津引越し安い。 三重県の引越し業者おすすめ一覧&ランキング|引っ越し見積もり・比較【SUUMO】

赤帽の引っ越しは安い?単身パックの料金や荷物量と比較してみた

津引越し安い

石川県・金沢市でおすすめの安い引越し業者をチェック! まずは、気になるところ! 石川県・金沢市でぜひとも利用したい実力派でおすすめの引越し業者を一覧で確認していきましょう。 大手の引越し業者は石川県に拠点を設置していることが多いので、大手に依頼したい方は選択肢が広いです。 以下では、今回ピックアップしたおすすめの引越し業者それぞれの特徴や魅力をみていきましょう。 石川県でもやっぱりココ!アート引越センター金沢営業所 アート引越センターは金沢営業所を展開しています。 全国的に知名度が高く、全国各地に拠点を持つアート引越センターということで石川県でもやっぱり依頼しやすい傾向にあります。 石川県発着の長距離引越しでも、全国対応のアート引越センターなら安心して任せられます。 料金もリーズナブルな傾向があり、料金交渉にも柔軟に対応してくれるので安さ重視派にはおすすめの大手引越し業者だといえます。 もちろん接客やサービス面でもクオリティが高いです! 満足度の高いサカイ引越センターで快適引越し サカイ引越センターは全国的に満足度の高い引越し業者です。 サカイ引越センターはとても規模の大きな引越し業者ということもあり、抜群の安心感や信頼を獲得しています。 そんなサカイ引越センターは石川県内に2拠点を展開しています。 2拠点あるので、石川県内の引越しでは最適なほうの拠点からトラックを出して対応してくれます。 このように石川県内のカバー力が高いことから石川県内の引越しで使い勝手が良くおすすめの引越し業者です。 サカイ引越センターは対応力があります。 見積り依頼の段階から対応が迅速です。 対応が全体的にテキパキしていることから、多忙な合間をぬって引越し業者探しをしないといけない、見積り等準備していかないといけないという方と特に相性の良い引越し業者だといえます。 サカイ引越センターが気になる方は見積り依頼から始めてみてくださいね。 安心の引越し業者といえば!ヤマトホームコンビニエンス金沢支店 配送業者として日本国内で知名度の高いクロネコヤマトが運営する引越し業者がです。 ヤマトホームコンビニエンスには、金沢支店があります。 クロネコヤマトといえば丁寧で時間通りの宅急便で知られています。 そんなクロネコヤマトの実力や信頼感そのままに引越しに対応してくれる引越し業者ということで、全体的に根強い人気があります。 もちろんその実力は、石川県でもばっちり発揮してくれます。 ノウハウのしっかりした実力派の引越し作業、好感度の高い接客。 快適で温かみのある引越しを求めるなら、ヤマトホームコンビニエンスに要注目です! 石川県内の引越し料金相場 石川県・金沢市でぜひとも利用したいおすすめの引越し業者を確認したところで、続いては多くの方にとって気になる、引越し料金相場についてみていきましょう。 格安引越し業者を利用すれば引越し料金相場よりも安くなる可能性があり、逆に繁忙期やタイミングによっては引越し料金相場よりも高くなる可能性もあります。 