ユリゴコロ 動画。 映画『ユリゴコロ』フル動画の無料視聴まとめ|吉高由里子/松坂桃李/松山ケンイチ/清野菜名/清原果耶/木村多江|映画自由館

ここがオトク!ユリゴコロの動画を無料で見れる配信サービスは?ネタバレやあらすじを感想も紹介!

ユリゴコロ 動画

映画『ユリゴコロ』の衝撃のラストには驚かされました。 この映画を見た後には、余りの衝撃に小説まで買ってしまいすぐに読んでしまうほど気に入った作品です。 ストーリーでは生々しい描写などがあり、初めはグロいだけの映画かと思いきやそんな事もなく、愛情の深さも感じられる映画でした。 キャストは吉高由里子さんを始め、松坂桃李さん、松山ケンイチさん、木村多江さんなどの豪華さにも目を引くものを感じました。 映画『ユリゴコロ』の展開するストーリーはまさに絶品!! 見るものを引き込む力は正直いって最強クラスだと思います。 ミステリアス感じであったり、ドキドキさせられるほど手に汗を握るシーンなどが本当に盛り沢山で、見終わった後ににはグッと疲れがでてしまいました。 (良い意味で) この映画をまだ見ていない方は、大袈裟な言い方かも知れませんが人生を損していると思います。 それほどの作品だったと思わせる『ユリゴコロ』の世界観に未だに浸っています。 偉そうな言い方になってしまいますが、この映画で吉高由里子さんの演技にも脱帽しました。 シリアスな場面での表情にも見惚れてしまい、この映画で吉高由里子さんのファンになりました。 是非この映画をご覧になっていただきたいです。 二度拝見しました。 一度目は吉高由里子さんに注目して拝見しました。 そして二度目は松坂桃李さんが映画「新聞記者」に出られてから、彼に注目して拝見しました。 まず改めて考えるとキャストがすごくいいですよね。 前述の2名に、演技派の松山ケンイチさんや木村多江さんも出演されています。 みなさん演技がすばらしくて全く違和感なく、映画の世界にのめり込めます。 最近話題になった清野菜名さんも出演されています。 かわいかったなあ。 肝心の映画の内容ですが、思わず叫びそうになってしまうほどわたしには恐怖の連続でした。 こういう心理に訴えるホラーというかスリラーこそジャパニーズホラーの神髄ですね。 予備知識があまりない状態でキャストだけで映画を拝見したのですが、沼田まほかるさんの小説が原作とのことでこの伏線と回収の見事な連続もなるほどと納得致しました。 松坂桃李さん、実は1度目の映画鑑賞のときは最近増えたただのアイドル俳優という認識しかありませんでした。 失礼ながら。 先入観は人の目を濁らせるなあと反省致しました。 新聞記者を背景して、骨のある役者さんだなあと感心して改めて2度目の鑑賞をしたのですが、素晴らしい表現をされていてこれは注目に値する役者さんであると感心致しました。 主演の女優さんの大ファンであり、私の憧れの存在です。 私は以前から吉高さんの演技に魅了され、女優になるのが夢です。 この作品は1人で見るのが不安だったので、友人を誘ったのですが、怖いから、という理由で断固拒否されてしまい、母親と一緒に見に行きました。 サスペンス系は私は好き嫌いが分かれるのですが、この映画だけは特別で見ていてとても切なくなりましたが、クライマックスにが近づいていくうちに主人公の気持ちに共感を覚えました。 映画を見に行く時に母とどんな結末になるかお互い予想していたのですが、まさかそんなことが、と驚きましたし、暫く愕然としてしまいました。 しかし、見なきゃよかった、と後悔はなく寧ろもっともっと女優さんが出演している作品をみたくなりました。 後日、友人に怖くなかったよ、と話したところ興味を示してくれました。 なのでもう一度勇気を出して誘うと見に行く、と言ってくれました。 私は個人的に何回見ても飽きないし、作品の世界観に虜になっていたので難なく見ていましたが、友人も意外な結末には大変驚いている様子でした。 ですが、見終わって帰る道中誘ってくれてありがとう。 この間は見ない、って言ってごめんね、と謝ってきました。 今となってはこの作品のお陰かな、とは思います。 レストランのオーナーである青年とその婚約者の穏やかで幸せなシーンから始まり、のんびりとした気持ちで見始めましたが展開が早く、婚約者が突然失踪してしまいます。 この先どうなっていくのか気になります。 青年はその後父の部屋で表紙に「ユリゴコロ」と書かれたノートを発見します。 なぜそんなノートが父の部屋にあるのだろう?