絹さや 栄養成分表。 サワラ(鰆)の栄養と効果効能

さやえんどうの3の効果効能と栄養素・栄養成分

絹さや 栄養成分表

Contents• さやえんどうとは? さやえんどうは豆科です。 別名「絹さや」とも呼ばれ、 料理の色どりや歯ざわりを 楽しむ食材として調理されます。 さやえんどうは、中に豆が大きくなる前の 早い段階で収穫し、さやごと食べれる野菜です。 豆が少し生長したものが 「グリンピース」であり、 大きく生長したものが 「えんどう豆」となりますが 各々含まれる栄養素が異なります。 グリンピースは成長した分、 たんぱく質、ビタミンB群、 食物繊維などが多くなっています。 たんぱく質や糖質、 に関しては倍以上になります。 3月から6月ころがおいしい旬の時期で、 和え物や煮物、炒め物などがおススメです。 ちなみに、大量の熱湯で さっと茹でると鮮やかな緑色になります。 さやえんどうの栄養素・栄養成分 さやえんどうが低カロリーであり、 1パック食べても過剰摂取に なりにくいことがわかったところで 栄養素・栄養成分を見ていきましょう。 これはグリーンピースや そら豆の約2倍に相当します。 があり、 怪我をした時の出血を固める効能があります。 また、骨にが沈着するのを 助けるので骨粗鬆症の予防へも 期待ができる栄養素です。 モリブデンは豆類などに多く含まれており、 さやえんどうはその中では少なめですが、 野菜類の中では比較的、含有量が多いです。 大豆製品を使った煮物などの彩りに使うと、 モリブデンの摂取が効率よくできるでしょう。 モリブデンは鉄の働きを助ける効能があります。 さやえんどうの栄養素・栄養成分:ビタミンC さやえんどう100g中に ビタミンCは60mg含まれています。 ビタミンCの1日の摂取推奨量は、 成人男女で100mgですので、 半分以上のビタミンCが摂れます。 煮物の彩りなどに使用する場合は、 一度に多くの量は食べられないので、 ソテーなどにして食べるのがおすすめです。 ちなみに、昔と比べると、 今の野菜は栄養価が落ちているといわれますが、 50年程前と比べると、 さやえんどうのビタミンCは 約3倍にも増えているそうです。 さやえんどうの効果・効能 さやえんどうは上記で説明した 栄養素以外にもビタミンB群も含まれ、 体に良い影響を与えてくれます。 今度は具体的な効果効能を見ていきましょう。 抗酸化作用とは、体内に増えすぎた活性酸素によって 細胞が錆びるのを防ぐ効果のことです。 人間の体は 日常生活でストレスや 紫外線を受ける事で活性酸素が 大量に生成されます。 そのため、肌や血管の免疫力の低下で シワやシミなどのお肌トラブルや 老化の原因につながります。 さやえんどうの抗酸化作用により アンチエイジングや動脈硬化の改善、 そこから発生する脳梗塞や心筋梗塞などの 生活習慣病を予防することができます。 お肌の改善や美肌については、 の記事に肌に良い食べ物や食材を まとめましたので、読んでみてください! さやえんどうは疲労回復効果がある!? さやえんどうには 疲労回復効果が期待できる 「アスパラギン酸」が多く含まれています。 アスパラギン酸とはアミノ酸の1つで、 疲労物質である乳酸の分解を促進し、 エネルギーに変える効能があります。 さらにさやえんどうには ビタミンB群が豊富に含まれています。 エネルギーの代謝に必要な栄養素なので、 不足すると疲れやすくなってしまいます。 また、 たんぱく質が筋肉の回復に必要ですが、 さやえんどうの豆の部分にはたんぱく質が含まれるため、 これらの栄養素により高い 疲労回復効果を得ることができます。 さやえんどうで便秘解消! さやえんどうには、 女性には心強い便秘解消に活躍してくれます。 それはさやえんどうに含まれる 食物繊維が関係しています。 食物繊維は 「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」の 2種類ありますが、 さやえんどうには、 不溶性食物繊維が比較的に多いです。 そのため、 腸内の水分を吸収し 便の量を増すことで腸の動きが活発になるため、 排便を促す効能があります。