状況によって変わる可能性があるので、あくまでも1つの参考としてみるようにしましょう! ちなみに、努力によって引越し料金相場よりもさらに安くすること、充分可能です! 節約テクニックについては後ほどご紹介しますね。 石川県と金沢市の引越しは単身引越しなら安い? 石川県内の引越し料金相場・・・単身だと正直、全国的にみても少々高めです。 むしろ安くないという結果に! 全国的にみると、単身引越し料金相場は20,000円というところもあるので、石川県内の単身引越し料金相場は決して安いとはいえません。 しかし、家族引越しになると全国的にみても安い傾向が垣間見えます。 石川県内の引越し案件は家族引越しが多く、その関係で家族引越しのほうに力を入れる引越し業者が多くて安くなりやすいのかもしれませんね。 とはいえ、「単身引越しを予定しているけど、石川県内で単身引越しするなら高いんだ」と、諦めることなかれです。 石川県と金沢市の引越しを節約する方法はある? 石川県内の引越し料金を節約する方法はあります! もちろん、絶対に安くなるとは言い切れませんが、安くなる確率が上がります。 引越し準備にひと手間加えるだけで料金が安くなる可能性!?ということで、これは安さ重視派なら試さない手はありません。 以下で詳しくご紹介していきます。 引越し見積一括比較サイトが便利! 引越し見積一括比較サイトを駆使するという方法です。 節約テクニックを意識しなくても、「普通に使うよ!」という方も、もしかしたらいるかもしれませんが、これは基本中の基本にあたります。 引越し見積一括比較サイトは、引越し業者が各社とも「競争」を意識しているということもあり、全体的にどこも見積り料金が安くなりやすい傾向にあります。 つまり、引越し見積一括比較サイトを利用するだけで、結果的に引越し料金が本来より安くなる可能性が生まれます! 引越し見積一括比較サイト自体の利用は無料、もちろん引越し業者の見積り対応も無料ということで、これは利用しない手はありません! 料金交渉のコツってどう? こちらも引越しの場ではけっこうしているという方が多いです。 「料金交渉」 引越し料金は料金交渉で安くなりやすい傾向を持ちます。 ストレートに交渉してみると、予想外な程安くなる可能性もあります。 料金交渉は不慣れという方も、初めてするという方も、まずは勇気を出して料金交渉してみてはいかがでしょうか。 ちなみにタイミングは見積り結果が出たタイミングがベストです! 「まとめ」石川県の引越し業者はしっかり選ぼう! 今回の記事では石川県・金沢市のおすすめ引越し業者と、石川県内で引越しする場合の料金相場について視点を当ててご紹介しました。 石川県内の単身引越しの料金相場の目安は少々高めですが、やり方次第で目安よりも安く引越しすることも可能です。 石川県は観光地としても人気、おいしい料理もたくさんある魅力的な県です。 そんな石川県内で引越しをするときは、しっかりと対応してくれる実力派の引越し業者を選ぶようにしましょう。 石川県内の実力派の引越し業者を選ぶときに活躍してくれるのが引越し見積一括比較サイトです。 これから引越し業者探しをする方は、引越し見積一括比較サイトをぜひ駆使してみてくださいね。 石川県・金沢市の引越しの満足度は引越し業者で決まる!? 事前にしっかりと情報収集を行い、石川県・金沢市で理想の引越しを目指していきましょう!.

