プリペイドカード おすすめ。 プリペイドカードおすすめ12選!国際ブランド付でクレカ代わりにも◎。リアル・バーチャル比較表も

プリペイドカードおすすめ9種を比較! クレジットより気軽で安全

プリペイドカード おすすめ

プリペイドカードのメリット 入会審査がなく、誰でもすぐ手に入る 前払い式なので審査がなく、誰でも簡単に手に入ります。 オンラインで即日発行できるものが多く、本人確認も職業・年収等の申告もありません。 カードによってはコンビニで手に入るものもあり、必要なときにすぐ使える手軽さが長所です。 逆にクレジットカードの場合は面倒な申請をしたうえで審査があり、通ったとしても届くまで数週間かかることが多いです。 前払いなので散財の心配が少ない クレジットカードに対する懸念で言われやすいのが「現金払いじゃないとお金を使った気がせず散財しそう」というもの。 プリペイドカードならあらかじめ入金した分しか使えないので、自覚しないまま高い商品を買いまくっていた……なんて事故は起こりません。 参考までに家計簿アプリを使って支出管理すると、散財がグッと抑えられます。 こちらの記事もご覧になってみてください。 不正利用のリスクが少ない クレジットカードは紛失による不正利用や、いらなくなった定期課金サービスの解約を忘れてズルズル引き落とされ続けるなどのリスクがあります。 プリペイドの場合はあらかじめチャージした分しかお金を失わないので、不正利用されたとしても被害額はチャージ分のみで済みます。 クレジットカード同様に使える。 ネットショッピングや海外旅行でも 決済方法はクレジットカードとほぼ同じ。 ネットショッピングに使えばコンビニ払いや銀行振込よりずっとラクに決済完了しますし、VISAやMastercardであれば外国でも使えます。 ただしデメリット欄で述べるように、分割払いや自動引き落としはできません。 プリペイドカードのデメリット あらかじめ入金しておかなくてはならないのが面倒 あとから銀行引き落としされるクレジットカードと違い、あらかじめカードにチャージ(入金)しておかなければならない手間がかかります(クレジットカードでチャージできるサービスもある)。 買いたいものが急遽増えたときなど、「またチャージしにコンビニへ行くのか……」とだるい気分になります。 衝動買いを防げるという利点もありますが、やはり面倒なものは面倒。 基本的に払い戻しはできない 頻繁にチャージするのが面倒だから大金をチャージしたら、意外と使う機会がなくて残高を持て余すこともあり得ます。 クレジットカード形式のプリカなら幅広い店で使えるので心配ないとは思いますが、現金には戻せないことを認識しておいてください。 ポイント還元率はクレジットに比べて貧弱 クレジットカードはだいたい1%以上のポイント還元率が設定されていますが、プリペイドカードだと0. 5%以下のサービスが大半です。 ポイント以外の特典も、全体的にクレジットカードのほうが充実しています。 分割払いや公共料金の引き落としはできない プリペイドカードは基本ショッピングの一括払いのみ行なえます。 分割払いやリボ払い、公共料金の引き落としはできません。 プリペイドカードはこんな人におすすめ 使いすぎが不安。 金銭管理に自信がない人 クレジットカードの利用に不安を感じる人や、使いすぎてしまうのが心配な人におすすめ。 どこでも使える商品券を買っているようなものですし、複雑なことも大きなリスクもクレジットカードほどありません。 ポイントは欲しいがクレジットカードが持てない人 クレジットカードは適切に使いさえすればメリットだらけですが、そもそも審査に通らなければ始まりません。 プリペイドカードでも決済のラクさやポイント還元などメリットは得られるので、クレジットカードの審査が通るまでこちらを使うというのもいいと思います。 ネットショッピングをよくする人 実店舗での支払いなら現金でもカードでも手間はさほど変わりません。 しかしネットショッピングでは別。 カードを使えない人はコンビニ決済や銀行振込をする手間がかかりますし、「振込の確認がとれ次第商品を発送します」ということでクレジット決済より発送が遅れがちです。 出典: メリット ・物理カードが無いため、開設手続がオンラインですぐ完結する ・Visaブランドのため、海外サイトでもほぼ使える デメリット ・ポイント還元などの特典がない ・3ヶ月カードを使わないと、維持費として残高から毎月125円引かれる(ただし残高が0円になったら、それ以上は引かれない)。 『バンドルカード』Vプリカに近いが物理カードもある。 