へき とら 税金。 仮想通貨にかかる税金とは?

退職後に払わなければならない税金と保険料 │ 【退職ナビゲーター】

へき とら 税金

1.国税か地方税かの違い まず所得税と住民税の仕組みとして、国税が地方税かという違いがあります。 国税は国に納める税金に対して、地方税は都道府県や地区町村に納める税金です。 所得税は国税、住民税は地方税ですので、納める管轄が異なるため、税金の計算方法などにも大きな違いが生じてきます。 2.累進課税か、一定税率かの違い (1)所得税の累進課税 所得税は、課税所得に対して、以下の税率で累進課税されます。 累進課税とは、所得が上がれば上がるほど税率が高くなり、納税額が増加する制度を言います。 課税所得と税率の関係は以下の通りです。 よくある誤解として、課税所得が195万円までは5%で、195万円を超えると10%なので、195万円を超えると税率が高くなり損をしてしまうのではないかと思いがちですが、安心してください。 (2)住民税は一定税率 住民税は、所得税と異なり課税所得の10%が一律徴収されることになるため、累進課税制度は採用されていません。 (3)復興特別所得税 平成25年からは、復興特別所得税も徴収されています。 復興特別所得税は、所得税の2. 21%となります。 この合計税率は以下の通りです。 021 2.納付時期の違い 所得税と住民税は、納付時期が異なっていることに注意が必要です。 所得税は、今年の課税所得に対して徴収されるのですが、住民税は前年の課税所得に対して徴収が行われるという違いがあります。 会社員の場合を前提にすると、毎年1月から12月の課税所得の合計でその年の所得税の額が確定します。 対して、住民税の場合には、毎年1月から12月の課税所得の合計で、翌年の住民税の額が確定します。 そのため、社会人一年目は住民税が発生せず、退職した翌年は住民税のみ徴収されることになります。 年収が増加している場合には、前年分の住民税が控除されるのは問題ないのですが、年収が大幅に減少した場合には、前年分の住民税の負担が重く感じることになってしまいます。 3.課税所得とは 次に大事なのが、年収と課税所得の違いになります。 この部分は非常にわかりづらいので、以下の給料明細の具体例を用いて説明していきたいと思います。 (1)額面と手取り額の違い 上記給料明細は月の基本給が250,000円の方を前提に、残業代が50,000円あるので、年間の給料の額面は、3,600,000円+交通費となります。 この場合に、交通費を除いた年間の手取り額は、2,868,000円となります。 この額面3,600,000円と手取り額2,868,000円の差額について、一つひとつ仕組みをみていきたいと思います。 (2)各種控除と課税所得 所得税も住民税も額面ではなく、額面から各種控除額が差し引かれた課税所得に対して課税されています。 ではどのような控除があるのでしょうか。 具体的には課税所得の算定上は、以下のような控除を受けることができます。 配偶者控除 扶養控除 基礎控除 給与所得控除 障害者控除 勤労学生控除 配偶者特別控除 社会保険料控除 小規模企業共済等掛金控除 生命保険料控除 住宅借入金等特別控除etc よく、アルバイトなどをする場合には、103万円の壁などと言われることがあると思います。 これも、すべての人は、基礎控除38万円と、給与所得控除65万円が控除されるため、103万円までは所得税などが発生しないことを意味しています。 給与所得控除は、年収に比例して控除できる額が変動するのですが、最低で65万円の控除が受けられるのです。 年収が1,000万円の方は給与所得控除を220万円受けることができます。 給与所得の額は、以下の様に所得ごとに決まっています。 細かいことはさておき、基本的には、上記の様に所得税の金額、手取り金額が決定しているのです。 参考までに、独身で扶養家族がいない場合の、年収別の手取り額を下記の表に示しておきますので、参考にしてもらえればと思います。 年収 500万円 手取り 390万円 年収 700万円 手取り 530万円 年収 1,000万円 手取り 730万円 年収 1,500万円 手取り 1,040万円 年収 2,000万円 手取り 1,320万円 4.年末調整とは 年末調整とは、1年間の所得に対する確定した所得税額と、毎月の給料から源泉徴収されていた所得税額の差額を調整することを言います。 所得税は、毎年1月から12月の所得金額に基づいて税額が確定するため、概算で源泉徴収していた金額と確定額に差が生じることになります。 そのため、源泉徴収額が少なければ、追加で徴収され、源泉徴収額が少なければ、税金が還付されることになります。 基本的に、一つの会社からのみ給料をもらっている場合には、会社が年末調整を行い、年末調整後の源泉徴収票をくれますので個人で確定申告する必要はありません。 年明けの給料の手取り額で自動的に調整されています。 5.確定申告が必要なケース 上記の様に、複数の会社から給与所得があるようなケースでは、原則として個人で確定申告を行い、すべての所得を合算したうえでの所得税との差額を納税する必要があります。 給与所得以外の収入が20万円未満の場合には確定申告は不要ですが、20万円以上の場合、または、給与所得がある場合には確定申告が必要です。 上記の確定申告が必要な場合において確定申告を行っていない方も多いのではないでしょうか。 個人のわずかな脱税までいちいち税務署もチェックしないことが多いので、現状では見逃されていることが多いのですが、単に確定申告の必要性を知らないまま、気づかずに脱税しているというケースも多いですので、注意してほしいと思います。 また、医療費控除など一部の控除は確定申告時にしか申請できないものもありますので注意してください。 今後は、マイナンバーが導入され、複数の会社からの給与所得も、マイナンバーにより厳密に管理できるようになったことも、そのようなケースで確定申告をしていない方が多いことが、一つの要因になっているのです。