次の

単身引越しパックは安いか料金を比較!単身プランと運べる荷物の違いも解説|引越し見積もりは引越し侍

津引越し安い

サカイ引越しセンター 2. アート引越しセンター 3. 赤帽 4. 日本通運 5. クロネコヤマト 私は以前引越し業者で見積もり担当をしておりました。 8年間で約3,000件の成約をいただき、引越しの見積り料金の相場についてはかなり詳しいと自分でも思っています。 その経験を元に、一番安い引越し業者を見つける方法を提案させていただきます。 ずばり、てっとり早く安い引越し業者を見つけるには、一括見積もりを利用してしまうのがベストです。 最大8社からすぐに見積もりが届きますので、その中から一番安い引越し業者を選ぶだけです。 (情報1) 引越しをする人は毎月数え切れないほどいます。 ですので、CMをバンバンながしているような大手の引越し業者になると、高めの料金設定でもお客さんは来るのです。 逆に言うとCMをはじめとした広告宣言費をたくさん使っているので、その分引越し料金は高くなっています。 なので、最初に見積もりで提示される引越し料金は高めになっています。 だからこそ、交渉次第で数万円の値引きができる場合があるんです。 私自身これを知る前後で引越し料金が大きく変わりました。 引越し業者は値引き交渉されることも想定した上で、はじめは高めの料金を提示してくることが多いです。 (私のいた引越し業者でも実際そうでした・・・) なので、最初に提示された金額に従ってしまうとかなりの金額を損してしまうことになります。 必ず値引き交渉を一度は行いましょう。 (情報2) 一括見積もりをするだけで安くなるわけではないです。 最近ではほとんどの人が、まずは無料の一括見積もりサイト( など)を利用して見積もりを複数もらうようです。 複数業者の相見積もりなので、それだけで料金が安くなっていると思っている人が多いです。 しかし実際は先ほども言ったように、初回に提示される料金は高めの料金なのです。 なので5社に見積もりをもらっても、高い見積もり書を5枚集めただけなんてことになってしまいます。 なので、例え一括見積もりを利用した場合でも、値引き交渉は行ったほうがいいのです。 これは知っている方も多いかもしれませんが、引越しが決まっているのであれば1日でも早く見積もりを依頼したほうが得です。 引越し業者としても準備がしやすいですし、予約も埋まっていないので料金も安くなりますし、サービスも良くなります。 1つのテクニックとしては、具体的な日にちが決まっていなくても、まずは見積もりをもらっておくことがおすすめです。 引越業者としても、一度安い見積もり書を出してしまうと、そこから大幅な値上げもしにくいというところが少なからずあります。 (注意) すでに引越し業者が決まっている人は無料見積もりサービスのご利用をお控えください。 引越しの料金を少しでも安くするためには、荷物を少なくすることや各社から見積もりを取得すること、そして値段交渉やオプションの交渉が必要です。 引越し料金はトラックの大きさや荷物、ダンボールの量で決まります。 大きなトラックが必要になれば、その分燃料代が高くなりますし、高速道路などの通行料に影響するため値段は上がります。 そして当たり前ですが、荷物が多くなればスタッフの人数も多く必要になります。 単身者の引越しの場合、スタッフは1人や2人であることがほとんどです。 しかし、大型家具が多いとその人数では対応できなくなってしまいます。 また、荷物が多いと梱包用のダンボールもたくさん必要になります。 ある程度のダンボールは引越し業者から無料でもらえますが、それを越える荷物がある場合は追加で購入したり、スーパーマーケットなどからもらってこなければなりません。 時間のない引越しをする場合、ダンボールを探して近所のお店をめぐる時間ももったいないことです。 業者からもらえるダンボールで収まらない荷物がある場合、持っていくことよりも処分することを考えたほうが効率的です。 また、荷物を少なくすれば引越しの前後にかかる作業も簡単になります。 梱包したりダンボールから荷物を出す作業は、引越しをするさいにかなり時間が取られる作業です。 基本的な考えとしては、「自分が絶対に必要なものは持っていく。 それ以外は削除する。 」です。 特にここ1年ぐらいで使っていないものは、今後も使わない可能性が高いものです。 引越しの機会に処分しても問題ないでしょう。 (今流行の断捨離ですね。 ) 引越し業者一括見積もりのメリット 引越し業者を決める際には、業者に見積もりを依頼しますが、その際に引越し業者一括見積もりを使用して各社の見積もりを取得するといいでしょう。 引越し業者一括見積もりをすることで、まず自分が引越ししたい日に対応可能な業者が絞られます。 自分で一社ずつ電話をかけて問い合わせなくて良いので、これだけでもだいぶ大きな時間短縮になります。 