動脈 硬化 食べ物。 動脈硬化は食事が原因?油など改善法や治療時の食事は?

動脈硬化は食事が原因?油など改善法や治療時の食事は?

動脈 硬化 食べ物

ドロドロの血液は悪く、サラサラの血液は良い。 よくそんな話を聞きますが、これは動脈硬化と、どんな関係があるのでしょうか。 ドロドロの血液って、どんな状態? ドロドロの血液にも、いろいろなタイプがあります。 食べすぎや飲みすぎなどが原因で、血液中の糖質や脂質が増えている場合• なんらかの理由で血液の成分(とくに赤血球)が変形して、うまく流れない場合• 傷ついた血管の修復のため、血小板が集まって流れが停滞する場合 などです。 こうした状態を放置していると、動脈硬化の材料(脂質など)を増やしたり、血管をつまらせる原因ともなるので注意が必要です。 食事で血液をサラサラに 血液をサラサラにする食品にも、いろいろなタイプがあります。 ナットウキナーゼ 納豆のネバネバの正体であるナットウキナーゼという酵素には、血栓そのものを溶かす効果があります。 ただし、血栓を防ぐワーファリンという薬を飲んでいる人は、納豆にふくまれるビタミンKが薬の効果を弱めてしまうので、注意してください(野菜などにふくまれる程度のビタミンKには問題はありません)。 クエン酸 お酢類や梅干しなどに多くふくまれているクエン酸は、疲労回復に役立つことで知られていますが、血小板が必要以上に集まるのを防ぐ効用もあります。 飲みやすいもろみ酢などを利用するのもいいでしょう。 DHAとEPA 魚、とくに青魚(イワシ、サバ、サンマなど)に多く含まれているDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)を摂取しましょう。 DHAには、血管の弾力性を高めたり、赤血球の柔軟性を向上させる効果があります。 EPAには血栓をつくりにくくして血流をよくする効果があります。 DHAやEPAはクロマグロやミナミマグロのトロにも多く含まれていますが、赤身にはあまり含まれていません。 また、戻り鰹には多く含まれていますが、春獲れの初鰹にはあまり多くは含まれていません。 ポリフェノール類 赤ワインやブドウ、緑茶、ココアなどにふくまれているポリフェノール類には、コレステロールの酸化を防ぐ働きがあります。 ただし、赤ワインの適量は1日グラス2杯程度までです。 またブドウには果糖があるので、食べすぎないこと。 ポリフェノールの一種であるカロチノイドにも、強力な抗酸化作用があり、動脈硬化の予防に役立ちます。 また、タマネギに多くふくまれるケルセチンというポリフェノールは、脂質類の吸収をさまたげ、体外へ排出する働きがあります。 アルギン酸 アルギン酸は、コンブやワカメなどのぬめりの正体でもある食物繊維です。 コレステロールの吸収をさまたげ、体外へ排出する働きがあります。 ビタミンEとC ビタミン類の中では、抗酸化作用が強く、動脈硬化の予防に必要とされるのは、ビタミンEとCです。 ビタミンEはそれ自体が酸化されやすいので、Cと一緒にとると効果的です。 ビタミンEはカボチャ、アスパラガス、シュンギク、ニラ、サケ、サバ、ナッツ類、キウイフルーツなどに。 また、ビタミンCはイチゴ、レモン、オレンジ、キウイフルーツなどの果物類のほか、サツマイモ、ピーマン、コマツナなどにも多くふくまれています。

次の

動脈硬化は食事が原因?油など改善法や治療時の食事は?

