ご教示いただきたく存じます。。 「ご助言」の意味とは|覚えておきたいビジネス用語の使い方を解説

頂きたいと存じますの意味・例文13選|教えて頂きたく・いただきたく?

ご教示いただきたく存じます。

ご助言という言葉の「助言」とは、具体的にどのような意味を持つのでしょうか。 「ご助言」とは、進言や勧告などを含む「助言」に、丁寧語である「ご」を付けたものです。 ご助言の類似語にはご教授やご指導、ご意見やご提案などがあります。 つまり、「ご助言」とは、自分の行動に対する相手からのアドバイスや、方針の提案を指します。 したがって、「ご助言」という言葉は、目下の者が目上の者に対し、アドバイスや指導を乞う際に使う言葉です。 「助言」は基本的に目上の人から目下の人に使用する ビジネスシーンにおいて、「助言」は目上の者が部下に対して、アドバイスやヒントを提案する際に使用します。 新入社員や入社年数の浅い社員は、困ったことや分からないことが起こった際に、自分はどうしたら良いか悩む場面があるでしょう。 そんな上司や先輩方の知識や経験に基づいたアドバイスをして欲しい時に「ご助言」を使います。 例えば、「この企画に対して、ご助言をいただいてもよろしいでしょうか。 」といった具合です。 また、「ご教授願えますでしょうか。 」や、「ご教示いただいてもよろしいでしょうか。 」と言った言い換えも可能です。 このように、「ご助言」や「ご教授」などといった言葉を使って、目上の人に「分からないことに対してアドバイスを下さい」とお願いすることができます。 アドバイスのため社外の人には使わない 「ご助言」という言葉を使う際に注意すべきことは、社外の人間に対して使ってはいけないことです。 それは、「助言」という言葉自体がアドバイスや提案という意味を持つため、社外の人に対して「ご助言」を使うと失礼になってしまう場合があるためです。 外部の人に「ご助言」を使用したことを問題視され、企業のイメージをダウンさせる可能性もありますので、注意が必要です。 「ご助言」は、社内の目上の人に対する言葉遣いで使用する程度にとどめておきましょう。 社外の人からアドバイスや提案を受けた際は、そのお礼として「ご教授」という言葉を使用します。 例えば、「先日提出した企画書に対してご教授いただき、ありがとうございました。 」などといった言い方をするとよいでしょう。 「ご助言」のビジネス上での使い方 次に、ビジネスシーンにおける「ご助言」の使い方について、例文を交えながら説明していきます。 アドバイスが欲しいときには、「今回の事業計画に関して、ご助言をいただいてもよろしいでしょうか。 」というような使い方をします。 また、「私が担当した企画書に関して、ご助言をいただければ幸いです。 」といった言い回しもできます。 相手からアドバイスを受けた際は、「ご助言をいただきありがとうございました」のように、お礼の言葉を添えると良いでしょう。 「ご助言」の類似語は「ご教示」 「ご助言」の類似語には、「ご教示」という言葉があります。 ご助言はアドバイスが欲しいときに使うのに対し、ご教示は業務内容などのやり方や知識、情報などを求める際に使用します。 アドバイスというよりも、具体的な物事に対して教えて欲しいときは、「ご助言」ではなく「ご教示」を使うと良いでしょう。 例えば、「本日の日程をご教示いただいてもよろしいでしょうか。 」「計画書の作成において、ご教示いただけましたら幸いでございます。 」「先日の案件に関して、ご教示を賜りたく存じます。 」などと言った言い回しがあります。 ご教示は、ご助言と同様に目上の人に対して使える用語です。 その場のシーンや知りたいことに応じて、「ご助言」と「ご教示」を使い分けましょう。 「ご助言ありがとうございます」に続く言葉例 目上の人からアドバイスや指導を受けた後は、お礼の言葉を伝えることが大切です。 しかし、「ご助言ありがとうございます」と言うだけでは、少し物足りない印象を与えがちです。 そこで、「ご助言」に対するお礼に付け加えると、より丁寧な言葉になる例文をいくつかご紹介します。 まずは、「勉強になります。 」「仕事の励みになります。 」といった、相手の助言が役に立ったことを伝えることです。 さらに、「今後とも、引き続きご指導のほどよろしくお願いいたします。 」というような、今後の関係性を良好に保つためのフレーズも良いでしょう。 また、「ご多忙中にも関わらず、おご助言をいただきましてありがとうございます。 」といった言葉を付け加えると、相手によりよい印象を与えることができます。 「ご助言」は目上の人からアドバイスをもらったときに使用する 先述したとおり、「ご助言」は目上の人にアドバイスをいただいた時に使用します。 ご助言は、軽いアドバイスのような意味合いがあるため、社外の人に対して使うのはご法度です。 社内の上司にのみ使用するようにしましょう。 外部の人に使いたいのであれば、「ご教授」という言葉に言い換えてください。 ご助言の類義語には、「ご教示」や「ご指導」、「ご助力」などがあります。 使う相手やその場の状況に応じて、適切な言葉を選んで使うと良いでしょう。 目上の人からアドバイスをいただいた後は、お礼の言葉を伝えることも大切です。 相手の貴重な時間を割いて指導してもらったのですから、その点も踏まえて「お忙しいところ」というフレーズを付け加えると、相手にもより感謝の気持ちが伝わります。

