沖縄 県。 沖縄県のシンプル地図(縮尺6)

新型コロナウイルスの影響に対する経済支援策/沖縄県

沖縄 県

更新日:2020年6月19日 沖縄県職員採用試験のお知らせ 令和2年度沖縄県職員採用試験のお知らせ [新着情報] 令和2年6月19日up! (電話番号:098-866-2545) 【上級試験における新型コロナウイルス感染症などへの対応について】 新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、受験者の皆様には以下の点に御協力をお願いします。 1 健康状態申告書の提出(試験当日) 試験当日の健康状態を把握する必要があります。 あらかじめ別添PDFを印刷しておいて下さい。 試験当日の朝、自宅等で検温を行い必要事項を記入し、申告書は 試験会場にて係員に提出して下さい。 2 マスクの着用 試験当日は、風邪症状等の有無にかかわらず、必ずマスクを着用して下さい。 なお、試験中の本人確認の際は、試験官の指示に従いマスクを一時的に外していただきます。 3 手指消毒等 試験会場には手指消毒用アルコールを設置しますので、入室前に必ず消毒や手洗い等を行うとともに、試験会場やその周辺における不必要な会話等は控えて下さい。 なお、携帯用手指消毒用アルコール等を持参し使用しても差し支えありません。 4 熱中症対策 試験室は、適宜、窓やドアを開けて換気を行うため、冷気が逃げます。 熱中症予防のため、十分の水分補給を行うとともに、室温の高低に対応しやすい服装で受験して下さい。 【上級試験の試験会場について】 ・を掲載します。 御了承願います。 【上級試験の申込者数について】 を更新しました。 【警察官A採用試験の受験票送付及び試験会場について】 ・受験票は6月下旬に送付予定となっています。 ・試験会場については、受験票及び本ホームページ(受験票送付時期に更新予定)で確認して下さい。 令和2年5月11日up! 【試験問題例題等について】 ・を更新しました。 令和2年4月9日up! 今後の沖縄県職員採用試験に関する各種情報につきましては、本HPに掲載する予定ですので、随時御確認いただきますようお願いします。 【令和元年度新採用職員アンケートの調査結果について】 ・を掲載します。 お勧めの試験対策や沖縄県職員志望者に対するアドバイス、メッセージ等、参考になる回答が多く寄せられていますので、ぜひご一読ください。 令和2年3月16日up! を掲示しました。 [試験情報]採用試験の基本的情報を提供します。

次の

沖縄県職員採用試験のお知らせ/沖縄県

沖縄 県

更新日:2020年6月19日 沖縄県職員採用試験のお知らせ 令和2年度沖縄県職員採用試験のお知らせ [新着情報] 令和2年6月19日up! (電話番号:098-866-2545) 【上級試験における新型コロナウイルス感染症などへの対応について】 新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、受験者の皆様には以下の点に御協力をお願いします。 1 健康状態申告書の提出(試験当日) 試験当日の健康状態を把握する必要があります。 あらかじめ別添PDFを印刷しておいて下さい。 試験当日の朝、自宅等で検温を行い必要事項を記入し、申告書は 試験会場にて係員に提出して下さい。 2 マスクの着用 試験当日は、風邪症状等の有無にかかわらず、必ずマスクを着用して下さい。 なお、試験中の本人確認の際は、試験官の指示に従いマスクを一時的に外していただきます。 3 手指消毒等 試験会場には手指消毒用アルコールを設置しますので、入室前に必ず消毒や手洗い等を行うとともに、試験会場やその周辺における不必要な会話等は控えて下さい。 なお、携帯用手指消毒用アルコール等を持参し使用しても差し支えありません。 4 熱中症対策 試験室は、適宜、窓やドアを開けて換気を行うため、冷気が逃げます。 熱中症予防のため、十分の水分補給を行うとともに、室温の高低に対応しやすい服装で受験して下さい。 【上級試験の試験会場について】 ・を掲載します。 御了承願います。 【上級試験の申込者数について】 を更新しました。 【警察官A採用試験の受験票送付及び試験会場について】 ・受験票は6月下旬に送付予定となっています。 ・試験会場については、受験票及び本ホームページ(受験票送付時期に更新予定)で確認して下さい。 令和2年5月11日up! 【試験問題例題等について】 ・を更新しました。 令和2年4月9日up! 今後の沖縄県職員採用試験に関する各種情報につきましては、本HPに掲載する予定ですので、随時御確認いただきますようお願いします。 【令和元年度新採用職員アンケートの調査結果について】 ・を掲載します。 お勧めの試験対策や沖縄県職員志望者に対するアドバイス、メッセージ等、参考になる回答が多く寄せられていますので、ぜひご一読ください。 令和2年3月16日up! を掲示しました。 [試験情報]採用試験の基本的情報を提供します。

次の

沖縄県

沖縄 県

概要 [ ] のを除くの島々(、、)から構成されており、とに挟まれている。 面積は2,281㎢で、日本の都道府県では小さい順に、、に次いで第4位であり、人の居住する日本最南端の地域を含む県でもある。 また、は日本の最西端にあるであり、の北北西端にあるが日本最西端の地点である。 県民人口の約9割がに集中しており、行政上は沖縄本島とそれ以外のとに分けられる場合がある。 ほぼ全域が気候であり、一部はに属する。 年間を通して温暖な気候であり、最高気温と最低気温の差も小さく標高の高い山も存在しないためになることもない。 海上輸送路()および軍事的要地()として重要な場所に位置し、多数のが存在する。 主な米軍施設として、、、等が存在する。 歴史的経緯(後述)から、宗教、文化ならびに風習、人名や方言、料理やおよび産業、人口構成ならびに所得格差に至るまで日本列島主要との差異が比較的大きい。 俗に沖縄「県外」のことを「(ナイチ)」、沖縄県外の日本人を「内地人(ナイチャー)」と呼び分ける場合がある。 日本屈指の地であり、文化体験、、、やなどを強みに分野に特に力を入れており、観光業を含むが79. 2を占めている一方では5. また格闘技界においてはの発祥の地(琉球唐手)として世界的に有名であり、多数の外国人門下生が県内の空手道場に入門し稽古している。 ボクシングにおいては石垣市出身のを始めとして数多くの世界王者、名選手を輩出している。 名称 [ ] 「」も参照 「沖縄(おきなわ)」という地名の由来は、「沖あいの漁場」を意味する「おき(沖)な(魚)は(場)」を由来とする説()と、「沖にある場所」「遠い場所」を意味する「おき(沖・遠い)なは(場所)」を由来とする説()がある。 のちに中国側からの呼称による「流求」「琉球」と呼ばれるようになった。 の際、内では「 琉球県」の名称も検討された。 これは(明治12年)、を廃して沖縄県が設置される際に俎上に上っていたものである。 内務卿のから太政大臣のに提出した同年3月1日付の琉球処分に関する文章には「琉球藩ヲ廃シ、更ニ琉球県ヲ被置候、此旨布告候事但県庁ハ首里ニ被置候事」とあり、琉球県の名称が使われていたが採用には至らなかった。 この間の経緯は不明であるが、由来の琉球に対し、沖縄のほうがより日本帰属の意思が明確になるため選ばれたと推察できる。 用語としての「沖縄」は元々はを指す言葉であったが、沖縄県設置により奄美群島が正式に日本に編入、さらに・全域が「沖縄」と呼ばれるようになり、より広義に解釈されるようにもなった。 地理・地域 [ ] 沖縄県の地図 による日本の14地域区分の1つである沖縄は、沖縄県1県のみから成る。 なお、「九州地方」の一部または「九州・沖縄地方」と呼ぶ場合もある(「」を参照)。 は、「」を、「」5島の一つとしている。 、によると、沖縄県は363の島から成っている。 49の有人島と多数のから成り、0. 01km 2以上の面積を有する島は160島存在する。 最東端から最西端までは約1,000、最北端から最南端までは約400kmと、広大な県域を持つ。 南西諸島は鹿児島県から台湾近くまで長く延びており、地理的分布では北のまでと、とおよびの3つに大きく分けられる。 との間はと呼ばれ最狭区間でも約145(約270km)の距離があり、そのうち約48海里(約89km)がとになっており、残りの約97海里(約180km)がになっている。 与那国島と台湾の間は約54海里(約100km)である。 沖縄県の端 島 所属自治体 備考 位置 最北端 有人島に限れば 沖縄県 南西諸島 最南端 日本最南端の有人島 最東端 最西端 日本最西端の島 離島が多いものの、離島の医療は人材的あるいは経済的理由から不足気味であり、がなくのみという島も多い。 そのため、離島で治療できない急患患者のへの空輸をやが行っている。 なお、、には県立の総合病院が設置されているため、それらの島の周辺離島での急患は沖縄本島ではなく宮古島や石垣島に搬送される場合もある。 県庁所在地である那覇市の半径1,000km圏内には全域や、、や全域が含まれ、1,500km圏内には、、、、、などが位置する。 2000km圏内には、、、、、、等が存在し、2500km圏内には、、、、、、が収まるなど、まさに・ととの接点とも言える位置にある。 沖縄本島の中南部はやを中心として都市化や人口集中が進んでおり、全面積の約5分の1に110万人以上が居住している( も参照)。 