ハナノナ android インストール。 無料でカメラを向けた花の名前を即座にAIが教えてくれるアプリ「ハナノナ」を使ってみた

Androidスマホで「Googleレンズ」を使う方法

ハナノナ android インストール

Pixel(Googleが開発したスマートフォン)以外のAndroidユーザーに朗報です。 写真を撮るとそれが何かを教えてくれる「」が公開されてから、10年あまりが経ちます。 昨年、これを大幅に改良した 「Googleレンズ」が発表されると、Googleゴーグルは基本的に廃止となりました。 しかし、これまで新しいGoogleレンズを利用できるのは、Pixelユーザーに限られていました。 でも、それも過去の話。 先日Googleは、にGoogleレンズを統合し、 Androidユーザーの多くがこの便利な画像認識技術を利用できるようになりました。 その後まもなく、iOSにも対応しました。 Rolling out today, Android users can try Google Lens to do things like create a contact from a business card or get more info about a famous landmark. To start, make sure you have the latest version of the Google Photos app for Android: Coming soon to iOS — Google Photos googlephotos GoogleアシスタントからGoogleレンズを使うほうが少し簡単ですが、Googleフォトからレンズを使うのも難しくありません。 標識や本の表紙、名刺などを写真に撮って、Googleフォトにアップするだけ。 画面のGoogleレンズアイコンをタップすると、Googleが画像をスキャンし、認識した情報にもとづいて関連情報が表示されます。 必要に応じて、追加の操作ができるプロンプトも表示されます。 たとえば、Googleレンズを使って名刺をスキャンすると、記載されているメールアドレス、電話番号、肩書などの情報が自動で認識されます。 あとはタップを1回するだけで、これらの情報をスマートフォンの連絡先に追加することが可能。 面倒な入力作業が不要となります。 また、Androidで友人のWiFiルーターに記載されているログイン名とパスワードを撮影し、GoogleフォトからGoogleレンズを使えば、複雑な文字列を手動で入力する必要がなくなります。 ほかにも、花の名前を調べたり、出された料理が何なのかを調べたりするのにも使えます。 旅行中なら、歴史的建造物を撮影してそれが何かを調べたり、芸術作品を撮影して作者の情報を取得したり、レストランのレビューをチェックする、なんて使い方もできるでしょう。 Screenshot:Lifehacker US via Google Melanie Pinola - Lifehacker US[] 訳: 伊藤貴之.

次の

Google レンズの使い方

ハナノナ android インストール

花にカメラを向けると、AIが瞬間的に花の名前を教えてくれるiOSアプリ「ハナノナ」が公開中です。 千葉工業大学 人工知能・ソフトウェア技術研究センターの研究プロジェクトで作られたもので、判定できる花の種類は770種類。 無料で利用できるとのことなので、実際に使ってみました。 「ハナノナ app」をApp Storeで まずは上記URLにアクセスして「入手」をタップ。 「インストール」をタップし…… アプリを開きます。 利用規約に同意したら「同意して始める」をタップ。 カメラの使用は必須なので、「"ハナノナ"がカメラへのアクセスを求めています」に「OK」をタップ。 すると、すぐにカメラが起動します。 さっそくツツジを見つけたのでカメラを向けてみると、ツツジ科の植物である「サツキ」だったことが判明しました。 サツキはツツジと似ていますが、葉や花が微妙に違うとのこと。 「100%」「93%」など、花の種類をどれくらいの精度で判定しているかも示されています。 別の花にカメラを向けてみると、約90%の精度でマンジュキクだと示されました。 画面下にスライドがあり、デフォルトだと75%になっていますが…… これを10%にまで下げてみると、72%で「ロングヘッドコーンフラワー」、65%で「マンジュギク」など、より低い精度の内容も表示されるように。 AIが高い精度で花の名前を当てられないこともあるので、そんな時はスライダーを下げて、低い精度の選択肢から花の名前を推測するのもアリです。 さらに、画面下部のカメラアイコンを押してみると…… こんな感じでカメラが起動するので、シャッターボタンをタップ。 すると、花が「バラ属」であるとして、詳しい情報を得られるWikipediaのリンクが表示されました。 「Wikipedia」をタップすれば花の説明が記載されたWikipediaページをブラウザで開くことになりますが、今回は「決定」をタップ。 「シェア」ボタンから…… 写真の共有が可能です。 また「OK」をタップすると…… こんな感じで花の名前が入った写真を保存できます。 なお、名前抜きの写真を撮影&保存したい場合は「非表示」を選択すればOKです。 アプリで使う花を探して歩いていると、家の近所でも予想以上に多くの花が存在することに気付けます。 シランや…… マツヨイグサ セイヨウアブラナと表示されたものは微妙に花弁の形などが異なる気がしますが……。 オキザリス・ブラジリエンシスという聞いたことがないような花の名や…… チチコグサなど。 普段は「雑草」とだけ認識しているような花にも名前があると知ることができるのは面白いところ。 なお、チチコグサはWikipediaに「形は面白いが地味な植物」と説明されていました……。 「スカシタゴボウ」という、独特の名前の植物も。 また、花が咲いていなくても、葉っぱだけで植物名を推測することが可能なようです。 なお、Androidアプリはないのですが、撮影した花の写真をアップロードすると上記と同様に花の名前を教えてくれるブラウザ版ハナノナも存在します。 STAIR Lab. Flower Recognition Service - STAIR Lab. stair.

