スコティッシュ ストレート。 スコティッシュストレート Scottish_Straight

スコティッシュフォールド

スコティッシュ ストレート

スージーと名付けられていたこの雌猫は、この農場に生まれた他の猫らと違い、その誕生からどれだけの月日が流れても耳が立たなかった。 成長したスージーがに出産した複数の子猫に、スージーと同様の折れ耳を持つ個体が発見された。 特有の折れ耳が遺伝形質と確認され、「折れ耳猫」の計画的な繁殖の歴史が始まった。 スージーに同じく雌であったその子猫は、ウィリアム・ロスとメアリー・ロスという夫妻 のもとへと引き渡され、スヌークスと名付けられた。 スヌークスはの雄と交配し、その雌は雄の白猫を出産した。 スノーボールと名付けられたその子猫は地元の展覧会へと出陳されるなどした。 スージーの誕生からちょうど10年目にあたるに、数匹の「スコットランドの折れ耳猫」が、メアリー・ロスの手によって、ニール・トッドという名のののもとへと移送された。 以後、米国の地でブリティッシュショートヘアととを用いたが続けられ、「スコットランドの折れ耳猫」は、に「スコティッシュフォールド」の名称を受けて一猫種として公認を獲得した。 特色 [ ] 「折れ曲がり」を意味するの「フォールド」という名が説明するように、なによりの特色はやはりその特有の、前方に折れ曲がりながら垂れた耳である。 加えて短めの首や丸い顔、丸みを帯びた小柄な身体も独特のものであるとされている。 「耳の先に触れることなしに頭上に手を乗せることのできる唯一の猫」でもあり、小さく折り畳まれた耳に大きな眼という特徴から、その外観は「のよう」などと形容されることがある。 耳 [ ] 「風変わりな耳」などと形容されるスコティッシュフォールドの折れ曲がりの耳は、によって受け継がれたうえで発現するもので、その折れ曲がり具合には様々な段階が存在している。 このスコティッシュフォールドの折れ耳には、通常の耳を持つ猫には無い実利的な特質がある。 それは耳の伝染病を罹患しにくいことである。 「ロングヘアフォールド」 その起源となったスージーが長毛の遺伝子の持ち主であったということが明らかとなっており、その血を漏れなく引いているスコティッシュフォールドは、たとえその直近の祖先が短毛の持ち主であっても、スージーから脈々と受け継がれてきた長毛の遺伝子を保有している可能性がある。 それに加えて、その原産国たるイギリスでのこの品種の交配の歴史において、その異種交配の相手となったのはが多く、そのブリティッシュショートヘアの異種交配の相手はであることがしばしばであった。 すなわちそうして紛れ込んだ長毛の遺伝子を保有している可能性がまた存在するということである。 その毛色にはあらゆるものがある。 のごとく柔らかな手触りにして厚みを有し 、一般的には首の周りのそれが少しばかり長めとなっている。 長毛種ならではの特色なるものは、そのより分厚い手触りの被毛の他には特に存在しないものの、長毛の遺伝子は短毛のそれに対して劣性であるため、短毛種に比せば「出会えれば幸運」と言われるほどに希少ではある。 頭部 [ ] かなりの丸みを帯びた輪郭で、ふっくらとした頬を持つ。 雄の個体の頬は特に肉付きが良いことから、垂れているようにすら見える。 鼻は幅広く、横から見ると緩やかな曲線を描いているのがわかる。 見開いたような大きな眼を持ち 、その色は毛色に準ずる。 あらゆる目色が存在し得るものの、最もありふれたものというならばそれは銅色である。 障害 [ ] スコティッシュフォールドは骨格に特有の障害を持つことがある。 関節の異常を特徴とするこの障害は、折れ耳を有する個体同士の交配によって生まれた。 すなわち折れ耳を生じさせる遺伝子同士のをもって生まれた個体に起こるもので、生後4ヶ月目から6ヶ月目に掛けて発現する。 太く短い尻尾がその徴候である。 いわゆるであり 、交配の観点からすれば、健康なスコティッシュフォールドを生むためには、真っ直ぐな耳を持った猫が不可欠になってくる。 この障害は、その原産国たるイギリスにおいて、一猫種としての認定を長年にわたって妨げてきた。 1970年代初頭、イギリスの遺伝学者Oliphant Jacksonは報告書を発表した。 スコティッシュフォールドは当時、X線診療において骨病変がしばしば見受けられるようになっていた。 