電子 タバコ アメリカ 規制。 電子タバコ(加熱式タバコ)の海外持ち込み禁止の国に要注意!|たびめも

トランプ氏、味や香り付き電子たばこの販売禁止へ 1年で6人死亡

電子 タバコ アメリカ 規制

動画でもっとわかりやすく! アメリカでVAPEなどの「電子たばこ」についての規制が超大幅に強化されます。 ミントやメンソールなどの味付きの電子たばこの販売を、 禁止するという方針を発表しました。 先日当サイトでもお伝えしたとおり、昨今電子タバコによる健康被害の報告が相次いでいました。 先日は電子タバコの利用が原因と思われる死亡者の報告もされており、これを受けて州や都市レベルでの規制が大幅に増加。 結果として、「トランプ米政権」として販売禁止とする移行となりました。 少なくとも、6名の死亡が米国内で確認されているようで、肺疾患になる可能性が高いということが大きな健康懸念要因となっている。 なお、今回の規制がされるのは「電子たばこ」であり、アイコスやプルームテックなどの「加熱式たばこ」が対象となっているわけではありません。 電子たばこと加熱式たばこの違いは以下の記事にてアップデート中。 日本においても、電子たばこ(Vape)は売り出されています。 例えば以下のようなリキッド補充して・・というガチガチのVAPEから、すごいライト商品まで様々。

