浅草 本屋。 BOOK AND BED TOKYO浅草店:本とビールのホテル

上野の大きい・おすすめの本屋10選|営業時間は?大型書店も!

浅草 本屋

靴の丸善 浅草 〒111-0033 東京都台東区花川戸1丁目2-4 東京メトロ銀座線・都営地下鉄浅草線・東武鉄道 「浅草駅」下車すぐ。 13,500足の圧倒的な品揃え!! 1階から4階まで全て靴売り場となっています。 メイド・イン・ジャパンの安心で信頼が持てる靴を沢山の中からお選びいただくことができます。 Shoes shop Maruzen 〒111-0033 1-chome 2-4, Hanakawado, Taito-ku, Tokyo Tokyo Metro Ginza Line, Tokyo municipal subway Asakusa line and Tobu Railway "Asakusa station" getting off, immediately. 13,500 pairs pf overwhelming assortment of goods. It becomes all the shoes section from the first floor to the fourth floor. I can have you choose the shoes with trust from a lot for relief of the maid in Japan. 鞋的丸善淺草 邮编:111-0033 东京都台东区花川户1-2-4 东京地铁银座线、都营地下铁浅草线、东武铁道「浅草站」下车即到。 东京都内最大鞋类商店。 各种鞋类多达13500双! 商场一楼到四楼品牌齐全应有尽有。 日本制造质量可靠请放心选购。 靴の丸善 浅草はどうして安く販売できるの? もともと浅草の靴問屋だったノウハウを活かし、格安価格を実現!メーカー直仕入の特別なルートが強みで、仕入れ先に対しても、支払いは全額現金。 不当返品も一切いたしておりません。 そのため、商品を安くわけてもらっています。 その安くわけてもらった商品を、当社で利益を薄くして販売しておりますので安くお客様に提供できるのです。 古い商品を安く売っている店とは、ちょっと違うのです。 丸善の靴は新鮮で安いのです。 Report:靴の丸善 浅草の理念 「お客様に喜んでもらう経営」 … 靴の販売仕事を通じて 世の中に貢献する。 流通経路を短縮し、安く販売することにより販売先(消費者)に喜んでもらう。 そのために常に創意工夫をする。 靴の販売・仕事を通じて世の中に貢献する。 合わせて、人間性を向上させ、立派な社会人となり幸せな人生を送る。 立派な会社人=立派な社会人。 会社、従業員の物心両面の幸せの追求。

次の

上野の大きい・おすすめの本屋10選|営業時間は?大型書店も!