動脈 硬化 食べ物

動脈が弾力性や柔軟性に富んでいれば、心臓や脳などの臓器や筋肉などの組織に必要な酸素や栄養の供給は行なわれます。 しかしコレステロールなど血液の脂質が、動脈にたまったり、酸素や栄養が不足したり、高血圧により常に血管に負担がかかったりしていると、動脈は弾力性を失い硬く、もろくなってしまいます。 このような状態を 「動脈硬化(どうみゃくこうか)」といいます。 動脈硬化が進行すると、日本人の死因の主な原因である心疾患(狭心症、など)や脳血管疾患(、、脳出血など)を引き起こす恐れがあります。 「動脈硬化が心配」という悩みを抱えていると毎日が憂鬱ですが、そんな悩みがなくなれば、ストレスなく楽しい毎日が過ごせて長生きすることができますので、動脈硬化の症状(足の動脈硬化など)・原因、動脈硬化を予防・改善する食事について正しい知識を持って、生活習慣を見直しましょう! ちなみに、動脈硬化は、英語では「arteriosclerosis」、フランス語で「arteriosclerose」、中国語で「動脈硬化」と呼びます。 【目次】• アテローム性動脈硬化症 心臓は、全身に酸素や栄養を運ぶために血液を送り出していますが、心臓自身も血液の供給を必要としています。 冠動脈はその心臓に血液を供給する血管を言います。 動脈が詰まる原因は、アテローム性動脈硬化症です。 アテローム性動脈硬化症とは、高血圧や高血糖などの理由により血管内膜が傷つき、その隙間から血管内膜の下に入り込んだコレステロールが白血球の一種であるマクロファージに捕食され、その死骸が溜まり、アテローム(粥状の塊)と呼ばれる沈着物(血液中の脂肪、コレステロール、カルシウムおよびその他の物質)が動脈の内側に蓄積した状態で、血管のしなやかさが失った状態です。 アテローム性動脈硬化症により、冠動脈が詰まった状態を、冠動脈疾患といい、冠動脈が狭くなることを冠動脈狭窄といいます。 アテローム性動脈硬化症をそのままにしておくと、脳梗塞、心筋梗塞などの病気になる恐れがあります。 動脈硬化の症状 動脈硬化は、動脈硬化だとはっきりわかる自覚症状がないため、症状だけで動脈硬化を早期発見することは難しいです。 しかし、動脈硬化を放っておくと、心臓病や脳血管障害、閉塞性動脈硬化症など重大な病気を引き起こす恐れがあるため、定期的に病院での検査()を行なうことや自宅など定期的に体重を測り、血圧を測るなどして、動脈硬化を早期発見しましょう。 動脈硬化のサイン ・ ・ ・ ・ 閉塞性動脈硬化症(足の動脈硬化)の症状 足への血流が徐々に減少してくると、安静にしていても痛みが起こり、足の指の色が悪くなって、ひどい場合は 壊死(えし)を起こします。 壊死した部分にばい菌が感染すると、赤く腫れたり、膿が出たりして、指や下腿部を切断しないといけなくなることもあります。 動脈硬化の原因 動脈硬化は、食事、運動、喫煙、飲酒、ストレスなどの生活習慣の違いによって大きく影響されることがわかっています。 たとえば、動物性脂肪の多い高カロリー食は、血中の悪玉コレステロールや中性脂肪を増やし、過酸化脂質を増加させます。 それらが血管壁に付着して血管を詰まらせたり、血管が破れたりする原因になります。 また、動脈硬化は、動脈硬化の危険因子について確認し、生活習慣を見直し、予防することが大切です。 