報告書によれば、品種の健康状態を回復するためには、異種交配による遺伝子プールを広げることが重要かつ必要だという決定がなされた。 博士によると ジャクソンの報告書には、70年代以前に関連する骨格変形の既述はなかった。 科学者とブリーダーは、折れ耳自体ではなく、折れ耳の繁殖の歴史の中で大きな過ちがあったとする結論に達した。 その後の15〜20年にわたる慎重な繁殖により、健康なスコティッシュフォールドの品種を再び取り戻すことに成功した。 この目的のために、50匹以上の猫が、部分的に放射線措置によって、一部は獣医師または審査官によって、または資格のある審査員によって検査された。 これらの年齢は平均3歳で、最も高齢な猫は15歳だった。 1000回の検査で骨やその他欠陥、時間経過によっても猫のネガティブな結果は得られなかった。 調査結果の概要では、Ortrun Wagner監督は次のように報告している。 『5カ国の22匹の血筋から得られた56匹の猫は、11カ国の獣医師と品種審査員によって評価された。 』 2003年には、遺伝病の専門家であるロレイン・シェルトンが、異常を発現していないスコティッシュフォールドの放射線写真を単一ではないブリーダーから300枚自費で撮影し調査することで、異型接合猫には病気が存在しないことを証明した。 2018年において、スコティッシュフォールドの交配はやが心掛けられており、やとの交雑種が許容されている。 同様の理由から交雑種を認められる猫種にやが存在する。 座法 [ ] スコティッシュフォールドはしばしば「人間のよう」「のよう」「のよう」とも言われる特有の座り方を見せ『スコ座り』と言われることがある。 これは折れ耳を有するスコティッシュフォールドのほとんどに見ることができるものである。 この風変わりな座法とともに辺りをきょろきょろと窺うその姿は、この品種の可愛らしさを物語る数多の特色群の中でも殊に名高いものとなっている。 ただ、この座り方をするということは後ろ足に障害を持っている可能性があるということを意味するため注意が必要だ。 性格 [ ] のんびりとしている。 穏やかな性格で、感情を表に出さない。 見知らぬ人間に甘えてゆくほどに人懐っこく、人間と一緒にいるのが大好きで、とても遊び好きである。 もちろん例外もおり、目が合えば逃げ、要求のある時だけ鳴きもせずに人の前を横切ることによって餌が欲しいことを主張する、抱かれるのを嫌がる、自分の世界を淡々と生きている個体も多くいる。 人気 [ ] スコティッシュフォールドは愛玩用の人気の高い品種である。 がでに行った飼い猫についての調査は、最も人気の高い猫の品種がスコティッシュフォールドであるという結果を示している。 2020年における同調査でも最も人気が高い品種とされ、2020年以前12年間(各年1回)の調査すべてで最も人気がある品種という結果が出ている。 2008年よりに投稿され一躍有名になった「 」はスコティッシュフォールドであり、特にまるがCMに出演し始めた2009年11月より人気が急増している。 2020年において、スコティッシュフォールドはイギリスを含む世界各国でPets4Homes などを介して生体譲渡(販売)、飼育されており、(イギリス)や(アメリカ)、(韓国)もその愛好家の一人である。 その他に日本の著名人では(以下順不同)、、、、、、、、、、、、などが知られている。 2018年7月に人気が折れ耳のスコティッシュフォールドを飼い始めたことで、種の健全性を疑う論調が再燃している。 名前は「まるお」と「もふこ」である。 上述のアニコム損害保険の調査結果から、日本におけるスコティッシュフォールドの飼育実績は相当数のものであり、同時に保険加入者による保険料請求を一元的に集計できることから、同社や類似する団体などの統計的根拠を有する傾向の報告が待たれるものである(アニコム家庭どうぶつ白書2014では 、筋骨格系疾患の罹患率が、他猫種1. 66、43頁。 スージー・ペイジ『猫のすべてがわかる本』ベストセラーズ、1998年11月1日、189頁。 (英語)• (ドイツ語、アーカイブ版)• (フィンランド語、アーカイブ版)• : 2009年02月24日• (英語)• 『』2018年8月3日。 外部リンク [ ]• ウィキメディア・コモンズには、 に関するカテゴリがあります。

