ヘア ド ネーション 静岡。 髪の毛のご寄付のお願い|ヘアドネーション|NPO法人HERO

ヘアドネーション(髪の寄付)を自宅で体験。髪を切った娘が得たもの

ヘア ド ネーション 静岡

ヘアドネーションとは? 髪の毛を失った子どもたちへウイッグ用の毛髪を寄付すること 病気などが原因で髪の毛を失った子どもたちに、医療用ウイッグの原料となる毛髪を寄付すること。 寄付された髪の毛は、ウイッグとして生まれ変わり、病気などが原因で髪の毛を失った子どもたちへ寄付されます。 寄付するためのルールはたったの2つ! 自分の髪の毛を寄付する…ちょっと難しそうな気がしますが、実は以下のことだけ守ればOK! 1、髪の毛の長さが31cm以上(ただし、31cm以下でも無駄になることはないそうです!) 2、髪の毛がしっかり乾いている(湿っているとカビや雑菌繁殖の原因になるから) しかも… ・パーマ、脱色、カラーリング、くせ毛、ダメージヘア、白髪でもOK! ・年齢、国籍、性別ももちろん問わない! ほぼNGがない条件。 ちょっと意外ですね。 髪さえ伸びていれば、気負わず参加できるボランティアなのです。 なぜ31cm?気になるヘアドネーションの疑問に全部お答え! では、なぜ31cmの長さが必要なのか、なぜ髪質が混ざってもOKなのか、気になる疑問に広報の今西由利子さんが答えてくれました。 Q:なぜ「31cm以上」なのですか? <A> 当団体が提供しているJIS規格適合の医療用フルウイッグは、強度を上げて抜け毛を減らし、より長くお使いいただくために、 髪の毛を真ん中から半分に折り返して植る方法で製作いたします。 そのため、31cmの長さでヘアドネーションしていただいた髪の毛は、 約15cmのショートボブのウイッグとして仕上がります。 Q:パーマ、脱色、枝毛…髪質が悪くても問題ないのはなぜですか? <A> 髪の毛は千差万別で、色や質感、手ざわりなどの個人差がとても大きいです。 1体のウイッグを作るためには約20〜30人分の髪の毛が必要ですので、まずは「トリートメント処理」という化学処理を施します。 薬品を使って、色や質感などを均質化させる作業ですが、プロの業者さんにお任せして、髪の毛に応じた適切な処理をしていただいています。 詳しくは当団体のHPで紹介していますので、そちらをご覧ください。 その場合、ヘアケア剤やカラー剤、パーマ剤を研究開発するために使用する「評価毛」として、また、美容師さんが練習に使用する「カットマネキン」用として転売し、そのお金をウイッグの製作費用に充てさせていただいています。 ただ、 ご協力いただいているウイッグメーカーさんや、スタイルカットをしてくれる美容師さんのご厚意で、製作費用を抑えることができています。 すべての運営費用は、募金や助成金、先述した規定以下の髪の毛の売却益から捻出しています。 髪の寄付はできないけれど、募金なら…という方もたくさんいらっしゃいます。 皆さまのおかげで、子どもたちに高品質なウイッグを提供できていること、本当に感謝しかありません。 Q:髪に消費期限はないですか?例えば去年の髪でも問題ない? <A> 髪の毛は腐ったり風化したりしませんので、何年前のものでもOKです! お祖母様の娘時代の髪の毛がたんすから出てきた、と数十年前のものをいただくこともあります。 湿度があると、カビや雑菌のもとになるのでそこだけはご注意を!) Q:実際のところ、寄付の数は足りていますか? <A> 現在、年間およそ2万〜3万件のヘアドネーションが寄せられています。 近年では、メディアで取り上げられたり、著名人からの寄付がたびたび寄せられるようになりました。 また、SNSの浸透によりクチコミで急速に「ヘアドネーション」の知名度が上がったことから、髪の毛の寄付も急増しています。 昨年は、87体のウイッグを提供することができました。 髪の寄付の量…という点においては十分頂戴しており、皆さまのご協力に心から感謝しています! ただ 「ウイッグを希望する子どもたちの望む長さ=ヘアスタイル」という観点から見ると、やはりロングヘアのウイッグになる長い髪の毛の寄付は、慢性的に不足気味です。 ロングヘアを希望する子どもたちがとても多く、そのためには50〜60cmの髪の毛が必要ですが、それだけの長さのヘアドネーションは、残念ながらまだまだ十分とはいえないのが実情です。 