レイチェル。 レイチェル・カーソン

レイチェル : 作品情報

レイチェル

プロフィール 体重 kg 不明 出身地 ンシルヴァ (好きなはとフィシェ) 大切なもの 時間、のー 嫌いなもの 退屈、 名 ド 曲 of R(対) バックストーリー BLAZBLUE - CALAMITY TRIGGER - 血族の現当。 「当」とはいっても先代から受け継いでいるものは巨大な古とが一人、 そしてのとのギィのみ。 退屈が大嫌いなは楽しいことを探しにを抜け出すことにする。 BLAZBLUE - CONTINUUM SHIFT - 血族の名門「」の現当。 永きに渡って「閉塞した」を静観していたが、 先の事件後、が進み始めたのを契機にから一転。 自ら敵に相対することを決意し、行動を開始する。 三のひとつ「」の保持者であり千の時をと言われる。 統制機構の頂点である「」とは浅からぬ因縁があり、その論見をするためには再び行動を開始する 性格・設定 性格• 面と向かって相手を容赦なく罵る。 にで自己中心的な性格。 (これは:などが 当としてしてきたため) しかし物静かにを楽しんだり、その高い教養と知性で他人に助言を与える一面もあり、 それほど気むずかしい人物というわけではない。 長命であるの宿命か、 「人をおちょくって退屈をする」というを持つ。 (気に入った相手にしかやらないようなので、一種のじゃれ合いなのかもしれない) 設定• 外見からは想像出来ないが、 れっきとしたであり、かのの当でもある。 従である、ギィの2匹を荒っぽく扱いながら戦いを繰り広げる。 のは、のギィはとしてしている。 「ではあるが、 血は吸わない」という設定がある。 のに関わっている。 で、そのことはある程度判明している。 可憐なな姿にを奪われるが、大きなも特徴である。 はこのをのに見立てている模様。 ちなみにナーは +シャツでぞ!(とは格が違う)• においては、と面識があったり、のを知っていたり、なを残すが多いなど、「」というにおけるとなっている。 特にの事をわざわざ「えいゆ」(表記で)と呼んでいたりするなど、様々なことを知っている重要なである。 名のほとんどは、名を由来としている。 (ルグのみ名)• ロベ :• :(ではない)• シプラ:• : ゲームキャラクターとしての特徴 「」という設定からか 「をにして、自身に殴らせる」というで戦う。 またやなどの的なをもにして戦う。 第1作である-CTY -(以下CT)では、判定の強い通常技、設置を併用した高い固めに加え、中下段の高速な崩しと高いを持つ、 いわゆる強であった。 が、2作の-COUM -(以下)では大幅な調整を受けている。 である 「ド」は全体にを吹かせる効果がある。 このは両方のに影を与えるため、で相手の接近をしたり、追いを吹かせて前の移動を大きく伸ばしたりすることが出来る。 また普段はのせいで繋がらないも、さえあれば強引に繋げることもできたりする。 ルグ13世(通称)、ニー・ロベ(通称)&ソード・(通称)、ピッシュ・シプラ(通称)などの豊富な設置技・を持つ。 これらの要素による、 相手のな動きを阻する立ち回りが最大の長所。 また、+を組み合わせて攻め立てることでプライマーを削れるため、 積極的にを狙うという戦術を的に運用出来るのも魅。 (も同様な攻めが可だが、こちらはいろいろと条件が必要なだけにに優れている) 弱点• 豊富なを持つが、逆に設置してからじゃないと大きなを与えたり、崩しを迫る事が難しい。 では全体的にが大きく抑えられたため、 大を与える事が難しくなった。 (CH・したり、相手が近くに居た場合には0越えのを込める)• 切り返し性があまり良くなく、攻められると反撃するのがなかなか難しい。 2作目以降での追加・変更点 CSでの追加・変更点• 全体的に下方調整• の回復変更• 新DD「・」追加• ルグの鈍化のかわりにの影を受けるように• の発生保障 その他• のを差し置いて、対戦で専用・を備。 またとの絡みは、なものが多く、りに一緒である。 さらに版・(予約特典、版カラミ・)・(2作のロケでもらえたオマケ)でもと一緒だったりする。 しかし自身ので登場しているのは、 ではなくとは、彼の1作や一部の、『えもじ』内の特集や版カラミ・の特典で一緒。 庭用CTに付けられた販促用、特典では やたらセクがあったりする。 (、、、テージ、、姿…)• 状態(クッションに座っている状態)にしたままに放っておくと、 うたた寝をする。 と一緒に「」扱いされている。 しかしは、やには扱いされ、2作での不安定状態の中、かなり弄られている。 は、 に対して丸出しである。 関連動画 関連商品 関連静画 関連コミュニティ 関連項目•

