寝る 前 ハーブ ティー。 ハーブティーに安眠効果がある?寝る前にはノンカフェインのカモミールがおすすめ

寝る前にローズマリーは厳禁?!快眠にオススメのアロマもご紹介

寝る 前 ハーブ ティー

もくじ• 夜に飲むとよく眠れるハーブティーの成分とは? 夜に布団に入っているのになかなか眠れない原因。 それは、ストレスのほかにも胃もたれ、風邪などの体調不良で眠れないなど寝付けない理由も色々なものがあります。 夜しっかりと眠りをとるためには、一日活動していた体を寝る前にリラックスさせることが大切です。 お茶を飲みながら神経を落ち着かせて、ゆったりとしたリラックスタイムを作るのが理想。 通常、人は寝るときに血圧や深部温度(体の内部の温度)が下がり、体全体が休む態勢になります。 つまり、この 深部温度が下がりやすくなることで眠りやすくなるのです。 深部温度を下げるには、寝る前のぬるめの入浴が最適です。 体の血行をよくして、一時的に体温を上げ、その後下がっていきます。 お風呂に入って、布団に入った時に手足がポカポカ温かくなるのは、体の中の熱を冷やして寝る準備をしているからです。 入浴が難しい場合は、 血行促進効果のあるハーブティーを飲むのもおススメ。 このように寝る前にリラックスタイムを作ることや血行を良くして、深部体温を下げることでよく眠れるようになります。 夜に飲むとよく眠れるハーブティーは• 選んだポイント・効果効能 レモングラスに含まれる香りの成分がストレスを和らげてリラックス効果をもたらします。 食欲不振や胃もたれに効果があり、これを緩和してくれます• 副作用 妊娠中の大量摂取は子宮出血などを誘発する可能性があるため、妊娠している人は控えましょう。 レモングラスはイネ科植物であるため、イネ科アレルギーのある人は飲むの避けましょう。 夜に飲むとよく眠れるおすすめハーブティーの効果的な飲み方 よく眠れるようになるハーブティーは、寝る前に飲むのがよいです。 寝る直前にがぶ飲みするのではなく、 寝る一時間くらい前に快適に寝るためにスマホやPCの操作をやめてゆっくりとしたリラックスタイムをつくり、そのタイミングに飲みます。 冷たいものよりは 温かいものを飲むとよりリラックスできるのでおすすめです。 夜に飲むとよく眠れるハーブティーのオススメブレンド 夜に飲むとよく眠れるおすすめブレンドティーを紹介します。 シングルでも効果を発揮しますが、ブレンドすることで飲みやすくなります。 また、相乗効果を得られるので、自分の好みのブレンドを見つけてみてください。 はちみつを入れると甘みが増して飲みやすくなります。 カミツレの甘みがパッションフラワーの渋みを緩和してくれるので飲みやすくなります。 まとめ• なかなか眠れない原因には、ストレスや胃もたれ、風邪などの体調不良がある• 一日活動していた体を寝る前にリラックスさせることが大切• 入浴や血行をよくすることで深部温度が下がりやすくなり眠りやすくなる• リラックス作用、血行促進作用、発汗作用を持つものが有効• 胃もたれによる不調場合は、消化促進作用のあるものも有効• は、リラックス作用・発汗作用があり、胃もたれがある場合も緩和してくれる• は、心を落ちつかせてくれ、風邪気味の時にも効果的• は、不安を和らげてくれる• は、リラックス効果のほか身体のこわばりをほぐしてくれる• は、さわやかな香りがストレスを和らげてくれる• 寝る一時間前にリラックスタイムを作り、その時間にハーブティーを一杯ゆっくりと飲む 夜になかなか眠れない少し落ち着いてハーブティーを飲みながら一息ついて、リラックスしてみましょう。 ここで紹介したハーブティーは、リラックス作用のあるものが多いものばかり。 自分に合ったハーブティーを見つけて寝る前のリラックスタイムを楽しんでみてください。