チャージ方法も多彩 上記『Vプリカ』と同じくVISAブランド、ポイントなし、ネットで簡単申込できるプリペイドカードです。 こちらは物理カードを申し込むことも可能。 コンビニや銀行はもちろん、クレジットカードやビットコインでのチャージもできる幅広さがメリットです。 出典: メリット ・海外渡航時、現地ATMで現地通貨を下ろせる ・上位サービスに申し込めば外貨でのチャージも可能 デメリット ・本人確認書類を提出するなど、開設手続に手間がかかる ・上位サービスに申し込むには、新生銀行総合口座パワーフレックスが必要 『ANA JCBプリペイドカード』マイルを貯めたい人はコレ。 チャージだけでポイントが貯まる クレジットカードもプリペイドカードも、普通は支払いでのみポイントが貯まり、チャージだけでは何も起こりません。 しかしこのカードは、チャージだけでポイントを貯めることが可能。 半年間で12万円以上(一律180マイル)か24万円以上(一律360マイル)チャージする必要がありますが、このカードをメインの支払い手段にすればハードルは高くないでしょう。 出典: メリット ・支払いに加えて、チャージでもマイルが貯まる デメリット ・マイルが必要ない人は、他のプリペイドカードのほうがお得 携帯3キャリアのプリベイトカードはほぼ同条件。 携帯料金と合算請求するのが便利 docomoの『dカード プリペイド』、auの『au WALLET カード』、SoftBankの『ソフトバンク カード』は、どれも似た内容となっています。 自分の加入している携帯キャリアで申し込めば、手続が簡単に進むのでおすすめ。 メリット ・携帯料金と合算請求できる ・普段利用している携帯キャリアのサービスで安心 デメリット ・ポイント還元率などの諸条件は平凡 複数のカードを使い分けるのもよし。 ぜひ1つは持っておきたい 良さそうなプリペイドサービスはありましたか? ポイントなどの特典も大事ですが、VISAかJCBかといった違いもあるので、複数のカードを持っておくのもいいでしょう。 クレジットカードのメリットを享受しつつ、安全にショッピングを楽しんでください。 こちらの記事もおすすめ.

次の

【徹底比較】韓国で使えるプリペイドカードおすすめ5選!

プリペイドカード おすすめ

Polletカード• Kyash• LINE Payカード• バンドルカード• dカードプリペイド• au WALLETプリペイドカード• ソフトバンクカード キャッシュレス化の流れから、近年では国際ブランド付きのプリペイドカードが多く、それぞれのプリカで特色のあるメリットが用意されています。 しかし、選択肢が多くなり過ぎると、プリペイドカードを選ぶ際に比較する点も見えづらくなってしまうものです。 ここでは、これを押さえておけば間違いない、主要7つのプリペイドカードをご紹介します。 Polletカード 人気のポイントサイト「」から誕生したプリペイドカードが 「Polletカード(以下:ポレットカード)」です。 ポレットカードでは、 チャージごとにチャージ金額の0. 5%が加算され、チャージをするたびに残高が増えるおトクなプリペイドカードとなっています。 また、ポレットカード最大の特徴となっているのが、 450種類以上の膨大な方法でチャージをすることができる点です。 100種類以上のポイント• 金券・外貨・切手類• 仮想通貨・電子マネー• クレジットカード ハピタスの発行するプリペイドカードということもあり、各種ポイントサイトを経由したチャージで、100種類以上のポイントでのチャージを可能としています。 また、 金券や外貨・切手類でもチャージできますので、金券ショップに行く手間なく、使っていない商品券や切手を換金することができますよ! ポレットカード• Kyash 最大5枚のクレジットカードを登録して決済できるプリペイドカードが「Kyash」です。 Kyashでは、最大5枚のクレジットカードを登録してクレジットチャージできますので、複数のクレジットカードを1枚のプリカにまとめることができます。 Kyashの利用では、 最大1. 0%の還元率でポイントが貯まりますので、登録したクレジットカードの利用ポイントと合わせて ポイントを2重取りすることが可能です。 また、楽天のモバイル決済サービス「楽天ペイ」の支払用カードにKyashを利用することで、楽天ペイの利用ポイントと合わせてポイントを最大3重取りできますよ! Kyashの利用では、これまでの還元率2. 0%でのキャッシュバックから、還元率1. 0%でのポイント付与に変更となりました。 