馬場 なんj。 馬場皐輔

【んほぉ~とは】テイルズの馬場英雄さん、スクエニで何も成し遂げることなく退社

馬場 なんj

7759• 564• 416• 19380• 1743• 496• 387• 885• 10846• 400• 1258• 878• 684• 638• 1229• 2404• 659• 2197• 1636• 1210• 583• 222• 4031• 569• 998• 838• 179• 147• 339• 884• 199• 107• 495• 237• 189• 1 過去ログ 1151 2040 2103 1796 2681 1719 1232 1233 1797 1859 1799 1848 1843 1783 1854 1796 1708 904 728 621 580 601 601 629 773 829 822 788 715 688 795 732 713 761 778 763 690 645 672 634 665 565 600 629 615 654 662 720 655 649 671 631 518 491 515 532 601 676 648 667 662 652 642 576 578 497 502 533 516 563 553 528 429 152 18 199 350 241 60 なんJ・野球のアンテナ様.

次の

ジャイアント馬場

馬場 なんj

famitsu. html スクウェア・エニックス・グループの開発スタジオ、スタジオイストリアの代表取締役を務めていた馬場英雄氏が、 同スタジオの代表を退任したことと、2019年3月末日をもって、スクウェア・エニックスを退社したことが明らかになった。 馬場氏は、過去に『テイルズ オブ』シリーズを中心に、数々のRPGのPを歴任。 マジやんけ• 一部のユーザーの方からは、特定の声優さんに肩入れするような理由でシナリオを改変したのではないか 、という声も上がっているようですが……? 馬場 そのようなことは、断じてありません。 『テイルズ オブ』シリーズのストーリー、ゲーム性は、開発チーム内で幾度となく協議を重ね、全員で作り上げているものです。 もしも、僕や一部のSが私情を挟んだり、圧力をかけるようなことがあったとしたら 、チームそのものが崩壊し、『テイルズ オブ』シリーズを今日まで続けることは到底できなかったはずです。 これまでも、これからも、チームが一丸となって開発していくことに変わりはありません。 58 ID:A9bBww8E0. net P「Mちゃんの声だけで抜けるわぁ…」 S うわぁ来たよ… P「ゲームの進行はどうだい?」 S「現在ここまで進んでいます」 P「導師である主人公が騎士のヒロインと共に旅をする物語…ふんふん…」 P「このヒロインの声優誰?」 S「Aさんですね」 P そっかぁ… P「このゲームなんか違うんだよね…王道すぎるというか…ひねりがないよねぇ…」 S「うわぁ…」 そうですか… P「そうだ!このヒロインを途中で離脱させて別の真ヒロインをカッコよく登場させようよ!」 P「声優はMちゃんね!これは面白くなるぞ!」• 17 ID:A9bBww8E0. 23 ID:A9bBww8E0. net P「ストーリーは元のストーリーを基礎にして元ゴミの退場と真ヒロインの登場入れてそこから真ヒロインの魅力を前面に出しつつ熱いシナリオにすれば完璧だぁ…」 S「でもそんな雑なすり替えしたら設定に矛盾が出たりストーリーがおかしくなっちゃいますよ!!」 P「このシリーズのストーリーなんて気にしてる奴いないだろ」 P「シナリオは徐々に作り変えながらゲームの中身を完成に近づければ期限も間に合うでしょ」 P「元ヒロインには客寄せとして主人公と共に宣伝頑張ってもらってみんなのハートを鷲掴みにしたところでMちゃんの真ヒロインの登場で大盛り上がりだ!」 P「さっそくMちゃんと交渉しよう!」• 33 ID:A9bBww8E0. net P「いいぞ~!真ヒロインとその仲間たちとの真の絆!最高だ!」 P「Mちゃんの声が特にいい!」 S このゲームもうダメかもしれない…中身はボロボロ…外装だけなんとか取り繕って良く見せてるけど…途中でストーリー変わったせいでゲームシステムも満足に調整出来てない… S こんなのが記念作品になるだなんて…はぁ… S「とりあえずDLCも取り掛かっておくか…Aさんの為にも…」 P「ん?!DLCもやる気満々なのかい!!どんな話にするつもりなの?」 S「えっ…えー…離脱したヒロインのその後を…」 これはマズい… P「……」• 70 ID:A9bBww8E0. net P「いいじゃない!!」 S「え…?」 P「離脱したヒロインの事を描いてないとそりゃ不満も出るだろうしね…大切な事だよ」 S「はい!そうですよね!頑張りますよ!」 P「離脱したヒロインの所にMちゃんの真のヒロインがやって来て可哀想な元ヒロインに手を差し伸べて共に戦う事を誓うんだな!!」 S「は?」 P「そうだろ?」 P「Mちゃんの最後の舞台だな…!頑張ってくれよ!」 S「いやいや…Aさんのキャラの為のシナリオであってMさんのヒロインは関係ないというか…必要ないですよ!」 P「は?お前Mちゃんは必要だろ馬鹿か?」 P「お前なんかむかつくな…Aのキャラは性格ひねくれててMちゃんのキャラに殴りかかろうとして逆にやられて従うようになるストーリーにしろや」 S「えぇ…」 P「俺はPだぞ」 S「はい…」•