次の

優雅なお茶の習慣がつく!?オーガニックハーブティーの癒し効果

寝る 前 ハーブ ティー

この記事はこんな人におすすめ• ローズマリーティーを寝る前に飲んでもいいの?• ローズマリーティーを飲むと眠くなる?それとも目が覚める?• ローズマリーティーで睡眠不足は解消できる? 香りが良く、飲むと自然と心が落ち着くローズマリーティー。 一日の締めくくりに飲みたいハーブティーのひとつですよね。 ですが、 寝る前に飲んでも本当に大丈夫なの?目が覚めたりしない? など、色々と気になりますよね。 ローズマリーティーは、7つの効能であなたの眠りの質を良くしてくれます。 私が試したところ、ローズマリーティーで目が覚めやすくなることはなかったので、ご安心ください。 今回の記事では、 「ローズマリーティーがあなたの眠りを助ける7つの理由」、そして 「より効果を強めるためのブレンドレシピ3つ」をご紹介していきます。 目次 1.ローズマリーティーが寝る前に必要な理由 そもそもなぜ、ローズマリーティーを寝る前に飲む必要があるのだと思いますか? その答えは、 「質の良い眠り」を自然に得ることは難しいから です。 現代では、普通に寝ているつもりでも、いつの間にか「不眠症」に陥ってしまう人が急増しています。 10人に3人が睡眠障害 ある研究によると、 世界の人口の約3割が、慢性的な不眠症の状態にあるのだそうです。 日本国内の調査だと、 成人の約2割に「不眠症の疑いがある」とされていて、 そのうち6割が「自覚がない」ということが分かっています。 さらに、 不眠になると、日中の活動のパフォーマンスが約3割低下するとのことです。 他にも、不眠が引き起こすダメージはたくさんあります。 あなたは大丈夫?4つの不眠チェック• 布団に入っても30分以内に寝付けない• 午前中にあくびが出る• お酒やタバコが習慣になっている• 更年期障害である 私は、たまにお酒を飲みますし、週に3~4日は午前中にあくびが出ます。 30分以内に寝付けない日もちらほらあるような・・・ あなたはどうでしたか? 不眠症が重症化する前に、ローズマリーティーを使って不眠を解消しましょう。 2.ローズマリーティーが不眠に効く理由7つ ローズマリーティーを寝る前に飲むことは、• アロマセラピー• 自然の睡眠薬を飲む• ストレスの解消 の3つを同時に行えるお得な方法でもあります。 ローズマリーティーが不眠に有効に働く具体的な理由7つを見ていきましょう。 1.「ストレスで眠れない」を解消 昼間に受けるあらゆるストレスは、細胞にダメージを与え、不眠の原因を作りだします。 ストレスを受けると、 1. 細胞にダメージを与える という悪循環が生まれます。 ローズマリーティーはこの悪循環のうち、 「2. フリーラジカルの発生」をなかったことにしてくれます。 つまり、細胞がダメージを受ける前に阻止してくれるのです。 ある研究では、ローズマリーの葉の抽出物が、フリーラジカルを消去する作用を持つことが明らかになっています。 フリーラジカルの消去作用は、老化現象に打ち勝つのにも役立つのでうれしいですね。 ローズマリーティーの若返り効果について知りたい方は、こちらの記事もおすすめです。 2.「不安で眠れない」を解消 眠れない原因で一番多いのは、「不安が止まらなくなる」ことではないでしょうか。 「うまくいかなかったらどうしよう」 「このまま人生が終わってしまったらどうしよう」 「ひとりになったらどうしよう」 など、夜になったとたんに色々なことが不安になってしまうんですよね。 不安に飲み込まれそうになった時には、ローズマリーティーに助けを借りましょう。 2017年のマウスを用いた研究では、ローズマリーのエッセンシャルオイルを吸入したマウスのドーパミンレベルが上昇し、ストレスに対抗する力が強くなりました。 ドーパミンは、快の感情や意欲を出すための物質です。 ドーパミンの分泌を促してくれるローズマリーティーは、暗く沈みがちな気分を立て直すのにきっと役立つはずです。 ちなみにローズマリーのエッセンシャルオイルは、ローズマリーティーの香りをかぎながら飲むと、効率的に体内に取り込むことができます。 3.「張り詰めた神経」をゆるめる 不安やイライラを感じていると、筋肉が縮こまり、神経が緊張した状態になります。 緊張して力が入っていては、どうがんばっても心地よい眠りにつくことはできません。 ローズマリーティーに含まれる成分には、緊張した神経組織に入り込み、ゆるませる作用があります。 実際にローズマリーティーを飲むと、5分ほどで体の力がすーっと抜ける感覚があります。 このローズマリーティーの作用は、 心臓がドキドキして眠れない時にも有効です。 4.「痛くて眠れない」を解消 背中が痛くて眠れない、または、生理痛がひどくて眠れないという日には、ローズマリーティーの鎮痛作用が役立ちます。 