ロジャー エイル ズ。 米FOXニュースCEOが辞任 セクハラで元キャスターが訴訟 写真3枚 国際ニュース:AFPBB News

米フォックスニュース、保守派に人気の司会者を解雇 セクハラ疑惑で

ロジャー エイル ズ

3dot Productions• Slow Pony• () 米国での放送 放送チャンネル 放送国・地域 放送期間 2019年6月30日 2019-06-30 - 2019年8月11日 2019-8-11 日本での放送 放送チャンネル 放送国・地域 放送期間 2020年4月11日 - 2020年4月12日 『 ザ・ラウデスト・ボイス-アメリカを分断した男-』(ザラウデストボイス アメリカをぶんだんしたおとこ、 The Loudest Voice)は、2019年に放送されたのリミテッド・シリーズ。 FOXニュースの創立者である ()の実話を基にしたで、、、、などが出演。 全7話のリミテッド・シリーズで、2019年6月からで放送された。 日本語版は2020年4月にで放送された。 番組は批評家から好意的な評価を受けており、にノミネートされた。 『ザ・ラウデスト・ボイス』の主要キャスト。 上段左から、、、、、アレクサ・パラディノ、。 () 演 - 、日本語吹替 - FOXニュースの創立者。 () 演 - 、日本語吹替 - 広報。 ベス・エイルズ 演 - 、日本語吹替 - ロジャーの妻。 演 - 、日本語吹替 - メディア王。 ニューズ・コーポレーションの創立者。 ローリー・ルーン 演 - 、日本語吹替 - ロジャーの愛人。 ジュディ・ラテルザ 演 - ()、日本語吹替 - ロジャーの個人秘書。 () 演 - 、日本語吹替 - FOXニュースのキャスター。 リカーリング [ ] () 演 - FOXニュースの重役。 () 演 - FOXニュースの重役。 () 演 - ルパートの長男で、ニューズ・コーポレーションのCOO。 チェット・コリアー 演 - () FOXニュースの重役。 () 演 - グレッチェンの夫。 () 演 - ジャーナリスト。 エピソード [ ] 通算 話数 タイトル 監督 脚本 放送日 U. 299 2 "2001" カリ・スコグランド アレックス・メトカーフ 2019年7月7日 2019-07-07 0. 343 4 "2009" ジェレミー・ポデスワ ジョン・ハリントン・ブランド 2019年7月21日 2019-07-21 0. 359 6 "2015" ローラ・イーソン 2019年8月4日 2019-08-04 0. 477 評価 [ ] 受賞 [ ]• Andreeva, Nellie 2018年6月25日. Deadline. 2020年5月13日閲覧。 www. thefutoncritic. com. 2020年5月13日閲覧。 Inc, Natasha. 映画ナタリー. 2020年5月13日閲覧。 The Hollywood Reporter. 2020年5月13日閲覧。 WOWOW. 2020年5月19日閲覧。 Metcalf, Mitch 2019年7月2日. Showbuzz Daily. 2019年7月3日閲覧。 Metcalf, Mitch 2019年7月10日. Showbuzz Daily. 2019年7月11日閲覧。 Metcalf, Mitch 2019年7月16日. Showbuzz Daily. 2019年7月17日閲覧。 Metcalf, Mitch 2019年7月23日. Showbuzz Daily. 2019年7月29日閲覧。 Metcalf, Mitch 2019年7月30日. Showbuzz Daily. 2019年8月8日閲覧。 Metcalf, Mitch 2019年8月6日. Showbuzz Daily. 2019年8月8日閲覧。 Metcalf, Mitch 2019年8月13日. Showbuzz Daily. 2019年12月9日閲覧。 外部リンク [ ] で 「 ザ・ラウデスト・ボイス-アメリカを分断した男-」に関する情報が検索できます。 コモンズで ウィキデータの• - (英語)• - (日本語)• - (英語).