動脈硬化の危険因子• 運動不足• 偏った栄養バランスの食事(動物性脂肪の多い高カロリー食など)• アルコール• ストレスの有無 悪玉コレステロールの増加 増えすぎた悪玉コレステロールが傷ついた血管壁の隙間に入り込みます。 それが、白血球によって退治され、その残骸が血管壁にこびりつき、血管を狭め、動脈硬化を引き起こします。 その傷が大きいと、悪玉コレステロールが血管壁の内側に入り込んできます。 中性脂肪自体は動脈硬化を進行させるわけではありませんが、中性脂肪は悪玉コレステロールを小型化させることで、悪玉コレステロールが入ることのできないわずかな傷の隙間でも侵入可能であるため、動脈硬化を進行させてしまうのです。 また、インスリンの効きを悪くし、血糖値を下がりにくくして、糖尿病を引き起こします。 は皮下脂肪に比べて、悪玉ホルモンを分泌しやすいため、内臓脂肪型肥満のほうが動脈硬化になりやすいと考えられます。 喫煙によって、動脈硬化が促進されて、虚血性心疾患の発症リスクが増加すると考えられます。 加齢 動脈硬化は加齢とともに進行するため、一種の老化現象ともいえます。 しかし、動脈硬化は、急にあらわれるわけではなく、若いころから始まり、40歳を過ぎる頃に症状があらわれてくることが多いのです。 つまり、動脈硬化の予防は若いうちから行なう必要があります。 少しずつ動脈硬化の原因となる生活習慣を改善していきましょう。 動脈硬化の予防・改善方法 【 動脈硬化を予防する食事】 食事・食生活の改善・バランスのとれた食事に 動脈硬化の予防には食事・食生活の改善は欠かせません。 バランスのとれた食事でミネラル・ビタミン補給しましょう。 また、食事の量にも気をつけましょう。 ダイエットをして、肥満を解消する 肥満は動脈硬化の原因の一つだと考えられているので、ダイエットをしましょう。 EPAを含む青魚を食べる 血管の老化が進むと、動脈硬化を引き起こしやすくなるため、心筋梗塞や脳梗塞のリスクが高まるのですが、EPAには赤血球の膜を柔らかくする効果があったり、血管をやわらかくしなやかにする作用があることで、血液がスムーズに流れてくれるため、病気のリスクを下げてくれるそうです。 によれば、青魚に含まれるEPAを摂取することで、中性脂肪値が著しく低下するといわれています。 【関連記事】 ・ ・ オメガ3の多い食事を心がける クルミなどのナッツ類を毎日食べていると、患者の空腹時の血糖値とヘモグロビンA1cが下がってコントロールが良くなったそうです。 その理由としては、クルミに食物繊維を多く含まれていることやクルミのマグネシウムが血糖値を下げるホルモンであるインスリンの働きを良くしたためと考えられるそうです。 の多い食事(青魚、えごま油、シソ油、亜麻仁油、くるみ、緑黄色野菜、豆類などの食品)を積極的にとる。 【関連記事】 ・ ・ ・ エクオール エクオールと血管の硬さを調べたところ、血管年齢が20歳若返ったという研究結果が出たそうです。 【関連記事】 ・ タウリン 近年、若い人たちの間で増えつつあるは、肝臓に脂肪が溜まり、を始めとするさまざまなを引き起こす、極めて危険な症状です。 *脂肪肝とは、肝臓にがたまった状態で、肝臓のです。 カキに含まれるタウリンは、肝臓に溜まった中性脂肪を肝臓の外に出してくれ、そして脂肪肝を良くする働きがあるのです。 