その上、の米軍基地が多数存在しており、利用できる面積はさらに限られる。 そのためは全国で第9位であり、の都府県を除くとに次いで2番目に高い。 地質 [ ] 琉球諸島は太平洋側のと東シナ海側のに挟まれる。 琉球海溝はがに潜り込むことによりできたもので、これはと同様の成因である。 また背海盆沖縄トラフはユーラシアプレートが新しい時代に引き裂かれて陥没した1000〜2000の窪みであり熱水鉱床などがみられる。 地質的には琉球列島(諸島)のうち沖縄島と奄美大島はケラマ海裂とトカラ海峡とに挟まれた中琉球と呼ばれ、島は海洋地殻の上に海洋地殻の付加体(海洋地殻の陸側斜面となるユーラシア・プレートの下にフィリピン海プレートが沈み込むときに、海溝の陸側斜面ユーラシアプレートの端に押し付けられて隆起した海洋地殻の上の堆積物)で構成され、さらに3億〜5000万年前の古い付加堆積物で作られる沖縄島北側と、500万年前に作られた現地性堆積物により構成される沖縄島南側に大きく分けられる。 自然 [ ] 地帯でに好適な気候に恵まれ、貴重な動植物が多い。 沖縄本島北部にはと呼ばれるが広がっており、、、といった等貴重な生物が生息している。 山原と沖縄本島の海岸線の一部、等がに指定されている。 西表島一帯および石垣島の一部がに指定されており、林が広がるほか、等の貴重な生物が生息している。 なお、が指定するのうち、55ヶ所が沖縄県内にある。 これは、(61ヶ所)に次いで日本で2番目に多い。 と (平成17年)から(平成19年)各年のにの影響で大雨とが沖縄本島を襲い、各地で冠水、、等が相次いだ。 平年値では年間を通じて降水量が多いが、とによる降雨が多いこと、年による変動が大きいこと、大きな河川がなくすぐに海に流出してしまうことなどから、気候および地形的に水不足に陥りやすい。 また、1946年に約51万人だった人口が、本土復帰の(昭和47年)に約96万人と増加し、需給関係から前半までしばしば水不足によるが行われた。 特にでは日本最長の326日間にわたって給水制限が実施された。 そのため、屋根の上などに給水タンクを設置している家が多い。 しかし、沖縄本島北部から南部への導水が進み、また(平成9年)に気候に左右されず安定して水の供給が可能な施設がに完成したことで 、(平成17年)に県人口が約136万人と増加したものの、断水に見舞われることは減った。 、、、、、およびは性気候ででは Af に、それ以外の地域は性で Cfa に属する。 沖縄県各地方ともに高温多湿で年間降水量は2,000以上で、年間平均気温は約22となっている。 これは、沖縄は陸地面積が狭く周りを海に囲まれていること()から、や晴天弱風と都市化がもたらす大規模なのような要因がないためである(但し都市部での小規模なヒートアイランド現象の研究報告はある)。 また沖縄は台風と呼ばれており、毎年多くのが接近する。 月別で注目すると、降水量は入りの平均期間である5月と台風が多く接近する8月に多い。 また、日照時間は7月に長く、冬期の1月・2月では短い。 梅雨明け頃には、(沖縄本島ではカーチーベー、宮古・八重山周辺ではカーチーバイ )と呼ばれる秒速10m以上の南寄りの強い風が吹き、夏の到来を告げるとして知られている。 降雪 [ ] 冬期に降雪があることはごくまれであるが、(昭和52年)にで、(平成28年)に久米島と名護市でそれぞれ(気象記録上はと同じ扱い)が観測された。 が公式に発表した沖縄県での降雪記録はこの2例のみで、久米島での降雪は日本における降雪の南限記録である。 観測開始以前においては、の正史とされる『球陽』によると、、、、、にそれぞれ現在の沖縄県の領域で降雪があったことを記録している。 なお、では県内各地で、、などが観測されており農作物への被害も発生している。 (平成11年)とその前後に那覇市などで「雪が降った」という目撃談が複数報告され、でその「雪らしきもの」の映像を放送したが、気温が高かったことなどから気象台は否定的で 、公式な降雪記録とはなっていない。 沖縄県内各地の気象データ 平年値 (月単位) 奥 糸数 登野城 伊原間 Cfa Cfa Cfa Cfa Cfa Cfa Cfa Cfa Af Af Af Af Af Af Af 最暖 月 26. 7 (7月) 28. 8 (7月) 28. 6 (7月) 28. 9 (7月) 27. 1 (7月) 28. 3 (7月) 26. 7 (7月) 28. 8 (7月) 28. 5 (7月) 28. 7 (7月) 29. 0 (7月) 29. 5 (7月) 28. 8 (7月) 28. 9 (7月) 28. 9 (7月) 28. 9 (7月) 28. 8 (7月) 最寒 月 14. 5 (1月) 16. 3 (1月) 16. 2 (1月) 17. 0 (1月) 15. 2 (1月) 16. 1 (1月) 15. 3 (1月) 16. 7 (1月) 17. 7 (1月) 18. 0 (1月) 18. 4 (1月) 18. 6 (1月) 18. 3 (1月) 18. 3 (1月) 18. 0 (1月) 18. 8 (1月) 18. 4 (1月) 最多 月 309. 5 (6月) 248. 2 (8月) 228. 8 (5月) 260. 5 (9月) 253. 3 (6月) 269. 9 (6月) 268. 8 (5月) 263. 9 (6月) 200. 6 (5月) 262. 5 (8月) 249. 6 (8月) 261. 6 (8月) 250. 6 (9月) 273. 6 (8月) 284. 1 (8月) 197. 7 (9月) 293. 2 (9月) 最少 月 138. 3 (12月) 96. 2 (12月) 78. 3 (12月) 102. 8 (12月) 111. 7 (1月) 97. 5 (12月) 124. 1 (12月) 119. 0 (7月) 84. 7 (1月) 130. 8 (1,7月) 127. 2 (12月) 126. 3 (12月) 122. 3 (7月) 141. 6 (7月) 137. 6 (3月) 106. 2 (12月) 138. 5 (7月) () 最長 月 239. 2 (7月) 245. 7 (7月) 218. 1 (7月) 238. 8 (7月) 210. 1 (7月) 289. 8 (7月) 230. 5 (7月) 255. 4 (7月) 278. 8 (7月) 246. 7 (7月) 199. 1 (7月) 264. 5 (7月) 245. 6 (7月) 253. 2 (7月) 245. 4 (7月) 259. 3 (7月) 258. 9 (7月) 最短 月 78. 3 (1月) 86. 2 (2月) 88. 3 (2月) 87. 1 (2月) 93. 0 (2月) 91. 5 (1月) 87. 8 (1月) 77. 4 (2月) 114. 5 (2月) 82. 6 (2月) 73. 9 (1月) 82. 1 (2月) 70. 5 (1月) 74. 5 (1月) 86. 5 (2月) 91. 9 (1月) 55. 7 (1月)• 1981年から2010年まで(ただし金武町、多良間島は1971年から2000年まで)の平均値 島嶼 [ ] 沖縄県に属する島嶼の面積上位20島 島嶼名 面積 km 2 島嶼名 面積 km 2 1 1,206. 98 11 0019. 81 2 0289. 61 12 0015. 31 3 0222. 25 13 0014. 12 4 0158. 87 14 0012. 73 5 0059. 53 15 0011. 93 6 0030. 53 16 0010. 02 7 0029. 06 17 0009. 68 8 0028. 95 18 0007. 86 9 0022. 76 19 0007. 82 10 0020. 66 20 0007. 62 出典:(2016年10月1日現在) 沖縄海岸国定公園()• (2014年3月5日指定 )• (2016年9月15日指定 )• 久米島県立自然公園• 伊良部県立自然公園• 渡名喜県立自然公園• 多良間県立自然公園(2015年3月29日指定 ) 地形 [ ] 山岳• 526m - 沖縄県の最高峰。 503m - 沖縄本島最高峰。 470m• 177m 河川 本県の河川の特徴としては、急勾配でかつ、河川延長が短く、が小さいことが挙げられる。 その為、河川流量の変動が顕著で、大雨による増水、少雨による水不足に陥りやすい。 また林など県外と異なる亜熱帯特有の自然環境を形成している。 現在、沖縄本島北部ではの流出、中南部では畜舎からの等の影響による河川が問題となっている。 本県には国内で唯一、が存在しない。 の開発は知事の要請に基づきにより、日本政府の直轄事業として改良・修繕工事を行っている。 - 沖縄県最長の川でマリユドゥの滝などを有する。 マリユドゥの滝• - 日本で唯一塩分濃度が高い川• 湖沼・干潟等• - 沖縄県最大の自然湖• - 沖縄県最大の• 地域区分 [ ] (明治29年)の施行に伴い、、、、、の5郡が設置された。 現在もその旧郡の境界をもって5地域(5地区)に分ける慣例が残っている。 ただし、島尻郡が周囲の離島全てを含む形となっているため、とは旧島尻郡の中心の那覇から遠くなっており、航路で近い国頭郡の枠に入れる例が多い。 行政による地域区分では、旧郡による5地域において中頭地区に入る浦添市を南部広域市町村圏に入れている。 