かなまら祭り グッズ。 セイマニTシャツ » かなまら祭りレポート

「かなまら祭り2016」のら吉のブログ | 不人気車で行こう!

かなまら祭り グッズ

セイマニのかなまら祭り万歳 川崎の若宮八幡宮にて、 毎年4月第一日曜に行われている 男根祭り「かなまら祭り」 最新情報は、 がよろしいかと思われます! 男性器、男根の神輿が、川崎大使周辺を練り歩く男根祭り。 商売繁盛、子孫繁栄、 安産、縁結び、夫婦和合の他に、エイズ除けの祭りとして国際的にも有名に。 エイズのみならず、性病全般、性病除けと思われる。 なぜなら、クラミジアを初めとする性病に感染していると、 エイズの感染率が、ぐっと高まるからだ。 かなまら祭り、毎年行こう行こうと思い、ついに2007年、セイマニも個人的に祭りに参加。 その祭りの雰囲気に感動。 その興奮、その男根祭りの模様を毎年レポートしていきたい。 そして、念願叶い、2009年には、セイマニ物販出店。 オリジナル男根Tシャツを販売。 それで、満足し燃え尽き、ある意味、賢者モードで、毎年レポートするのもいいかと思い、 2010年も出店したかったんですが、朝8時から朝8時の仕事の都合で合わず、出店、レポートは断念した次第です。 気持ちが年々薄れていったのかもしれません、しかし、なにか生きてる実感のない日々、 時間の流れのどうしようもなさ、なぜ生きてるのか、どうすればいいのかわからないけど、 やっぱりかなまら祭り!と思い2011年行ってみました。 そして、2012年、2013年、2014年、2015年、2016年、2017年、2018年これからもセイマニ出店はしていきます。 かなまら祭りを最初に体験したときの興奮は忘れない。 かなまら祭り2014レポート かなまら祭り2015レポート かなまら祭り2016レポート かなまら祭り2017レポート かなまら祭り2018レポート かなまら祭り2019レポート 過去レポ、2014年から止まってますが、撮り溜めた写真などPCにたくさんございます。 2020年3月にはすべての過去レポアップで事が進んでおります!ご期待ください!.

次の

川崎・かなまら祭りを歩く

かなまら祭り グッズ

セイマニのかなまら祭り万歳 川崎の若宮八幡宮にて、 毎年4月第一日曜に行われている 男根祭り「かなまら祭り」 最新情報は、 がよろしいかと思われます! 男性器、男根の神輿が、川崎大使周辺を練り歩く男根祭り。 商売繁盛、子孫繁栄、 安産、縁結び、夫婦和合の他に、エイズ除けの祭りとして国際的にも有名に。 エイズのみならず、性病全般、性病除けと思われる。 なぜなら、クラミジアを初めとする性病に感染していると、 エイズの感染率が、ぐっと高まるからだ。 かなまら祭り、毎年行こう行こうと思い、ついに2007年、セイマニも個人的に祭りに参加。 その祭りの雰囲気に感動。 その興奮、その男根祭りの模様を毎年レポートしていきたい。 そして、念願叶い、2009年には、セイマニ物販出店。 オリジナル男根Tシャツを販売。 それで、満足し燃え尽き、ある意味、賢者モードで、毎年レポートするのもいいかと思い、 2010年も出店したかったんですが、朝8時から朝8時の仕事の都合で合わず、出店、レポートは断念した次第です。 気持ちが年々薄れていったのかもしれません、しかし、なにか生きてる実感のない日々、 時間の流れのどうしようもなさ、なぜ生きてるのか、どうすればいいのかわからないけど、 やっぱりかなまら祭り!と思い2011年行ってみました。 そして、2012年、2013年、2014年、2015年、2016年、2017年、2018年これからもセイマニ出店はしていきます。 かなまら祭りを最初に体験したときの興奮は忘れない。 かなまら祭り2014レポート かなまら祭り2015レポート かなまら祭り2016レポート かなまら祭り2017レポート かなまら祭り2018レポート かなまら祭り2019レポート 過去レポ、2014年から止まってますが、撮り溜めた写真などPCにたくさんございます。 2020年3月にはすべての過去レポアップで事が進んでおります!ご期待ください!.

次の

「エア祭」とは?オンラインを活用した新たな祭りのカタチをご紹介!|オマツリジャパン|毎日、祭日

かなまら祭り グッズ

日本に古くから伝わる祭りの中で、最も外国人に人気のある祭りの1つが、毎年神奈川県川崎市で行われる『かなまら祭り』である。 その名前を知らなくても、 「巨大な男根をかたどった御神輿(おみこし)が街を練り歩く祭り」と言えば、ピンと来る人は多いだろう。 今年2015年も、4月5日に川崎市の若宮八幡宮で行われ、多くの見物客が詰めかけた。 ・会場周辺は大混雑 今年のお祭り当日の天気は、生憎の雨。 そのため、会場に到着する前は「今年は人が少ないかも」と思っていたのだが、それは全くもって要らぬ心配であった。 会場周辺は、見渡す限り、人、人、人! 若宮八幡宮に入るための行列が長く伸びている上に、御神輿の姿を是非ひと目見ようと、多くの人が沿道に陣取っていた。 そんな見物人が最も熱狂したのは、やはり御神輿が側を通過するときだろう。 「御神輿が近づいて来てます〜」とのアナウンスが流れると、その姿を収めるために多くの人が身を乗り出し、スマホをかざす。 「下がって下さい!」と何度もアナウンスが流されるものの、人々がどんどん神輿の方に……。 まさに押し合いへし合い。 ……ハンパない混雑っぷりであった。 ・三体の御神輿 ところで、『かなまら祭り』で街中を巡行する御神輿は全部で三体ある。 ピンク色の一番大きいものが通称「エリザベス神輿」。 黒光りする鉄製の「かなまら舟神輿」、最も古くから担がれてきたという木製の「かなまら大神輿」である。 中でもひと際目を引いていたのが、ピンク色の「エリザベス神輿」だ。 これがまた、とにかくデカい! しかも、先述の通り雨が降っていたため、神輿が濡れているのだ。 ・唯一無二の掛け声 その上、かけ声のパンチ力が尋常ではない。 「エリザベス神輿」が私(筆者)の側を通過するとき、担ぎ手の人たちが発していた掛け声はこんな感じだ。 「でっかいマ〜ラ〜、でっかいマ〜ラ〜、でっかいマ〜ラ〜、でっかいマ〜ラ〜」 ……なんという掛け声だろうか。 日本にいくつ祭りがあるのか知らないが、こんな声を響かせながら担がれる御神輿はそうないに違いない。 ・境内の露天も男根一色 この御神輿だけでお腹いっぱいだが、境内の露天で販売されているグッズもインパクト十分。 キャンディーに、Tシャツ、ボールペンなどは、全てありがたい御神輿仕様、すなわち男根型である。 あまりに男根グッズであふれていたために、筆者は途中で何のイベントなのかよく分からなくなってきたのだが、この混沌っぷりこそが、『かなまら祭り』の魅力と言えるかもしれない。 とにかく、御神輿といい、境内で売られているグッズといい、全体的な雰囲気といい、日本の他のお祭りと全く違う。 その分、会場へ行けば、間違いなく一生忘れられない体験となるだろう。 今まで足を運んだことがない人は、来年チャレンジしてみてはいかがだろうか。 Report: Photo:RocketNews24.

次の