次の

びんながまぐろ(びんちょうまぐろ)の栄養とおすすめレシピ、食品成分表

絹さや 栄養成分表

今回の旬の野菜は5月に旬の「さやえんどう」です。 「絹さや」の名前の由来がおもしろい さやえんどうはその名の通り、マメ科の野菜です。 和名はえんどう。 一年生のつる性草本になります。 絹さや、さやえんどうは、えんどう豆の未熟なさやを食用とする呼び方になります。 若いうちに採ることで、「さやごと食べる」か、グリーンピースのように「緑色のやわらかい豆の状態で収穫する」かの違いになります。 絹さやとは、さやが上等の絹織物のようにやわらかいという言葉の意味があります。 また、さや同士擦れ合う音が、絹さばきの音に似ているところから絹さやと言われるようになったなど、エピソードは尽きません。 3月8日は「さやえんどう」の日 さやえんどうの花は、品種によって白とピンクがあって、その花はスイートピーに似た可愛いらしい姿をしています。 一般的に果菜 果実を食用とする野菜 は受粉後、花の後がふくらんで実になりますが、花の断面を見ると、小さな実が並んでいます。 花の中に既に豆ができているのです。 消費者においしいさやえんどうをPRするために、さやえんどうの生産量の多い和歌山県と鹿児島県のJA 連合会 が協力して、「さ」と「や」のごろ合わせで3月8日が「さやえんどうの日」として、 一社 日本記念日協会に認定されているようです。 「さやえんどう」の栄養 未熟な豆をさやごと利用するので、栄養価は高いと言えます。 たんぱく質、カロテン、ビタミンB1、B2、ビタミンC、カリウム、食物繊維も多く、緑黄色野菜です。 カロテンはトマトとほぼ同量です。 一度に100gを食べることは少ないですが、野菜の中では多い量になります。 ビタミンCはイチゴに近い量が含まれています。 小さい種子には、リジンなどのアミノ酸も豊富です。 おいしい「さやえんどう」の選び方と保存方法 へたの緑色が鮮やかで、ぽきっと折れるハリがあるものが新鮮です。 さやが黄色いものは控えましょう。 また、「板さや」と呼ばれるように、豆が大きいとさやの歯触りが悪くなるので、豆の形が表面にあまり浮き出ていない板状に薄いものがいいですね。 先のひげが白っぽく、ピンとしているものもおすすめです。 乾燥に弱いので、ポリ袋に入れて野菜室で冷蔵。 鮮度がよいものは軽く茹でて冷凍すると2-3か月利用できます。 「さやえんどう」の調理法 筋は、へたのついている方から二方向に分けてとり、先端はそのまま形を残すとよいでしょう。 茹でる時は、塩を入れた熱湯でさっと茹で、冷水で手早く冷ましましょう。 歯触りが大切なので、茹で過ぎないようにしましょう。 煮物、炒め物、汁物、天ぷらにもいいですね。 新玉ねぎと合わせてサラダにも。 細く刻んで和え物もおいしいです。 さやえんどうは卵との相性がいいので、卵焼き、卵とじ、茶碗蒸しにもGOODです。 ぜひ試してみてください。 ja-group. jp ・『七訂 食品成分表2016』 女子栄養大学出版部 2016 ・『野菜の効用事典』 山口米子 大滝 緑 明治書院 2005 ・『新・野菜の便利帳 健康編』 名取貴光 高橋書店 2016 ・『新・野菜の便利帳 おいしい編』 板木利隆 高橋書店 2016 ・『野菜の仕入れ事典』 瀬戸達和 旭屋出版 2008 ・『簡明食辞林 第2版』 樹村房 1997 ・『地域食材大百科 第2巻』 農山漁村文化協会 2010 関連コラム•