また、島尻郡の離島は別扱いとなる。 2019年現在、沖縄県には11市、5郡、11町、19村があり、町は全て「ちょう」、村は全て「そん」と読む。 沖縄諸島 [ ] 詳細は「」、「」、「」、および「」を参照 概略 [ ] 古代 『』には、2年()に朝廷の命により、務広弐文忌寸博士が南島(なんとう)(南西諸島)に派遣されたとある。 このときの文忌寸博士の任務は屋久島、種子島、奄美大島の朝貢関係を確認することにあり、文武天皇3年()に多褹・掖玖・菴美・度感から朝廷に来貢があり位階を授けたと記載がある。 これ以降、朝廷は種子島に国司を派遣するとともに、久米島や石垣島にも服属を求める使者を派遣している。 8年()には南島の奄美・夜久・度感・信覚・球美の島民が来朝し貢上したという記載があり、蝦夷の人々とともに南島の人々に位階を授けたとある。 他にも4年()に南島人232人に位を授け、また4年()に南島人132人に位階を授けた、などの記載がある。 時代に編纂された「」によると、で敗れに流されたが追手から逃れるため沖縄本島()に渡り、その子が初代琉球国王になったとされており、正史として扱われている。 14世紀後半には王国(、、)が勃興し、中国()にしを受けを行っていた。 1429年に中山王が南山と北山を滅ぼし、琉球王国を建国した()。 にの家臣であった金丸が王位をし、自らをと号し即位した()。 周辺の先島諸島や奄美群島にも版図を拡げるが、(14年)にの侵攻を受けは降伏、当時王国の支配下にあったは薩摩藩に割譲 、王国は薩摩藩の支配下におかれた()。 薩摩による侵攻以降も王国は中国の冊封を受け続け、日本の薩摩藩と清国に『両属』する体制となっていたが体制下の両国の地としての役割を担い、交易を通じて独自の文化と自治を保っていた。 近代に入り日本本土でがおこりしたことを受け、(明治4年)9月に日清修好条規が締結されとの間に外交関係が樹立された。 しかし、その約1ヶ月後となる同年10月にが発生、は外交対処のために国家の確立を急ぎ、(明治5年)、が設置され、琉球国王のを「琉球藩王」に封じて東京に藩邸を置いた。 による清との交渉後、(明治7年)にとなり、日本の航客に危害を加えないなどの統括権などが大使の調停による事後処理条約で確認され、清との外交事件が帰着した。 (12年)、明治政府は琉球藩を廃して 沖縄県を設置、は東京の藩邸に居を移しとなる。 グスク時代の城跡遺跡は『』としてのに登録されている。 (20年)、では『国内最大の地上戦』と呼ばれる の戦場となった。 米軍はに沖縄本島のの海岸に上陸、瞬く間に島の北半分を制圧、日本軍は米軍の総攻撃を受け南部に追い込まれ、総司令部が置かれていた首里城も焼け落ち、に沖縄守備軍最高指揮官の中将らがで自決したことで組織的戦闘は終結した。 約3カ月に及ぶ激戦により県民の4人に1人が犠牲になり土地も荒廃した。 現在、摩文仁はに指定されており、6月23日はとして沖縄県の休日となっている。 戦後、南西諸島は米軍の占領下におかれ、日本の施政権は停止、沖縄県は実体としては一旦消滅した()。 米軍主導のもと新たに『』が誕生、基地建設のため集落や農地を大規模に接収し、を整備し、通貨として、後にを使用させ、日本本土への渡航にが必要になるなど、米国流のやり方で戦後復興が進められていった。 (昭和27年)にの占領下にあった日本がした後も沖縄は引き続き米軍の統治下におかれた。 以降になるとやが勃発し、沖縄は米軍の前線補給基地として重要度を増し、数多くの米軍人が駐留、等のややといったが多数配備され、ベトナムからは『悪魔の島』と恐れられた。 経済は基地に大きく依存していた一方で、当時ドル高円安のの影響もあり物価は安く生活は安定しており、人口は終戦直後の約50万人から本土に復帰するまでのわずか27年間で約100万人に倍増した。 しかし米軍による強権的かつ差別的な施政に島民は強い反感を抱き、本土への復帰を求める大規模な反基地運動が各地で展開されていった()。 (昭和46年)に首相と大統領との間でが締結され、翌(昭和47年)に沖縄は日本に施政権が返還され沖縄県が復活した()。 米軍統治時代から続く基地問題やの問題、の問題は県の主要な政治課題となっている(「」を参照)。 年表 [ ]• (明治12年)4月4日 - 琉球藩を廃止し、沖縄県を設置。 が初代県令に就任()。 (明治29年)- が鹿児島 - 奄美 - 沖縄本島間に電信用のを敷設。 (20年)4月 - 勃発。 同年6月23日、戦闘終結。 沖縄県が全島がの占領下に置かれる。 同年9月20日、沖縄本島の収容所で行われた市会議員選挙で、が認められ普通選挙実施。 (昭和21年)1月 - 677により連合国よりアメリカ軍政へ移管。 (昭和21年)4月 - 米軍主導の元、発足。 で互選されたが知事に就任。 旧県会議員を主体に議会を設立。 (昭和25年)12月 - (United States Civil Administration of the Ryukyu Islands)とアメリカ軍政の沖縄統治機関の名称を変更。 大規模な基地建設の開始。 (昭和26年)4月 - マッカーサー元帥解任。 (昭和27年)4月1日 - 設立。 (昭和35年)4月28日 - 設立。 (昭和45年)12月20日 - 発生。 (昭和47年)5月15日 - 日本に復帰し沖縄県再設置()。 (昭和50年)7月 - 開催。 その際皇太子明仁親王(当時)夫妻の沖縄訪問時にが発生。 (昭和53年)7月30日 -。 車両が右側通行から左側通行へ変更。 (「 」)。 (昭和56年 7月 - 日本最長の326日間にわたる給水制限を実施。 ( )• (昭和62年 - 開催。 (4年 11月2日 - 首里城正殿等を復元、開園。 1995年(平成7年)9月4日 - が発生し、に波及。 (平成9年 - 日米間での返還を含む基地移転案に基本合意。 (平成12年)• 7月21日 - が開催され、それを記念してを発行。 11月30日 - 首里城などの各グスク、、、などが「」としてに登録される。 (平成14年)11月1日 - が開園。 大水槽および水槽のパネルは当時世界最大規模であった。 (平成15年)8月10日 - が開通。 2004年(平成16年)• 1月 - (当時)、宮古島を初訪問。 - に米軍が墜落する。 の要求が強まる• (平成23年)9月11日 -。 (平成25年)12月27日 - 知事が米軍の名護市移設に向けた埋め立てを承認。 (平成26年) - で仲井眞弘多が敗れ、が知事に当選。 (平成27年) - 普天間飛行場の辺野古移設を巡り県と国が法廷闘争を繰り広げる。 工事を一時停止して協議するが9月に決裂し工事再開。 (平成28年) - 裁判所の和解案に基づき政府と協議。 9月16日、福岡高裁で辺野古移設に関して県の敗訴が確定。 (平成30年)8月8日 - 翁長雄志知事が死去(本土復帰後公選知事初の現職没)。 (平成31年)2月24日 - 辺野古米軍基地建設のための埋立ての賛否を問うが実施され、投票者の7割超、有権者の4分の1超が反対に投票。 2019年(元年 10月31日 - 火災により首里城正殿、北殿、南殿などが焼け落ちる。 人口 [ ] 詳細は「」を参照 2015年度の結果より前回の2010年度と比較して、沖縄県の人口は約4万人(2. 人口増加率は全国1位。 人口別では初めて65歳以上人口が15歳未満人口を上回った。 地域別で見るとの中部と南部で増加し、移住先として人気のあるを除けば、沖縄本島北部と離島の大部分で減少している。 は、2025年に143万3千人まで増加すると予測している。 2010年の自然増加率は人口千人あたり5. 0人増と全国最高である が、社会増加率は各年により増減が変動する。 また2010年度のは1. 87人 と1975年度以来連続で全国1位を維持している。 2015年度国勢調査によれば、65歳以上の人口比率 19. は男女ともに全国で最も低いが 、は全国平均に近く 、特に成人男性は全国3位以上の年齢調整死亡率となっている。 沖縄県在住のは、別で2010年現在(とその関係者は含まれない。 )が最も多いが、・籍の外国人も増加傾向にある。 なお人口統計には含まれない在沖米軍人と軍属およびその家族数は2013年度現在47,300人にのぼる。 2016年度の沖縄県への入域観光客統計は年間8,613,100人で過去最高を記録し一日平均で約23,500人になる。 また本土から赴任したや国のの出向公務員も多数存在するために、これらを含めると見かけ上の人口は統計よりも7〜10万人も多い。 詳細は「」を参照 沖縄県公選知事 代 氏名 在職期間 期 出身地 最終学歴 1 やら ちょうびょう (昭和47年) - (昭和51年) 2 卒業 (現・) 2 たいら こういち (昭和51年) - (昭和53年) 1 中頭郡 卒業 3 にしめ じゅんじ (昭和53年) - (平成2年) 3 (現・) 卒業 4 おおた まさひで (平成2年) - (平成10年) 2 島尻郡 (現・) 大学院修了 5 いなみね けいいち (平成10年) - (平成18年) 2 (現・) 卒業 6 なかいま ひろかず (平成18年) - (平成26年) 2 東京大学卒業 7 おなが たけし (平成26年) - (平成30年) 1 (現:那覇市) 卒業 8 たまき デニー (平成30年) - 1 中頭郡(現:) 卒業 組織・庁舎 [ ] 詳細は「」を参照• 48人• 任期 (平成28年) - (平成32年) 沖縄県議会議員選挙はでは実施されない数少ない都道府県議会議員選挙の1つである(他は、、、、)。 