プルームテックプラス 種類。 プルーム・テック・プラス よくある質問

プルームテックプラスの色は全10種類?最新の限定色も調査してみた

プルームテックプラス 種類

この記事の目次• NEWフルーツ系フレーバー2つ プラスでは初となるフルーツ系のフレーバーは、プルームテックでも人気のパープルとレッド。 どちらもファンの多いフレーバーで、パープルはベリー&ミント、レッドはアップル&ミントのフレーバーですね。 何を隠そうワタクシが一番好きなフレーバーはレッドでして、今だいぶワクワクしてます(笑) プラスはプルームテックに比べて蒸気量が格段にアップしてますので、風味や香りをどこまで再現できているか非常に気になるトコロ。 というのも、電子タバコは一般的に蒸気量が少ないほうが味わいや香りが感じやすいので、ボケちゃってないかなー・・・と思っているんですよ。 まあ、プラスもVAPEの爆煙と比べたら全然なので、味や香りにそこまで影響は出ないと思いますが、このあたりを中心にレビューしようと思っています。 ちなみにプルームテック専用のパープル・クーラーの説明はこんな感じ。 ベリーの爽やかな甘味と酸味にミントの清涼感が絶妙なバランス。 説明を読む限り、全体的にパワーアップしているような印象を受けますね。 これが過大表現なのか否か・・・吸ってみればわかることです。 プルームテックとプラスで同フレーバーを吸い比べてみました! 吸ってみた たばこカプセルを取り出したときの香りは同じでしたが、装着してから香りを嗅ぐとプラスのほうが香ります。 味わいもプルームテックのパープル・クーラーがほんのりベリー系なのに対して、 プラスのパープル・ミントはしっかりベリーの味わいが感じられました。 おそらく蒸気の量に負けないように、カプセル内の香料と味わい成分を増量しているのではないかと思いますが、口に含んだときの清涼感と蒸気を吐き出す際に口の中でベリーの甘酸っぱい感じが広がり、めちゃくちゃ美味い。 プルームテックのレッド・クーラーには以下のような説明がされています。 アップルのほのかな甘味と酸味にミントの清涼感が絶妙なバランス。 これもパープル同様に味わいも香りもパワーアップしてそうな感じ。 パープルが良かっただけに、レッドにも期待が高まります。 先ほど同様にプルームテックとプラスで同フレーバーを吸い比べてみましょう。 吸ってみた パープルと同じなんですが、プラスのNEWフレーバーは増えた蒸気にしっかりフレーバーが付着しているせいか、味わいがしっかりしています。 また、プラスはDL(Direct lung:肺に入れる吸い方)向きで、 ゆっくり蒸気を吐き出すと味わいがより濃厚に感じられますよ。 VAPEのフレーバー・リキッドが甘すぎると感じる方には超オススメです。 NEWスタンダード系フレーバー2つ スタンダード系のニュー・フレーバーは既に発売されている「ロースト」と「クリアミント」とフレーバーの系統自体は同じ。 ゴールドリーフで調べても納得のいく検索結果が出なかったので、JTの説明を引用します。 引用元: たばこカプセルにかけるJTの本気度が伺えますね、それくらい力を入れているということなんでしょう。 吸う前からハードルがだいぶ高くなっているので、むしろ「拍子抜けしちゃったらどうしよう(汗)」という恐怖も湧き上がってきました。 余談ですが、この2つはスタンダード・ラインに対して「ゴールド・ライン」というシリーズになります。 香ばしいたばこの味わいに、ゴールド・リーフの濃厚なコクで広がる余韻。 続いて、既存フレーバーの「ロースト・ブレンド」の説明書きです。 香ばしいたばこの味わいに調和する、奥深いコクのアクセント。 基本的な説明はほぼ同じなので、ゴールド・リーフがブレンドされているか否かって感じでしょうか。 ゴールドリーフは、多層的に広がる豊かなたばこ葉の香りと、喉奥で感じる刺激、深みのある濃厚な味わいが特徴らしいので、この違いを感じられるかどうかがポイントになりそうです。 正直、繊細な味に気付けるほど舌は肥えてないので、その点も心配です(汗) 吸ってみた もともとローストはいぶしたような香りのリキッドが充填されているので、たばこっぽい味わいに仕上がっていましたが、ゴールド・プラスはワンランク上。 既存のロースト・ブレンドは言うならばVAPEのたばこリキッドに近い感じで、味もリキッドの風味が強くて単一な感じに思えましたが、ゴールド・プラスは何ていうか・・・重厚な味わい? しかもキックもしっかり感じられ、ことタバコ・フレーバーという点においてはVAPEを含めてもピカイチじゃないですかね。 ペパーミントの爽快感に、ゴールド・リーフの強い刺激でシャープなキレ。 プルームテックのレッド・クーラーには以下のような説明がされています。 ペパーミント由来の爽快感に、ほのかな甘みのアクセント。 書きながら順番に吸って、書いてを繰り返しているので、これが最後のレビュー。 うまく言えませんが、ゴールド・ローストはグッとコクが増しただけでなく、キックも強めだっただけに期待大。 ただスタンダードなメンソールの味の違いって、表現するのが難しいんですよ・・・できるかな(汗) 吸ってみた ロースト同様にたばこカプセルだけを見ると見分けが付きませんが、 味・・・というかキックが全然違います。 ニコリキのように蒸せるような感じはないんだけど、喉にガッとくる感じは凄いです。 どちらもメンソールが強いフレーバーなので、たばこ葉の味わいはわかりませんでしたが、どっちを買うか?と聞かれたら即答でゴールド・シリーズです。 プラス新フレーバーまとめ 今回の4フレーバーはどれも当たりでしたが、本来 レギュラー派 の私としては ゴールド・ローストが一番満足度が高かったです。 パープルもレッドも、スタンダードなフレーバーしかなかったプラスにとっては大歓迎のフレーバーでしたし、ゴールド・クリア・ミントも、純粋にメンソールが好きな方には良いんじゃないでしょうか。 なんと言っても驚いたのは 「たばこ葉」の違いでこれだけ味わいが変わるんだということ。 ゴールド・シリーズにはあまり期待していなかっただけに、たばこの奥深さを感じましたね。 今回ご紹介した4フレーバーは一般発売されるのは11月1日からですが、先行販売として公式ショップやオンラインショップ(一部たばこ販売店)で10月15日より発売されるそうですよ。 あとがき なんか最近疲れが取れなくて、夜起きてられないんですよ。 ちょっと息抜きしたいなー。 明日は定時で帰って一人カラオケでも行こうかと悩み中です(笑).