痛みは細胞の炎症やけいれんによって起こります。 ローズマリーティーには「抗炎症作用」「抗けいれん作用」があり、痛みの原因となる炎症やけいれんを鎮めてくれます。 歯がズキズキして眠れない時には、ローズマリーに少量のクローブを混ぜて飲むと、局所麻酔になって良いですよ。 5.「鼻がつまって眠れない」を解消• 鼻づまりがひどくて眠れない• 咳が止まらない• 痰がつまっていて呼吸がしづらい• 息をするとゼーゼーする という時に役立つのは、ローズマリーティーの「去痰(きょたん)作用」です。 ローズマリーティーは、鼻や喉の奥につまっている粘液を動かし、排出するのを助けてくれます。 また、気道の筋肉をゆるめ、呼吸の通り道を広げる作用もあります。 この作用は、ローズマリーにリコリスかタイムをブレンドすると、さらに効果を強めることができます。 6.「吐き気がして眠れない」を解消 眠れない原因として意外と多いのは 「胃もたれ」「胸やけ」「吐き気」です。 横になると胃液が上がってくるので、余計に辛いですよね。 寝る前に「胃がなんだかおかしいな」と感じる時には、そのままベッドに横になると吐き気が襲ってくることもあります。 30分ほど時間を取って、ローズマリーティーを飲んでみましょう。 ローズマリーティーには消化を促進する作用があるので、胃もたれを解消し、吐き気を事前に止めてくれる効果があります。 胃もたれの症状がひどい時には、ローズマリーにジンジャー(しょうが)をブレンドしてみてください。 消化促進、吐き気止めの効果を強めることができます。 7.「疲れているのに眠れない」を解消 不眠症が長く続いていると、次第に体力が回復できなくなります。 疲れているのに眠れない というのは、不眠症の症状の中でも一番深刻ですよね。 ローズマリーティーには、体に活力を与える成分が含まれています。 寝る前にローズマリーティーの成分を体内に取り込んでおくと、寝ている間の疲労回復のスピードを早めるのに役立ちます。 3.寝る前のローズマリーティー 効果的な飲み方 ローズマリーティーはノンカフェインなので、眠る直前まで飲むことができます。 しかしながら、気になるのがローズマリーティーの「利尿作用」です。 せっかく眠りについても、トイレに起きてしまっては意味がありません。 そこでおすすめなのは、次のような飲み方です。 ローズマリーティーを飲んだ後に軽くストレッチをすると、余分な水分を早く排出することができます。 ストレッチのあとにはリンパを軽くさすり、老廃物の排出を助けましょう。 考えてみると、私がトイレに起きなかった日は、ローズマリーティーを飲んだ後にストレッチかヨガをしていた、というパターンが多いことに気がつきました。 ストレッチは上半身ではなく、下半身、特に内もを中心によく伸ばす方が、余分な水分が出やすくなります。 4.寝る前に飲みたい!ローズマリーのティーブレンドレシピ3つ 質の良い眠りへと誘う、ローズマリーを使ったハーブブレンド3つをご紹介します。 抗うつ効果・リラックス効果が強力なレモンバーム、レモンバーベナを合わせました。 こちらも即効性があり、味も良いです。 神経細胞に栄養を与え、強くします。 少々のストレスでは応えない、強い心を作ります。 どんな味? レモンの香り/甘み/まろやか/とても飲みやすい 5.さいごに 眠れない時には、 「まずは不眠の原因になっているストレスをなんとかしないと!」 とは思わなくても大丈夫です。 まずはよく眠れるようになって、あなたの体と心が回復することが大事です。 不眠の原因に対処するのは、その後で良いので、焦らず不眠に対処してきましょう。 不安やストレスが慢性化している場合には、穏やかなローズマリーティーでは効き目が薄いと感じることもあるかもしれません。 そんな時には、ローズマリーティーにプラスして、次のようなことを試してみてください。 ふわふわの質の良いタオルを枕に巻いてみる• 布団を日干ししてみる 何のひねりもない方法ですが、肌触りを良くしておくことは、思いのほか効果があります。 さらに私がよくやるのは、視覚から情報を入れて、気持ちを切り替える方法です。 将来行ってみたい場所(国)の写真をインターネットで検索して眺めてみる• 「きれいな景色」と検索して出てきた画像を眺めてみる 私は視覚から情報を受け取るのが得意な方なのか、上のような方法が効果があります。 耳の敏感な方は、イヤホンをしてリラックス音楽を聴くのも良いと思います。 ローズマリーティー以外にも、使えるものは何でも積極的に試していって、お気に入りの不眠解消法を見つけていきましょう。 さっそく今夜、ローズマリーティーを試してみてください。 私も今夜ローズマリーティーを飲んで眠ります。 お互い、良い眠りにつけるといいですね。 こちらの記事もお すすめです.

