クワガタ コバエ。 クワガタ飼育でコバエの脱走を防ぐ方法

クワガタ、コバエ

クワガタ コバエ

クワガタを飼育している方にとって、最も頭を悩ませるものとしてコバエの発生を挙げる方が多数いるかと思われます。 ただでさえ衛生的によろしくなく、見た目も気持ち悪いのに、クワガタのケースの中で大量発生した日にはもう泣きたくなってしまいます。 今回はそんな厄介者コバエの、クワガタ飼育時によく発生するコバエの種類と、クワガタを飼育することによるコバエ大量発生の防止対策を紹介していきたいと思います。 クワガタ飼育時によく発生するコバエの種類 一口にコバエと言われますが、「コバエ」という名の虫は存在せず、6種類ほどの小さいハエをまとめたものです。 その中でも クワガタ飼育時によく発生するのは、ショウジョウバエとキノコバエの2種類です。 ショウジョウバエとは、体長約2~3mmほどの赤い目をした小さなハエで、クワガタを飼っていなくても台所等によく現れます。 腐敗した果実や植物を発生源としているので、家庭の生ごみや、クワガタのエサや朽木などから大量発生しやすくなっております。 一方のキノコバエは、体長1~2mmほどで、黒い蚊のような姿をしております。 発生源は観葉植物や腐葉土、培土などと言われており、クワガタの土や朽木も発生源の1つとされております。 特に 人間やクワガタに直接害を及ぼすことがないので、クワガタのゲージにコバエが進入しても問題はないのですが、見た目が気持ち悪く不快なので、極力コバエの進入は防ぎたいところですね。 スポンサードリンク クワガタの飼育におけるコバエ大量発生の防止対策 先程も述べた通り、コバエは腐った果実や植物、培土が発生源となりやすくなっております。 クワガタのゲージ内は正にコバエにとっては発生源になりやすい空間であります。 大量発生させないためには、クワガタのゲージへの進入を防ぐ事が大切です。 その最良の方法は、コバエシャッターというコバエをシャットアウトするように作られている飼育ケースの使用です。 通気性を確保した上でコバエが進入する隙間を完全に埋め尽くしているので、ゲージ内の空気が薄くなることはありません。 出来るだけコストを掛けたくないのであれば、普段使っている飼育ケースの蓋にフィルターとなるものを噛ませる方法があります。 フィルターとなるものには、キッチンペーパーや新聞紙といった、通気性の良いものを使用します。 ただし、これらを使用する場合はクワガタによって破られたりする事があります。 また、水に濡れるとダニやカビが発生してしまうので、マメな交換が必要となります。 クワガタのエサもマメに交換するようにしましょう。 特に果物を与えている場合は早めの交換を心掛けましょう。 まとめ クワガタとコバエの問題は切っても切り離せない問題です。 コバエ対策を行ったからと言って、完全にコバエの進入を防ぐ事は出来ません。 日々のクワガタの世話を大切にする事がコバエ進入防止の第一歩だと思います。 人間の生活でも常日頃綺麗にしていれば虫の大量発生のリスクを防ぐ事が出来るのと同様、 クワガタの生活環境も常日頃整えてあげましょう。 スポンサードリンク.