次の

【プルームテックプラス】カプセルの種類や人気の味・交換タイミング

プルームテックプラス 種類

旧プルームテックとの比較 まずは見た目から解説します。 実際にプルームテックプラスと旧プルームテックの長さや太さをざっくり測って比べてみると… 【プルームテックプラス】 ・長さ マウスピース未装着 …14cm ・太さ…直径1. 5cm ・長さ マウスピース装着時 …16. 5cm 【旧プルームテック】 ・長さ マウスピース未装着 …13cm ・太さ…直径0. 9cm ・長さ マウスピース装着時 …15cm こんな感じです。 ただ画像や数値では少し分かりづらいかもしれませんが、実際に手に触れるプルームテックプラスの大きさは旧プルームテックの2倍以上に感じます。 質感 私が購入したカラーはホワイトですが、ブラックとは手触りがかなり違います。 イメージとしては… ・ ブラックの質感はアイコスやプルームエスの質感に近く、肌に吸い付くマットな質感といった感じです。 ・ ホワイトに関しては肌をはじくツルツルとした質感で、汗染みや手垢などがブラックに比べ目立たなく気になりません。 プルームエスが手垢や手汗が少し目立つのが気になった為、プラスはホワイトを購入しました。 あとホルダー色が金色なのも決め手かな。 ちなみに今後プラスの方にも限定カラーが用意されているようですが、情報通りにメタリックカラーが発売されるならこのホワイト同様にツルツルした質感が予想できます。 新型PloomTechプラスの4種のフレーバー。 その味 タバコ感 について丁寧に解説します プルームテックプラスには今回4種類のフレーバーが最初から用意されております。 そして、基本的な味の総評は前回書いた通り… ・吐き出せる煙量は3倍くらいはある。 ・味は基本的に旧プルームテックの延長線上。 ・のどのイガイガ感はやはり感じる。 これになります。 ただし、4種類のフレーバーを個別にレビューすると少し違った印象になるので、今回はそれを丁寧に解説したいと思います。 ・MILD BLEND レギュラー味 の感想 マイルド+爽やかなうまみ 引用:Ploom公式サイトより こんな謳い文句のMILDブレンドですが、吸った瞬間に感じたのはアップルティーの風味でした。 いわゆるタバコの風味や雑味はなく、ほんわかアップル風味の蒸気を吸っている感じです。 のどへのイガイガ感は旧プルームテックに比べ抑えられておりますが、やはり少しイガイガしますね。 ・ROAST BLEND レギュラー味 の感想 香ばしさ+奥深いコク 引用:Ploom公式サイトより この謳い文句は書いていると恥ずかしいですね 笑。 吸った瞬間におとずれる風味はカフェオレっぽいかな。 吸い終わった後に残る雑味にほんのりたばこ感を感じられが全体的に甘めな印象。 香料独特の化学薬品的な後味はマイルドよりは少なく感じ、旧プルームテックのブラウンアロマとほぼ近い味だと思います。 イガイガ感はマイルドより感じないかも。 ・COLD MINT メンソール味 の感想 氷冷メンソール+キレのある刺激 引用:Ploom公式サイトより 吸った印象は旧プルームテックのメンソール味が濃くなった感じ。 ほぼ味や風味は変わらない歯磨き粉っぽいミントです。 旧プルームテックのあの味が苦手な方はこのクールミントは買わないほうがいいでしょうし、個人的にもこの味が今回のフレーバーでは最も変わりばえなくて面白くないかな。 ・CLEAR MINT メンソール味 の感想 爽快メンソール+ほのかな甘み 引用:Ploom公式サイトより 今回のフレーバーで面白いと思ったのはコレ。 味や風味のイメージはクロレッツのようなミントガムに近い。 旧プルームテックのメンソールの風味はほぼないですね。 あの味が苦手な人はこのミントかな。 個別の味の印象はこんな感じです。 レギュラー2種に関してはレギュラーという位置づけですが、2種類とも甘めな風味でたばこ感は正直まったくありません。 ミント2種もタバコのメンソールというよりかはミント感が強く、たばこのメンソールとは程遠い味や風味です。 いずれも旧プルームテックの延長線上にある味ではありますが、キック感が増し、のどへのイガイガが低減されたことを考えるとそこは別物と言っていいかな。 ただ、やはりたばこ感はまったく無いです。 たばこ感はどうしても高加熱タイプであるプルームエスやアイコスの方が感じられるでしょう。 プルームテックプラスは無臭!? そのニオイについて。 プルームテックプラスの加熱時、そして吐き出す煙に関しては以前ご紹介したようにほぼ無臭であると言えます。 