次の

レイチェル・カーソン

レイチェル

1940年、に従事していた時のカーソン 誕生 レイチェル・ルイーズ・カーソン 1907-05-27 スプリングデール () 死没 1964-04-14 (56歳没) 職業 生物学者、作家 国籍 最終学歴 チャタム大学 () 活動期間 - 1964年 ジャンル 主題 、、 代表作 『』 農薬で利用されている化学物質の危険性を取り上げた著書『』( Silent Spring)は、アメリカにおいて半年間で50万部も売り上げ、後のや1972年ののきっかけとなり、人類史上において、環境問題そのものに人々の目を向けさせ、の始まりとなった。 没後1980年に、当時のアメリカ合衆国大統領であったからの授与を受けた。 来歴 幼少時はを志しており高校の成績も極めて優秀であった。 ペンシルベニア女子大学では英文学を希望していたが、生物学の授業を受けたことで生物学分野の科学者を志望するようになった。 の修士課程でを学ぶ。 当時、女性が一生働ける職業は少なく、特に理系の分野においては看護師か教員しか就ける仕事がなかった。 そのため科学者という選択は非常に珍しいことであった。 大学院でも男子学生の中に紅一点という状況であった。 修士課程卒業後はアメリカ連邦漁業局に勤務。 『潮風の下で』、『海辺』、『沈黙の春』などの作品を発表。 当時まだ顕在化していなかった、州当局によるなどの合成化学物質の散布の蓄積が環境悪化を招くことなどの啓蒙活動に取り組んだ。 特に『沈黙の春』は、類の問題を告発した書としてこれを読んだが強く関心を示し、大統領諮問機関に調査を命じた。 これを受けアメリカ委員会は、農薬の環境破壊に関する情報公開を怠った政府の責任を厳しく追及。 DDTの使用は以降全面的に禁止され、環境保護を支持する大きな運動が広がった。 尚、カーソンの死後の研究では、「DDTの危険性」には疑問の余地もあるという意見もある。 『沈黙の春』の執筆中に宣告を受け病と戦いながらの執筆活動で、に癌により死去。 生涯独身だったが、に肺炎で亡くなった姪マージョリーの息子ロジャーを養子にしている。 DDT禁止に関する議論 カーソンは特にアメリカの保守層から批判を受けているが、特に標的となったのがDDT禁止問題である。 この問題についてはにレーガン、ブッシュ(父)と続いた共和党政権時代から政治学者チャールズ・ルービン(Charles Rubin)らによって継続的にカーソンへの批判がなされてきたが、に入ると「カーソンがDDTの禁止を主張しなければ何百万人ものマラリア患者が死なずに済んだ」という論法で、カーソン個人がそれらの死について責任を負うべきであるという批判がなされている。 しかし、実際にはカーソンはマラリア予防目的であればDDT使用禁止を主張していない。 カーソンが実際に主張したことは、農薬利用など予防以外の目的でのDDTの利用を禁止することにより、 マラリア蚊がDDTを持つのを遅らせるべきだという内容だった。 一方で安価な殺虫剤であるDDTは途上国では田畑での農薬として使用され、最近までほとんど減少しなかった。 このため猛禽類や水棲生物の減少による生態系破壊はそのままで、DDTに耐性を持つ蚊の増加をふやす結果となっている。

次の

レイチェルシリーズ

レイチェル

監督は、出演はとなど。 原作はの1951年の小説『 ()』。 同原作の映画化作品としてはの『』がある。 日本では劇場公開されず、2019年2月にで放映された。 ストーリー [ ] 幼い頃に両親を亡くし、従兄のアンブローズに育てられた青年フィリップは、父親のように慕うアンブローズが療養先のイタリアで従姉妹で未亡人のレイチェルと結婚したとの手紙を受け取る。 当初は幸せそうなアンブローズだったが、ある日、レイチェルの目を盗んで書き送ったという手紙で、病に伏せており、助けて欲しいとフィリップに訴える。 イタリアに駆けつけたフィリップはレイチェルの弁護士というライナルディから既にアンブローズが脳腫瘍で亡くなったこと、そして病気が原因の妄想によってレイチェルらに対して暴力的になっていたことなどを知らされる。 アンブローズはレイチェルに殺されたと確信したフィリップだったが、アンブローズの遺書が書き換えられておらず、財産はこれまで通り、フィリップが25歳になった時点で全て相続することになっていることに疑問を抱く。 フィリップが主人となった屋敷にレイチェルがアンブローズの未亡人としてやって来る。 憎しみの気持ちで彼女を迎えたフィリップだったが、彼女の美しさと淑やかさにすっかり心を奪われてしまう。 周囲の人々はレイチェルには欲深い裏の顔があると忠告するが、聞く耳を持たないフィリップは弁護士に依頼し、25歳の誕生日にアンブローズの遺産を相続した時点で、その全てをアンブローズの妻だったレイチェルに譲る手続きをしてしまう。 そして、25歳の誕生日を迎える前の夜、フィリップはついにレイチェルと結ばれ、財産の譲渡契約書をレイチェルに渡す。 その日以降、レイチェルはフィリップからの求婚を頑なに拒むとともにフィリップと距離を置くようになる。 彼女の態度の急変に戸惑うフィリップは体調を崩し、さらにアンブローズが「レイチェルに殺される」と走り書きしたメモを見つけたことでレイチェルに対する疑いの気持ちを膨らませていく。 そして、馬で遠乗りに行こうとするレイチェルにフィリップは「今の時期ならアザラシの子が見られる」と言って以前自分が落馬して転落死しかけた崖に行かせる。 その間にレイチェルが自分を殺そうとしていることを示す証拠がないか探すフィリップだったが、そのような証拠は何もなく、逆にレイチェルがフィリップを心から気にかけていることが弁護士からの手紙で明らかになる。 愕然としたフィリップはレイチェルの後を追う。 しかし、既に彼女は乗っていた馬とともに崖下に転落し、息絶えていた。 フィリップは幼馴染のルイーズと結婚し、子をもうけるが、レイチェルに対する罪悪感に苛まれ続けることになる。 フィリップ・アシュレー: () - アシュレー家の主人アンブローズに育てられた従弟の青年。 レイチェル・アシュレー: () - フィリップの従姉でアンブローズの妻。 ニック・ケンダル: () - フィリップので。 ルイーズ・ケンダル: () - ニックの娘でフィリップの幼馴染。 ジョシュア: - アシュレー家の使用人。 エンリコ・ライナルディ: - レイチェルのイタリア人弁護士。 カウチ: - フィリップの弁護士。 61点を得ている。 によれば、34件の評論のうち、高評価は22件、賛否混在は10件、低評価は2件で、平均して100点満点中63点を得ている。 出典 [ ].

次の