クジラモバイル 口コミ。 クジラモバイルって「掛け持ち」はアリ?ナシ?経験者に聞いた!

クジラモバイルに勧誘された!そのマニュアルとは?

クジラモバイル 口コミ

ペンギンモバイル・クジラモバイルとは? ペンギンモバイルはが、クジラモバイルは、展開する格安SIM(MVNO)事業のブランド名です。 どちらも、 格安SIM事業者として、正規に免許を持ったれっきとした業者です。 特徴的なのが、そのビジネスモデル。 購入者は単に業者と通信契約を結ぶだけでなく、「代理店」として契約を結び、加入者を紹介するネットワークを築くと、そこから 継続的な収入が得られるMLM(ネットワークビジネス)の活動をすることもできます。 つまり、その会社のSIMを普及させていくと、そこからあがる収益のうちの一部を継続的に得られるということです。 ペンギン クジラ モバイルの料金プランは? 格安SIM業者の肝心の料金を見ていきましょう。 いずれも、 データもしくは通話をかなり使うユーザーの場合ではあれば、基本料金ではコストメリットが出る可能性があります。 ペンギンモバイルの料金プラン まずは、ペンギンモバイルの料金です。 法人携帯Gメンの独自調査です。 ペンギン クジラ モバイルは怪しい?違法じゃないの? どちらもMLMのモデルで事業展開を行っていますが、それ自体は特定商取引法のもとに 「連鎖販売取引」として認められている合法なビジネスです。 違法な、 ネズミ講(無限連鎖講)ではないので、その点はご安心ください。 でもさ、でもさ、携帯電話と不労所得は相性がいいんだぞ・・・? 格安SIMに限らず、MLMの勧誘によく出てくるエピソードが以下です。 携帯電話黎明期、MLMの仕組みのもとで携帯電話の普及に一躍買った芸能人たちは今でも d〇comoの携帯電話の売り上げの中から権利収入を得て、莫大な富を築いている。 例えば 戸斤ジョージさんや、 口十姉妹なんかだね。 つまり、MLMは doc〇moが採用するくらい健全なビジネスモデルで、芸能人たちがやるくらいオープンなもの。 しかも、まだ広まっていない素晴らしい製品を世に広めれば富を築ける可能性だってあるんだ! このエピソードの信ぴょう性自体を検証することはあえてしませんが、確かに、 某セレブ姉妹のように何をして稼いでいるのかよくわからない人たちの名前が出てくると、説得力がある気はしなくはありません。 しかし、重要なのはこのエピソードの真偽ではなく、仮にこれが本当の話だったとして、莫大な権利収入が発生しているのは「 当時からすれば想像もできなかったシロモノ(携帯電話)を普及させたから」です。 今やあることがアタリマエになっている携帯電話。 商材が同じだからと言って、どうやって今、莫大な流通量をつくるというのでしょうか? 冷静に考えればわかる話だけど、 口がうまい人が話すとそれっぽく聞こえちゃうんだよな~ ベテランGメン園川 ペンギン クジラ モバイルの評判まとめ ペンギンモバイルも、クジラモバイルも れっきとした業者であり、とられているMLM(ネットワークビジネス)のモデルも、正しいルールのもとに行えば合法です。 しかし、そもそも格安SIMはいわば、キャリアのお下がりの回線。 他社も同じ仕組みでサービスを使っているため、商品の差別化も価格競争も難しく、 MLMの商材としては適切とは言い難いです。 それでも、「既存のキャリアより安くなる」「広めると収益が得られる」という切り口で広めることができれば儲けることも可能ですが、万人におすすめできるビジネスとは言い難いというのが法人携帯Gメンの結論です。 元ソフトバンクの法人営業部隊に所属。 退職後フリーライターとして独立し、現在はタイ在住。 しがらみから抜け出したフラットな立場から、法人携帯の業界構造を暴露し、市場の健全化を目指す。 関連する記事• 2019. 19 モバイル端末のデータ通信において、数年前「キャリアアグリゲーション」という単語が出てきました。 通信キャリア各社はここぞとばかりにアピールし、各社[…]• 2019. 08 「携帯のアドレス変わりました!新しいアドレスはXXX~」 中高時代はそんなメールが友人からちょくちょくと回ってきたものですが、大学時代にスマホ、次いで[…]• 2019. 22 機種変更やキャリアの乗り換えはユーザーにとって、そして、法人契約であれば管理者にとっても一大イベントで。 新しい端末をすぐ使うためには元の携帯のデータ[…].

次の

口コミで評価を伸ばしている格安SIMの中でおすすめの会社はどこか?