次の

米FOXニュース元CEOロジャー・エイルズのドキュメンタリー映画公開

ロジャー エイル ズ

概要 [ ] の放送開始時には1700万世帯という状態だったが、放送契約を結んだに奨励金を支払うというキャンペーンを行い、視聴可能世帯を増やしていった。 アメリカにて8000万のケーブルテレビと衛星放送加入者に視聴されており、海外でも視聴できる。 にラジオ局「Fox News Talk」を衛星ラジオで開始。 2007年に経済ニュース「Fox Business Network」を立ち上げた。 からハイビジョン放送を開始した。 主にのスタジオで制作されている。 創業時から長年に渡って、他の報道機関においての「リベラル偏向」に対抗して、中立報道を心がけているとFOXニュースは主張しており、「 Fair and Balanced(公平公正)」と「 We report, You decide(我々は報道する、判断するのはあなた)」をスローガンにしていた。 トークラジオ形式の番組や派手なグラフィックや効果音を多用するなどしたニュース番組が人気となり、1990年代末からから視聴者を奪い始め、2000年からCNNと視聴者数で拮抗。 のを機に視聴者数で首位の座に立った。 2016年7月、初代(CEO)を務めていたロジャー・エイルズに疑惑が浮上したため、辞任した。 同年夏頃に長年掲げていた「 Fair and Balanced」のスローガンを降ろしていたことが翌年(2017年)6月に報じられた。 2017年、セクハラの口止め料として5人の女性に対して1300万ドルあまりを支払っていた問題で4月20日、FOXニュースの人気番組『オライリー・ファクター』の司会者であるがFOXニュースに復帰しないことで合意したと親会社のが発表した。 2018年12月27日週の総視聴者数で154万人を記録し18年ぶりに首位から陥落、156万人のに次ぐ二番手に後退した。 日本での放送 [ ] 一時期で放送されていた。 FOX NEWS 基本情報 運営(番組供給)事業者 株式会社 放送(配信)開始 放送(配信)終了 ジャンル ニュース (標準画質) 放送事業者 ニューズ・ブロードキャスティング・ジャパン株式会社 チャンネル番号 Ch. 、パーフェクTV! (現:)でニューズ・コーポレーション(現:21世紀フォックス)とが立ち上げた衛星放送「」系の番組供給会社・スカイエンターテイメント(現:)で放送開始。 また、1998年6月1日にはニューズ・コーポレーションの子会社・ニューズ・ブロードキャスティング・ジャパン(現:)でも放送開始。 2000年3月31日にスカイエンターテイメントで放送が終了するまで2つのチャンネルで放送されていた。 その後、2001年12月から2002年7月まではとの混合編成チャンネルとなったが、2002年8月に分離、再び単独チャンネルとなった。 しかし、2004年7月31日をもって日本での放送を終了している。 報道姿勢について(FOX効果) [ ] FNCの報道について、的・寄りであり、2000年代前半には視聴率競争でCNNを抜き、「FOX効果」が注目された。 ルパート・マードックの意向もあってを機に、一色の報道姿勢を明確にした。 テレビ画面に放送局のロゴが表示されるが、終日を流し始めたのはFNC、および同時放送していた地上波の(同じくニューズ・コーポレーション傘下)だった。 アンカーはみな星条旗バッジを身に着けた。 でもテーマ曲を勇ましいにしたり、米軍がイラク大統領官邸に突入する模様を独占中継に成功、退役軍人をコメンテーターに起用する(これはどこも同じ)などの姿勢を続けた。 イラク戦争はFNCがCNNより多くの視聴者を獲得。 一方でイラク戦争において、衛星中継車まで同行した従軍報道は連合軍の立場に沿った取材・中継となった事、CNNでアメリカにとって都合の悪いニュースを放送するにも細部のルールを用いて細心の注意を払っていた事が明らかになる、など一連の報道姿勢が注目された。 これをFNCが9・11からの愛国色の強い報道姿勢に倣って継承していったとして、「FOX効果」と呼ばれた。 中立報道を掲げるスローガンと共に、保守的傾向があるとされる。 実際にFNCのキャスターに、、グレン・ベック、ニール・キャブートなど保守的傾向の強い人材が起用され、大統領候補争いで注目を浴びた共和党のも週末のトーク番組を担当している。 共和党関係者ではやがFNCに専属コメンテーターとして出演している。 スタジオでのトークやインタビューにおいて、キャスターのキャラクター(性格・個性・信条)が放送に大きく反映されている。 それまでのアメリカメディアは大まかに「TVはリベラル、ラジオ(トークラジオ)は保守」という色分けがあり、その認識下では異色の存在として登場した格好となる。 2004年、共和党の全国党大会の大統領候補による指名演説中継は全てのチャンネルで視聴者数トップになり、2008年度もトップに輝いた。 FNCを「最も信頼するニュースソース」と答える人のほとんどが保守思想・共和党支持者である。 一連の動向から、視聴者は個人の信条に合った番組にあわせて視聴する先有傾向が伺える。 制作の映画「」では、2000年大統領選挙での偏向報道やイラク戦争を煽ったとして、同局を政権のお抱えテレビ局として批判している。 