次の

アメリカで「電子たばこ(VAPE)」が販売禁止|既に6名の死亡が確認

電子 タバコ アメリカ 規制

問題となるのが、 日本ではGW真っ最中の2016年5月5日、FDA(アメリカ食品医薬品局)により電子タバコを含むタバコ関連製品の規制最終案がリリース 規制内容自体は2014年に出された素案をベースとして大きな変更はなく、その変更がないことで市場への大きな打撃になることが、ほぼ避けられない状態 リリースされた規制の詳細は499ページ。 詳細については読んで判断していただくしかないですが、なるべく私の理解した範囲でまとめます。 内容については正確であることに注力しますが、その上でも複雑さから間違っている可能性もありますので、あくまでも詳細は実際の規制内容を参考にしていただけますようお願いします。 ( ) 499ページにびっしりと規制について書かれている内容ほとんどが、2014年の素案から大きく変えられていないこと。 米国では2009年に連邦裁判所の決定によって、eCig関連製品は薬事法ではなくタバコを規制するための法令によって規制されると規定、その規制の実態をFDAに委ねました。 FDAはこれをタバコ規制法として2014年に法案を提出、そこから長い時間をかけて様々なヒアリングや反証結果の提出、15万人を超える署名の提出などが行われてきたわけですが、 これらをすべて無視した状態で、まさかの「 最悪の場合はこうなるよね」という規制内容のまま今回の最終案にまとめられています。 日本ではニコチン入りリキッドの輸入に規制がかかっていますが、 現在のところ電子タバコ製品(VAPE そのものへの規制はありません。 今回のタバコ規制法では、あらゆるメーカー、ディストリビューター、小売店が大きなダメージを受けるだけでなく、商品のレビュワーから消費者までが大きな影響を受けることになります。 また、本来タバコではないVapeデバイスやリキッドをタバコ製品と括ってしまったため、例えばゼロニコチンのリキッドであってもタバコ製品として扱われます。 販売時のニコチン警告だけは検査結果を経て表示義務を免れますが、それはあくまでもタバコ製品だという馬鹿げた話 悲惨なのがFDA規制法案がこのまま可決されるとメーカーだけでなく、我々消費者も大打撃を受けることになりますね。 ここで重要なのがVAPEデバイスまで「タバコ製品」にくくられてしまうこと。 我々が手にしているMODやアトマイザーにも関係してくるものと見られますね。 Smoke-Freeなどの文言禁止 ・他のタバコ製品と比較して健康への被害リスクが低いなどの表現を使った広告の禁止 ・無料サンプル配布の禁止 さらにあります ・メーカー/輸入業者は年に2回の商品リスト及び広告内容の提出 ・メーカー/輸入業者の施設の監査と登録 ・電子タバコリキッドの原料リストの提出 ・HPHC(人体への悪影響に関わる物質)リストの提出 ここからが目玉です ・2007年2月15日以前から販売されている電子タバコ以外は規制対象外とする。 ・2016年8月8日以降、認可を受けていない新製品の販売禁止とする。 ・2007年2月15日~2016年8月8日の期間内に販売されている既存製品は、非常に煩雑な販売前タバコ製品申請(PMTA)の提出とFDAによる認可を必要とする。 ・申請提出期限は2017年8月8日 ・年間売上500万ドル未満、かつ従業員150人以下のメーカーは2018年8月8日 18歳未満への販売禁止は妥当と思います。 無料サンプル配布の禁止は未成年への喫煙の推奨を防止しようという考えなのでしょうか。 拡大解釈されるとメーカーからレビュアーへの配布、あるいはお店でのリキッドテイスティングの提供も禁止、とされかねません。 また同時にメーカーや輸入業者がUSAで事業を行う場合は施設の検査、商品情報の提供などすべてをさらけ出す必要があります。 事実上アメリカで電子たばこ産業は壊滅する? Grandfather Dayと呼ばれる基準日が2007年2月と指定されてしまったことで、それ以外の電子タバコ及びリキッドは、FDAによる認可を得なければ今年の8月8日から2年以内に販売をすることができなくなり、申請を行ったとしても1年の猶予で合計3年間しか販売ができないことになります。 3年後にも製品を販売し続けるためには、HPHCの提出とPMTAの認可をFDAから受ける必要があります。 じゃあそのPMTA認可を取ればいいのねというと、そう簡単な話ではありません。 例えばリキッドであれば、単一のフレーバー、単一のニコチンレベル(ゼロニコチンを含む)、単一のボトルサイズに対して、ひとつの申請が必要になります。 PMTAとは異なり、リキッド成分だけでなく、Vaporとして生成されたものに健康被害がないことの証明なども検査結果として提出する必要があります。 その検査には、単一のデバイスで行うのではなく、様々なコイルのセットアップやワット数など、数百にものぼる設定での検査が必要となり、さらに3バッチ分の検査が必要です。 無理ゲー。 