これは、日本復帰後の選挙が(昭和47年)に行われたことによるためで、東京と茨城は議会の解散、岩手、宮城と福島はによる延期のためであり、事情が異なる。 財政 [ ] 2015年度 [ ]• 標準財政規模 3567億9084万円• 29(都道府県平均 0. 47)• 財政力指数が0. 3未満のEグループ(11自治体)に分類されている• 経常収支比率 95. 財政の硬直化が進んでいることを示す指標である• 将来負担比率 81. 人口100,000人当たりの職員数 1,412. 52人(都道府県平均1,110. 90人)• 107. 0(都道府県平均 107. 4) 地方債残高• 普通会計分の地方債現在高 6829億9400万円• 上記以外の特別会計分の地方債(企業債)現在高 1541億800万円 経済・産業 [ ] 水納ビーチ() 沖縄県は日本で最も有名なの一つであり、重要な観光資源となっている。 産業 [ ] 沖縄県は日本屈指の観光立県でありが発達していて県経済の中心になっている。 また観光以外に目立った産業のない沖縄県は、基地が生み出す経済(軍雇用者所得、軍用賃借料、米兵向け商店・飲食店など)に依存している側面があり、経済依存度は、1972年の15. 米軍基地内には、オフィスや病院、などの施設があり、約9000人前後の県民が基地施設に勤務していて、に次ぐ大口の就職先になっている。 沖縄県の産業構造は、全国に比べて第2次産業のウエイトが低く、第3次産業のウエイトが高いことが特徴であるが、この傾向は、復帰以降全く変わっていない。 平成25年度の県内総生産に占める第2次産業及び第3次産業の割合は、それぞれ13. 9%及び84. 4%となっており、全国の24. 4%及び73. 9%と比べその差異は明らかである。 特に、製造業の割合は、全国が18. 4%に対し沖縄県は4. 2%とその差異は極めて大きい。 また、政府サービス生産者(公的な電気・ガス・水道業や公務等の経済活動)の割合が沖縄県(平成25年度)では16. 0%と高い。 この高い割合は、復帰以降続いているものである。 (26年)度の県内総生産は4兆1749億円で、前年度と比較した経済成長率は、1. 名目は3. 平成26年度の一人あたり県民所得は212万9000円(全国平均は286万8000円)である。 は日本一高いが2016年には沖縄の完全失業率は23年ぶり3%台に低下した。 県内で生産されない製品や商品は、日本の他の都道府県から輸送して県内に移入する必要があり、輸送費の分だけ県外に比べ割高となってしまう。 そのため、県外のと比べて、特別が低くはなっていない。 農業・漁業 [ ] 農業では日本有数の亜熱帯性気候を生かし、、、、等のトロピカルフルーツや、、、(ニガウリ)といった農作物が生産されている。 漁業では、、、、、アカハタなどの他、 の養殖も盛んである。 畜産業では、養豚が古くから盛んに行われ沖縄固有品種が有名。 またやも生産されている。 工業・鉱業 [ ] 製糖業、飲食料品製造業や、セメント製造を中心とした窯業・土石製品製造業があるがいずれも小規模である。 沖縄本島のには良質な石灰岩が存在し、セメントの原料や砕石・砕砂の原料として採掘されている。 やにはかつて燐鉱石が豊富に存在していたが、現在では採掘され尽くしており枯渇している。 沖縄本島沖の海底には国内最大規模のが広がっており、、などのほか、やなどを含むため、次世代の海洋資源として試掘調査が活発化している。 東シナ海の海底には推定埋蔵量約1000億バレルに上る天然ガスや石油が眠っており、周辺ではとの領有権争い(を参照のこと)が生じている。 植物資源を燃料に充てられるが脚光を浴び、県産サトウキビが原料として注目されていたが採算性悪化で撤退している。 観光業 [ ] 本県の主な産業として、伝統、歴史、自然、食文化や国際色を生かしたが挙げられる。 ただし、これらの観光業は景気に左右されやすい。 沖縄本島のリゾートホテル付設や公営のの多くは、と同様にであり、観光資源ではあるが「沖縄の自然」ではない。 観光客数は国内外合わせて5,690,000人(国内:5,443,800人、海外:246,200人) である。 米国からの観光客は、米軍基地関係者が多く含まれる。 (平成12年)にが行われたのをきっかけに、国際会議、コンベンションといったイベント開催地としての体勢作りを進めている。 また県はスポーツアイランド構想を掲げも活発化している。 情報 [ ] (平成10年)から「沖縄県マルチメディアアイランド構想」に基づき、の陸揚げ本数が多いことから IX Internet Exchange の語に掛けて IT Exchange 等の呼びかけを行いやIT企業の優遇策による誘致を活発に行っている。 その一方で内外から施設は立派であるが内容が伴わないとしてといった批判も多い。 頃からスマートフォンアプリの開発業も盛んになっている。 優遇税制・特例 [ ] 経済振興のため、数々の特例 が設定されている。 (県外より1当たり7円引き)や、の通行料金(県外より)などが軽減されている。 観光においては、、のちのが他県にはない特徴的な優遇税制である。 (平成14年)4月に施行された沖縄振興特別措置法により、IT関連企業、金融関連企業の誘致を行っている。 税制上の優遇(の控除、の非課税、の課税標準の特例)と大地震等の災害の可能性の低さを理由に、いくつかの企業が特別地区への移動を行っている。 企業 [ ] 県内では、本州等で展開しているの地域会社が多数存在する。 電気通信事業者 では、携帯電話の のサービスを提供する地域会社としてがある。 この会社は沖縄県の経済振興を目的として設立された企業であることから、同社の過半数株式を所有する だけでなく、地元企業ののほか県内の財界、有力企業なども出資している。 なお、同社は政治的な配慮により対象外だったが、のちに au 本体 が対象となっている。 また、グループのサービスを提供していた沖縄電力グループの旧を引継ぎ、(平成17年)に事業を開始した(などでPHSサービスを提供する(旧DDIポケット)の子会社)がある。 酒類 メーカーとして県内で大きな市場占有率を持つが存在する。 新聞 新聞は輸送事情の関係から、県外の全国紙は現地印刷が開始されたを除き、当日の朝に配送することが不可能なため(県外における夕刊配達の時間帯に朝刊が配達される状態)、であるおよびが購読率の大半を占めている。 金融 金融機関は、店舗数では県内ののほか()や()が圧倒的である。 については、那覇支店のみが存在する。 県外のはの沖縄支店がになって設置された。 沖縄県に本社を置く主要企業 [ ] 製造業• (浦添市)• (浦添市)• (浦添市)• (那覇市)• 沖縄食糧(浦添市) 小売業• (西原町)• (那覇市)• (那覇市)• (浦添市)• (浦添市)• ホームセンタータバタ()• (浦添市) 一般電気事業• (浦添市) 卸売業• (浦添市)• (浦添市) 情報通信業• (那覇市)• (那覇市)• (那覇市)• (宜野湾市) 新聞業• (那覇市)• (那覇市)• (宮古島市)• (宮古島市)• (石垣市)• (石垣市) 放送業• (那覇市)• (那覇市)• (那覇市)• (那覇市)• (浦添市) 金融業• (那覇市)• (那覇市)• (那覇市)• (沖縄市)• (那覇市)• (那覇市)• (那覇市)• (那覇市)• (那覇市) 建設業• (那覇市)• (那覇市) 観光業• (那覇市)• (名護市)• (那覇市) 飲食業• (宜野湾市) 沖縄県に拠点事業所を置く主要企業 [ ] 工場• 日本鉄工(糸満市) 生活・交通 [ ] 警察 [ ]• 交通 [ ] 空港 [ ] (那覇市) 島嶼県であるという事情から、県外への移動や県内離島間の移動は空路が主に利用されている。 県内には、以下の表の空港とがあるほか、がとして利用する、などがある。 2017年度旅客数 旅客合計 国内線 国際線 旅客数 定期便 旅客数 定期便 21,161,683人 17,524,761人 ・・・ ・ ・()・・・ ・ ・ ・ ・・・・・・・・・・・・・・・・ 3,636,922人 ・・・・・・・・・・・・・ 県内 ・・・・・ 2,497,171人 2,411,480人 県外 羽田・ 成田・ 関西・ 中部・福岡 85,691人 台北 県内 那覇・宮古・与那国 1,700,590人 1,699,901人 県外 羽田・ 関西・ 中部・(福岡) 689人 - 県内 那覇・石垣・ 258,640人 258,640人 県外 ( 羽田) 0人 - 県内 那覇 105,302人 105,302人 県内 那覇・石垣 0人 - 48,418人 48,418人 県内 那覇・北大東 0人 - 45,186人 45,186人 県内 宮古 0人 - 19,303人 19,303人 県内 那覇・南大東 0人 - 3,794人 3,794人 県内 那覇 0人 - 490人 490人 - - 0人 - 0人 0人 - - 0人 - 0人 0人 - - 0人 - 0人 0人 - - 0人 -• 就航先は1月1日現在• の旅客数含む• 括弧は通年運航ではない(季節運航もしくは運休期間がある)路線を示す• への航空路は 太字で表記 鉄道路線 [ ] 太平洋戦争前には沖縄本島に、()、、が存在したが、沖縄電気の路面電車と糸満馬車軌道はバスの台頭により廃止され、残った沖縄県営鉄道と沖縄軌道もで破壊され消滅した。 