エンド ゲーム 追加 映像。 アベンジャーズ エンドゲームについて追加シーンのある再上映...

『アベンジャーズ/エンドゲーム』新映像版のポスターが部屋に飾りたいカッコよさ

エンド ゲーム 追加 映像

2019年06月20日 21時00分 「アベンジャーズ/エンドゲーム」シーン追加バージョンが劇場公開へ 映画では、キャストやスタッフの名前が流れるエンドクレジット後にオマケ的なシーンが挿入される作品があります。 「マーベル・シネマティック・ユニバース」では、単なるオマケにとどまらず、次の作品と関連する重要シーンになっていることもあるのですが、これまでの集大成的作品である「 」ではこのシーンがありませんでした。 ところが、プロデューサーのケヴィン・ファイギ氏によると、「 」公開前に、「アベンジャーズ/エンドゲーム」のエンドクレジット後シーン追加版を公開する予定があるとのことです。 Avengers: Endgame Returning to Theaters Next Week With New Post-Credits Scene この情報は、映画情報サイト・Screen Rantが「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」についてファイギ氏にインタビューした中で明らかになったもの。 ファイギ氏によると、シーンが追加されて「アベンジャーズ/エンドゲーム 完全版」的なものになるわけではなく、削除されていたシーンが復活するものだとのこと。 ちょっとしたになっており、見ればちょっとばかり驚くものだそうです。 よく映画のBlu-rayやDVDには特典映像として、本編で使用されなかった未公開シーンなどが収録されることがありますが、それを劇場のスクリーンで見られるようなもの、とScreen Rantは例えています。 ただ、マーベル・シネマティック・ユニバース作品ではエンドクレジット後のもう1シーンはおなじみの光景で、「 」ではS. 長官のニック・フューリーがスタークのもとを訪れたり、「 」ではヒーローたちが作中の会話に出てきた を黙々と食べたりしていました。 むしろ、エンドクレジット後に何もなかった「エンドゲーム」の方が異例の存在で、Wikipediaの「 」のページに「『エンドゲーム』にはない」と注記されているほどです。 このシーン追加版の公開時期は「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」公開前のタイミングだとのこと。 ただし「エンドゲーム」は「 」や「 」といった作品の公開でスクリーンを奪われた形となっており、公開規模がどういったものになるのかはまだ不明です。 なお、「アベンジャーズ/エンドゲーム」は全世界興行収入が27億4400万ドル 約2950億円 で歴代2位を記録。 歴代1位の「 」 27億8800万ドル・約3000億円 までわずかというところまで来ているため、この記録を狙ってのキャンペーンなのではともいわれています。 All Time Worldwide Box Office Grosses 日本国内では公開から8週間で興行収入60億円以上、観客動員400万人以上を記録し、2019年6月27日 木 で上映終了の予定。 シーン追加版の公開があるかどうかは不明です。 ちなみに、「マーベル・シネマティック・ユニバース フェイズ3」はこの「アベンジャーズ/エンドゲーム」と「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」で完結。 次のフェイズ4については、ファイギ氏が2019年7月開催のサンディエゴ・コミコンで情報を公開する見込みです。

次の

アベンジャーズ・エンドゲームの未公開追加映像は?日本では再上映されない!?