ニオイの元になる上記画像のリキッドは開封時に少しニオイを感じますが、それ以外にニオイはほぼ感じられません。 車や部屋で吸う時にプルームエスではニオイがかなり残りますが、プルームテックプラスではそれは感じられないでしょう。 プルームテックプラスの使用感。 フレーバーを変えるのは少し面倒かな…。 組み立てに関しては前回ご紹介した通り、一度やればすぐ覚えられるので複雑になったとかそんな印象はありません。 ただ、ひとつ感じたのはフレーバーを変更するのは少し面倒かも。 どうやらストアの店員さんが言うには、今回のフレーバーリキッドはおのおの専用に調整されたものらしく、例えばフレーバーをマイルドブレンドからローストブレンドに変える場合もリキッド交換が必要らしいのです。 レギュラーからメンソールなら分かるんですが、同系のフレーバーでリキッド交換が必要なのは正直すこし面倒に感じましたね。 私のように「吸うならCLEAR MINTかな」というタイプは問題ないでしょうが、色んなフレーバーを楽しみたい方には面倒かもしれません。 出来ればリキッドはすべて共通で、たばこカプセルを変えるだけで別のフレーバーが楽しめる方が消費者にとっては楽だし分かりやすいと思います。 ・専用USBケーブルについて これは私だけかもしれませんが、付属してくる専用USBケーブルが少し短く不便に感じます。 長さは60cm弱くらいなんですが、もう少し長い方がいろいろと便利だと思います。 また、プルームエスもそうなんですがUSBのタイプが【B】なので、差し込みする際に向きを気にしなければならないのは面倒ですね。 アイコスユーザーにとって新型プルームテックを買う価値はあるのか!? 私もアイコスユーザーの友人から新型PloomTechの感想を求められますから。 結論から言わせてもらえば、現状のアイコスの味に問題がないのであれば買う必要はありません。 プルームテックプラスに関しては、この記事内でも書いている通り ・たばこ感はまったく無い ・アイコスやプルームエスとは味や風味は別物 ・ニオイはほぼ無臭 であることから、たばこ感を求めるであろうアイコスユーザーには不向きです。 プルームエスに関しては、 ・たばこ独特の風味は感じられる ・キック感はアイコスには劣る ・ニオイはアイコスとは違うがかなりある ではありますが、基本的にはアイコスに慣れてしまっているとどれも中途半端に感じられると思います。 私が購入した理由は新型PloomTechの仕上がりが別の方向性であることを願っての購入だったのですが…、少しあてが外れた結果となりました 笑。 プルームテックプラスはマウスピースの色合わせが難しい… プルームテックプラスのマウスピースカラー。 これはあくまで個人的な感想なんですが、私が購入したホワイトのプルームテックプラスに合わせるマウスピースのカラーが難しい 笑。 上記画像のブラックマウスピースは正直合うとは思えなく、ホワイトのマウスピースもPloomストアで見た感じでは色味があってない。 個人的には「赤が一番合うかな~」と思っていたのですが、正規品には赤色のマウスピースがありません…。 パープルも悪くはないんですけどね。 リンク 新型プルームテックプラスは旧型と変わらない!? 本日のまとめ。 本日の内容を簡単にまとめると… ・味は旧プルームテックとほぼ同様。 ・のどへのイガイガは旧型よりかはマシ。 ・やはり目新しさは感じられない。 ・とにかくでかい。 ・アイコス民は買う価値はないかな。 ・マウスピースの色合わせが難しい。 こんな感じになります。 PloomTechストアでテイスティングさせてもらった時とそこまで感想は変わりませんでしたが、旧プルームテックにユーザーが感じていた悪い部分をサイズを大きくして修正した感じですね。 また、4種類あるフレーバーの中でも この「CLEAR MINT」のクロレッツ感は面白かったので、これだけは早くコンビニ発売してほしい 笑。 以上、日本で2番目に丁寧なプルームテックプラスの少し辛口な解説でした。 それでは。 無駄こそ楽しい人生。 戯言草々 たわごとそうそう と申します。 当ブログではIQOSやPloomtechなどの加熱式たばこ、最近購入した商品、そして旅行やグルメやニュースなどについての戯言を日々書いております。 いつのまにかブログを始めてから3年以上も続いております 半分以上さぼってましたが。 まさかこんなに沢山の方にご覧いただけるようになるとは思いもよりませんでした。 ありがとうございます。 2018年1月3日にツイッターも開始しました。 お気軽に「申請・解除」を。 カテゴリー• 月別の投稿 月別の投稿.

