健康 保険 資格 喪失 証明 書。 通常、健康保険資格喪失証明書はいつ会社から交付されるものですか?退...

あまり知られていない、健康保険資格喪失証明書

健康 保険 資格 喪失 証明 書

Contents• 健康保険資格喪失証明書は離婚してすぐに必要になる 健康保険は日本では必ず加入しなければならないので、元配偶者の国民健康保険や社会保険に加入していた場合は離婚後に国民健康保険に入ったり、ご自身の企業の社会保険へ切り替えたりしなければなりません。 その加入をするためには、健康保険資格喪失証明書が必要になります。 この証明書は以前加入していた社会保険から抜けたことを証明する書類にあたります。 基本は脱退する会社の社会保険を担当している人事や労務に依頼をすれば、あとは証明書の交付はしてくれます。 しかし、配偶者の扶養に入っていた方たちの中で、相手が証明書を送ってくれないので、ご自身や子どもがスムーズに健康保険へ加入ができないことがよくあります。 当の筆者も元配偶者から子どもの健康保険資格喪失証明書をなかなか送ってくれずに、離婚後1か月ほどは空白の期間を作ってしまいました。 元配偶者がスムーズに証明書の手続きをしてくれない人は、筆者のようにならないためにも、証明書を貰えなかったことを想定し、加入の段取りを考えていくといいでしょう。 健康保険資格喪失証明書がもらえない場合はまず問い合わせ 元配偶者に健康保険資格喪失証明書を受け取っているか確認の意味を込めて、一度は問い合わせをしてください。 離婚前に国民健康保険に加入していた場合:お住まいの市町村の役所の窓口• 元配偶者の扶養で社会保険で加入した場合:相手の会社の担当している部署 問い合わせでは状況を説明し、扶養から外した手続きを行ったか旨も確認しておいてください。 さらにご自身で健康保険資格喪失証明書を発行する際に役立つので、被保険者資格喪失を届けたかの有無を確認しておきましょう。 健康保険資格喪失証明書はご自身で年金事務所で発行できる 問い合わせし、扶養が外れた場合は 健康保険資格喪失証明書は、ご自身で作成することができます。 なので、元配偶者から必ずしも受け取る必要がありません。 健康保険資格証明書の作り方はお近くの年金事務所へ行き、健康保険資格喪失証明書を発行したい旨を伝えます。 すると、スタッフの方が「健康保険・厚生年金保険 資格取得・喪失等確認請求書」を渡してくれますので、その書類に必要事項を記入し提出すれば交付してくれます。 健康保険資格証明書の作成するときには、 以下4つの持ち物が必要です。 運転免許証などの身分証明書• 年金手帳• マイナンバーが記載された住民票 また、最近は年金事務所での手続きや相談は予約制なので、必ず予約してから行くようにしてください。 以下より、年金事務所の予約電話番号を確認することができます。 健康保険資格喪失証明書の発行するときの注意点は2つある ご自身で健康保険資格喪失証明書を年金事務所で発行するときには 注意点が2つだけあります。 1つ目は、元配偶者の会社が日本年金機構に被保険者資格喪失届を提出していなければご自身で発行することができません。 2つ目は元配偶者の社会保険に加入していた場合は、離婚後すぐにご自身で年金事務所に行っても健康保険資格喪失証明書を発行できないことです。 なぜなら、元配偶者の会社は健康保険資格を喪失した日から 5日以内に被保険者資格喪失を日本年金機構に提出することが義務付けられているので、離婚後すぐには発行されることが現実的に厳しいからです。 なので、離婚前に加入して健康保険が喪失した5日過ぎてから年金事務所に出向くといいでしょう。 離婚後で健康保険資格喪失証明書がない場合の手続き方法 基本、離婚後に加入する健康保険のためには健康保険資格喪失証明書が必要になります。 しかし、元配偶者の会社に確認することができないなど何らかの事情で年金事務所で交付手続きができない場合は、離婚後に加入する健康保険の窓口に問い合わせましょう。 国民健康保険に改めて加入する場合:お住まいの市町村の役所の窓口• ご自身の会社の社会保険で加入する場合:相手の会社の担当している部署 体験談 子どもの健康保険資格喪失証明書を貰えず戸籍謄本で対応 自分自身は結婚前から勤めていた会社の社会保険に入っていたので問題はありませんでしたが、子どもが元夫の会社の保険に加入してました。 離婚調停し、離婚届けを役所に提出した後に自分の弁護士を通して、元夫の弁護士に娘の健康保険証を送付しました。 以前、自動車保険で中断証明書を送ってくれなかったこともあり、弁護士に依頼する際には、健康保険資格喪失証明書が届き次第、早急に送ってほしいこともお願いをしました。 しかし、1か月過ぎても返事がなく、さすがにそろそろ娘を扶養にして健康保険を加入しないといけないと思い、自分の会社の人事に相談をしました。 やはり人事も最初は健康保険資格喪失証明書が必要と断られましたが、状況を話したところ、人事が会社が加入して入り社会保険の窓口に相談してくました。 すると、離婚日と親権が決まった月日が記載されている戸籍謄本を提出すれば、証明書がなくても加入できるようになりました。 急いで必要な書類を用意し、無事娘を扶養にして社会保険に加入することができましたが、離婚日から30日以内で加入しなかったため、元配偶の社会保険と今回加入した健康保険の間に空白の期間ができてしまいました。 この空白期間は筆者と子どもは今回影響がありませんでしたが、子どもが病院にお世話になったときは後で手続きすれば返金があるものの、病院の窓口では実費で払うわなければなりません。 健康保険資格喪失証明書がもらえないなら自分で発行する 元配偶者から健康保険資格喪失証明書がもらえない場合は、• 離婚前に加入していた健康保険の窓口に問い合わせをしよう• ご自身で健康保険資格喪失証明書を年金事務所で発行できる• やむえず健康保険資格喪失証明書がない場合は、離婚後に加入する健康保険に相談 この3つは押さえておきましょう。 元配偶者から健康保険資格喪失証明書が届くことを待っていても、届かないケースがよくあります。 いつまでも待っていても離婚前と後の健康保険に空白の期間できてしまいます。 その期間は病院にかかると自腹になってしまい、加入後は返金手続きもしなければならないので、できるだけ空白期間ができないように対応しておくようにしましょう。

次の

健康保険資格喪失証明書がない時はどうする?年金事務所で即日発行する方法とは!

