クリエイティブ ハブ。 【フォートナイト】最新バージョンでできるバグ5選!

Facebook広告案を手軽に作成・管理できる公式ツール「クリエイティブハブ」の使い方を解説|ferret

クリエイティブ ハブ

Contents• クリエイティブハブとは? FacebookやInstagram広告のクリエイティブ制作に携わる人以外にはあまり馴染みのないツールかと思いますので簡単に紹介します。 クリエイティブハブは2016年11月にローンチされた公式ツールで、クリエイティブ案(モックアップ)の制作や共有のプロセスをスムーズにしてくれます。 また、カルーセルやキャンバスなど様々な広告フォーマットの成功事例を紹介したコンテンツが用意されており、クリエイティブのアイデアを得ることができます。 クリエイティブハブについてはこちらの記事もご参照ください。 参考: クリエイティブハブに新機能が追加 そのクリエイティブハブに2つの新機能が追加されることが2017年6月19日(US時間)に発表されました。 モックアップでクリエイティブテストが行えるように• モックアップをそのまま広告配信できるように 参考: モックアップでクリエイティブテストが行えるように クリエイティブハブで作成したモックアップを使用してクリエイティブテストが行えるようになります。 通常、クリエイティブのテストには有意なデータが蓄積されるまでの費用や時間をかける必要がありましたが、これにより効果の見込めないクリエイティブは配信前に改善もしくは除外してより効率的に広告目的を達成できるようになるでしょう。 仕組みや提供されるデータ、テストに必要な期間など具体的な内容は現時点では明らかにされていませんが、動画クリエイティブ改善のための実用的なインサイトが提供されるとのことです。 この機能は近日中に公開予定であるとアナウンスされており続報が待たれます。 モックアップをそのまま広告配信できるように これまではクリエイティブハブで作成したモックアップはそのまま配信することは出来ず、広告マネージャやパワーエディタから改めて広告作成を行う必要がありました。 今回のアップデートにより、クリエイティブハブで作成したモックアップをそのまま実際の広告アカウントで配信できるようになっています。 これにより広告を再作成する手間が省け、再作成の際にミスが発生するリスクが軽減されます。 特にカルーセルのように設定箇所が多いフォーマットで活きるでしょう。 この機能は既に実装済みで、クリエイティブハブで配信したいモックアップを選択し「広告をエクスポート」をクリックすることで利用できます。 その後画面に従い広告アカウントを選択するとパワーエディタの広告作成画面へ遷移しますのでそちらから広告の作成を完了させてください。 なお、配信が有効になっている間はそのモックアップは編集不可になるほか、モックアップの共有用URLさえ分かれば誰でもそのクリエイティブを広告配信可能な状態になる点には注意が必要です。 最後に クリエイティブハブの利用者はクリエイティブ制作担当者が中心でしたが、今回のように広告パフォーマンスに関する情報が得られるとなればすべての広告運用者にとって手放せないツールになっていくでしょう。 無料で利用可能ですので、まだ利用したことがなければこの機会に触れてみてはいかがでしょうか。

次の

おすすめの島FORTNITE QUIZ(フォートナイトクイズ)をご紹介!

