トリート 意味。 トリックオアトリートの意味と返事の返し方、言葉の由来まで。

リトリートの意味とは?ヨガを通してスピリチュアルを感じる私の体験記 inバリ

トリート 意味

スマートフォンから分かるように、英語のsmartは「賢い」を意味します。 前者は「学識がある、高い教育を受けている」タイプの賢者ということです。 go by the book(本の通りにやる)という表現にあるように、bookは「手本、しきたり、文献」といった意味になります。 book smartはつまり、試験に合格したり、有名大学を卒業することでスマートと見なされる人達です。 一方で彼らは実践に乏しく、何でも習った通り(bookにある通り)にやろうとする傾向があります。 「キャリア官僚」という言葉がありますが、東大を卒業して政府高官となる人たちはbook smartタイプではないでしょうか。 (彼、頭はいいけど世間知らずだよ) 1 のように、book smartは誉め言葉というより「世の中を知らない」的に使われることが多いです。 また、頭はいいけれど社会では成功していない、という意味になる時もあります。 ここではbook smartで1つの形容句として使っているので、aやtheのような冠詞はつきません。 ですがa booksmart(ブックスマートの人)のように名詞としての使い方もあります。 モテるのはこっち?street smartとは? 後者のstreet smartは、教育はないけれど実体験を通じて(ストリートで)色々なことを学んでいて、世間をよく知っている人を表します。 日本語でも「現場で学ぶ」という言い方をしますよね。 そういうタイプの人達です。 2 I would rather go out with a street-smart guy. (デートするならストリートスマートの男性かな) 2 のように、street smartは「教育はないけれど経験から知恵をつけている人」と、たいてい誉め言葉として使われます。 アメリカ人は秀才タイプは話が面白くない、経験値が高い人は色々なことを知ってそう、という固定観念みたいなものを持っています。 そしてstreet smartは「ストリートから出発して成功を収めた人」的な使い方もされます。 大学に進学するも中退して技術の世界に飛び込んでいったスティーブ・ジョブズのような人は、こちらに属するといえるのではないでしょうか。 ビル・ゲイツも全米最高峰のハーバード大学に入学しますが成績は悪く、休学してプログラミングに没頭し、そのまま大学に戻らなかったので最終学歴は高卒です。 アメリカのテック企業は自宅のガレージで創業するのが定番で、アップルとマイクロソフトはその代表例です。 在学中に作り出したソーシャルネットワーキングの仕組みは、学生寮からの出発といったところです。 別分野では、大学を中退してトラック運転手になり、「スターウォーズ」に感動して独学で映画制作を学び、「タイタニック」や「アバター」といった史上に残る大ヒット作を監督したジェームズ・キャメロンがいます。 こちらはまさにストリートからの出発ですね。 アメリカは超がつく学歴社会ですが、一方でこういったstreet smartの人達が桁外れの成功を収めるのは面白いですね。 もしかすると、飛びぬけた才能というのはbookでは測れないのかもしれません。 bookとstreet、どちらがいい、悪いというより、この世の中は両者が共存しているから上手く回っているのだと思います。 敢えて二択で、あなたは自分をどちらだと思いますか?.

次の

「トリック・オア・トリート」の意味と答え方!お菓子は何を?