と疑問に思いながら話がすすみます。 殺人鬼の手記は理解できないですが、気になってしまい中断しては読みに行ってしまう青年。 幼少期や少女のときの残酷さ、怖くて目をそむけたくなりますが、目が離せませんでした。 ユリゴコロって何だろう?途中途中で何かに例えられるユリゴコロについて考えさせられました。 友人のみつことのシーンは短いですが、彼女の子供のような表情がかわいらしく印象的でした。 殺人鬼であるみさこを応援したくなってしまう場面もありました。 徐々に明らかになっていく登場人物それぞれの関係性と先が読めない展開に思わずはらはらしました。 何気なくみていたシーンも後の展開につながっていて、驚くことの連続でした。 残酷なシーンもあり、最初はホラー映画かと思ってしまいましたが、登場人物たちが魅力的で、こんな愛のかたちがあるんだと考えさせられました。 心に残る映画でした。 冒頭の何気ないワンシーンから始まり、全体的に不協和音や違和感のようなものが感じられ、不思議と引き込まれた作品です。 特に、吉高由里子さん演じる女性の物語には、あまりにも痛く苦しく目を背けたくなるような描写が多いのにも関わらず、どこか美しさが漂う演出が印象的でした。 彼女の言動には共感出来ないからこそ、何をどう感じどんな人と出逢い生きていくのか、怖いもの見たさにも似た感覚で興味をそそり、松坂桃李さん演じる男性と同様に目が離せなくなります。 何と言っても、吉高由里子さん。 彼女のあのような表情は見た事がなく、思いがけず衝撃を受けました。 絶妙な表情の変化から、彼女の内側で湧き上がる何かが伝わってくるようで、ゾクゾクする瞬間が何度もありました。 そして、物語中盤くらいからでしょうか。 全く共感出来なかったはずの彼女に対して、情のようなものを感じている自分に気付きます。 どうか救われて欲しい、穏やかに暮らして欲しい…どこか他人事のように眺めていた彼女の物語が、実は他人事ではなく、自分自身の物語のように感じ始めた時、思わずハッとしました。 私のユリゴコロは?と。 愛とか情とか、そんなひと言ではとても表現出来ない、不可解な「ユリゴコロ」を、繊細な会話と表情、そして巧みな映像で見事に描いた作品だと感じました。 Advertisement• 2020. 23 2020年10月9日 金 より公開映画『東京リベンジャーズ』。 原作は和久井健による漫画。 週刊少年マガジンで連載中で累計発行部数300万部を突破する人気[…]• 2020. 21 『Diner ダイナー 』は平山夢明による小説が原作となっており、2013年にラジオドラマ化、2017年から漫画化され、2019年に映画化。 蜷川実花監[…]• 2020. 17 1988年公開映画『となりのトトロ』は、スタジオジブリ制作、宮崎駿監督作品の長編アニメーション。 昭和30年代前半の埼玉県所沢市を舞台にした不朽の名作[…]• 2020. 14 『鬼滅の刃』は、2016年の11号より「週刊少年ジャンプ」で連載がスタートしました。 漫画で大ヒットしたこちらは、アニメ化もされており、子供から大人まで[…]• 2020. 15 映画やドラマ、アニメなど高画質で見放題できる動画配信サービス【Hulu】 こちらの記事では、【Hulu】の特徴や登録方法の手順についてご紹介します! […]• 2020. 13 2021年のゴールデンウイークに公開が延期された2作連続で公開される佐藤健主演映画『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginnin[…]• 2020. 26 日本で2019年に公開された映画『COLD WAR あの歌、2つの心』。 第91回アカデミー賞《監督賞・撮影賞・外国語映画賞》の3部門にノミネート、第7[…]• 2020. 08 貫井徳郎のミステリー小説『愚行録』が妻夫木聡・満島ひかりの共演で映画化。 こちらでは、映画『愚行録』の無料動画をDailymotionやPandora[…]• 2020. 11 将棋を題材にした作者・羽海野チカによる漫画が2016年~2018年まで放送されていたアニメ。 将棋の描写もさることながら複雑な家庭環境で育った主人公の[…]• 2020. 18 芥川賞作家・平野啓一郎の「マチネの終わりに」を原作に福山雅治主演で2019年に映画化され、相手役の石田ゆり子とは初共演作品になります。 物語は、東京・[…].