大問題は2007年の2月のGrandfather Dayってやつです(祖父の日。 )このワードでググると関連する記事が腐るほど出てきます。 例えばリキッドの有効期限を1年間とした場合、製造から1年が経過した状態のリキッドに対しても同様の検査を実施しなければならないのです。 これらに関わる費用は数十万ドル~数百万ドルと言われており、日本円で3億円取られてもおかしくない話 3種類のフレーバーリキッドを3段階のニコチンレベルで販売したい場合には、その費用が9倍に膨れ上がる メーカーの悲鳴が聞こえていますが、これだけの費用を掛けて提出した上でも、まさかのFDAが認可しないという選択肢も握っているのです。 この体力を持てるメーカーというのは、ほぼ存在しないか、既存の大手タバコメーカーくらいのものだと思われます。 そうです。 そもそも巨大なタバコメーカーへの規制を、バックヤードでショップリキッドを製造している小売店にもそのまま適用するという規制 コイルのセットアップをショップで行うことも規制されます。 PMTMの認可を通ったスターターキットそのもの、あるいはプリメイドコイルを販売することは問題ありませんが、コイルのセットアップをワイヤーを使って行うことは、すでにPMTMの適用内となり、認可を受けたその状態自体を変化させることは禁止されます。 これはユーザーがどのようにセットアップを行うかが予測できない場合には、そもそもリビルダブル製品にはPMTMの許可が下りないという可能性すらあります。 リキッドを実店舗で販売されている店舗では、テイスティングのためにお客さんの代わりにコイルビルドをすることも多いと思いますが、 規制内容がそのまま適用されると、それがNGになるということと思います。 では自分たちは日本だから関係ないやというのは楽観視しすぎていて、 アメリカの電子タバコ売り上げは2015年度で10億ドル(約9900億円)といわれており、いずれは1兆円以上の産業になるという予測もあります。 その市場を担っているのが中国のInnokin、Joyetech、Kangertech、Aspire、Kamryなどの電子タバコメーカーですね。 彼らはこの規制に対して猛反対の運動を起こしていますが、仮にアメリカで事実上コストをかけずに販売できなくなれば、メーカーとしては売り上げが激減して撤退せざるを得なくなる可能性があります。 そうなれば他の市場で売り上げを補てんするしかなくなるわけですから、 単純に考えてもアメリカと比較して小さい日本市場での、電子タバコ製品が大幅に値上げされる、発売されなくなる、新規の製品が登場しなくなる。 といった弊害が大いに考えられます。 既に出始めている実際の影響 某ショップさんからのお話によると、このFDA規制法案が登場してから、 海外のリキッドメーカーが注文を受けてから生産という形に移行しているようです。 そのため入荷に大幅な遅れが出ているとのこと。 つまりリキッドの在庫を持っておくとデッドストックになってしまい、資金を圧迫してしまうからの措置だと思われます。 規制内容から考えれば、少し手に入れるのが今までより遅くなるだけですからまだマシですが、今後を思うと憂鬱になりますね。 今何ができるのか? では、後半でアメリカの税収上の問題点から今回の規制強化につながったなどとても興味深い考察がなされています。 また、我々に今できることは?という問いについて、などといった間接的な支援方法についてものべられています。 ソース必読です。 電子タバコ(VAPE に関係する人すべてに影響があると私も考えています。 私自身もVAPEに出会ったことでいろんな人と交流ができ、また心身ともに体調も良くなりましたから、今回の規制は残念で仕方ありません。 あまり規制を強化しすぎると、法の目をかいくぐってアンダーグラウンドにVAPEが流行してしまうという懸念もありますね。 、など都合のよい情報には目をつぶって、けたたましく禁煙を叫ぶ禁煙ファシストとは、頭が悪すぎて相いれないなあというのが全体としての感想です。 何事もバランスが大事! 極論ですがそもそも人間は生きてるだけで害を受けてる、害を与えてる動物でしょう。 タバコやVAPEを否定するなら自分そのもののライフスタイルを否定することになると思うのですが、みなさんいかがでしょうか? たとえば僕はラーメンが好きですが、ラーメンなんて健康で見たら最悪の食べ物ですよ。 じゃあ野菜が体に良いかっていうと、糖質の面でみたら決して良くはありませんし、野菜だけ食ってても人は健康になれないと思います。 僕の人生訓としてバランスがとても大事だと思っていて、食事にしても、VAPEやタバコの喫煙にしても、お酒にしても、ほどほどでバランスをとるのが一番いいということ。 結論出てませんからね) なお最後に補足ですが。 根性で禁煙されてVAPEを毛嫌いする方も一定数いらっしゃいますが、 一番偉いのは根性で禁煙された方だと強く思っています。 一定の規制は必要だと思いますが、今後もモラルとマナーを守ってVAPEを末永く楽しんでいきたいものですね。 FDA規制法案の全ページ ソース:.