その当時、ヘアドネーションを専門に行う団体は日本ではほかになく、美容師を含め大半の方は「ヘアドネーション」という言葉も存在もご存知ありませんでした。 ヘアドネーションの発祥の地はアメリカですが、それも1990年代に始まったと聞いています。 そういう意味では、このボランティア自体がまだまだ歴史が浅く、先進国も後進国もないのではないかと思います。 Q:これから髪を伸ばそうと思っている人、寄付したいと思っている人に、お願いしたいことはありますか? <A> 頻繁にトリートメントしたり、お金のかかるケアをしなければならないということは一切ありません。 必要なのは、長さだけ。 できたら、ちょっとだけ頑張って、少しでも長く伸ばしていただけたらうれしいですね。 プリンセスのような長い髪に憧れる子どもたちのことを想像しながら、ご協力いただけるとありがたいです。 ロングヘアのお手入れは手間がかかるものですが、 自分の髪の毛に「第二の人生」が待っていると考えると、少し楽しくなるかと! ボランティアは決して特別なものではなく、日常のなかにあるもの。 ヘアドネーションも、そうであってほしいなと願っています。 かといって、ヘアドネーションするために伸ばす期間も、大切な人生の時間ですよね。 ボランティアは「苦行」ではないので、好きなヘアスタイルもして、楽しみながら協力していただきたいと思っています。 ヘアドネーションの送り先は? ヘアドネーションは髪の寄付だけではなく、もちろんお金の寄付も受け付けています。 もちろん、賛同店でしかできないわけではありません。 「どんな髪の毛でも、気持ちのこもった、大切にお手入れされたかたの体の一部という点では同じなんです」と。 寄付する側は「長い髪を切る」という覚悟が必要ですが、受け取る側はその覚悟を受け止め、次に役立てるというミッションを背負う。 それでも「どうぞ気軽に、気負わず、そして楽しく寄付してほしい」と言える今西さんの強さ。 私も心して寄附することを決めました。 初めてでも安心!ヘアドネーションの方法 というわけで、編集部タナカもヘアドネーションをしてみました! 今西さんのお話を聞いていたので、なんとなくあった不安は完全払拭! むしろちょっとイベントに感じたほどです。 私は自分が行きつけのお店でヘアドネーションのことを相談したところ、快く引き受けてくれました。 しかし以下の工程が必要なので、もし行きつけのサロンでやる場合は事前にご相談しておくとよいと思います。 How toヘアドネーション 無駄なく寄付するためには、無駄なく切ることが大事。 以下の流れで切ってもらいました。 1:髪をゴムで束ねる。 髪を切る前に、毛先をいくつかに分けて束ねます。 毛先がバラバラになると、ウイッグ処理する際に大変なので、ゴムで強めに束ねてくださいね。 私は髪が多かったので、少ない分量で多くの数を束ねてもらいました。 2:希望の長さで切る。 目安としては、小さく束ねた時はゴムから1cm上、太く束ねた時はゴムから2 cm上をカットすれば、ばらけず切れるそうです。 寄付したい長さと後で整えるヘアスタイルをイメージしながら、どの辺で切るのか美容師さんと相談し、ゴムの位置を調整するとよいでしょうね。 3:毛束をきれいにそろえる。 ゴムがゆるんでいると髪が毛束からはずれるので、ゴムの強度を再度確認し、もしゆるかったらゴムで縛り直すなどして、整えたほうがよいでしょう。 毛束は発送時にバラバラにならないように、最後は1つにまとめましょうね。 <送るもの> 1、切って1つに束ねた髪 2、ヘアドナーシート 3、返信用封筒 の3つを入れて宅配便で発送。 なくても問題ないですが、より迅速に役立てることが可能とのこと。 届いたらスムーズに仕事ができるように、ルールだけはしっかり守って送りましょう。 思いはしっかり伝わっていますから! ちなみに私は「3」を送っていたので、後日受領証が届きました。 正直、かなり嬉しかったです。 実は「サンキュ!」を作る大切な仲間たちにも「がん闘病経験者」が多数います。 彼女たちの闘病の話を「サンキュ!」で度々紹介してきました。 そのせいか、わたしたち編集部員は普段からこの類の情報を無意識にキャッチし、わが身にすりこんできたように思います。 決して特別ではなく、いつもボランティアがそばにある。