次の

ユリゴコロの上映スケジュール・映画情報|映画の時間

ユリゴコロ 動画

映画『ユリゴコロ』の衝撃のラストには驚かされました。 この映画を見た後には、余りの衝撃に小説まで買ってしまいすぐに読んでしまうほど気に入った作品です。 ストーリーでは生々しい描写などがあり、初めはグロいだけの映画かと思いきやそんな事もなく、愛情の深さも感じられる映画でした。 キャストは吉高由里子さんを始め、松坂桃李さん、松山ケンイチさん、木村多江さんなどの豪華さにも目を引くものを感じました。 映画『ユリゴコロ』の展開するストーリーはまさに絶品!! 見るものを引き込む力は正直いって最強クラスだと思います。 ミステリアス感じであったり、ドキドキさせられるほど手に汗を握るシーンなどが本当に盛り沢山で、見終わった後ににはグッと疲れがでてしまいました。 (良い意味で) この映画をまだ見ていない方は、大袈裟な言い方かも知れませんが人生を損していると思います。 それほどの作品だったと思わせる『ユリゴコロ』の世界観に未だに浸っています。 偉そうな言い方になってしまいますが、この映画で吉高由里子さんの演技にも脱帽しました。 シリアスな場面での表情にも見惚れてしまい、この映画で吉高由里子さんのファンになりました。 是非この映画をご覧になっていただきたいです。 二度拝見しました。 一度目は吉高由里子さんに注目して拝見しました。 そして二度目は松坂桃李さんが映画「新聞記者」に出られてから、彼に注目して拝見しました。 まず改めて考えるとキャストがすごくいいですよね。 前述の2名に、演技派の松山ケンイチさんや木村多江さんも出演されています。 みなさん演技がすばらしくて全く違和感なく、映画の世界にのめり込めます。 最近話題になった清野菜名さんも出演されています。 かわいかったなあ。 肝心の映画の内容ですが、思わず叫びそうになってしまうほどわたしには恐怖の連続でした。 こういう心理に訴えるホラーというかスリラーこそジャパニーズホラーの神髄ですね。 予備知識があまりない状態でキャストだけで映画を拝見したのですが、沼田まほかるさんの小説が原作とのことでこの伏線と回収の見事な連続もなるほどと納得致しました。 松坂桃李さん、実は1度目の映画鑑賞のときは最近増えたただのアイドル俳優という認識しかありませんでした。 失礼ながら。 先入観は人の目を濁らせるなあと反省致しました。 新聞記者を背景して、骨のある役者さんだなあと感心して改めて2度目の鑑賞をしたのですが、素晴らしい表現をされていてこれは注目に値する役者さんであると感心致しました。 主演の女優さんの大ファンであり、私の憧れの存在です。 私は以前から吉高さんの演技に魅了され、女優になるのが夢です。 この作品は1人で見るのが不安だったので、友人を誘ったのですが、怖いから、という理由で断固拒否されてしまい、母親と一緒に見に行きました。 サスペンス系は私は好き嫌いが分かれるのですが、この映画だけは特別で見ていてとても切なくなりましたが、クライマックスにが近づいていくうちに主人公の気持ちに共感を覚えました。 映画を見に行く時に母とどんな結末になるかお互い予想していたのですが、まさかそんなことが、と驚きましたし、暫く愕然としてしまいました。 しかし、見なきゃよかった、と後悔はなく寧ろもっともっと女優さんが出演している作品をみたくなりました。 後日、友人に怖くなかったよ、と話したところ興味を示してくれました。 なのでもう一度勇気を出して誘うと見に行く、と言ってくれました。 私は個人的に何回見ても飽きないし、作品の世界観に虜になっていたので難なく見ていましたが、友人も意外な結末には大変驚いている様子でした。 ですが、見終わって帰る道中誘ってくれてありがとう。 この間は見ない、って言ってごめんね、と謝ってきました。 今となってはこの作品のお陰かな、とは思います。 レストランのオーナーである青年とその婚約者の穏やかで幸せなシーンから始まり、のんびりとした気持ちで見始めましたが展開が早く、婚約者が突然失踪してしまいます。 この先どうなっていくのか気になります。 青年はその後父の部屋で表紙に「ユリゴコロ」と書かれたノートを発見します。 なぜそんなノートが父の部屋にあるのだろう?と疑問に思いながら話がすすみます。 