久保 メッシ また 抜き。 メッシに股抜きを仕掛ける久保建英(海外の反応)

「メッシ彷彿」 久保建英の3人抜きドリブルを海外絶賛「ラモスが素人に見えた瞬間」(Football ZONE web)

久保 メッシ また 抜き

6月1日、データ分析を行なう『Alebia Analytics』のスタッツを基に、今シーズンのの90分あたりのドリブル成功数が「5. デイビスの言えば、いち早く再開し、世界中の注目を浴びているブンデスリーガのなかでも、とりわけ脚光を浴びている新星だ。 シーズン途中に就任したハンジ・フリック監督によって左SBのレギュラーに抜擢されると、弱冠20歳ながらリーグ7連覇中の絶対王者で堂々たるプレーを披露。 加速度的に評価を高めている超有望株だ。 なかでも、5月26日に行なわれたドルトムントとの「デア・クラシカー」で、こちらも大注目のFWアーリング・ハーランドに驚異的なスピードで後ろから追い付いてピンチを防いだ場面は、大きく取り上げられた。 そのカナダ代表の新鋭と久保が対峙したのは、昨年7月のプレシーズンマッチ。 レアル・マドリーのキャンプに参加していた日本代表MFは、アメリカ・ヒューストンで行なわれたインターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)初戦のバイエルン戦が、実戦デビューとなる試合だった。 1-3で敗れたものの、後半頭から出場した久保は、この股抜きを含め、鋭い突破を披露するなど随所に持ち味を発揮。 上々の初陣を飾ったのだった。 この動画は、「デア・クラシカー」の翌日あたりから、ネット上で拡散され、ファンの間で話題となっていた。 6月13日の再開マッチでバルセロナと対戦する。 前回の対戦では、メッシを相手に股抜きを決めた久保のプレーに、ますます注目が集まりそうだ。

次の

<メッシに対して股抜き>久保建英はレアル復帰へ加速中? スペインメディアが予想する来季見通しは…

久保 メッシ また 抜き

マジョルカ、シーズン再開初戦で首位バルサと対戦 久保vsメッシの対戦シーンに言及 日本代表MF久保建英が所属するスペイン1部マジョルカは、6月13日に再開するリーグ戦で首位バルセロナと対戦する。 スペイン紙「AS」は「前回対戦で、久保がメッシに股抜きで自己紹介」と伝え、久保がバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシを手玉に取った衝撃シーンの再現に注目を寄せている。 新型コロナウイルスの影響で3月から中断していたスペインのリーガ・エスパニョーラは再開が決定。 6月11日にセビージャ対ベティスで再び幕を開け、同月13日に降格圏18位のマジョルカは本拠地で首位バルセロナを迎え撃つ。 そのなかでスペイン紙「AS」は、久保がメッシに並ぶドリブルデータを残していたと紹介。 1試合あたりのドリブル回数が「5. 4回」をマークし、久保とメッシがリーグ1位タイで並んでいる。 そのなかでマジョルカとバルセロナの対戦にスペイン紙も注目。 「シーズンが再開される時にバルセロナと対戦する」と伝えた一方、「前回対戦では、久保がメッシに股抜きで自己紹介した」と触れている。 昨年12月7日の第16節、敵地バルセロナ戦(5-2)で久保はフル出場。 1-4とマジョルカ劣勢で迎えた後半7分、バルセロナにカウンターを浴びそうになるも、敵陣で攻撃を遮断。 そのこぼれ球を拾った久保が、敵陣中央でメッシと対峙し、柔らかい絶妙タッチでメッシの股下にボールを通し、華麗に抜き去った。 当時、スペイン紙「AS」は「1億3000万人の日本人がループ再生する」と報じて衝撃ぶりを伝えている。 再開初戦のバルセロナ戦でも出場が予想される久保。 去就話でも話題を提供する18歳の日本人アタッカーが、再び驚きを提供するだろうか。 (Football ZONE web編集部) 外部サイト.

次の

メッシに股抜きを仕掛ける久保建英(海外の反応)

久保 メッシ また 抜き

スペイン紙「AS」の記者が久保を大絶賛 「なんてことだ。 あの少年のプレーぶり!」 日本代表MFが所属するスペイン1部は現地時間24日、リーガ・エスパニョーラ第31節のレアル・マドリード戦で0-2と敗れた一方、7試合連続スタメンの久保は3人抜きドリブルを披露するなど存在感を放った。 スペイン紙「AS」の記者はアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(バルセロナ)を引き合いに出し、「久保の年齢で、メッシは彼より良い選手ではなかった」と日本人アタッカーを称賛している。 レアル戦で7試合連続スタメンを飾った久保は、ボールを持てば果敢にドリブル突破を図り、後半17分には華麗な3人抜きを披露。 ドイツ代表MFトニ・クロース、スペイン代表DFセルヒオ・ラモス、フランス代表DFフェルランド・メンディを翻弄してみせた。 試合はブラジル代表FWヴィニシウス・ジュニオール、ラモスにゴールを奪われ、マジョルカが0-2と敗戦。 それでもスペイン紙「AS」の記者トマス・ロンセロ氏は久保のプレーに魅せられているようだ。 記事では「ロンセロ、ジダンとクボに陶酔『クボの年齢で、メッシは彼より良い選手ではなかった』」と特集。 ロンセロ氏は「今日のマジョルカは、(1部残留に向けて)段々と弾が残り少なくなっていて、命を賭けて戦っていた」と評しつつ、「何より我々(マドリードファン)が抱えているタケ・クボ。 なんてことだ。 あの少年のプレーぶり!」と感嘆の声を上げている。 19歳となったばかりの久保とメッシを比較 「バルセロナは残念がっていると思う」 6月4日に19歳となったばかりの久保に対する賛辞は止まらない。 天才アタッカーのメッシを比較対象と上げながら、ロンセロ氏は次のように持論を展開した。 「私から言わせてもらうけど、タケ・クボの年齢で、メッシは彼より良い選手ではなかった。 なんてプレーをするんだ。 素晴らしい。 マドリードは一つの投資をし、バルセロナは残念がっていると思う。 おそらく今、『問題ない』と言って慰めるためにスポーツ部門の責任者を探しているだろう。 素晴らしい選手だ」 マジョルカも健闘したが、終わってみればレアルが地力の差を見せつける形となった。 それでもロンセロ氏は「この少年はなんて凄いんだ」と久保を高く評価しており、そのプレーに心を奪われたようだ。 (Football ZONE web編集部) 外部サイト.

次の