ホンダフリードマイナーチェンジ。 『ホンダ・フリード Modulo X』マイナーチェンジで走行性能と上質さが向上

【ホンダ フリード 新型試乗】コンパクトながら十分な車内空間はマジックのよう…島崎七生人

ホンダフリードマイナーチェンジ

この記事の目次• フリードが2019年10月18日にマイナーチェンジ ホンダ・フリードは、扱いやすいサイズのボディに3列シートを備えたコンパクトミニバン。 2008年に初代モデルが登場すると、中型ミニバンでは持て余すという顧客のニーズに見事マッチ。 新たなジャンルを確立する人気モデルとなりました。 ガソリン車・ハイブリッド車ともにエンジンを刷新• 安全運転支援システム「Honda SENSING」を装備• 詳細 発売時期は、現行のデビューから約3年、 2019年10月18日にマイナーチェンジを遂げます。 2019年マイナーチェンジを遂げた新型フリード 2019年マイナーチェンジ版新型フリード クロスオーバースタイルの新たなフリード「CROSSTAR」 フロントバンパーのデザインが変わり、マイナーチェンジ前と比べてみてもよりワイドで立体でな印象を受けます。 フリードの特徴でもある、ファミリーカーとしての親しみやすさは健在です。 新型フリードには「Honda SENSING」の機能拡充 最近はどのメーカーも細やかに安全装備をバージョンアップしています。 やはり搭載車は事故発生率が顕著に低くなる結果が出ていますし、加害リスクを減らすためにも、安全面を理由に買い替えてもいいくらいですね。 当然新型フリードには従来のホンセンシングの機能に加え新たな機能が追加されます。 そしてこれらの機能は全タイプに標準装備されます。 現在のホンダセンシング機能• NEW 後方誤発進抑制機能• 衝突軽減ブレーキ(CMBS)• 誤発進抑制機能• 歩行者事故低減ステアリング• 路外逸脱抑制機能• ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)• LKAS(車線維持支援システム)• 先行車発進お知らせ機能• 標識認識機能 【追加機能】後方誤発進抑制機能について 駐車の際など、後方に障害物があるとセンサーが反応し、警告音などでドライバーに知らせてくれる機能。 視覚だけに頼り油断していた、、、何てこともあるかもしれません。 こちらも肉眼だけで見るよりも聴覚による警告も感じ取ることが出来るので、圧倒的に安全性能が高まります。 残念ながら追加されたかった安全装備 全車速域対応ACC ドライバーが設定した速度で車両が走行し、車間距離を確保しながら先行車両を追従してくれます。 加速、減速、停止まで自動的にシステムが行ってくれるので、ドライバーの疲労を軽減してくれます。 ハイビームサポートシステム 夜間にヘッドライトを点灯させた際に、自身の運転する車両の一定の範囲内にある対向車のヘッドライト、先行する車両のテールランプの点灯が確認できない場合に視認性を高めるために、自動的にハイビームに切り替えてくれます。 要するに、真っ暗なのに周りが灯がないと、自動的にハイビームに切り替わるのです。 こちらも安全性が高まります。 また、アダプティブクルコンが全車速に対応することで、現状の足踏み式パーキングブレーキから電動パーキングブレーキ(オートホールド機能付き)への置き換えがあるかもしれません。 これらの追加装備はフルチェンジまでお預けとなりました。 新型フリードボディ・インテリアカラー詳細 ボディーカラー詳細 モデルチェンジ後のボディーカラーは以下の通りとなります。 定番カラーから、水色系、赤、オレンジ、グリーンと多岐にわたったカラー展開は、きっとあなたのお気に入りの1台となり、乗れば乗るほどに愛着がわいてくることでしょう。 「ルナシルバー・メタリック」• マイナーチェンジ後の人気カラーについても随時更新していきます。 前期モデルの人気カラーは下記のランキングとなっておりました。 【CROSSTARのインテリアカラーイメージ】 CROSSTARにはブラック(コンビシート)の専用のインテリアカラーが設定されます。 ウッド調のインテリアパネルから暖かな印象を受けます。 フリードの親しみやすさがシートにも表れています。 【過去スクープ画像】フェイスリフトでスポーティさをプラス NEW テストカーをスクープ!! 発売日は間近ですが、過去にはこんな写真もスクープされていました。 新東名でフリードのテスト車両を目撃しました。 よく見てみると、フロントグリルのルーバー(横棒)の数が現在の2本から1本に変更されています。 リアはバンパー部分がカモフラージュされているので形状が変更されるのでしょう! 