次の

Japan Hair Donation & Charity(ジャーダック,JHD&C)|ヘアドネーションを通じた社会貢献活動

ヘア ド ネーション 静岡

index 目次• 「ヘアドネーション」とは 最近、芸能人が参加していることもあり、ちょくちょく耳にする「ヘアドネーション」(以下、ヘアドネ)。 簡単にいうと、病気が原因で髪の毛を失った子どもたちに、無償でウィッグを贈る活動の一環として、髪の毛を寄付することを指します。 questionどんな髪の毛でもいいの? 長さが31cm以上あれば、染めていてもパーマをかけていても、ブリーチしていてもくせ毛でもOK。 もちろん、大人も子どもヘアドネをすることができます。 引っ張ったらすぐに切れてしまうくらいの極端な傷みがなければ、大丈夫だそうです。 questionお金はもらえるの?かかる費用は? 寄付なので、ヘアドネをすると何かをもらえることはありません。 ですが、子どもの髪の毛で参加すれば、子どもが「寄付」というものを体験、学習するいい機会になりますね。 また、特別な費用も発生しません。 (ただし、自宅でおこなう場合は郵送代のみかかります) 自宅でやると安く済む! ヘアドネをしたい場合は、ヘアドネの活動に賛同する美容室で切ってもらう場合が多いようです。 ですが、そこが私にとっては壁になっていました。 賛同する美容室は限られるので、アクセスの面もありますし、何より値段がかかるわけです。 ママだって、美容室行くの我慢してるのに!(笑)そんな折、自宅でもできるという話を聞き、実際にやってみることに! ヘアードネーションの流れ 大まかにまとめると、一連の流れはこんな具合です。 髪の毛を切る長さを決める• 切ってもらうサロンを決める(または自宅でやる)• 髪の毛をカット• 発送する• まず、まとめやすい量に分けて、ゴムを留めます。 留めている位置が32cmくらいです。 髪の毛を5つに分けました。• ゴムの1cm上あたりからカット 断髪式として、最初だけ自分で切らせてみました。• すべて切り終えたものがこちら この時点で娘は毛先がガタガタの髪になっているので、この後1000円カットに行って、整えてきました。 発送しよう 公式ホームページに記載されている住所に、「ドナーシート」「切手を貼った返信用封筒」「寄付する髪の毛」の3点をまとめて郵送します。 ドナーシート ドナーシートは、上記と同様の情報が記載してあれば、手書きでも可能です。 後日、返信用封筒に入った受領証が届くので、子どもの髪の毛を送った場合、封筒の宛名に子どもの名前を書いてあげると、とても喜びますよ! なお、髪の毛が湿っていると、カビや雑菌が増殖してしまうこともあるようです。 せっかくの髪の毛が無駄にならないように、完全に乾かしてから発送してくださいね。 娘の反応は? 産まれてからなんとなく伸ばしていた娘の髪の毛は、約7年半でいつの間にか腰の位置まで長くなっていました。 そうなると、本人ももったいなくなるのか、なかなか切れず。 切ろうと決心がついたのは、ヘアドネのおかげです。 病気で髪の毛を失った子どもたちの写真をスマホで見ながら、病気で苦しむ子どもたちが世の中にいること、病気で髪の毛がなくなったらどんな気持ちになるのか、を学ぶきっかけにもなりました。 それまでは、「寄付」なんて言葉すら知らない娘でしたが、人助けしたことでなんだかとても誇らしげでした。 友達に「髪切ったの?」と聞かれたら、「寄付したんだよ!」と話しているそうです。 髪の寄付だけが支援ではない ちなみに、「髪の毛を伸ばせない」「髪の長さが足りない」という人も、「寄付金」という形でヘアドネの活動を支援することができます。 詳しくはを参照してください。 感想 病気で髪の毛を失う悲しみは、きっと私たちが想像する以上のものだと思いますが、ヘアドネに参加することで、どこかで誰かが笑顔の花を咲かせられるかもしれません。 もっともっとヘアドネが身近なものになることを願っています。

