ジンギスカン 起源。 ジンギスカンの歴史~ジンギスカン特集

ジンギスカン(チンギス・ハン)=源義経説というのがあります紋...

ジンギスカン 起源

ジンギスカンは北海道の生活そのもの! 札幌ラーメンに小樽の寿司、函館イカソーメンに利尻のウニ丼、そして最近は北のニューフェイス・スープカレーなどなど。 「北の美味いもん」数々あれど、やっぱりこれだべ、ジンギスカン! ……という事で、今回は北海道のソウルフード・ジンギスカンをご紹介します。 北海道民にとって焼肉と言えば、牛肉や豚肉のバーベキューというより「羊肉を焼くジンギスカン」を意味しますが、これを単なる食べ物と思うなかれ。 桜が咲けばジンギスカン、我が子の運動会にもジンギスカン。 ご近所の催し打ち上げや学生さんのコンパはもちろん、気の合う仲間や親戚が集まればジンギスカンと、何か行事があればすぐに焼き台を設置してジンギスカンの宴会が始まります。 気の合う仲間が集まれば、そくジンギスカン! このように、北海道民にとって ジンギスカンはソウルフードであり、生活にとっては切り離せない 「食文化」の一つ、というより 「生活そのもの」であると言っても過言ではないでしょう。 「北海道プライド!」ジンギスカン さて北海道遺産にも指定され、今や北海道のイメージとは切っても切り離すことができないジンギスカン。 そもそもジンギスカンという名称はモンゴルの初代皇帝・チンギス汗が戦いの最中に食べたのが由来であるとか、北海道の岩内や平取、本別にある義経ジンギスカン伝説、「源義経が蝦夷地から大陸に渡り、チンギス汗になった」というご当地伝説から羊の焼き肉をジンギスカンと命名したなど、様々な説があります。 この北海道特有の「羊食文化」は、昔牛肉が高価だったという事と同時に、明治以降の羊毛の殖産に伴って綿羊の飼育が北海道で広まったという時代背景もあったようですが、実はこのジンギスカン、北海道だけでなく岩手の花巻市や山形の蔵王、岡山の蒜山高原など、道外でも見受ける事ができます。 ただ、他府県の三倍と言われている羊肉消費量やジンギスカンへの思い入れも含めて考えれば、 やっぱり北海道は「ジンギスカン大国」と言い切っても間違いではありませんよね。 道産子にとってソウルフードであるこの食べ物、実は地元のプライドをかけてそれぞれの土地や家庭で 肉の素材や食べ方へのこだわりが見られます。 ジンギスカンの肉は マトンかラムか。 また、最初から タレ漬け込みの羊肉を焼いて食べるか、あるいは 生の羊肉を焼いてから自分好みのタレで食べるか。 さあ、あなたならどちらで食べますか?.

次の

モンゴルにもジンギスカン料理はあるの?

ジンギスカン 起源

永久門歯が2本以上で生後1~年以上の羊肉で、淡いピンクのラムに比べやや赤みのかかった色をしています。 マトンはラムに比べ風味が豊かで程よい噛みごたえのある肉質で味わい深いお肉です。 一般的には「臭い」というイメージがありますが、どちらかといえば リピーターにはラムよりもマトンを好む傾向があると言われます。 マトンには体内脂肪を燃焼してくれるカルニチンが多く含まれています。 1歳以下がラム肉で1~2歳以上がマトン肉ですがこれが絶対というわけでもないので仔羊がラム、それ以上大きいのがマトンと覚えておけばいいのではないでしょうか。 地域によってはラムとマトンの間(生後1年~2年未満)の段階に「ホゲット」と呼ぶこともあります。 ラムとマトンどっちが美味しいのか知りたい! ジンギスカン料理に使われている羊肉ですが、一般的にラムやマトンといった種類の羊肉をよく耳にしますよね。 では、このラム肉とマトン肉の違いとは何でしょうか? それぞれ品種が違う羊の肉だと思われる方、または、肉の部位がちがうからそのような呼び方をすると思われる方がいますよね。 先に紹介したようにラムもマトンも同じ品種の羊肉です。 ラムとマトンの違いは年齢です。 年齢の違いで食感や味にも多少の違いがあります。 好みによるので一概に優劣をつけにくいところですが、簡単にいうと クセがなく柔らかさを求めるのであればラムで、コクと味わいを求めるのであればマトンではないでしょうか。 ジンギスカンに使う肉はどっちの肉? ジンギスカンに使う肉は? ジンギスカンという名の肉があると思われる方も中にはいらっしゃると思いますが、「ジンギスカン(料理)」はあくまでも料理名です。 ジンギスカンに使う肉はラムやマトンでどちらも栄養豊富でヘルシー食です。 ラム肉はどちらかというと柔らかくクセの無い肉質であるため初めて食べる人に向いています。 一方マトン肉はやや硬めですがコクがあり脂が乗っていてリピーターの方から人気のある種類の肉です。 栄養素が豊富なうえ高たんぱくで低カロリーであるラム・マトンはヘルシーそのもので、はつらつとした北海道民(どさんこ)のバイタリティーの源になっているのではないでしょうか。 栄養価が豊富、ダイエット効果も?.