クジラモバイル 口コミ

クジラモバイルとは? MVNO事業 今回はビジネスモデルについてなので、事業内容についてはあまり深く触れませんが、事業内容としてはMVNOというものです。 MVNOとは、格安SIMを提供する事業で、ドコモなどのキャリアから回線を借りています。 要は携帯電話のプランを売る事業です。 特徴として比較的安価な価格で提供することができます。 ビジネスモデルはマルチ商法 で、本題のクジラモバイルのビジネスモデルですが、マルチ商法と呼ばれるものです。 他にはネットワークビジネスとか、mlm(マルチレベルマーケティング)とか呼ばれていますね。 で、冒頭でも言った通り、マルチ商法自体は違法ではありません。 似ているもので、ネズミ講というものがあり、こっちは違法です。 違いを簡単に説明します。 マルチ商法とネズミ講 ネズミ講は「儲かる話がある」などと言って勧誘し、会員費を払わせます。 で、他人を勧誘すると、払わせた会員費のいくらかが自分と自分の上の人(自分を勧誘した人)に入る。 という仕組みです。 繰り返しますが、こちらは違法です。 で、マルチ商法ですが、これは「この教材はとても分かりやすいですよ」と言って商品を販売するとともに組織に勧誘する。 ことを言います。 クジラモバイルの場合は「この教材はとても分かりやすいですよ」ではなく、「権利収入が得られますよ」ですね。 こちらのマルチ商法は合法です。 どちらも同じじゃないかと思うかもしれませんが、片方違法で片方合法なのはもちろん違いがあるからなんです。 それは、 商品の存在と目的です。 ねずみ講は会員を増やし会費を払わせることが目的なのに対し、マルチ商法は商品の流通が目的です。 ネズミ講は初めに誘った人が得をし、あとから入った人は損をするのですが、マルチ商法は必ずしもそうではありません。 自分と自分が勧誘した人達の成績に応じてポイントが付与され、そのポイントによって収入が上がっていきます。 この仕組みのため、SNSでインフルエンサー達が 所ジョージや叶姉妹は携帯電話の権利収入で毎月数千万稼いでる とかなんとか言って宣伝しまくってるわけです。 クジラモバイルからしたら、コストをほとんどかけずに会員が集まり、会員から会費が入ってきて、商品も流通する仕組みです。 マルチは合法だが、規制は厳しい 確かにマルチ商法は合法ですが、規制は厳しいです。 例えば、勧誘前に勧誘者の名前、勧誘目的である旨、勧誘に関わる商品の種類は先に伝えなければいけません。 要は「久しぶりにご飯いこう」って誘われていってみたら、何か知らん奴が出てきて勧誘された。 これは違法です。 誇大広告なども禁止されているので、「絶対儲かるから!」とか都合の良いことだけ話、悪いことは隠す。 これもダメです。 一度断ったのに勧誘してくる、入るまで帰さないなど強引に勧誘してくる。 これらも違法です。 プラスで今回のクジラモバイルの場合は、個人が代理店として携帯プランを紹介するため、登録時期によっては資格も必要みたいです。 ビジネスモデルそのものは違法ではありません 今までの話を踏まえた上で、冒頭で申し上げた、 「ビジネスモデルそのものは違法ではありません」 という結論を思い出してほしいのですが、要するに「マルチ商法は違法ではないが、勧誘している人たちが全員合法な勧誘をしているかは分からない」 ってことです。 ちゃんとした代理店ならともかく、個人なんて法律の存在すら知っているか分かりませんからね。 あのマルチ商法で有名なアムウェイもビジネスモデルはマルチ商法なので合法ではあるものの、強引な勧誘により批判されていました。 マルチ商法は儲かるのか? こうなってくると気になるのが、マルチ商法が儲かるのかどうかだと思います。 まあ、儲かる人もいます。 でもだいたいが損をすると言われています。 私の周りにはマルチ商法で儲けている人はいません。 マルチ商法のリスク 新規会員が獲得できなければ損 自分の会費を超える収入を得られるだけの新規会員を獲得できなければ、毎月損していきます。 大元の会社も、勧誘した人も勧誘された人も皆で得ができる!そんな美味しい話はそうそうありません。 セミナーなどへの参加 会員は講習やセミナーなどに参加しなければいけなかったりします。 ためになる内容もあるかもしれませんが、場合によっては手間だったり時間の無駄かもしれません。 人間関係が壊れる可能性 例えばあなたが友達から誘われたらどうでしょうか。 怪しく思いませんか?しかも儲かると言われて誘われた話で損なんてした時にはもうその人のことを嫌いになってしまいませんか? マルチ商法の被害にあった話はネットで探せばいくらでも出てきます。 まとめ:クジラモバイルはおすすめできない 今述べたリスクは一般的なマルチ商法についてです。 クジラモバイルについては私は会員ではなく、具体的な数字も知りませんので、分かりません。 ですが、これがマルチ商法であり、携帯プランの利益と合わせて会費で儲かるシステム(目的がどうであろうと)であることは間違いありません。 基本的に全員が儲かるシステムなんてものはありませんし勧誘者によっては違法な人もいるかもしれません。 私の個人的な意見も含まれているので、別にこれを読んでくださっている方が参加するか否かはどちらでも良いですし、中には儲かる人もいるとは思います。 ですが、私は上記のリスクを背負ってまでやろうとは思いませんし、おすすめもしません。 もっといえば、仮にも携帯電話というインフラに関わる事業内容を行う中で、マルチ商法を用いるのは、勧誘者の強引な勧誘などで問題が起きる可能性も否めず、携帯プランを契約する事にすらリスクを感じる部分もあります。 SNSでも話題で、今後話が広がっていく可能性もありますので、注意しながら見ていようと思います。