次の

プルームテックプラスの色は全10種類?最新の限定色も調査してみた

プルームテックプラス 種類

メビウス・レッド・ミント 個人的には、甘さの雰囲気が好き。 ノーマルなタバコを求めてるなら、刺激が物足りないかもしれません。 でも、 旨味を感じられるので、吸い続けたくなります。 女性受けしやすい風味ですね。 優しいりんごの風味だけではなく、どこか懐かしい雰囲気を感じます。 甘いものを結構食べるので、自分は相性が良かったです。 リラックスタイムにはちょうどいい味。 プルームテックプラスの味の全種類レビュー 【新作・数量限定】メビウス・エナジー・スパーク・ミント• 第一印象は、コーラ味 【公式ガイド】 炭酸飲料をイメージした、ハジけるうまさの爽快感が特徴のフレーバーメンソールタイプ 吸った瞬間 「コーラ風味だねこりゃ」 と感じました。 パッケージも真っ赤で、コカ・コーラを意識してるような印象。 自然と炭酸を感じる錯覚になりましたが、実際にパチパチとハジける斬新な仕掛けはなかったです。 でも、 コーラを連想するので、炭酸を味わってる気分にはなりますね。 甘い味が好きな自分には、かなり美味しく味わえました。 吸った後に、タバコ独自の苦味は感じるので、最後まで甘ったるいってワケではないですね。 「数量限定なのがもったいないな~」って感想です。 【新作】メビウス・ゴールド・イエロー・ミント• レモン感より、ニコチン感が強い 【公式ガイド】ゴールドリーフ由来の強い刺激と、完熟レモンフレーバーが特徴のフレーバーメンソールタイプ レモンの酸っぱさや果物のジューシーな味を想像してましたが、タバコ感が強かったです。 吸いごたえはあるので、フルーツ感ではなく、刺激が欲しい人には相性がいい味かも。 レモン味って聞くと、さっぱりした風味をイメージしがちですが、タバコのキツさの方が勝ってる印象でした。 【新作】メビウス・ゴールド・レッド・ミント• りんごの甘味があって、おいしい 【公式ガイド】ゴールドリーフ由来の強い刺激と、完熟アップルフレーバーが特徴のフレーバーメンソールタイプ レモン味と違って、アップルの旨味が強調されていて、美味しいです。 甘いフレーバーを求めるなら、レモン味より、アップル味がおすすめ。 ゴールド系のタバコのコクも感じることができるので、満足度も高いですね。 タバコのコクとアップルの甘みがケンカしてないので、すごく吸いやすいです。 マスカットグリーンミント• 甘さもタバコ感も味わえてGOOD 公式ガイド:ゴールドリーフ由来の濃厚なコクと、フルーティかつ芳醇なマスカットフレーバーの甘味が特徴のメンソールタイプです。 タバコのコク• マスカットの甘み どっちも楽しめる高評価のフレーバーです。 甘すぎず、吸い続けても飽きない風味ですね。 のどに通る刺激も消されてないので、吸いごたえもアリ。 もっと詳細が知りたいあなたは、下の記事で説明してます。 メビウス・ゴールド・ロースト• 期待のゴールド味は吸いごたえあり 公式ガイド:特別原料「ゴールド・リーフ」使用。 香ばしいたばこの味わいに、ゴールド・リーフの濃厚なコクで広がる余韻。 通常のロースト味に、 香ばしさがアップしています。 ゴールド色の箱を見ながら吸うと、余計にプレミア感のある味わいになります。 ゴールドでは、甘みはダウンしてますが、紙巻きを好む人には、相性のいい味ですね。 