月間利用金額 マイカラー 還元率 10,000円未満 ホワイト 0. 5% 10,000円以上50,000円未満 レッド 0. 8% 50,000円以上10万円未満 ブルー 1. 0% 10万円以上 グリーン 2. 0% 最大で利用金額の2. 0%が還元されますので、現金払いよりもずっとおトクにプリペイドカードを利用できますね! LINE Payカードは、人気のトークアプリ 「LINE」のアプリから簡単に発行することができますので、手軽に作りやすいプリペイドカードと言って良いでしょう。 あわせて読みたい• バンドルカード アプリから最短1分で手軽に作れるVISAプリペイドカードが「バンドルカード」です。 バンドルカードでは、 最短1分でバーチャルカードを発行することが可能となっており、ネット通販でクレジットカード同様に利用することができます。 さらに、アプリから「リアルカード」を申し込みできますので、VISA加盟店の店舗でリアルカードを使ってお買い物することができますよ! また、バンドルカードでは、手持ちが無くてもスマホタップでチャージできる「ポチっと」を利用できるのが大きなメリットです。 バンドルカード• dカードプリペイド NTTドコモが発行するプリペイドカードが「dカードプリペイド」です。 dカードプリペイドでは、カードの利用で dポイントを貯めることができますので、使い勝手の良いポイントを貯めたい方には最適です。 dポイント加盟店では、 カードの利用ポイントとdポイントカードのポイントを2重取りできますので、dポイントを非常に効率よく貯められますよ! dカードプリペイドでは、ローソンでいつでも利用金額の3%分が割引となりますので、ローソンでお買い物をする機会の多い方にもおすすめです。 また、dカードプリペイドには「iD」が搭載されていますので、カードをタッチするだけでスマートに決済できるのも嬉しいですね! au WALLETプリペイドカード auユーザーの方におすすめのプリペイドカードが「au WALLETプリペイドカード」です。 au WALLETプリペイドカードでは、カードの利用で 「au WALLETポイント」を貯めることができます。 さらに、 au WALLETポイントは、毎月のau利用料金に応じて自動的に貯まりますので、auのスマホ・携帯を使っているだけで毎月ポイントを貯めることが可能です。 また、au WALLETプリペイドカードでは、セブン-イレブンをはじめとしたポイントアップ店が用意されていますので、お得にカードを利用できますね! ソフトバンクカード ポイントの使い勝手にこだわってプリペイドカードを選びたい方には「ソフトバンクカード」がおすすめです。 ソフトバンクカードの利用では、国内最大級の共通ポイント 「Tポイント」を貯められますので、貯まったポイントをファミリーマートやTSUTAYAなどで現金同様に利用できます。 また、ソフトバンクカードにはTカードが一体となっていますので、 Tカード加盟店では利用・提示でポイントを2重取りすることができます。 さらに、ソフトバンクカードは、TSUTAYAのレンタル会員証としても利用できますので、入会金・年会費無料でTSUTAYAでレンタルできますよ! ソフトバンクカード• 主要プリカの基本情報を比較 ここでは、 主要7枚のプリペイドカードの基本情報を比較します。 また、Polletカードやバンドルカードでは、街のVISA加盟店で使えるプラスチック製のカードを発行する場合、発行手数料が必要です。 ムダな手数料を支払わずにプリペイドカードを発行したい方は、 発行手数料が無料のプリペイドカードを選択するようにしましょう。 プリペイドカードでは、クレジットカードでチャージをすることで、クレジットカードのポイント・プリペイドカードの利用ポイントを2重取りすることができます。 ただし、LINE Payカード・ソフトバンクカードの2枚では、クレジットチャージに対応していませんので注意が必要です。 LINE Payに登録可能な唯一のクレカ? LINE Payでは、LINEの発行する「Visa LINE Payカード」を登録することで、LINE Payでのコード決済でクレジットカード払いが可能です。 ただし、Visa LINE Payカードは、2020年東京オリンピック限定デザインの数量限定版のみの発行が予定されており、その後の正式リリースは未定です。 クレジットチャージで利用する前提なら、LINE Payカード以外のプリペイドカードを選択した方が無難ですね。 