次の

眠りの質を上げるなら寝酒よりもハーブティーを取り入れよう

寝る 前 ハーブ ティー

Suyattoの口コミ 飲んで寝ると身体がいつもより温かく、朝目覚めた時に身体が変に固くなっていない時も。 ストレートで25mlをスーッと飲んでいます。 身体が温かくなり、気分がゆったり、肩の力が落ちた気がしてとてもいい気分です。 質が変わったのか、日中ボーッとすることやダルさがなくなった様に思いました。 身体が冷えることなくリラックスもできるので、布団に入ると覚えているのは5分位で…。 なかなか寝付けずスマホをいじってしまうことも減り、とても嬉しいです。 お風呂あがりのぽかぽかが持続しやすくなりリラックスできました。 ハーブティーの睡眠への影響 ハーブティーは、薬草などの薬効成分のある植物を乾燥させて作られたものです。 冷え性、便秘、疲労回復や花粉症等にも、様々な効果が期待でき、手軽に飲む事ができます。 入眠時には副交感神経が働いている事で寝つきが良くなりますが、ハーブティーはこの副交感神経の働きを良くする事でも知られています。 )寝る前に飲む飲み物としても最適だと言えます。 リラックスできる香りで自分なりの入眠儀式とされてみてはいかがでしょうか? 睡眠に効果のあるハーブティー ハーブティーの種類は実に様々。 1種類の茶葉で作られたハーブティーもあれば、複数の茶葉をブレンドしたハーブティーもあります。 カモミール キク科の植物のカモミールは その花の部分がハーブティーとして使われています。 就寝前に飲み続ける事で、ストレスを解消し、精神をゆったりと落ち着けて、不眠緩和に効果的だといえます。 ラベンダー 香りの高い花として知られるラベンダーも、カモミールと同じく花の部分がハーブティーとして使われます。 精神安定作用があり、ストレスや、不安緩和に効果があります。 そのままハーブティーとして飲むだけではなく、就寝時に枕元に置いておいたり、アイピローに入れて使用しても効果的です。 ポプリ等にも使用でき、その用途が幅広いのも特徴的です。 ミント ミントには気分をすっきりさせリフレッシュさせる効果があります。 イライラや気分が落ち込んでいる時に飲むと、その鎮静作用が効果的です。 オレンジピール オレンジの皮を干して作られたハーブティーです。 爽やかなオレンジの香りや風味は、これからハーブティーを飲み始める方にも飲みやすいハーブティーです。 他のハーブティーとのブレンドにも使用されやすいハーブティーです。 抗うつ作用や、鎮静作用に優れていいます。 また消化促進や胃腸の調子を整える働きも。 就寝前はハチミツを入れて少し甘くしてから飲むと、優しい味と香りでとてもリラックスする事ができます。 セージ 観賞用としても人気のあるセージはお茶としての歴史が長くイギリスでは17世紀にインドや中国から紅茶が輸入されるまでとてもよく飲まれていたといわれています。 セージの葉は乾燥させると銀灰色に変化し独特な香りが強くなりますが、お茶にするととてもマイルドな味になります。 気持ちが落ち着かないイライラする時や不安で眠れない時、気持がふさぎ込んだ時などにおすすめ。 ホルモンのバランスを整える効果もあります。 妊娠中はあまり飲み過ぎないように注意する必要があります。 バレリアン 薬効成分が高いのがバレリアンです。 バレリアンは脳内の神経伝達物質GABAの働きを促進する効果があります。 GABAはストレス緩和やリラックス効果の役割を果たしており、GABAの促進によって睡眠へと導くのですが、この効能は 一般的な睡眠薬とほぼ同じ仕組みとなっています。 例えば、紹介しているハーブティーでは、ここまでに紹介したカモミール・バレリアン・ペパーミント等がミックスされています。 どのハーブティーにしよう?と迷った時には、こういったタイプのハーブティーが選びやすいはずです。 ハーブティー利用の注意点 睡眠に効果の期待できるハーブティーとしては、「セントジョーズワート」「セージ」等があります。 ですが、セントジョーンズワートは抗うつ剤との飲み合わせがNGで、セージについては妊娠中には飲む事はできません。 妊娠中、何かの病気の時、特別な薬を飲んでいる時など、ハーブティーの成分が悪影響となる場合もあるので注意が必要です。 この記事を読んだ後におすすめのページ• スポンサードリンク• 「寝れる体質」に戻す2つの行動 なかなか眠る事ができなかったり、眠りが浅かったりする場合、 「 寝れない体質」に体が変化してしまっているかもしれません。 「寝れない体質」から「寝れる体質」に戻すため、 簡単にできる、次の 「2つの行動」をぜひ試してみて下さい。

次の