次の

クジラモバイルの評判はどうなの?誰でもできる集客方法はこれだ! │ 50代マダムが稼ぐ!今から始めるセミリタイア応援ブログ

クジラモバイル 口コミ

最近よく耳にするペンギンモバイルとクジラモバイルは、どちらもネットワークビジネスです。 上手くやると、自分の携帯料金がタダになったり、さらに報酬を得られたりします。 両方ネットワークビジネスですが、どちらが良いのか報酬体系や携帯料金などを比較してみました。 そもそも、ペンギンモバイルとクジラモバイルは名前が似ていますが、別会社が運営する全く別のネットワークビジネス(MLM)です。 ネットワークビジネスは、違法なねずみ講と勘違いしている人が多くいますが、特定商取引法で定められた「連鎖販売取引」という合法的な販売手段です。 ペンギンモバイルとクジラモバイルはどちらも権利報酬を得られる ペンギンモバイルとクジラモバイルはどちらも権利報酬を得られるネットワークビジネス(MLM)です。 【権利報酬を得る手順】 1. 自分がペンギンモバイルもしくはクジラモバイルを契約し、他の人を紹介します。 契約したビジネスを知り合いや友達に紹介します。 紹介した人も同じくネットワークビジネスを契約します。 4.組織で決められた報酬体系によって報酬を受けることができます。 通常の所得と比べると権利報酬の場合、自分の紹介した人たちが次の人を紹介していくことで階層構造の組織を作ることで、自分が積極的に働かなくても報酬を得ることができます。 知り合いや友達を紹介しペンギンモバイルもしくはクジラモバイルを契約をしてもらい、継続的に使用してくれれば継続的に報酬を得ることができる仕組みになっています。 一度組織ができてしまえば、働かなくても収入が自動的に入ってくる(不労所得)なので、株式投資や不動産収入に近いタイプの収益になります。 忙しい子育て中のお母さんや隙間時間での副業にはおすすめです。 ペンギンモバイルとクジラモバイルの違いについて 同じような名前のネットワークビジネス(MLM)ですが、大きく異なる点が2点あります。 また、組織が違うので、初期費用、携帯料金、報酬体系などお金の面でも違います。 まず、大きく異なるのは使用回線とセールスポイントの2点。 契約時のデータギガ数が大きいので、ネット回線使用時に不自由は感じないけれど、格安SIMに比べると価格は割高ということでした。 格安SIM業者の多くは、docomoの回線を使用している場合が多くて、繋がりにくく不便と言われていますが、クジラモバイルはSoftbankの回線なので快適に使用できます。 初期費用 ペンギンモバイルの初期費用は、「ユーザーとして回線使用の携帯料金」と「代理店になるための費用」がかかります。 クジラモバイルの初期費用 クジラモバイルの場合、初期費用は携帯の月額使用料金と事務手数料のみです。 代理店になるための初期費用はかからないので、誰でも始めやすいです。 月額携帯料金 H3 ペンギンモバイルとクジラモバイルでは、それぞれの組織で設定している携帯料金の月額プランがあります。 ペンギンモバイルの携帯料金 データ量 データ専用 データ+SMS データ+SMS+音声通話 3. 家でWi-Fiを繋げている方は、この機会に1コースで支払いをまとめてみると、さらにお得になります。 月額料金 特徴 Aコース 4,800円 家庭用Wi-Fi付。 コンセントにさすだけで利用可能。 データ量無制限。 Bコース 5,400円 モバイルレンタル。 24時間通話し放題 20G高速データ通信 Cコース 2,980円 オンデマンドサービス付。 14万本の映画などに見放題になり、2200ポイント付与。 ポイントは映画のチケットやコミックと交換可能。 全てのコースの利用料金の10%がポイントとして貯まっていきます。 貯めたポイントは、ショッピングサイトで利用することができます。 例えば、Aコースを選べば毎月480ポイントが自動的に貯まっていきます。 格安SIMのペンギンモバイルは980円スタートなので、かなり安いです。 データ利用が多い方は、クジラモバイルにしておくとデータ無制限なので安心です。 月額7,500円追加することで、代理店としてビジネスができるようになります。 初期費用はかかりませんが、月々のコストがかかります。 