LINE• ポイント還元率を比較 ポイント還元率で比較すると、 最大2. 0%の還元率で利用できるLINE Payカードが有利です。 ポイントプログラム 還元率 Polletカード キャッシュバック 0. 5%(チャージ時に加算) Kyash Kyashポイント 1. 0% LINE Payカード LINE Payボーナス 最大2. 0% バンドルカード 無し — dカードプリペイド dポイント 0. 5% au WALLETカード WALLETポイント 0. 5% ソフトバンクカード Tポイント 0. 5% LINE Payカードでは、カードの利用金額に応じたマイカラーによって、 最大2. 0%の還元率で「LINE Payボーナス」を獲得できます。 LINE Payボーナスは、LINE Payカードの利用時に残高と同様に利用することができますので、実質キャッシュバックと言っても良いでしょう。 これまで、主要プリペイドカードでは、Kyashが2. 0%の高還元率でキャッシュバック還元を行っていましたが、還元率1. 0%でのポイント付与と改悪されました。 ですので、月間の利用金額にもよりますが、ポイント還元率でプリペイドカードを選ぶならLINE Payカードが最強と言って良いでしょう。 ただし、携帯キャリア系のプリペイドカードでは、dポイントやTポイントと言った使い勝手の良い共通ポイントが貯められますので、ポイントの使い勝手で選ぶのも1つの選択肢です。 使い勝手で比較 使い勝手で比較すると、 コード決済とカード決済のどちらにも対応する「LINE Payカード」が便利です。 スマホ1台で支払いを完結することができますので、より手軽にプリペイドカードを活用できますね! また、キャリア系のプリペイドカードでは、 各キャリアの携帯電話料金と合算してのチャージが可能です。 現金やクレジットカードでチャージする必要なく、スマホ操作で簡単にチャージできますので、自分の利用しているキャリアのプリペイドカードは1枚持っておいても良いでしょう。 バンドルカードはポチっとで手持ちが無くてもチャージできる バンドルカードでは、アプリでスマホをタップするだけでチャージできる「ポチっと」が便利です。 ポチっとチャージでは、 手持ちの現金やクレジットカードがない場合でも、最大25,000円まで後払いでチャージをすることができます。 チャージ金額は、翌月末までの好きなタイミングで支払いをすればOKですので、給料日まで少し足りない場合などに重宝するサービスですね! ただし、ポチっとチャージの利用では最大1,150円の手数料が発生しますので、使い過ぎには注意が必要です。 ポチっと• チャージ方法で比較 チャージ方法で比較した場合、 450種類のチャージ方法に対応した「Polletカード」が最強です。 Polletカードでは、各種ポイントサイトを経由することで、100種類以上のポイントでチャージすることができます。 バラバラに貯まったポイントを1か所にまとめてチャージできますので、複数のクレジットカードや電子マネーなどを利用している方にもおすすめです。 また、Polletカードの最大のメリットとも言えるのが、 商品券や金券・外貨でのチャージが可能となっている点です。 実際にチャージ可能な金券を検索してみると、地域性の強いスーパーの商品券や株主優待券なども対象となっていますので、引出しに眠った金券の消化先にも役立ちますね! クレジットチャージ可能ならポイント2重取りも LINE Payカードとソフトバンクカードを除く、5枚のプリペイドカードでは クレジットチャージでポイントを2重取りすることができます。 ただし、バンドルカードでは独自のポイントプログラムが用意されていませんので、2重取りできるプリペイドカードは以下の4枚のカードに限られます。 クレジットカード:後払い• プリペイドカード:先払い クレジットカードは、利用した金額を月間で締め、毎月の支払日に支払いをする後払いとなっています。 クレジットカードの利用限度額は審査によって設定され、利用限度額内なら手元に現金を持っていない状態でもお買い物をすることが可能です。 対して、プリペイドカードでは、 事前にチャージをした金額しか利用することができませんので、事前にチャージ金額を用意(またはクレジットチャージ)する必要があります。 ですので、プリペイドカードは支払能力を超えた使い過ぎになってしまうリスクが低く、18歳未満の若者でも作ることが可能です。 また、プリペイドカードでは、チャージ残高分しか利用できませんので、分割払いやリボ払いなどを利用することはできません。 