次の

加熱式タバコ大国日本。電子タバコ規制強まる中で「加熱式」は大丈夫なの?

電子 タバコ アメリカ 規制

飲食店• 居酒屋• パチンコ店• ショッピングモール 今まで喫煙することができたところであっても2020年4月1日からは全て禁煙となります。 そのため、いつも通っている飲食店やパチンコ店などで今まで通り普通に紙巻たばこを吸ってしまうと、法令違反の対象となってしまうので注意が必要です。 ただ、 「喫煙専用室」といったたばこの受動喫煙を防ぐスペースなどであれば、屋内であっても紙巻たばこや加熱式タバコ、電子タバコは使用することができます。 さらに、たばこを吸う目的の施設のシュガーバー、客席面積が100平方メートル以下の小さな居酒屋やバーといったところも規制の対象外となっています。 これらの施設を改正健康増進法では 「喫煙目的室」または「喫煙可能室」と定められることになり、これまでと同じように紙巻たばこや加熱式タバコ、電子タバコは使用することができます。 屋内での加熱式タバコは「加熱式タバコ専用喫煙室」のみ喫煙可能 加熱式タバコも改正健康増進法での規制となっており、原則的に屋内では先ほど紹介した「喫煙目的室」「喫煙可能室」に合わせて 「加熱式タバコ専用喫煙室」のみでしか喫煙することができません。 「加熱式タバコ専用喫煙室」とは、 加熱式タバコだけを使用できるスペースのことで、空気の気流が0. 2m毎秒以でさらに壁や天井によって他と区画されていることが条件になっています。 そのため、2020年4月1日からは飲食などの屋内で加熱式タバコを使用する場合には、「喫煙目的室」や「加熱式タバコ専用喫煙室」がある所でなければ使用することができません。 ただ「加熱式タバコ専用喫煙室」は飲食の提供を行うことができるため、紙巻たばこよりも規制の縛りが緩くなっています。 先ほど紹介した「喫煙専用室」では飲食の提供は禁止されていて、 たばこのみの使用しか許されていません。 そもそも加熱式タバコとは、たばこ葉を高温の熱によって加熱してエアゾルを発生させてそれを吸引するものになり、紙巻たばこよりも有害物質のタールの発生を 90%以上カットすることができるため紙巻たばこよりも規制が緩くなっています。 電子タバコは改正法の規制対象外 加熱式タバコは、たばこ葉を使用・加熱するので改正健康増進法の規制の対象となっていますが「電子タバコ」の場合はどうなのでしょうか? 結論から言ってしまうと、 電子タバコは改正健康増進法の規制の対象外となっています。 日本国内で販売されている電子タバコで使われる液体リキッドにはタールやニコチンといった有害物質は含まれていなく、受動喫煙による健康被害のリスクは今のところ心配いりません。 そのため改正健康増進法が施行させる2020年4月1日以降も、電子タバコは今まで通り屋内でも使用することができます。 ただ、飲食店などの施設管理者によって電子タバコも禁止しているところもあるので、そのような所では 改正健康増進法の対象外となっていても電子タバコを使用することはできません。 ですので、改正健康増進法の施行後であっても電子タバコを飲食店などで使用する場合には、 お店の人に確認を取ってから使用する方がいいでしょう。 「改正健康増進法」の要点を大きく3つに分けて解説! 改正健康増進法では電子タバコは規制の対象外となりますが、加熱式タバコは 規制の対象となってしまいます。 そもそも、改正健康増進法が成立されることになった背景には、受動喫煙による健康被害へ影響が大きく関わっています。 特に屋内での受動喫煙による健康被害は屋外よりもはるかに深刻で、改正健康増進法に違反してしまうと罰則を科せられてしまう場合があります。 そこで、改正健康増進法の要点を簡単にまとめてみたので事前に確認しておきましょう。 違反してしまうと最大50万円の罰金を科せられてしまう! 何度も言いますが、改正健康増進法は2020年4月1日に施行されるたばこの受動喫煙による健康被害を防ぐ法令になり、違反してしまえば過料による罰則を受けてしまいます。 過料の金額は地方裁判所の決定によって異なりますが、大きく違反を犯してしまえば最大で50万円の罰金を支払うことになってしまいます。 この罰金は主に飲食店や居酒屋といった店舗側が科せられてしまうケースが多いですが、 喫煙者にとっても十分注意しなければなりません。 喫煙者が飲食店やパチンコ店などで誤って喫煙してしまうと、お店から入店禁止などを言い渡されてしまうことも考えられます。 そのため、紙巻たばこや加熱式タバコを愛用している人は、 2020年4月1日以降からは外での行動に十分注意する必要があります。 特にいつも通っている居酒屋や飲食店などに足を運ぶ際には、普段の癖で紙巻たばこや加熱式タバコを取り出さないように心がけるようにしましょう。 4つの喫煙室による規則がある! 改正健康増進法では、新たに4つの喫煙室による規制が設けられています。 喫煙専用室• 加熱式たばこ専用喫煙室• 喫煙目的室• 喫煙可能室 先ほども少し紹介していますが、「喫煙専用室」は電子タバコはもちろんのこと紙巻たばこや加熱式タバコを使用することができます。 ただし、「喫煙専用室」では飲食の提供は行うことができないので、基本的には今までの喫煙スペースのような位置付けになってしまいます。 一方、「加熱式たばこ専用喫煙室」は加熱式タバコの使用の他にも飲食の提供が可能なので、条件を満たしている場合であれば 飲み食いしながら加熱式タバコを使用することができます。 「喫煙目的室」とは、たばこを目的としている施設のことでシュガーバーなどが該当されます。 最後の「喫煙可能室」が少しわかりづらく、小規模な居酒屋やバーなどの経営に配慮されて設定された喫煙室になり、 資本金5,000万円以下で客席面積が100平方メートル以下といったところになります。 紙巻たばこ・加熱タバコは規制対象!電子タバコは規制対象外! 今回のまとめにもなりますが、改正健康増進法が施行される2020年4月1日以降は原則的に 屋内でのたばこの使用は禁止されてしまいます。 その規制の対象となってしまうのは「紙巻たばこ」と「加熱式タバコ」になり、違反してしまうと罰則を科せられてしまう場合があります。 主に店舗側による違反に対する罰則が厳しく問われてしまう場合が多いですが、喫煙者の方にも罰則を科せられてしまうこともあります。 その一方で「電子タバコ」は規制の対象外となるので今まで通り屋内で使用することができます。 ただし、飲食店によっては電子タバコの使用も禁止している場合があるので、事前に確認しておきようにしましょう。 紙巻たばこや加熱式タバコから電子タバコに乗り換える人は 今後多くなるかもしれません。

次の