戦後は長らく鉄道路線が存在しなかったが、2003年(平成15年)に(ゆいレール)那覇空港 - 首里間(その後のまで延長)が開業した。 2013年現在、2006年(平成18年)に明らかになった那覇 - 名護間に鉄道を建設する構想は、建設費を政府が一部(または全部)負担することを除き、建設や運営の主体や手法などについて調査、検討段階にある。 またでは、観光客の増加を図ることが目的に、1983年までサトウキビを運搬するために島内を運行していた鉄道「シュガートレイン」の復活を計画している。 全都道府県の中で唯一、各社の路線が敷設されていない。 これは時代から同様であるが、についてはなどとの連絡運輸により取り扱いが行われていた。 なお、かつては那覇市に(JR九州)が設置されていたが、2017年3月17日をもって閉店したため、JRの営業拠点が全く存在しなくなった。 このほか、に準拠するとしては2016年4月1日に宮古島のシギラリゾート内にリフトが設置されている。 バス [ ] 沖縄本島では那覇市・浦添市内の(ゆいレール)以外に鉄道がないため、都市内および都市間を結ぶ交通機関として、島内各地にバス路線網が展開されている。 また、石垣島や宮古島でも島内の交通機関としてバス路線網がある。 ほかに、島の港、空港、中心集落や観光地を結ぶ交通手段として、小規模な路線バスの運行が行われている島も多い。 また、沖縄県は、日本で唯一、と後身のの定期旅客営業路線が歴史上において存在したことのない都道府県である。 一般乗合・一般貸切兼業• 伊江島• 久米島• 久米島交通• 八重山諸島• かびら観光交通• ちゅら島交通• いりおもて観光• 沖縄本島• 那覇空港グランドサービス• 八重山諸島• かびら観光交通 道路 [ ]• 本土復帰後、(昭和53年)までは、車輌は右側通行だった。 沖縄本島、特にではが激しく、県内の1km当たりの渋滞損失額はの都府県に次いで大きい。 他の都道府県と比べ県の特性上、レンタカーを示す「わ」ナンバーや「れ」ナンバー、米軍関係者の使用車であることを示す「Y」ナンバーや「A」ナンバーの車が非常に多い。 県の自動車保有台数は約100万台である。 高速道路• 一般国道• 県道 の琉球大学。 開学当初から前半まで、のちに復元された跡に位置していた。 2007年度より開始された小学6年生および中学3年生を対象にしたでは、2011年度、沖縄県は全ての科目で最下位 となったが、2014年度の調査では沖縄県は小学6年生算数で全国2位となった。 (本部はであるが、キャンパスの敷地は西原町、及びの3にまたがっている)• (那覇市)• (平成6年)の開学から(平成22年)3月まで私立大学であった)• (那覇市)• (西原町)• 2011年設立) 短期大学• (那覇市)• (西原町) 高等専門学校• (名護市) 高等学校・中学校・小学校・その他の学校 以下の一覧記事を参照されたい。 マスメディア [ ] 新聞 [ ] 2大のシェアが合わせて約7割弱に達し、(一般紙)は下記の事情もあり、他県と比べシェアが極めて低い。 また、では独自のが発行されている。 先島諸島の地域紙• 、()• 、 () 地方紙その他 も沖縄県の官公庁や図書館、および九州に本社を置く企業・法人の出先機関(沖縄支店など)に向けた事実上の「業務用」として新聞を発行していたが、(平成21年)に発行を停止した。 同新聞は(昭和42年)-(昭和52年)と(平成12年)-2009年(平成21年)に那覇支局を設けていた。 全国紙 、、、、の各社が県に総局・支局を設置している。 (平成20年)より日経が琉球新報社への委託による現地印刷を開始し、では唯一、朝夕刊(2018年1月からは朝刊のみで、夕刊は廃止した。 )とも地元紙と同時に配達を行っている。 なお、読売、毎日、朝日は東京本社版および西部本社版を、産経は大阪本社版がそれぞれ販売されている。 これらの一般紙はいずれも発行地より空輸されるため、配達は当日の午後にずれ込む(前日の夕刊と同時配達)。 また先島諸島やについては、全国紙だけでなく地方県域新聞2紙も印刷後空輸や船便で配送されるため、本島などから比べて朝刊の配達が遅れてしまう。 スポーツ紙 は、と()が県で現地印刷を行っているが、両紙ともなどで発行される新聞とは異なり、10〜12ページで発行されている(沖縄県にはの施設がないため公営競技面は掲載されていないほか、も非掲載)。 なお、那覇空港内や那覇市内の一部のコンビニでは、東京本社版の各紙が発行日当日に空輸され販売されているが、価格は定価より50円上乗せした180円となっている。 日刊機関紙 が県内で現地印刷を行っている。 または福岡県の印刷所で印刷されたものが空輸で送られ、全国紙と同様、昼過ぎからの配達となる他、のが運営するも、一般全国紙・スポーツ紙と同じく、東京で発行された新聞を空輸して午後に主要航空ターミナル・コンビニでの即売と、一部の一般紙(全国紙・地方紙問わず)への委託宅配という形をとっている。 このためも首都圏のものに加え、沖縄県の先発2局 の当日昼〜翌日朝の番組表を収録している。 放送局 [ ]• - 旧• RBC (テレビ: ラジオ:)• QAB• ROK• - 在日米軍放送。 本州や長崎県にある各局と違い、中波 AM ラジオだけでなくテレビおよびFMラジオでも番組を制作し放送している。 テレビ放送における特記事項 [ ] NHK受信料支払率は、平成23年度末の初公表において全国最低の42. 先島諸島・大東諸島における特記事項 では長らく県内のテレビ放送が受信できなかったため、アナログ放送ではを放送対象とするテレビ局のうち・を除く各局の放送を、向けに送信されている衛星回線を使用し中継していた(このほか、・テレビも地上波で中継)。 なお、県内の話題については電話回線を利用した字幕情報が必要に応じて挿入されていた。 その後、(平成23年)初頭から敷設工事が進められた海底光ケーブルで送られてくる信号で沖縄本島からのテレビ放送波を送ることができるようになり、同年7月のNHK沖縄放送局・民放各局のデジタル中継局の開局によって、RBC は本島のテレビ放送開始から51年、OTV は本島の開局から52年、QAB は本島の開局から16年でようやく視聴可能になった(詳細はを参照)。 に関しても、テレビ放送の開始当初は先発3社4局(NHK・民放2チャンネルずつ)の中継局が整備されておらず、那覇本局からの電波を直接受信、ないしはケーブルテレビの中継回線を介した受信も技術的に不可能であったので、の中継局開設までは在那地上波の受信が全くできなかった。 そのため、、の自主放送で、在那局、及び東京・大阪のいわゆるなどからのを独自に購入した番組をネットするという状態が続いた。 なお、琉球朝日放送 QAB は、に開局後も先島諸島での中継局が整備されなかったため、宮古・石垣では引き続きケーブルテレビの自主放送によりの番組を時差放送していたが、(平成21年)10月21日にデジタル新局として QAB の中継局が設置され、本島の開局から14年でようやく視聴可能になった。 これに伴い、宮古・石垣のケーブルテレビにおいても、中継局非設置の代替として、 による補完再放送を行っていた。 ネットワーク系列局の空白 県内には、日本テレビ・テレビ東京両系列の放送局が置かれていない(佐賀県と並び、クロスネット局を含めた日本テレビ系列が放送対象地域外となっている都道府県でもある)が、これらの系列各局により制作された番組の一部は県内の他系列に属する放送局で、ローカル枠で放送されている他、OTV では、日本テレビ系列が主催する毎年夏放送の『』、『』およびの『』の中継(沖縄県大会および全国大会の沖縄県代表絡みの試合)にも参加している他、日本テレビ系が放送権を獲得したの戦やの競技の中継の沖縄県でのネットを担当する。 (放送時間がの全国放送番組の時間帯に被った場合、その番組については臨時にネット返上するか後日振替放送を行う。 ) 日本テレビでは、系列局のない県内におけるニュース取材を行う目的でを設置している。 なお、同局系列の系列局については1990年代にが開局予定だったが実現しなかった。 他県と隔絶しているゆえの事象 県内の全てのでは、アナログ・デジタルとも地形や技術上などの問題もあり、は一切行われていなかったが、2019年9月1日からの自主放送「テレビにらい」で(日テレ系列)の一部番組のネットを開始した。 また・のも鹿児島県を含めた県外民放はラジオを含め一切掲載されていない。 AMラジオ局について [ ] 北部、および大東諸島では夜間〜早朝を中心に近隣国の混信をまともに受けやすいため、中継放送が行われている。 FMラジオ局について [ ] FM沖縄は、現在先島諸島の多良間島以南、大東諸島では中継局がないため直接受信不可。 NHK-FM は現在大東諸島では中継局がないため直接受信不可。 または県下全ての市にあり、2016年2月現在で計17局が放送を行っている。 インターネットラジオでの再放送 [ ]• では、沖縄県内の無料配信、及びそれ以外の県での有料会員制「radiko. jpプレミアム(エリアフリー聴取)」のサービスでは、RBC i-radio、ラジオ沖縄、FM沖縄を配信している。 では、東京・名古屋・大阪・札幌・福岡・仙台・広島・松山の各放送局の県域放送を選択してラジオ第1・2、FMが聴取できるが、沖縄県の県域ローカル放送は選択できないため同アプリでは聴取できない。 