プリペイドカードなら審査なしで作れる! プリペイドカードの大きなメリットが、 審査なしで誰でも作ることができる点です。 クレジットカードを発行する際には、所定の審査に通過する必要があり、中学生・高校生は申込資格がないために作れません。 また、過去にクレジットカードの支払いに遅延や延滞がある方など、個人信用情報に問題がある方もクレジットカードを作れなくて悩んでいるのではないでしょうか。 プリペイドカードなら、審査なしで誰でも作ることができますので、 クレジットカードを作りたいけど作れない、審査に通過できない方にもおすすめです。 審査なしで作れるクレジットカード• 対象外の支払い先があるのはデメリット プリペイドカードでは、事前のチャージが必要という支払方法の特性から、 一部対象外の店舗・サービスがあります。 クレジットカードを作るのに抵抗がある方• クレジットカードの審査に落ちてしまった経験のある方• 現金払いよりもお得にポイントを貯めたい方 プリペイドカードでは、VISAやMastercard・JCBなどの国際ブランドが搭載され、クレジットカード同様に利用することができます。 審査なしで手軽に発行することができますので、 クレジットカードに抵抗がある方や審査落ちの経験がある方にもおすすめできますね! また、プリペイドカードの利用では、現金払いでは得ることができないポイントが付与されますので、毎日のお買い物を少しでもおトクにしたい方におすすめです。 自分に合ったプリカを見つけよう!店舗・サービスによって使い分けも プリペイドカードにはポイントやチャージ方法だけではなく、各カードによって特色があります。 ポイント還元率にこだわるならLINE Payカード• チャージ方法にこだわるならPolletカード• クレジットチャージならKyash• 1枚のカードだけではなく複数枚の使い分けを ポイント還元率にこだわってプリペイドカードを選ぶなら、最大2. 0%の高還元率で利用できる「LINE Payカード」がおすすめです。 また、450種類以上のチャージ方法を利用できる「Polletカード」や、手数料無料でクレジットチャージできる「Kyash」など、求めるテーマでお得なプリペイドカードが変わります。 それだけではなく、各プリペイドカードでは、利用先に応じてお得なポイントアップや割引の特典が用意されています。 プリペイドカードは手数料無料、もしくは少額で発行できますので、1枚だけではなく複数枚のカードを持って使い分けちゃいましょう! あわせて読みたい•

次の

無理なくキャッシュレス還元を受けるならプリペイドカード!おすすめ2つを紹介

プリペイドカード おすすめ

タグ Phu Quoc レンタルWifi イモトのWifi レンタルWif 海外用レンタルWif 事務手数料0円 クラウドWifi 東京 クラウドWifi 限界突破Wifi Wifi ポケットWifi プレビルド 海外用レンタルWifi 内覧 価格 お得なチケット おススメ スポット お土産 京華小包 チャイナタウン 炒飯 格安 GLOBAL Wifi 小籠包 ギリシャ 大手旅行代理店 LCC 予約サイト 格安航空券 ジェットファイ jetfi IP電話 海外出張 メキシコ インド グローバル Wifi 台湾 予算別 観光スポット 穴場 おすすめ アジア 10万円 比較 予算 卒業旅行 餃子 ジンファー ゴールデンウィーク 婚姻届け Borneo マレーシア コタキナバル ボルネオ島 Malaysia 2019年 都市鉄道計画 不動産購入 Japan 日本 Kalimantan 出張 留学 高額医療 前撮り ウエディングフォト デート クリスマス ポイント還元 賢く カリマンタン島 乗り継ぎ ジンホア レンタカー 花火 マーライオン マリーナベイサンズ チケット購入方法 乗り方 MRT Singapore シンガポール 国際免許 海外 クアラルンプール キナバル自然公園 キナバル山 マヌカン島 サピ島 ツアー 市立モスク Boruneo Kotakinabaru Air Asia Kuala Lumpur 航空チケット ホテル ブッキングドットコムカード レンタル館 Wordpress 読書 audible 機内持ち込み 機種 楽天 アンリミット モバイルバッテリー レントリー rentry モノカリ 403エラー レンタル 盗難 NEO MONEY 国際送金 ワーキングホリデー MoneyT Global マネパカード 両替 海外送金 エックスサーバー ブログ復旧 プリペイドカード 20000mAh 