具体的には、昨年6月にマイナーチェンジしたフィットと同じようなフェイスリフトを想定しています。 4月に目撃されたテストカーと同じく、フロントバンパーリヤロアバンパーのみダズル迷彩のカムフラージュが施されています。 マイナーチェンジ後は以下の変更点が予想されます。 押し出し感の強いバンパー• ハニカム構造のフロントグリルメッシュ• 新意匠のヘッドライト・テールランプ内部ユニット などを採用し、よりスポーティなエクステリアになるのは間違いなさそうです。 現行フリード モデューロX コンプリートカーブランド「モデューロX」バージョンも、標準モデルと違いを出すために、さらに躍動感のある大胆なスタイリングに生まれ変わりそうですね。 関連 1. 0リッター直3ターボを追加設定!HVシステム変更の噂も 現行モデルには1. 5Lのガソリン車とハイブリッド車を設定しています。 そしてマイナーチェンジの目玉として、 1. 0L 直3 VTECターボエンジンが追加される見通しです。 このダウンサイジングターボは、欧州やアジアで販売するシビックにラインナップ済。 ボルグワーナー社の電動ウェイストゲート付きターボチャージャーを採用しており、排気量1. 5L自然吸気エンジンと同レベルの性能を備えています。 走りを楽しめて、しかもエコ!さらにフリードの魅力が増しますね。 i-MMDは、エンジンは発電に専念しモーター中心で走行。 さらに、高速域ではエンジン直結になるなど、走行シーンによって3つのモードを使い分け。 パワフルな走りと低燃費を実現する、ホンダ自慢のハイブリッドシステムなんです。 すでにアコードやオデッセイ、ステップワゴンなどのミドルクラス以上の車種に搭載済。 コスト面でもi-DCDに代替可能な状況になっていて、今後はコンパクトクラスにも導入していくとのことなので、フリードに搭載されてもおかしくありません。 ですが、マイナーチェンジということや、ライバルが同じくモデル中期のトヨタ・シエンタくらいで、走りや燃費向上を急ぐ必要がないことを鑑みると、マイチェンで変更する可能性は低いと思います。 最近はトヨタ・アクアやスズキ・スペーシアなど、こうした派生モデルを用意するケースが増えており、今秋フルモデルチェンジする新型フィットにも設定する計画です。 ミニバンでは珍しいので、楽しみな反面、成功するのか気になるところです。 最低地上高をアップ• 樹脂製前後バンパー&スキッドプレート• 樹脂製フェンダーアーチモール• ルーフモール• ツートンカラー設定• 大径ホイール&タイヤ• 水洗い可能なラゲッジトレイ• 撥水加工シート アクティブなルックスになるのは間違いなし! インテリアも汚れに強い素材を用いてアウトドア&レジャーに対応します。 フリード新型の予想価格 数万〜10万円程度の価格変動が想定されます。 斬新な見た目が印象的です。 オーソドックスなフリードと遊び心があるシエンタといったところでしょうか。 直近の新車販売台数は、ガソリン・ハイブリッドともに僅かにシエンタが上回っていますが、がっぷり四つといった状況です。 双方を比較すると細かい違いはありますが、一番大きいのはシエンタには2列シート5人乗りが設定されていない点でした。 しかし、シエンタも2018年9月のマイナーチェンジで2列シート車をリリースしています。 トヨタ・シエンタ また、日産・キューブが今年フルチェンジしてスライドドアのコンパクトミニバンに変身するかもしれません。 熾烈なシェア争いに発展しそうです。 買い替えに余裕のある人はフリードとキューブの新型登場を待つのが懸命でしょう。 私の場合、車販売店ディーラーでは30万円の下取りが、 買取業者では88万円になりました。 約60万GET しました。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーー 詳しくはこちらで解説しています。 ディーラーで働く友人に聞いたディープな値引きの裏情報などを暴露しています。 実際に私がセレナを最大値引き額 50万円 を勝ち取った方法を無料公開中。 なぜなら、市場の競争の原理として 買取業者同士で勝負してもらうことで買取額が吊り上がるからです。 一社だけに買取査定を依頼すると、比較する業者がいないので 必ず最安値の買取額を提示されます。 必ずです。 そうならないために一括査定を使います。 大手買取業者10社以上が勝手に競ってくれます。 無料でその場で スマホで 90 秒で愛車の最高額がわかる! [新登場]スマホで写真を撮るだけ?? 一瞬で高額査定!! 電話営業一切なしで一括査定より速い!! あのDMMから新サービス!! 一括査定よりも早く相場が知れる!• 面倒な電話も無し!• ササッとお車査定!• スマホで写真を撮るだけで買取相場がわかる!.