コールサインについて [ ] の施政権下では KSxx を用いていたが、本土復帰((昭和47年))以降は JOxx を用いている。 ケーブルテレビ [ ]• を参照。 なおにはケーブルテレビ局が現状 [ ]ない。 文化・スポーツ [ ] 成立以前からの影響を受けつつ、やの文化も受け入れ、混ざり合うを築き上げてきた。 また後からに至るまで、長期間されていたため、の文化も多岐にわたって浸透している。 宗教 [ ] 詳細は「」および「」を参照 を基本としており、本土のの原形()に近いと言われる。 とも言われ、本土のに当たるものとしてがある。 また、の風も強く残る。 は、王族や一部の上層階級が信仰するのみで、一般の農民にはほとんど浸透しておらず、の儀礼の一部に用いられるにとどまった。 現在でも仏教信徒(檀家)の数は、県外に比べると極端に少ない。 近年葬儀は一応仏式で行われるようになったが、県外のように宗派別の僧侶ではなく、無宗派の僧によって執り行われる場合が多い。 また、僧とは別にを呼ぶ事例もある。 は、自然のほら穴等を使った岩陰墓や崖を掘り込んだ掘込墓から、中国の影響を受けたへと変わり、現在ではが一般的である。 また、遺骨の処理方法もやをする独特の風習があったが、近年では保健所等の指導や婦人運動の結果、多くの地域でが実施されるようになった。 戦後は、米軍の影響で信仰も盛んである。 その多くは派に属する。 県内には約210か所のが存在し、全国で最もクリスチャン人口の比率が高い。 言語・方言 [ ] 詳細は「」および「」を参照 沖縄県で使われている言葉は大まかに以下の三つに分けることができるが、より後に生まれた世代の県民では共通語化が著しく、以降に生まれた世代の県民になると、琉球語だけでなく沖縄弁(ウチナーヤマトグチ)でさえも衰退が著しいが、特に強い保護政策等はとられていない。 - 日本政府の立場としては、日本語の方言である琉球方言として扱われることが多いものの、などの国際機関の間では日本語とは異なるに属した独立した言語であるとされる。 伝統的な沖縄の言語であるが、日常的な使用はほぼ高齢者層に限られる。 明治から昭和中期までを使った強力な標準語普及運動が推進されたことに加え、本土復帰運動や戦後のマスメディアや学校教育の発展に伴いそれらを通じて、を軽視する反面、に接する機会が圧倒的に増えたため、琉球語が使われることは非常に少なくなっており、特に平成以降に生まれた世代では大半が理解することすら難しいほど衰退している。 おおまかに、(国頭方言)、(沖縄方言)、(宮古方言)、(八重山方言)、(与那国方言)に分けられるが、それら諸言語(諸方言)の間でもそれぞれ別言語とされることがあるほどの違いがあり、いずれもユネスコによりとされている。 - 沖縄県民の大半が日常的に使用する言葉であり、日本語の共通語を基盤に琉球語の要素を混合させたとされる。 沖縄弁とも言われる。 しかし、ウチナーヤマトグチと言えども、平成以降に生まれた世代の沖縄県民において年齢が下がるほど衰退傾向が著しく、面で影響が残る程度となっており、語彙面ではと差異がほとんどみられない場合も少なくない。 - マスメディア・学校教育や公的機関などで使われている。 昭和初期までに生まれた高齢者層では琉球語、沖縄弁、共通語との、戦後から昭和末期までに生まれた世代では沖縄弁と共通語のが大半であり使い分けができる。 一方、平成以降の生まれの世代においては共通語とほぼ変わらない言葉を話す傾向が強く、ほぼ共通語のみのモノリンガルに近い。 また年々その傾向も年齢が下がるにつれて強くなりつつある。 このように、日本国内でも特に共通語化が進みつつある地域とされており、危惧されている。 - では英語が事実上 の第二であった。 現在でも英語教育を受けた高齢者や米軍基地内で従事して働く軍雇用員・米軍や兵士相手の商売をしている者・米国人と結婚した家族の間では英語を解す人は多い。 人種・民族 [ ] 「」も参照 沖縄県の伝統的な建築技術は、主に琉球王国時代後期(近世)に発展した。 多くの建造物は、建築様式や素材、技術などの面で周辺地域の建築様式(主に・中国建築)との類似点が多く見られるが、資源の状況や風土等が異なるため沖縄独自の発展が見られる。 王朝時代において、琉球士族などを中心に瓦葺きの木造建築である貫木屋(ヌチジャー)、庶民は主に穴屋(アナヤー)と呼ばれる掘立に住居を構えていた。 また住居以外には、や等の石造建築物にが多く使用されたが、沖縄戦により失われた建築物も多い。 戦争により多くの木造住宅だけでなく山林が消失し、大量の職人と資材が失われ、復興をアメリカ軍が主導するかたちで構造の建物が多く建てられた。 現在では、台風やシロアリに強いに給水タンク(大きな河川がなく幾度とを経験したため)を設置した住宅が一般的になっている。 在日米軍の軍人軍属およびその家族が居住する目的で基地外に建築されたも多数存在しており、県外の基地縮小とは裏腹に復帰後も戸数は拡大していった。 新築物件には主に将校や高級士官が、中古物件には下級軍人や軍属や日本人が居住している。 増加する米軍人員を収容するための住宅需要が高まり、民間投資によるアメリカ人向けの大規模な土地造成と住宅地建築が行われた。 新築物件には主に高級士官、古い物件には下級軍人や軍属および日本人が居住し、現在も宜野湾市、北中城村、沖縄市、うるま市、北谷町などに「外人住宅街」が存在し、独特の街並みを形成している。 (渡名喜村)• (竹富町) 伝統工芸 [ ]• (織物、)• (織物、1975年)• 読谷山花織(織物、)• (織物、1976年)• 琉球絣(織物、)• 首里織(織物、1983年)• 与那国織(織物、)• 喜如嘉の(織物、)• (織物、)• (織物、1989年)• (染色品、)• (陶磁器、1976年)• (漆器、)• 知花花織(織物、) 伝統工芸品 「」および「」も参照 はのが基となり形成された伝統芸能であり、近年では宗教色のないへも発展している。 アメリカ統治時代に、(現)では、やに明け暮れた米軍人向けにクラブやライブハウスが流行し、多数のハードロックミュージシャン達が活躍した。 戦争の終結、の相対価値の下落、バーの閉鎖等、環境の変化に伴い衰えたものの、現在でも全国に進出して活動しているミュージシャンは多い。 現代では沖縄県出身の芸能人も盛んに活躍し、の卒業生を筆頭に数多くの歌手、アイドル、タレントの輩出している。 衣装 [ ] 伝統的衣装であるのほか、近年ではに似たも見られる。 戦後は収容所で生活していた住民らに米軍から放出された衣類が支給された。 収容所が解体された後も耐久性や利便性から米軍放出品の衣類が利用され、現在に至るまで販売されている。 武術 [ ] この節にはが含まれているおそれがあります。 問題箇所をしして、記事の改善にご協力ください。 議論はを参照してください。 ( 2019年12月) 琉球民族間での差別 [ ] 琉球王国時代、中山王府(琉球王国王府)の管轄下にあったニンブチャー(チョンダラー)以外にはがいなかった ため、本土のにあたるものはないものの、王族や士族と庶民の格差が甚だしく大きい身分制度社会であった。 また都市部以外ではの旧習が今も色濃く残っており、や、部外者排斥の傾向が見られる。 また、沖縄固有の歴史的事情に起因する差別も知られている。 離島民は本島民から激しい差別を受けてきた。 大和民族による差別 [ ] 日本本土ではかつて、沖縄出身者が異質な存在として差別的に扱われることが多かった。 1903年には展覧会で沖縄出身の遊女をやなどとともに異民族として「展示」し、沖縄県民の反発を招く事件が起こった(詳細はを参照)。 大正から昭和初期にかけて沖縄から県外への出稼ぎが増加した際には、県外の言語や慣習、例えば標準語や時間感覚などに不慣れな者が多かったことなどを背景に、求人告知や商店の入口で「琉球人お断り」と但し書きされる事例があった。 在沖米軍による圧政 [ ] 戦後のアメリカ統治時代に、米軍は銃剣とブルドーザーによって強権的に土地を接収し、米軍兵による強盗、強姦や殺人等の事件が相次ぎ、沖縄人の間に反米感情が高まった。 特に時代には非常に強権的な態度で沖縄人を抑圧した()。 12月には、米軍人による交通事故を発端ににまで発展した。 奄美出身者への差別 [ ] 「」も参照 琉球王国時代に服属した先島諸島に対して中山王府(琉球王国王府)は過酷なを導入し圧政を強いた。 薩摩藩、および王府に加え、先島諸島の現地支配層による農民の二重搾取、強制賦役、弾圧や迫害の歴史は琉球王国の滅亡まで連綿と続き、さらに明治維新を経て琉球処分後もに基づいた現地支配層による強制的な搾取構造は20世紀まで連綿と続いた。 薩摩や王府の権威による圧政に、王府や支配層による農民の強制移住、干魃や暴風雨による不作、さらになどの自然災害、疫病の流行や飢饉の発生が追い打ちをかけ人口の大減少をもたらした(詳細は「」参照)。 先島諸島の人頭税はから制度化され、重税であり収穫が少ない年でも徴収され島民を苦しめたと言われる。 人頭税は琉球処分後も旧琉球王国の既得権益層への懐柔のために執られた策により存続した。 (26年)に、、平良真牛、西里蒲ら4人により、の官憲や士族らの妨害を乗り越えて、国会請願書が当時であったに届けられた。 中村の同郷()の記者であるの記事で国民に周知されるところとなり、世論の後押しも受け第8回 において(明治36年)廃止され、日本と同様のに切り替えられた。 