トリート 意味

Trick(トリック) イタズラ・悪だくみ・(人を)騙すといった意味。 推理ドラマなどで、「犯人のトリックを暴いた!」と主人公がひらめく場面がありますよね?この場合の「トリック」も同じ「Trick」で、悪巧みを隠す事で周囲を騙すことからきています。 or(オア) AまたはB、と複数の事柄を並べて紹介する時に使います。 あるいは命令形として、 「さもないと」「さもなくば」とも使われます。 Treat(トリート) もてなす・(病気や怪我の)手当をする・ごちそうするといった意味。 Treatは、幅広い意味で使われる単語ですが、いずれにしても、「現状よりも良い状態にするために行動を起こす」といった意味として使われます。 おもてなしも、怪我の手当も、ご飯をごちそうするのも、してもらうと嬉しい事ですよね。 ただこれではあまりにも機械的ですし、英語圏でもそんなニュアンスで使ってはいません。 これを言うのが子供であることも含めて、わかりやすく訳すと次のようになります。 「イタズラしちゃうぞ!それが嫌ならお菓子をちょうだい!」 「お菓子をくれなきゃイタズラするぞ!」 Treatにはお菓子といった意味はないのですが、子供っぽい言い方をすれば 「お菓子」が一番近いかと。 Trickも子供が使うにしては言葉がきついのですが、あくまでも子供のかわいいイタズラというニュアンスです。 納得のいかない部分もありますが、 英語の慣用句と思えば納得できるのではないでしょうか。 トリックオアトリートという言葉の由来 死者の魂に祈りを… トリック・オア・トリートの 由来は、ヨーロッパの古い風習が元となっています。 ヨーロッパでは、ケルトの古い風習の中に、 「ソウリング(Souling)」というものがあります。 この時、一般家庭では、 「ソウルケーキ(Soul Cake)」と呼ばれるケーキを用意します。 そして各家庭を訪れる信者にケーキを渡し、使者の魂に祈りをささげてもらったのでした。 もしケーキを用意していないと祈りはささげられず、死者の魂がさまようとされていたんです。 「ケーキを出さないと死者の魂がさまよう」というのは、先程聞いた話ですよね?そうです。 お菓子をくれないといたずらする、「トリック・オア・トリート」はここから発生したものです。 イベント好きでにぎやかなことが大好きな、アメリカ人らしい変化とも言えますね。 トリックオアトリートと言われた時の返事は? ハッピーハロウィン! トリック・オア・トリート!と子供に言われたら、 英語でなんと 返事すれば良いのでしょう? アメリカではこの場合、 「ハッピーハロウィン!(Happy Halloween)」 と返答するのが一般的。 日本語に訳すなら、 「よいハロウィンを!」 「ハロウィンを楽しんでね!」 といったところでしょうか。 子供は友達どうしで、大人を驚かせながらお菓子をもらう。 大人はそんな子供が来るのをワクワクしながら、お菓子を沢山用意する。 そんな楽しい雰囲気が、「ハッピーハロウィン」からは感じとれますね。 トリート! ハッピーハロウイン!以外の返事としては、 「トリート(Treat)」 と言うこともあります。 確かに「いたずら(Trick)」か「お菓子(Treat)」だったら、 お菓子って答えたくなりますよね。 お菓子をあげるぐらいなら、イタズラされても…と思っても、そこはお約束。 用意したお菓子を、訪ねてきた子供たちに渡してあげましょう。 関連記事:• あらかじめお菓子を用意してから 日本での ハロウィンは大分浸透してきており、特に 仮装を楽しむという方も多いでしょう。 ただトリックオアトリートについては、イベントとして行われることは多いようですが、一般家庭ではまだまだ普及してるとは言えません。 「トリック・オア・トリート」を楽しむ場合、ハロウィンイベントが行われているところ以外の場所では控えたほうが無難かもしれませんね。 一歩間違えると知らない人からお菓子をねだり取ろうとする、困った親子だと思われてしまうかも・・・ トリック・オア・トリートを家で楽しむなら、ママ友同士であらかじめお菓子を用意しておき、そこに子供を行かせるかたちにすると、皆んなで楽しめるのではないでしょうか。

次の

宝石に「トリート」とか「エンハンスメント」という加工がされ...