次の

ヘアドネーション体験談。失敗というか自己満足。

ヘア ド ネーション 静岡

スポンサーリンク ヘアドネーションとは? ヘアドネーションとは、文字通り• Hair 髪の毛• Donation 寄付 髪の毛を寄付することです。 ヘアドネーションにより寄付された髪の毛は医療用ウィッグとして生まれ変わり、• 小児がん• 無毛症• 先天性の脱毛症• 不慮の事故など で髪の毛を失ってしまった子ども達のために無償で提供されます。 ヘアドネーションはアメリカで始まったボランティア活動で、今では世界に広まっています。 条件について|15cmでも寄付できる? ヘアドネーションを受け付けている団体によっては 15cmでも寄付可能です。 カラーやブリーチをしていても、多少の ダメージがあっても大丈夫! 年齢・性別・国籍も問いません。 それは、ジャーダック側でウィッグを作る際に一旦トリートメントやストレートパーマ、カラーリングを施して均一な 髪のコンディションにするからです。 ただし、引っ張ると切れてしまうような極端なダメージヘアではうまくウィッグを作ることができません。 極端なダメージヘアの方は、まず髪のコンディションを整えて少し伸ばしてから 寄付すると良いと思います。 15cmから寄付可能な「つな髪」の条件 「つな髪」さんで寄付を受け付けている髪の条件は下記のとおりです。 髪の長さ15cm以上または31cm以上• 年齢、性別、国籍は問いません• 引用元: また、カラーの度合いによっては実際に子どもたちの手に渡るウィッグになるのか練習用のウィッグになるのかの違いがあるようです。 詳しいカラー見本はに載っていますので参考になさってみてください。 寄付の受付ができない髪は下記のとおりです。 ブリーチした髪• 白髪・白髪まじり• パーマを当てた髪(ストレートパーマも含む)• 天然パーマの髪・くせが強い髪質(縮毛矯正やストレートパーマが必要な程度)• 縮毛矯正をした髪• 傷みが激しく引っ張ると切れてしまうような髪 つな髪さんが 白髪・白髪まじりの髪の寄付を受け付けてない理由は、髪本来の質感を残したナチュラルな髪でウィッグを提供するために洗浄殺菌しか行っていないからだそうです。 ウィッグは子どもさん達に送られるものなので、 白髪・白髪まじりの髪は向いてないということですね。 ヘアドネーションする為に2年半伸ばした45cmの髪を賛同サロンに捨てられてた・・ ショックすぎて頭おかしくなりそう・・ もちろん事務局に相談して、今は賛同サロンから強制削除されはりました・・ ヘアドネーションをお考えの方、人の善意を平気でふみにじる悪徳美容師もいるのでお気をつけ下さい。 — 冴島翠 maruchan1017 団体によって違うみたいです! ジャーダックというNPO法人は、住所を書いて切手を貼った封筒を髪と一緒に同封すると、かわいいハガキとロゴ入りのリボンが送られてくるそうですよ! 届くの楽しみにしていたんですがね・・ 次回は確実に自分で送って、受領証をいただきたいと思います! — 冴島翠 maruchan1017 私は、賛同美容室のページで紹介されているサロンはきちんとしたサロンなんだと思っていましたが、こんないい加減な美容院もあるようです。

次の