次の

[B! 人工知能] 【無料アプリ】散歩が楽しくなる!花の名前を教えてくれる「ハナノナ」が面白い! : えりゐのEveRy diaRy Powered by ライブドアブログ

ハナノナ android インストール

最新バージョンにアップデートする• iPhone の場合は、端末の設定から言語を英語にする 日本語にも対応しました Google Play や、App Store から、最新バージョンにアップデートしましょう。 以前は、iPhone では、端末の言語が英語でないと利用できませんでしたが、日本語でも利用できるようになりました。 Google レンズの使い方 1. 設定を確認したら、Google フォトを開き、写真を選択します。 下図のように Google レンズのアイコンが表示されますので、タップします。 (はじめて Google レンズを利用する場合は、説明の画面が表示されます。 ボタンを押して進みましょう。 すると、被写体の解析が行われ、、、 4. 詳細な情報が表示されました。 京都タワーと表示されています。 写真から文字を抽出 先程の京都タワーの例のように、 観光地や、建物の情報を表示してくれる以外にも、いろいろなことができます。 写真の中の文字を認識して、抽出することができます• 衣服や家具、電化製品などを認識して、類似商品を検索することができます• 植物や、動物などの情報を表示することができます• 書籍や、CDなどの情報を表示することができます• 名刺から、連絡先に電話番号や住所を保存することができます• チラシや広告などに書かれている期日をカレンダーに追加することができます• 観光地や、建物などの情報を表示することができます いくつか実際に試してみましょう。 例えば、この書籍をスマホのカメラで撮影して、Google レンズを使ってみます。 書籍の情報を表示してくれたり、 文字を抽出したりすることもできます。 テキストをコピーしたり、そのまま 共有したりすることができます。 同じように、書類やチラシ、プリントなどを写真に撮って、文字だけを抽出することも簡単にできます。 例えば、このサイトの紹介ページを紙に印刷したものをスマホのカメラで撮影して、Google レンズを使ってみます。 すると、、、 文字だけが抽出できました。 Google アシスタントから、 Google レンズのアイコンをタップします。 どのような体験ができるのでしょうか? こちらの Googleのブログ記事 に書かれてある内容を引用させていただき、簡単にご紹介いたします。 例えば、海外のレストランに行ってメニューを読んでも分からない時に、カメラを向けると、1つ1つの文字を認識して、どんな料理なのかイメージができる情報を表示することができます。 引用元 また、気になる洋服や家具があった時に、何ていう名前なのか分からなくても、カメラを向けるだけで、その商品の情報を表示したり、似た商品の情報を表示することができます。 引用元 さらに、カメラを動かして、カメラに映った観葉植物や、家具、書籍などの中で気になるものがあれば、その場ですぐに情報を表示することができます。 すごい便利ですね。 まとめ いかがだったでしょうか? 自動的に被写体を認識して、詳細な情報を表示してくれる機能 Google レンズを使う方法をご紹介いたしました。 現時点では、iPhone は、端末の言語を英語に変更しないと利用することはできませんが、Android 同様、近いうちに日本語対応するのでははないでしょうか。 いろいろな写真で試してみると面白いかと思います。

次の