次の

コバエ・ダニ・線虫についての考え:パートⅣ

クワガタ コバエ

コバエは二種類いる 一口に小バエといっても、実はたくさんの種類があります。 大きく分けると、ショウジョウバエとキノコバエです。 これらは生態がまったく異なるため、この判別を間違えるとコバエ対策グッズを使用してもまったく効かない、ということになります。 ショウジョウバエは一般的なコバエで、腐った食べ物などに沸くものです。 よく見ると、小さいハエの形をしています。 このハエはキノコバエと比べると小さいすき間を通れないため、比較的防ぎやすい種類です。 一方、 キノコバエは腐葉土や木クズ中の菌糸などを食べて育つコバエです。 クワガタムシの幼虫飼育で問題になるのは主にこちらです。 小さいすき間を通ることができ、大量発生している地域では窓を閉めていてもサッシのすき間から大量に侵入してくることがあるほどです。 よく見るとハエというより蚊に近い形をしています。 大量発生するものの、成虫の寿命は短く、明るい場所に集まってすぐに死んで落ちます。 昆虫専門店などには、コバエを防ぐと言われるケースが販売されています。 コバエシャッターやクリアースライダーなどです。 でも、これらはショウジョウバエは防げても、キノコバエを完全に防ぐことは困難です。 次の画像は、キノコバエが発生したクリアースライダーのフタを閉め、大きいクリアースライダーに入れた結果です。 キノコバエの発生を減らす方法 キノコバエの発生を防ぐことは非常に困難です。 販売されているマットにも潜んでいることが多いからです。 このため、発生を防ぐよりも、大量発生を防ぐことや、発生してしまったキノコバエが部屋に逃げ出さないようにするほうが大事だと考えています。 ちなみにマットを冷凍してから使用するという方法もあるようですが、家の冷蔵庫に入れることは抵抗があり、試したことはありません。 キノコバエの発生を減らす方法をいろいろ試してみて効果があったのは、次の 2 つの方法です。 ハエトリグモを入れる ハエトリグモとは、よく住宅内に侵入する小型のクモです。 名前のとおりハエを捕まえる能力に長けており、キノコバエのよい天敵になります。 クワガタ幼虫に害を与えることなくキノコバエを抑制する効果が期待できます。 家にいない場合でも、草が生えているあたりをガサガサしていればすぐに見つかります。 粘着式のハエ取りを入れる Amazon などで購入できる、粘着式のハエ取りも効果があります。 ケース内では、吊るさなくても、少し引き延ばして土の上に置いておくだけで捕まえることができます。

次の

究極のコバエ対策!

クワガタ コバエ

コバエが発生する原因 まず最初にコバエが発生する原因を考えてみましょう。 コバエが大量発生するときは大抵、腐葉土マットに大量の幼虫が居ます。 コバエがケースの中に侵入し、卵を産んでいるのでしょう。 飛び散ったりして古くなった昆虫ゼリーの残りもエサになっていると思われます。 対策1:コバエを物理的に入れない コバエを防ぐために、百円ショップなどにはコバエの侵入を防ぐシートが売られています。 新聞紙などを飼育ケースの容器とフタの間に挟む方法もあります。 しかし、これらの効果は 完ぺきではありません。 わが家の場合、それでも発生したからです。 また、ビニールに小さな穴が開いているタイプの場合、カブトムシやクワガタはかんたんに破いてしまうので要注意です。 穴に爪を引っ掛けて、足の力やアゴで破いてしまうのです。 コバエの侵入を防ぐには、最初からコバエの侵入を防ぐよう設計されている飼育ケース(コバエシャッターやクリアースライダー)を使用することがお勧めです。 蒸れやすいという問題もありますが、乾燥しにくいというメリットもあります。 また、これらは Amazon でも購入できますが、後述する専門ショップでの購入がお勧めです。 これでもコバエが発生してしまった場合や、コバエをどうしても防ぎたい場合の最終手段は、 飼育ケースごと洗濯ネットに入れることです。 百均で売っている一番目の細かい洗濯ネットに入れてしまえば、コバエの移動を制御することができます。 観察しにくくなるというデメリットはありますが、長期にわたる幼虫飼育などには非常にお勧めです。 幼虫飼育で問題になるキノコバエ対策については次の記事をご覧ください。 ・ 対策2:広葉樹マットを使用しない カブトムシなどの飼育用としてよく売られている広葉樹や腐葉土のマットは、コバエが大量発生するおそれがあります。 カブトムシやノコギリクワガタを産卵させる場合や幼虫飼育にはしょうがないですが、そうでない場合は針葉樹(ヒノキなど)のチップやマットを使用することがお勧めです。 針葉樹は天然の殺虫成分(おそらくカブトムシ・クワガタが死なない程度の毒性)を含有しているため、コバエやダニが繁殖しにくい効果があるようです。 対策3:エサに注意する 百円ショップなどで売られている昆虫ゼリーは粗悪なものが多く、すぐになくなったり、フタを開けるときに汁が飛び散ったり、散乱したりと、よいことがありません。 専用に開発された硬めのゼリーなら、そうした心配がなく、昆虫の健康上も良い効果があるようです。 また、エサ皿についても、ゼリーが落ちたり汚れたりするため、木片に穴が開いているタイプより、プラスチック製のものがお勧めです。 趣きはありませんが。 このようなものは一般のホームセンターには置いていないため、カブトムシ・クワガタの専門ショップで揃える必要があります。 通販サイトも多数あり、私の場合、という通販サイトにお世話になっています。 この世界は価格競争が激しいようで、どの店もこんな価格で利益が出るのかと心配になるほど良心的な価格設定になっています。

次の