ギャバ チョコ 睡眠。 【チョコ×快眠】寝る前に食べて睡眠効率90%越えを達成した体験談

GABA for sleepの効果がすごい!睡眠用チョコレートが話題

ギャバ チョコ 睡眠

グッスリ眠れると話題の睡眠チョコ「GABA fore Sleep」 今回、夜の寝つき改善に少しでも効果があればと思い、買ってみたのが大手食品メーカーglico(グリコ)が2019年より販売するGABA配合睡眠チョコ「GABA for Sleep(ギャバフォースリープ)」。 2005年に先駆けて販売されたメンタルバランスチョコレートシリーズ「GABA(ギャバ)」の睡眠版です。 「睡眠の質を高める」という売り文句の元、販売されたこの睡眠チョコは、本当に食べるだけで夜グッスリと眠れるとツイッターを始めSNSで話題。 サプリではなくチョコを食べるだけで、本当に睡眠の質が改善するのか、本当は大した効果はないのではと疑いながらも、このチョコを買って試してみることにしました。 GABA for Sleepは機能性表示食品なのである程度の効果があるのは確かなよう 睡眠チョコと言われる「GABA for Sleep」は、機能性表示食品。 機能性表示食品とは、商品パッケージに表示する特定の機能性に科学的根拠があり、特定の機能性を有する商品として消費者庁にも届け出を行っている食品のこと。 つまり、GABAには睡眠の質の改善に役立つ機能性に科学的根拠があり、このチョコも睡眠に関する機能性を有する商品として消費者庁にしっかりと届け出された食品であるということ。 GABAには脳の興奮を鎮めリラックスさせる効果があり、それが睡眠の質の改善にもつながるとのこと。 なので、この「GABA for Sleep」は個人差があるので一概には言えないけども、ある程度の効果が期待できるのは間違いなさそう。 「GABA for Sleep」を食べるなら就寝1時間前のタイミングがよさそう せっかくグッスリと眠るために睡眠チョコ「GABA for Sleep」を食べるなら、一番効果が期待できるタイミングで食べたいと思い色々調べてみたところ、どうやら就寝1時間前の食べるのがよさそうです。 日本食品機能研究会(JAFRA)のホームページで掲載されているによると、睡眠60分前にGABA100mgを摂取し、睡眠の質の明らかな改善が認められたとのこと。 取りあえずGABAの睡眠効果を試してみるなら、寝る1時間前に摂ってみるのが良さそうです。 また、では、昼間(夕方15時)に100mg摂取することでもその日の睡眠の質改善につながったという報告もあるので必ずしも夜遅くに摂る必要はなく、就寝前のチョコに抵抗がある人は夕方ぐらいに食べるのでも良さそうです。 GABA入りの睡眠チョコ、普通に味は美味しい!! 早速、話題の睡眠チョコ「GABA for Sleep」を就寝1時間前に3粒(GABA100mg分)食べてみました。 機能性表示食品のチョコということもあり、多少薬っぽいというかサプリっぽい独特の味なのかと思いきや、味は普通のミルクチョコレート。 特に他の一般的なミルクチョコレートとの違いを感じることはなく、普通に美味しく食べることが出来ました。 中にGABAが入っているというのも全く感じる余地もありません。 ただし、3粒でカロリーは71kcal。 おまけに普通に甘いチョコレートということもあり、寝る1時間前(23時)に食べるのには多少なりとも違和感がありました。 この点が気になる場合はやはり夕方もしくは晩御飯の後すぐに食べた方が良いでしょう。 GABA入りの睡眠チョコ、肝心の効果は!? 「GABA for Sleep」は全部で12粒入り。 1日に3粒食べる必要があるので、取りあえず1箱分である4日間寝る1時間前に3粒食べてその効果を試してみました。 ある程度GABAの高い効果を期待したものの、1時間前に睡眠チョコを食べておけばベッドに入ってすぐに眠れるということはありませんでした。 割と早く眠れた日もあれば中々寝つけられずスマホをいじっている日もありました。 なので、当然のように睡眠導入剤のように目に見えて凄い効果があるということではありません。 それでも、このチョコを食べるとプラシーボ効果も多少あるのかもしれませんが、就寝時に多少なりともいつもよりもリラックスできているのは確か。 なので、全く効果が無いということはなく多少なりとも効果はあると思います。 ただし、大きく睡眠の質が改善するかどうかは個人差がかなり大きいと感じました。 一応GABA自体は睡眠に効果があることが研究によって証明されているので、夜の寝つきの悪さや朝目覚めた時にグッスリと眠った感じが無いという人は一度試してみる価値はありそうです。 005~0.