次の

「ご教示」に関連した中国語例文の一覧

ご教示いただきたく存じます。

『頂きたく存じます』は正しい日本語? 『頂きたく存じます』は丁寧な表現を求められる場面でよく使われますが、堅苦しすぎる印象も受けがちなことから、正しい日本語なのかどうか疑問に思うこともあります。 そこで言葉の意味や構成、敬語表現としてふさわしいかどうかなどを解説します。 お願いしたいときの敬語表現 『頂きたく存じます』は、 何かをお願いしたいときに「〇〇してほしいと思う」という意味で使用する敬語表現です。 『頂きたく』と『存じます』という二つの言葉を組み合わせた言い回しであり、それぞれ独立した敬語としても使用されます。 『頂きたく』の部分は『〇〇してもらいたい』の謙譲語、『存じます』の部分は『思う』の謙譲語と丁寧語の『ます』で構成されています。 『頂きたく存じます』は二重敬語? 二重敬語とは、一つの言葉に対し同じ種類の敬語が重複して使用された言葉です。 『頂きたく存じます』は 二つの言葉で成り立っているため、二重敬語ではありません。 よくある二重敬語の例としては以下のようなものが挙げられます。 ご多忙のところ大変恐縮ですが、一度打ち合わせのお時間を頂きたく存じます。 ご意見を頂きたいため、明日本社までお越しいただきたく存じます。 上記例文中の「お時間を頂く」「ご意見を頂く」の頂くは、もらうの謙譲語であるため漢字表記が正解です。 「お越しいただく」の『いただく』は、〇〇してもらうという補助動詞として使用されているため、平仮名表記で書く必要があります。 目上の立場の方やお客様に使う 『頂きたく存じます』は敬語であるため、 相手との関係性を意識し、正しく使用する必要があります。 謙譲語を二つ並べた言葉であることからも分かるように、友人や同僚など対等な立場の相手ではなく、目上の人・取引先・お客様など、立場が上の相手に使うのが通例です。 友人や同僚を相手に使う場合でも、自分が敬意を払う相手であれば、違和感のない使い方だといえます。 また、かなり堅い印象を与えがちな表現であるため、相手の立場が上であっても、 会話で使用されることはそれほど多くありません。 しかし、スピーチの場や相手への失礼が許されないような場面で上手に使えることができれば、会話における敬語表現の幅をより広げられます。 『頂きたく存じます』の例文 相手に何かをしてほしい場面で使い勝手のよいの例文をいくつか紹介します。 ケースに合わせてうまく使い分けられるようにしましょう。 ご教示頂きたく存じます ビジネスシーンにおいては、目上の人や取引先に対し、何かを教えてもらいたいという場面が多々あります。 そのようなときに最も敬意を示せる使い方が『ご教示頂きたく存じます』という表現です。 『ご教示』が尊敬語であるため、相手に最大限の敬意を払えます。 『ご一報』とは、簡単な連絡を意味する『一報』を丁寧に表現した言葉です。 メールや電話で軽い反応を知りたい場合など、ビジネスシーンでよく使用されます。 「ご一報ください」という表現も間違いではありませんが、『ください』の部分でやや命令調の印象を与えてしまう可能性があるため注意が必要です。 また、「ご連絡を頂きたく存じます」も問題なく使用できますが、 特にビジネスの場においては、ご一報の方がよりスマートな印象を与えられるでしょう。 お時間を頂きたく存じます 自分と会ってもらいたいときや、会議に参加してもらいたいときなど、相手に時間を作ってほしいときに使える言い回しが『お時間を頂きたく存じます』という表現です。 ご多用中のところ誠に恐縮ですが、万障お繰り合わせのうえ、お時間を頂きたく存じます。 実際に相手が忙しいかどうかにかかわらず、上記のように「ご多忙のところ恐れ入りますが」や「ご多用かと存じますが」のようなフレーズとセットでよく使用されます。 「来てください」と直接言いにくい相手にも使いやすいため、特にビジネスメールにおいてよく使用される表現です。 『頂きたく存じます』の誤った使い方 『頂きたく存じます』はさまざまな場面で便利に利用できる表現ですが、乱用すると誤った使い方になってしまう可能性があります。 特に『〇〇させて頂きたく存じます』は、誤用が多くなりやすいため注意しましょう。 返信させて頂きたく存じます 『〇〇させて頂きたく存じます』という言い回しは、相手に対し「〇〇させてほしい」と許可を得る表現です。 「返信させて頂きたく存じます」という表現は、返信することにわざわざ許可が必要であるケースがほとんどないと考えられるため、くどい印象を与える可能性があります。 したがって、相手に対し何かを返信したい場合は、シンプルに「返信いたします」とするのが正解です。 『〇〇させて頂きたく存じます』を使用できるかどうか迷った場合は、「〇〇させていただいてもよろしいでしょうか?」に置き換えてみましょう。 「そんなことをわざわざ聞かなくても…」と相手に思わせるような内容であれば、使用すべきではないと判断できます。 お休みさせて頂きたく存じます 体調不良や急な用事などで会社を休みたいと考えたときに、上司などに「お休みさせて頂きたく存じます」と表現したくなることもあるでしょう。 しかし、「させて頂きたく存じます」としてしまうと、「休みます」と言い切る形になってしまい、相手に与える印象は当然悪くなっていまいます。 この場合は、「休ませてもらいたい」と許可を得る気持ちをより強く伝えたほうがよいと考えられます。 「休みを頂いてもよろしいでしょうか」とすべきです。 なお、『お休み』という言葉は、尊敬語とも謙譲語とも解釈できる曖昧な敬語です。 どのような言い回しであっても、使用を控えた方がよいでしょう。 『頂きたく存じます』の言い換え どれだけ便利な表現であっても、繰り返し使うとくどい印象を与える上、誤用を招く原因にもなります。 言い換えをマスターし、表現の幅を広げましょう。 いたします 『〇〇いたします』は、きっぱりと言い切る印象を与えかねない表現ですが、 『頂きたく存じます』の言い換えで使用しても失礼にあたらないケースが多々あります。 それほど重要度が高くない内容の話をする場合や、目上の人でもある程度気心の知れた相手とやり取りする場合などは、〇〇いたしますをバランスよく使用しましょう。 また、わざわざ相手に許可を得なくてもよい話題の場合も、『〇〇いたします』を使用した方がスムーズな文章になる可能性があります。 〇〇していただければ幸いです 『頂きたく存じます』は、何かをしてほしい気持ちを示す表現です。 してほしいことが実現すれば自分としてはうれしい気持ちになります。 したがって、うれしい気持ちを『幸いです』という言葉で表現し、以下のように「〇〇していただければ幸いです」と言い換えることが可能です。