エンド ゲーム 追加 映像

2019年06月20日 21時00分 「アベンジャーズ/エンドゲーム」シーン追加バージョンが劇場公開へ 映画では、キャストやスタッフの名前が流れるエンドクレジット後にオマケ的なシーンが挿入される作品があります。 「マーベル・シネマティック・ユニバース」では、単なるオマケにとどまらず、次の作品と関連する重要シーンになっていることもあるのですが、これまでの集大成的作品である「 」ではこのシーンがありませんでした。 ところが、プロデューサーのケヴィン・ファイギ氏によると、「 」公開前に、「アベンジャーズ/エンドゲーム」のエンドクレジット後シーン追加版を公開する予定があるとのことです。 Avengers: Endgame Returning to Theaters Next Week With New Post-Credits Scene この情報は、映画情報サイト・Screen Rantが「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」についてファイギ氏にインタビューした中で明らかになったもの。 ファイギ氏によると、シーンが追加されて「アベンジャーズ/エンドゲーム 完全版」的なものになるわけではなく、削除されていたシーンが復活するものだとのこと。 ちょっとしたになっており、見ればちょっとばかり驚くものだそうです。 よく映画のBlu-rayやDVDには特典映像として、本編で使用されなかった未公開シーンなどが収録されることがありますが、それを劇場のスクリーンで見られるようなもの、とScreen Rantは例えています。 ただ、マーベル・シネマティック・ユニバース作品ではエンドクレジット後のもう1シーンはおなじみの光景で、「 」ではS. 長官のニック・フューリーがスタークのもとを訪れたり、「 」ではヒーローたちが作中の会話に出てきた を黙々と食べたりしていました。 むしろ、エンドクレジット後に何もなかった「エンドゲーム」の方が異例の存在で、Wikipediaの「 」のページに「『エンドゲーム』にはない」と注記されているほどです。 このシーン追加版の公開時期は「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」公開前のタイミングだとのこと。 ただし「エンドゲーム」は「 」や「 」といった作品の公開でスクリーンを奪われた形となっており、公開規模がどういったものになるのかはまだ不明です。 なお、「アベンジャーズ/エンドゲーム」は全世界興行収入が27億4400万ドル 約2950億円 で歴代2位を記録。 歴代1位の「 」 27億8800万ドル・約3000億円 までわずかというところまで来ているため、この記録を狙ってのキャンペーンなのではともいわれています。 All Time Worldwide Box Office Grosses 日本国内では公開から8週間で興行収入60億円以上、観客動員400万人以上を記録し、2019年6月27日 木 で上映終了の予定。 シーン追加版の公開があるかどうかは不明です。 ちなみに、「マーベル・シネマティック・ユニバース フェイズ3」はこの「アベンジャーズ/エンドゲーム」と「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」で完結。 次のフェイズ4については、ファイギ氏が2019年7月開催のサンディエゴ・コミコンで情報を公開する見込みです。

次の

『アベンジャーズ/エンドゲーム』新映像版のポスターが部屋に飾りたいカッコよさ

エンド ゲーム 追加 映像

レンタルはBlu-Ray版の発売に合わせての開始になる可能性があります 販売価格は、HD版が、 が 2,500円、が2,700円、SD版は が 2,000円、が 2,160円になります。 とりあえず安く鑑賞したいという方には のSD版がオススメです。 『アベンジャーズ/エンドゲーム』先行デジタル配信版ボーナスコンテンツ 今回はデジタル配信版にもボーナスコンテンツが収録されています。 後述する4K Ultra HD Blu-Ray版に比べるとコンテンツ数は少ないですが、 スティーブとペギーのラストダンスはデジタル配信版のみに収録されているコンテンツです。 本編で突如として現れたラストダンスシーン。 安らぎを与えてくれるあの美しいシーンの舞台裏は誰もが気になるところです。 これは4K Ultra HD Blu-Ray版を予約した方も必見ですね。 削除されたシーン(4:36) -キッチンの二人 -ローディの質問 -トニーのいたずら -頼りない相棒 -父と息子 -敬意を表して• Gag Reel(1:51)• アベンジャーズ:Damage Control• 没入型VRアドベンチャー(5:23)• スタン・リーの功績(6:53)• ルッソ監督によるイントロダクション(2: 29)• 女性ヒーローたち(4:35)• ロバート・ダウニーJr. の存在(5:07)• ヤバいソー(3:28)• キャプテン・アメリカを振り返る(11:44)• ブラック・ウィドウの過去と現在(7:03) 収録時間を計算すると、実に50分以上(というか約1時間)収録されています。 本編だけでも長いのに、とてつもないボリュームですね。 マッキーが一番気になるのは、やっぱり 未公開シーンですかね。 たまに今後の展開をほのめかすようなキーワードが出てきたりもします。 スタン・リーの功績は、アメリカで6月28日からの公開された 「アベンジャーズ/エンドゲーム」映像追加版で放映されました。 また、日本で行われたファイナル上映イベントの特典映像として、こちらのボーナスコンテンツの一部が先行公開されました。 さて、そんな 『アベンジャーズ/エンドゲーム』4K Ultra HD Blu-Ray版は2019年9月4日リリースになります。 発売が待ち遠しいですね。

次の