またドキュメンタリー映画『』は、FNCが共和党寄りに偏向していると指摘している。 しかし、「偏向というならば他のテレビ局こそ民主党大統領候補者を賛美する一方、共和党候補者に対しては揶揄するような報道を繰り返しており、民主党寄りに偏向しているのであって、上記の批判は民主党系メディアの視点からの攻撃に過ぎない」との反論があるように、共和党支持者と民主党支持者の立場によって見方が変わる(共和党に有利なように報道し競争相手を潰しているのであり、リベラル派を陥れるようにしている訳ではない) 「Fox News Sunday」にて、司会のクリス・ウォレスはクリントン元大統領に「政権担当時、ビンラディンに対してなぜ何もしなかったのか」と質問し、クリントンは激怒して反論した(クリントンがビンラディンへの対策をすすめていた事実と異なる質問であったため)。 対策を求めることをリベラルの「ヒステリー」だと決めつけ、国際的な合意であるとリベラル勢力の間では考えられている排出規制の必要性に対して懐疑的な論者を持ち上げたり、『』で名を売ったアル・ゴア元米副大統領の自宅の高額な電気代を報じた。 に対しても批判的であり、2007年の直後の番組で、あるコメンテーターは「大学側が銃規制を行ったのが問題なのであり、学生が武装していれば犯人が32人も撃ち殺す前に射殺できた」と学生の銃所持を肯定する発言をした。 ブッシュ政権時 [ ] ブッシュ政権や共和党と強いつながりがあり、正・副大統領を含めブッシュ政権の閣僚などがよく出演しており、狩猟中に誤射事件を起こした副大統領が事故後最初に同ニュースにテレビ出演した。 元大統領報道官()はFOXの元キャスターである。 オバマ政権時 [ ] 政権発足後も視聴者数は伸びており、オバマ政権に対する批判の急先鋒を担う(が2006年からブッシュ政権を批判したように)。 これらについてオバマ政権のコミュニケーション担当責任者アニタ・ダンは2009年10月、「FNCは事実関係を無視し、ニュース報道を偽装した世論誘導を行っている」と非難した。 基本的には記者取材のほか、全米のFox加盟局、イギリスなどと連携して速報体制を敷いている。 しかし、キャスターやコメンテーターのキャラクターが前面に出ており、影が薄い。 情報の裏付けが乏しい伝聞やデマに対するチェック体制が甘い為に、他のメディアに比べ物議を醸す報道も多い。 オバマ大統領がインドネシア時代に通っていた学校ではイスラム過激派の教育を行っていたという放送を行ったが、CNNがジャカルタの特派員に取材させたところ誤りであった事が判明し、「FOXは取材すべきだ」と苦言を呈された。 トランプ政権時 [ ] 自身への報道の大半をとして切り捨てきたは、大統領に就任して以降、各マスコミに対して冷淡な姿勢をとった。 ただし、大統領に好意的なFOXニュースだけは例外であり、報道各社を集めた記者会見を事実上中止した以降も、がFOXニュースに対して独自に会見を行うなど比較的優遇された立場にある。 主な番組 [ ]• America's Newsroom• Your World• Glenn Beck• Special Report• Fox Report• The O'Reilly Factor()• Hannity• On the Record FOXグループ向け番組 [ ] 地上波ネットワークの加盟局は大都市を中心に朝やプライムタイムにローカルニュースを放送したり、3大ネットワークと違って全国ニュース番組は無い。 FNCは日曜朝の討論番組「Fox News Sunday」を配給し、FNCでも放送している。 他に大統領選挙や一般教書演説などの重要時に特別番組を配給し、らがアンカーを務める。 FNCでお昼に放送していた「DaySide」の出演者による朝のトーク番組「The Morning Show」を2007年1月から2年半放送した(での放送)。 他にシンジケイション向けにヘラルド・リベラが司会を務める情報番組を制作したが、週末のFNCにての放送に切り替えた。 2007年にはに向けた情報番組の制作が計画されていた。 関連人物 [ ]• - の共和党候補者。 2008年10月より、トークショー『Hackabee』のホストとして出演。 - レギュラー出演者。 『』の米コラムニスト• 関連項目 [ ]• - 2019年12月(日本では2020年2月)に公開された映画。 FOXニュースのキャスターによる同局CEOへのセクハラ訴訟を題材としている。 脚注・参照 [ ]• テレビ朝日アメリカ(2017年5月19日作成). 2020年2月10日閲覧。 CNN. jp(2017年6月15日作成). 2020年2月10日閲覧。 ニューズウィーク日本版(2020年2月10日作成). 2020年2月10日閲覧。 ロイター通信(2017年5月19日作成). 2020年2月10日閲覧。 『』 2017年4月20日• 2018年12月28日配信• CNN 2019年11月14日. 2019年11月15日閲覧。 日刊スポーツ(2020年2月8日作成). 2020年2月10日閲覧。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。

