きゅうりの育て方。 キュウリの育て方

胡瓜(キュウリ)に発生する病気の症状と対策

きゅうりの育て方

キュウリ栽培について、下図の栽培カレンダーに沿って要所の解説をしていきたいと思います。 キュウリの種まき(播種<はしゅ>) 夏野菜の栽培において、筆者は一貫して購入した接ぎ木苗の利用を推奨しています。 しかし、ウリ科作目は、ナス科作目より比較的強靭(きょうじん)で種からの栽培が容易なため、一から全てやってみるのも良いでしょう。 育苗用の施設がない家庭菜園の場合は、自前の苗だと定植が遅くはなってしまいますが、園芸の楽しみ、収穫の喜びは倍化することでしょう。 園芸培土をいれたポットに一粒ずつ種をまき、毎日水やりをすれば、4月初旬まきで5月中旬には定植できます。 畑の準備 キュウリの元肥 元肥として、遅くとも植え付け2週間前に1平方メートルあたり苦土石灰100グラムを施し、1週間前に完熟たい肥4キロ、化成肥料を250グラム程度(成分比率8-8-8の場合。 数字は窒素・リン酸・カリウムの含有率を示す)施用します。 肥料を土とよく混和し、畝をたてて準備しておきましょう。 黒マルチシート(畝を覆うシート)を利用する場合は、早めに張っておくと地温が上昇し、定植後の初期生育が旺盛になります。 キュウリの植え付け(定植) キュウリの植え付けは、遅霜のなくなった頃、春の大型連休の前後が良いでしょう。 ホームセンターでの苗の販売は4月初旬からはじまりますが、4月初旬に植え付けると、霜でやられてしまいもう一度苗を購入する確率が非常に高くなります。 植え付け幅は株間70センチで、家庭菜園の場合は行灯(あんどん)の利用を推奨します。 風害を避けることができ、生育が良いのもありますが、栽培初期に葉をボロボロにする害虫のアブラムシやウリハムシは、主に風にのって平行移動するので、これらの被害を最小限に抑えることができます。 行灯 キュウリの仕立て方 キュウリ栽培をはじめる際に最も混乱するのは、キュウリの仕立て方に関してです。 家庭菜園の場合はネットによる誘引が一般的でしょう。 最も扱いやすく丈夫なものは以下の図のように2条植えの合掌方式で支柱を組むやり方です。 さあ、ネットにはわせてキュウリをつくっていくぞ、と意気込んでいるのは分かりますが、最初の6節(主枝から発生する本葉の一枚につき1節と数えます)までは、葉のわきから伸びてくるわき芽は全て切除します。 基本は主枝を真っすぐ上に伸ばしていきます。 この主枝のことを親づるといい、生育初期にあたる6節まではこの親を育てることに注力します。 7節以降は下図のようにわき芽(子づると呼ばれます)を1~2節残して摘心(芽の先端を切ること)していくことで、親づるを育てながら、収穫していきます。 定植時期や天候にもよりますが、おおよそ25~30節あたりの、手が届かなくなったあたりで主枝である親づるを摘心してしまいます。 基本的にはわき芽である子づるを1~2節ずつならせて収穫するのですが、この子づるから更に孫づるが発生していきます。 特に親づるである主枝が止められると、孫づるの発生が旺盛になります。 この処理の仕方で過繁茂になり、それが原因で病害虫や生理障害など、随分と苦労することが多いように思います。 家庭菜園の場合は、10節以降の孫づるに関してはある程度放任してならせるだけならせるのもひとつの手段です。 家庭菜園では、梅雨の間にいろんな病害にやられてしまい、7月中旬頃にはボロボロになっている方が非常に多いです。 それを防ぐために、6月中下旬に第二弾のキュウリの種をまいておき、第一弾のキュウリが収穫できなくなった頃に第二弾キュウリの収穫が始まるという、二期作をやっている方も多くいます。 孫づるは利用せず、主枝付近で収穫し続ける方法です。 主枝がのびた分だけ、根元のつるを巻き取るようにまとめていきます。 追肥と水やり 追肥は、収穫開始以降、10日に一回化成肥料を一株あたり大さじ一杯程度施用します。 また、特に梅雨明け以降の水やりは非常に大切になります。 梅雨明け以降は土が乾燥することのないよう、雨がなければ頻繁に水やりをするように心がけましょう。 とくに相談の多い「キュウリの実が先細りして曲がる」という現象は、本来であればさまざまな要因が考えられるのですが、家庭菜園の場合は特に水不足が原因であることがほとんどです。 梅雨明けの暑い時期にキュウリが曲がっていませんか? 心当たりがあるならば、今年は十分な水やりを肝に銘じましょう。 キュウリの花が落ちる 相談の多い内容に、キュウリの花や実が落ちる(枯れる)というものがあります。 話を伺っていると、落ちているのは雄花の方で、果実が実る雌花ではありません。 キュウリは単位結果性という性質を持っていて、授粉しなくても実がなるのです。 雄花がいくら落ちたところで影響はありませんのでご安心ください。 「いや、雌花(果実)が落ちるんだよ」という方は、虫や病気の被害でないのであれば、これも水不足や肥料不足をまず疑ってみましょう。 キュウリの根は地表面近くに浅く張っているので、乾燥の影響を強く受けてしまいます。 主な病害虫 うどんこ病:特に梅雨時期に頻発する病害。 葉に白い粉が付着する。 適応農薬で発見次第初期に防除する。 葉が茂って風通しが悪くなると一気に感染が広がるので注意。 べと病:葉が斑点状に黄化する。 雨による泥はねからの感染が主なので、マルチをしていると被害は軽減される。 アブラムシ:栽培期間中多くの被害がある。 食害自体は大したものではないが、放置すると治療不可能なウイルスの病気の感染媒体になるなど、甚大な被害につながるので適応農薬を散布する。 ウリハムシ:5月と8月に被害が大きくなる。 農薬を散布しても逃げ回るので、動きの鈍い早朝に防除する。 個体数の少ないうちは見つけ次第捕殺する。 なんだかややこしそうに見えるキュウリ栽培ですが、やっぱり難しい!と感じた方は、「地這(じば)いキュウリ」の栽培をおすすめします。 放任栽培用の品種で、園芸店にも種がよく置いてあります。 主枝を50センチで摘心してしまい、あとは放任して子づる孫づるに着いた果実を収穫するだけの仕立て要らずです。 簡単なので、キュウリは「地這い」しか作らないという人もいるくらいですが、地面を這わせるので面積は多く必要です。 とにかく毎日のように収穫できるのがキュウリの楽しみ! うまく仕立てて収穫に励みましょう!.