海外旅行保険 自動付帯 楽天アンリミット マンション購入 Xiaomi モバイルバッテリー 10000mAh Mi 18W 急速充電パワーバンク3 旅行先 RAVPower RP-PB060 夏休み オンライン英会話 6700mAh インターナショナルスクール RAVPower 5000mAh 10000mAh Anker cheero ガジェット オンラインレッスン 英語 ベトナム私立 教育 修学旅行 リゾートバイト. com 現地ツアー はたらくどっとこむ 海外旅行保険自動付帯 ホテル予約 動画配信サービス ネットフリックス Netflix SIMカード 準備リスト 持ち物 アプリリゾート アルファリゾート Go Pro Hero7Black 口コミ・評判 リゾバ. com ゴールデンウイーク リゾートアルバイト リゾート GW 高時給 リゾートバイト バイト 費用 契約 故障 グッドマンサービス アクションカメラ ワイホー Wi-Ho! ベトジェット Vietjet 成田空港 通信量 容量 SanDisk microSDカード ランキング 無償交換 ウェアラブルカメラ アクションカメ カメラ GoPro Hero7 Black GoPro Hero8 Black GoPro Rakuten UN-LIMIT 楽天 海外SIMカード 格安SIM Booking. comカード Booking. com Vietnam バンコク プラトゥーナム チャトチャック市場 ワットアルン ワットプラケオ ワットポー 乗り物 トゥクトゥク BTS ガネーシャ タイ チュチャンサオ Bangkok Thailand 事件 バゲッジスルー ニノイアキノ国際空港 T3 ニノイアキノ国際空港 T4 Manila マニラ PuertoPrincesa Ekkamai バスターミナル プエルト・プリンセサ地底河川国立公園 バナヒルズ ドラゴン橋 GOLDEN BRIDGE ランタン祭り ノンヌオックビーチ Non Nuoc Beach My Khe Beach ミーケビーチ ミーソン遺跡 BANAHILLS Cham island ピンクガネーシャ チャム島 ホイアン Hoi An ダナン Da Nang ベトナムグランプリ Vietnam Grand Prix F1 Vingroup Vinfast Puerto Princesa Subterranean River National Park Snake Island Hoa Binh 胡椒畑 フィリピン Palawan Philippines 旅行 HAPPY NEW YEAR シュノーケリング Xuong Island Gam Ghi Island ナイトマーケット 2018 エルニド カウントダウン COUNTDOWN ベトナム最後の楽園 カンボジア Ong Lang Beach Ong Lang Phu QuocVietnam 最後の楽園 ベトナム フーコック島 El Nido プエルトプリンセサ スネークアイランド Matinloc Shrine ホンダベイ Honda Bay クロコダイルファーム イワヒグ Bay Walk crocodilefarm Iwahig Prison and Penal Farm パラワンの海から Secret Beach Hidden Beach Puerto Princesa Helicopter Island シークレットラグーン Secret Lagoon Miniloc Island スモールラグーン Small Lagoon Seven Commandos Shimizu Island パラワン島 Parawan Dragon bridge ホアビン ブッキングドットコム 一夫多妻制 シャワーヘッド 悪臭 汚染水 水 Hanoi ハノイ 賄賂 KET HON 結婚 称号剥奪 浄水器 シリーナート・ウォンワチラーパック 夫人 国王 ゴールデンブリッジ 少数民族 国境 景色 Fansipan 中国 水道水 日本食 Sapa SEA GAMES 旅行保険 結納 不動産 購入 土地 マンション オリンピック 五輪 東南アジア 相場 高級 旧市街 指輪 アクセス制限 NordVPN VPN インターネット 海外アクセス 居酒屋 焼肉 安い サパ アイランドホッピングツアー Mai Chau プロテイン Workout Training My Protein マイプロ ボディメイク ゾロ目セール マイプロテイン トレーニング ジム Drone 書類 Go Pro