つまり、 タウリンが肝臓に入ると、まず肝臓内の中性脂肪を取り除きます。 まずは一度試してみませんか? ケルセチン 玉ねぎには動脈硬化対策につながると期待とされる「ケルセチン」という栄養素が含まれています。 ケルセチンには、血管をしなやかにする働きがあるため、血管年齢を若返らせてくれるそうです。 1.血圧の低下 最高血圧と最低血圧ともに摂取前後で有意に低下することがわかったそうです。 に含まれるカカオポリフェノールによって、炎症が軽減され、血管が広くなり、血圧が低下すると考えられるようです。 2.善玉コレステロールが増加 チョコレートを食べたことで善玉コレステロールが増えたそうです。 また、カカオポリフェノールには、酸化抑制効果があるので、LDLコレステロールの酸化を防ぐことが期待されています。 【関連記事】 ・ 脂身の多い肉など動物性脂肪の食べ過ぎに注意する 葉酸の多い食品を摂取する 最近の研究によれば、が不足するとホモシステインという物質が増加することがわかってきたそうです。 ホモシステインが増加すると、血管壁に衝突して傷つけてしまい、動脈硬化を誘発してしまうおそれがあるそうです。 葉酸を摂取することによって、ホモシステインを減らすことが、動脈硬化を予防し、血管年齢を若くすることにつながります。 若いコラーゲンは弾力があり、皮膚にもハリが出て、血管や骨もしなやかさを保ちます。 しかし、コラーゲンに糖分がくっつくと、AGEに変化します。 例えば、血管の壁を覆うコラーゲンに糖分がくっつくと、しなやかだった血管壁が硬くなってしまいます。 これが、動脈硬化です。 が進行すると、脳梗塞やを起こす恐れがあります。 AGE年齢が高くなる要因には2つあります。 1つは、血糖値が高いこと、もう1つは、AGEを多く含む食品を食べることです。 1.が高い 食事をすると血液中に糖分が増加し、エネルギーとして使われます。 しかし、食べ過ぎで糖分が余ってしまうと、たんぱく質とくっついてAGEになります。 血糖値が高い人は、大量のAGEを作っているということになります。 2.AGEを多く含む食品を食べる ポイントは、AGEは調理法によって量が大きく変わってしまうということ。 AGEが多くなる要因は、「温度」と「油」。 高温になると、タンパク質と糖分が結合しやすく、AGEとなります。 また調理時間が長いものほど熱が加わり、AGEが形成しやすいです。 【関連記事】 ・ アディポネクチン アディポネクチンは、の燃焼を助けるホルモンで、内臓脂肪が少ないほど分泌量が増えるそうです。 反対に、が進行する=内臓脂肪が増えると、アディポネクチンは減少してしまいます。 アディポネクチンを増やす方法としては、内臓脂肪を減らす・を多く含む海藻類の摂取・オスモチンを含む野菜や果物の摂取・・禁煙です。 血圧を下げる効果• 血液中のを下げる効果• を下げる効果• ブドウ糖と酢を同時に摂る(例:お寿司)と、血糖値の上昇が抑えられていることがわかったそうです。 白米だけ食べた場合と、白米+お酢で食べた場合の食後のの上昇を比較すると、お酢と一緒に食べた方が血糖値の上昇が緩やかになったそうです。 炭水化物を食べると、消化・分解され、ブドウ糖になって腸から血液の中に吸収されます。 お酢はその消化・分解を抑えるため、糖の吸収が緩やかになって、食後の血糖値が急激に上がるのを防ぐと考えられます。 