次の

【家庭菜園】【きゅうりの育て方】たくさん収穫できる、家計の味方

きゅうりの育て方

きゅうりの育て方 きゅうりはさわやかな香りとみずみずしいパリッとした歯ごたえが魅力の野菜ですが、ぬか漬けにすることでカリウムが3倍になり老廃物の排泄に効果があります。 品種は表面にイボの少ない「 白いぼきゅうり」と白イボの多い「 四葉(スウヨウ)きゅうり」がありますが、流通している9割が白いぼきゅうりです。 花は雄花と雌花が別々に咲く「 雌雄異花同株(しゆういかどうしゅ)」なので、蜂などの昆虫がいなければ人工授粉しないと実がつきません。 雌花 子房 は「節なり型」と呼ばれ、主に親ずるに咲く「節なり性親ずる型」と親ずると子ずるの両方に花が咲く「節なり性親ずる・子ずる型」があります。 育苗は簡易温室で約2か月育てると本葉3〜4枚で定植できる大きさに育ちます。 ホームセンターで苗を購入する場合は3〜4以上でがっしりとした病気に強い接ぎ木苗を選ぶとよいでしょう。 整枝・摘心・摘果・受粉 本葉6節から上のわき芽は伸ばし、それより下のわき芽は除去しますが、わき芽(子ずる)は子房(雌花)がついたら、葉2枚残して摘心します。 1番花は果実の長さが8〜10cmの大きさになったら、株の成長を促進させるために若採りします。 2番果以降は受粉後7〜10日くらいで20cmくらいの大きさになるので、固くならないうちに収穫します。 人工授粉は雄花の花びらを取り除いて、雌花の花びらの半分を取り除いてから、人工的に受粉させます。 人工的に受粉しないと子房(雌花)はすぐに花がしぼんでしまうので、雄花2個以上を雌花に受粉させるようにします。 品種特性 四葉きゅうりはパリッとした歯切れの良さが魅力で、白いぼきゅうりにはない食感と日持ちがしないので家庭菜園向きです。 地方の伝統野菜には直径20cmにもなる沖縄の「赤モウィ(あかうり)」や昔ながらの黒イボ系の「相模半白きゅうり」などがあります。 市販の品種は四葉系ではシャキットや味さんご、白いぼ系では夏すずみやフリーダムなどの品種があります。 地方品種 産地 名称 色・形 石川県 加賀太 果肉ともに固く、直径10cmにもなる 富山県 どっこきゅうり あんかけや詰め物で食べられる 群馬県 高山きゅうり やや苦みのある漬け物向き 長野県 八町きゅうり ずんぐりした小型のきゅうり 沖縄県 赤モーウィ みずみずしく、サラダや酢の物 栄養と効能 きゅうりは緑黄色野菜ではなく、淡色野菜に分類され、ビタミンC、カロテン、カリウムを含みます。 カリウムは利尿作用があるため腎臓の働きを助け、血圧を正常に保つ効果が期待できます。 カリウムはぬかずけにすることで、生食に比べると3倍も含まれる上に、乳酸菌も同時に摂取できます。