次の

北海道ジンギスカン物語-北の羊食文化とお店の紹介- [北海道の観光・旅行] All About

ジンギスカン 起源

そんな「ジンギスカンの街」遠野で、そしておそらく岩手県内においても、最初に一般に紹介したのが、当店の<初代>安部梅吉なのです。 初代は従軍中に旧満州で羊肉料理を口にする機会があり、その独特の美味しさを知ったようです。 帰国後、精肉店兼食堂を開業しますが、羊肉の美味しさを忘れられず、自ら羊肉を取り寄せて、家族で賄い料理として食していました。 あるとき、客人に賄いジンギスカンを振る舞ったところ非常に喜ばれたため、その味をより多くの人たちに楽しんでいただこうと、昭和30年頃から店頭にジンギスカンを出しはじめました。 当時、遠野はもとより岩手、ひいては日本全体でも羊肉を食する習慣がほとんどなく、 「羊の肉食ってんのか?」と指をさされ笑われたこともあったそうです。 しかし、初代が試行錯誤の上に作り上げた、羊肉と相性の良い自家製タレがクチコミで徐々に評判となり、やがて店には長い行列ができるようになりました。 輸入羊肉は、近年でこそ非常に高品質なレベルにありますが、当時は冷蔵・冷凍技術が未発達で、輸入物といえば低品質な冷凍マトン肉が主流でした。 しかし、遠野では多くの農家でホームスパン用に羊を飼育していたため、輸入に頼ることなく新鮮な食材が調達ができたことも、爆発的なジンギスカンの普及にひと役買いました。 そして、いつしか遠野は一人当たりの羊肉消費量で北海道と一、二を争うほど、ジンギスカンが盛んな街となったのです。 これらを考えてみると、ジンギスカンを遠野名物にしたのは、羊肉の美味しさに気がついた、味に厳しいたくさんのお客さまご自身だった、と言えるのではないかと思います。 その後、遠野の綿羊はほぼ姿を消してしまいます(食べ尽くしてしまったのです)。 当店で扱う羊肉も全て輸入物となりましたが、地物から輸入物へと切り替える当初から、信頼でき品質の高い食材を提供してくれるパッカー/バイヤーとのみ提携し、お客さまに美味しいお肉をご提供し続けて現在に至っております。 また、秘伝の自家製タレも代々厳しく受け継がれ、現在まで、あんべの「顔」となっています。 遠野のジンギスカンで一番特徴的なのは、なんといっても野外で「バケツ」を使って食べることだと思います。 このバケツ(通称「ジンギスカンバケツ」)は、当店の<2代目>で現会長の安部好雄が考案したものです。 四方を山に囲まれた遠野では、昔から高原まつりなどの地域イベントが盛んに行われていました。 当店でも、お肉とタレ・鍋と七輪を現地まで配達することがよくあったのですが、当時の山道は自動車がかろうじて通行できるような大変な悪路で、往復する際に七輪が割れてしまうことがよくありました。 会長は、なにかこれを解決できる良い方法はないかと試行錯誤を重ね、ついに、ブリキのバケツに吸気口の穴を開け、ジンギスカン鍋と組み合わせて使用する、「ジンギスカンバケツ」を考案しました。 また、それと同時に、店頭で鍋とバケツを貸し出す無料サービスをはじめたところ、「バケツジンギスカン」は瞬く間に遠野中に広がりました。 いまでは、市内の精肉店やスーパーでも、当たり前のように鍋とバケツの貸し出しが行われており、野外で食べるときはバケツで食べるのが当たり前。 「バケツジンギスカン」は遠野ジンギスカンの代名詞となっています。 聞いたところでは、テレビ番組で紹介されたことをきっかけに、北海道や山形、長野などでも、ジンギスカンバケツが販売されているそうです。 また、当店秘伝のタレも、恐らく他地域のタレとは全く趣が違う、独特な風味であると思います。 ぜひ一度ご賞味ください。 北海道には北海道ジンギスカンの元祖の店があるように、当店は遠野ジンギスカンの元祖の店として、これからも伝統の味を守り続けてまいります。

次の