次の

とんぶりの栄養と効果効能

絹さや 栄養成分表

さやえんどうの栄養成分表 日本食品標準成分表2015年版(七訂)に準拠しています。 表の見方や注意事項は、のページを参照してください。 さやえんどう(若ざや・生)の食品成分 部分をクリックすると開閉します。 6g たんぱく質 3. 1g アミノ酸組成によるたんぱく質 1. 8g 脂質 0. 2g トリアシルグリセロール当量 0. 2 g 飽和脂肪酸 0. 04 g 一価不飽和脂肪酸 0. 02 g 多価不飽和脂肪酸 0. 09 g コレステロール 0mg 炭水化物 7. 5g 利用可能炭水化物(単糖当量) 4. 2g 水溶性食物繊維 0. 3g 不溶性食物繊維 2. 7g < 食物繊維総量 > 3. 0g 灰分 0. 6g ナトリウム 1mg カリウム 200mg カルシウム 35mg マグネシウム 24mg リン 63mg 鉄 0. 9mg 亜鉛 0. 6mg 銅 0. 10mg マンガン 0. 15mg ビタミンB2 0. 11mg ナイアシン ビタミンB3 0. 8mg ビタミンB6 0. 56mg ビオチン ビタミンB7 5. 6g たんぱく質 3. 1g アミノ酸組成によるたんぱく質 1. 54 窒素換算係数2 6. 9mg 含硫アミノ酸:シスチン 6. 7mg 含硫アミノ酸 <合計> 15mg 芳香族アミノ酸:フェニルアラニン 25mg 芳香族アミノ酸:チロシン 17mg 芳香族アミノ酸 <合計> 42mg トレオニン(スレオニン) 32mg トリプトファン 8. 6g 脂質 0. 2g トリアシルグリセロール当量 0. 2 g 脂肪酸総量 0. 15 g 飽和脂肪酸 0. 04 g 一価不飽和脂肪酸 0. 02 g 多価不飽和脂肪酸 0. 09 g n-3系多価不飽和脂肪酸 0. 01 g n-6系多価不飽和脂肪酸 0. 6g 単糖当量 4. 2g でん粉 0. 7g ぶどう糖 2. 4g 果糖 0. 1g ガラクトース — しょ糖 0. 8g 麦芽糖 0g 乳糖 0 g トレハロース — <計>(利用可能炭水化物) 4. 1g たんぱく質 3. 2g アミノ酸組成によるたんぱく質 1. 8 g 脂質 0. 2g トリアシルグリセロール当量 0. 2 g 飽和脂肪酸 0. 04 g 一価不飽和脂肪酸 0. 02 g 多価不飽和脂肪酸 0. 09 g コレステロール 0 mg 炭水化物 7. 0g 利用可能炭水化物(単糖当量) 4. 0 g 水溶性食物繊維 0. 9g 不溶性食物繊維 2. 2g < 食物繊維総量 > 3. 1g 灰分 0. 5g ナトリウム 1mg カリウム 160mg カルシウム 36mg マグネシウム 23mg リン 61mg 鉄 0. 8mg 亜鉛 0. 6mg 銅 0. 09mg マンガン 0. 14mg ビタミンB2 0. 10mg ナイアシン ビタミンB3 0. 6mg ビタミンB6 0. 1g たんぱく質 3. 2g アミノ酸組成によるたんぱく質 1. 1g 脂質 0. 2g トリアシルグリセロール当量 0. 2 g 脂肪酸総量 0. 15 g 飽和脂肪酸 0. 04 g 一価不飽和脂肪酸 0. 02 g 多価不飽和脂肪酸 0. 09 g n-3系多価不飽和脂肪酸 0. 01 g n-6系多価不飽和脂肪酸 0. 1g 単糖当量 4. 0 g でん粉 0. 7 g ぶどう糖 2. 3 g 果糖 0. 1 g ガラクトース — しょ糖 0. 8 g 麦芽糖 0 g 乳糖 0 g トレハロース — <計>(利用可能炭水化物) 3. 9 g ソルビトール(糖アルコール) — マンニトール(糖アルコール) —.

次の