次の

【家庭菜園】【きゅうりの育て方】たくさん収穫できる、家計の味方

きゅうりの育て方

きゅうり(胡瓜)の基本情報 きゅうりは、ウリ科キュウリ属の果菜類で、インド北西部・ヒマラヤ山麓地帯が原産地です。 つる性の植物で、草丈は2m以上にまで達します。 3月頃に種子を播いて育苗し、4月下旬〜5月中旬に苗を定植します。 生育スピードが早く、6月下旬頃から収穫スタート、8月下旬頃まで楽しめます。 その後は枯死するライフスタイルをたどる一年草です。 原産地のインドでは3,000年前から栽培が始まっており、日本へは1,000年ほど前に中国・朝鮮半島を経由して伝わったとされています。 当初は薬草として利用されていたようです。 きゅうりが野菜として利用されるようになったのは、江戸時代末期から明治時代になってから。 現代は大人気のサラダには欠かせない食材で、促成栽培などによって一年中食べられる野菜です。 きゅうりのブルームとは? 近年、青果店やスーパーで見かけるきゅうりは、表面がつやつやとしていますが、一昔前のきゅうりは表面にうっすらと白い粉が吹いた状態になっていました。 これは、水をはじくとともに、実からも内部に含む水分の蒸発を抑えて、表面を保護する役割を持っています。 これは、きゅうりが自然に生成する物質で、「ブルーム」と呼ばれています。 ブルーベリーも同様に、鮮度がよいものはブルームが見られますよね。 ところが、きゅうりに生じるブルームは「農薬散布の残留物ではないか」とクレームの要因となっていた時代があったのです。 ブルームが中途半端に落ちて汚いなど、見た目も悪かったことから、このブルームが生じない「ブルームレス」の品種が生まれて、普及するようになりました。 しかし、このブルームレスの品種は、通常のきゅうりに比べて皮が硬くて日もちするようになったものの、味が落ちるとする向きもあるようです。 一周回って、本来ブルームに守られた歯ざわりのよいきゅうりが再注目され、また新しい品種が生まれる動きが出てきました。 きゅうりは人気の野菜ですから、各種苗会社がしのぎを削って美味しい品種を追求し、日進月歩で品種改良が進んでいます。 きゅうりの品種 きゅうりには非常に多くの品種があり、主に白イボ系と黒いぼ系に大別することができます。 日本で栽培されている品種の多くが白イボ系で、表面につくイボが白色、果皮が鮮やかなグリーンで、皮が薄くシャキシャキとした歯ごたえをしています。 一方、黒イボ系は表面のイボが黒いのが特徴。 南西日本で広く栽培され、春〜初夏採りの早生種が普及していました。 漬物に適していますが、サラダなど生食するには味が白いぼ系よりもやや劣るとされ、現在は九州や四国でわずかに見られるくらいとなっています。 他にも加賀の伝統野菜で、太くて大きいものでは1㎏にも達する「加賀太きゅうり」のほか、実の上部が緑で下に向けてグラデーションを描いて白くなる「半白節成」などもあります。 また、品種改良によって果皮のイボをなくした「いぼなしきゅうり」も人気です。 きゅうりも綺麗な花が咲く! きゅうりは、6〜8月が開花期。 直径3cmほどの黄色い5弁花を、多数咲かせます。 じつは、きゅうりには雄花と雌花があるんです! 花が咲いたら、つけ根をよく観察してみましょう。 つけ根が膨らんでいるのが雌花で、膨らんでいないのが雄花です。 「だったら、人工授粉が必要なの? 」と思う方もいるかもしれませんが、答えはNO。 きゅうりは「単為結果」という性質があり、雌花と雄花の間で受粉できなくても、しっかり実をつけてくれるのです。 ちなみに、きゅうりの花言葉は「洒落」です。 「洒落」には、「あか抜けた」とか「気の利いた」という意味がありますが、目を引く黄色い花を咲かせる姿や、人工授粉せずともよく実る性質から、この言葉を当てたのかもしれません。 しかし、これは誤訳ともいえ、実際には「最も熱量の低い果実」と認定されたもので、100g当たり14キロカロリーであることを評してのもの。 低カロリーだからといって、栄養が少ないわけではありません。 また、「fruit」とある通り、「果実」 果菜類も分類上、属される と比較したもので、野菜と比較しての記録ではないのです。 