フリッツ ホンカ 事件。 ドイツに実在した連続殺人鬼フリッツ・ホンカ本人との比較写真と実在する獲物を物色したバー写真を公開!『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』

映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』あらすじとキャスト。ファティ・アキンが実在の事件を描く

フリッツ ホンカ 事件

「こんばんは、マダム」。 殺人鬼はすぐ隣にいる…。 第69回ベルリン国際映画祭コンペティション部門正式出品、70年代ドイツに 実在した連続殺人鬼の物語をファティ・アキン監督が描いた映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』。 Entertainment GmbH 映画 『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』は2020年2月14日(金)バレンタインデーより、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次公開されます。 この度、 ビジュアルと予告編が解禁となりましたので、ご紹介いたします。 フリッツはカウンターに座る女たちに声をかけても、「不細工すぎて勘弁」と、相手にしてもらえません。 心を開いてくれた女には空回りな行動をしてしまうフリッツ。 部屋の異臭に戸惑う女が屋根裏で目にしたものは…。 70年代ドイツを彩るヒット曲の陽気なテンポが、逆に不気味な雰囲気をかもし出します。 そして、街中で見かけた金髪の美少女に心を奪われるフリッツ。 生肉を食いちぎり、切り刻む美少女…フリッツの妄想が膨らんでいきます。 最後、 カメラ目線で「こんばんは、マダム」と、観客に語りかけるフリッツ。 映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』のあらすじ 敗戦がまだ尾を引いていた1970年代ドイツ、ハンブルク。 彼がカウンターに座る女に声を掛けても、いつも顔をしかめられるだけ。 一見、無害そうに見えるフリッツの狂気に気づく常連客は誰ひとりいませんでした…。 ファティ・アキン監督作『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』は2020年2月14日(金)より、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー !.

次の

『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』ファティ・アキン監督インタビュー 「作り手として初めて妥協していないのがこの作品なんです」[ホラー通信] | ガジェット通信 GetNews

フリッツ ホンカ 事件

ドイツ、ハンブルクの赤線地帯にあるさびれたバーでフリッツ・ホンカは毎晩のように酒を飲んでいた。 醜い彼は女性にほとんど手にされなかった。 仕方なく、そこに来る年増のアル中の売春婦たちを家に誘い、酒を飲ませて抱こうとした。 しかし酒が入ると暴力的になるフリッツ・ホンカは女が自分の言うことを聞かないと、衝動を抑えられなくなり、殺人を犯してしまうのだった。 遺体を切断し、外に捨てると、すぐに新聞に取り上げられ、騒ぎになってしまった。 それを機にフリッツ・ホンカは一人、また一人と増えていく死体を家の中に隠しておくことにする。 屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカのキャスト• ヨナス・ダスラー• マルガレーテ・ティーゼル• ハーク・ボーム 屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカの感想と評価 「」や「ソウル・キッチン」で知られるファティ・アキン監督による、実在する連続殺人鬼の犯行をつづったスリラー。 主人公の醜さもさることながら、場末のバーで飲みつぶれている負のオーラを漂わせた汚い中年男女たちばかりが登場する、美しさのかけらもない映画です。 よくここまで醜いおっさんおばさんを集めたなぁ、というぐらいキャストのルックスがすごいです。 舞台が風俗街にあるバー、それも底辺の酒場なので、ある意味それはリアリティーがあって演出や雰囲気づくりとしては素晴らしいです。 いい歳したおっさんおばさんが人目もはばからずに泣いたり、キスしたりしてる風景ってどこかの日本の場末のスナックの状況と似ていますね。 あれを見せられると結構きついものがあるけど。 しかし醜さの中に人間性があったり、ドラマがあればまだ救われたんでしょうが、容赦なく病的で狂気の世界を描いているせいか、胸糞悪いだけの話になっていました。 かといって怖いかといったら、なぜか怖くないんですよね。 気持ち悪さはあるし、主人公が残虐な連続殺人に手を染めていくにも関わらず、恐怖が伝わってこないってスリラーとしては致命的でしょう。 その理由の一つにフリッツ・ホンカから暴力を振るわれる売春婦たちの反応にあるのかもしれません。 普段、暴力と隣り合わせの生活をしているからなのか、殴られた後の反応がそれぞれいまいちなんですよね。 大騒ぎしないし、ひどい目にあっても逃げようとしなかったり、平気で酒を飲み続けたり、中には通いつめたりする女までいて理解に苦しみました。 また、どこかブラックユーモアを混ぜてきてるようなところがちょくちょく見受けられるせいで終始、酒に飲まれて何がなんだかわからなくなってしまった滑稽な男女の絵になっていたのが問題でした。 警察に主人公が捕まるか、捕まらないのかのハラハラも皆無でしたね。 それもそも終始視点は主人公だし、彼を追う警察側の描写がなかったので、まるで捕まる気配も感じられません。 その割には捕まるときは唐突で、なんともあっけなく、また逮捕後の心境や事件を語る主人公の姿も映していません。 フリッツ・ホンカがずっと狙っていた若い女の子も序盤から何度も登場させるなら、彼女をめぐって何かしらの事件がないと、ただの空振りじゃないですか。 回収しない伏線なんていらないじゃん。 連続殺人鬼の物語で、気持ち悪いだけで怖くない、という点でいったら「」と似ていますね。 あれもひどかったけど、これも通じるものがありますね。 一方でファティ・アキン監督は、「」にしろ「ソウル・キッチン」にしろ、本作にしろ毎回作風が全然違くて驚きますね。 まるでそれぞれの作品に共通点がないじゃないですか。 別人の作品でしょ、これ。 ここまで監督スタイルやらしさが見えてこないのも珍しいんじゃないかなぁ。 でも「」を見てファンになった人がこの映画を見たら、「え? なにこれ?全然違うじゃん」ってなると思いますよ。