タバコ本来の渋さもあって、吸いごたえもあり。 メビウス・ゴールド・クリア・ミント• ゴールドverになり、上品なミント味に 公式ガイド:通常のクリアミントと比べると、上品な味わいに。 ミント特有のツンとくる刺激も、一瞬ではなく、 じわ~っと攻めてくる広がりが何とも言えません。 ミントミントしてないので、 さっぱりし過ぎた味が苦手な人もいけそう。 メビウス・レッド・ミント• 旨味のあるアップル風味で美味しい 公式ガイド:爽やかなアップルフレーバーに、キレのある氷爽メンソールの刺激。 吸った瞬間に、アップル感が口の中に広がり、美味しい。 子供の頃に集めてたカードのおまけに付いてくる、懐かしいガムの味がしました。 アップルが強調していないので、キック感を邪魔してません。 苦味が得意ではない人も、 バンバン吸ってしまいそうな優しい味わいになってます。 メビウス・パープル・ミント 公式ガイド:ぶどうのような味がほどよく混ざっていて、吸いやすいですね。 パープル感をがっつり味わいたいって人には、中途半端に感じるかも。 でも、プラス用にうまくアレンジされていて、吸っていても飽きない味に仕上がっています。 メビウス・コールド・ミント・フォー・• ミントでタバコ臭をカット!キック感あり 公式ガイド:ジャパンミント由来の氷冷感に、キレのある刺激のアクセント。 家でのみ吸っております。 COLD MINT吸った後はミントのガムを食べた後に似てる。 あのタバコ臭さっていうのは、タール由来なんだなぁ。 と、つくづく思う今日この頃。 コールドミントよりも、喉にくる刺激は強めですね。 冷たいミント感の強さを比べると• 強ミント:クリア <<コールド:弱ミント の感想で、クリアミントの方がはっきりした清涼感がありました。 メビウス・クリア・ミント・フォー• タバコ感が弱くて、コールドミントより吸いやすい 公式ガイド:ジャパンミント由来の氷冷感に、キレのある刺激のアクセント。 公式ガイド:冷たいミントが、嫌な後味をかき消してくれる感じですね。 グリーンがガムを噛んでるような口の中がさっぱりします。 クリアミントよりも、ひんやり感はありますね。 個人的には、タバコ感が弱くて吸いやすい風味になっています。 メビウス・マイルド・ブレンド 公式ガイド:マイルドなたばこの味わいに溶け込む、爽やかなうまみのアクセント。 お茶感が強く出ていて、好みが分かれそうですね。 和菓子が好きな人は、食後に食べたくなる味かも。 メビウス・ロースト・ブレンド・フォー 公式ガイド:香ばしいたばこの味わいに調和する、奥深いコクのアクセント。 プルームテックプラスのたばこカプセルはローストが味的に好みかな? マイルドだと若干味気ない — はーたん hartan0086 タバコ感だけでなく、甘みも感じるテイストに仕上がっています。 マイルドブレンドと比較されることが多いですが、 ローストの方が高評価意見が目立ちます。 個人的にもロースト味が好きですね。 フルーツのような甘ったるさではなく、 落ち着いたまろやかさで、何だかホッとします。 疲れ切ったサラリーマンが唯一、癒やされるような安心した風味。 まとめ• プルームテックプラスの味は全12種類• 人気味は、深みのあるまろやかなローストブレンド• ゴールドverではコクが追加され、深い味わいに.

次の