次の

ホンダ・フリード/フリード+がマイナーチェンジ!新グレードのクロスターも登場!

ホンダフリードマイナーチェンジ

この記事の目次• フリードが2019年10月18日にマイナーチェンジ ホンダ・フリードは、扱いやすいサイズのボディに3列シートを備えたコンパクトミニバン。 2008年に初代モデルが登場すると、中型ミニバンでは持て余すという顧客のニーズに見事マッチ。 新たなジャンルを確立する人気モデルとなりました。 ガソリン車・ハイブリッド車ともにエンジンを刷新• 安全運転支援システム「Honda SENSING」を装備• 詳細 発売時期は、現行のデビューから約3年、 2019年10月18日にマイナーチェンジを遂げます。 2019年マイナーチェンジを遂げた新型フリード 2019年マイナーチェンジ版新型フリード クロスオーバースタイルの新たなフリード「CROSSTAR」 フロントバンパーのデザインが変わり、マイナーチェンジ前と比べてみてもよりワイドで立体でな印象を受けます。 フリードの特徴でもある、ファミリーカーとしての親しみやすさは健在です。 新型フリードには「Honda SENSING」の機能拡充 最近はどのメーカーも細やかに安全装備をバージョンアップしています。 やはり搭載車は事故発生率が顕著に低くなる結果が出ていますし、加害リスクを減らすためにも、安全面を理由に買い替えてもいいくらいですね。 当然新型フリードには従来のホンセンシングの機能に加え新たな機能が追加されます。 そしてこれらの機能は全タイプに標準装備されます。 現在のホンダセンシング機能• NEW 後方誤発進抑制機能• 衝突軽減ブレーキ(CMBS)• 誤発進抑制機能• 歩行者事故低減ステアリング• 路外逸脱抑制機能• ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)• LKAS(車線維持支援システム)• 先行車発進お知らせ機能• 標識認識機能 【追加機能】後方誤発進抑制機能について 駐車の際など、後方に障害物があるとセンサーが反応し、警告音などでドライバーに知らせてくれる機能。 視覚だけに頼り油断していた、、、何てこともあるかもしれません。 こちらも肉眼だけで見るよりも聴覚による警告も感じ取ることが出来るので、圧倒的に安全性能が高まります。 残念ながら追加されたかった安全装備 全車速域対応ACC ドライバーが設定した速度で車両が走行し、車間距離を確保しながら先行車両を追従してくれます。 加速、減速、停止まで自動的にシステムが行ってくれるので、ドライバーの疲労を軽減してくれます。 ハイビームサポートシステム 夜間にヘッドライトを点灯させた際に、自身の運転する車両の一定の範囲内にある対向車のヘッドライト、先行する車両のテールランプの点灯が確認できない場合に視認性を高めるために、自動的にハイビームに切り替えてくれます。 要するに、真っ暗なのに周りが灯がないと、自動的にハイビームに切り替わるのです。 こちらも安全性が高まります。 また、アダプティブクルコンが全車速に対応することで、現状の足踏み式パーキングブレーキから電動パーキングブレーキ(オートホールド機能付き)への置き換えがあるかもしれません。 これらの追加装備はフルチェンジまでお預けとなりました。 新型フリードボディ・インテリアカラー詳細 ボディーカラー詳細 モデルチェンジ後のボディーカラーは以下の通りとなります。 定番カラーから、水色系、赤、オレンジ、グリーンと多岐にわたったカラー展開は、きっとあなたのお気に入りの1台となり、乗れば乗るほどに愛着がわいてくることでしょう。 「ルナシルバー・メタリック」• マイナーチェンジ後の人気カラーについても随時更新していきます。 前期モデルの人気カラーは下記のランキングとなっておりました。 【CROSSTARのインテリアカラーイメージ】 CROSSTARにはブラック(コンビシート)の専用のインテリアカラーが設定されます。 ウッド調のインテリアパネルから暖かな印象を受けます。 フリードの親しみやすさがシートにも表れています。 【過去スクープ画像】フェイスリフトでスポーティさをプラス NEW テストカーをスクープ!! 発売日は間近ですが、過去にはこんな写真もスクープされていました。 新東名でフリードのテスト車両を目撃しました。 よく見てみると、フロントグリルのルーバー(横棒)の数が現在の2本から1本に変更されています。 リアはバンパー部分がカモフラージュされているので形状が変更されるのでしょう! 具体的には、昨年6月にマイナーチェンジしたフィットと同じようなフェイスリフトを想定しています。 