殺人鬼の手記は理解できないですが、気になってしまい中断しては読みに行ってしまう青年。 幼少期や少女のときの残酷さ、怖くて目をそむけたくなりますが、目が離せませんでした。 ユリゴコロって何だろう?途中途中で何かに例えられるユリゴコロについて考えさせられました。 友人のみつことのシーンは短いですが、彼女の子供のような表情がかわいらしく印象的でした。 殺人鬼であるみさこを応援したくなってしまう場面もありました。 徐々に明らかになっていく登場人物それぞれの関係性と先が読めない展開に思わずはらはらしました。 何気なくみていたシーンも後の展開につながっていて、驚くことの連続でした。 残酷なシーンもあり、最初はホラー映画かと思ってしまいましたが、登場人物たちが魅力的で、こんな愛のかたちがあるんだと考えさせられました。 心に残る映画でした。 冒頭の何気ないワンシーンから始まり、全体的に不協和音や違和感のようなものが感じられ、不思議と引き込まれた作品です。 特に、吉高由里子さん演じる女性の物語には、あまりにも痛く苦しく目を背けたくなるような描写が多いのにも関わらず、どこか美しさが漂う演出が印象的でした。 彼女の言動には共感出来ないからこそ、何をどう感じどんな人と出逢い生きていくのか、怖いもの見たさにも似た感覚で興味をそそり、松坂桃李さん演じる男性と同様に目が離せなくなります。 何と言っても、吉高由里子さん。 彼女のあのような表情は見た事がなく、思いがけず衝撃を受けました。 絶妙な表情の変化から、彼女の内側で湧き上がる何かが伝わってくるようで、ゾクゾクする瞬間が何度もありました。 そして、物語中盤くらいからでしょうか。 全く共感出来なかったはずの彼女に対して、情のようなものを感じている自分に気付きます。 どうか救われて欲しい、穏やかに暮らして欲しい…どこか他人事のように眺めていた彼女の物語が、実は他人事ではなく、自分自身の物語のように感じ始めた時、思わずハッとしました。 私のユリゴコロは?と。 愛とか情とか、そんなひと言ではとても表現出来ない、不可解な「ユリゴコロ」を、繊細な会話と表情、そして巧みな映像で見事に描いた作品だと感じました。 Advertisement• 2020. 23 2020年10月9日 金 より公開映画『東京リベンジャーズ』。 原作は和久井健による漫画。 週刊少年マガジンで連載中で累計発行部数300万部を突破する人気[…]• 2020. 21 『Diner ダイナー 』は平山夢明による小説が原作となっており、2013年にラジオドラマ化、2017年から漫画化され、2019年に映画化。 蜷川実花監[…]• 2020. 17 1988年公開映画『となりのトトロ』は、スタジオジブリ制作、宮崎駿監督作品の長編アニメーション。 昭和30年代前半の埼玉県所沢市を舞台にした不朽の名作[…]• 2020. 14 『鬼滅の刃』は、2016年の11号より「週刊少年ジャンプ」で連載がスタートしました。 漫画で大ヒットしたこちらは、アニメ化もされており、子供から大人まで[…]• 2020. 15 映画やドラマ、アニメなど高画質で見放題できる動画配信サービス【Hulu】 こちらの記事では、【Hulu】の特徴や登録方法の手順についてご紹介します! […]• 2020. 13 2021年のゴールデンウイークに公開が延期された2作連続で公開される佐藤健主演映画『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginnin[…]• 2020. 26 日本で2019年に公開された映画『COLD WAR あの歌、2つの心』。 第91回アカデミー賞《監督賞・撮影賞・外国語映画賞》の3部門にノミネート、第7[…]• 2020. 08 貫井徳郎のミステリー小説『愚行録』が妻夫木聡・満島ひかりの共演で映画化。 こちらでは、映画『愚行録』の無料動画をDailymotionやPandora[…]• 2020. 11 将棋を題材にした作者・羽海野チカによる漫画が2016年~2018年まで放送されていたアニメ。 将棋の描写もさることながら複雑な家庭環境で育った主人公の[…]• 2020. 18 芥川賞作家・平野啓一郎の「マチネの終わりに」を原作に福山雅治主演で2019年に映画化され、相手役の石田ゆり子とは初共演作品になります。 物語は、東京・[…].