次の

なぜ、高給取りは税金を多くとられるのか

へき とら 税金

ボーナス(賞与)から天引きされる税金、社会保険料はいくら? 6月・7月と12月は一般的に賞与、いわゆるボーナスの支給時期でもあります。 この時期になるときまって「大手企業、今回のボーナスの平均額はいくら?」というような記事がメディアをにぎわしますが、税務上の賞与の取り扱いはどうなっているのでしょうか。 税務上、賞与は「給与所得」として扱われる 所得税法上、所得は10種類に区分されます。 賞与はそのうちの「給与所得」に分類されます。 たとえば、月額給与35万円、夏・冬の賞与がそれぞれ50万円だった場合、税務上、給与所得の年収は• これが年収総額、いわゆる「額面」といわれるものです。 ただ、月額給与にしても賞与にしても、社会保険料や税金が差し引かれるため、手取り金額520万円ということにはなりません。 賞与から差し引かれる社会保険料や税金の仕組みを理解することがポイントとなってきます。 賞与にかかる社会保険料の計算方法 一般従業員の場合、賞与から控除される(差し引かれる)社会保険料は次の3つです。 健康保険料(40歳以降の場合は介護保険料含む。 以下同)• 厚生年金保険料• 雇用保険料 全国健康保険協会が運営している健康保険(協会けんぽ)の健康保険料、厚生年金保険料の計算方法は• 賞与の総額から1000円未満を切り捨て• それに保険料率を掛ける という方法によって算定されます。 一方、雇用保険料の計算において、賞与の総額から1000円未満を切り捨てるという作業はありません。 単純に保険料率を掛けるというシンプルな計算方法です。 東京都の協会けんぽの場合、2020年4月より健康保険料率9. 87%(介護保険を含む場合11. 66%)、一般の厚生年金保険料18. 3%(坑内員、船員を除く)となっています。 2020年4月納付分からの東京都の保険料額表 (出典:協会けんぽ より) 雇用保険の労働者負担分の保険料率は、業種が一般事業の場合、されます(一般の事業の場合)。 今回のケース(賞与50万円)で、介護保険の対象者(40歳以上)だとしたら、社会保険料率の合計は• (11. 66%+18. 3%=15. 28% となるので、賞与から差し引かれる社会保険料は• 28%=7万6400円 となります。 賞与にかかる税金(所得税)の計算方法 賞与から差し引かれる税金は「源泉所得税」です。 月額給与とは違って、賞与から住民税は差し引かれませんので注意してください。 また、社会保険料と源泉所得税の計算方法も異なります。 社会保険料が原則、額面が基準なのに対し、源泉所得税は前月の社会保険料控除後の給与が基準となっています。 たとえば、前月の社会保険料控除後の給与が28万2000円以上 33万8000円未満で、扶養親族等の数が1人の場合の算定方法を考えてみましょう。 源泉徴収税額表の「賞与の金額に乗ずべき率」の欄を見ると、6. 126%と記載されているのがわかります。 賞与に対する源泉徴収税率(出典:国税庁ホームページ。 一部抜粋) なので、今回支給される社会保険料控除後の賞与に、上記の料率を掛けてもとめると、このケースの源泉所得税額は• 126%=2万5949円 と算定されます。 つまり、賞与の額面は50万円ですが、社会保険料7万6400円と、上の源泉所得税2万5949円を差し引くと、手取りは30万円台まで下がるというわけです。 源泉徴収票のどこに賞与は書いてあるのか 月額給与と賞与が確定すると、年明けに源泉徴収票が発行されます。 源泉徴収票には上記で計算したような手取り額は記載されず、「支払金額」の欄には給与と賞与の合計額、いわゆる額面の合計額が記載されます。 「社会保険料等の金額」の欄には、給与と賞与から差し引かれた社会保険料と、本人から申告のあった社会保険料の合計額が記載されます。 「源泉徴収税額」の欄は、年末調整の対象から外れた人の場合、給与と賞与から差し引かれた源泉徴収税額が記載されていますが、年末調整の対象者であれば、取り過ぎであれば還付、不足していれば追加徴収して税額が精算されるので、精算後の正しい源泉徴収税額が記載されています。 令和年代の源泉徴収票フォーマット(出典:国税庁ホームページ) ただし、賞与から差し引かれる源泉所得税が正確かという観点から見ると、前月の社会保険料控除後の給与を基準とした税率が、社会保険料控除後の賞与に掛けられてもとめられる概算額なので、年収を基準とした正しい税額ではありません。 賞与は給与所得の一部であると冒頭で説明しましたが、年収が確定しないと給料や賞与から天引きされた源泉所得税が正しいかどうかの計算ができないので• 年末調整の対象者……賞与から差し引かれた源泉所得税額についての精算が終了• 年末調整の対象でない者……賞与から差し引かれた源泉所得税額についての精算が未済 ということはおさえておいたほうがいいでしょう。 【関連記事をチェック!】.