次の

ビジネス文書・メールで頻出!「ご教示」の意味と正しい使い方

ご教示いただきたく存じます。

この表現は単純になにか物が欲しい時に使う表現です。 「お菓子を頂きたいと存じます」というような使い方は少ないかもしれませんが、このような使い方をすることで相手から何か物をいただきたいという意思表示ができる表現になっています。 頂きたいと存じますはこちらの意味合いで使われることの方が圧倒的に多くなっています。 ビジネスにおいて何かをしてもらいたいあるいはさせてもらいたいというシーンではまっさきにこの表現が頭をよぎることでしょう。 頂きたいと存じますという言葉は「頂きたい」と「存じます」の2つに分かれていますが下記の関連記事は「存じます」という表現に絞って内容を説明しています。 「存じます」という表現は「頂きたいと存じます」以外にも様々な言葉と組み合わせてビジネスで多用される表現なのでこちらもしっかりチェックしておきましょう。 「頂く」という表現が相手から何かをもらう謙譲語であり、その意味を表す時には「いただく」という言葉は漢字で表記をすることができます。 ただしここから説明する2つ目の意味でも漢字を使うのも、現在は許容されているようです。 「もらう」以外のいただくにはこのような意味があります。 「頂く」とここで説明する「いただく」は意味が違うので本来は漢字表記はNGなのですが、「もらう」という意味合いで使われることが限られていて意味の履き違いが起こりづらいため、今ではこちらの意味でも漢字を使うことがしばしばあります。 例文は説明会への参加を促している表現ですが、ビジネスのシーンにおいて参加を促す際に「ご参加いただきたいと存じます」という言い回しはよく使われます。 非常に丁寧で良い印象を与える表現になっています。 この表現に関しては本来であれば「していただきたくお願い申し上げます」という敬語表現を省略している表現にあたります。 また依頼は「していただけましたら幸いでございます」というような強制感のない言い回しがベターです。 ここまでで「させていただきたく」という表現をいくつか紹介しており、これが単独でNGではありません。 しかしながら「させていただきたく」を多用すると相手に身勝手な印象を与えるので多用はNGとされています。 この表現に関しては目上の人に使える類語表現の中でも、非常に相手への気遣いを感じる表現になっています。 強制感がなく相手に判断を委ね、引き受ければ「ありがとうございます」と感謝される言い回しだからです。 ビジネスにおいて相手に対して「お願いします」と言い切る場面はかなり限定されます。 言い切ってしまうとその依頼に強制感が出るからです。 しかし「お願い申し上げます」は丁寧さが強い表現なので強制感はやや薄れます。 頂きたいと存じますをビジネスで活用しよう! 頂きたいと存じますをビジネスで活用することで、何かを目上の人や取引先に依頼をする時に今までよりもスムーズに物事が運ぶようになることでしょう。 それはビジネスパーソンとしてのスキルアップを実感できる瞬間でもあります。 ここで紹介したことがいち早くあなたのビジネスで活用できる状況になればうれしいです!.

次の