そして見積もりを出してくれた各社の料金やサービス内容を比較しながら、最終的に依頼する業者を選んでいきましょう。 特に各社がオプションとしていることが多いピアノの運搬やエアコンのセッティング、ペットの引越しなどが必要な場合は特に念入りに確認することが大切です。 なぜならこれらの作業は引越し業者からさらに外部に依頼する可能性があるからです。 これらの作業を単純に外部に委託すると、5000円程度の差額が発生することがあります。 その際はその差額部分を利用して、値段交渉すると良いでしょう。 値段交渉とオプションの交渉 一括見積もりの結果、業者がいくつかに絞られてきたら、そこで決めてしまわずに値段交渉に入ります。 一括見積もりの結果として安い値段を提示してきた業者があれば、その値段を利用してほかの業者に交渉しましょう。 もちろん、各社少しずつ作業内容やサービスが異なりますから、必ず安くなるとは限りません。 しかし、うまく交渉すれば求めているサービスをより安く受けることができます。 値段交渉の結果と、各社のサービス内容などを考慮して納得できれば最終的に依頼する業者を決定しましょう。 この値段交渉には前述したエアコンのセッティングやピアノの運搬などといった個別の作業項目を使って交渉することも1つの方法です。 そして値引きが限界に達すると、業者はオプションの提供による実質的な値引きを提案してきます。 このオプションで良くあるのはダンボールの追加です。 通常の料金設定では、もともとある程度のダンボールが含まれています。 しかし、自分の荷物がそれ以上になりそうだとわかっていれば、ダンボールの追加を依頼するといいでしょう。 ダンボールは店舗などから自分で調達することもできますが、大きさが揃っている方が作業しやすいですし引越し業者のダンボールは丈夫で頑丈です。 足りなくなりそうであればダンボール追加のオプションを交渉してみましょう。 そのほかのオプションでよくあるのは、引越し後に不要になったダンボールや緩衝材などを無料で回収するサービスです。 引越し後は大量のダンボールや緩衝材がゴミとなってしまいます。 通常、これらの回収作業は有料サービスですがオプションで無料にしてくれることもあります。 新しい部屋にダンボール等がいつまでも残っていると鬱陶しいものですし、ゴミとして出すにも量が多ければ大変です。 引越し業者側もまだ使える資材は再利用したいという思惑がありますから、オプションに交渉してみると引き受けてくれる可能性が高いサービスとなります。 引越しはお金がかかるものですが、それでもこのようなコツを知っていると、妥協しないで少しでも安く引越しができます。 ぜひあなたの引越しに役立ててください。 値引き交渉の定石 見積もり料金を値引きしてもらう常套手段を1つ紹介します。 まず、引っ越しの見積もりは少なくとも3社に頼みましょう。 1社は大手の引越し業者、2社目は中堅の業者、3社目は小規模な会社といった感じです。 そして、訪問見積もりに来てもらう順番を工夫します。 初めに小規模な引越し業社に訪問見積もりしてもらいます。 小規模な引越し業者は、少しでも契約数を増やしたいので、想像以上に安い料金を提示してくれることが多いです。 しかし、ここで決めずに、もう少し粘りましょう! 次に中堅の引越し業者に訪問にきてもらいます。 ここで小規模な引越し業者に提示された見積もり書を見せると、「この値段は安すぎで、ちょっと怪しいですよ!うちならもう少し高くなりますが安心感があります!」といったようなことを言いつつ、そこそこ安い見積もり料金を提示してくれます。 しかしここでもまだ契約はしません。 最後に大手の引越し業社に訪問見積もりに来てもらいます。 1社目、2社目の見積もり書を見せつつ、大手んならではサービスの質も確認しておきましょう。 大手の引越し業者は、一律で値引きできる金額が決まっていたりします。 なので中小業者程の料金まで値引くことは難しいです。 しかし、ダンボールをサービスしてくれたり、米、ギフト券等のサービスをしてくれたりします。 このようにうまくスケジュールを組んで見積もりを依頼することで、お得な引越をすることができたりします。 引っ越し価格の最安値はどこにある? お店で売っている商品の値段はそれにかかるコスト(製造費や人件費など……)に利益を乗せて決まります。 これは、形のない商品、つまりサービス業においても同様です。 では、引っ越しの料金の値段はどのように決まるのでしょうか? できるだけ安く引越ししようと思ったら、ギリギリまで利益を引いた値段になるように交渉すればよいのでしょうか。 引っ越しの料金も物を買う時と同じように、基本的にはギリギリまで利益を引いた値段、赤字直前の値段が最安値となります。 しかし、中にはそれよりも更に低い金額となる場合もあります。 最安値で引っ越しするにはどうしたら良いのでしょうか。 また、それよりももっと安い値段で引っ越しできるのはどんな時なのでしょうか? 