次の

「スキャンダル」 : ヨーロッパ映画を観よう!

ロジャー エイル ズ

ストーリー [ ] の創立者で元CEOの ()のに対する女性職員の告発を描いている。 キャスト [ ]• () -• カイラ・ポシュピシル -• () -• ベス・エイルズ -• ジェス・カー -• ギル・ノーマン - ()• () -• () -• ジュリア・クラーク - ()• リリー - ()• () - ()• () -• - ()• () -• イレーナ・ブリガンテ -• () - マイケル・バイー• () -• () - ()• () -• ニール・ミューレン -• エディ -• () -• () - ()• () - ()• ルーカス - ドク・ファロー• クリス・ウォーレス - ()• ブライアン・ウィルソン - (クレジットなし) 製作 [ ] 企画 [ ] 2017年5月18日、創立者で元CEOの ()の死後まもなく、はや ()などの女性職員によるエイルズのセクシャル・ハラスメントに対する告発を題材とした映画の製作が初期段階にあると発表した。 この時点で、は脚本を務めると予定されていた。 2018年5月22日、が監督に就任した。 2018年8月1日、ローチ、ランドルフ、A・J・ディックス、ベス・コノ、マーガレット・ライリーがプロデューサーを務め、 ()が映画を製作することが発表された。 2018年10月9日、アンナプルナ・ピクチャーズが映画の予算の増加を理由に、製作から離脱した。 発表の時点で、 ()が製作に加わっており、プロデューサーは映画の資金調達のために、、、に接触していたと報じられた。 翌週、フォーカス・フィーチャーズとアンブリン・エンターテイメントがプロジェクトを引き継ぐことが決定し、が製作へ参加するための交渉を始めた。 そして月末までに、ライオンズゲートが映画を配給するための交渉が締結された。 2018年12月、が作曲を務め、が撮影を務めると報じられた。 現在の『 Bombshell』というタイトルが発表される前は、『 Fair and Balanced』というタイトルで製作が進行していた。 キャスティング [ ] 監督と脚本家の発表と同時期に、が役として出演交渉に入ったと報じられた。 2018年8月1日、が ()役、が架空の番組プロデューサー役としてそれぞれ出演交渉に入り、セロンが正式に出演することが決定したと報じられた。 2018年8月22日、が ()役でキャストに加わった。 2018年9月、が ()役、が架空のプロデューサー役としてそれぞれキャストに加わった。 2018年10月、が役、が役、が ()役としてそれぞれキャストに加わった。 2018年11月、 ()と ()が架空のキャラクターとしてキャストに加わり、 ()が ()役、が ()役、 ()が役、がベス・エイルズ役、が ()役、がイレーナ・ブリガンテ役、マイケル・バイーが ()役、が ()役、 ()が ()役としてそれぞれキャストに加わった。 2018年12月、 ()が非公開の役、が ()役としてキャストに加わった。 2019年6月、 ()がキャストに加わった。 撮影 [ ] 主要な撮影は、で2018年10月22日に開始した。 公開・マーケティング [ ] 2019年8月21日、本作のティーザー予告編が公開された。 ティーザーの内容は、セロン演じるケリー、キッドマン演じるカールソン、ロビー演じるポシュピシルが、エレベーターの中で対峙するという内容だった。 