次の

キャッテリーハニーウッド

スコティッシュ ストレート

都道府県 :• 全国のスコティッシュ• 島根 0• 高知 0• 佐賀 0• 4 カテゴリ :• 全ての里親募集• 636• 全国以外の都道府県から探す :• 全国のスコティッシュ• 島根 0• 高知 0• 佐賀 0•

次の

スコティッシュ・フォールドってどんな猫?性格や特徴は?

スコティッシュ ストレート

スコティッシュフォールド 206• スコティッシュフォールド 折れ耳 107• スコティッシュフォールド 立ち耳 99• マンチカン 164• マンチカン 長足 84• マンチカン 短足 80• メインクーン 145• ノルウェージャンフォレストキャット 141• エキゾチックショートヘア 106• ブリティッシュショートヘア 90• ミヌエット 67• ベンガル 62• ラグドール 62• ペルシャ 54• アメリカンショートヘア 48• ペルシャ チンチラ 45• サイベリアン 41• ロシアンブルー 32• ラガマフィン 26• セルカークレックス 25• ミックス・その他の猫種 21• ラパーマ 20• シャルトリュー 17• キンカロー 10• ヒマラヤン 8• ソマリ 8• エジプシャンマウ 7• オシキャット 6• アビシニアン 5• アメリカンカール 5• ブリティッシュロングヘア 4• シンガプーラ 4• トイガー 4• ラムキン 3• スコティッシュストレート 3• デボンレックス 2• エルフキャット 2• エキゾチックロングヘア 2• サバンナキャット 2• スフィンクス 2• トンキニーズ 2• ボンベイ 1• トイボブ 1• アビシニアン 5• アメリカンカール 5• アメリカンショートヘア 48• アメリカンバーミーズ 0• アメリカンボブテイル 0• アメリカンリングテイル 0• アメリカンワイヤーヘア 0• エキゾチックショートヘア 106• エキゾチックロングヘア 2• エジプシャンマウ 7• エルフキャット 2• オシキャット 6• オホサスレス 0• オリエンタルショートヘア 0• オリエンタルロングヘア 0• カオマニー 0• キムリック 0• キンカロー 10• コーニッシュレックス 0• コラット 0• サイベリアン 41• サバンナキャット 2• シャム サイアミーズ 0• シャルトリュー 17• シンガプーラ 4• ジャパニーズボブテイル 0• スコティッシュストレート 3• スコティッシュフォールド 折れ耳 107• スコティッシュフォールド 立ち耳 99• スノーシュ 0• スフィンクス 2• セイシェルワ 0• セルカークレックス 25• セレンゲティ 0• ソマリ 8• ターキッシュアンゴラ 0• ターキッシュバン 0• チャイニーズ・リー・ファ 0• デボンレックス 2• トイガー 4• トイボブ 1• トンキニーズ 2• ドウェルフ 0• ドンスコイ 0• ノルウェージャンフォレストキャット 141• ハバナ 0• バーマン 0• バーミラ 0• バリニーズ 0• バンビーノ 0• ヒマラヤン 8• ピクシーボブ 0• ブリティッシュショートヘア 90• ブリティッシュロングヘア 4• ベンガル 62• ペルシャ 54• ペルシャ チンチラ 45• ボンベイ 1• マンクス 0• マンチカン 短足 80• マンチカン 長足 84• ミヌエット 67• ミンスキン 0• メインクーン 145• ヨーロピアンバーミーズ 0• ラガマフィン 26• ラグドール 62• ラパーマ 20• ラムキン 3• ロシアンブルー 32• ミックス・その他の猫種 21• 千葉県 しゃく 様• 2020年6月20日 9時52分• スコティッシュストレート いろいろ探している中、急に出会ったこの子の動画!姉妹達と遊んでいる動画では性格もわかるし、もう絶対この子!と決めました。 当日はお持ち帰り用の一式も揃えて頂きましたし、詳しい説明、猫ちゃん達への愛情をすごく感じ、安心して迎えることができました。 おしっこ、うんちも問題ないです。 1回目の予防接種も無事終わりました。 これからがとても楽しみです! 家族みんなで大事に育てます! ご縁ありがとうございました。 長野県 かな 様• 2020年6月16日 11時29分• スコティッシュストレート 初めて猫で不安も多かったですが、ブリーダーさんに本当に細かく教えてもらえました。 準備するものも、お店のものも見学のときに購入できたり、安いものも紹介してもらったりしました。 お迎えした今も猫ちゃんの様子で心配なことを聞くことができて、安心です。 猫ちゃんもとても人懐っこく、賢い子です。 膝に乗ってきて甘えたり、元気に部屋を駆け回ったり一人遊びしたりしています。 いたずらはほとんどしません。 名前にも反応するようになってきました。 とても大事に育てられてきたんだなぁ、と感じます。 