1件あたりの利益よりも件数が重視される 最安値について話すにあたり、まずは引っ越し営業の傾向について少し解説します。 引っ越しの料金はまず、見積もりに訪れた営業が料金表から値引きをし、その後他の業者の料金と比較しながら値引きしていくのが普通です。 こうした価格交渉があるために「引っ越し業者は少しでも高い金額で契約させようとしている」と思われがちです。 確かに業者からすれば高い金額で契約してくれるのに越したことはないのですが、この値引きの交渉は少しでも高くというだけでなく他の業者に客を取られないようにという意味もあるのです。 引っ越しの営業は、1件の引っ越し価格をあげるよりも、一見でも多く引っ越しを決めたいと考えています。 引っ越し業者が存続していくためには、常に一定数以上の引っ越しを行う必要があります。 収入に波があるギャンブラーよりも、収入が少なくても定期的に収入がある方が好まれるのと同じようなものです。 ですから、相当悪質な業者でないかぎり、ボッタクリ料金で契約させようとすることはありません。 高すぎる金額を提示すると、他の業者に客が逃げてしまう可能性のほうが高いためです。 ただ、件数重視なのは繁忙期以外の引っ越しの話です。 2月から4月の引っ越しシーズンの引っ越し料金は非常に高いです。 この時期は、引っ越し需要が急激に高まるため、値段を上げても契約が取れます。 「即決価格」は最安値 今ここで決めたらこの値段で引っ越しできますという形で提示される「即決価格」ですが、基本的にこの即決価格が引っ越し価格の最安値と見て良いです。 即決価格は赤字ギリギリの価格設定となっていることが多く、どの業者でもだいたい同じぐらいの金額です。 なぜ赤字ギリギリの金額を提示できるかというと、上で述べたようにそれだけ契約を欲しているためです。 たとえ利益が少なくても契約を取ること自体を重視しているため、サービス内容が同じならどの業者も同じような金額になるのです。 引っ越しにかかるコストというのは、どの引っ越し業者でもそれほど変わりません。 「複数業者から見積もりを取るつもりだったが、2軒目も3件目も最初と同じような値段だった」という話がよくあるのもこのためです。 即決価格よりも安い値段で引っ越しをすることは難しいため、一つの業者で即決を提案されたらそのまま決めてしまってもまず問題ありません。 引っ越しにも「セール」がある? スーパーやデパートなどで在庫処分のセールが行われるのは、季節の変わり目や新商品が出る前です。 新しい商品を仕入れるために、今ある在庫を捌いてしまいたいからです。 セールでは、商品を早く売り捌くために赤字価格で売りに出されることは珍しくありません。 同じようなことが引っ越しでも行われています。 引っ越しがなく、人でもトラックも余ってしまっている時です。 引っ越しがなくても、雇用やトラックの維持にはお金がかかります。 少しでもこの赤字を埋めるためには、原価を多少割ってしまっていても引っ越しを行うしかありません。 これが引っ越しの「セール」です。 ただ、このセール状態を外から見て判断するのは非常に難しいです。 洋服や家電であれば、季節外れだったり型落ちだったりすることがわかりますが、形のないサービスではそれがわかりません。 ですから、赤字覚悟の引っ越しを狙うことは一括見積もりを使わない限りまず不可能です。 運良くそういう時期に当たったらラッキー、程度の認識でいましょう。 運が良ければ、即決価格を示す時に「本当は赤字なんですが特別に」などと言ってくれるかもしれません。 その言葉を証明する手段がないため、誠実な営業に当たるかどうかも運にはなりますが。 その言葉を信じられるかどうかは、営業の人柄や電話で問い合わせたときの対応などから窺うしかありません。 即決価格よりも低い値段で引っ越しできるかどうかは運です。 本来の最安値である即決価格で引っ越しできれば十分です。 示された即決価格が本当に底なのかどうか知りたい時は、2社以上から即決価格を聞き出す必要があります。 いくら即決価格がどこの業者でも同じ程度と言えど、それを確かめるには複数業者から見積もりを取らなければなりません。 見積もり依頼後には各社から見積もりの明細書が各社から見積もり見積もりの明細書が届きます。 あまり多くの引越し業者に依頼しすぎると、対応が面倒になりますので、3~5社くらいにおさめるのがオススメです。 メール対応の良さから引越し業者の質を判断できます。 対応がいまいちな会社は、実際の引越し作業もいまいちな傾向はあります。 それゆえ、メールや電話での対応の良さなども業者選定の基準にいれることをおすすめします。 単身引越し、家族引越し、海外引越しなどなど いずれの引越しにも適用可能な値引き術になっています。 一括見積もりサイトも便利になってきていますので是非利用していきましょう!引越しダンボール無料、梱包資材サービスなど特典を提供してくれる会社も増えてきています。

