアメリカのハーフ。 村元哉中選手のパートナーとしても知られ、日本代表としてオリンピックにも出場していました。 長年パートナーとして数々のアイスダンスの退会に出場してきたクリスリード選手と 村元哉中選手。 二人は2018年8月にカップル解消を発表していますが、その解散理由とは一体何だったのでしょうか? 当時の日刊スポーツ記事には、クリスリード選手のコメントが以下のように掲載されました。 「このたび、村元哉中さんとのパートナーを解消することになりましたことを、とても残念に思っております。 私自身は、これで終わりではなく、これからも日本のアイスダンスのレベル向上のために努力を続けていきたいと考えております」 「そして、哉中さんの今後のご活躍をお祈りしております」 具体的な解散理由は記載されていませんが、方向性の違いというのがファンの間での一般的な認識です。

次の