私も大事に大事にします。 ありがとうございます!• 岐阜県 M. T 様• 2020年6月5日 10時05分• スコティッシュストレート この度は、とても可愛い猫ちゃんをお譲り頂き、ありがとうございました。 サイトの動画を見た時から一目惚れで、その可愛いさに家族皆、もうメロメロです。 家にお迎えして数日経ちましたが、よく遊びよく食べ、よく寝るので、だいぶ我が家にも慣れてきてくれたのかなと嬉しく思います。 とても人懐っこく甘えてくるので、とても愛情深く育てられたんだなぁと思いました。 見学当日も分からない事を沢山聞いてしまいましたが、とても丁寧に教えてくださりありがとうございました。 これから色々あると思いますが、猫ちゃんとの生活が楽しみです。 大切に育てていきます。 今後もよろしくお願いします。 スコティッシュストレートは、立ち耳のスコティッシュフォールドのことを指します。 凛々しい立ち耳や、スコティッシュフォールドのバラエティでは比較的安定した体質をもつことが特徴です。 穏やかで人なつっこい性格はスコティッシュフォールドと同様で、飼いやすい猫といえます。 立ち耳の凛々しさが魅力のスコティッシュストレート 折れ耳がチャームポイントのスコティッシュフォールド。 そのルーツは「スージー」と呼ばれる猫とされています。 折れ耳のスージーが出産した子猫には2匹の折れ耳猫がおり、折れ耳の遺伝はやがて注目を集めていきます。 折れ耳の子猫が生まれた一方では、凛々しい立ち耳をもつ子猫も誕生していました。 折れ耳の個体は「fold(折りたたむ)」の意を含めて「スコティッシュフォールド」と名づけられ、立ち耳の個体は「straight(直立した)」の意を含めた「スコティッシュストレート」と呼ばれています。 折れ耳と立ち耳の関係折れ耳は遺伝子の突然変異による影響で起こったとされており、折れ耳のかわいらしさに心を奪われた愛猫家が、その特徴を固定しようとスコティッシュフォールドの繁殖をスタートさせました。 とはいえ、突然変異をもつ猫同士の交配は遺伝子疾患のリスクが強まることから行われません。 その後、スコティッシュフォールドの交配プログラムに参加した遺伝学者は、70匹以上誕生した子猫のうち6割弱が折れ耳だったというデータを発表。 このデータからも、折れ耳だけではなく、立ち耳のスコティッシュストレートも相当数誕生することがわかります。 将来、折れ耳になる個体も最初は立ち耳スコティッシュフォールドは、生まれた当初すべての個体が「立ち耳」です。 その後3~4週間を経た頃に成長に伴う変化が現れ、折れ耳となるか立ち耳のままの状態となるかがわかります(また、折れ耳の個体が成長過程で立ち耳へと変化していくことも)。 スコティッシュストレートの体の特徴 セミコビータイプのボディスコティッシュストレートの肉づきがよく丸みを帯びたボディは、セミコビータイプと呼ばれる種類の体です。 平均体重は2. 5~6kg(オス4~6kg・メス2. 5~4kg)ほど。 毛のバリエーションが豊富健全な育種を行うため、ブリティッシュショートヘアや雑種のみならず、アメリカンショートヘアとの交配も認められているスコティッシュフォールド。 異種交配の影響からか、毛の長さ・毛色と被毛のバリエーションが豊富です。 短毛種も長毛種もいるので、愛猫に合わせた被毛のケアを行いましょう。 短毛であれば週1回、長毛であれば週2~3回程のグルーミングが目安です。 立ち耳は外耳炎にかかりにくい?スコティッシュストレートの立ち耳は、一般的な猫の耳のサイズと比べて小型です。 折れ耳と比べ、立ち耳は通気性がよいため蒸れにくく痒くなりづらいため、耳の病気にかかりにくいメリットがあります。 スコティッシュストレートの性格と飼い方 耳の形状に関係なく、スコティッシュストレートはスコティッシュフォールドと同様の性格です。 飼い主に従順で賢く、初めて猫を飼う方にも向いています。 そんなスコティッシュストレートの性格を生かした飼い方を行いましょう。 穏やかでおおらかな性格スコティッシュストレートは穏やかでおおらかな性格をもつため順応性が高く、あまり環境に左右されません。 子どもやほかの動物との相性もよい猫です。 人なつっこく愛情深い性格飼い主さんに忠実で、愛情深い一面を見せるスコティッシュストレート。 飼い主さんのそばにいようとするかわいらしくなつっこい性格です。 一方で、飼い主さんが不在の状態が続くとストレスを抱えてしまうこともあります。 長時間、留守番をさせることは避けましょう。 おとなしく静かスコティッシュフォールドと同じく、おとなしめの性格の個体が多いようです。 運動は、決して苦手ではなく、ほかの猫種と比べて運動量が少ない・激しい動きをあまりしないという傾向がみられます。 鳴き声も小さく静かな猫でもあるので、ペット可のマンション・アパートといった集合住宅でも飼いやすい猫種です。

次の