次の

ここがオトク!ユリゴコロの動画を無料で見れる配信サービスは?ネタバレやあらすじを感想も紹介!

ユリゴコロ 動画

U-NEXTをすでに利用したことがある人はTSUTAYA TVがおすすめ 過去にU-NEXTを利用したことがある人は、 TSUTAYA TVがおすすめです。 おすすめの理由は、• 30日間(約1ヶ月間)も無料体験期間がある• 登録時1080円分のポイントがもらえ、有料作品もすぐに見れる• 毎月1080円分のポイントがもらえる• DVDレンタルが月に8本利用できる こういった特徴があるところです。 月額料金は2,417円と少し高めですが、まだオンライン配信されていない新作やDVDでしか見ることができないジブリ作品などをレンタルすることが可能です。 TSUTAYATVも30日間の無料お試し期間があるので、U-NEXTをすでに利用したことがある人はTSUTAYA TVをおすすめします。 「ユリゴコロ」を観た人の感想 実際に「ユリゴコロ」を観た人の感想をTwitterで調べてみました。 ユリゴコロ ヒューマンドラマよりのサイコサスペンス 父の書斎で見つけた殺人鬼の手記 過去のモノローグと現代が絡み合う 血糊の量は多いと思うけどそこまでグロくなかった気がする(耐性?) 声が小さくて音量上げたら効果音がデカすぎてw 中盤まではダラダラと話が進むが伏線回収し出すと面白い — 鬼童丸 常闇の語り部 Mad8068 ユリゴコロっていう映画見たんやけど、くっそ泣いた。 グロいけどめちゃめちゃ泣いた。 まじ、吉高由里子さん美人すぎる、泣いた。 と言う声も多いですね! 美しき殺人者を追っていくミステリーにドキドキが止まりませんよ! フィッシング広告やウイルス感染してしまってからでは遅い!U-NEXTなどきちんとした方法で無料で見る方法があるので、違法動画は見ないようにしましょう。 「ユリゴコロ」と合わせて見たい映画 吉高由里子 出演作• GANTZ PERFECT ANSWER• 僕等がいた• 横道世之介• 真夏の方程式 幅広く役をこなす吉高さん。 「横道世之介」では素直なかわいい女の子を演じています。 吉高さんならではの透明感が溢れる演技に惚れ惚れしちゃいました! 松坂桃李 出演作• 居眠り磐音• ツナグ 映画「ツナグ」では松坂のあの素敵な低音ボイスがとても巧みに使われている印象です。 声も素敵な松坂さんの優しさに包まれる「ツナグ」を是非一度ご覧ください! タグ 綾瀬はるか 坂口健太郎 本田翼 北村一輝 中尾明慶 石橋杏奈 柄本明 桐谷美玲 山崎賢人 福田彩乃 我妻三輪子 高橋メアリージュン 吉高由里子 高良健吾 ARATA 井浦新 あびる優 ソニン 永野芽郁 三浦翔平 白浜亜嵐 山本舞香 小野寺晃良 室井響 小山莉奈 大幡しえり 西田尚美 佐藤隆太 中井貴一 ディーン・フジオカ 石田ゆり子 小池栄子 斉藤由貴 吉田羊 田中圭 菅田将暉 志尊淳 竹内涼真 岡山天音 野村周平 萩原利久 千葉雄大 間宮祥太朗 木村了 吉田鋼太郎 福士蒼汰 小松菜奈 山田裕貴 清原果耶 東出昌大 満島ひかり 遠藤雅 重岡大毅 上白石萌音 小栗旬 宮沢りえ 沢尻エリカ 二階堂ふみ 