公式アパホテル。 名古屋市「名駅エリア」初進出 アパホテル〈名古屋駅新幹線口北〉 本日開業|アパホテルズ&リゾーツのプレスリリース

アパホテル〈上野広小路〉本日開業(2020年7月14日)|BIGLOBEニュース

公式アパホテル

関連記事• シェアオフィスを国内に展開するアセットデザインは藤田観光と業務提携し、「新宿ワシントンホテル」および「東京ベイ有明ワシントンホテル」内に、シェアワークプレース「THE HUB」を出店する。 宿泊者は「ワークスペース付き宿泊プラン」で予約することで、THE HUBラウンジを2時間利用できる。 価格は新宿ワシントンホテルが1泊1万600円(以下、税抜き)から、東京ベイ有明ワシントンホテルが1泊7000円から。 欧米の企業が相次いで「アクティビティー・ベースド・ワーキング(ABW : Activity Based Working)」という勤務形態を導入している。 簡単にいうと、仕事の内容に合わせて働く場所を選ぶ働き方だ。 ABWの創始者であるオランダのコンサルティング会社のマネジャーに、日本企業が働き方を変えて生産性を高めるためのヒントを聞いた。 IT業界の多重下請け構造にはさまざまな問題があるとして、構造改革に取り組んでいるのが情報戦略テクノロジーだ。 ソフトウェアの開発において、1次請けから3次請けまでのビジネスを経験してキャリアを築いてきた高井淳社長に日本のIT業界の課題と、同社が取り組む改革について前後編の2回にわたって聞いた。 前編ではソフトウェア業界やシステム開発の問題点について聞いた。 平成のネット史の最重要人物「ひろゆき」への独占インタビュー。 ひろゆきの仕事観・仕事哲学を3回に分けて余すことなくお届けする。 ひろゆきこと西村博之氏が、令和時代を迎える日本が今後どんなふうにヤバくなるのか、沈みゆく日本で生き抜くためにはどうしたらいいのかを3回にわたって提言する。 鋼のメンタル王・ひろゆきが教える、いつでもどこでもマイペースを貫く、逆転の思考法! 職場で「他人を攻撃する迷惑な人」と賢く距離を取り、スルーする方法について3回にわたってお届けする。 第3回目は職場の「同調圧力」を乗り越える方法について。 鋼のメンタル王・ひろゆきが教える、いつでもどこでもマイペースを貫く、逆転の思考法! 職場で「他人を攻撃する迷惑な人」と賢く距離を取り、スルーする方法について3回にわたってお届けする。 第2回目は履歴書の書き方、自己アピールの方法について。 ホリエモンこと堀江貴文氏が出資する北海道大樹町の宇宙ベンチャー、インターステラテクノロジズ(IST)は4月20日、小型ロケット「MOMO」5号機を5月2日に打ち上げると発表した。 7月13日に小型ロケット「MOMO」4号機を打ち上げるインターステラテクノロジズの稲川貴大社長が語る「宇宙ビジネスの未来」とは?• 民間企業が開発したロケットとして国内で初めて高度113キロの宇宙空間まで到達したインターステラテクノロジズの稲川貴大社長が単独インタビューに応じた。 日本の民間ロケットとしては初めて高度100キロの宇宙空間に到達したホリエモンロケット「MOMO3号機」。 ホリエモンはなぜ「子宮頸がんワクチン」を推進しているのだろうか。 その裏には、政治に翻弄された「守れるはずの命」があった。 ホリエモンこと堀江貴文氏が主演を務め、現在公演中のミュージカル『クリスマスキャロル』。 そもそもなぜホリエモンは芝居をやっているのだろうか? その真意を探った。 ひろゆきこと西村博之氏が、令和時代を迎える日本が今後どんなふうにヤバくなるのか、沈みゆく日本で生き抜くためにはどうしたらいいのかを3回にわたって提言する。 アフリカ人への強烈な憧れを抱き続け、少数民族を撮り続ける1人の女性写真家がいる。 服を身にまとわずに暮らす少数民族の村で、現地の女性と同じ姿になることによって「唯一無二」の写真を生み出してきたヨシダナギさんだ。 学歴は中卒、写真も独学。 治安の決して良くはないアフリカに飛び込んで写真を撮り続ける彼女のモチベーションはどこにあるのか?• ひろゆきこと西村博之氏が、令和時代を迎える日本が今後どんなふうにヤバくなるのか、沈みゆく日本で生き抜くためにはどうしたらいいのかを3回にわたって提言。