Hero 7 空撮 ドローン ホアビン観光地 ホアビンダム ベトナム温泉 温泉 Kim Boi お寺 Thac Bo 国際結婚 手続き ラグーン 写真 カオサン通り チャトチャック ワットポー周辺 寺院 ニャチャン Nha Trang ビーチリゾート Gallery PHOTO 海 海外旅行 フーコック AMEX アメリカンエキスプレス エポスカード 観光 海外保険 クレジットカード 利用付帯 自動付帯 海外旅行保険 入国制限• 両替手数料を安くしたい• 海外旅行で盗難が怖い• 落としたらどうしよう• 海外なのでスキミングや不正利用が怖い• 子どもが修学旅行に行くけど、現金を持たせるのは不安 こんな悩みを解決する記事です。 海外旅行や出張で、クレジットカードや大量の現金を持ち歩くのは怖いですよね。 海外へ行くと、日本人は「カモ」に見られています。 治安がよく、親日のベトナムでさえ警戒心の低い日本人は目を付けられています。 まさに、「鴨が葱を背負って来る」ですね…。 そこで、今回は海外で使える「Visa」「Master card」プリペイドカードをご紹介します。 本記事の内容• プリペイドカードとは?• プリペイドカードのメリット・デメリット• プリペイドカードの使い方• プリペイドカードおすすめ3選を比較 この記事では、海外で使えるプリペイドカードのメリット・デメリット、おすすめ3選をご紹介します。 最初に紹介した悩みがある人は、ぜひ参考にして海外で使えるプリペイドカードを検討してみてください。 スポンサードリンク プリペイドカードとは? プリペイドカードとは、事前にカードに現金をチャージし、その範囲内でクレジットカードと同じように「Visa」「Mastercard」が使えるお店でカード決済が可能になります。 国内と海外で使えるプリペイドカードがあり、海外対応のプリペイドカードでは、 為替レートの優遇や現地のATMでの現金引き出しも可能になります。 今回は海外向けのプリペイドカードを紹介していきます。 プリペイドカードのメリット・デメリット プリペイドカードにものメリット・デメリットがあり、使い分けが必要です。 プリペイドカードの良さを理解して使うとセキュリティ面でも安心です。 プリペイドカードのデメリット チャージするのが面倒 プリペイドカードの場合、使う分だけを事前に入金する必要があります。 チャージするのが面倒に感じる人もいるでしょう。 チャージの方法• クレジットカードから入金• ネットバンキング• コンビニATM• 銀行振込 最近はネットバンキングで24時間の入金ができるので、あまりデメリットにはならないでしょう。 チャージが面倒な人のために 「オートチャージ」というオプションが設定できるプリペイドカードもあります。 あらかじめ設定した残高を下回ると、登録した銀行口座から自動的にチャージしてくれます。 チャージの手間を減らし、残高不足を防ぐことができます。 チャージの上限がある 各プリペイドカードによってチャージできる上限が決められています。 これは、後ほどの比較で詳細を書きます。 手数料がかかる 各プリペイドカードによって、チャージや海外での現金引き出しのときに手数料がかかる場合があります。 後ほどの比較で詳細を書きます。 使い切らないまま忘れてしまう プリペイドカードにチャージすると、残高が残っている場合はそのままになります。 プリペイドカードを使わない場合に、そのまま忘れてしまうこともあるかもしれません。 払い戻し対応しているプリペイドカードもあるので、申請すればOKです。 メリット セキュリティ面で安心できる プリペイドカードの場合、使えるのはチャージされている金額のみです。 クレジットカードは紛失したり、スキミング被害、不正利用されると、大変なことになります。 クレジットカード会社が補償範囲内であれば良いですが、カードランクによっては適用外になってしまった場合に支払いが生じることもあります。 カード会社に連絡して止めて、帰国して再発行手続きをしてなどど面倒ですよね。 その点、プリペイドカードは万が一、利用されてもチャージされている金額なので、 痛手を最小限に抑えられます。 連絡した時点の残高を補償してくれるプリペイドカードもあるので安心です。 年会費や発行手数料が無料 プリペイドカードのほとんどは 年会費や発行手数料が無料です。 クレジットカードやデビットカードのように年会費がかかることはないので、余計な出費を気にすることなく気軽に持つことができます。 海外への送金手数料や為替レートが優遇される 留学での送金手数料、海外旅行の両替やキャッシング手数料やレートで損することがあります。 