クリエイティブ ハブ

この記事の目次• 自作マップは応募できる フォートナイト クリエイティブでは、ユーザーからのおすすめマップを募集しています。 国内でも、 fortnitebuildDoさんがおすすめ島に採用されています。 Can you unravel the mystery of the One Room? Kick off your weekend with the latest Featured Island from dqqman! Code: 5274-6644-2749 Fortnite Creative FNCreate レゴビルダーだって仕事になっています。 >> マイクラでも、Microsoft公認プロマインクラフターという人たちがいて仕事になっています。 [トピックス]『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』のハイラル城をマインクラフトで作ってみました。 Microsoft公認プロマインクラフターによる本気の作品をご覧ください! 任天堂株式会社 Nintendo フォートナイトもすでに世界中で多くのプレイヤーがいるゲームですので、こうした事案も近い将来おきてくると思います。 そんなマップメイカーを目指すならば、ぜひおすすめ島に応募してみましょう。 一般ユーザーでも気軽に応募できます。 おすすめ島に応募する方法 公式応募フォーム 公式ニュースのリンクから、応募フォームへいけます。 「こちらに皆さんの作品を投稿してください!」とあります。 >> 以下は、上記が情報源です。 公式ガイドライン 確認するガイドラインは2つです。 おすすめ島応募のガイドラインと、そもそものフォートナイト クリエイティブの行動規範です。 >> おすすめの島ガイドライン >> 行動規範 Epic Games Support Center サポート 公式ニュース フォートナイトはアップデートの多いゲームです。 つねに最新情報を入手しましょう。 本記事で紹介しています応募方法も、いつ変わるかはわかりません。 >> 応募する前の準備 2019年11月11日時点では、以下のアカウントが必要ですので、応募前に事前に準備しておきましょう。 また、これらのサイトのことがよくわからない、という人はそれらを自分で調べておきましょう。 メールアドレス LINEアカウントやSMSでは利用できません。 以下のアカウントを取得するために必要です。 フォートナイトのクリエイターサポートアカウント そもそもこれがないとマップが公開できません。 クリサポに登録するには審査が必要です。 SNSアカウントのフォロワー1000人以上など資格も必要ですので、こちらの記事をご覧ください。 >> Twitterアカウント 上記のクリエイターサポート申請時に必要なSNSアカウント、という点では、Twitterアカウントも必要になります。 YouTubeの1000人よりはTwitterの1000人のほうが達成しやすいように思いますし、海外のトップクリエイターとつながるときにも便利なので、取得しフォロワーを増やしておくとよいと思います。 discordアカウント フォートナイトにかぎらず、多くのゲーマーが利用するオンライン音声チャットシステムの大手です。 ここでアカウントを取得しておきましょう。 メールアドレスが必須です。 >> Fortnite Content Creators YouTubeアカウント YouTubeでの紹介動画をもとめられます。 あらかじめ紹介動画をつくり投稿しておきましょう。 こっそり投稿したいという人は、動画投稿時に「限定公開」としておけばOKです。 おすすめや検索などで見つかることはありません。 imgur アカウント登録は不要ですが、紹介画像の投稿をもとめられます。 >> Imgurに投稿した画像が、審査で参考にされます。 その投稿URLを送信します。 Redditアカウント こちらは必須ではありませんが、多くのクリエイターも見ていますので、ぜひ定期チェックしたり、投稿したりすると良いでしょう。 >> 公式reddit掲示板はこちら。 応募フォームから応募する 機械翻訳ですが、日本語訳はおおむねこんな感じかと思います。 ようは、膨大な応募を迅速にできるよう、応募する側も必要な情報を適切に送れば良いと思います。 コンテンツの送信 公式のフォートナイト クリエイティブコンテンツ送信ページへようこそ。 必須フィールドに入力してください。 内容を示すYouTube動画と、Imgurスクリーンショットを送信してください。 内部 EPICディスプレイネーム。 IDにひもづいたメールアドレスがちゃんと送信されるか確認をしてください。 公式クリエイターのdiscordに参加して、IDを送って下さい。 連絡できるメールアドレス。 提出するコンテンツはどちらですか?• 注目のハブ島• 例:Grassy Hill Hub など マップ制作に関する情報 島の名前 どういうインスピレーションからできましたか? ウリはどこですか? 作品を拡散するSNS YouTubeの動画URL 外観を示すImgurのリンク 内部を示すImgurのリンク Redditの投稿(オプション)リンク ・ ・ ・ ・ ・ 以上です。 事前の準備が大変ですが、あらかじめ準備してから、そもそもマップ制作をはじめればよいかと思います。 お疲れ様でした。 まとめ• 事前にひととおりのアカウントを準備する• ガイドラインを熟読する• 審査しやすいようキャプチャなど情報をしっかり用意する アカウント準備は最初にやってしまえばあとは問題ありません。 いちど投稿してしまえば、それほど手間ではないかと思います。 ぜひ、いちど体験して継続して応募しましょう! 次の採用者はあなたです。

次の

【フォートナイト】なんでもできちゃう!?クリエイティブモードおすすめの遊び方【FORTNITE】

クリエイティブ ハブ

Contents• クリエイティブハブとは? FacebookやInstagram広告のクリエイティブ制作に携わる人以外にはあまり馴染みのないツールかと思いますので簡単に紹介します。 クリエイティブハブは2016年11月にローンチされた公式ツールで、クリエイティブ案(モックアップ)の制作や共有のプロセスをスムーズにしてくれます。 また、カルーセルやキャンバスなど様々な広告フォーマットの成功事例を紹介したコンテンツが用意されており、クリエイティブのアイデアを得ることができます。 クリエイティブハブについてはこちらの記事もご参照ください。 参考: クリエイティブハブに新機能が追加 そのクリエイティブハブに2つの新機能が追加されることが2017年6月19日(US時間)に発表されました。 モックアップでクリエイティブテストが行えるように• モックアップをそのまま広告配信できるように 参考: モックアップでクリエイティブテストが行えるように クリエイティブハブで作成したモックアップを使用してクリエイティブテストが行えるようになります。 通常、クリエイティブのテストには有意なデータが蓄積されるまでの費用や時間をかける必要がありましたが、これにより効果の見込めないクリエイティブは配信前に改善もしくは除外してより効率的に広告目的を達成できるようになるでしょう。 仕組みや提供されるデータ、テストに必要な期間など具体的な内容は現時点では明らかにされていませんが、動画クリエイティブ改善のための実用的なインサイトが提供されるとのことです。 この機能は近日中に公開予定であるとアナウンスされており続報が待たれます。 モックアップをそのまま広告配信できるように これまではクリエイティブハブで作成したモックアップはそのまま配信することは出来ず、広告マネージャやパワーエディタから改めて広告作成を行う必要がありました。 今回のアップデートにより、クリエイティブハブで作成したモックアップをそのまま実際の広告アカウントで配信できるようになっています。 これにより広告を再作成する手間が省け、再作成の際にミスが発生するリスクが軽減されます。 特にカルーセルのように設定箇所が多いフォーマットで活きるでしょう。 この機能は既に実装済みで、クリエイティブハブで配信したいモックアップを選択し「広告をエクスポート」をクリックすることで利用できます。 その後画面に従い広告アカウントを選択するとパワーエディタの広告作成画面へ遷移しますのでそちらから広告の作成を完了させてください。 なお、配信が有効になっている間はそのモックアップは編集不可になるほか、モックアップの共有用URLさえ分かれば誰でもそのクリエイティブを広告配信可能な状態になる点には注意が必要です。 最後に クリエイティブハブの利用者はクリエイティブ制作担当者が中心でしたが、今回のように広告パフォーマンスに関する情報が得られるとなればすべての広告運用者にとって手放せないツールになっていくでしょう。 無料で利用可能ですので、まだ利用したことがなければこの機会に触れてみてはいかがでしょうか。

次の