次の

アパホテル、素泊まり2500円の「新型コロナウイルスに負けるなキャンペーン」開始

公式アパホテル

「アパホテル<名古屋駅新幹線口北>」を開業した アパホテルは7月15日、「名鉄エリア」初となる「アパホテル <名古屋駅新幹線口北>」を開業した。 エリア初進出ということもあり、通常400室以上の施設に備える大浴場を設置しているのが特徴。 客室は全288室。 全室禁煙で、50型以上大型液晶テレビを設置した。 館内案内をテレビ画面上に表示した「アパデジタルインフォメーション」では、大浴場の混雑状況を客室からリアルタイムで把握できるほか、スマートフォンからYouTubeで動画をテレビに映せる「ミラーリング機能」、テレビリモコンでチェックアウト時間の延長手続きができる「セルフ延長機能」などを備える。 空気中の花粉やカビ菌、ウイルスなどを無効化し、脱臭効果のある「ナノイーX」を全室に搭載。 人に優しい風の流れを追求した新型エアコンや客室の明るさにこだわったLEDシーリングライトも導入している。 このほか、全室標準仕様として、ベッド下に収納スペースをもうけた「Cloud fit Grand」やリュックサックなどをかけるフックを備える多機能姿見を設置。 空間を立体的に活用しており、照明スイッチ類、空調リモコンなどもベッドの枕元に集約している。 全予約経路対応、8種類のスマホ決済対応のチェックイン機に加え、クレジット決済に特化した小型の卓上チェックイン機も導入している。 アパ直(公式サイト、アパアプリ)で事前にクレジットカード決済をするアプリチェックインを行なうことで、当日のチェックイン手続きが大幅に簡素化される。 またルームカードキーを投函するとチェックアウト処理が行なわれるエクスプレスチェックアウトポストも設置した。

次の

【公式】アパホテル(アパ直なら最安値)新都市型ホテル|ビジネスホテル

公式アパホテル

関連記事• シェアオフィスを国内に展開するアセットデザインは藤田観光と業務提携し、「新宿ワシントンホテル」および「東京ベイ有明ワシントンホテル」内に、シェアワークプレース「THE HUB」を出店する。 宿泊者は「ワークスペース付き宿泊プラン」で予約することで、THE HUBラウンジを2時間利用できる。 価格は新宿ワシントンホテルが1泊1万600円(以下、税抜き)から、東京ベイ有明ワシントンホテルが1泊7000円から。 欧米の企業が相次いで「アクティビティー・ベースド・ワーキング(ABW : Activity Based Working)」という勤務形態を導入している。 簡単にいうと、仕事の内容に合わせて働く場所を選ぶ働き方だ。 ABWの創始者であるオランダのコンサルティング会社のマネジャーに、日本企業が働き方を変えて生産性を高めるためのヒントを聞いた。 IT業界の多重下請け構造にはさまざまな問題があるとして、構造改革に取り組んでいるのが情報戦略テクノロジーだ。 ソフトウェアの開発において、1次請けから3次請けまでのビジネスを経験してキャリアを築いてきた高井淳社長に日本のIT業界の課題と、同社が取り組む改革について前後編の2回にわたって聞いた。 前編ではソフトウェア業界やシステム開発の問題点について聞いた。 平成のネット史の最重要人物「ひろゆき」への独占インタビュー。 ひろゆきの仕事観・仕事哲学を3回に分けて余すことなくお届けする。 ひろゆきこと西村博之氏が、令和時代を迎える日本が今後どんなふうにヤバくなるのか、沈みゆく日本で生き抜くためにはどうしたらいいのかを3回にわたって提言する。 鋼のメンタル王・ひろゆきが教える、いつでもどこでもマイペースを貫く、逆転の思考法! 職場で「他人を攻撃する迷惑な人」と賢く距離を取り、スルーする方法について3回にわたってお届けする。 第3回目は職場の「同調圧力」を乗り越える方法について。 鋼のメンタル王・ひろゆきが教える、いつでもどこでもマイペースを貫く、逆転の思考法! 職場で「他人を攻撃する迷惑な人」と賢く距離を取り、スルーする方法について3回にわたってお届けする。 第2回目は履歴書の書き方、自己アピールの方法について。 ホリエモンこと堀江貴文氏が出資する北海道大樹町の宇宙ベンチャー、インターステラテクノロジズ(IST)は4月20日、小型ロケット「MOMO」5号機を5月2日に打ち上げると発表した。 7月13日に小型ロケット「MOMO」4号機を打ち上げるインターステラテクノロジズの稲川貴大社長が語る「宇宙ビジネスの未来」とは?• 民間企業が開発したロケットとして国内で初めて高度113キロの宇宙空間まで到達したインターステラテクノロジズの稲川貴大社長が単独インタビューに応じた。 日本の民間ロケットとしては初めて高度100キロの宇宙空間に到達したホリエモンロケット「MOMO3号機」。 ホリエモンはなぜ「子宮頸がんワクチン」を推進しているのだろうか。 その裏には、政治に翻弄された「守れるはずの命」があった。 ホリエモンこと堀江貴文氏が主演を務め、現在公演中のミュージカル『クリスマスキャロル』。 そもそもなぜホリエモンは芝居をやっているのだろうか? その真意を探った。 ひろゆきこと西村博之氏が、令和時代を迎える日本が今後どんなふうにヤバくなるのか、沈みゆく日本で生き抜くためにはどうしたらいいのかを3回にわたって提言する。 アフリカ人への強烈な憧れを抱き続け、少数民族を撮り続ける1人の女性写真家がいる。 服を身にまとわずに暮らす少数民族の村で、現地の女性と同じ姿になることによって「唯一無二」の写真を生み出してきたヨシダナギさんだ。 学歴は中卒、写真も独学。 治安の決して良くはないアフリカに飛び込んで写真を撮り続ける彼女のモチベーションはどこにあるのか?• ひろゆきこと西村博之氏が、令和時代を迎える日本が今後どんなふうにヤバくなるのか、沈みゆく日本で生き抜くためにはどうしたらいいのかを3回にわたって提言。

次の