成田凌 瀬戸康史 藤原竜也 松山ケンイチ 香椎由宇 黒木メイサ 桐谷健太 上地雄輔 山田孝之 高岡蒼甫 柴咲コウ 向井理 藤ヶ谷太輔 水原希子 窪田正孝 清水富美加 鈴木伸之 蒼井優 山﨑賢人 神木隆之介 岡田将生 新田真剣佑 安達祐実 淵上泰史 広瀬すず 松岡茉優 佐野玲於 中川大志 高杉真宙 横浜流星 やべきょうすけ 大東俊介 竹内力 川島なお美 戸田恵梨香 加瀬亮 栗山千明 大島優子 役所広司 松坂桃李 真木よう子 滝藤賢一 中村倫也 竹野内豊 堺雅人 高畑充希 堤真一 安藤サクラ ムロツヨシ 要潤 國村隼 市原隼人 小出恵介 城田優 佐藤健 福田沙紀 でんでん 岡田浩暉 松澤一之 載寧龍二 有村架純 麿赤兒 三浦貴大 大原櫻子 小島可奈子 いしだ壱成 佐藤藍子 染谷将太 醍醐虎汰朗 森七菜 倍賞千恵子 平泉成 梶裕貴 土屋太鳳 片寄涼太 草川拓弥 杉野遥亮 橋本環奈 新井浩文 吉沢亮 笠原秀幸 賀来賢人 佐藤二朗 内田有紀 田辺誠一 綾野剛 玉山鉄二 川栄李奈 宮野真守 花澤香菜 松たか子 柳英里紗 渋川清彦 河井青葉 黒田大輔 日南響子 青木崇高 麻美ゆま 平間美貴 星野あかり 七海なな 忽那汐里 平祐奈 森口彩乃 佐々木心音 山田愛奈 忍成修吾 森岡龍 佐藤ありさ 入江甚儀 黒島結菜 小篠恵奈 松尾薫 浅野忠信 上戸彩 斎藤工 伊藤歩 平山浩行 藤山直美 岸部一徳 大楠道代 石橋蓮司 中条あやみ 山崎紘菜 真剣佑 天海祐希 上野樹里 玉木宏 瑛太 水川あさみ 藤本泉 新川優愛 小柳友 黒川芽以 天衣織女 鈴木晋介 芳根京子 小島梨里杏 戸塚純貴 水谷果穂 渡辺真起子 矢本悠馬 森永悠希 宮藤官九郎 リリー・フランキー 村川絵梨 林遣都 安藤政信 落合モトキ カトウシンスケ 藤崎里菜 間宮夕貴 髙橋里恩 ヤン・イクチュン 木下あかり ユースケ・サンタマリア 木村多江 高橋和也 香川照之 山本太郎 岩田光央 佐々木望 大友克洋 多部未華子 木村文乃 森川葵 北村匠海 佐藤寛太 浅川梨奈 遠藤章造 温水洋一 中島ひろ子 片瀬那奈 マギー 上原さくら 新海誠 竹中直人 小島聖 伊勢谷友介 金子ノブアキ 宮崎あおい 濱田岳 奥田瑛二 清原翔 福原遥 江野沢愛美 笠松将 新垣結衣 吹石一恵 土屋アンナ 高嶋政宏 倉科カナ 佐々木蔵之介 伊藤英明 豊川悦司 志田未来 芦名星 渡部篤郎 入野自由 茅野愛衣 戸松遥 櫻井孝宏 早見沙織 西島秀俊 池松壮亮 伊藤淳史 坂桃李 ビートたけし 葉山奨之 堀井新太 川口春奈 松尾太陽 上杉柊平 国生さゆり 長谷川博己 石原さとみ 松田翔太 前田敦子 前野朋哉 妻夫木聡 檀れい 国仲涼子 池脇千鶴 岩田剛典 杉咲花 須賀健太 大政絢 唐田えりか 山下リオ 伊藤沙莉 黒木華 夏帆 笑福亭鶴瓶 岡本杏理 山本美月 永山絢斗 田畑智子 広瀬アリス 小島藤子 貫地谷しほり 本郷奏多 miwa 市原悦子 柳ゆり菜 津川雅彦 墨田ユキ 長澤まさみ 渡辺謙 森山未來 ピエール瀧 原日出子 阿部サダヲ 渡辺奈緒子 佐津川愛美 山本浩司 光石研 伊野尾慧 本仮屋ユイカ 大沢たかお 松嶋菜々子 板谷由夏 村上淳 高岡早紀 川谷修士 加藤諒.

次の