次の

FC岐阜 馬場賢治選手「ブログの終わりってなんか難しい」|radiofb|note

馬場 なんj

「『引っ掛けた』つもりはありません」 発端は、あるツイッターユーザーの「来月から笠松競馬場職員になるので、皆様よろしくお願い致します」「運良く引っ掛かりましたので、色々とチャレンジしてみたいと思います!」という2019年3月23日の投稿に対し、笠松競馬場の公式アカウントが25日にこんなリプライを送ったことだ。 「研修担当です。 当方は、あたなたを『引っ掛けた』つもりはありません。 その表現は、あなたに期待して採用する側としては、いかがなものかと考えます。 4月1日にあなたの考えを採用担当者に説明してください。 (ツイートは削除しないこと)」(カッコ含め原文ママ。 以下同) これだけではない。 同ユーザーの「頑張ります。 それ以上に、皆様の意見もお待ちしております」という投稿に対しては、 「研修担当です。 パブリックにコメントを募りたいのならば、それに応じた手順と手続きが必須です。 あなたのプライベートに対してコメントを募るのは、あなたの自由ですが、笠松競馬の業務上のことを(予定)職員である、あなたの個人アカウントをつかって意見を募るのは筋違いというものです」 と自覚を持つよう促す苦言。 さらには「半年は仮採用なので下手なことは出来ないんですが、本採用になったら、はっちゃけたいと思ってます」という投稿に対しても、 「研修担当です。 現時点で、すでに『下手なこと』をやってしまっていることに気が付いてください。 頑張る気持ちは受け入れますが、半年後に『はっちゃけ』の予告をされると、当方には警戒しかありません。 4月1日に『はっちゃけ』とは何かを聞かせてくいださい」 と釘を刺した。 このほかにも、「あなたは私の研修で何を聞いていましたか?ツイッターの個人アカウント上で公営競技に携わる公務員であることを世界に発信するリスクを、どよのうに考えているのですか?」とやはり指導の言葉を述べていた。 「組織としての程度が知れてる」「笠松競馬さんは何も間違っていません」 公式アカウントを使い、公開の場で新人を指導する一連の投稿には、 「引っ掛けるって悪い意味に捉える意味が分からない。 内部統制もきちんとしてないんだろうなという想像すらできてしまう。 人の人生なんで簡単に言えませんが辞退すべきですよ、組織としての程度が知れてる」 「企業の公式アカウントが内定者に公開説教する必要がどこにあるんですか」 「何故【ツイートは削除しないこと】なのですか? 公開パワハラしたいから? 笠松競馬、ガッガリや」 「いったいどういう教育を受けていたら公式垢で新人を叱責するなんてパワハラ公開やらかすんだ... こんな人がコンプライアンスだのネットリテラシーだの教えてるのか...... 」 と不快感を示す反応が続出。 一方で、 「笠松競馬さんは何も間違っていません 私たちが安心して勝馬投票券を買えるのも競馬場の方がしっかり公平性を保った運営をしているからです 堂々としていてください」 「これをパワハラと言って企業を断罪する人のほうが怖い。 採用予定者は仮採用の試用期間に採用しかねる人間性であれば不採用もできるのです」 と競馬場側を擁護する声も一定数ある。 笠松競馬場のアカウントは普段、レース情報や日々の活動、イベントの模様などを、親しみやすい口調で投稿している。 過去3年の3~4月の投稿をさかのぼって見てみても、今回のような春の新人職員を指導するような言葉は見当たらない。 笠松競馬場を管理する岐阜県地方競馬組合の担当者は26日、J-CASTニュースの取材に「ツイッター担当への事実確認を含め、内部で調査を進めています。 今後どのように対応するか検討しています。 」と話す。 一連の投稿について「公式アカウントで投稿があったこと自体は事実です。 問題がないとは思っていません。 (指導するにしても)この方法しかなかったのかなど、色々と考えることがあります」としていた。 (J-CASTニュース編集部 青木正典).

次の