特にカリウムを多く含み、ナトリウム 塩分 を排出する役割があって、体内の水分量を調節するのでむくみの解消にも効果的です。 また、きゅうりには体を冷やす効果があり、熱中症対策の水分補給にもいいとされています。 歯ざわりのよい食感でさっぱりとした味わいは、夏バテ気味で食欲がない時にも、美味しく食べられるのがいいですね。 きゅうりの旬の季節 サラダや漬物など、日本人に愛されているきゅうり。 その需要の高さから、ハウス栽培などにより一年中青果店やスーパーに並んでいるので、「きゅうりの旬はいつですか?」と問われても、答えに困ってしまう方もいるのではないのでしょうか。 きゅうりは夏野菜の一つで、収穫のハイシーズンは7〜9月。 この旬の時期には、畑で栽培されているものが出回るため、価格も手頃感がありますね。 旬に出回るきゅうりは、冬にハウス栽培されたものと比べて2倍ほどのビタミンCが含まれているといわれています。 畑で太陽の恵みを受けた旬のきゅうりを、ぜひ味わいましょう! きゅうりの育て方 きゅうりは生育が旺盛でたくさん実るので、収穫の喜びを実感できる野菜の一つ。 1株から収穫できるのは15〜30本ですから、一家族で1〜2株栽培すれば十分ではないでしょうか。 したがって家庭できゅうりを栽培する場合は、苗を買い求めて植え付けることからスタートするのが一般的です。 また、きゅうりを育てるには、支柱につるを絡ませる「支柱栽培」と、地面につるを伸ばす「地這い栽培」と、2つの栽培方法があります。 ビギナーさんには、場所を取らずに管理がしやすい「支柱栽培」がおすすめ。 ここでは、きゅうりの支柱栽培について、詳しくご紹介していきます。 土づくり 同じ科の野菜を続けて同じ場所で育てると、連作障害が出て生育が悪くなるので、前作にウリ科の植物を栽培していない場所を選びましょう。 苗の植え付けの2〜3週間以上前に、苦土石灰を1㎡当たり100〜150g散布し、よく耕して土に混ぜ込んでおきます。 土づくりは植え付け直前ではなく、数週間前に行っておくことで、分解が進んで土が熟成します。 苗の選び方 本葉が3〜4枚ついた頃が、植え付けの適期です。 双葉がついているものがよく、茎葉が締まってがっしりとして、勢いのあるものを選びましょう。 ヒョロヒョロと間延びしているものはNGです。 定植 植え付けの適期は、4月下旬〜5月中旬。 幅70cm、高さ5〜10cmの畝をつくります。 きゅうりは水切れしやすいので、あまり高い畝にしないことがポイントです。 畝ができたら、保水性をよくするために畝の表面を黒マルチ ポリフィルム製の被覆資材 を張り、風で飛ばないように四方に土を盛って固定します。 黒マルチはできるだけピンと張っておきましょう。 黒マルチを張ることで、乾燥や雑草を防ぐとともに、泥はねを防止して病気の蔓延を防ぐ効果もあるので、この一手間が成功のポイントです。 畝の中央に、株間を約45cm取って穴あけ器で黒マルチごと植え穴をあけます。 植え穴に水を注ぎ、水が引いたら苗を植え付けましょう。 苗のそばに仮支柱を立てて、茎を誘引しておきます。 支柱の設置 本葉が5〜6枚ついた頃が、仮支柱から本支柱に差し替えるタイミングです。 4mほどの園芸用支柱を3本用意し、株元から20cm以上離した3カ所に支柱を差し込みます。 しっかりと支えるために、地中には深さ40cmほど支柱を埋め込みましょう。 頂部をまとめて三角錐状にし、ひもでまとめて固定します。 きゅうりのつるを下から誘引しておき、以降はつるが伸びるとともに支柱に添わせて誘引していきましょう。 複数の苗を列植する場合は、1株の苗ごとに両側から内側へ向けて支柱を2本立てて、上部を交差させてひもでまとめ、交差させたところに横に支柱を渡して列全体を一体化させる合掌式にするとよいでしょう。 水やり プランター栽培とは違い、地植えの場合は下から水が上がってくるので不要です。 しかし、実がつき始めたら水を欲しがるので、雨が降らずに日照りと乾燥が続くような時は水やりをして補うとよいでしょう。 茎葉がだらんと下がって、しなびそうになっている時は、水を欲しがっているサインです。 