次の

津市の引越し業者

津引越し安い

一人暮らしなら単身パックが格安! 単身パックとは、 「荷物が少ないときに利用できる格安の引越しプラン」です。 引越し業者のコンテナボックスに全ての荷物が入るなら格安で引越しすることができます。 引っ越し単身パックのメリット ・荷物が少なければ 「料金が安い」 ・荷物がなくなる 「リスクが低い」 ・見積もりのための 「訪問がない」 引っ越し単身パックのデメリット ・荷物が多ければ 「料金が高い」 ・荷物の大きさや量に 「制限がある」 ・梱包用の 「ダンボールがもらえない」 業者によって料金や条件はかなり違いますので、以下の 「単身パックまとめ」から自分の引越しに合うプランを選びましょう。 引越し単身パックランキング(安い順) 第1位 ハトのマークの引越センター「小鳩プチトラパック」 プラン名 料金 条件 小鳩プチトラパック 11,000円〜 ・同一の市内もしくは都道府県内の引越し 小鳩パック 21,000円〜 ・移動距離が200km以上あること ・全ての荷物がコンテナ(高さ170cm/横幅110cm/奥行80cm)に入ること 小鳩スカイパック 36,000円〜 ・引越し先が空港から50km以上あるときは相談 青春引越便 見積もり ・移動距離が200km以上あること 安い単身パック1位は ハトのマークの引越センター「小鳩プチトラパック」です。 小鳩プチトラパックは確かに安いですが、 扱っていないエリアが多すぎるので地方が絡む引っ越しだとほぼ使えません。 自分が引っ越しするエリアで最安の業者を見つけたいなら、 という一括見積もりサイトをおすすめします! 引越し侍から見積もり依頼すると、複数の業者からメールなどで引っ越し料金を提示してくれるので、その中から一番安いところと契約するだけ。 ちなみに引越し侍を使うのは無料で、後で何か請求されるとかもないのでご安心を。 引越し侍なら地元の安い引っ越し業者からも見積もりをもらえるので、少しでも節約したいなら小鳩プチトラパックを契約する前に試してみましょう。 第2位 赤帽「引越しサービス」 プラン名 料金 条件 赤帽 11,800円〜 ・移動距離は20km以内 ・作業時間は2時間以内 2位は 赤帽「引越しサービス」です。 赤帽は 「20km以内かつ2時間以内の引越し」という厳しい条件になっています。 ただ、料金は 「11,800円〜」と格安なので、近くて荷物が少ないミニ引越しのときはいいですね。 ちなみに赤帽は作業員1人で来るため、大きな家具や重たい荷物は運び出しを手伝う必要があります。 そのため、力のない女性は引っ越し業者に依頼したほうがよいでしょう。 また、赤帽は個人事業主です。 もし家具などを運び出したときに部屋のカベなどを傷つけられても、弁償に応じてくれない可能性があります。 大手の会社じゃないとクレーム対応も慣れていないですからね。 それに 「個人事業主だと文句も言いづらい」という人は多いでしょう。 なので筆者は個人的にあまり赤帽をおすすめしません。 第3位 クロネコヤマト「わたしの引越し」 プラン名 料金 条件 わたしの引越し 14,000円〜 ・全ての荷物がコンテナ(高さ170cm/横幅104cm/奥行104cm)に入ること 3位は ヤマトホームコンビニエンス「わたしの引越し」です。 宅急便で有名なクロネコヤマトですが、引越しもやっています。 大手の引越し業者なので 「14,000円〜」と安くても不安にはならないですね。 クロネコヤマトは2018年の夏に「引越し料金の過大請求」が発覚し、すべての引越しサービスを休業していましたが、2019年9月から再開しました。 そして、2020年2月から対象エリアを28市区から101市区へ拡大しましたが、結局のところ都市部でしか単身引越しサービスを展開していません。 5㎥タイプ) 23,000円〜 ・全ての荷物がコンテナ(高さ170cm/横幅115cm/奥行128cm)に入ること 4位は 西濃運輸「カンガルー引越便」です。 「17,000円〜」と少し割高ですが、セイノーは引越しのときに出る 不用品(コミック、CD、DVD、ゲーム、ブランド品、家電など)を 買取してくれるサービスがあります。 売りたいものや処分したいものがたくさんある方は、もしかしたら引越し費用がチャラになるかも。 第5位 日通「単身パックS」 プラン名 料金 条件 単身パック当日便 見積もり ・移動距離は車で30分前後 ・作業開始から4時間以内に終わる引越し 単身パックS 26,000円〜 ・全ての荷物がコンテナ(高さ155cm/横幅108cm/奥行74cm)に入ること 単身パックL 31,000円〜 ・全ての荷物がコンテナ(高さ175cm/横幅108cm/奥行104cm)に入ること 5位は 日本通運「単身パックS」です。 料金は 「26,000円〜」と少し高めですが、エアコン工事などのオプションもあります。 単身パックXというプランは無くなりました。 安い単身プランがあるその他の引っ越し業者 以下の業者でも単身プランはあるのですが、 料金を公表していません。 ・アーク引越センター ・アート引越センター ・アリさんマークの引越社 ・カルガモ引越センター ・サカイ引越センター ・SGムービング(佐川引越センター) ・ダック引越センター ・ハート引越センター ・ファミリー引越センター 公表していないから高いというわけではないため、 を使い、 まとめて見積もりをもらってコスト比較してみましょう。 この一括見積もりサイトを使えば、1万円代の引っ越し業者はすぐに見つかりますよ。 引越し業者を使わないで費用を抑える方法 引越し業者のように交渉して値引きすることはできませんが、大きい荷物・重い荷物がないときは、 「ゆうパック」で送ってしまうという方法もあります。 プチ引っ越しならゆうパックで郵送 上記の料金はダンボール代金のみのため、別途ゆうパックの送料がかかります。 単身パックのコンテナより少しだけ荷物がオーバーしたときは、それだけ郵送するのもアリですね。 まとめになりますが、エリアによっては単身パックを使えないことがありますので、 で一括見積もりして最安値のところに頼むのが一番スムーズかつ格安な引越しができます。

次の