本作はアメリカで、2019年12月20日に公開される。 73点を得ている。 によれば、46件の評論のうち、高評価は27件、賛否混在は18件、低評価は1件で、平均して100点満点中64点を得ている。 では、(シャーリーズ・セロン)と(マーゴット・ロビー)の2部門でノミネートされたが、受賞はしていない。 関連項目 [ ]• - エイルズの人生を描いたテレビミニシリーズ。 本作の題材になっているセクシャル・ハラスメントの告発も描かれている。 本作でリスゴーが演じたエイルズはが演じ、キッドマンが演じたカールソンはが演じた。 出典 [ ]• Deadline Hollywood 2018年10月9日. 2018年10月9日閲覧。 2017年5月18日. 2018年8月1日閲覧。 2018年5月22日. 2018年8月1日閲覧。 Variety 2018年8月1日. 2018年8月1日閲覧。 D'Alessandro, Anthony 2018年10月15日. 2018年10月15日閲覧。 2018年10月25日閲覧。 Next Best Picture 2018年12月14日. 2018年12月16日閲覧。 ICG Magazine 2018年11月29日. 2018年12月16日閲覧。 Evangelista, Chris 2019年8月20日. cevangelista413. 2019年8月21日閲覧。 2018年8月1日. 2018年8月1日閲覧。 Variety 2018年8月22日. 2018年8月22日閲覧。 Deadline Hollywood 2018年9月20日. 2018年9月20日閲覧。 Deadline Hollywood 2018年9月24日. 2018年9月24日閲覧。 Variety 2018年10月8日. 2018年10月8日閲覧。 Deadline Hollywood 2018年11月8日. 2018年11月8日閲覧。 Deadline Hollywood 2018年11月14日. 2018年11月14日閲覧。 Deadline Hollywood 2018年11月15日. 2018年11月15日閲覧。 The Hollywood Reporter 2018年11月16日. 2018年11月16日閲覧。 Deadline Hollywood 2018年11月19日. 2018年12月5日閲覧。 N'Duka, Amanda 2018年11月20日. Deadline Hollywood. 2018年11月20日閲覧。 Deadline Hollywood 2018年11月21日. 2018年12月5日閲覧。 Deadline Hollywood 2018年11月29日. 2018年12月5日閲覧。 Deadline Hollywood 2018年12月5日. 2018年12月5日閲覧。 Deadline Hollywood 2018年12月10日. 2018年12月10日閲覧。 The Knockturnal 2019年6月6日. 2019年6月10日閲覧。 2018年10月26日. 2018年10月30日閲覧。 Siegel, Tatiana 2018年10月30日. 2018年10月30日閲覧。 2019年10月9日閲覧。 TheWrap 2019年3月6日. 2019年10月9日閲覧。 2020年5月1日閲覧。 2020年5月1日閲覧。 外部リンク [ ]• (日本語)• - (英語)• - (英語)• - (英語).

次の