混血児への差別 [ ] この節のほとんどまたは全てがにのみ基づいています。 も行い、記事の正確性・中立性・信頼性の向上にご協力ください。 ( 2019年12月) アメリカ人とアジア人、特にアジア地域へ来たアメリカ軍人と現地の女性との間にできた子どもはと呼ばれる。 沖縄には今日でもアメリカ軍の軍人や軍属が多く居住し、多くのアメラジアンが生まれ続けているが、差別も根深い。 米軍基地とテレビで目にすることが、沖縄で育ったアメラジアンが知っているアメリカ文化の全てということが多い。 にもかかわらず外見でアメリカ人と決めつけられ、商店からつまみ出される、公共のプールに入れさせてもらえない といった差別を受けている。 慰霊の日の前後に公立校では的な学習が展開されるため、「・ゴー・ホーム」と迫害されるを浴びる。 さらに、アメラジアン自身だけではなくその母親にまで、反米意識に基づく差別、偏見のまなざしが向けられている。 また、アメラジアンの多くが集まっていたオキナワ・クリスチャン・スクール・インターナショナルの新校舎建設地がの投棄跡であったため生徒に吐き気や皮膚炎症、の発赤といった健康被害が多発した時には、沖縄県はやの検査をせずに「安全宣言」を出して済ませてしまい、結局約80名が退学する事態となった。 ハンセン病者への差別 [ ] 沖縄県はが多く発生してきた地域であり、20世紀末には日本人の新規発症者の6割から7割を沖縄県出身者が占めている が、沖縄社会のハンセン病に対する差別や迫害は厳しいものであった。 ではハンセン病者(「クンチャー」と呼ばれ、これはを意味する琉球方言である)を、崖地、ゴミ捨て場などに隔離し、シマに戻ることを禁じる文化があった。 亡くなっても一族の墓には入れず、逆さまにして埋め、二度と生まれてこないようをかけた。 昭和50年代にが増えてから沖縄にも本土式の葬儀が広まった が、その下でも遺骨に炒り豆を置く呪い(「これが芽吹いたら生き返ってこい」という意味だが、炒ってあるので絶対に芽は出ない)が行われている。 近代医学的なハンセン病医療の場を作る動きに、沖縄県民は激しく抵抗した。 設置を阻止するための暴動(嵐山事件)が起きたり、療養所設置を求めたら、ハンセン病患者が焼き討ちにあったりもしている。 その青木らにより、ようやく開園にこぎつけた沖縄県立国頭愛楽園(現在の)は、地域社会との交流が他の療養所以上に乏しかった。 精神障害者への差別 [ ] 復帰前の調査では、沖縄は精神障害の有病率が本土の2倍との結果が得られ 、近年でも精神的疾病、性暴力、家族内暴力、学校内暴力、自殺などが全国トップレベルである。 その沖縄で特徴的なのは、西洋医学とは整合しない土着の信仰や旧習に基づく障害観である。 精神障害者を家族がに閉じこめるは、本土では1950年に禁止されたが、沖縄では復帰後もなお障害者の座敷牢状態が続き、また家族は地域社会から疎外され見捨てられる有様であった。 精神障害は悪霊()によって起こされているという理解もあり、これを迷信として否定するよう呼びかけるがいる一方で、信仰の影響を受け土着化したキリスト教であるはその主張自体が悪霊に言わされているものだと批判し、やにはを行っている。 「医者半分、ユタ半分」ということわざがあり、精神科医が精神病の患者にユタを勧める例もある。 一方、ユタは精神障害者に近いというとらえ方から、精神障害者が社会の役に立っているという認識をしている人も多い。 精神異常を来した者のうち、神や先祖とのコンタクトや憑依体験に至った者はカミダーリと呼ばれ、社会に受けいれられる「肯定的な狂気」として存在できる。 自衛官への差別 [ ] として、に対する差別がある。 に伴いが沖縄に配置されると、自衛官たちは人殺し呼ばわりされ、の子供は半年以上も学校に通うことが出来なかったほどである。 また様々な行事から閉めだされた上に、参加が許可されても自衛隊を名乗ることを許されなかった。 自治体は自衛官やその家族の住民登録を拒否し、ゴミの処理を受け付けなかった事例もあった。 で自衛隊を名乗って参加することが許されたのは2001年のことであった。 2017年3月9日にはである石嶺香織が、自身のに「から訓練を受けたがに来たら、が来なくても絶対に事件が起こる」などと投稿ししたため、「自衛隊全体を批判しているわけではない」と謝罪し「戦争のための軍隊という仕組みに対して(批判した)」などと言及したところ、再度炎上する事態となり、石嶺は2つの投稿をFacebookから削除した。 宮古島市議会は「投稿は自衛隊員、米海兵隊員に対する職業的差別であり、断じて許すことができない暴言と言わざるを得ず、市議会の品位を著しく傷つけるものだ」などとして石嶺に対する辞職勧告決議(賛成20、反対3、欠席1)を可決した。 石嶺は「私は議会が選んだ議員ではない」などとして辞職を拒否している。 スポーツ [ ] スポーツチーム [ ] 「」も参照 映画• (、)• (、)• (、東映)• (、)• (、)• (、)• (、東映)• (、東映)• (、)• (、)• (、)• (、)• (、松竹)• (、松竹)• (、東宝)• (、松竹)• (、IMJエンタテインメント=ザナドゥー=エルゴ・ブレインズ=ビジュアルアート研究所配給)• (、東宝)• (、)• 絶壁の上のトランペット()• (2018年)• 劇場版 ( ) テレビドラマ• (、)• (2001年、NHK)• (、)• ( - 、NHK)• (2017年、) 文芸• (、1975年)• (、1997年)• (、2006年)• 風のマジム(原田マハ、2010年) アニメ• 対馬丸 さようなら沖縄 (、対馬丸製作委員会)• 白旗の少女 琉子 (、共同映画全国系列会議)• かんからさんしん (、かんからさんしん製作委員会)• (、)• (、)• 2008年、テレビ東京• (、)• (、那覇市・恩納村・本部町)• (、那覇市・竹富町)• (、、那覇市・うるま市) ゲーム• 南の島に降る雪• MaYA 〜微睡島ノ眠姫〜• ぼくは航空管制官 エアポートヒーロー3D 那覇 PREMIUM• ぼくは航空管制官 4 那覇 人物 [ ] 詳細は「」を参照 沖縄県名誉県民 [ ] 沖縄県名誉県民の称号は、2003年(平成15年)3月31日に制定された沖縄県名誉県民条例(平成15年3月31日沖縄県条例第1号)に基づき、「社会の発展に卓越した功績があり、県民が誇りとしてひとしく敬愛する者」へ贈られる(条例第1条)。 対象者は「沖縄県の出身者、沖縄県に居住したことがある者又は沖縄県にゆかりのある者で、社会福祉の向上、学術文化若しくはスポーツ又は産業経済の振興その他の社会の発展に貢献したもの」であり、沖縄県知事が沖縄県議会の同意を得て選定することが定められている(条例第2条)。 名誉県民に選定された者には、沖縄県名誉県民称号記と沖縄県名誉県民章および記念品が贈呈される(条例第3条)。 受賞者氏名 職業 選定年月日 備考 出典 2003年12月17日 初代長官 沖縄県県民栄誉賞受賞者 [ ] 沖縄県県民栄誉賞は、1999年(平成11年)4月8日に制定された沖縄県県民栄誉賞表彰規則(平成11年4月8日沖縄県規則第45号)に基づき、「広く県民に敬愛され、県民に明るい希望と活力を与える顕著な功績があったもの」へ、沖縄県知事から贈られる(規則第1条・第2条)。 受賞者氏名 職業 授賞式開催年月日 備考 出典 野球部 1999年4月19日 において沖縄県勢初の優勝。 レース選手 2008年10月23日 で獲得。 野球部 2010年9月13日 およびで優勝。 史上6校目の甲子園春夏連覇。 2010年12月27日 同年の米女子ゴルフツアーで5勝をあげる。 選手 2016年11月22日 選手。 チームの獲得に貢献。 2018年5月23日 25年間にわたり日本を代表するアーティストとして活躍。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 日本最南端はに属するであるが、人は住んでおらず民間人が自由に立ち入ることはできない。 なお「漂着」とする説が見られるが、文献、研究書で漂着と解しているものは見られず、原文も単に『同到阿児奈波』としているだけである。 14地域:北海道、東北、関東内陸、関東臨海、東海、北陸、近畿内陸、近畿臨海、中国山陰、中国山陽、四国、九州北九州、九州南九州、沖縄。 国土交通省では、(がすべてから成る国)である日本を構成する6,852島を、本土5島と6,847島に区分している。 ただし、島について地理学上はこのような分類・区分けはない。 日本のの面積順上位10島:、、、、、、、、、。 ただし名目上は琉球の一部とされた。 詳細はを参照。 当時、(非植民地である日本本土)であった及びでもと激戦が繰り広げられたため、「唯一の地上戦」ではない。 ただし沖縄復帰を前に制定された「」では、戦前の沖縄県が地方自治法に定める県として建前上存続するものとされた。 なお復帰に際して日本は米国に対し総額3億2000万ドルを支払っている(現在の為替レート(2016年10月時点)で約5000億円)。 これにより電車が走っていない都道府県はだけになった。 八重山日報は4月1日に沖縄本島で沖縄本島版の発行と朝刊配達を開始したが、2019年2月末を以て八重山版と統合するとともに配達を中止して郵送に切り替えた。 