健康 保険 資格 喪失 証明 書

被保険者が退職すると、その翌日に被保険者の資格を失います。 被保険者本人も被扶養者も保険証は使えなくなりますので、事業主を経由し当組合に返却してください。 退職後に保険証を使用した場合は医療費を返還していただきますので注意してください。 事業主は当組合に保険証を添えて資格喪失届を提出します。 個人での届出は必要ありません。 退職した後の保険証はどうするの? 自分で破棄せずに、被扶養者分も含めたすべての保険証を速やかに 事業主に 返却してください。 「当組合の任意継続」• 「国民健康保険(退職者医療制度)」• 「ご家族の健康保険(被扶養者)」 の3つの加入方法があります。 資格喪失の日の前日まで継続して2か月以上の被保険者期間があること• 資格喪失日(退職日の翌日)から20日以内に手続きすること• 75歳未満であること 保険料• 退職時の標準報酬月額か当組合の平均標準報酬月額のどちらか少ない額で決定• 全額本人負担となります• 前納制度による割り引きがあります 申請書類等• ご家族の健康保険(被扶養者)の場合 手続き先 ご家族の勤務先 加入要件 ご家族が加入されている健康保険被扶養者の要件を満た す必要があります ご家族の勤務先へお問い合わせください 保険料 被扶養者の保険料負担はありません 申請書類等 ご家族の勤務先へお問い合わせください 国民健康保険の場合 手続き先 お住まいの市区町村の国民健康保険課 加入要件 お住まいの市区町村の国民健康保険課へお問い合わせください 保険料• 世帯の前年の所得に応じて算定されます• 保険料の軽減制度があります 申請書類等 お住まいの市区町村の国民健康保険課へお問い合わせください 健康保険資格証明書(資格喪失証明書)が必要なとき 「 」の提出により交付となります。 自動的に発行はされません。 この申請書を事業主を経由せずに直接当組合へご提出ください。 (記入例はをご覧ください。 )後日、申請書記載のご住所に 健康保険資格証明書を郵送いたします。 窓口での交付や事業所等への送付はできません。 手続き状況によってはお時間をいただくことがございます。 資格喪失手続きが完了している場合、申請書到着から資格証明書のお届けまで1週間程度となります。 退職したときの保険料は?.

次の

健康保険等資格喪失証明書が届かないです。

健康 保険 資格 喪失 証明 書

業態で飲食求人を探す• 職種で飲食求人を探す• 都道府県で飲食求人を探す• 路線で飲食求人を探す• 人気のエリアで飲食求人を探す• 人気の駅で飲食求人を探す• 健康保険資格喪失証明書を発行してくれない場合はどうすればよいか? 私は先日まで飲食店で正社員として勤務していました。 社会保険の健康保険から国民健康保険に切り替えるため、社会保険の「資格喪失証明書」を送ってほしいとお店に頼んだのですが、一向に対応してくれません。 子どもが小さいため、早く国民健康保険に切り替えたいのですが、このような場合どうすればよいのでしょうか。 社会保険に加入している事業所を退職して、国民健康保険に切り替える際に 「健康保険資格喪失証明書」が必要となります。 この書類は、対象者が現在被保険者ではないということを証明するもので、ご質問のケースのように会社や事業所が発行してくれないということで困っている方もおられると思います。 この「健康保険資格喪失証明書」ですが、会社や事業所によっては依頼すると発行してくれる場合もありますが、 基本的には会社や事業所に義務づけられたものではなく、被保険者であった方ご自身が管轄の年金事務所に行き、発行してもらう書類になります。 発行の手続きの方法は、これまで加入していた保険証が「全国健康保険協会(協会けんぽ)」の場合、最寄りの年金事務所に行ってください。 受付窓口で、「健康保険資格喪失証明書」を発行してほしいと伝えると「健康保険・厚生年金保険 資格取得・喪失等確認請求書」に必要事項の記載を求められますので、記載して提出すると、その場で即日発行してもらえます。 (郵送でも手続きは可能です) なお、年金事務所の窓口で「健康保険資格喪失証明書」の交付を希望される場合は、 身分証明書として運転免許証やマイナンバーが記載された住民票などが必要となります。 その他、 印鑑、年金手帳なども必要となることがありますので持参するようにしてください。 ただし、即日発行できないケースもあります。 「健康保険資格喪失証明書」を発行してもらうためには、 被保険者であった方が所属していた会社や事業所が社会保険の「被保険者資格喪失届」を日本年金機構に提出している必要があります。 「被保険者資格喪失届」は、 健康保険の資格を喪失した日(退職日翌日)から5日以内に日本年金機構に提出することを義務づけられていますが、退職後間もない場合や会社側の手続きが済んでいない場合もあります。 資格喪失の手続きが完了していない場合は、会社に急いでいる旨を申し出て速やかに手続きをしてもらいましょう。 また、「健康保険資格喪失証明書」の発行ができなくて国民健康保険の手続きが遅くなる可能性がある場合は、市役所の国民健康保険課の窓口に相談すれば待ってもらえることもありますので、早めに相談されてはいかがでしょうか。

次の