報酬体系 H3 携帯の利用料金だけでなく、報酬体系もそれぞれの組織で異なります。 ペンギンモバイルの報酬体系 紹介した人数によって収益が増えていきます。 人数 報酬 3人 毎月250円 5人 毎月500円 7人 毎月750円 10人 毎月1,000円 例) 代理店として2人紹介の場合、単発11,000円 毎月1,200円。 クジラモバイルの報酬体系 組織内には、代理店として活躍する財団協会員と、ユーザーである準会員の2タイプがあります。 また、財団協会員になってから15タイトルにわけられており、階層組織になっています。 代理店を増やした場合(8種類)• リクルートコミッション• デイリーコミッション• ジオットコミッション• リーダーシップコミッション• タイトルコミッション• カーコミッション• ハウスコミッション• 39コミッション ユーザーを増やした場合(1種類) クジラコミッション 例) 1. ただし、それ以上増えても上限は20%です。 さらに、合計人数が36人を超えるとリクルートコミッションが4,500円に上がります。 ただし、上限が4,500円なので、それ以上増えることはありません。 デイリーコミッションももらえます。 人数ごとに、250円〜34万円までの報酬が毎日発生します。 結論 クジラモバイルの方がお得である 携帯など毎月の費用だけを見ると、ペンギンモバイルの方がリーズナブルな印象を受け、お金がかかる印象を受けるのがクジラモバイルです。 しかし、報酬体系をしっかり確認していくと、報酬の種類が多いクジラモバイルの方がお得だと感じておられるでしょう。 初めの支出を抑えてコツコツと稼ぐのか、月々の負担は大きいが思い切って投資を行いしっかり稼ぎたいのかによって選ぶ選択肢が異なります。 どれくらいのお金を稼ぎたいのか考え、報酬体系などをきちんと読んでいけばどちらがより稼ぐことができるのか一目瞭然です。 どちらか迷っている方には、目に見える出費は我慢しても、多くのリターンが見込めるクジラモバイルをおすすめします。 ブログを見て頂きありがとうございます。 結婚して現在は大阪在住。 2018年に双子の男の子を出産して家族4人毎日運動会のような日々です。 現在はアフィリエイトやFXの収入で子供達のための貯蓄とマイホームを夢見て生活しています。 結婚前は調理師専門学校を卒業して、東京のフランス料理店に就職して明るい未来を夢見ていました。 しかし、飲食店特有の長時間労働に嫌気を感じお店を転々。 30歳を過ぎて思い切って飲食店で働くことを辞め日中に勤務できる仕事に就いていました。 そして、結婚を期に仕事も辞めました。 私の中では夢の専業主婦ですww しかし現実は厳しく、妊娠・出産でお金が色々必要で貯金も無くなりました。 とりあえず在宅でできる仕事を始め毎月1万円ほど収入が入りました。 しかし、月1万では生活費であっという間になくなり貯金も難しかったです。 他に仕事がないか探している時にアフィリエイトと出会いました。 現在私は毎月30万以上稼いでいますが、始めた時はネットビジネスもまったく知らない超がつくほどの初心者でした。 横文字のキーワードが多く、いつもスマホで検索していました。 アフィリエイトやFXは言葉では知っているけど、中身を知らないので本当に稼げるのか怪しい、不安、怖いという思いがありましたが今では、本当にやってよかったと思っています。 横文字の意味を勉強し、ブログを書く準備などに1-2ヶ月かかりましたが 実際に3ヶ月後には10万、半年後には30万を稼ぐことができました。 何も知らない状態からのスタートでしたが、本当に稼ぐためにはセンスや頭の良さではないと感じています! 毎月の生活費、光熱費の支払いと子育てだけに追われてた日々に、自分の夢見た結婚生活とは異なり待つだけではなくなにか稼げるスキルが欲しいと思い始めてみて良かったと思います。 今は子供中心の生活ですがそれも充実していると感じています。 自由に自分の好きなことをやる時間を確保し、家族で旅行や好きなものを食べるという生活を手に入れています。 このブログを参考に自分で稼ぐとは何なのか? そして、あなたが今の生活を変えるために何が必要なのか? 始めるために学力もセンスも才能もいりません。

次の