次の

おぞましきドイツの殺人鬼“フリッツ・ホンカ”…ターゲットにした女性たちの共通点とは?

フリッツ ホンカ 事件

映画化される連続殺人鬼と聞くと、『羊たちの沈黙』 91 のハンニバル・レクター博士や、実在のシリアルキラー、テッド・バンディなど、凶悪犯とわかっていてもカリスマ性を持つような人物をイメージしてしまわないだろうか? 高いIQ、美麗な容姿、巧みな話術…そうした人物像には当てはまらない、孤独な人生を送った殺人鬼もいる。 1970年代にドイツ・ハンブルグで連続殺人事件を起こしたフリッツ・ホンカがまさにその主たる例で、彼に迫った映画が現在公開中の『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』だ。 『ソウル・キッチン』 09 、『女は二度決断する』 17 などの名匠、ファティ・アキンが本作を手掛ける [c]2019 bombero international GmbH&Co. Entertainment GmbH 4人の女性を殺したドイツで有名な殺人鬼フリッツ・ホンカ 日本では聞きなじみのないフリッツ・ホンカという名前だが、ハンブルグに住んでいた本作の監督で、『女は二度決断する』 17 の俊英ファティ・アキンによれば、幼いころには「気をつけないと、ホンカに捕まるぞ!」と言われていたほど、ドイツではポピュラーな存在だという。 どうしてそこまで恐れられていたのかと言えば、ホンカが70年から75年の間にかけて4人の女性を殺害して死体をバラバラにし、自室である屋根裏に隠し続けるという、衝撃的な事件を起こした身近な存在だったからだ。 映画は、ホンカの第1の殺人から逮捕までを描いている [c]2019 bombero international GmbH&Co. Entertainment GmbH そんなホンカが死体の処理に苦心する戦慄のシーンから幕を開ける本作は、ボロアパートと彼が入り浸っていた風俗街にある安酒場を中心に、彼の悲惨な暮らしぶりや女性たちとの関わり、酒の勢いに任せたまったく鮮やかではない生々しい犯行の様子を徹底的にドライな視点で映しだす。 そして、彼がとあることをきっかけに、あっけなく警察に捕まるまでが描かれている。 男性たちには威張ることなく接しているホンカだが… [c]2019 bombero international GmbH&Co. Entertainment GmbH 容姿へのコンプレックスと重度のアルコール依存 ホンカを語る上で、まず触れないといけないのが特徴的なそのルックスだ。 若いころに交通事故に遭ったことで鼻は潰れ、目は斜視、頭髪は薄くなっており…と、コンプレックスを抱えている。 さらには平均身長が180cmほどというドイツ人の中でも、165cmとかなり小柄な男だった。 映画では、このホンカのルックスを特殊メイクにより見事に再現。 当時22歳の若手俳優ヨナス・ダスラーが40代のホンカを演じているのだが、美男な彼の面影は一切なし。 ひん曲がった姿勢でうつむきがちにトボトボと歩き、どこか不気味さを覚える男として登場する。 カリスマ性一切ゼロのドイツの連続殺人鬼フリッツ・ホンカを知っているか? [c]2019 bombero international GmbH&Co. Entertainment GmbH また、幼少期から暴力的で酒乱な父からアルコールを飲ませられることもあったホンカは、自身もアルコール依存症の大酒飲み。 酒癖も悪く、酒の力を借りて威圧的な態度を取るような人間だったようだ。 劇中の彼も、普段は大人しくしているのだが、ドイツを代表する蒸留酒シュナップスを酒場でも自宅でも水のように飲み泥酔すると自分より弱い女性にだけ大柄な態度を取る始末。 そんなホンカも一度は、酒を断とうとするもののとある女性との関係から再び酒に手を出してしまう…。 【写真を見る】フリッツ・ホンカを演じているのは22歳のイケメン俳優ヨナス・ダスラー。 風貌が違いすぎる…! [c]2019 bombero international GmbH&Co. Entertainment GmbH.

次の