トリート 意味

夏休みが終わって9月に入り始めてから ハロウィングッズが色んな所で販売されるようになりましたね。 でも正しい 意味や由来を知らずに子供にトリックオアトリートと教えることもなんだか微妙…。 場合によっては保育園の友達とかと ハロウィンパーティーをすることもあるかと思います。 ハロウィンを子供と一緒に楽しむにはやっぱりトリックオアトリートが欠かせないですよね。 子供は何だろう?魔法の言葉かな?と、聞きなれないトリックオアトリートという言葉に対していろいろな想像を膨らませるはず。 それではトリックオアトリートの 豆知識チェックして行きますね• トリックオアトリートの由来や意味は? 日本では昨今の ハロウィンブーム。 けれどもトリックオアトリートの 日本語の意味を知っている人って、はたして日本人の中で何パーセントいるでしょうか? トリックオアトリートは 英語で trick or treat と書きます。 よーく見るとコレは三つの単語に分解できますね。 分解してそれぞれの意味を考えてみましょう。 Trick:悪戯 いたずら 、策略、手口など• or:または 接続詞• Treat:おごり、とてもいいもの、うれしいこと 英語の意味はかなり多いのでその中から trick or treat の意味に近そうなものをピックアップして列挙してみました! 直訳してみると 「いたずらか、それとも、とてもいいもの」かとなります。 これだとさすがにわかりにくいので噛み砕いて意味を考えると、子供達にとってのとても良いものって お菓子ですよね。 つまりトリックオアトリートは、 「お菓子をくれないとイタズラするぞ」 という意味になるかと思います トリックオアトリートは子供達にとって お菓子をちょうだいとハロウィンの時におねだりするために使う知恵に溢れた言葉だったんですね。 でも、• そもそもハロウィンっていつから始まったんだろう?• なぜ始まったんだろう? と今度は トリックオアトリートの 由来や起源が気になってくるところですね。 トリックオアトリートの由来は諸説ありますが、その起源は 中世までさかのぼると言われています。 トリックオアトリートの由来と起源はキリスト教の「ソウリング」という儀式という説 昔のハロウィンは現在のような遊び的要素はなく、ヨーロッパで9世紀頃 ソウリング Souling という儀式が行われていてそれがハロウィンのトリックアトリートの由来といわれています。 このソウリングと言う儀式はキリスト教のもので、毎年 11月2日はキリスト教の信者にとって 「死者の日」という特別の日だそう。 死者の日は何らかの理由で成仏できない霊のために貧しい人々が 「ソウルケーキ Soul Cake 」を乞いながらいろんな家を訪れたといいます。 つまり貧しい人々達に食べ物を恵み、そのお礼に死者に祈りをささげてもらう儀式だったんです。 そしてそのソウルケーキと交換に成仏できない霊を天国へ行けるよう祈りを捧げたのです。 つまりソウルケーキとは 魂を供養するためのケーキということ。 ここで登場してくるのがトリックオアトリートの起源。 「ソウルケーキを差し出せ さもなけば 霊が成仏できず悪いことをする」 トリックオアトリートは子供がお菓子をおねだりするための合言葉という風に先ほどを書きましたが、もともとこのお菓子はこのキリスト教の死者の日におけるソウルケーキが由来だったと言われている説と、スコットランドの 「ガイジング」という風習が由来していると言われています。 トリックオアトリートの由来や起源はスコットランドの「ガイジング」という風習説 スコットランドの ガイジングという風習は、仮装をし歌を歌いながらカードを使ったマジックを楽しんだり物語を話したり、 誰かを楽しませることによってその代わりにお菓子をいただくというものです。 子供達がお菓子を欲しがる可愛い姿、そしていたずらが大好きという遊び心を一緒に楽しめるイベントはアメリカンの心をつかみやすかったんでしょうね。 ハロウィンが現在のような皆が楽しめるお祭りになったのは、19世紀以降と言われており本当に最近のことなんです。 しかしハロウィンの由来は、トリックオアトリートとは全く別の場所にあると言われています。 トリックオアトリートの由来はクリスチャンのソウリングという儀式だと先ほど書きましたが、ハロウィンの由来は 古代ケルト人の 「サウィン祭」というお祭りが起源になっているという説が濃厚です。 サウィン祭は 毎年10月31日に行われて日本のお盆に近い風習で、 あの世とこの世をその日だけ霊が行き来できる日と言われていました。 そして日本のお盆と違う点は亡くなった親族などを迎え入れるというプラスの面だけではなく、同時に 悪霊も行ってきてしまうと言う点です。 そこで活躍するのが 子供達! ハロウィンに子供が仮装するのはなぜ? ハロウィンの起源となるサウィン祭では、古代ケルト人は仮面をかぶり自分たちも 可能な限り怖い仮装をして悪霊たちを惑わせることにより自らの身を守ると言う意味を込めていたようです。 このサウィン祭では 悪霊に変装した子供達がいろんな家を訪れて… トリックオアトリート trick or treat と言います。 子供は悪霊に変装しているので子供がこの言葉を言っているのではなく、悪霊がこの言葉を言っているというスタンスになりますね。 これがハロウィンの起源であると言われています。 ハロウィンで子供達が仮装をするのも、このサウィン祭の風習が由来なんですね。

次の