【関連記事】 ・ 大麦 によれば、悪玉コレステロールを減らして、動脈硬化を予防する食材は 「大麦」。 アメリカ農務省の2004年の研究報告によれば、30代〜50代のコレステロールが高めの人に大麦を中心とした食生活を5週間続けてもらった結果、悪玉コレステロールの値が13. 8〜17. 4%も減少したそうです。 アメリカ・ミネソタ大学の2007年の研究によれば、155名の悪玉コレステロールが高い方に大麦を6週間食べてもらった結果、悪玉コレステロール値が9〜15%減少したそうです。 によれば、肝臓から腸に分泌される「胆汁酸」の排出を促すことで、や、の改善が期待できるそうです。 そうなると、足りなくなった胆汁酸を補おうと、肝臓は血液中からコレステロールを集め、新たな胆汁酸を作る結果、血液中の悪玉コレステロールが減少し、動脈硬化の予防が期待できるのだそうです。 【 動脈硬化を予防する生活習慣】 ストレスを解消する ストレスは血圧にも影響を与える。 自分にあったストレスを解消するリラックス方法を見つけましょう。 規則正しいで休息をとる 塩分の取りすぎに気をつける 塩分の摂りすぎは血圧を上昇させる。 運動 動脈硬化予防に良い方法とは、有酸素運動。 軽いジョギングなどのをすると、血管の内側の内皮細胞が整列して血流が良くなり、血管を広げる作用がある「NO(一酸化窒素)」という物質がより多く出るようになって、血管が広がりやすくなるそうです。 血管が広がりやすくなり、血流が良くなることで、血管を傷つけにくくなり、動脈硬化を予防できるそうです。 【関連記事】 ・ ・ ・ お酒(アルコール)の飲みすぎに気をつける タバコを控える 喫煙は血管を収縮させ、動脈硬化を促進させるので禁煙をする。 体重・血圧を測り、自己管理に心がける 肥満や血圧の高めな人は、体重計と血圧計を用意して、体重そして血圧の自己管理を心がけることも大切です。 ちょっとした食事などの生活習慣の改善が動脈硬化の予防に役立ちます。 定期的な検査 健診では、血圧、、中性脂肪、HDLコレステロールの値などを検査し、動脈硬化の進行度を診断します。 生活習慣病になるメカニズムはこのようになっています。 定期的な検査で、肝臓の脂肪蓄積をチェックして、生活習慣(食生活の見直し、運動不足の解消)を改善して、動脈硬化を予防しましょう。 また、かかりつけの医師と良い関係を築き、生活・食事指導を受けましょう。 動脈硬化の新しい指標:「LH比」 動脈硬化が進んでいるかどうかの目安として、との比率「LH比」と呼ばれる新しい指標が注目されているそうです。 なぜLH比が注目を集めるようになってきたのでしょうか。 それは、最近の研究で、LDLが140未満の人でも心筋梗塞になるケースがあり、またHDLが高い人でもまれに動脈硬化を起こすこともわかってきたからのようです。 つまり、これまで推奨されてきた基準値内でも動脈硬化になる可能性があり、新たな診断基準が必要になってきたということです。 そこで注目されてきたのが「LH比」というわけです。 LH比が高い人ほど動脈硬化がリスクが高く、LH比が1. 5以上になると動脈硬化の可能性が高くなってくるそうです。 LH比1. 5以下を目標に、食生活や運動、禁煙など生活習慣を改善しましょう。