次の

チョコで快眠?『GABA for Sleep』を検証

ギャバ チョコ 睡眠

GABAチョコレートの効果とは? そもそもチョコレートとはどのようなものなのでしょうか? 体内で抑制系の神経伝達物質として働くGABAですが、普段私たちが摂っている食品の中にも含まれています。 やジャガイモ、カボチャなどに多く含まれていますが、チョコレートにも元々含まれています。 食品中のGABA含有量は、こちらで詳しく解説しています。 このGABAの含有量を増やして作られたのがGABAチョコレートです。 の多い現代社会の中、ちょっと一息ついて甘いものを口にすることはとても大きな意味を持ちます。 が働くために必要なエネルギーは糖分ですから、それを補給することはもちろんですが、チョコレートを食べた時に肩の力が少し抜けたなぁと感じたことはありませんか? チョコレートに含まれているGABAにはリラックス効果があるとされています。 忙しい毎日の中でも、ちょっとしたときに気軽に口にでき、さらに気持ちを和らげてくれる。 そのような目的で作られたのがGABAチョコレートです。 機能性表示食品として認められており、「事務的な作業による一時的・心理的なストレスを低減する」との表記がされています。 GABAチョコレートの相場は? GABAチョコレートとして最も有名なのはの「メンタルバランスチョコレートGABA」でしょう。 一袋あたり23粒入っています。 通販サイトで価格を見てみると、味によって差はありますが1袋あたり160円から190円で販売されています。 1日あたりの標準摂取量が5粒とされているので、1袋で4. 6日分です。 1日あたりのコストで見てみると35~42円といったところです。 一般的な板チョコの重さは約60g。 グリコのGABAチョコレートが1袋51g。 板チョコ1枚が100円前後で買えることを考えると割高ですが、そこは仕方ありません。 GABAチョコレートの1日の適切摂取量 グリコの「メンタルバランスチョコレートGABA」の1日の適切摂取量は10g 5粒 とされています。 チョコレート100gあたりGABAを280mg含有とありますので、1日のGABA摂取量は28mgとなります。 十分なリラックス効果を得るために必要なGABAは1日あたり0. 1~0. 4gとされていますので、チョコレートだけでは足りません。 他の食品からもバランスよく摂取することが必要です。 GABAチョコレートを摂りすぎたとしても、GABAの過剰摂取につながることは無いでしょう。 しかし、チョコレートの摂りすぎは過剰なカロリー摂取へ直結します。 普通のチョコレートと同様、食べ過ぎには注意が必要です。 おすすめのGABAチョコレート製品を紹介! GABAチョコレートで一番有名なのは、グリコの「メンタルバランスチョコレートGABA」でしょう。 お菓子のメーカーとしても大手ですし、そもそも普通のチョコレートが十分美味しいのですから味に間違いはありません。 そして大手だけあって、普通のスーパーやドラッグストア、コンビニエンスストアなどでも購入することができます。 チャック付きのパウチ包装で携帯にも便利ですし、表面がなめらかで手が汚れにくく作られています。 味はミルクとビターの2種類です。 期間限定で塩ミルク味も販売されています。

次の

食べるとよく眠れる「睡眠用チョコ」ってホント? 効果を検証してみた!

ギャバ チョコ 睡眠

2019年9月19日 GABAは睡眠・安眠に効果的? の代表的な作用として知られているのはリラックス効果です。 中枢神経系において抑制的に働く物質のため、体が興奮状態にある時はそれを抑えようとします。 その働きを利用し、医療現場においてもGABAの働きを調整する薬物が、不安感を取り除くため、熟睡するために不安感を取り除いたり、熟睡することを目的として利用されています。 普段の食事中からもGABAは摂取されていますが、その量は十分とは言えません。 仕事やプライベートでもの多い日々を過ごしていると、体内のGABAが過剰に消費されてしまいます。 その結果、時に十分なリラックス状態を保つことができなくなります。 睡眠時間は足りているのに、寝起きがスッキリしなかったり、熟睡感が得られなくなったりするといった状態になるのです。 GABAの作用を十分に発揮するには1日当たり0. 1~0. 4gの摂取が必要とされています。 普段の食生活の中でこれだけの量を摂るのは、現代の日本人では難しいといえます。 サプリメントの利用などでGABAを補充することが、安眠に繋がるといっても良いでしょう。 GABAの効果を最大化する摂取すべきタイミングを解説! GABAの睡眠サポート効果を十分に発揮させるためには、就寝時間の30分から1時間前に摂取するのが良いと言われています。 眠りにつきたいタイミングで神経が興奮状態にあると、なかなか寝付けません。 たとえ寝付いたとしても、の活動が活発な状態にあると熟睡できず、十分な睡眠時間にも関わらず疲れが取れないといった状態になるでしょう。 GABAが働くまでの時間を考慮し、事前に摂取しておく必要があるのです。 また、GABAの働きを十分に活かすため、生活習慣にも気を付けましょう。 適度な運動は、良い睡眠をとるためには必須のものです。 起床時間と就寝時間を一定に保つことで、体のリズムも整えられます。 体温が下がる時に体は眠りに入りやすくなります。 お風呂に入る時間帯にも気を配ると、睡眠の質も向上するでしょう。 更に良い睡眠を求めるようであれば、日中の食事にも着目しましょう。 日中のGABAの摂取が、夜間の睡眠にも影響するという報告あります。 サプリメントの摂取だけではなく、普段の食事の中で自然のものからGABAを摂取する。 そのように心がけることで、ストレスに対する抵抗性も上がり、安定した気持ちで過ごすことができるようになります。 睡眠の事だけを考えるのではなく、1日を通して健康的な生活を送ることが安眠への一番の近道だと言えます。 サプリメントは補助的なものだということを忘れずに、まずは自分の毎日を振り返ることから始めましょう。

次の