浅草 本屋

泊まれる本屋「Book and Bed Tokyo 浅草」は女性の一人旅におすすめ 今までカプセルホテルやホステルに一度も泊まったことがなかったので、女性ひとりでは少し危ないのだろうか・・・と不安でしたが、全然危ないことはありませんでした。 むしろおしゃれな雰囲気できれいなので、女性ひとりの宿泊におすすめだと感じました。 泊まれる本屋「Book and Bed Tokyo 浅草」が女性一人旅におすすめの理由をご紹介します。 女性におすすめな理由1:泊まれる本屋はおしゃれでキレイ&安い 内装がおしゃれでテンションが上がります! そして費用が安い! わたしは平日に泊まりましたが、 セミダブルサイズのベッドで1泊2,682円(税込み)でした。 この値段で泊まれるなんて、十分すぎる! 寝るスペースもキレイだし、布団やまくら、シーツなども清潔でした。 シーツもクリーニングのいい香り! 入り口の作りが不思議で、最初ここが受付とは思いませんでした。 なんかこの非日常な感じ、もうワクワクしちゃいましたね。 キレイでおしゃれな空間というのはかなりのおすすめポイントでした。 女性におすすめな理由2:静かでプライバシーも守られる空間 宿を探しているときにホステルやゲストハウスはたくさん出てきたのですが、なんだか外国人観光客と楽しそうに肩を組んでいる写真が多くて・・・不安。 一人で静かにぼーっとするのが目的の旅だったので、本を読むためのホステルなら静かだろうと予想して泊まれる本屋に決めました。 結果は大正解! とても静かで快適でした。 チェックイン時に「耳栓をお渡ししておきますか?」と聞いてくれます。 わたしはこだわりの遮音性バツグンのMOLDEXの耳栓を持参していったのですが、寝ている間に他の人の声や物音で目が覚めることは一度もなくて、最高でした。 個室のスペースはカーテンで仕切られていますので、プライバシーも守られています。 女性におすすめな理由3:女性客・女性スタッフも多い わたしが泊まった「Book and Bed Tokyo 浅草」では夜も翌朝もそれぞれ女性スタッフの方がいて、なんとなく安心しました。 男性スタッフの方も、みんなとてもカジュアルな雰囲気で、話かけやすい感じだったのがよかったです。 でも向こうから話しかけてくることはないのがありがたい。 あと女性のお客さんも多かったです。 浅草なので外国人も多いですが、日本人の女性客もいましたし、就活中の学生さんのような方もいました。 いろんな人がいろんな目的で泊まってる感じだったので、「ひとりで大丈夫かな?」と気にする必要はまったくありませんでしたね! 女性におすすめな理由4:浅草のひとり観光が楽しい 泊まれる本屋「Book and Bed Tokyo」は東京に3店舗あります。 池袋、新宿、そして浅草。 気分転換が今回の目的でもあったので、浅草は観光客や外国人がたくさんいてなんだか楽しそうだな~と思い選びました。 実際歩いているといろんな国の言葉が飛び交っていて、日本語があまり耳に入らないほど! もう自分も外国に旅行にきた気分になりましたね。 まさに非日常で最高の気分転換になりました。 浅草観光のレポートはのちほどくわしく。 「COMPACT」:シングルベッドサイズ• 「STANDARD」:セミダブルサイズ• 「DOUBLE」:キングサイズ わたしはセミダブルサイズのSTANDARDにしましたが、部屋の中で座って着替えができるし、リュックはベッドの横に置けるし、十分な広さでした。 天井が低くて、なにも物がなくて、まるで押入れで寝ているようなワクワク感がたまらない。 寝転がってこの天井をみながら、部屋に入ってしばらく楽しすぎてひとりでニヤニヤしていました。 共有スペースがあるけど、部屋着でいいの? 共有スペースに広々したソファがあって、そこで寝転がって本が読めるんですね。 あとシャワーや洗面エリアも共有なので、パジャマでうろうろすることになります。 でもみんな本当のパジャマで歩いていたので大丈夫でした笑 では、わたしの1泊2日浅草ひとり旅のプランをご紹介しますね。 雷門のライトアップ 「Book and Bed Tokyo 浅草」は、浅草寺の雷門のすぐそばにあるんです。 宿に向かおうと駅を出るとすぐに、ライトアップされた雷門!! 夜見ると迫力があって、見ごたえありますね! 観光客に混ざって、富士そばで夕食 富士そばって好きなんですけど、ひとりではなかなか入る勇気がないというか、少し入りづらい。 そういう普段だったら行けないけど本当は行きたいお店に行くのが一人旅の醍醐味だと思ってます。 雷門のとおりにある富士そばを通りかかると外国人観光客が入っていくところだったので、いそいそとあとについて入りました笑 観光地なら富士そばも入りやすいね~ 肉富士という肉そば、美味しかったです。 ミニカツ丼もいきたくなるわ~。 翌朝:デニーズでモーニング ファミレスもあまり行ったことがなくて、自分的に行ってみたいお店だったのでデニーズで朝ごはんを。 これで590円とは、感動ですね。 ドリンクバーのコーヒーがセブンイレブンのコーヒーなのもすごい!おいしいし、飲み放題か~!! 紅茶なんかも飲んで1時間くらい、日記をか書きつつのんびりしました。 いざ!浅草寺までの仲見世通り いよいよ浅草寺に向かいます。 芋ようかんで人気の舟和のカフェがあったり、人形焼のいい香りがしたり、誘惑がいっぱいで楽しいです。 こういうお土産とかキーホルダーとか、「ムダなものはいらない」主義だった学生時代はまったく楽しめなかったんですが。 今は好きなものにふれる時間を大切にしたいという考えに変わりました。 メインの建物?以外にもいくつかなんとか如来というのが祀ってあるところがあって、一周してみました。 おみくじのカラフルな布?がキレイだな~とか、ひとつひとつそういう目に入る物をぼーっと味わいながら歩いてみると、心が落ち着く感じがします。 海鮮丼ランチ 平日限定ランチ950円!という看板に誘われてふらりと。 味は、、普通かな笑 寿司屋のみそしるってなんでこう、味わい深いのでしょうね。 うまい。 落ち着く。 日本人最高! あとは通りをふらふら歩いてお土産をみたりしながら、でも何も買わずに駅にたどり着いて帰りました。 街歩きをしたのは2時間半くらいで、のんびり自分の好きな方向へ歩き、好きなだけ写真を撮って、ただただ自分の気が向くままにふら~っと歩くのが楽しかったです。 だれかといると、その人の入りたいお店やお腹が減ったタイミングなどにある程度合わせることになりますけど、一人だとぜ~んぶ自分のタイミングでいいので、それだけでも随分非日常感があってリフレッシュできました。 まとめ|ひとりの時間が欲しくなったら泊まれる本屋へどうぞ 以上、泊まれる本屋浅草に泊まってみた&浅草ひとり旅のお話をしてきました。 家にいるとどうしても、家のことを考えてしまいます。 目についたものからいろいろ連想して、ぐるぐると思考がまわってしまって疲れたり。 泊まれる本屋の寝るスペースは目に入るものが天井だけなので、なんにも考えずぼーっとできて、気づけば眠っているという感じでかなり脳がリラックスしました。

次の

【女一人で浅草旅】泊まれる本屋「Book and Bed Tokyo 浅草」レビュー&浅草観光記

浅草 本屋

お客様にはご迷惑をお掛け致しますが、ご理解賜りますようお願い申し上げます。 詳細については各店舗にお問合せください。 2020. 2020. 2020. 01 LINE 友だち募集中! キャンペーン情報やおトクなクーポンなどをお届けいたします。 2020. 2020. 11 2019. 2019. 2018. 2017. 2017.

次の