次の

動脈硬化改善によい食べ物・飲み物・運動・サプリ

動脈 硬化 食べ物

血中の中性脂肪が高い状態が続くとやがては動脈硬化を引き起こし、心筋梗塞や脳梗塞といった重大な疾病に繋がるのが恐ろしい点でしょう。 たいていは40代ぐらいから血液検査などで血中の中性脂肪値が上昇傾向にあり、いわゆる成人病の予備軍が増加してくるのです。 中性脂肪が高くなる原因や原因となってしまう食べ物、症状や改善方法について見ていきましょう。 中性脂肪が高くなる原因 主に日頃の生活習慣が大きく影響してきます。 乱れた食生活は最も中性脂肪値の上昇の引き起こすことで知られています。 例えば高カロリーの脂っこい食事ばかり好んで食べ野菜をあまり食べないといったようなバランスを考えない食事を続けていたり、食事を腹八分目を守らずに食べたいだけ食べて常に満腹の状態にしてしまうことなど、一般的に肥満の原因と同じような項目が挙げられます。 そして、 アルコールも高カロリーで糖質が高い飲料ですから当然のことながら中性脂肪を蓄えやすくなってしまいます。 その他、極度の運動不足や仕事などで大きなストレスを常に抱えている状況、 夜食など就寝時間直前に、お菓子や食事をがっつり食べてしまう習慣がある場合、家族からの遺伝などが挙げられます。 中性脂肪値を高くしてしまう食べ物とは 日頃の食生活のなかで好きなものだけを食べていたいというのは人間の当然の欲求だと思いますが、そういう生活をしていては中性脂肪は増加の一途を辿ってしまうことになります。 毎日の食事において中性脂肪値を増加させないために 避けたほうが良い食べ物は以下のとおりです。 脂質の高いもの 一般的には油分が多い食品ということで天ぷらやフライといった揚げ物類、また牛肉や豚肉など肉類の脂身や鶏皮など、バターといった動物性脂肪もこれらに含まれている飽和脂肪酸が体内に取り込まれると中性脂肪に変化します。 アルコール類全般 カロリーや糖質が高い飲料のため体内に取り込まれて分解されると中性脂肪になりやすい性質を持っています。 甘いお菓子やジュース こういったものには想像以上に大量の砂糖が含まれています。 砂糖は体内に取り込まれるとブドウ糖に分解され、 血糖値を急上昇させてインスリンを大量に分泌させます。 厄介なことにインスリンには中性脂肪を合成しやすくする働きがあり、さらに中性脂肪の分解も鈍らせる性質も持ち合わせています。 そして結果的に中性脂肪が上昇してしまうことになるのです。 炭水化物 白米、パン、うどん、そば、パスタは体内に取り込まれるとブドウ糖に分解されてエネルギー源となりますが、取り込んだエネルギーに対して運動でしっかりと 燃焼しないとそのまま皮下脂肪や内臓脂肪として蓄積されてしまうことになります。 また炭水化物は血糖値も上昇させるのでインスリン分泌が活発になり、中性脂肪上昇につながってしまいます。 中性脂肪が高くなると自覚症状はあるのか 血中の中性脂肪値が上昇することによって起こる自覚症状は残念ながらありません。 唯一、中性脂肪値の上昇を知る手段は血液検査でしょう。 他には日頃から運動不足である、体重が増加してきて肥満気味である、暴飲暴食をしているなどの生活習慣の乱れからある程度、中性脂肪が上昇しているのではないかという予測はできますが、 頭痛がするなどといったはっきりした自覚症状がないのが怖いところです。 自覚症状が無いからこそ知らない間に中性脂肪が上昇していき、 気づいたときには動脈硬化を引き起こして、すでに高血圧や糖尿病といった重大な病気が発症してしまっているということになる場合が非常に多いのです。 日頃から健康診断で血液検査を定期的に受けていると血圧変化や中性脂肪値をはじめとしたコレステロール値などの経過も観察出来るので、早期に発見して予防やそれ以上の悪化を抑えることが出来るのでこういった定期検査の重要性がお分かりになると思います。 中性脂肪を低くするための改善方法は 中性脂肪値を下げるには、とにかく一にも二にも 生活習慣の改善が重要です。 まず規則正しい食生活は必須で、野菜や魚中心の低カロリー食にして主食は白米だけでなく玄米を混ぜたりして工夫をするようにします。 そして過度の飲酒は避け、夜遅い時間の食事はやめる、甘いものをとりすぎないということに尽きます。 食事はまさに生命の源ですから、ここを重点的に改善していくように努力しましょう。 サプリメントの活用 急激な食生活の変化は逆効果となってしまいます。 そこで、バランスよく改善していくためにもサプリメントを併用することをおすすめします。 サプリメントであれば無理なく生活習慣を改善できるので、急激な変化によるリスクもありません。 特にDHA・EPA・ナットウキナーゼには中性脂肪や悪玉コレステロールに対して効果があることが認められています。 是非サプリメントを活用して、中性脂肪を減らしていきましょう。 DHA・EPA・ナットウキナーゼの全てを含むサプリメントでおすすめなのがこちらです。 長時間でなくても毎日10分でも15分でも良いのでエスカレーターやエレベーターに頼らず階段を使う、近距離にバスを利用せず常に徒歩を心がける、週末にウォーキングをする、ジムに通うなど方法はいくらでもあります。 無理なく続けられる自分にあった運動方法を見つけて長く継続していくことが重要です。 運動をすることで余分な中性脂肪の蓄積も防止できますし、すでに上昇してしまった中性脂肪値もエネルギー燃焼をすることで、しっかり落とすことも可能なのです。 今からでも遅くはないのですぐに新しい生活習慣を始めてみましょう。

次の