次の

所得税と住民税はいくらとられるの?税金の仕組みを徹底解説!

へき とら 税金

com 金持ちがやっていることは、国税を丸め込んで税金を負けさせるだけではない。 税金制度そのものを、自分たちに有利なものに直させているのだ。 わかりやすく言えば、金持ちの税金だけが安くなるように、政治家に働きかけているのである。 ほとんどの日本国民が知らない間に、高額所得者の税金はこの30年間で大幅に下げられてきた。 バブル崩壊後の日本は景気が低迷し、それに少子高齢化も進んだため、我々は消費税の増税や社会保険料の負担増に苦しんできた。 「だったら当然、富裕層の税金も上がっているんだろう」と思っている人が多いだろう。 しかし、そうではないのだ。 実は富裕層の税金は、ずっと下がりっぱなしなのである。 その減税の内容を説明しよう。 そればかりではない。 このため、最高額で26. 7兆円もあった所得税の税収は、2009年には12. 6兆円にまで激減している。 国は、税源不足を喧伝して消費税の増税などを計画しているが、そのいっぽうで、富裕層の税金は半減させているのだ。 なぜなら、富裕層による政治への働きかけが大きくモノを言っているからだ。 金持ちは圧力団体を使って、政治献金をちらつかせることで、税制を自分たちに有利なように導いてきたのである。 日本の金持ちは欧米の半分も払っていない こう反論をする人もなかにはいるだろう。 しかし、そこにはさまざまな抜け穴があって、実質的な負担税率は驚くほど低くなっている。 むしろ、日本の富裕層は「先進国で最も税金を払っていない」と言えるのだ。 先進国では個人所得税の大半を高額所得者が負担している。 国民全体の所得税負担率が低いということは、すなわち「高額所得者の負担率が低い」ということに等しい。 つまり、日本の富裕層は、先進国の富裕層に比べて断トツで税負担率が低いということなのである。 日本の富裕層は、名目の税率は高くなってはいるけれど、実際に負担している額は非常に低い。 それはなぜか。 日本の税制では、富裕層に関してさまざまな抜け穴があるからだ。 開業医が税金の上で非常に優遇されていることはすでに述べたが、開業医以外の富裕層にも、ちゃっかり抜け穴が用意されているのである。 投資家の納税額はサラリーマンの平均以下 富裕層が潜り抜ける税金の抜け穴で、最も目につくのが「配当金」である。 株をたくさん保有している金持ちは、多額の配当金を得ている。 しかし、この配当金に課せられる税金も実は非常に安いのである。 普通、国民の税金は所得に比例して税率が上がるようになっている。 これは「累進課税」と呼ばれるシステムだ。 収入が多い人ほど、税負担が大きくなる仕組みである。 しかし、株主への配当金だけは、その累進課税から除外されているのだ。 つまり、配当の場合は、どれだけ金額が高くても一定の税率で済むのだ。 数十万円の収入しかない人も、数十億円の稼ぎがある人も同じ税率で済むのだ。 しかも、その税率は著しく低い。 実は、株の配当や売買による収入について、所得税はわずか15. 何億、何十億の配当をもらっていても、たったそれだけである。 これは、平均的な年収のサラリーマンに対する税率と変わらない。 そうならないように、一族で株の保有を分散するからである。 世界の非常識がまかり通る日本 日本がここへきて格差社会になったのは、この投資家優遇が大きな要因だと言える。 考えてみてほしい。 これで格差社会ができないはずはない。 こんなに投資家を優遇している国は、先進国では日本だけである。 イギリス、アメリカ、フランス、ドイツなどを見ても、配当所得は金額によって税率が上がる仕組みになっており、日本の数倍の高さである。 またアメリカでは、住民税が資産に応じて課されるため、必然的に大口投資家のような資産家は多額の税金を払わなければならない。 まさに、日本は世界の非常識がまかり通る「金持ちに優しい国」なのである。

次の