追肥 植えつけから2週間後、黒マルチをはがして株の両側に、化成肥料を1㎡当たり約30g均一にばらまきます。 クワで耕して土に混ぜ込み、株元に土を寄せましょう。 追肥が終わったら黒マルチを元に戻しておきます。 以降、収穫が終わるまで2週間に1度を目安に、同様にして追肥と土寄せを繰り返します。 きゅうりの実は急速に肥大するので、実がなり始めると肥料や水を多く必要とします。 肥料切れになったり、株が疲れたりしてくると、実が曲がったり、尻細や尻太など変形が出てくるので、ご注意を。 摘花 親づるの地際から3〜5節目までに雌花が咲いたら、早めに摘み取りましょう。 成長の早期から株が消耗するのを防ぐためです。 子づるの整枝 親づるの3〜5節目から出る子づるは、すべて摘み取ります。 また、4〜6節目以降から出る子づるは、雌花を2つと葉1枚を残して、その先のつるは切り取りましょう。 整枝をすることで、養分が分散せずに実を充実させることができます。 摘芯 親づるが支柱の高さ以上に伸びてきたら、先端を切る「摘芯」をして管理しやすくします。 病害虫対策 きゅうりはビギナーさんでも育てやすい野菜ですが、病虫害が発生しやすい一面もあります。 特に「べと病」と「うどん粉病」は発生しやすい二大病気です。 梅雨時などの高温多湿期に肥料切れすると発生しやすいのが「べと病」です。 葉脈に囲まれた部分が褐色に変色するのが特徴です。 菌は土壌の中にいて、雨などの跳ね上がりで下葉について発生しやすくなるので、やはり先述の「土づくり」の項目で触れたように、植えつけ時に黒マルチを張っておくことが対策となります。 「うどん粉病」は、葉の表面が白く粉を吹いたような状態になり、放任するとどんどん広がります。 乾燥が続いて、涼しかったり日照不足だったりすると発生しやすくなります。 いずれの病気も、発症したら病気の葉を摘み取って処分し、適応の薬剤を葉の表と裏に散布して、蔓延するのを防ぎます。 きゅうりにつきやすい害虫は、アブラムシやウリハムシなど。 見つけ次第捕殺しておきましょう。 病虫害は、葉が込んで風通しが悪くなると発生しやすくなります。 枯れ葉や傷んだ葉があればまめに摘み取り、つるも適宜誘引して風通しよく管理しましょう。 収穫 最初の2〜3本は、株を疲れさせないために、長さ15cmくらいの若採りにするとよいでしょう。 実の成長は早く、開花から約1週間で標準サイズの長さ18〜20cmになります。 タイミングを逃すと、あっというまにヘチマサイズまで大きくなるので、なるべく若いうちの収穫を心がけましょう。 一通り収穫が終わったあとは、枯死してしまうので株を引き抜いて処分し、支柱は撤去しておきます。 枯れ葉や根も整理して、次のシーズンに向けて整地しておきましょう。 自分で美味しいきゅうりを育てよう! この記事では、きゅうりの特徴から育て方まで、じっくりと解説してきました。 きゅうりは黄色い花をたくさん咲かせるので観賞も楽しめ、またたくさんの実りをもたらしてくれる、まさに一石二鳥の野菜です。 毎年夏の味覚として、「我が家採れのきゅうり」を楽しんではいかがでしょうか。 自分で美味しいきゅうりを育てよう! この記事では、きゅうりの特徴から育て方まで、じっくりと解説してきました。 きゅうりは黄色い花をたくさん咲かせるので観賞も楽しめ、またたくさんの実りをもたらしてくれる、まさに一石二鳥の野菜です。 毎年夏の味覚として、「我が家採れのきゅうり」を楽しんではいかがでしょうか。 Credit 文/3and garden ガーデニングに精通した女性編集者で構成する編集プロダクション。 ガーデニング・植物そのものの魅力に加え、女性ならではの視点で花・緑に関連するあらゆる暮らしの楽しみを取材し紹介。 「3and garden」の3は植物が健やかに育つために必要な「光」「水」「土」。 com 参考文献: 『やさしい家庭菜園』 監修者/藤田智、加藤義松 発行/家の光協会 2006年3月1日第1刷 『別冊やさい畑 野菜づくり名人 虎の巻』発行/家の光協会 2009年2月1日発行 『甘やかさない栽培法で野菜の力を引き出す 加藤流絶品野菜づくり』著者/加藤正明 発行/万来舎 発売/エイブル 2015年5月25日発行第2刷.

次の