サッキ ヤル ベン ポルカ。 コンドラチェヴォ

サッキヤルヴィのポルカ カタカナ歌詞 : 老駑思千里

サッキ ヤル ベン ポルカ

のにより一時サッキヤルヴィの大部分が領となったが、続くでは開戦約2か月後にフィンランドが奪還している。 しかし、を境に劣勢となったフィンランドはにより事実上敗北し、サッキヤルヴィの9割がソ連への割譲を余儀なくされた。 ソ連に編入されたサッキヤルヴィは当初 ウリヤノフカと命名されたが、1948年にである親衛大佐に因んだ コンドラチェヴォと改名され、現在に至っている。 フィンランド民謡の一つである サッキヤルヴィのポルカ は、かつてソ連に奪われたサッキヤルヴィに対する想いを歌っており、フィンランド国民の多くに親しまれている。 名所 [ ] フィンランド国内で再建されたサッキヤルヴィ教会 サッキヤルヴィにはに建築された製の ()が街のシンボルとして建っていたが、冬戦争におけるソ連軍の空襲で焼失してしまった。 戦後、ソ連により木造教会が再建されたが、に旧教会跡は付属する墓地とともに取り壊された。 現在では跡地にフィンランド語とロシア語で記された石碑が建てられており、往時の教会を偲んでいる。 旧教会の所有財産はほぼ失われたが、旧教会の教区は現在とが運用しており、鐘は ()が所有している。 なお、ソ連の支援を受けてフィンランド国内に新たなサッキヤルヴィ教会が建てられており、こちらは現在でも見ることができる。 著名な出身者 [ ]• ():軍人。 受章者第115号。 ():陸軍軍人。 マンネルハイム十字章受章者第154号。 :陸軍軍人。 と並ぶフィンランドの。 脚注 [ ]• Nurmiluoto, Timo 1997. Karjala kuvina, Viipurin Karjala. Helsinki: Kustannus Oy Constator. 125. 172 参考文献 [ ]• Koponen Paavo 1999. Karjalan kirkkokummut. Espoo: Tammi.

次の

サッキヤルヴェン・ポルッカ(Säkkijärven Polkka)を歌ってみよう(カタカナあり)

サッキ ヤル ベン ポルカ

フィンランド国内では非常に有名な民謡の一つである。 概要 [ ] 元々はフィンランド・地方で演奏されていた曲であり、 ()によって大衆化されたものが現在知られているサッキヤルヴェン・ポルッカである。 サッキヤルヴェン・ポルッカは「 サッキヤルヴィの」という意味である。 はかつてフィンランドに属した都市であるが、中のにおいてに占領され、現在はコンドラチエヴォとなっている。 そのためサッキヤルヴィを奪われたフィンランド人が、慕情や哀愁を込めた歌詞を曲にのせ歌い継いできた。 サッキヤルヴェン・ポルッカはテンポが速く、で演奏されることが多い。 フィンランドのアコーディオン奏者からは「国歌」と称されるほどの人気を持っている。 アニメ映画『』ではフィンランドをモデルとした継続高校のテーマ曲として使用された。 この曲ではフィンランドの弦楽器で演奏されている。 外部リンク [ ]•

次の

サッキヤルヴェン・ポルッカ

サッキ ヤル ベン ポルカ

のにより一時サッキヤルヴィの大部分が領となったが、続くでは開戦約2か月後にフィンランドが奪還している。 しかし、を境に劣勢となったフィンランドはにより事実上敗北し、サッキヤルヴィの9割がソ連への割譲を余儀なくされた。 ソ連に編入されたサッキヤルヴィは当初 ウリヤノフカと命名されたが、1948年にである親衛大佐に因んだ コンドラチェヴォと改名され、現在に至っている。 フィンランド民謡の一つである サッキヤルヴィのポルカ は、かつてソ連に奪われたサッキヤルヴィに対する想いを歌っており、フィンランド国民の多くに親しまれている。 名所 [ ] フィンランド国内で再建されたサッキヤルヴィ教会 サッキヤルヴィにはに建築された製の ()が街のシンボルとして建っていたが、冬戦争におけるソ連軍の空襲で焼失してしまった。 戦後、ソ連により木造教会が再建されたが、に旧教会跡は付属する墓地とともに取り壊された。 現在では跡地にフィンランド語とロシア語で記された石碑が建てられており、往時の教会を偲んでいる。 旧教会の所有財産はほぼ失われたが、旧教会の教区は現在とが運用しており、鐘は ()が所有している。 なお、ソ連の支援を受けてフィンランド国内に新たなサッキヤルヴィ教会が建てられており、こちらは現在でも見ることができる。 著名な出身者 [ ]• ():軍人。 受章者第115号。 ():陸軍軍人。 マンネルハイム十字章受章者第154号。 :陸軍軍人。 と並ぶフィンランドの。 脚注 [ ]• Nurmiluoto, Timo 1997. Karjala kuvina, Viipurin Karjala. Helsinki: Kustannus Oy Constator. 125. 172 参考文献 [ ]• Koponen Paavo 1999. Karjalan kirkkokummut. Espoo: Tammi.

次の