4月に目撃されたテストカーと同じく、フロントバンパーリヤロアバンパーのみダズル迷彩のカムフラージュが施されています。 マイナーチェンジ後は以下の変更点が予想されます。 押し出し感の強いバンパー• ハニカム構造のフロントグリルメッシュ• 新意匠のヘッドライト・テールランプ内部ユニット などを採用し、よりスポーティなエクステリアになるのは間違いなさそうです。 現行フリード モデューロX コンプリートカーブランド「モデューロX」バージョンも、標準モデルと違いを出すために、さらに躍動感のある大胆なスタイリングに生まれ変わりそうですね。 関連 1. 0リッター直3ターボを追加設定!HVシステム変更の噂も 現行モデルには1. 5Lのガソリン車とハイブリッド車を設定しています。 そしてマイナーチェンジの目玉として、 1. 0L 直3 VTECターボエンジンが追加される見通しです。 このダウンサイジングターボは、欧州やアジアで販売するシビックにラインナップ済。 ボルグワーナー社の電動ウェイストゲート付きターボチャージャーを採用しており、排気量1. 5L自然吸気エンジンと同レベルの性能を備えています。 走りを楽しめて、しかもエコ!さらにフリードの魅力が増しますね。 i-MMDは、エンジンは発電に専念しモーター中心で走行。 さらに、高速域ではエンジン直結になるなど、走行シーンによって3つのモードを使い分け。 パワフルな走りと低燃費を実現する、ホンダ自慢のハイブリッドシステムなんです。 すでにアコードやオデッセイ、ステップワゴンなどのミドルクラス以上の車種に搭載済。 コスト面でもi-DCDに代替可能な状況になっていて、今後はコンパクトクラスにも導入していくとのことなので、フリードに搭載されてもおかしくありません。 ですが、マイナーチェンジということや、ライバルが同じくモデル中期のトヨタ・シエンタくらいで、走りや燃費向上を急ぐ必要がないことを鑑みると、マイチェンで変更する可能性は低いと思います。 最近はトヨタ・アクアやスズキ・スペーシアなど、こうした派生モデルを用意するケースが増えており、今秋フルモデルチェンジする新型フィットにも設定する計画です。 ミニバンでは珍しいので、楽しみな反面、成功するのか気になるところです。 最低地上高をアップ• 樹脂製前後バンパー&スキッドプレート• 樹脂製フェンダーアーチモール• ルーフモール• ツートンカラー設定• 大径ホイール&タイヤ• 水洗い可能なラゲッジトレイ• 撥水加工シート アクティブなルックスになるのは間違いなし! インテリアも汚れに強い素材を用いてアウトドア&レジャーに対応します。 フリード新型の予想価格 数万〜10万円程度の価格変動が想定されます。 斬新な見た目が印象的です。 オーソドックスなフリードと遊び心があるシエンタといったところでしょうか。 直近の新車販売台数は、ガソリン・ハイブリッドともに僅かにシエンタが上回っていますが、がっぷり四つといった状況です。 双方を比較すると細かい違いはありますが、一番大きいのはシエンタには2列シート5人乗りが設定されていない点でした。 しかし、シエンタも2018年9月のマイナーチェンジで2列シート車をリリースしています。 トヨタ・シエンタ また、日産・キューブが今年フルチェンジしてスライドドアのコンパクトミニバンに変身するかもしれません。 熾烈なシェア争いに発展しそうです。 買い替えに余裕のある人はフリードとキューブの新型登場を待つのが懸命でしょう。 私の場合、車販売店ディーラーでは30万円の下取りが、 買取業者では88万円になりました。 約60万GET しました。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーー 詳しくはこちらで解説しています。 ディーラーで働く友人に聞いたディープな値引きの裏情報などを暴露しています。 実際に私がセレナを最大値引き額 50万円 を勝ち取った方法を無料公開中。 なぜなら、市場の競争の原理として 買取業者同士で勝負してもらうことで買取額が吊り上がるからです。 一社だけに買取査定を依頼すると、比較する業者がいないので 必ず最安値の買取額を提示されます。 必ずです。 そうならないために一括査定を使います。 大手買取業者10社以上が勝手に競ってくれます。 無料でその場で スマホで 90 秒で愛車の最高額がわかる! [新登場]スマホで写真を撮るだけ?? 一瞬で高額査定!! 電話営業一切なしで一括査定より速い!! あのDMMから新サービス!! 一括査定よりも早く相場が知れる!• 面倒な電話も無し!• ササッとお車査定!• スマホで写真を撮るだけで買取相場がわかる!.