プリペイドカードは決済時、ATMでの現金引き出しのときに手数料がかかりますが、為替レートの優遇を受けることができます。 銀行での両替やクレジットカードのキャッシングよりもお得に使うことができます。 余った外貨の払い戻しができる 海外旅行で現金を両替すると、使いきれない場合は持ち帰るか、帰国後に日本円にまた両替する必要があります。 再両替した場合、手数料と為替レートで損になります。 プリペイドカードなら、 為替レートなど関係なくカード内の残高をそのまま払い戻しできるので、損になることがありません。 払い戻し手数料は必要 使う分だけチャージ、お金の管理がしやすい 例えば、海外旅行でクレジットカードを使って「予想以上に使ってしまった!」なんてことはありませんか? プリペイドカードなら、事前に使える金額を決めて入金できるので使い過ぎる心配がありません。 子どもの留学や修学旅行で、クレジットカードを渡すのは使い過ぎる心配があるし、かといって現金を送金したり手渡ししたりするのは心配ですよね。 プリペイドカードなら、毎月の決まった額をチャージすれば、留学先でも現金を引き出したり、クレジットカード代わりに使うこともできます。 プリペイドカードでもポイント還元がある プリペイドカードでもポイント還元があるのでお得に使うことができます。 プリペイドカードは審査なし。 未成年でもOK プリペイドカードは、クレジットカードと違い審査がありません。 審査がなく、ほとんどが満13歳以上での申込が可能です。 プリペイドカード会社による クレジットカード発行できない人でも持てるので、プリペイドカードでカード支払いが可能になります。 プリペイドカードの使い方 基本的なプリペイドカードの使い方の流れをご紹介します。 面倒くさく感じるかもしれませんが、意外と簡単です。 ネットバンキングなら海外にいても入金が可能なので、利便性を考えるネットバンキング一択ですね。 プリペイドカードおすすめ3選を比較 海外に強いプリペイドカード3選を、ポイントを絞り比較してご紹介します。 ポイント• 利便性 チャージ方法やキャッシュバック• 手数料 入会金、年会費など• ショッピング決済手数料• 海外で使うことを考えると、決済手数料とATM引出し手数料、その他の特典の部分で使う人によって変わってきます。 各プリペイドカードの特徴を簡単にまとめていきます。 NEO MONEY ネオ マネー• 代理人の入金ができない…ネットバンキングから自分で入金する必要があるので、留学生には向かない• その他…Visa優待特典、ホテル予約サービス、手荷物宅配サービス MoneyT Global マネー ティー グローバル• その他…Visa優待特典、 JTB海外トラベルデスクのサポート Manepa Card マネパカード• 6通貨に対応…入金後、日本円の他に両替をして「ドル」「ユーロ」「豪ドル」「英ポンド」「香港ドル」で保有できる• 自分のタイミングで外貨両替…専用サイトから両替レートの良いときに両替が可能• おまかせチャージ…入金した日本円を、金額が少なくなったときに自動で追加チャージできる• おまかせ両替…チャージしておけば両替を行わなくても、様々な通貨での決済が可能• ショッピング決済手数料が無料…対応6通貨は決済手数料無料。 対応通貨以外は米ドル決済で手数料2%• その他…ショッピング保険自動付帯、キャッシュバックあり 【まとめ】プリペイドカードの失敗しない選び方とおすすめ3選 プリペイドカードの失敗しない選び方と、特徴をまとめました。 …自分で入金できて、あまり海外で使わない人向け• …海外修学旅行、留学向け。 「JTB海外トラベルデスク」でサポートが受けられる• ショッピング決済手数料0円でショッピング保険自動付帯あり 私は東南アジアを中心に海外旅行をするので、長期的に使うので がおすすめです。 対応通貨は、事前にレートの良い日に両替をして、現地でプリペイドカード決済をすれば手数料0円で済みます。 日本円を入金後に、専用サイトで両替をしてチャージをするひと手間がありますが、レートの良い日を選べるのが良いですね。 皆さんはいかがでしょうか。 海外旅行で紛失や盗難リスク、不正利用やスキミング被害が心配な人にはプリペイドカードをおすすめします。 外出のときはプリペイドカードを持って行けば、 万が一の場合も全財産を失うことはありません。 楽しい海外旅行にするためには、リスクを最小限に抑えることが必要です。 この機会に、ぜひプリペイドカードを検討してみてください。

次の