日刊新聞の販売自体は、現状首都圏(東京、神奈川、千葉、埼玉)を中心としており、それ以外の地域は郵送での配送となる。 琉球放送と沖縄テレビ。 琉球朝日放送、及びラジオは未掲載。 宮古・石垣のケーブルテレビでは先発3社・4局もアナログ放送を配信していたが、4:3の通常画質だったそれらとは異なりQABははじめからを使っていた。 以前は他地域での経営上の理由(ケーブルテレビ局側における設備上のコストや県内既存局の圧力)などで再送信されなかったケースもたびたびあったが本土の県庁所在地の中心部のケーブルテレビ局は4大系列とも再送信されることが一般的である。 2019年1月に伊良部島に中継局が開局し、宮古島とその周辺の離島ではFM沖縄が受信可能になった。 ただし、NHK-FM は(平成23年)9月からラジオ第1・第2とともにインターネットを通じた同時配信により聴取可能となったが、すべて東京からの放送となるため本来の沖縄県域および九州・沖縄ブロックの番組と権利上の理由で同時配信されない番組がある場合は中継局が整備されない限り聴取不可。 なお、2012年度に2か所の中継局が開局されたが、開局されたのはの父島・母島両中継局であり、大東諸島では依然として開局のめどが立っていないため、父島・母島両中継局開局後は全国で唯一 NHK-FM のラジオ放送による直接受信ができない地域として残ることになった。 琉球政府章典や各種法令で公用語は定められていないが、琉球政府章典や各種法令には日本語、米軍からの布令布告には英語が使用されている。 出典 [ ]• 首里・那覇方言音声データベース. 2020年6月9日閲覧。 国立国語研究所 2001 『国立国語研究所資料集 5 沖縄語辞典』財務省印刷局、538頁。 2017年10月12日閲覧。 琉球新報、2019年6月11日閲覧。 - 2014-12-4閲覧• 山里(2004)• 「沖縄コンパクト事典」阿児奈波島 あこなはじま 琉球新報社発行2003年3月1日• 『琉球史辞典』中山盛茂 著、琉球文教図書、1969年• 国土交通省. 2013年6月1日閲覧。 『国土交通省』サイト 離島振興課 離島とは(島の基礎知識) 2009年11月27日閲覧• (編) 平成19年版 P565• (沖縄県を構成する160のの名称と面積の一覧表) 沖縄県土地対策課。 沖縄県文化環境部 自然保護課. 2012年6月28日閲覧。 沖縄県企画部土地対策課. 2012年8月2日閲覧。 沖縄県企画部地域離島課. 2012年8月2日閲覧。 竹富町. 2012年8月2日閲覧。 2012年8月2日閲覧。 - 琉球新報(2010年2月28日付の報道)• 17 2010年9月1日. 2011年7月18日閲覧。 1999年6月22日. 2012年6月28日閲覧。 琉球新報 2003年3月1日. 2012年6月28日閲覧。 - 沖縄タイムス、2016年1月24日• - 沖縄気象台、2016年1月24日• 朝日新聞 2000年1月26日 朝刊1面「天声人語」。 (朝日新聞縮刷版 平成12年1月、1277頁)• 琉球新報: pp. 朝刊・23 本紙. 2000年1月18日. 2011年8月10日閲覧。 - 12月20日18時40分頃、沖縄県庁近く、前広場での目撃談• 気象庁. 2012年1月9日閲覧。 2016年10月1日. 2017年2月27日閲覧。 - 沖縄タイムス(2014年3月5日付、同日閲覧)• : p. 2016年9月16日• 沖縄県. 2018年8月25日閲覧。 - 沖縄県土木建築部河川課• - 沖縄総合事務局 開発建設部• - 沖縄総合事務局 開発建設部• nippon. com 2014年9月閲覧• (琉球新報)• 「1962年・沖縄 「核兵器庫」の嘉手納」毎日新聞2016年2月20日 東京夕刊• - 朝日新聞デジタル 2018年8月8日• 2016年2月26日. 2016年11月18日閲覧。 沖縄県企画部統計課 管理資料班 2012年2月. 2012年6月28日閲覧。 沖縄県 2011年12月7日. 2012年6月28日閲覧。 2011年9月1日. 2012年6月28日閲覧。 沖縄県福祉保健部 健康増進課. 2012年6月28日閲覧。 : p. 2016年11月12日• 厚生労働省 2012年3月1日. 2012年6月28日閲覧。 桑江なおみ他 2006年. 沖縄県衛生環境研究所報 第40号. 大学病院医療情報ネットワーク研究センター. 2012年6月28日閲覧。 沖縄県企画部統計課 2011年10月28日. 2012年6月28日閲覧。 生活情報センター編集部編 『さかなの漁獲・養殖・加工・輸出入・流通・消費データ集2005』 生活情報センター、2005年• - 内閣府(2010年10月5日閲覧)• 航空局 2018年8月29日. 2019年2月24日閲覧。 産業経済新聞社. 2013年8月21日. 琉球新報. 2013年9月22日. (同リンク中では「国鉄那覇港駅」と紹介されているが、正確には国鉄と連絡運輸を行っていたの駅である)• - 、2016年4月6日• - 内閣府、2014年8月22日• バス事業者の一覧については、 より抜粋。 琉球新報. 2012年8月10日. 2012年10月8日閲覧。 2010年下半期の県別平均販売部数(2011年9月5日閲覧)• プレスリリース , 八重山日報, 2019年2月1日 ,• 『47都道府県うんちく事典』235頁出版社-PHP文庫・執筆者-八幡和郎• 赤坂憲雄「沖縄に被差別民は存在したか(下)」『部落解放』554号, 2005年, p. K-aiser 蔵書検索. 2018年5月27日時点の [ ]よりアーカイブ。 2018年5月27日閲覧。 『沖縄県宮古島島費軽減及島政改革請願書』(明治28年(1895年)第八帝國議会可決)• 高良倉吉「人頭税」(『国史大辞典 15』(吉川弘文館、1996年) )• 『むくげ』173号, 2003年• 上里和美『アメラジアン もうひとつの沖縄』かもがわ出版, 1998年, p. 28, 46• 野呂浩「「アメラジアン・スクール・イン・オキナワ」一考察」『東京工芸大学紀要 人文・社会編』27巻2号, 2004年, p. 上里和美『アメラジアン もうひとつの沖縄』かもがわ出版, 1998年, p. 野呂浩「「アメラジアン・スクール・イン・オキナワ」一考察」『東京工芸大学紀要 人文・社会編』27巻2号, 2004年, p. 224• 石井則久・杉田泰之・中嶋弘「ハンセン病新患動向: 1993年から1997年まで」『日本皮膚科学会雑誌』109巻, 1999年, p. 763• 日弁連法務研究財団ハンセン病問題に関する検証会議『ハンセン病問題に関する検証会議 最終報告書』2005年, p. 697• 42, 44• 44-46• 52, 61• Koba, A. , Ishii, N. , Mori, S. 2009. "The decline of leprosy in Japan: patterns and trends 1964-2008". Leprosy Review: 80, p. 439• 日弁連法務研究財団ハンセン病問題に関する検証会議『ハンセン病問題に関する検証会議 最終報告書』2005年, p. 698• 謝花直美「沈黙の声 沖縄戦の精神障害者」『季刊 戦争責任研究』52号, 2006年, p. 復帰40年沖縄国際シンポジウム「これまでの沖縄学 これからの沖縄学」• 450• 『月刊ノーマライゼーション』1999年11月号• 池上良正『悪霊と聖霊の舞台 沖縄の民衆キリスト教に見る救済世界』どうぶつ社, 1991年, p. 84, 138• 『AERA』2008年7月28日号• 立川武蔵(編)『癒しと救い アジアの宗教的伝統に学ぶ』玉川大学出版部, 2001年• 読売新聞. 2012年5月16日. の2013年5月1日時点におけるアーカイブ。 2017年3月22日閲覧。 2017. 2017年3月21日. - 沖縄県、2019年5月8日閲覧。 - 沖縄県、2019年7月28日閲覧。 - 沖縄県知事公室秘書課、2012年11月29日更新• - 琉球朝日放送Qプラス、2008年10月23日• - 宮古新報、2010年9月14日• - 日刊スポーツ、2010年12月28日• - 沖縄県知事公室秘書課、2017年2月20日更新• - 沖縄県知事公室秘書課、2018年6月7日更新 関連項目 [ ] に関連するメディアがあります。 で 「 沖縄県」に関する情報が検索できます。 ウィクショナリーの ウィキブックスの ウィキクォートの ウィキソースの コモンズで() ウィキニュースの ウィキバーシティの ウィキボヤージュの ウィキデータの ウィキスピーシーズの• - 条例によって沖縄戦の慰霊の日と定められた沖縄県の休日。 - の区。 沖縄県からの移住者が多い地域であり、沖縄料理や食材が多く扱われている事から「リトル沖縄」と呼ばれている。 (コロニア・オキナワ、西: Colonia Okinawa) - にある沖縄県からの移住者によって設けられた入植地。 () 外部リンク [ ]• に関連する地理データ -• ウィキトラベルには、に関する旅行ガイドがあります。 (公式サイト)• - 沖縄観光コンベンションビューロー• 沖縄県を構成する160のの名称と面積の一覧表 - 沖縄県土地対策課 先代: 行政区の変遷 - (第1次沖縄県) 次代: 先代: 行政区の変遷 - (第2次沖縄県) 次代: -----.

次の