次の

SUVみたいなフリード「クロスター」誕生|ホンダ フリード、マイナーチェンジで新ラインナップ追加

ホンダフリードマイナーチェンジ

左が標準車、右がクロスター。 クロスターの方が大きく見えるがボディサイズ、最低地上高は同一だ。 リアのハッチゲートの大きさ以外でフリードとフリード+を見分けることはできない コンパクトミニバン市場でトヨタシエンタとともに高い人気を誇るのがホンダフリードです。 2016年9月に登場した2代目となる現行モデルは、3列シート仕様のフリードと2列シート仕様のフリード+(プラス)の2モデルを設定。 これに対してシエンタも2018年9月のマイナーチェンジを機に、2列シート仕様のファンベースを追加し、ラインナップを強化しています。 専用パーツでクロスオーバー風味満点のクロスター 今回のマイナーチェンジでは内外装の変更に加えて、クロスオーバースタイルの外観デザインを採用した新グレード「クロスター」の追加、そしてホンダ独自の先進運転支援システム「ホンダセンシング」を全車標準装備とした上で、後方誤発進抑制機能を追加するなど商品力に磨きを掛けています。 標準モデルはエンジンフード、グリル、バンパー、ロアグリルの形状を変更し、精悍で落ち着いたシンプルな外観としています。 アルミホイールのブラック部分もグレーになりました。 インテリアに採用している木目調パネルは、より落ち着きのあるウォールナットに変更。 シート表皮も刷新することで、より心地良くくつろげる空間に仕立てています。 新設定されたクロスターはフロントグリルをはじめ、前後バンパー、LEDフォグライト、ルーフレール、アルミホイール、ドアアウターハンドルやドアミラーに専用品を採用することで、アウトドアシーンにも映えるクロスオーバースタイルに仕立てています。 インテリアも専用のプライウッド調パネルを採用。 さらに汚れの目立ちづらい専用柄のコンビシートを採用するなど利便性を向上させています。 安全装備なども着実にアップグレード 標準装備となったホンダ独自の運転支援システム「ホンダセンシング」には後方誤発進抑制機能が追加されただけでなく、高速道路での追従走行が可能なACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)の加減速時にもスムーズなフィーリングとなるように改良が加えられています。 また、下り坂などにおいてシフトレバーを操作することなく、ある一定のブレーキ操作だけで、エンジンブレーキを併用したスムーズな減速を行うステップダウンシフト制御をホンダのミニバンで初採用し、より滑らかな走りを実現しています。 クロスターのボディサイズ、最低地上高は標準車と同じ 今回試乗したのは車両本体価格304万400円のフリード+ ハイブリッド クロスター ホンダセンシングの4WD車です。 リアサスペンションが異なる4WDの方が安定感が高くおすすめ 今回の試乗車は4WD車だったため、リアサスペンションがド・ディオン式(2WD車は車軸式)、スタビライザーはトーションバー式(2WD車はなし)となっています。 スタビライザーの有無は走行安定性に大きな影響を与えます。 マイナーチェンジ前のクルマでも4WD車はリアサスペンションの接地感が高く、走行安定性が2WD車よりも一段上でした。 マイナーチェンジしたモデルも2WD車と4WD車を同時に試乗しましたが、やはり4WD車のほうが走行時の安定性が高く、クルマの揺れも少なく感じました。 相変わらず走りよし、燃費よしのハイブリッド 搭載されているi-DCDと呼ばれる1. 5Lガソリンエンジン+モーターのハイブリッドシステムは、スムーズな加速性能を発揮する一方で、新方式のWLTCモード燃費でも20. 今回、運転支援システム「ホンダセンシング」には「後方誤発進抑制機能」が追加されました。 サードシートまで人を乗せたときや大きな荷物を積んだときなど、後方の視界が見えづらい場面で効果を発揮し、安心して駐車などが行えます。 今回のマイナーチェンジでリフレッシュされたプレーンな標準車と、追加導入されたクロスオーバーテイストのクロスターの2本立てとなったことで、さらに人気となりそうです。

次の